« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の31件の記事

2012年12月31日 (月)

5年経ったら、世界はここまで来ていた・・・

デジカメを注文しました。
なぜ今カメラなのか?ですが、なんとなくとしか言えない・・・(笑)

以前書きましたが、一眼レフはデカくて、レンズを交換したりするのが面倒なのでパス。
スマホの縦長の写真はニガテ、スマホよりも綺麗に撮りたい という事で、コンパクトデジカメになりました。

IXY の 220F という機種なんですが、今年の3月頃?発売されたとあって、なんと1万500円という安さ。
こんなに安いと、作りがチープでオモチャなんじゃ?という疑問は僕も持ちました。

でも
1610万画素
24mmの広角レンズ
光学5倍ズーム
フルハイビジョン動画の撮影
などと 小さいのに頑張ってる。
そうそう小さいと言えば、本体がスリムで軽くなっている事も重要なポイント。
手軽さを理由にコンパクトデジカメにしたのだから、スリムになっている事は大事です。

タッチパネルやWi-Fiが付いてないのも評価の対象です。
画面に指紋が付かないで済むのならその方が良いし、タッチパネルオンリーの操作方法は快適さとイコールではないだろうから。
タッチパネルはバッテリーが早く無くなるのでは?という疑惑もありますし。

Wi-Fiが無い方が良いのは簡単な理由です。
スマホなどに写真をすぐUPできるというのがウリらしいですが、別に誰かに見せる写真じゃないですからね。
必要ナ~シ!!

そうそう、今使っているデジカメの発売日ですが、2006年4月でした。
発売後すぐに買ったとは言えないので、使っていたのは5年くらいでしょうかね。

5年でデジカメは安くなり、安くなっているのに、画素数が2.5倍!
ズーム倍率も上がり、30gも軽くなり、薄くなった。
これは買い!でしょう。

今は注文して、手元に届くのを待っている状態・・・
注文でポチった時から、家に届いて箱を開ける瞬間。までが一番テンションが上がる時でしょうかね。
早く届かないかなぁ・・・・
正月休みだから休み明けまで届かない???
くぅ~じれったい。

ブブ彦やトシ・ヨロイヅカでのスイーツたち、今後は、高画質でご報告しますよぉ~
でも、写真のサイズを小さくしてUPしているから、画質は上がらない???
カメラ買う意味なし・・・

大晦日だというのに、なんともマニアックな話でした。
来年も畦道通信を宜しくお願いいたします。
ではでは、よいお年を~

2012年12月30日 (日)

石川 × 荒木 コラボの舞台は紅白で

20121230スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃…!
なんと『第63回 NHK紅白歌合戦』の場で、石川さゆりさんと荒木先生のコラボが実現ッ!!

アルバム『×-Cross-』のジャケットイラスト描き下ろしに続く、石川さんと荒木先生のグレートなコラボが披露されるのは、石川さんが歌う『天城越え』の背景映像として使用されるイラストで、“女の情念”を荒木テイストで描き下ろしたイラストに仕上がっているとの事。

石川さんが『天城越え』を歌うのは、番組の終盤辺りで、全50曲が歌われるうちの、47番目に登場する。

紅白のラスト1時間だけ録画して、見てみます。
今年は荒木先生一色の一年だったわけですが、その最後を締めくくる、イベントとなりそうです。

女の情念 ってどんなイラストになるのやら・・・・

2012年12月29日 (土)

今度の大河、面白そう

来年の大河ドラマ、八重の桜が楽しみである。
公式ページにはこう書かれている。

----------
女らしく、という母の願いをよそに、男まさりにそだった少女は、戊辰戦争の落日、会津・鶴ヶ城に500人の女達と立て籠もり、銃を持って戦った。
その姿は後にたたえられる、「幕末のジャンヌ・ダルク」と。

その名は、新島八重
「ならぬことはならぬのです」
たとえ「悪妻」と呼ばれようが、不義には生きられない会津の頑固女!
維新後、アメリカ帰りの新島襄の妻となった八重は、男尊女卑の世情の中、時代をリードするハンサムウーマンとなっていく。
そして、会津の仲間と共に、日本初の篤志看護婦として日清戦争、日露戦争に同行!
戦う女武士から、日本のナイチンゲールへ!

会津武士道の魂を守り抜き、
生涯自分のの可能性に挑み続け、すべての人たちと幸福を願った、新島八重と、その仲間たちの愛と希望の物語!!
----------

幕末の会津藩と言えば、松平容保と白虎隊、長州との因縁。

敗者側から見た幕末は面白そう。
きっと泣ける話になるのでしょう。

ただ日清戦争、日露戦争にまで話が行くので、後半付いて行けるかなぁ・・・・・
僕の中では、幕末が終わると急に魅力が無くなるような気がして、心配ではあります。

とりあえず毎週日曜に録画して見るようにします。
龍馬伝以来のヒットとなるか?

2012年12月28日 (金)

ブブ彦日記 下克上? 豚犬の野望

20121228ブブ彦の散歩は、家からすぐ近くにある土手に行く事がお決まりですが、他のワンコたちも同じです。
色々なワンコとすれ違いいますが、一番の仲良しは、ゴマちゃん。

秋田犬なのかな? 真っ白なワフワフの毛が温かそうで、いつも僕はゴマちゃんをぎゅーっと抱きしめてあげます。
秋田犬っぽいのでブブ彦よりも5回り程大きいのですが、ブブ彦はゴマちゃんにおくすることなく、ワンたったを繰り出して、ごまちゃんに飛びかかります。

なんでワンたったを繰り出すのか謎なのですが、普通に犬学で考えれば、「お前より俺のが上だぜ」って事なのでしょう。
自分より格上のゴマちゃんに喧嘩を売るブブ彦という事になります。

ゴマちゃんは、他の犬だとすぐに喧嘩してしまうような、やんちゃ犬なんですが、ブブ彦には何をされても怒らない。
ゴマちゃんママさんも、これには驚いています。

見境無く毎回喧嘩を売るブブ彦と、それを許すごまちゃん。
勝負は既についている。
大人なゴマちゃんの勝ちぃぃぃぃぃ。

でもワンたったを繰り出しているのに放置するわけにもいかないので、リードを引っ張ってやめさせます。
ゴマちゃんママさんも、ブブ彦とゴマちゃんがじゃれあっている様子を、ニコニコと見守ってくれていて、犬に対する考え方が同じなんだと分かります。

ゴマちゃんママは、ちょっと話はするんだけど、住んでいる場所、家族構成、仕事の事、既婚者かどうか などは決して聞いてこない常識人。
何処かのオバサンに見習ってもらいたいですなぁ。
こういう人ばかりだと散歩も楽しいのだけど・・・

写真は、僕の手をペロリンする豚さん。
美味しい匂いがするらしい(笑)

2012年12月27日 (木)

大晦日のTVはこれだ!

