« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の31件の記事

2013年1月31日 (木)

あぁ、食い道楽 アイアンシェフ終了へ

アイアンシェフが3月いっぱいで終了するらしいです。

ゴールデンタイムに放送されているのに、視聴率は6%~8%くらいだという。
フジテレビも視聴率が悪い番組をこのままにしておく事はできないと判断したんでしょう。
どうして数字がついてこないのか? 色々と言われているが、フジテレビのやり方に問題がありそう。

視聴率低迷の一番の理由は、放送の時間帯。
20時からの放送は早すぎです。
料理の鉄人は23時からの放送で、粛々と流れていた。
アイアンシェフを見る年代は30代以降だと思うが、20時からの放送では、仕事は終わっていない、子供は起きているし、家事は残っているしで、とても落ち着いて見ていられないだろう。
どっしりとテレビの前に座って、挑戦者の紹介やらテーマ食材の発表などを見るようにしないと、番組が面白くないからなぁ。
慌しい時間に放送するのはNG。

もう1つは番宣が多いこと。
始まるドラマがあると俳優女優を審査委員に呼んで、料理を食べさせるのだが、食に詳しくないので、「美味しい~ 美味しい~」を連呼するのみ。
視聴者は審査委員のコメントで味を想像するしかないので、「美味しい」だけでは、お前は何しに来たんだ?となってしまいます。
また、料理人たちは、自分の店の看板を背負って出場しているのに、番宣が入ると、白けるんですよね。
真剣勝負に番宣はいらないです。

あとは、鉄人という呼び方をアイアンシェフという長い呼び方にした事。
挑戦者をノミニーという聞きなれない呼び方にした事も違和感がある。
鉄人と挑戦者ではいけない理由があったの?

更に言うと、挑戦者がショボイ事。
誰それの弟子 とか 誰それの息子 とかばかりが出てきて、挑戦者が小粒感が否めない。
それなら鉄人が勝って当然である。
もっと大御所を登場させないと、試合の緊張感が無いのです。
挑戦者が戦う鉄人を指名できないのも、違うと思う。

4人目のアイアンシェフは決まらないまま、番組は終了となりそうです。
せっかく楽しみにしていた番組が出来たと思っていたのになぁ。

番組が変わる時期に、スペシャル番組として復活する事があれば良いのだけど・・・
無理かなぁ。
黒木さん、応援していたのだけどなぁ。

2013年1月30日 (水)

デジ物コバナシ いまだに、ツイッターって何?

ツイッターという物が、普及してどれくらいになるでしょうか?
すっかり浸透したツイッターですが、今だに僕はツイッターが何なのか理解できてません。
「ツイート」「フォロワー」 何それ?美味しいの?

ツイッターの書き込みへのリンクが張ってあるサイトに行く事があるのですが。
そこまでは分かるのだけど、リンクをクリックすると、またリンクが張ってあって、さらにさらにと・・・・
何を見せたいリンクなのかが分からない。

ツイッターのアカウントを作ったり、ソフトをインストールすると(インストールする物なのかも分からないけどw)、スラリと見る事ができるのか?
それとも何かリンクをたどる時のコツがあるのか?
分からない・・・・・
分かろうとしてない・・・・・・

やっぱり僕はブログという物にこだわりを持ちたいですね。
ツイッターにはできない、書き込みの質という物を見せたいと思います。

引き続き、ツイッターは謎のままです。

2013年1月29日 (火)

デジ物コバナシ コメントの返信を遅らせます

あぜ道通信にコメントを書いてくれる方には残念なお知らせなのですが、コメントの返信を、意識して遅らせようと思います。

色々と考えた結果です。

コメントが書き込まれると、メールが届いて教えてくれるのですが、今までは、それがあるとすぐに返信を書いていたんです。
でもそれをやっていると、コメントが気になって何も手に付かない。
パソコンの電源をずっとつけてないといけない事になってしまいます。
1日中パソコンの前にいるようになり、コメントは来てないか、スパムコメントになってしまってないか、チェックし続けている自分がいます。
SNS依存などが叫ばれる中、自分も半分ブログに依存していたなと気付いたのです。
自分の居場所は、パソコンの前ではないはず。 そう思ったのです。
もっと外に出ないといけないと思うし、家の中に居ても他の事に時間を使いたいのです。

コメントに返信を書くのは、1日の終わりの23時~00時頃になると思います。
スパムコメントにされた書き込みを正しく表示させる作業もこの時間に行います。
その日にあったコメントに対して一括して返信するので、Aさん、こんばんは、ごにょごにょ。
Bさん、こんばんは、ごにょごにょごにょ というように、まとめて書く事になってしまう事をご理解くださいね。

必ず返信を書くというやり方に変更はありません。
0時の更新をチェックするついでに、コメントの返信あったかな?と一緒に見てもらえると嬉しいです。
深夜の返信になるので、コメントは1日遅れで返信されると思ってくれて良いと思います。

今回の話は、ここに書くような事ではないのかもしれませんが、返信が遅くなった事で
まさ爺、体調が悪いのかな? とか
私のコメントに返信書きたくないの? とか
色々な憶測が飛ばないように今回の書き込みをさせてもらいました。

そんな事は一切無く、時間を有効利用したり、自分を変える為だと思ってください。
時間の使い方を考え直す事で、色々と面白い出来事が起こると良いですね。
外出が増えて、面白いネタに出くわす確率も増えるでしょうし。

これからも、あぜ道通信を宜しくお願いします。

2013年1月28日 (月)

僕と うつ病、闘病記 旦那のズケズケトークでダメージ

車を車検に出したのですが、この整備工場の若旦那が仕事の話を聞いてきて困ります。
3年前の前回は、僕の長い髪を見て「仕事なにやってるの?」と聞いてきました。
確かにロン毛のオッサンが平日にフラフラに現れたら、こいつ何やってんだ?と思うのは当然。
だけどそれを口に出してしまうのは、どうなのだろう?
近所ですから、気楽に最近どうよ?ってノリなのだろうけど、犬の散歩で出会う人たちと同じように、仕事の事は聞かないっていうのが良いのだけど・・・・

前回も正直に「無職です」と言いました。
今回も何か聞かれるんだろうなと思っていたら、若旦那は何も言ってこなかった。
前に聞いたのを覚えていたのかな?
3年前と同じくロン毛ですから、状況は進展してないと判断したのだろうか。
車を預けた時は何も聞かれなかったので一安心でした。

しかし車を取りに行った時に、先代の旦那が「今日は仕事休みかい?」と聞いてきました。
嫌な予感がするけれど、「はい」と機嫌悪そうに答えました。
この話題はしたくないんだという事を汲み取ってもらいたかったのですが、旦那はそういう繊細さは持ち合わせてないようで続けます。
「今仕事どこでやってるんだ?」と。
「今、無職なんです」とまた嫌そうに答えたのですが、旦那は止まりません。
今日仕事は休みだと嘘をついた事は分かっているのだから、この話題はまずいと理解するよねぇ~普通。

「お父さんは顔広いだろう? 紹介してもらったらいい」とか
「この辺りは仕事あろうだろう?」とか
「バイトで何かやってみたらいい」とか
と延々と仕事の話が続く。
働けるなら働いてるんじゃい!!と言いたかったけれど、何故働けないかを言うと、色々と面倒なので、何も言いませんでした。

