« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ ごぼうときのこ 二種のケークサレ ゴルゴンゾーラピスターシュソース添え | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 野菜と鶏肉のパイ タヒチ風Toshi流アレンジ »

2013年1月 6日 (日)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 栗甘酒

20130106トシ・ヨロイヅカで正月限定で行われる、デザートライブに行ってきました。

いきなり1皿目で感激した一行は、2皿目に期待します。
小さな鍋を温める鎧塚さん。
手を動かしながら説明します。
「栗甘酒という名前が存在するかは分からないのですが、栗とお米で甘酒を作ってみました」と。
忘れてしまったのですが、関西方面の県名を言い、そこの米が美味しいので、そこで作られる甘酒も美味しい、だからその米で自分なりの甘酒を作ってみた と言ってました。
う~ん、何県だったかなぁ・・・・

たこ焼きやら、今川焼きらを、焼く時に、型に生地を流し込む器具を見たことがあるでしょうか?
逆三角形をしていて、取っ手を握ると液体が出てきて、放すと止まるやつです。
あれ使って今川焼きを作ってみたいなぁ。

話が反れました。
温めた栗甘酒をその器具に入れて、小さな小さなグラスに注いでいきます。
香りを嗅ぐと、甘酒の優しい甘い匂い。
グラスを持ってビックリ。
熱いっ!!。

フーフーと冷まして、一口すくって飲んでみます。
優しいお米の味がして、栗の味もします。
米と栗のバランスは、1対1くらいです。
栗の形は残ってなく、小さくて栗とは分からない大きさの物が入ってました。

実は外がかなり寒くて、地下のベンチに避難したり、お店の前に行ったりで、身体が冷え切ってたのですが、(それで遅刻した。)この栗甘酒を飲んだら身体がポカポカと温まりました。
1日前に100円のカップ甘酒を飲んだのですが、それとは比べようも無いくらいの旨さ。
おかわりしたかった・・・・

因みに、写真を見ると分かるとおもうのですが、かなり細いグラスなのです。
スプーンでは全部すくえません。
鎧塚さんも「どうぞ、手に持って、直接飲んでしまってください」と言ってました。

2皿目も大ヒット。
そろそろハズレが来るのか? このまま当たりだらけで終わるのか?
明日は3皿目の紹介。
野菜と鶏肉のパイ タヒチ風Toshi流アレンジです。
日本人には想像できない意外な組み合わせの一皿が出てきます。
お楽しみに。

« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ ごぼうときのこ 二種のケークサレ ゴルゴンゾーラピスターシュソース添え | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 野菜と鶏肉のパイ タヒチ風Toshi流アレンジ »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

コメント

凄いなぁ~
ボキャブラリーがないから「すごい」しか言えないや…

鎧塚さんがお話しながら作って下さるから“ライブ”なんだ。
まさ爺のブログを拝見するまでホント失礼な事に“あの人”の旦那様と言う印象しかなかったのですが 凄いお方だったのですね。

羨ましいから「ポポロン フロマージュのムースショコラ」名前だけは負けない様なお菓子買って来て食べてます。
明日もお楽しみぃ~

回らないすし屋のカウンターを連想してくれれば間違いないです。
遠くて数メートル、近いと1メートルくらいの距離で作ってます。
別の部屋で出来上がった物を運んでくるのではなくて、目の前に皿を並べ、調理から、盛り付けまでやってくれます。
もちろん、鎧塚さんは喋りっぱなし。
手元が見られてしまうので、ごまかしがきかず、怖いと思いますが、鎧塚さんは、カウンターキッチンにこだわる。
すごい人ですよ。

ポポロン フロマージュのムースショコラ 美味しそうな響き。
お節の栗きんとんも完食してしまって、甘い物が無くなってしまったのです。
淋しいのぅ・・・・(笑)

こんばんは。

今日と明日は、御宿竹林亭の石楠花というお部屋です。着いてお昼と夜、懐石食べました。
たぶん一生でこんな素敵な旅館は最初で最後です。

何度も露天風呂へ入りましたが、またこれから行きます。

栗の甘酒って珍しいですね。私はコメントが乏しいけど、とても楽しんで読んでます。その場にいるような感じになれるまささんの文章。
そしてToshiの字に反応してました。楽しみにしてます!

あ。3泊4日です。

さおりさん、こんばんは。
懐石!! 聞いただけで“贅沢”“超高級”“大人の時間”“ししおどし”という言葉が頭に浮かびます。
素敵な旅館なんでしょうね。
じっくり骨休めして充電してください。
帰ったらまた一緒に戦いましょう(何と?w)

まささん、ししおどしという意味調べました。
和室にあります。
それから、御宿竹林亭と打ったら、パソコンに出てくるそうです。時間あったら見てみて下さい。そこにいます!
お友達がお勉強タイムなので、私は22時まで黙りタイムです。
あんな立派な懐石、見たことも食べたこともなかったです。
お風呂で鼻血が出たので、のぼせたんだと思います。
上がって和室で一服したり、お茶をたてたりしました。

まささん、帰ったら一緒に戦いましょうに、爆笑しました。
ほんと楽しいまささん!
ハッピー!ぷぷぷっ!

先ほどのコメントを書いた後、御宿竹林亭で検索してみたんです。
なんだか、品があって、目に入る物全てがセンス良くて、洗練されているって言葉がピッタリ。

石楠花の部屋も、載っていたので、見せてもらいました。
僕はこんな宿、一生泊まれません。

僕の分まで、って何で僕の分なんだって話ですが、とにかく楽しんできて下さいね。

見てくれてありがとうございます!
明日は懐石の内容をレポートします。
まささんの分まで食べます。
さっきはお茶をたてましたが、まささんの分までたてました。
そして思いっきりズルズル音出してすすりました。
簡易着物で、私が選んだのは大人っぽい赤と黒の生地。自分では色っぽいと思っていますが、正確な目を持つ相棒には、七五三か、良くて成人式に見えるらしいですよ。
あっ。お友達企画の旅館、私もこのような宿、生まれて初めてです。敷居が高すぎる。
黙りタイム終わったので、庭と館内散策行きます。
では、また明日です!

懐石の内容、とても楽しみです。
HPの料理の写真は、引きで撮っているため、細かい部分が良く分からなかったのです。
メニューも毎月変わるでしょうし、写真はあてになりません。

コメントに写真を載せられれば良いのですが、できないですからねぇ・・・・
さおりさんの言葉が全てです。

頑張れ七五三!!

この記事へのコメントは終了しました。

« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ ごぼうときのこ 二種のケークサレ ゴルゴンゾーラピスターシュソース添え | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 野菜と鶏肉のパイ タヒチ風Toshi流アレンジ »