大晦日の夜、テレビは何を見るか?

 1、無難に紅白
 2、本命のガキ使
 3、ダークホースのアイアンシェフ

今までの事だったら紅白でした。
大晦日と元日くらいは家族と一緒にいるもんだと勝手に思っているので、自然と両親の見るテレビを一緒に見る事になります。
すると両親は紅白を見るんですよね。

全然ヒットせず初めて聴く演歌歌手の新曲、ベタベタでコメディタッチの古いやりとり、気合が入りすぎてしまって悪趣味になってしまっている衣装。
何が楽しくて紅白なんか見てるのかなぁ~ と思っていたのですが、今年は違う展開になってきた。

アイアンシェフを見る! というのである。
僕としてもそれが一番嬉しいのだけど。
ガキの使いはビデオに撮ってCMを飛ばして見る物だと思っているので、アイアンシェフを見るべきなんだと思ってます。

ただねぇ。
6時間近く鉄人をやるのはどうなんだろう?
恐らく3試合やって、全ての鉄人が登場するのだと思うけど、飽きれちゃうんじゃないかな?
生放送らしいので、緊張感はあるだろうけど・・・

テレビ朝日の「大晦日だよドラえもん3時間スペシャル」を見ちゃうかも?(笑)

2012年12月26日 (水)

あぁ、食い道楽 全ては当日のお楽しみ

料理番組ばかりを録画予約して見ています。
 ・アイアンシェフ
 ・男子ごはん
 ・きょうの料理
 ・キューピー3分クッキング。
 ・グレーテルのかまど
 ・チューボーですよ
 ・ぐるナイのゴチバトル
を録画するようになりました。
っというのが前回までの話。

今回の話は、1つ気付いた事についてです。
僕は次回の予告を見ないのです。
見ている時間が無いわけでも、せっかちなわけでもありません。
次回、何を作るのか?を知ってしまうと、お腹が空いて空いて大変辛いのです。

小学生の時、下敷きに給食の献立表を挟んで授業中に見ていたような子でしたから、今日は何が食べられる、明日はアレ、明後日はいよいよアレ とやっていたわけですが、この歳になって待ち焦がれるのは辛いものだと思うようになったのです。

楽しみに待っていられればそれが一番なんでしょうけどね。
早く見たい、食べたい(食べたつもりになりたいw)となると1日1日が長~く感じてしまってねぇ。

予告を見ないわけですから、録画された物を再生して初めて今日はコレだったか!と唸るわけです。
これが楽しい。
鉄人のテーマ食材を、今回は何だろう?と予想するような楽しさがあります。

予告は見ない。
なぜなら、お腹が空いちゃうから(笑)

2012年12月25日 (火)

デジ物コバナシ もう嫌だ、元に戻そう

もう1週間以上やっていること。
パソコンの設定である。

詳しく書いても分かる人はほとんどいないだろうし、書いたところで何も面白くないから書かないけれど、やってる事はそれほど複雑じゃない。
(パソコンのカテゴリーなのに、詳しく書く事を放棄しちゃうあたりが なんともw)

出来ない。 なぜできない。 どうなってる。 調べる。 勉強する。 試してみる。 失敗する。 失敗の原因を調べる。 勉強する。 別の方法を試してみる。 の繰り返しを1週間以上毎日やっているのである。

はっきり言って、「もう嫌だw」
誰に頼まれたわけじゃないし、もうやらない!
1週間やって、ほとんど成果は無かったけれど、もういいです。

色々と設定をいじってしまったから、元に戻すのも一苦労。
はぁ、気が重い。

どんなトラブルにも対応できる、パソコン博士になりたいっす・・・・
あの頃に戻りたいっす・・・・
って、あの頃って何時?(笑)

2012年12月24日 (月)

あぁ、食い道楽 ひたすら作り続ける“何か”

僕は料理をする夢を良く見ると以前書きましたが、親しい人に作っているわけではないのです。
自分が食べるためでもありません。
お店でお客さんに出そうとしているようなのです。

厨房で作っている場合がほとんどで、ランチタイムの戦場のようなキッチンで戦っている夢ばかりみます。
そして、どういうわけか、料理はいつも完成しないのです。
仕込みだけを延々とやっている夢。
何かが入ったフライパンを必死に混ぜている夢。
などなど。

何を作っているのか、自分でも分からないのだから不思議である。
今回見た夢では、やはりフライパンが出てくる。
卵を焼いているわけでもない。
パスタを作っているわけでもない。
肉、魚を焼いているわけでもない。
一体、一生懸命になって何を作っているのか?
何度も同じような夢を見ていますが、どういった精神状態の時にこういう夢を見るのでしょうかねぇ・・・・

料理の夢を見た時は、あまり体が休めません。
料理は作るよりも食べる方が、当然好きですよねぇ~
食べる夢をリクエストしたい!と思います。
シュークリームを100個食べる夢がいいなぁ・・・・(涎)

2012年12月23日 (日)

歯が痛い、でも歯医者には行きたくない

奥歯がものすごく痛くなりました。
間違いなく虫歯系の痛みです。

この歯は、昔治療し、詰め物をしたのですが、その後詰め物が取れてしまい(取れた時の記憶が無いんだけど・・・w)今に至ります。
取れてしまいカルデラのようになって、はや数年。
もう何年そのまま放置したでしょうか?
詰め物が取れてしまっても、痛くないし、物を噛むのにあまり不自由はしないので、つい歯医者に行かないで今日まできてしまいました。

もう痛くて痛くて、眠れない、ゴロゴロ横になっていても痛い。
どうする事もできないので、ついに歯医者に行こうと思っていたら、痛みが消えた!?
あの痛みは何だったんだ?