若旦那がやってきてこの話は終了したのですが、この話はけっこうダメージ受けました。
男同士だと、仕事の話になるのは当然だと思う。
男は働いてナンボだと思うし、仕事の話題は手っ取り早くて、盛り上がりますからね。

仕事をするようになれば、こんな話題、軽く乗り切る事ができるんだけどなぁ。
はぁ、打たれ弱いな自分。

2013年1月27日 (日)

シネマごしっぷ エピソード7監督にJ・J・エイブラムス

ウォルト・ディズニーが製作する新「スター・ウォーズ」3部作の第1弾「スター・ウォーズ エピソード7(仮題)」の監督に、J・J・エイブラムスが決定したと、米Deadlineが報じた。
J・J・エイブラムスと言えば「M:i:III」「スター・トレック」「SUPER 8 スーパーエイト」の監督として有名。

昨秋、ディズニーがルーカスフィルムを買収し、新「スター・ウォーズ」3部作を製作することが明らかになってから、これまでさまざまな人気監督が候補として伝えられてきた。

その中でエイブラムスは監督する意思はないことを明かしていたが、プロデューサーのキャスリーン・ケネディによる強い説得で、メガホンをとることを決意したという。

現在は2015年公開を目指し、「トイ・ストーリー3」の脚本家マイケル・アーントが執筆に着手している。

LOSTが大好きだった僕ですから、J・J・エイブラムスに異論は無し。
手堅い布陣だと思います。

スタートレックは、まだ見てないからチェックしとかないと。
同じSF映画だけに、参考になるかな。
早く2015年になれ~

2013年1月26日 (土)

ブブ彦日記 お尻にパワフル

20130126_2食後に水を飲む、豚犬。
オムツもズボンもサイズが適当なので、オムツははみ出し、ズボンは下がり気味であります。

お尻の文字は、パワフル!(笑)
何がパワフルなのかは、本人しか分かりません。
今度聞いてみます。

2013年1月25日 (金)

記憶がグダグダ・・・・凍えるコタツ

コタツの電源を切ったのを忘れていて、ずっと何か冷えるなぁ と思っていた事がありまして、苦笑いです。
もう記憶がグダグダですから、何をしたのか自分でも訳分からん状態が多いです。

コタツの電源の事もすっかり忘れていました。
コタツに入り、横になります。
でもなんか寒い。
もっと深く入れば温かくなると思って、さらに潜り込みます。
でも全然温まらない。

電源が切れている事に気付くまでに、30分くらいかかったかなぁ。
すっかり身体が冷えてしまいました。
風邪ひいちゃうよ・・・・・

2013年1月24日 (木)

僕と うつ病、闘病記 寝酒の罪悪感

1日中コタツで横になっているので、夜に眠くなりません。
規則正しく生活しろって事なんでしょうね。
睡眠薬も効かないので、横になったまま天井を見ているのですが、何時間経っても眠れない。

しょうがないので、最後の手段。
台所に行って日本酒を飲みました。
深夜に酒を飲んで眠ろうなんて、すごい罪悪感ですが、飲んだらすぐに眠れました。

酒が癖になる前になんとかしたいです。
昼間眠らなければ良いだけの事ですが、眠ってしまうというよりは、起きていられないのです。
身体が重くて、座っていられない。
楽しみにしていたTV番組を見ても、全然楽しめなくて、最初の5分くらい見て削除。
時間を持て余してしまって、何もする事ができないし、結局横になってしまいます。

はぁ、どうしたもんか・・・

2013年1月23日 (水)

連合軍、現る!!

両親と一緒に車で出かけた時の話。
母が隣に止まったトラックを見て一言。
「連合軍」

一瞬何の事やら理解できない。
母の指差す方向を見てみると・・・・
「適合車」と書かれてました。
「・・・・・・」
そうですか、見間違えましたか。
目が悪いですからねぇ~
でも適合車を連合軍ね。
ぱっと見似てるけど、れんごうぐん なんてトラックに描く人いないでしょうに・・・・
ちょっと考えれば分かる事なのになぁ。

2013年1月22日 (火)

いよいよ行かないと・・・・かな

奥歯の詰め物が取れて何年も放置してきたのですが、年が明けた頃から痛くなりました。
でも痛みが消えたから歯医者に行かない という所まで以前書きました。

その後、数日ほど、ちょっと痛くなったのですが、眠れないほど痛まないので、また歯医者には行かず。
睡眠薬を飲むと痛みが治まるような気も・・・・

しかし、昨日から、歯茎が腫れてきました。
う~ん、歯に開いた穴からバイキン入っちゃったかな?
こんな事初めてです。
歯は痛まないけど、歯茎が腫れる。
腫れている所を指で押すと、ちょっとブニブニしているけど、張りがあります。
化膿していて、膿がブッチューっと出てくるかと思ったけれど、そんな事はありませんでした。
そんなに悪くないのかな?と楽観視。

でも歯医者に行ったら、「こんなに放置して」と怒られるだろうなぁ。
普通なら詰め物が取れた時点で歯医者に行くはずですから。

で、歯医者に行こうと思ったのだけれど、歯医者さんってかなりの数あるじゃないですか。
僕の住んでいる街にも10箇所くらいあり、どこに行ったら良いのか全然分からない。
ちょっと調べて、口コミを見て決めようと思います。

はぁ・・・・また出費か。
歯医者ってお金かかるのかな?
車検ぷらす歯医者はかなりの額になりそう・・・・

歯医者は小学生の頃に行ったきりなので、どうしたら良いのかさっぱり分からない。
とりあえず、予約の電話を入れれば良いんですよね。
次回の予約は、行った帰りに取ってくれば良いんですよね。
未知の世界だ歯医者は・・・・・・

2013年1月21日 (月)

ダイエット奮闘記(プチ) 初のリバウンドなし

ひと月ぶりのダイエット奮闘記です。

正月休みの暴飲暴食で2kgはリバウンドするだろうという予測でしたが、意外にも200gのマイナス。
リバウンドしているだろうという感覚だったんですけどね。

餅を食っては、ダメ人間製造機でゴロ寝。
栗きんとんを食っては、ダメ人間製造機で二度寝。
お汁粉を食ってはダメ人間製造機で三度寝。
でも太らなかった。

今年の正月は食べる量を考えていたので、冷静でした。
出てくる物全てを完食するのではなく、美味しい物をちょっとづつ食べるように心がけました。
太らない正月は人生で初のような気がする。

いいペースですな。

体重:64.8kg(前回よりも200gマイナス)
体脂肪率:20%(前回よりも1%マイナス)

いつになったら60kgになるのか分かりませんが、とりあえず体重が減って一安心。
まだ落とせる・・・・はず。
頑張ります。

2013年1月20日 (日)

僕と うつ病、闘病記 よ~わからんなぁ

僕の病名が統合失調気分障害だと書かれていた件ですが、この病気について調べました。
ネットで検索すると、統合失調気分障害という病名は見当たりません。
正しくは統合失調感情障害という物らしいです。

