« ダイエット奮闘記(プチ) 誘惑のカレーを乗り越えて | トップページ | 更にボリュームUP、ワフワフ頭を楽しめ »

2012年10月 6日 (土)

ブブ彦日記 今年もまた、あの戦いが

20121006秋です。
この時期になると、毎年恒例のブブ彦の戦いが始まるのです。
対戦相手は・・・いが栗(笑)

ブブ彦が子犬の頃から続く、このバトル。
たまたま道に落ちていた いが栗をブブ彦が咥えようとしたのが始まり。
当然噛めば痛いし、肉球でも踏み潰せない。
自分の思ったようにならないこの物体をニブニブの部分で転がすのが、楽しいらしい。
見ているこっちが痛くなるような、転がし方なのですが、ブブ彦は降参せずに、延々といが栗を転がす。
最終的にこのいが栗をどうしたいのか? まったく見えてこないのですが、とにかくブブ彦はいが栗と勝負がしたいらしい。

そして、今年もいが栗を拾ってきて与えると、毎年同じリアクションをする。
痛くて素早く顔を背ける、すぐにまたニブニブで転がそうとする、また痛くて顔を背けるを繰り返し、左右に顔を振っているような動きをする。
それがなんとも面白くて家族の爆笑を誘う。

今年は台風で、まだ青いいが栗が落ちているのを見つけられました。
普通、木から落ちる いが栗は、お腹がパックリ割れて、中の栗が飛び出さんばかりですが、台風で落ちた青いいが栗はまだ割れてなく、完全な球体。
これではブブ彦も噛み付く部分が見つからない。

長く遊んでくれそうな予感です。
ブブ彦、長生きしておくれ。

« ダイエット奮闘記(プチ) 誘惑のカレーを乗り越えて | トップページ | 更にボリュームUP、ワフワフ頭を楽しめ »

ブブ彦日記」カテゴリの記事

コメント


まさ爺さん、こんにちわ。
いが栗…(゚o゚;いたいですよね?
ブブちゃんはその痛さとスレスレのところで遊ぶのが好きなのでしょうか?
遊んでるところ想像するだけでも微笑ましいです。
怪我には気をつけて楽しんでほしいですね。

ふゆみさん、こんにちは。
あんな遊び方ができるのも、闘犬の血の名残でしょうか?
ニブニブと首から肩にかけては、皮がよく伸びるので、その部分ならば、少しは触れても大丈夫という事なのでしょう。
足は触ると痛いらしく、こちらがいが栗を持って、ブブ彦の足元目掛けて転がすと、ウサギのように飛んで逃げます。
止まっているいが栗ならば、なんとか触れるレベルなのでしょう。
いが栗の方から、動かれると、危なくて遊べないようです。

この記事へのコメントは終了しました。

« ダイエット奮闘記(プチ) 誘惑のカレーを乗り越えて | トップページ | 更にボリュームUP、ワフワフ頭を楽しめ »