とにかく痛みが消えてくれてラッキー!
次痛くなったら、行く事にして、とりあえず歯医者はやめておこう。 っと思うまさ爺であった。

歯医者行きたくない、外出したくない。
しっかり歯磨きしますから、カルデラ歯よ、もう痛くなるなよ!!
穴の開いた歯は、放置です。
いいのかそれで・・・・

2012年12月22日 (土)

シネマごしっぷ レ・ミゼラブル

映画、レ・ミゼラブルを見てきました。
予告CMを見て、絶対に初日の初回を映画館で見ると決めていました。

舞台で有名な作品ですが、僕は全く知識がありませんでした。
どういう話なのか、タイトルのレ・ミゼラブル以外は何も知らない。

そこで毎日YouTubeで代表曲を聞き、頭に叩き込みました。
日本版の日本人が歌っている動画もありましたが、それは見ない。
一音に一文字しか割り振りできない日本語と、一音に一単語割り振りできる英語とでは、歌詞の表現力が違うからね。

映画が始まると、この曲知ってる!! という感動が続き、好きなミュージシャンのライブに来ているような感覚。
予習しておいて良かった。

原題 Les Misérables は「悲惨な人々」「哀れな人々」の意味。

---<あらすじここから>---
1815年のある日、ミリエル司教の司教館を、ジャン・ヴァルジャンが訪れる。
貧困に耐え切れず、たった1本のパンを盗んだ罪で19年も服役していた。
行く先々で冷遇された彼を、司教は暖かく迎え入れる。
しかしその夜、銀の食器をヴァルジャンは盗んでしまう。
翌朝、彼を捕らえた憲兵に対して司教は「食器は私が与えたもの」だと告げて彼を放免させた。
それまで人間不信と憎悪の塊であったヴァルジャンの魂は司教の信念に打ち砕かれ、正直な人間として生きていくことを誓う。

1819年、ヴァルジャンは、善良な人柄と言動が人々に高く評価され、市長になっていた。
彼の営む工場では、1年ほど前からひとりの女性が働いていた。
彼女の名前はファンティーヌ。
パリから故郷のこの街に戻った彼女は、3歳になる娘をテナルディエ夫妻に預け、女工として働いていた。
その後、売春婦に身を落としたファンティーヌは、ヴァルジャンに救われる。
病に倒れた彼女に、彼女の娘コゼットを連れて帰ることを約束する。
だがその矢先、ヴァルジャンは、自分と間違えられて逮捕された男シャンマティユーのことを私服警官ジャヴェールから聞かされる。
葛藤の末、シャンマティユーを救うことを優先し、自身の正体を世間に公表する。

1823年のクリスマス・イヴの夜。
ファンティーヌとの約束を果たすためやって来たヴァルジャンは、コゼットを奪還する。
道中コゼットを連れてそのままパリへ逃亡する。
ふたりは、修道院で暮らし始める。
母のことをあまり覚えていないコゼットは、ヴァルジャンを父として、また友達として心の底から慕い、愛し続ける。
ヴァルジャン自身もコゼットを娘として、あらゆる愛情を捧げる絶対的な存在として、彼女にまごころからの愛を注ぎ続ける。

パリの邸宅に落ち着いたヴァルジャンとコゼットは、公園に散歩に来ていた。
そんなふたりの姿をひとりの若者が見ていた。
彼の名はマリユス・ポンメルシー。
共和派の秘密結社ABC(ア・ベ・セー)の友に所属する貧乏な青年である。
マリユスは美しく成長したコゼットに一目惚れし、何も考えられないほど彼女に恋焦がれてしまう。
マリユスはコゼットの住まいを見つけ、彼女と出逢うことができた。
この出逢い以降、ふたりは互いを深く愛し合うようになる。
だが、コゼットはヴァルジャンから、1週間後にイギリスへ渡ることを聞かされ、それをマリユスに話してしまう。
ふたりの恋路は突然の別れという最大の試練に塞がれてしまった。

コゼットと、彼女に絶対的な愛を捧げるジャン・ヴァルジャンとマリユス――この3人を中心とした運命の渦は、ジャヴェール、そしてABCの友のメンバーまで巻き込んで、『悲惨な人々』(レ・ミゼラブル)の織りなす物語をあちこちに残していく。
大きくなった運命の渦は、七月革命の影響で混沌のなかにあるパリを駆けまわり、やがて1832年に勃発する六月暴動へと向かってゆくことになる。
---<あらすじここまで>---

ここで1つミスを犯しました。
映画が始まる前にトイレに行くのを忘れたのです。
いい映画だっただけに、このミスは痛かった。
早めにトイレに行って、後半ゆっくり見よう。
いや、このまま最後までトイレに行かなくても大丈夫!?
もう限界だ、行くね。 いやもう少しで終わるはず。
そんなこんなで、映画後半は、トイレの事ばかり考えて考えて、映画どころじゃなかったです。

星5つ満点で、
星4つ です。
魅力的な登場人物、魅力的な楽曲、展開の速さ、意外な展開、豪華な出演者 と全てが高レベル。
ミュージカル映画を見るのは、かなり久しぶりで、肌に合うかどうか分からない状態だったけど、見に行ってよかった。
フランスの歴史に詳しかったら、もっと理解できるんだろうな。
オススメです。

2012年12月21日 (金)

ダイエット奮闘記(プチ) あと少し、もう少し

体重が落ちました。
一時、リバウンドしましたが、取り返しました。

深夜の台所徘徊は、完全に終わっていませんが、朝食の量を調節して、なんとかトータルで少なめの食事になったようです。

深夜のクッキーモンスターさえ抑え込めば、もっと落ちるのになぁ。

体重65kg(前回より-600g)
体脂肪率21%(前回より+3%)

目指せ64kg台っ!!