気分障害と感情障害を僕が勘違いしていたのかもしれないし、先生はあえて気分障害と言ったのかもしれません。
どちらの病名が正しいのかは、次回病院に行った時に確認してみようと思います。

統合失調症と気分障害と統合失調感情障害という別の病気があるようで、このあたりがなんともややこしい。
気分障害にはうつ病や躁うつ病などが含まれるそうです。
元々僕の場合、うつ病から始まり、あとから統合失調症の症状である幻覚と幻聴が出ました。

ではうつ病の症状と統合失調症の症状の両方が出たから、統合失調感情障害なのか?というと、そう簡単な物ではないようです。

どういう症状だと統合失調感情障害なのか?を調べたのですが、これが分からない。
ちゃんと理解してもらおうと思って書いている?と聞きたくなるほど、説明が複雑で、調べるのを止めました。
次回病院に行った時にこの病気について聞こうと思います。

考えてみれば、僕の病名が統合失調感情障害だという事に気付いたのはひと月半前の事ですが、もう何年もこの病気だったのでしょう。
緊急をようする症状だったら、すぐに先生は手を打っているはず。
病名は変わっても、症状は同じなわけですから、何も落ち込むことも慌てる事も必要ないんですよね。
今までと同じように、ゆる~く頑張ろうと思います。

うつ病闘病記という名前は、そのままにしておきますね。

2013年1月19日 (土)

ブブ彦日記 E.T. と スティッチ

20130119ブブ彦に巨人軍の服を着させる時の一枚。
耳が無いだけで、フレブルとは分からない犬に・・・
普通のフレブルだったら、鼻ペチャだからブルだとは分かるんだけど、ブブ彦の場合鼻が高いから、何なのかさっぱり分からず・・・・

映画、E.T.の中で、少年達が自転車で空を飛ぶシーンで、E.T.は写真のような感じだったと記憶しています。
それって、宇宙人って事やん・・・・・

そうそう、スティッチもブブ彦に似ているなぁと思います。
それって、宇宙人って事やん・・・・・

2013年1月18日 (金)

世代交代、罰ゲームエアコン

エアコンを買いました。
やたらうるさく。
やたら風を吐き出し。
それでいて、やたらというような事は何も起きない。
部屋のエアコンである。

茨城も随分と寒くなりまして、暖房を考えるわけですが、僕の部屋にファンヒーター、ストーブなどはありません。
エアコンがあるだけ。

問題はこのエアコンが、ちゃんと働く気が無いこと。
暖房をお願いしても、ゴーゴー風を吐き出すだけなのです。
それは暖房じゃなく、送風、である。

エアコンに手をかざして、風に当てると、室温よりやや暖かいくらいの風がガンガンでてきます。
この風で暖を取るというのは無理な話。
エアコンも無理なのは分かっているのか、30分も経つと勝手に諦めて、停止してしまいます。
勝手に止まるとは、なんたることか。

昨年の夏はどうやって越したんだっけ?
ブブ彦の為に冷房をかけないといけないはずなのに、あの時はどうしたのだろう?
まだ壊れていなかったのか、それとも冷房は得意なのか。

問題は、この冬 です。
わずかに暖かい送風で、越冬は無理と判断。
電機屋に行き、エアコンを注文しました。
シャープのプラズマクラスターが付いているヤツです。

交換取り付け作業は1時間半ほどで終了。
さっそく暖房を入れてみると・・・
暖かい!!
これが今時のエアコンなのか。
本当のエアコンなのか。
本気のエアコンなのか。

今までのエアコンは一体何だったのだろう?
罰ゲームを賭けたミニゲームに負けたわけでもないし、あんなん寒い風しか出さないエアコンに見切りをつけて、良かったよぉ。
罰ゲームみたいなエアコンだったなぁ。

2013年1月17日 (木)

ゲームしてみる? とびだせ どうぶつの森で村荒らし

3DSで昨年末に発売された、どうぶつの森最新作、とびだせ どうぶつの森を遊びました。
遊んだと言うよりは、お小遣い稼ぎをやらされたという感じですが(笑)

僕というキャラクターを作る事は許されず、すでに始まっているプレーヤーのキャラクターを使って、釣りをやらされ、素潜りをやらされ、海の幸をとらされました。
陸に上がり、木の実を獲りました。

ストレスが溜まったのでしょう。
僕は暴走します。
友人が見ていない隙を突き、お店で天井まであるようなデカイ熊のぬいぐるみ、熊の大ちゃんを勝手に購入。

次に、虫取り網を持ち出して、村の住人を追いたて、網で頭を叩いて回ります。
これをやると住人はプレイヤーと仲が悪くなり、関係修復は困難。

次に、魚を釣れるだけ釣り、家の中に隙間無く並べます。
熊の大ちゃんの足の周りは、鯉やニゴイたちでひしめき合い、生臭い臭いが漂ってきそう(想像)。

最後に、村にくり出し、海岸の貝を拾っては、高台の木の下に並べる という行動に出ました。

全ての行動に意味はありません。
お小遣い稼ぎは1円もしませんでした。
釣った物、拾った物は、お店に売ることはせず、すべて、村にぶちまけました。
自分の村があったら、そんな事はしないはずなのに、人の村だとこうも変わるかねぇ という驚き。
村を散らかしただけだったようで、後からプレイする友人も、やらせた事を後悔するであろう。

それでも楽しかった。
どうぶつの森の楽しさ健在。
僕も欲しくなってきたが、一人で遊ぶと寂しい本作。
家族が出来たら一緒にやろう・・・
っていつになるやら・・・

2013年1月16日 (水)

トラベル・レポート しおり以前の過酷な始まり

突然、四国旅行の話が持ち上がりました。
萩~広島旅行
福岡~佐賀~長崎旅行
京都旅行 と色々と周ってみましたが、いよいよ四国です。

行く事自体は楽しみですが、また問題のしおり作りが待っています。
しかも今回は、厄介な事が。
今回は行く場所全て僕が考えるのです。
それでココからが問題である。
行く場所を僕が考えるわけですが、決めるのは、母と伯母です。
2人とも歴女であり、旅のよきお供です。
見所を見極める目利きは確かな物で、これまでの旅行が成功したのも、この2人の助言あってこそ。
その2人に、候補地リストを作るのが、僕の最初の仕事です。

この候補地リストが厄介。
実際に行く場所の数よりも数倍のリストを作るのです。
候補地ですから、そりゃ数が増えるわなぁ・・・・。
しかも簡単に良し悪しが分かるように、詳しくて簡潔な説明文も作らないといけない。
写真も載せないといけない。
この量は膨大です。

京都旅行のしおり作りは、かなり大変だっただけに、しばらくはやりなくないと思っていましたが、そうですか、今回のしおり作り以前の候補地リスト作りから来ましたか。
時間がかかりそうです。

やりたくないとは言いません。
この僕の仕事次第で、旅行の良し悪しが決まってしまいますから、責任重大です。
で、リストを元に、ここ行きたい、あっちも見たい、あれ食べたい と無理難題を突きつけられるいつものパターン。
しんどいです。

2013年1月15日 (火)

シネマごしっぷ デス・スター建設への第一歩!?

