« ダイエット奮闘記(プチ) 緩やかに減、ここからが勝負か!? | トップページ | 年賀状、今回はメールで・・・・ »

2012年12月17日 (月)

あぁ、食い道楽 くぢらもち、食べてみた

鯨餅という物を初めていただきました。
ウィキペディアで調べてみると・・・

鯨餅は、山形県及び青森県付近で作られている菓子。
青森では久慈良餅と表記される。
くじらもち、くぢらもちという表記もある。
もち米とうるち米の粉を水で練り、箱の中でのばし、ムキ胡桃・砂糖水を加えて、せいろで蒸したもので、味噌・醤油・餡など多彩な種類がある。
その名称から鯨肉が入っていると誤解を招くことが多い。
もともと、桃の節句の時期などによく作られていた。
由来は久しく持ちの良い食べ物ということで「久持良餅」であるとか、形が鯨肉に似ていることから「鯨餅」であるといわれているが真相は定かではない。
主に、両地方の商店やお土産屋で入手できる。
一般家庭でも自家製のものを作る家が多くあり、家庭の味として受け継がれている。
とある。

いただいた鯨餅は、ノーマル?と味噌。
5cm×15cmくらいの大きさで、厚さは3センチ程。
結構硬く、真空パックに入っている。

薄く切って食べる事。
日にちが経って、硬くなった場合は、焼くと香ばしさや素材本来の味がして美味しくなると書かれている。

しかし、初めてなので、今の餅の硬さが硬いのか?柔らかいのか?食べごろなのか?火を通すべきなのか?さっぱり分からない。
とりあえず、レンジでチンする事にした。
焼かないわけでも焼くわけでもない、チンという第3の選択をした僕である。
お餅がやや柔らかくなったようなので、食べてみる事にした。

う~ん、良く言えば、やさしい味。
すあま のような味である。
やや硬く、餅のつき方が足りないんじゃ?と思うほど、ボソボソ。
もっとチンして、テロンテロンになるまで温めた方が良かったかも。

あんまり美味しくないかな・・・
味噌味に期待です。

« ダイエット奮闘記(プチ) 緩やかに減、ここからが勝負か!? | トップページ | 年賀状、今回はメールで・・・・ »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

コメント

東京からこんばんは。
家族公認の高校の同級生の男友達とお休みが合ったので、突如遊びに来ました。
京王プラザ新宿です。
今日はまささんと生息距離が近いですね!
飲んでないのにほろ酔い、ほっほっほーい!
飛行機はかろうじて頓服で耐えました。明日のお昼過ぎには札幌へ戻っています。
叙々苑食べ尽くしました。
どこへ行っても焼肉女です。
明日帰ったら、くぢらもち調べてみよう。
侍プリン見ましたか?

さおりさん、こんばんは。
今日は1日中横になってました。
毛虫じゃないんだからね、そんなに横になっててもね・・・

近くまで来てるんですね。
飛行機は何故ニガテなんですか?
病気と関係があるのかな? ただの高所恐怖症?

侍プリン調べましたよ。
牛乳は本来、甘かったり濃厚だったりしない と書かれていて、なるほどなと感心。
いいお値段ですねぇ~ 美味しいんだろうなぁ~

この記事へのコメントは終了しました。

« ダイエット奮闘記(プチ) 緩やかに減、ここからが勝負か!? | トップページ | 年賀状、今回はメールで・・・・ »