2012年12月20日 (木)

僕と うつ病、闘病記 自分がいなくなった後の事を考えてる

少しだけ死にたいと考えています。
やっぱりここ数週間の好調は、ただ良い波が来ていただけのようです。

死ぬとしたら、この部屋で首吊り だと思っているのですが、第一発見者は、父になるか、母になるか、微妙なところです。
母が発見してしまうと、かなりの確立でうつ病になってしまうと思うので、何としても父に見つけてもらわないといけません。

あとは、自殺しているのを発見したら、警察に電話するのかな?救急車を呼ぶべきなのかな?
良く分かりませんが、警察に連れて行かれて検死するのは間違い無い。
またあの検死室に呼び出される両親の事を考えると、とてもじゃないけど、死ねないなぁと思います。
っと、何処でどう死ぬか?よりも、残された遺族の事を考えてしまうので、死ぬことは無いと思います。

以前書いた遺書も、今読み返してみると、かなり温度差があるなぁと。
あれを書いた時は、今よりももっともっと死が身近にあったし、頭の中は自殺の事でいっぱいだったように思います。

死ぬ事を考えるのは、苦しいです。
昔は、死ぬ事=苦しみから解放される と思っていたので、死ぬ事を考えるのは、楽になる手段だったのに。
今は死ぬ事を考えるのは苦しい。
ちょっとは前進しているのでしょうか?

2012年12月19日 (水)

ブブ彦日記 本人を目の前にして「太ってる」と言う人

20121219散歩に行くと、犬を飼っていない人ともすれ違います。
犬に詳しくないのでしょう。
ブブ彦が肥満体に間違われます。
ブルドッグの血が入っていますから、肩幅がハンパないんですよね。
着せている服の肩の辺りがパンパンなのも、太っていると思われる原因かもしれません。
腰の辺りを見てくれると、キュっと細くなっていて、筋肉質なのが分かるのですが、犬初心者の人には、やっぱり肥満体に見えるみたいで・・・・

「ちょっと太っちゃってねぇ~」とか言ってきます。
普通失礼にあたるから、太ってるとは言わないですよね。
人間が相手だったら、言わないでしょ?
ハゲちゃってますね。背が低いですね。太ってますね。言わないでしょ?
犬だからってバカにして~
ブブ彦の緩みきったシワシワの顔を見ると、自然と口が軽くなるのでしょう。

いいんだ、いいんだ。
フレブルの魅力は分からない人の方が多いのだから。
飼い主の僕が、ブブ彦を可愛がってやればそれでいいのさ。

どうだいブブ彦、俺って良い飼い主だろ?

2012年12月18日 (火)

年賀状、今回はメールで・・・・

バックナンバーの上にカレンダーを表示しました。
このカレンダーと同じ物を表示しているブログは、よく目にするのですが、更新が全然されてなくて、スッカスカなカレンダーばかり。
このブログはずっと更新してないよ、月に数回しか更新してないよ。と言っているような物なので、なんでそんなマイナスになる事を表示させるかなぁ とずっと思っていました。
一方、僕のブログでこのカレンダーを表示させると、全ての日が更新日という事が良く分かり、これはアピールになるかもと思ったしだいです。

今日、昨日、一昨日までしかブログトップには表示されませんが、3日より以前の話を見たい人は、このカレンダーを使ってくださいね。

特定の話だけ読みたい人は「カテゴリー」
数日以前の話を読みたい人は「カレンダー」
月単位で過去に遡りたい人は「バックナンバー」
上手に使い分けてくださいね。



さて、年賀状シーズン、真っ只中といった所でしょうか。
今年もソフトを買ってきて、自宅のプリンターで印刷・・・
っと思ったのですが、やめました。
今年は年賀状出さないぃ!!

友人は少ないから、それほどの労力にはならないけれど、出さなくてもいいや。
友人が少ないからこそ出さないといけないのかもしれないけれど・・・
でも年賀状が来ないというだけで、繋がりが無くなってしまうような関係でもないし、出さない事にしました。

元旦メールは送るつもり。
それで許してもらいましょう。

2012年12月17日 (月)

あぁ、食い道楽 くぢらもち、食べてみた

鯨餅という物を初めていただきました。
ウィキペディアで調べてみると・・・

鯨餅は、山形県及び青森県付近で作られている菓子。
青森では久慈良餅と表記される。
くじらもち、くぢらもちという表記もある。
もち米とうるち米の粉を水で練り、箱の中でのばし、ムキ胡桃・砂糖水を加えて、せいろで蒸したもので、味噌・醤油・餡など多彩な種類がある。
その名称から鯨肉が入っていると誤解を招くことが多い。
もともと、桃の節句の時期などによく作られていた。
由来は久しく持ちの良い食べ物ということで「久持良餅」であるとか、形が鯨肉に似ていることから「鯨餅」であるといわれているが真相は定かではない。
主に、両地方の商店やお土産屋で入手できる。
一般家庭でも自家製のものを作る家が多くあり、家庭の味として受け継がれている。
とある。

いただいた鯨餅は、ノーマル?と味噌。
5cm×15cmくらいの大きさで、厚さは3センチ程。
結構硬く、真空パックに入っている。

薄く切って食べる事。
日にちが経って、硬くなった場合は、焼くと香ばしさや素材本来の味がして美味しくなると書かれている。

しかし、初めてなので、今の餅の硬さが硬いのか?柔らかいのか?食べごろなのか?火を通すべきなのか?さっぱり分からない。
とりあえず、レンジでチンする事にした。
焼かないわけでも焼くわけでもない、チンという第3の選択をした僕である。
お餅がやや柔らかくなったようなので、食べてみる事にした。

う~ん、良く言えば、やさしい味。
すあま のような味である。
やや硬く、餅のつき方が足りないんじゃ?と思うほど、ボソボソ。
もっとチンして、テロンテロンになるまで温めた方が良かったかも。

あんまり美味しくないかな・・・
味噌味に期待です。

2012年12月16日 (日)

ダイエット奮闘記(プチ) 緩やかに減、ここからが勝負か!?

選挙の期日前投票に行ってきました。
混んでて列が出来ており、15分待ち。
待つ事の不満よりも、こうして多くの人が政治に興味を持つという事が、とても嬉しかったです。
選挙に行かないと、原発はいらないとも、増税すんなよとも、批判する権利は無いですからね。
行けて良かったです。


さて、甘い物を食べすぎたり、食事量が増えたりして、リバウンドしているだろうと思っていたのですが、前回よりも減ってました。

体重 65.6kg(前回よりも-800g)
体脂肪率 18%(前回と同じ)

とは言え、一時65kgジャストまで落ちているので、一旦リバウンドして、少し落ちた辺りという事なのでしょう。
ここで油断しないようにして、54kg台を狙います。

毎回ある程度ダイエットすると、頑張る糸が緩んでしまい、グダグダになってしまうので、気を許さないようにして、頑張りたいと思います。
「コンビニは、見ない寄らない、買い占めない」

応援しておくれ。

2012年12月15日 (土)

あぁ、食い道楽 またも一気食い、ぐるじい

ブブ彦の病院の帰りに、ブンブンでおやつを買ってしまいました。

病院とブンブンは距離にして50メートル。
病院に行ったら、いやでもブンブンが目に入ってきます。
停めやすい駐車場で、いつもお客さんでいっぱい。
ほらほら、考えてないで、駐車場入っちゃいなよ。 と誘惑してきます。
買う買わないは、店内に入ってから決めればいいじゃん。 と甘い言葉をかけてきます。
実際の所は、駐車場に車を停めようと、ウィンカーを出した時点で負けなんですけどね。
まだ買うかは決まってないと、逃げ道を用意して誘ってくるあたり、なかなかの策士。

本を立ち読みする事無く、お惣菜コーナーも無視ムシ、ドリンクコーナーも蟲。
一目散に、スイーツコーナーを目指します。
そうそう、菓子パンのコーナーもちょっとチェックします。
クイニーアマンが美味しそうだったけど、カロリーが高そうなので、諦める。

カロリーが高いからと言いつつ、僕が手にしたのは、3つ。
苺のチーズケーキ と チョコレートのムース と みたらし団子である。
完全にカロリーオーバー(笑)
部屋に冷蔵庫があるし、一気に食べる必要性は無い。
賞味期限もまだまだあったし。
でも一気食い。

そして夕食後に、母が買ってきた今川焼きを2個、黒餡 と白餡 。
食べ過ぎました。

食べ過ぎだと自覚するのが遅すぎるかな。
ブンブンで甘味を3つ買った時点で一気食いするのは分かっていたはず。
今川焼きだって、明日食べたって良かったはず。
意思が弱い、意志が弱い、弱すぎる・・・・

もういいや、ダイエットは明日からやり直すという事にして、今日は食べ過ぎお腹の張りを楽しもう。
もう動けないよぅ~
自業自得である。

2012年12月14日 (金)

旧石器時代の原人、そろそろ進化!?

あらゆるカメラメーカーが一眼レフのCMを流しています。
ミラーレスは凄いよとか
世界最小一眼だよとか
レンズを取り替える様子を格好良く見せたりしています。

でも僕はそんな一眼レフ否定派です。
写真が好きで、本格的に撮りたい人は買えば良いと思います。
僕は、今の所、必要無い。

むしろ普通のデジカメの
小型だよとか
レンズが飛び出てないよとか
軽いよとか
これ1つで全て事足りるよ という方に魅力を感じます。
パパッと取り出して、ササッと撮って、軽々持ち運ぶ。
これが僕の流儀に合っています。

軽々持ち運ぶと言えば、スマートフォンがありますが、僕はスマホじゃありませんし(笑)、携帯やスマホの縦長の写真がちょっと残念だなぁと感じる人なのです。

さて、何故カメラの話を書いているのかというと、そろそろ新しいデジカメが欲しくなってきたからなのです。
今、使っているデジカメは、使いだして5年以上(7~8年かも???)のキャノンのIXY、800万画素という完全に旧石器時代の一品。
今のデジカメは1600万画素は有るみたいです。(ここまで来ていたか!、知らなかった・・・)
ブログにUPするブブ彦と、トシ・ヨロイヅカで食べた物を撮るくらいなので、どのみち写真サイズを小型化してしまうので、コンパクトデジカメで十分なのです。

今、この話を書きながら、IXYのHPをチラチラ見ているのですが(また書いてる途中でフラフラと見に行ってますw)、進化がすごいです。
画素数だけじゃなく、軽さ、機能、時代はここまで来ていたか。
価格.comで日本の最安値を見ていますが、1万5千円あれば買えそう。
買うしかない か。

2012年12月13日 (木)

僕と うつ病、闘病記 適度に考えて、軌道修正できれば良いのだが

今飲んでいる薬が効いているのでしょう。
死にたくなりません。
遺書を書いた時から比べると、こうもスッキリするかなぁ と自分でも驚くのですが、雲ひとつ無く空が晴れ渡るような感じ。

ただ、それは死にたい気持ちが という話。
身体が重くて、動けないのは変わりなし。
コタツで横になり、天井をボーっと見つめる事数時間。
死のうとは思わないけれど、なんでゴロゴロしてるのかな~とか
なんで動けないのかな~とか
両親が働いているのに、自分だけ家にいて何もしてないな~とか、自分を責める気持ちは相変わらずです。
全く責任を感じる事なく、、家でヌクヌクしていたら、それこそ終わりですけどね。
責任は感じないといけないとは思うけど、感じすぎてしまうのが、僕の悪い所。

って、書いていたら、少し死にたくなってきました。
いかん、いかん、悪い方へ考えるのはやめよう。
もう何千回って考えて答えは出ているはず。
悪い方へ考えるな、考えるな。
プラスに考える事は無理でも、考えるのをやめる事はできるはず。
深呼吸して、頭を真っ白にしろ。
楽しかった事、自分が成し得た事を考えろ。
自分の事を想っていてくれる人達の事を考えろ。
悪い方へ考えるな、考えるな。
落ち着け、深呼吸しろ。
深呼吸、深呼吸・・・・

2012年12月12日 (水)

ブブ彦日記 お鼻が鳴ってしまうのです

20121212フゴゴゴと犬は良く鼻をならします。

フゴゴでも、フゴゴゴゴでもなく、毎回フゴゴゴと4回音を鳴らします。

横になって、一息ついた時に良くフゴゴゴと鳴らすようです。

意味なんて無い。
ただ鼻が鳴るだけさ。
サザエさんの“んがっくっく”にちょっと似ています。

2012年12月11日 (火)

龍馬 in ひたちの国

もう随分と前からですが、髪が伸びて縛れる長さになりました。
懲りずにまた伸ばすの? もう龍馬はいらんぜよ。
というツッコミ、耳が痛いけど、そうなるかなぁ・・・

そうなるかなぁっと なんとも他人事ですが、自分でもこの後どうなりたいというイメージが無いのです。
目標が無いから、放置状態になっていて、気がついたらこの長さになっていたというわけ。

僕のベースがチュート福田なので、何やっても似合わないわけですが、何もかも似合わないなら何やっても同じだろう、何やってもアリだろう って発想です。

何と言われようと好きなようにやろうと思いますが、石を投げられたら切ろうと思います。
それまでは伸ばすぞ~

2012年12月10日 (月)

ダイエット奮闘記(プチ) 深夜のバイオハザード

最近、夜中にトイレに行ったついでに、台所へ行って残り物を物色する日が続いています。

おかしな事に、台所に移動した様子など、記憶がありません。
でも日記には、台所で食べた物が事細かく書かれています。
おかしな事に、日記を書いた記憶もありません。
でも日記には、ちゃんと書かれているんですよね。
意識が無いのに、日記を書くという習慣だけは体に染み込んでいるようです。
その辺り、ど~なってんのか、自分でも分かりません。

その後2度寝して、昼の10時頃に起き出してブブ彦の散歩、帰宅してパソコンを立ち上げると、先に書いたように、日記に食べた物が書かれています。
う~む、夢遊病なのでしょうか?
ダイエットで我慢我慢の日々が続き、理性が吹っ飛び、食べ物を求めて歩きだすのでしょうか?
ゾンビみたいだ(笑)
バイオハザァ~ドw

解決方法は、夜中起きない事。
起きたら自分の意思とは関係無く食べてしまうのですから、起きない事が一番良いのです。
それには水分をとり過ぎない事だ。
夕食の味噌汁、ワイン。
食後の薬を飲む時の水。
就寝前の薬を飲む時の水。
薬と一緒に飲む水は、薬が溶けるだけの量を飲まないといけないから、量はあまり減らせない。
味噌汁とワインをやめるか・・・・?
味噌汁は具だけ食べましょうかね。
ワインもキッパリ止めてしまおうかな。
でも水分を沢山とって、お腹を膨らませるという作戦が使えなくなるなぁ。
夕食の水分を減らすか、夢遊病食をやめるか、どっちにしても、空腹感と対決しないといけないでしょうな。

体重 66.4kg(前々回より+1.4kg)
体脂肪率 18%(前々回より-1%)

想像以上の、リバウンド。
3歩進んで、5歩下がる・・・・(ひでぶ)

2012年12月 9日 (日)

僕の奔放なブログの書き方

毎日ブログを更新しているわけですが、ちょっと変わった書き方をしています。
それは、いくつもの話を平行して書く というものです。
食い道楽の話を数行書いたら、ブブ彦日記を書き、書いたと思ったら、ダイエット奮闘記を書いたり、うつ病闘病記を書いたりと、ホント落ち着きが無い。
今は、来年正月のご挨拶を書いています。

なんだかねぇ、書いていて飽きちゃうんですよね。
ある話を書いていても、すぐに、他のカテゴリーの話を書きたくなってしまう。
他の話に行かないとしても、疲れてしまって、5分書いたら、ネットサーフィンするとか、あるいは昼寝するなど、まさに奔放です。

気がついたこと、起こった出来事、思った事を、チョクチョク下書きに書いて、ネタに困らないようにしているのですが、もう少し落ち着いても・・・とは思う。

思うけれども、多分この書き方は直せないと思う。
グルグル書くカテゴリーが回るわけですが、頭の中では整理できていて、混乱したりはしないんですよねぇ。
自分でも不思議(笑)

2012年12月 8日 (土)

シネマごしっぷ ダークナイト ライジング

ダークナイトライジングを9月下旬に映画館で見ようと思っていたら、もう終わってたという痛恨のミスをした僕。
(バットマン、終わってた へのリンクは こちら
あれから3ヶ月!! やっとレンタルが開始に。
僕は日本一この日を楽しみにしていたと言っても良いでしょう。

TSUTAYAに行き、バットマンを探すと・・・
有りましたありました。
数十枚置かれているけれど、すでに4分の3は貸し出し中。
朝イチで並ばないあたり、本当に日本一か?と思うけどね。

新作なので、2泊3日で借りてきました。
早速見てみると・・・
ダークナイトの可哀想なラストから8年後が舞台。
今回の悪役は、ポヨマッチョで、プニプニしている。
スパイダーマン2の時もそうだったけど、悪役がポッチャリしていると、なんだかガッカリするんだよね。
曙太郎でもいいやん。ってね。
前作のダークナイトの悪役、ジョーカーの存在感には及ばないなぁ。

でも、つまらないのか?というと、面白いわけで、2時間半の長い話を一気に見れました。
第1作のバットマンビギンズの話が出てくるから、バットマンビギンズ、ダークナイト、ダークナイトライジングの3作を一気に見る方がよろし。

星、5つ満点で
3つ半!!
悪役は地味だけど、バットマンの葛藤や、活躍が見ていて力が入ってくる。
前作、前々作を見ないで見ると、訳分からないと思う。
シリーズ完結作にして、最高のラスト。
是非お試しあれ。

2012年12月 7日 (金)

洗車しろって事ですかね

「車検のご案内」がキター
徒歩3分の距離にある、自動車整備工場に出すのがお決まりとなっているのですが、体が重い・・・・
これだけ近くにあるのにです。
多分距離とかは関係ないんでしょうね。
嫌なものは、嫌なんだと。

1月末までに車検が完了すればOKなのですが、忘れそうだなぁ。
自動車免許の更新を忘れ、うっかり失効となったのも、記憶に新しい所。
今年中に車検に出してしまった方が良さそうです。

車を自力で洗車してから出さないといけないかなぁ。
車にコケ生えてますもん(笑)
車に執着しないし、内装にもこだわらないし、良い車に乗りたいという気持ちも無い僕。
毎回車検に出すと、整備士の人が洗車してくれるのですが、それはまずいだろうと。
整備士さんに言わせると、洗車してくれるのは、もっと車を愛してやれ って言う無言のメッセージなんでしょうけど。
汚れたまま返すわけにもいかないでしょうし。

車検に出す前に、自分で洗車するのは、良いのだけど、ガソリンスタンドにある、洗車機でもいいかな?(すぐに妥協)
もう寒いし、水で洗うのしんどいもんなぁ。

こんな持ち主で、愛車も泣いているだろうに。
愛車っていうほど、大切にしてないけど・・・・
車って便利だけど、大変です(涙)

2012年12月 6日 (木)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 餌で釣られた僕、活動的に・・・

トシ・ヨロイヅカでお正月に行われる、スペシャルデザートライブに参加したいが、情報が入ってこないと書きました。
書いてしまいました。
しかし、公式HPの新メニューの写真や、今後行われるイベントの情報が表示されている場所をクリックしたら、スペシャルデザートライブの情報が出てきました。

そうです。
最初から情報は全て出ていたのです。
1回ポチリとクリックするだけで良かったのに、半月くらい?ヤキモキしてましたよ。
でも分かりづらいなぁ(言い訳)

-----------------
開催日時:2013年1月2日(水)~1月5日(土)

昼の部:14:00~16:00
夜の部:18:00~20:00

定員:各回/14名様
参加費:8,000円(税込)
内容:デセール6品、ウェルカムワイン、お茶、お土産付き
-----------------

そして、昨日予約を取りました。
受付開始時刻の11時を過ぎても、電話が全く繋がらない。
かけ続ける事1時間半。 やっと電話が繋がりました。
(途中15分ほど寝落ちしてたのは内緒だ・・・w)
3日の昼の部を狙っていたのですが、昼の部はすでに満員。
3日の夜の部が空いていたので、そこにしました。

料金を振り込まないと予約が取り消しとなるので、すぐに降り込みに行きました。
外出できるか心配だったのですが、旨い餌で釣られた僕は「動ける」!!
振り込み先をメモしてATMに行ったのですが、カードを入れたら、1年前に振り込んだ、トシ・ヨロイヅカの口座が表示されました。
メモ要らなかった。 賢い!!
僕の後ろに並んでいる人の視線が痛いし、急いで手続きしないといけないので、助かりました。
また「都市銀行」「地方銀行」とか分かりづらい所から始めて、口座番号を入れて・・・・っとドキドキする必要も無く、あっという間に手続きが終わりました。
いやぁ~ 助かった。

両親には、僕がおごると言いましたが、1人8000円だとは言ってません。
別に有り難く思ってもらう為に連れて行く訳じゃないので、値段は最後まで言わないつもりです。
かっこうぃぃぃ~ねぇ~オレ(笑)

振り込みが出来たので、ご褒美にブンブンでクリームチーズの白いオムレツ???を買って食べました。
う~ん、オムレツではないのだけど、商品名を見ないで完食してしまい、ブンブン駐車場にあるゴミ箱に袋を捨ててしまったからなぁ・・・・
えっ? 買ってすぐ駐車場で食べてるの?と思われた方。
はいそうです。 家に着くまで我慢できませんでした・・・
そんなんだから、ダイエットが成功しないのさ(笑)

2012年12月 5日 (水)

ブブ彦日記 巨人軍、in 茨城キャンプ

20121205買ってきたブブ彦の洋服が、着る前に巨人と言われてしまった問題(笑)ですが、ブブ彦に着せてみました。

うーん、もはや巨人軍にしか見えません。
どうせだったら、阪神の方が良かったのだけどな。

ブブ彦本人は、いきなり服を着せられ、座れだの、止まれだの言われて写真を撮られて、迷惑そう。

写真は、座れと言われて、どうしようかな?言われたとおり座ろうかな?と思っている瞬間の一枚。
顔がちょっと緊張してます。
そして中腰(笑)

2012年12月 4日 (火)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 来年も行きたいスペシャルなデザートライブ

トシ・ヨロイヅカで正月に行われるニューイヤースペシャルデザートライブ。
それに今回も参加したいと思っています。

でも、今回は全く情報が入ってきません。
 ・2013年1月2日~5日に行われるという事。
 ・受付開始が12月5日11時からという事。
情報はこの2点だけです。

 ・一人いくらするのか?
 ・何品出るのか?(メニューは当日のお楽しみにしてほしいが、何品出るかは知りたい。)
 ・何時に行われるのか?(昼間なのか?夜あたりが暗くなってから行われるのか? 近所に行くわけじゃないので、時間も重要)

受付開始の5日までに、何かしら情報が出ると思っていたけれど、全く更新は無し。
昨日になってやっと更新がキターとHPをチェックしてみると・・・シェフズストーリーの更新でした。

普段なら楽しみにしているシェフズストーリーの更新ですが、今回はちょっと肩透かし。
読みますよ、読みますけどねぇ、何か情報は無いのですかい?
そう思っていたのですが、そこにニューイヤースペシャルデザートライブのヒントが載っていました。
スペシャルなバニラビーンズを使うとあったのです。

今回のシェフズストーリーはタヒチにバニラビーンズを取りに行く話
世界で流通しているバニラの2%がタヒチ産らしいのですが、品質は最高級。
かなり良い香りがするみたいです。
そのバニラをニューイヤースペシャルデザートライブで使うと、鎧塚さんが明言しました。

バニラービーンズがスペシャルという話を読んで思い出したのが、今年正月のスペシャルデザートライブで出てきた、「贅沢グラス・バニーユとサプライズ・ショコラ」。
あれもバニラ全開だったけど、それを超える物が出てきそう。

とりあえず、両親の都合を聞いたところ、1月3日が良いとの事。
前回は一人での参加だったけど、日頃、引きこもりがちな僕を文句も言わずに、病気が回復するのを待っていてくれる両親に感謝の意をこめて、僕がおごる事にしました。
当日、両親には思い切り楽しんでもらいます。

親孝行って言えば聞こえは良いですが、ミッドタウンまでは運転してもらうし、デザートライブも僕が行きたいだけだろう と言われてしまいますが・・・・

両親は弟が亡くなってから初めてトシ・ヨロイヅカに行く事になります。
2人とも多分泣くだろうと言っています。
あそこには、弟との思い出があるからね。
泣いてもいいさ。
一緒に美味しい物を食べて、元気になろう!!

2012年12月 3日 (月)

あぁ、食い道楽 B-1グランプリ優勝の、あのお肉

20121203シロコロホルモンを伯父さんから頂きました。
シロコロホルモンは、2008年のB-1グランプリで優勝したので、知っている人も多いでしょう。

でも名前は知っているけれど、見たことも食べた事も無いシロコロ。
巨大な大腸、小腸を目の前に、悪戦苦闘です。

4cmくらいにカットして、下湯でします。
下湯でしたシロコロが冷めないうちに、甘めの焼肉のタレと味噌を合わせた物に漬け込みます。
それを網で焼いて、香りが立ってきたら いただきます。
最初は焦げ目が付くまで焼いていたのですが、下湯でで火は通っているので、少し火にかけたら、食べてしまって良いようです。
漬け込んだタレに七味唐辛子を少々入れたら、良い感じの味になりました。

甘辛いタレ、噛みしめると出てくる肉本来の甘さ、最後に七味の辛さがわかり、なかなかの美味。
っというか、良く言えば、噛みしめるほどに ですが、実際のところ 噛み切れません。
3cmくらいのカットでも良かったかも。
赤ワインと一緒に食べたのですが、相性バッチリ。
日本酒でも合うかなぁと思いました。
酒が飲みたいだけですね、ハイ。

ダイエットしてなかったら、ご飯大盛りで食べるんだけどな。
仕方ないので半ライスで我慢です。
太ってしまった自分が悪いのです・・・・・(グッタリ)

2012年12月 2日 (日)

ブログの他に毎日やっている事

ブログを日刊で更新しているわけですが、他にも毎日やっている事があります。
日記を書くのです。

とは言っても、僕は文字を書く事がとてもとても(ココ強調)苦手なので、パソコン内にファイルを作って書いているのです。
インターネットのHPと同じ仕組みになっていて、年、月、日をクリックするだけで、見たい日の日記が表示される仕組みを作りました。

日記には、年月日はもちろん、曜日、その日の天気、最低気温、最高気温、その日あった大きなニュース(3つから5つくらいを長文で)、病状(闘病記の原型)、一日の行動(○○時に何をしていたか)、一日の食事(料理名から食材、酒の銘柄まで細かく)、身の周りの出来事(ニュースとは違う、身の周りに起きたローカルな話) を書くようにしています。
写真、動画も載せることができます。

HPと同じ作りですが、ネット上には公開してないので、ダウンロードしたりする必要が無く、動作もサクサクです。

2005年の4月から毎日書いているのですが、最初のページに、僕が日記を書く理由とあり、飽きっぽい僕が日記をいつまで書く事ができるか分からないが、毎日の病状や出来事を書きとめる事は、一種の遺書になるだろうから、やれるところまで書く とあります。
いつやめてもおかしくないのに、もう7年も毎日書いているのだから、不思議です。

あの日は寒かったのか、暑かったのか。
何時に何処で何をしていたのか。
何を食べたか。
どんなTV番組を見たのか。
何を感じたのか。 全て書かれています。
畦道通信が人に見られる事を前提に書いているのに対し、日記は面白みは全くありません。
ただの記録だからです。
その日の新聞を見ているような感じがします。

あと10年したら読み返してみようかと思います。
プチタイムカプセルですね。

2012年12月 1日 (土)

ダイエット奮闘記(プチ) ここ2日間の食事

今回は体重を量ってません。
ダイエットの話なのに・・・・
というのも、かなり食べてしまったからです。(言い訳)
1日4食食べてしまい、かなりのカロリーオーバー。
体重を量っても、減っている事を報告できないと思ったのです。
それに、体重が増えてしまったのを目撃して、僕のモチベーションが下がるのが怖い。

体重をお知らせしない代わりと言ったらオカシイのですが、僕の食生活をちょっとだけ紹介します。
何を食べていたかというと・・・・(日記を読み返す)(日記については後日書くよ~)
11月28日
 朝食 ほんとに半ライス、生ハム、牛乳、レーズン少なめレーズンロールパン4個
 昼食 セブンイレブンの濃厚フロマージュ、もちもちリングドーナツ、カスターホイップコロネ、切れてるカマンベールチーズ6個(つまり1ホール)
 おやつ 本日2個目もちもちリングドーナツ、ぱさぱさチーズケーキタルト、牛乳
 夕食 半ライス、大根人参じゃが芋の味噌汁、豚肉のにんにく醤油焼き、千切りキャベツ、ブロッコリとゆで卵のサラダ、納豆、赤ワイン
半ライスを食べたのに、すぐにレーズンロールを4個も食べるあたりが、ちょっと病的。
昼食が甘い物ばかりで、砂糖が恋しいにも程があるって感じ。

11月29日
 朝食 大人の猫まんま、煎餅2枚
 昼食 出来立てもつ煮込み少々
 夕食 いつもの半ライス、ワカメと卵の澄まし汁、もつ煮込み(ニラ)、ブロッコリーとゆで卵のサラダ、納豆、赤ワイン
 おやつ 茶饅頭2個、緑茶
煎餅とかもカロリー高いんだよね。
納豆と赤ワインは夕食に必ず食べるのだけど、納豆を食べては赤ワインを飲む、という食べ方じゃないですよ。

昼食も食べてるし、おやつもしっかり食べてます。
多分体重を量ったら、1kgリバウンドしていると思う。
あと5kgという所に来て、息切れしてしまったような感覚。
まだ先は長いからちょっと心が緩んでしまったのかな。

本当に60kgになれるのだろうか?
「君なら痩せられる」という仏のお告げが欲しい・・・・・

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »