« JOJO展に行ってみた | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 無花果のミルフィーユ »

2012年10月12日 (金)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ ほうじ茶と薩摩芋のスフレ

20121012JOJO展を開催している六本木ヒルズから東京ミッドタウンに徒歩で移動して、トシ・ヨロイヅカに行きました。

13時半くらいに着いたのですが、イートインには、お客さんが一人もいない。
平日とは言え、お客さん、少なすぎだろ と心配したのですが、僕が食べてる間に、次々とお客さんが来店し、満席&外に行列となりました。
良かった良かった。

今回のアヴァン・デセールは、南瓜の冷製スープでした。
南瓜のオレンジ色のスープの上に、ほのかに甘い生クリームと南瓜の種?が乗っている。
一口食べて、納得。 旨いのである。
生クリームが甘いのに、スープの方はほのかにしょっぱい。
絶妙です。

さて、一皿目が到着です。
ほうじ茶と薩摩芋のスフレです。
本当はそういう名前じゃなくて、ちゃんとした物が付いていたのですが、メニュー表を撮った写真が光を反射していて、名前の部分が丁度見えないようになってしまいました。
なので正式名は 不明 です。
スフレの写真は、毎回同じに見えてしまいますねw
熱々のスフレの上を軽くすくい、口に運びます。
うん、ほうじ茶の香ばしい香りが口の中に広がります。
中に進むと、一口大にカットされた薩摩芋の甘露煮が顔を出します。
ほうじ茶の部分は甘さ控え目なのに対し、薩摩芋はしっかりと甘い。
これも和テイストな一皿ですね。
底には、裏ごしした薩摩芋が敷いてあって、これがまた旨い。

あっという間に完食しましたが、スフレって地味なのか、他のお客さんは誰も注文しないようでした。
美味しいのになぁ。

トシ・ヨロイヅカでスフレは、良く食べますが、今回のスフレが、今まで食べたスフレの中で一番美味しく感じました。
鎧塚さん、まだまだ引き出し持ってるのね。
なんだか感心してしまった僕である。

明日は2皿目を紹介します。

« JOJO展に行ってみた | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 無花果のミルフィーユ »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

コメント

よ・・・よだれが・・・。(笑)

ひとみさん、こんにちは。
トシ・ヨロイヅカは何食べても素晴らしいですよ。

職人さん達のキビキビと無駄の無い仕事を見ているのも楽しいもんです。
出来たてのスイーツを食べられるわけですが、作っている様子を目の前で見れるわけです。
もうその様子を見てるだけで、涎がズビビですw

見ていて待ちきれなくなり、出てきたスイーツの写真を撮るのを忘れる事もしばしばです。

この記事へのコメントは終了しました。

« JOJO展に行ってみた | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 無花果のミルフィーユ »