« 独り図書館 高田郁 みをつくし料理帖、読み終えました | トップページ | あぁ、食い道楽 料理の鉄人、復活 »

2012年10月24日 (水)

あぁ、食い道楽 永井食堂に飛び込んだ

群馬県渋川市にある、永井食堂に行ってきました。
モツ煮込みで有名な店で、自称「日本一のモツ煮込み」。
どれほど美味しいのか気になり行ってみる事にしたのです。

永井食堂までは、茨城の我が家から、車で3時間の距離です。
山道にあるチェーン装着場のようなスペースに、小さなお店が建っています。山の中に突然現れ、びっくりします。
駐車場は車でいっぱい。
雨が降っていましたが、永井食堂では、すでに行列ができてました。

店はカウンターのみ。
席数は20席くらい。
とても狭いですが、席の後ろは全て、ガラスの引き戸になっていて、お客さんが席を立ったら、その後ろの戸を開けてすぐに座れるようになっているので、思ったよりも狭さは感じません。
カウンターのみなので、座るのも楽、食事を提供する側も歩き回る必要は無し、お会計もその場でするというシステムなので、狭さを逆手に取った感じ。

メニューは数種類あるのですが、全てのお客さんがもつ煮定食を注文するようです。
そうそう来れる場所じゃないので、もちろんもつ煮定食を注文します。
注文から1分ほどで、料理が出てきたでしょうか。早い。
ビックリしたのは、ご飯の量。
とんでもなく多い。
大きめ(小さな丼サイズw)の茶碗に、こんもりとご飯が乗っている。
食べきれない・・・ 見た瞬間に思いました。
周りを見ると、男性なのに、半ライスを注文する人が続出。
で、半ライスの量もチェックしたのだけど、それでも、一般の茶碗でよそるご飯の大盛りくらいはあります。

さて、なにはともかく、最初はもつ煮を食べます。
ニンニクが効いてます。
後から辛味もします。
そして濃厚です。
もつ煮は母が作った物しか食べた事がありませんが、その母も他では食べた事が無いとの事で、このパンチの効いた味に戸惑います。
もつ煮にはレンゲが付いていて、スープも飲みなさいという事みたいです。
スープは美味しいかったです。

店を仕切っている、女性がとても感じが良く、お客さんにチョクチョク話しかけています。
僕は、ご飯を残しちゃダメだからねと言われました。
かなり苦しかったけど、言われてしまったので、なんとか食べました。
これだけのボリュームがあり、580円? もつも美味しいし行列ができるわけです。
持ち帰り用(通販用)も用意されていて、5袋買って帰るつわものもいました。
1袋3人前なので、15食分になります。 すごい。

開店率がとても良く、次々にお客さんが入れ替わります。
僕も15分くらいしか席に座ってなかったようです。

すぐに、車に乗り、また3時間かけて、家に帰ったのです。
身体は疲れたけれど、美味しい物を食べて心は充実です。

今度家でもつ煮込みを作る時は、永井食堂の味を参考にしてみます。
美味しかった。

« 独り図書館 高田郁 みをつくし料理帖、読み終えました | トップページ | あぁ、食い道楽 料理の鉄人、復活 »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。つぶつぶオレンジを飲みながら、ニヤニヤと変人の登場です。
まささん、もつ煮おいしそうですね!朝起きて、携帯の調べる所に群馬県 永井食堂ってやったら、一発で出てきました。いいなぁ食べたい!ごはんの量、特盛かなと思ったし、画像みただけで、リアルに伝わるおいしさとごはんの量。女性なら半分でも多いかもですね。通販もあったので、お料理できるようになったら考えよう!
私は今日ママと行きつけの焼肉屋さんで、お昼にお祝いしてきましたよ。ジンギスカンやっぱり好きで食べましたが、いつもごはん2杯食べます。そこはカルビやロースはもちろん、ホルモンや塩鶏までおいしくて、幸せな気持ちになります。
そして私専用スープがあるんですヒヒヒ。
もつ煮食べたーい!
私はごはん並でも大丈夫だ。

さおりさん、こんばんは。
あのご飯の量は、もつと双璧をなす、もうひとつのウリなんでしょうね。
面白いことに、ライスは、標準でも(とはいってもすごい量)、半ライスでも、半ライスよりも少ないレディースサイズでも、定食の値段は同じみたいです。
ほとんどの人が半ライスやレディースを注文するので、ご飯は無駄にならないのです。
それでいて、永井食堂は盛りが良いとは噂になるでしょうから、お店としては一石二鳥。
お店の作りも、メニューの数も、ご飯の量も、無駄が無いお店でしたね。
商売上手。

焼肉屋さんは、もう5年くらい行ってないでしょうか。
ジンギスカン、あらためて食べてみたいです。
今食べたら、違った感想になると思うのです。
で、私専用スープって何ですか?

もう一度、画像見たんですが、ごはんの量もいいし、カウンターっていうのが素敵!もつ煮定食食べたいなぁ。
本当に全てにムダがない感じがしました。まささんの言葉が的確!一層食べてみたくなりましたよ。並で。もつも柔らかそうだし、濃厚なとこにひかれまくりです。
楽しくなってきちゃった。
まささんって、グルメですよね。やったー!
またおいしい情報待ってます!
私専用スープは、野菜嫌いな私のために、店長さんの粋なはからいにより生まれたスープです。長ねぎともやしとニラの代わりに、大量のワラビとお肉だけのユッケジャンスープです。山菜は大好きなんです。感謝しきりな日でした。

ぜひぜひジンギスカン食べて下さい。おいしいんですよ。とりこになります。とろけます。
ジンギスカンの回し者みたいだ私。いえーい!

さおりさん。
僕はグルメじゃないですよ。
食べる事が好きなだけです。
住んでるのは田舎で、美味しい店とか全然無いし、あったとしても外出できませんからねぇ・・・

私専用スープ、いいですね。
いかに、このお店にさおりさんが通っているかがよく分かりました。

茨城でジンギスカンが食べられる店は、少しだけどあるみたいです。
車で1時間ちょっとの距離です。
3時間かけて、永井食堂に行くのですから、1時間の距離はたいした事ないのですが、ひとり焼肉は寂しい・・・・
あ~あ、孤独っす。

この記事へのコメントは終了しました。

« 独り図書館 高田郁 みをつくし料理帖、読み終えました | トップページ | あぁ、食い道楽 料理の鉄人、復活 »