米国政府のウェブサイト「WE the PEOPLE」では誰もが政府に対して請願を行うことができ、賛同者が2万5000人を超えたものに対しては公的な対応が義務付けられているらしい。

昨年11月に掲載された請願は、2016年までにスターウォーズに登場した「デス・スター」の建設を求めるもの。
「デス・スター」は銀河帝国の最終兵器で、直径は120キロにもなり、地球と同規模の惑星を破壊する能力を持つ。
この請願は大きな話題を呼び、賛同者はすぐに3万人を超えてしまった。

ホワイトハウス予算管理局の科学・宇宙担当官のポール・シャウクロス氏は「皆さんが望むような回答ではありませんが」として「デス・スター」の建設は米国政府としては困難であると延べました。

同氏が課題として挙げたのはその予算。
試算によれば「デス・スター」の建設に必要な予算は85京ドルという途方も無い金額。
「政府債務の削減に努力をしているのに、こんな金額を支出することはできない」とコメント。
更に、「惑星の破壊は支持できない」などと記されています。

ちなみにオバマ大統領は、国民の税金を乗っ取られるかもしれない兵器には費やせないとツイッターで述べています。

フォースと共にあれ・・・・

2013年1月14日 (月)

僕と うつ病、闘病記 統合失調気分障害

薬が切れてしまい、左手の震えが止まりません。
薬は年が明けた頃に切れるとは分かっていたのですが、いつから病院がやっているのかが分からない。
電話一本かければ分かる事ですが、電話が怖くてできない。
その後、いつものやらないといけない事があると起こる、体が重いよ症状で、病院に行けず。

でもやっと行く事ができました。
今回話す事は決まってました。
僕の病名についてです。
昨年11月に診断書を書いてもらい、そこに「統合失調気分障害」と書かれていたのです。
聞き慣れない病名でしたし、統合失調症と間違われるような病名。
あれは何だったのか?聞かずにはいられませんでした。

「診断書に統合失調気分障害と書かれていましたが、あれが僕の病名ですか?」
「そうです」
「うつ病じゃなくて?」
「違います。 妄想性うつ病とも言います。」
「君は幻覚、幻聴を経験しているし、強迫観念のような症状が強い」
「この病気は治るのですか?」
「治らない」
「薬を飲んでいれば、普通の人と同じように生活する事ができる」
「身体に必要なビタミンが作れない状態で、そのビタミンを薬で補うと考えると良い」
「周りの人には、君が病気だとは理解されないだろうけどね」
「どのようにこの病気と向かい合ったら良いのでしょう? 生活で心がける事は?」
「早寝早起きだね」
「頑張ってみます」
「だいぶ痩せたようだけど、ダイエットしてるの?」
「はい」
「頬がこけたから」
「今年は、元の生活に戻れるように頑張っていきましょう」
「ありがとうございました」

と、簡単に書くとこういったやりとりだったと思います。
一生薬が必要で、一生病院に通う必要があって、一生理解されない。
結構なショックでした。
薬があれば、普通に暮らせる。 それをプラスに考えるしかないですね。
インスリン注射や、人工透析と似たような物かな。
病院行きたくない病が出てきて、1週間薬が無くてもやっていける。
それくらいのゆる~い縛りなので、気楽に考えるべきなのかもしれません。

統合失調気分障害について、まだ調べてはいないのですが、これから調べてみます。
とは書いたものの、いまだ落ち込んでいて、検索できません。
明日調べる事にしようかな?
はぁ・・・・

薬に変更は無し。
朝食後:セレネース3mg、アキネトン1mg
夕食後:セレネース3mg、アキネトン1mg
就寝前:リーマス200mg、ジプレキサ10mg、ハルシオン0.25mg です。

2013年1月13日 (日)

ブブ彦日記 犬は何も語らず・・・

20130113犬や猫、イグアナ、なめこでもいいんだけど、ペットは言葉が話せません。
ブブ彦も当然話せないわけですが、ずいぶんと意思疎通は出来ていると思う。
ブブ彦が要求する事は見ていれば分かる。
でも50%くらいなのかなぁ、分かっているのは。
大抵は、「食べたい」か「痒い」という要求なので、分かりやすいという事もあるのですが。

この前、外出した時(初日の出ショックのあの日)にブブ彦が餌を食べない、水も飲まないというボイコットをしたのですが、理由は分からず。
帰宅した途端に、飲み食いはしっかりと戻ったので、胸を撫で下ろしたのですが。

そういう事があると、言葉が分かればと強く思いますね。
一言も喋らずにペットは死んでいきます。
ここが痛い、体調がわるい、何とかしてくれ、言ってくれたらどれだけ助かるか。
言ってくれたら、もっと早くに病院に連れて行けるのに。

ブブ彦が飲み食いしなくなった時、いよいよ癌が全身に転移したのかも と思いました。
すぐに食欲が戻り、「あの心配を返せ!」と突っ込みましたけど。
バウリンガルって10年位前に流行りましたが、あれって本当に訳してくれるの???
その前に、もう売ってないという事になってそうですが・・・・

写真は、新デジカメで撮った一枚。
画質が上がって、顔の白髪がバレバレです。
真っ白!!

2013年1月12日 (土)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ こぼれ話を少々

トシ・ヨロイヅカの正月限定デザートライブに参加してきたわけですが、スイーツ達の味を説明するばかりで、書けなかった話を。

まずエクアドルに開園したカカオ農場ですが、順調に育っているようで、今年の後半には、第1号のカカオが獲れそうだと、鎧塚さんが言ってました。
カカオを育てる人と、そのカカオからチョコレートを作るショコラティエの2種類の人がいるのですが、カカオからチョコレート(そのチョコで作ったスイーツ)までを一貫して手がけた人は、世界で誰もいないそうです。
世界で初めての試みをするわけですから、苦労はあると思いますが、農場が軌道に乗ったら、最高のチョコレートを提供してくれる事になりそうです。
来年の正月に行われるデザートライブでは、このカカオを使った、スペシャルな一皿が出る事でしょうと、力強く語ってくれました。
チョコレートがあまり得意じゃない僕。(チョコレートのスイーツ話を書かないもんだから、感付いていた人もいる?)
1年かけてチョコレートを勉強してみようかな。
コンビニのチョコ菓子を食べるくらいですが・・・


次に、東京ミッドタウンのトシ・ヨロイヅカ(デザートライブが行われる店、僕がいつも行っている店)ですが、今年の春にリニューアルするそうです。
ミッドタウン店がオープンして6年になるそうですが、この6年は契約で6年間お店をやるという物だったそうです。
ミッドタウン店を開いたばかりの頃は、6年でやめる と思っていたそうです。
というのも、トシ・ヨロイヅカは多店舗経営には反対で、1店に集約しよう集約しようとずっと思っていたそうです。
色々な人との縁があり、店舗を増やしてきましたが、スタッフの教育など苦労もあるようです。
今はミッドタウン店は契約を更新し、あと6年やってみようと気持ちを入れ替えているようでした。
あと6年はミッドタウン店でカウンターデザートを食べられるわけですね。
鎧塚さんの出来立てを食べていただくという姿勢は変わらないでしょうから、たとえミッドタウン店が閉店しても、どこかでカウンターデザートはやっていくはずですよね。
6年後なんて自分がどうなっているか想像もつかない(したくもない)。
6年後、何歳になってんだ???(考えないようにしよう)。
先の事は考えず、とりあえず、月イチでトシ・ヨロイヅカに行こう。そうしよう。


それと、ラップに包んで熟成させた、お土産のパウンドケーキですが、3日経った物を食べてみました。
鎧塚さんの所から帰ってきた当日に食べた時は、香ばしさが強くて、バターの味もしっかりしていたのですが、3日経った物は、味ままろやかになって、舌の上でとろけるようです。
当日は周りが硬く、ちょっと焼き過ぎかとも思ったのですが、3日目のケーキはしっとりと落ち着き、周りの硬さも無くなってました。
焼き過ぎで失敗したのかと一瞬思った我が家ですが、全ては鎧塚さんの計算通りだったようで・・・
パティシエってのは、繊細な仕事なんだなぁ・・・(しんみり)


鎧塚さんに、デザートライブのメニューはいつから考えているのか?という質問をするお客さんがいました。
なんとクリスマスの頃。 だそうです。
本当ならば、1年かけて考えるべきなのかもしれませんが、年末の忙しい時期と同時進行で行い、その時の閃きのような物を優先した方が、良い物が出来るような気がしますと言ってました。
パティシエにとって年末と言えば、一年で一番忙しい時期。
その忙しさの中で、これだけのコースメニューを考えるなんて本当に凄い。
ちゃんと寝ているんでしょうか?
体調管理も仕事のうち なんて素人の僕が言うまでもないのでしょうけど、大丈夫なんでしょうか?
今回のデザートライブの6皿プラスお土産の全てが美味しかっただけに、鎧塚さんの舌は天性のもの、閃きや繊細さを考えると天才なんだと思います。


公式HPにデザートライブの裏話が載っていたので、リンクを張っておきます。
アテモヤの写真、ファイヤーショーの写真も載ってます。
なにより、本人からの解説は僕の下手な文章よりもずっと分かりやすいです。
数分あれば読める量なので、是非こちらにも読んでみてください。
シェフズストーリーへのリンクは こちら


っと9回にわたってトシ・ヨロイヅカのデザートライブの話を書いてきましたが、楽しんでくれたでしょうか?
独りよがりで旨い美味しいと連呼していたような気もします。
明日から、通常通りの畦道通信に戻りますので、お楽しみに。

2013年1月11日 (金)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 北海道浜中町原乳を使った出来立て手作りバターのパウンドケーキ

20130111_2トシ・ヨロイヅカで正月限定で行われるデザートライブに参加してきたわけですが、お土産をいただきました。
北海道浜中町原乳を使った出来立て手作りバターのパウンドケーキ です。

デザートライブが始まった時に、いきなりバター作りを見せられた、あの意外な展開。
いよいよ出来たてのバターの真価が問われます。

家に帰ったら出来立てを食べてみてほしいと言われました。
そりゃそうでしょう。
出来立てを食べてもらいたいから、こうしてライブと同時進行でパウンドケーキを焼いてるわけですからね。

でも6皿も食べて、お腹がいっぱいだというのに、この上パウンドケーキを食べてしまって良いのでしょうか?
と思ったのは一瞬。
デザートライブに参加するような人は、筋金入りの甘党。
家に着いても、お茶しながら、またケーキを食べ、今日の楽しいひと時と語り合うのでしょうね。

意外な事も言ってました。
ラップで包み、2~3日置いておくと、どんどん熟成されて、美味しくなるそうです。

それを聞いてしまったからか、3日後用に取っておかないといけなと思ったのでしょう。
母のカットしたお土産ケーキは、薄々。
写真は2切れ乗ってますが、これは写真用に隣の皿から1枚移動して撮った物。
実際はこの薄さで、1枚です。

物足りね~と思ったのですが、バターが濃厚で、この量で十分でした。
外はサクサク、中はしっとりとしていて、口に入れると、バターの味がしっかりします。
旨し!!

お土産は一人につき一個なので、両親と僕の3人は、3個のパウンドケーキをゲット!
1つはいつも、お肉をくれる伯父ちゃんの家に届けました。
残り2つは、じっくり寝かして、熟成させます。

両親には、毎年、ココに招待するよと言ったのですが、言ったら軽く泣かれました。
たまには親孝行させてくれよ と言って、追い討ちをかけておきました。
ただ、年々デザートライブは人気が出てきて、倍率が高くなっているそうです。
来年は参加できないかも。
う~ん、トシ・ヨロイヅカの素晴らしさを、多くの人に知ってもらいたい気はするのですが、デザートライブに参加できないのは困ったなぁ。

8回にわたって書いてきた、2013年のニューイヤーデザートライブですが、全て美味しかったです。
やはりトシ・ヨロイヅカは凄かった。
そして遅刻は痛かった。
料理は旨かった。
うんうん、明日からまた頑張ろう。
また行ったら、レポート書きますね。
お楽しみに。

次回は、トシ・ヨロイヅカ番外編、話に出てこなかった、こぼれ話をまとめて紹介。
貴重な情報が。

2013年1月10日 (木)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 新年恒例ガレット・デ・ロア

20130110トシ・ヨロイヅカで正月限定で行われるデザートライブに参加しているわけですが、最後の一皿の紹介。
新年恒例ガレエット・デ・ロアです。

昨年のデザートライブでも、ガレット・デ・ロアが最後に登場しました。
フランスの伝統菓子で、中にフェーヴという小さな陶器を入れて焼き、切り分けた時にフェーヴが入っていた人が、その日の王様になり、一年も幸せに過ごせるという、ルーレットのようなお菓子です。

公正をきすために、蛇年のお客さんが、パイの一点を選び、そこから時計回りにお客さんに配る という事になりました。

ごくたまに、切った時点でフェーヴが見えてしまう事がありますが、その時は、大人の対応でお願いしますと言って、笑いを取る鎧塚さんである。

そうそう。
この皿は、全員の前に皿が並んでから食べ始めるようにとも、お願いがありました。
そりゃそうですよね。
まだ目の前に自分の皿が並んでない時に、他の席で当たった~ってなったら、つまらないですもん。

母が今年は良い初夢を見たから、私に当たる気がすると言い出しました。
かすかにパイが上に膨らんでいるし、こりゃ本当に当たるかも・・・・っと思ったのですが、欲の塊には、フェーヴは入っていませんでした。

当たったのは、30代の男性。
隣に座っている彼女は、去年フェーヴが当たったらしく、かなり強運な2人。
鎧塚さんから、紙で出来た冠が与えられ、かなり嬉しそうな男性。
いいなぁ~ 僕が当たりたかったです。

因みにフェーヴは100種類ほどお店に置いてあるそうです。
今回のフェーヴは、マカロンの形でした。

そうそう、肝心の味ですが、これまた最高に旨かったです。
甘くて、香ばしくて、サクサクで、しっとりで・・・・
いかん、思い出しただけで涎が・・・(笑)

6品全てを食べきり、大満足。
鎧塚さんから、シメの挨拶があり、それぞれ家路につきます。
鎧塚さん自らお土産を渡してくれます。
握手もしました。
僕は料理人に限らず、職人さんに会うと手のひらを見てしまう癖があるのですが、例外なく鎧塚さんの手を見てしまいました。
握手した感触は、女性のように繊細で柔らかい手でした。
う~ん、旨くて繊細な味のスイーツ達と鎧塚さんの手の柔らかさがシンクロします。
お忙しいでしょうけど、お体に気をつけて頑張って下さい と応援して、店を後にしました。

明日は、お土産の話。
北海道浜中町原乳を使った出来立て手作りバターのパウンドケーキ です。
あのバターから作ったケーキの味は???
お楽しみに。

2013年1月 9日 (水)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 幻の洋梨ラヴィアンローゼとタヒチヴァニラのスフレ

20130109トシ・ヨロイヅカで正月限定で行われる、デザートライブに参加しているわけですが、5皿目の紹介。
幻の洋梨ラヴィアンローゼとタヒチヴァニラのスフレ です。

やっと意味の分かるネーミングが来ました。
そして、鎧塚さんの作るスフレの味が忘れられず、お店に行くと、毎回注文してしまうスフレ。
この一皿も期待できます。

カウンターキッチンですから、作っている所はまるわかりなんですよね。
メレンゲを作り、ダイス状にカットした洋ナシの上に乗せる。
スフレの命である気泡を潰さないように、スプーンで優しく平らにして、オーブンで10分程。
スフレが焼きあがりました。

でもココで終わらないのが、スペシャルなデザートライブたる由縁。
鎧塚さん、なにやら鍋を火にかけています。
その隣には、ガスバーナー。
来るっ! と直感しました。
そうです。 鍋の中のリキュール(何のお酒か聞き忘れました)に着火し、明かりを消すようにスタッフに指示。
真っ暗な店内に、50センチ以上の高さで燃え続ける炎。
お客さんの目の前に並べてあるお皿に、次々とスフレの上にかけて周り、お客さんから歓声が上がります。

火が消えるとすぐに明かりがつけられて、どうぞ召し上がって下さいと教えてくれます。
スフレは1秒でも早く食べないといけない物。
写真を撮る時間もおしい。

一口食べて、いつものスフレだと分かりました。
いつもの、スゲー旨いスフレの味です。
スプーンを奥まで入れて、、洋梨と一緒に食べてみます。
何たって幻の洋梨ですからね、期待できます。
洋梨はトロトロなんだけど、ある程度歯ごたえも残っていて、酸味があります。
その酸味と、上のスフレ部分甘い所との相性が良くて、甘酸っぱい。
いくらでも食べられる感じ。 っとは思ったんだけど、この半分の量で良かったかな。
小さいメロンパンくらいのサイズのスフレは、食べるの大変でした。

隣の女性が、鎧塚さんに、「ここのスフレが美味しくて、他では食べられなくなってしまいました。 困っています」 と粋な苦情を言っていました。
鎧塚さん、満面の笑みでした。
職人として、こんなに嬉しい苦情は無いでしょうから。
僕もトシ・ヨロイヅカのスフレが大好きです。

明日はいよいよ、最後の一皿。
新年恒例、ガレット・デ・ロア の紹介です。
一年を占う心理戦が始まります。
お楽しみに。

2013年1月 8日 (火)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 森のアイスクリーム アテモヤ パッションソース添え

20130108トシ・ヨロイヅカで正月限定で行われるイベント、デザートライブに参加しているわけですが、4皿目の紹介。
森のアイスクリーム アテモヤ パッションソース添え です。

またも謎のネーミング。
森のアイスクリーム?
アボカドなら知ってるけど・・・あれは森のバターか・・・(笑)
アテモヤが初めて聞く響きですよね。
鎧塚さんの解説が始まります。
冷凍庫から、アーティチョークのような、ドラゴンフルーツのようなトゲトゲした緑色の塊を手に取り、これがアテモヤだと言うのです。
台湾で初めて目にし、使ってみようと思ったそうです。
熟すと、ドロドロになってしまい、すくえない程になるそうで、こうして冷凍してから食べる物だそうです。
出された物は、半解凍の状態で、サクサクとした食感と、爽やかな甘さで、先ほど食べた鶏肉のパイのこってりした舌をリセットしてくれます。

パッションフルーツのソースは、味が強いので、最後、味に飽きてきたら少量かけるようにしてくださいと念をおされました。
確かに、ソースをかけると、パッションフルーツ味のシャーベットを食べているかのようになってしまいました。
それほど、アテモヤの甘さは繊細なのです。

鶏肉のパイをおかわりした事もあり、お腹が苦しくなってきたのですが、このアテモヤでスッキリしました。
またお腹が空くような感覚です。

因みに、アテモヤの和名は「釈迦頭」(しゃかとう)。
お釈迦様の頭という意味です。
何となく、どんな外観なのか想像できるでしょうか?

非常に繊細な味。 悪く言うと主張の無い味のアテモヤですが、お口直しには最適。
普段日本で食べているフルーツが、全てではないのだと改めて実感。
それにしても鎧塚さん、食材探しに何処まで行っているのでしょうか?

明日は5皿目の紹介。
幻の洋梨ラヴィアンローゼとタヒチヴァニラのスフレ です。
今年も鎧塚さん、あの行動にでます。
お楽しみに。

2013年1月 7日 (月)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 野菜と鶏肉のパイ タヒチ風Toshi流アレンジ

20130107toshiトシ・ヨロイヅカで、正月限定で行われるデザートライブに参加しているわけですが、3皿目の紹介。
野菜と鶏肉のパイ タヒチ風Toshi流アレンジです。

ネーミングからはどんな物が出てくるのか、全く分かりません。。
鶏肉とパイですから、ミートパイのような物なのか?
タヒチ風というのも混乱させます。
公式HPのシェフズストーリーでタヒチに鎧塚さんが行き、そこで世界最高級のバニラビーンズを手に入れたとありました。
そのバニラビーンズを、このデザートライブで使う事は、鎧塚さん宣言してました。
僕は素人ですから、バニラビーンズを限界まで入れたクレームブリュレでも出すのだろうと思っていたのですが、こういう形で出てくるとは!!

出てきた一皿は、デザートというより、サラダとシチューを組み合わせたもので、野菜や鶏肉を煮込むときに、あのバニラビーンズを加えているようです。
バニラビーンズ自体は甘くないのですが、香りがあの甘さです。
鶏肉に合う訳が無いと決め込んでいたのですが、これが合う!
なにより、パイとホワイトソースのようなソースで煮込んだ鶏肉を一緒に食べると、濃厚で香ばしくて、とても美味しい。
食べるほどに幸せになります。
ブロッコリーと赤、黄のパプリカも入っていたのですが、パプリカが甘くて(砂糖のではなく、野菜本来の甘さという意味)また旨い。

鍋をかき混ぜながら鎧塚さんが、おかわりあります と言うと、皆挙手しておかわりを注文。
前日の2回、今日の前半の回の人は、誰もおかわりしなかったようで、こうしておかわりしてくれると、やっぱり嬉しいもんですと鎧塚さん。
僕もおかわりしましたよ。

そうそう、バニラビーンンズですが、タヒチ産の最高級の物を、鎧塚さん見せてくれました。
小指ほどの太さの見たことも無いビーンズです。
香りを嗅いで納得。
バニラの香りはしますが、その他に花の花粉のような臭いがします。
なにより、香りが複雑で、奥深い。
相当高いんだろうなぁとは思うのですが、値段は想像もつきません。

鶏肉とパプリカ、ブロッコリー、玉葱をを煮込むのは、家に帰っても作れそうだという話になり、近々我が家のテーブルにも並ぶ事になるでしょう。
いやぁー旨かった。
この野菜と鶏肉のパイ タヒチ風Toshi流アレンジが6皿の中で一番旨かったです。
バニラと鶏肉の組み合わせ。 衝撃的でした。

明日は4皿目の紹介。
森のアイスクリーム アテモヤ パッションソース添え です。
6皿のうち、半分を過ぎ、いよいよ甘い物が登場です。
鎧塚さんの真価が分かります。
お楽しみに。

2013年1月 6日 (日)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 栗甘酒

20130106トシ・ヨロイヅカで正月限定で行われる、デザートライブに行ってきました。

いきなり1皿目で感激した一行は、2皿目に期待します。
小さな鍋を温める鎧塚さん。
手を動かしながら説明します。
「栗甘酒という名前が存在するかは分からないのですが、栗とお米で甘酒を作ってみました」と。
忘れてしまったのですが、関西方面の県名を言い、そこの米が美味しいので、そこで作られる甘酒も美味しい、だからその米で自分なりの甘酒を作ってみた と言ってました。
う~ん、何県だったかなぁ・・・・

たこ焼きやら、今川焼きらを、焼く時に、型に生地を流し込む器具を見たことがあるでしょうか?
逆三角形をしていて、取っ手を握ると液体が出てきて、放すと止まるやつです。
あれ使って今川焼きを作ってみたいなぁ。

話が反れました。
温めた栗甘酒をその器具に入れて、小さな小さなグラスに注いでいきます。
香りを嗅ぐと、甘酒の優しい甘い匂い。
グラスを持ってビックリ。
熱いっ!!。

フーフーと冷まして、一口すくって飲んでみます。
優しいお米の味がして、栗の味もします。
米と栗のバランスは、1対1くらいです。
栗の形は残ってなく、小さくて栗とは分からない大きさの物が入ってました。

実は外がかなり寒くて、地下のベンチに避難したり、お店の前に行ったりで、身体が冷え切ってたのですが、(それで遅刻した。)この栗甘酒を飲んだら身体がポカポカと温まりました。
1日前に100円のカップ甘酒を飲んだのですが、それとは比べようも無いくらいの旨さ。
おかわりしたかった・・・・

因みに、写真を見ると分かるとおもうのですが、かなり細いグラスなのです。
スプーンでは全部すくえません。
鎧塚さんも「どうぞ、手に持って、直接飲んでしまってください」と言ってました。

2皿目も大ヒット。
そろそろハズレが来るのか? このまま当たりだらけで終わるのか?
明日は3皿目の紹介。
野菜と鶏肉のパイ タヒチ風Toshi流アレンジです。
日本人には想像できない意外な組み合わせの一皿が出てきます。
お楽しみに。

2013年1月 5日 (土)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ ごぼうときのこ 二種のケークサレ ゴルゴンゾーラピスターシュソース添え

20130105トシ・ヨロイヅカで正月限定で行われる、デザートライブに参加しています。

全6品提供されるうちの1皿目の紹介です。
ごぼうときのこ 二種のケークサレ ゴルゴンゾーラピスターシュソース添え です。
長い名前ですが、難しい事はありません。
ケークサレとは塩のケーキの事。
ごぼう入りときのこ入りの塩ケーキという事です。
ゴルゴンゾーラは有名なブルーチーズ。
ピスターシュはピスタチオの事です。

ゴルゴンゾーラピスターシュはトシ・ヨロイヅカのスペシャリテで、普段お店で食べる事ができます。
そうですか、いきなり本気で来ましたか。

すぐに食べたいですが、カメラマンも兼ねているので、写真を撮る事が優先です。
隣で両親が一目散にがっついているのが羨ましい・・・・
唾液を飲みこみ喉を鳴らしながら、シャッターを切ります。

まず、ごぼうの方から食べました。
ごぼうの野性味溢れる根菜の味がして、香ばしい焼き菓子の味がして、後から塩味を感じます。
んまい!!
次にきのこの方を食べます。
えのき茸ってこんな香りよね という感じ。
何のきのこが入っているかまでは分からなかったけど、きのこの芳醇な香りがします。
ごぼうの方が美味しいかな。
二切れ目はゴルゴンゾーラピスターシュソースをからめて。
間違いなく旨いです。
チーズ好きですから、旨いに決まってます。
ピスタチオの味もしてきて、まろやかになります。
香ばしい塩ケーキとまろやかで香り高いソース。
旨かったなぁ。
両親もいきなり、やられたようで、驚いてました。

因みに、弟との思い出のこの店に行ってしまったら、多分泣くだろうと言っていた両親は、全く泣きませんでした。
あの遅刻が原因です。
いきなりの遅刻で恐縮し、お客さん全員で乾杯し、出来立てのバターを食べお土産に期待し、一皿目に舌鼓を打つ。
泣く暇が無かったようです。
僕も安心しました。
やっぱりお正月だし、スペシャルなデザートライブだし、笑顔で食べたいじゃないですか。
いいスタートを切りましたが、残り5品、全てが当たりとはならないだろうと心配になってきます。

明日は2皿目の紹介。
栗甘酒 です。

2013年1月 4日 (金)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 北海道浜中町原乳の手作りバター

20130103トシ・ヨロイヅカのニューイヤーデザートライブに行ってきました。
2012年正月のデザートライブには一人で参加したのですが、今回は両親を連れて行きました。
連れて行ったとは言ったものの、運転は父任せで、連れて行かれたという意見もチラホラ。

18時から行われるわけですが、遅刻は厳禁。
遅れた我々だけの為に遅れてメニューを提供はできないからです。
首都高では帰省ラッシュにぶつかるかもしれないので、4時間前の14時に家を出ます。
普通だったら1時間半の道のりですが、2時間半かかりました。

18時の10分前にお店のを見ても電気がついてない。
オカシイおかしい、仕込みが終わってないのか?などと勝手に決付けて外をウロウロしていたのですが、18時を過ぎても電気がつかない。
明らかにおかしいと、急に不安になりだし、お店へ。
するとスタッフが出てきて、店内に案内されました。
するとどうでしょう。すでに席は満席で、お客さんが待っているではないですか。
皆さんを待たせてしまっていたようです。
一斉に我がファミリーに視線が集中し、本当に申し訳ないです。
居場所が無いっていうのはこういう事さね。

すぐに鎧塚さんが近づいてきて、新年の挨拶をしてくれました。
本当に遅れてごめんなさい。
我がファミリーが到着するまで、ライブを始めないで待っててくれた・・・・優しいなぁ、鎧塚さん。

さっそく鎧塚さんとスタッフが一列に並び、新年の挨拶が始まります。
飲み物が飲み放題なのですが、僕は白葡萄のジュースを注文。
その後鎧塚さんの掛け声に合わせて、13人のお客さんと一緒に乾杯。

しかし料理は用意されません。
なにやらミキサー??? ホイッパーがグルグル回る機械に鎧塚さん付きっきりです。
鎧塚さんが説明します。
これは今、お土産を作っているのだと。
北海道の浜中町原乳を使い、バターを作っていると言うのです。
鎧塚さんが北海道に行った時、出来立てのバターを初めて食べ、感動したからだというのです。
普通牛乳は100℃以上の熱で2回殺菌するのですが、この牛乳は90℃で1回殺菌しただけのフレッシュな物らしいです。
その出来立てのバターでパウンドケーキを焼き、焼きたてを持って帰ってもらうという贅沢なお土産を作っているのです。
このパウンドケーキの味は、追い追い書くとして、まず出来たてのバターの試食です。
小皿にバターが乗せられて、端の席の人に渡されます。
皆興味津々な顔でバターをフォークでくすって口に運びます。

香り高くて、高いバターってこんな感じなのだろうと感心。
なにより、結構な量のバターを口に入れたのに、スッと消えて、後味が爽やか。
このバターでパウンドケーキを作ったらさぞかし旨いことだろう。

いきなりお土産を作るという意外な始まりのデザートライブ。
明日はいよいよ1品目の紹介。
ごぼうときのこ 二種のケークサレ ゴルゴンゾーラピスターシュソース添え です。
お楽しみに

2013年1月 3日 (木)

デジ物コバナシ 新デジカメお披露目、その実力はいかに!?

デジカメが大晦日に届きました。
配送状況はネットで追跡してたので、もう我がC市で配達が始まってるって知ってたんですよね。
1日中ソワソワしながら過ごし、夕方に玄関のチャイムがなりました。
ご苦労様、佐川急便!!

IXYからIXYに乗り換えたので、基本操作が一緒。
説明書はパラパラとめくって終了。
操作が一緒だという事をいいことに、触ってるうちに、覚えるだろうってスタンス。
だって分厚い説明書読むのって気が重いじゃないですか。

薄い、軽いと喜んでいたけれど、触っていると色々な事に気付きます。
まず背面の液晶?がデカイ。
先代のIXYの倍近い面積です。
写真を撮るとそこに綺麗な画像が表示されて、写真を撮るテクが上がったのかと勘違いしてしまいます。
デジカメの画素数が上がっただけなんですけどねぇ。

基本的にオートで撮影する物みたいでですが、マニュアルで色々凝った撮り方もできるみたい。
でもオートオンリーで行く事になりそう・・・
だってオートも至れり尽くせりで、綺麗に撮れてしまうんだからね。

一番5年前のデジカメからの進化を感じたのは、手振れ補正と夜間の撮影。
夜ストロボをたかないで、シャッターを押しても、くっきりと映ります。
先代は、夜間の撮影をすると、いつもブレブレの心霊写真になってしまっただけに、この技術革新は素晴らしい。
ほんと革新って言葉がピッタリ。
もう夜の撮影ってずっと諦めてきた部分だっただけに、今後はこのカメラを持って夜のコンクリートジャングルに繰り出そうと思います。
コンクリートジャングルは言い過ぎました、田んぼ道です。

それでいて値段が1万500円だもん。
もっと早くに買えばよかったかも。
今時のデジカメって凄い!

っというわけで、たまたま大晦日にカメラが届いた事で、新年の元日から新しい写真形態でやってますが、その実力を見せるのは、明日以降のトシ・ヨロイヅカでのスイーツ写真からになりそう。

初日の出の写真は無いのかって?
だから見れなかったんだってば。

2013年1月 2日 (水)

日本一早い初日の出を見るために・・・

日本一早く日の出が見れる(島、山頂などを除く)、千葉県の銚子に初日の出を見に行きました。
あの関東地方の右端にツンと尖がった場所です。

前日のアイアンシェフスペシャルが23:45まで放送していて、それを全部見ました。
行く年来る歳(年w)をチラ見して、日付が変わると同時に、年賀メールを一斉送信。
すぐに車に乗り込み、鹿島神宮に初詣に行きました。
ここまでで2時。
鹿島神宮から銚子まで移動して3時。
かなりの車で、道はほとんどが交通規制で入れない。
進む事も戻る事もできず、ジリジリした時間がすぎましたが、なんとか駐車場に車を停める事ができました。

みなさん初日の出が目当てですから、日が昇るまで駐車場から移動しないんですよね。
だから全然駐車場が回転しない。
駐車場に停められなかったら、どうなっていたかと思うと恐ろしい。
車から降りることもできず、トイレすら行けないのだから。

事前に調べたところ、銚子の日の出の時刻は6時46分。
なので6時に車をでて、人の流れに流されて、良さそうな場所を探す。
ちょっとした高台に陣取り、場所は確保!
しかしすごい人の数。
日本一早い初日の出 という事が、ブランド化しているようで、ちょっとした狂気も感じます。

しかし、時間になっても日の出が見れない。
曇りって程じゃないのですが、水平線に雲がたちこめて、太陽が全く見えない。
拍手する人も、拝む人も、写真を撮る人もいません。

数分待ったのですが、変化がないので、諦めて車に戻りました。
そう簡単に美しい日の出が見れるわけ無いか・・・
写真も撮ったけど、水平線と雲しか写ってないので、載せません。
何処?太陽?って感じだし・・・・

ハードな一晩だったが、朝食にガストのフレンチトーストを食べて大満足。
結局は、食い物ネタかよ という話でした。

2013年1月 1日 (火)

2013年、今年の目標などをゴニョゴニョと

明けましておめでとうございます。
いよいよ2013年が始まりました。
いよいよと言ってみても、2013年に何か予定があるわけではないのですが・・・

2年連続で喪中でしたから、おめでとうがしばらく言えない年が続きました。
年賀状を出さなくて良いのには救われましたが・・・
おめでとうが言える。
それだけで生きてて良かったと思えるってもんです。

13年はどのような年にしたいか?
デカい事を言って、「アイツ口だけな」 と言われるのも痛いので、手が届きそうな事から・・・

まずは、どんどん外に出かけるようにする事。
近所のコンビニに通って甘い物を買って帰ってくるようにしたい。
これは餌で釣る作戦ですが、この作戦は結構有効だという事は前例から言っても確か。
週に1回はコンビニに行きたいなぁ。
つまり週に1度は甘い物が食べたいという事です。

次に、ダイエットして海に入る事。
あと5kgは痩せないといけないのですが、ダイエットが成功するまで、あとどれくらいの時間がかかるのか、さっぱり予測できません。
正月でリバウンドするだろうし、それ以外でも失敗する可能性は高い。
夏までに痩せて、暖かい海に入れるように頑張ります。

そしてやはり社会復帰が最終目標になるかな。
今年中になんとか働きたいけれど、身体が重くて1日中横になっているような生活ですから、これはどうなるかさっぱり分かりません。

全部はクリアできないかもしれないけど、前に進もうという気持ちは無くさないようにしたいと思います。
っと書いて、達成できなかった場合の逃げ道を作っているあたりなんとも頼りない・・・
良いのか、こんなリスタートで(笑)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »