« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の30件の記事

2013年4月30日 (火)

ダイエット奮闘記(プチ) ブンブンの魔力恐るべし

どうしても甘い物が食べたくて、ブンブンに買いに行こうかと思ったんです。
よし出かけようと思ったところで、母が帰ってきました。
おやつを買い占めて大きな袋を手にして帰ってくると、色々と言われるので、ブンブンに行くのは諦めました。
親に太ったとか言われるのが嫌だし、あれこれ口を出されるのも面倒なんで。

冷蔵庫に入っていたヨーグルトに砂糖をたっぷり入れて、それを食べて、甘いもんを食べたい症状を乗り越えました。

翌日、やはり甘い物が食べたくて、ブンブンに移動。
行ってしまいました・・・・
濃厚フロマージュを5個、グラタンコロッケバーガー、ドーナツを購入し、一気食いしました。
濃厚フロマージュは1個、また1個と食べ、気がついたら1日で5個食べていたというね。
1個270kcalもあるので、かなりの食べ過ぎ。

さらに翌日。
またブンブンに行って、とろりんシューを3個、グラタンコロッケバーガーを2個、ナイススティック(細長いパンに練乳が入っているパン)3本を購入。
またしても1日で食べてしまった。

かなりまずいよね。
このままじゃ、大リバウンドは確実。
ここらでセブンイレブンに入り浸るのはやめにしないと・・・
はぁ、でもゴマ蜜団子食べたい・・・

これって過食に入るんだろうか?

体重 78kg
体脂肪率 20%

2013年4月29日 (月)

八重の桜、見限った

八重の桜がつまらない。
放送が始まる前は、敗者側からみた幕末は、面白そうだと思ったのですが、回を重ねるうちに気付いてしまいました。
正月から始まった八重の桜ですが、何ヶ月も銃を作ってるんですよ。
主役の八重が会津で延々と銃を作っている、たまにナギナタを振ります。
それだけのドラマです。

いつも同じ部屋で、同じように銃を構え、同じように撃つ。
このセットも見飽きましたよ。
何ヶ月も同じ事やってるんだもん。

話の中心は、京都の政治情勢なのに、八重は当然ですが、京には行きません。
政治を動かす事も、偉業を成し遂げるわけでもありません。
前半の山場である会津戦争は6月末~7月頭らしいので、まだまだ八重は、銃を作るのでしょう。

僕はこのドラマ、見限りました。
来年の大河も、戦国物で再来年の大河も戦国物。
どちらも主役はジャニーズという噂です。

つまんねぇ・・・
ちんちくりんのジャニーズは、背が低いから兜をかぶると、子供が鎧を着ているかのようなズングリ感になるんですよね。

大河、終わった・・・・かも。

2013年4月28日 (日)

ブブ彦日記 膀胱炎のその後の経過

20130428最近ブブ彦日記が更新されていないとお嘆きのああた。
お待たせしました。
膀胱炎になってしまったブブ彦ですが、至って元気。
食欲旺盛、快尿快弁であります。
薬の影響なのかは分かりませんが、ウンチを漏らす事も無く、オシッコもキレキレです。
このキレキレが重要らしく、キレが悪いと膀胱の働きがおかしいという事になるそうです。
何を持ってキレてると言うのかが分からないのですが、オシッコをやめても、ポタポタと垂れる事も無いし、歩き出して足にオシッコがかかるという事もありません。
つまりキレてるって事なのかな?
先生にオシッコのキレはどうです?と聞かれるのですが、どういう事をキレているというのかが分からないので、いつも先生とのやりとりは消化不良で終わります(笑)

今回の病院で尿検査をした結果、膀胱内の菌が消えていたそうです。
ただし薬を飲んでいたから という前提が付くのですが。
ステロイドを飲ませて様子を見ていたのですが、それとの相性が良いようだと言う先生。
2週間分のステロイドを貰い帰ってきました。
ステロイドは皮膚の痒みも取ってくれるので、一石二鳥。
早く良くなれ黒子豚。

写真は、歩くペースを合わせるフリをしている黒子豚。
この写真では、飼い主の表情を読み取り、指示を待つ忠犬に見えますが、騙されてはいけません。
実際は、我が道を行く、うり坊なのだから。

2013年4月27日 (土)

ねずみぃ~マウス現る

鼠が鳥の餌台に上ってきて、鳥の餌を食べてしまうと書きました。
僕は母からその話を聞いただけで、どんな鼠かも想像でしか分からなかったのですが、今日出たんです。
本物の鼠が。
体が10cm、尻尾も入れると15cmを超えそうです。
母からは悪魔のような言われようだった鼠ですが、実際見てみると可愛いんですよね。
ミッキーマウスの親戚ですもんね。
クンクンと鼻を動かし、辺りを探っている様子は、なんとも愛らしい。

もういっその事、鼠も鳥もオープンにしてしまって、餌は早い者勝ちってルールにしちゃっても良いかと思うくらいです。

この前鼠は入れないように細工をしたので、今回鼠は餌にありつけませんでした。
ブブ彦が窓の外の鼠を見て、硬直してました。
怖いのではありません。
獲物と思っているようで、真剣に気配を消して観察してました。
あんなに顔がデカいんだから、気配を消すもなにも無いんですけどね。

母は鼠が餌にありつけなくて、諦めて退散するのを見たいようですが、僕は、単純に鼠が見たい。
可愛いもんですよ鼠。

でも鼠が家を住みかにするとまずいという事で、ベタベタなネズミ捕りを母が買ってきた。
チューチュートルン という何処かの有名曲のようなネーミングの鼠捕り。
罠にかかった鼠は殺されてしまう事になります。
人と鼠は共存できないのでしょうか?
鼠が可哀想です。

2013年4月26日 (金)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ リニューアルオープン

すし屋のカウンターのように、出来立てをスイーツを提供するスタイルがすっかり定着したトシ・ヨロイヅカですが、リニューアルの工事をするために数日間休みだったんです。
その工事が終わり、リニューアルオープンしたお店は何が変わったのか?
とても気になる事だったのですが、答えがついに載りました。
(公式HPのリニューアルに関する記事へのリンクは こちら

販売スペースには、小田原の一夜城Yoroizuka Farmでは既に人気商品の、シャーベットとアイスの販売を始めるそうです。
今までは、カウンターでしか食べる事の出来なかった名物のピスタチオのアイス、マンゴー、有機ショコラKAOKAなどのアイスなど約15種類がテイクアウト可能に。

デザートライブに関しては、新たなる冷蔵ケースや真空調理機の導入など進化を遂げているようですが、何といっても大きな変化は銅板焼の導入。
更なる温度差デザートへの挑戦がしたかったようです。
スフレやフォンダンショコラなど焼き立てを直ぐに提供出来るシステムは既に構築していますが、カウンターに銅版を導入する事によって新たなるデザートへの可能性が更に広がるようです。
フルーツのソテーやパンケーキ、フレンチトーストのような生地ものにも最適。
これによってベルギー時代のスペシャリテでスペイン国王の晩餐会でも好評を博しました「ベルギー風パンぺルデュー」などもメニューに初登場だそうで、写真も見ましたが、生唾をゴクリと飲み込みました。

そうそう、今秋には三年前に開設しましたエクアドルのカカオ農園から初収穫のカカオ豆が送られてくる予定。とあったので、チョコ菓子のレベルも更に上がるんでしょうなぁ。

正月のスペシャルデザートライブ以来、トシ・ヨロイヅカには行けてないので、そろそろ行かないといけませんねぇ。
3皿は食べるのは間違いないけど、4皿目、行ってしまおうか。
多分行く気なら4皿も平らげるでしょう。
せっかく最高の物を食べているのだから、無理してまで食べる事ないとも思えるけれど、正月から今まで来れてない事からもわかるように、そうそう来れる場所じゃないんですよね。
ここぞとばかりに、大量食いする事になりそう・・・・・
また太っちゃう か も (てへぺろ)

2013年4月25日 (木)

車が全て同じに見える

僕は車の車種が覚えられません。
今のK自動車って、皆大きくて、四角くて・・・・
もう何が何だか訳が分からない。
皆同じ車に見えるんですよね。
それに車ってモデルチェンジするじゃないですか。
せっかく覚えたとしても、また新しい車を覚えないといけない。
覚え切れませんよ。
よほど個性的な形でもしていれば、覚えられるのですが・・・
ミニクーパーとか、フォルクスワーゲンなどは覚えられます。
でも四角い車は、僕の中では全て「ワゴンR」という事になります(笑)

友人とファミレスで会う約束をして、駐車場に到着します。
すると友人が来ているのかが分からない。
車種も覚えられないし、ナンバーも覚えられないので、お手上げです。
すでに到着していて、店内に入ったのか、車内で僕の到着を待っているのか。
分からないんだよなぁ。

全ての車の名前を覚えろと言ったら大変ですが、友人の車数台すら覚えられないとは・・・・
情けないのぅ。
あれ?シルバーの車から出てきたけど、正月に会った時は黒じゃなかったっけ?と言った感じ。

どうしても覚えられないんです。

2013年4月24日 (水)

あぁ、食い道楽 ジャムおじさんという生き物

ジャムおじさんって謎ですよね。
ジャムおじさんって名前なのに、ジャムを作っている所は見たことがありません。
いつもアンパンマンの頭を作り、アンパンマン号などのメカにも強い。
パンを売っている様子も無いし。

ジャムおじさんとバタ子さんの関係も怪しいですよね。
社長と従業員って感じじゃないんですね。
親子でもないし。
でも一緒に暮らしているよう。
お互い独身だし、お付き合いするのは全然OKなんでしょうけど・・・・・
内縁の妻という言葉が頭をよぎります・・・

あとはバイキンマンが、ジャムおじさんを攻撃しないのも不自然。
ジャムおじさんがやられれば、アンパンマンはあっさりとやられるのになぁ。

アンパンマンには人間が登場しない というルールもあるようで、そうなると、ジャムおじさんとバタ子さんは人間ではないという事に・・・
ガクガクブルブルとはこういう事を言うのだろう。

それはともかく、ジャムおじさんという響き。
僕は好きだなぁ。
手作りジャムを作る趣味の人がいるのですが、ジャムを煮ている時が座禅を組むかのように、心がす~っとするようです。
無心になって、鍋の中身を見つめるというのが、いいんでしょうね。

昔イチジクのジャムを食べた事がありますが、とても美味しかったです。
そうそう、先日カシスのジャムを買ってきたんです。
苺、林檎、マーマレード、ブルーベリー以外のジャムを買うのは初めて。
ブルーベリーとカシスの違いがイマイチ分かっていないのですが、確かに違う物らしいです。

夜中にこっそり食パンを食べようとして、カシスのジャムを開けようとしたら、固くて開かなくて夜食を諦めました。
鬼のように固い蓋でした。
何考えてるんだ?と製造業者に突っ込みを入れたいところでしたが、僕の力が弱いだけなのかもしれない。
でも女性じゃ絶対に開かないですよ。

茨城のジャムおじさんは、カシスのジャムをなんとかして食べたいと思っています。
蓋が開けばなぁ・・・

2013年4月23日 (火)

僕と うつ病、闘病記 宇宙人に頭の中を覗かれた

宇宙人に誘拐される夢を見ました。
いやぁ~リアルだった。
過去に頭の中に何かを入れられ、それを定期健診するかのように、またほじくられるという物。
意識があるまま手術されるという、一番怖いやり方で、必死に抵抗するんだけど、無駄でした。

いきなり空が明るくなって、誘拐されて という物ではなく、今日誘拐されるのが僕には分かっているようでした。
いつ来るか分かっている。 でも何処に行っても必ず見つかってしまう というのは絶望でした。
強い光に照らされて、UFOが探しに来て、あぁ、また頭の中を見られるんだな と考えるのは、かなりのショックです。
宇宙人たちから解放されて、ミネラルウォーターを飲んだのですが、その味をはっきりと覚えています。
生きている事に感謝しつつも、また、頭の中をほじくられる日が来る事を、蛇に呑まれる蛙のように理解していて、絶望するのでした。

って、頭の課を覗かれるって、精神科に通っている自分を物語っているような気もしますね。
頭に電流を流す手術を10回以上やりましたが、手術台に横になっていよいよ麻酔がかけられる って時の感覚に近かったですね。
あんなの人体実験です。

それにしても、リアルな夢で怖かった。
こんなに怖い夢は初めて見ました。
映画に出来たらかなりのヒットとなりそうですが、どうやって映像化するんだって話ですし・・・・
あぁ、怖かった、2度と見たくないです。
そんな映画が作れれば、大ヒットなんだが・・・・ ってまだ言うか!
っと、今日は脱力系の闘病記でした。

2013年4月22日 (月)

あぁ、食い道楽 つくばにペニーレインが参戦

茨城県で2番目に有名な都市(都市と言ってしまっていいものか? 実際のところ街だろうなw)はつくばであろう。
宇宙兄弟で一躍有名になったJAXAがある場所で、他にも研究所が多く、研究学園都市と言われている。

僕はと言うと、美味しいパン屋が多い土地というイメージ。(結局食べる話かよw)
有名パン屋があちこちにあり、大抵学園に行く人には、その人お気に入りのパン屋があったりする。

そんな学園に新たなパン屋が参戦した。
栃木県那須市にある、有名店ペニーレインだ。
ペニーレインについては、以前このブログでも紹介したが、まさかつくばに店を開くとは。
まだ開店したという情報だけで、那須の本店の味をしっかり守っているかは分からない。
近々行ってみて、味を確かめなければなるまい。

本店の味を出せるとしたら、こらぁ台風の目になるかもなぁ。
他のパン屋もチェックしている事だろう。
あぁ、アップルパイ(リンゴスター)が食べてぇ~。

レストランとパン屋とドッグランの3つで1つの施設らしいです。
久々にドッグランでブブ彦を走らせてやりたい。
でも犬連れだと、パン屋には入れないというね。
ブブ彦をそこいらに繋いだおくわけにもいかないし、やはり誰かブブ彦のリードを持っていてくれる人が必要みたい。

ドッグランがあるというのに、ブブ彦を家で留守番させるのも可哀想。
かといってブブ彦を連れて行くと、パンを買う事ができないというね。
誰か連れて行くしかないな。

2013年4月21日 (日)

あぁ、食い道楽 ガリガリ君の工場見学へ行きたい

ガリガリ君のコーンポタージュ味を食べたとこの前書きました。
そこからの派生話です。
ガリガリ君の工場見学に行こうっ!という話になりまいた。
埼玉県の工場です。
車で行ったら、3時間以上かかるかな。

見学は平日にやっているようで、10時、13時、15時の1日3回。
各回20人が定員です。
料金は無料というからすごい。
工場の見学、出来立てアイスの試食、等身大ガリガリ君との記念撮影などができるそうです。
所要時間は1時間半なので、かなり見所アリですね。

各月の1日から翌月の予約を取るようです。
5月1日に6月の予約を取るって感じです。
予約は結構埋まっていて、空いている日も残りわずかと表示されています。
できれば日曜に行きたいのですが、土日の見学はやってないので、参加は難しいかもしれません。

ガリガリ君の工場が見たいけれど、諦めて日曜にやっている見学を探すという選択肢もあるかもしれません。
ウィスキー工場なんてのもあったけど、誰一人ウィスキーが好きじゃないという事で却下されました。

何か進展がありましたら、また報告しますね。
日本酒の酒蔵に行ってみたいなぁ・・・・

2013年4月20日 (土)

野球延長!? 昔はそうだったんだよな

今と違って、昔は野球の人気がありました。
ナイターもTVで放送され、我が家でもPちゃんがそれを見ていました。
僕としては、野球に興味は無いし、むしろ嫌いと言った方がいいくらいでした。

ドラゴンボールが野球中継で中止になるからである。
いくら悟空がスーパーサイヤ人になろうとも、地球を救おうとも、野球のナイターには勝てないという事です(笑)

あとは延長戦になり、その後の番組の時間がずれるって事でしょうか。
今のレコーダーは、時間がずれても、最終回で1時間半のスペシャルになろうとも、追っかけ録画がされるのですが、当時のビデオデッキは、そんな芸当はできるわけがありません。

バックトゥーザフューチャーのクライマックス、時計台に雷が落ちて、主人公が未来に帰れるのか??? という所で録画が切れたというのは、我が家の伝説になっています。
あれも野球の延長が原因でしょう。

野球人気っはすっかり少なくなって、今はサッカーやフィギュアスケートが放送されていますよね。
サッカーもスケートも時間が決まっているスポーツなので、延長という事は無いわけです。
こういうスポーツならばTV放送されてもいいなぁ。

まぁ、見ないけど・・・・・

2013年4月19日 (金)

シネマごしっぷ スターウォーズの公開スケジュールが公表

J・J・エイブラムスが監督を務める新「スター・ウォーズ」3部作の第1弾「スター・ウォーズ エピソード7(仮題)」の公開が、2015年の夏に決定。
米ウォルト・ディズニーとルーカスフィルムが正式に発表しました。

これまでも15年の公開を目指すことが報じられていたが、時期が明言されたのは今回が初めて。
さらに、エピソード8と9をそれぞれ17年夏と19年夏と、2年ごとの公開を予定しているという。

一方で、3部作の間の年にはスピンオフを公開。
16年と18年に公開されるという。
スピンオフは、現時点では若き日のハン・ソロとボバ・フェットを主人公にした2作品が予定されている。

このスケジュールが守られれば、15年以降、毎年何らかの「スター・ウォーズ」関連映画が見られることになる。


すごい事になってきました。
でも毎年公開じゃぁ、クオリティーが低くなりそうな予感もします。
もちろんスピンオフ作品も見に行くつもりですが、ちょっと心配だなぁ。
とにかく15年のエピソード7の出来を見てからだなぁ。
ヨーダはでるのでしょうか?

2013年4月18日 (木)

ダイエット奮闘記(プチ) 現状維持ではあるけれど・・・・

オヤツを買い込んで一気食いなどしておりまして、リバウンドしたと書きました。
その後、オヤツを買いに行く事は無くなりましたが、外出する事も無くなり・・・・
う~ん、外出=おやつ大量買い っていうパターンが出来上がっているなぁ。
ついつい外出できたご褒美を自分にあげたくなってしまいます。

最近は、お腹が空いて困っています。
夕飯なんて、大盛りでご飯食べちゃうし、日本酒もチビリ。
痩せようとする気が無いですよね。

ダイエットの為に、毎日半ライスを食べるっていうのは、結構ひもじいです。
みんな普通に食べているのに、自分だけなんでこんななんだ?っていじけます。
日本酒を飲んでいるのだから、ご飯は減らすくらいで丁度良いのでしょうけど・・・
ご飯もお酒もしっかり食べてしまいます。

お腹周りもドエライ事になっていて、ポッコリとお腹が出ています。
狸の置物かよっ ってノリツッコミ。

体重 67.8kg(3週間前と変化なし)
体脂肪率 20%(3週間前よりプラス1%)

やはり65kgくらいにはなりたい。
痩せるぞ~ えいえいお~

2013年4月17日 (水)

あぁ、食い道楽 ガリガリ君、コーンポタージュ味

話に上っていた、ガリガリ君のコーンポタージュ味を食べてみました。
友人の話によると、大きなスーパーに行かないと売ってないという情報でしたが、ブンブンにダメもとで行ってみたら、あっさりと置いてありました。
溶けてはいけないので、ブンブンの駐車場で食べましたよぉ~

袋を開けると、ふわっと広がるとうもろこしの香り。
コーンポタージュスープそのものの匂いです。
色は濃い黄色です。
さっそく一口かじると・・・・
味もコーンポタージュスープそのものでした。
砂糖の甘さではなく、とうもろこしの甘さのみって感じ。
後味がかすかにアイスキャンディー寄りな甘さが、少しするくらい。
かじっていると、アイスを食べているのか、スープを飲んでいるのか分からなくなってきます。
中盤を過ぎた辺りから、コーンの粒が出てきて、いっそう食事寄りな印象になります。

甘い物が食べたい人は、このコーンポタージュ味を食べると面食らうと思います。
まずくはないのだけど、食べてるうちに、完食してしまったという事にもなりません。
半分ちょっと食べた所で、リタイア。
申し訳ないけれど、残してしまいました。

金返せとは思いません。
美味しいと言えば、美味しいし、失敗作だとも思いません。
僕には、ちょっと合わなかったというだけです。
チャレンジングなこの商品を出した姿勢は評価できると思います。

ガリガリ君の消臭剤や、入浴剤があるらしいという情報も入手しました。
本当ですかぁ~!?

2013年4月16日 (火)

僕と うつ病、闘病記 眠れないのと、幻聴

病院に行ってきた。
薬が切れて3日目に行きました。
またしても薬を切らせてしまい、ちょっと反省。
なんで早めに病院行けないのかなぁ。 
自分でも分かりません。

今回は、眠れなくて明け方まで天井を見ている。それが辛い。
眠れても眠りが浅いような気がすると言いました。
それと、幻聴のような物が聞こえると話す。
最近聞こえるのだ。
耳のそばで話しかけられるような感覚がある。
何語なのかも分からないが、人の声で聞こえます。

これは幻聴なんですかね? 気のせいじゃ? 言葉じゃないんだから、幻聴ではない とかいう判断は無いんですか? と聞いてみた。
君のは幻聴だよ と先生。
言ってる事が、嘘ではないし、生々しい?とか言っていたかな。
信憑性があるって事を言われました。

幻聴をどうにかする薬は出してくれませんでした。
とりあえず音は無害というスタンスですかね。
僕も軽~く、幻聴の話をしたので、苦しんではいないと判断したのでしょう。
実際、1日中聞こえるわけじゃないし、聞こえても、気にしなければ問題ないレベル。
先生の判断は正しいと思います。

薬は睡眠薬を強くしてくれた。
 朝:セレネース3mg、アキネトン1mg
  夕:セレネース3mg、アキネトン1mg
  就寝前:ジプレキサ10mg、リーマス200mg3錠、ロヒプノール2、べゲタミンA

今回新しく処方されたロヒプノール、べゲタミンをネットで調べたのですが、どちらも睡眠薬でした。
2種出す理由は分からないが、それで眠れるなら、良しとしよう。

薬が手元にあるっていうのは、安心するなぁ。
これが減ってくると、病院行く事を考えて、体が重くなってくるんだよねぇ。

また、まったりと頑張りますね。

2013年4月15日 (月)

ブブ彦日記 膀胱炎という難病

20130415ブブ彦の膀胱炎ですが、厄介な事になってきました。
色々と薬を変えたりしてみたのですが、治らないのです。
ごくたまに、こういう薬が効かないタイプが子がいるそうです。

死んでしまう病気は、死んでしまってそこで終わり。
でも、膀胱炎のような、シモの事などの病気は、一生付いて回るので、本当に辛いのは、こういうタイプの病気と 先生。

薬を飲ませ続けると、いずれ効かなくなってしまうそうなので、薬だけ与えておけばという事もできません。
かといって薬を止めれば、また血尿が始まるかもしれません。

今後ブブ彦がどうなっていくのかは、分かりません。
色々と試しているうちに、治療できる方法が見つかるかもしれません。
そこに望みをかけるしかないですね。

大腸癌の手術で、ウンチが漏れてしまうようになったブブ彦。
膀胱炎になり、おしっこダダモレするようになっても、もう驚かないぜ。
部屋中汚物まみれになっても、最後まで飼うからなぁ。
安心しろブブ彦~
今のうちに相性の良いオムツ探しておこう!

写真は、コタツの中でお休みになられている、ブブ彦先生。
コタツの左半分がブブ彦先生の場所。
ちゃんとルールを守られているようで。

2013年4月14日 (日)

独り図書館 おーい!竜馬を読み終えて

おーい!竜馬を読み終えました。
全14巻なんですが、どういうわけか、8巻、9巻、10巻が無いんです。
図書館で借りてくるわけですから、文句は言えませんが、途中が抜けてしまっているのに、全館揃えようとはしないんです。
不思議な図書館だなぁ。

子供達が読む、漫画のコーナーに置いてあったのですが、竜馬が童貞を捨てる様子などがリアルに書かれていて、子供が見て良いのだろうか?と思ってしまった。
まさかそこまで書かれているとは思っていないのかも。
本の中身ってチェックしないんですかね?

さて、坂本龍馬の人生は誰もが知っている事なので、ネタバレを書いてしまいますが、ラストで竜馬が暗殺されるのは、やはり見ていて辛かったです。
歴史に名を残す大仕事をやってのけて、その直後、明治になる1年前に死んでしまうわけですから。
ドラマチックすぎます。
あそこで死ぬから、良いのだという人もいます。
明治まで生き延びても、商売人になって、拍子抜けしてしまうという意見も聞きます。
意見はそれぞれですが、死んでほしくなかったなぁ。
龍馬という人は人間味が溢れていて、大好きなんです。
その人が死ぬっていうのは、やはりショック。
おーい竜馬は読んで面白かったか?というと、辛かったというのが正直な所かもしれない。

来月高知に行くので、龍馬さんの生まれた町を見てきますね。
血がたぎるぜよ~

星5つ満点で
☆☆☆

2013年4月13日 (土)

デジ物コバナシ NTTからの勧誘の電話

NTTと名乗る男から電話があったようです。
夜8時半に。
母が出たようなんですけどね。
そんな時間に怪しいじゃないですか。
ネットのプロバイダについての話らしいのですが、なんだか怪しい。
月額利用料が今より800円安くなるって事らしいのです。
でもこんな時間に電話してくるなんておかしくないですか?と聞いたら、昼間電話したけど、出なかったので と言ってきたそうな。
昼間電話なんて鳴ってなかったけどな(笑)
公式HPを見てくれれば分かると言ったようなので、本物のセールスだったようである。
手柄をHPに渡すような事は、胡散臭い輩だったらしないでしょ?

一応公式HPを見に行きました。
2年間の契約で、他のプロバイダに変更しない事が条件。
変えると罰金が発生する。
スマホや携帯でやっている事と同じって事か。

ただ、工事費はこちら負担。
新しく必要になる機器もこちら負担。
FAXなどは使えなくなる可能性あり(こちらで調べろ状態)
なので、割に合わないという事で、この話は無かった事に。

まぁ、最初から変更する気は無かったけどね。
美味しい部分だけ話をするその手口が嫌です。
これだから電話って嫌なんだよなぁ。

●今日の押さえドコ
  電話が大嫌いな僕、電話なんてかけてこないでくれ

2013年4月12日 (金)

雀の餌台で、ネズミ返し

僕はノータッチなんですが、家の庭に鳥に餌をやる台があります。
手作りで、高さ2m。
ご飯の残りをあげています。
雀、ヒヨドリ、たまにカラスなんかも来ます。
カラスが来ると他の鳥達が来れなくなってしまうので、カラスは嫌われ者です。

しかし最近、さらに嫌われ者がやって来るようになってしまいました。
ネズミです。
小さいネズミなんですが、器用に餌箱まで登ってきて、ご飯を食べている。

さすがにネズミが餌を食べるのは許せないという事で、捕獲する事に。
ベタベタのネズミ捕りを仕掛けると、鳥達もかかってしまうため、却下。
金網の生け捕りにするタイプも検討したのですが、生け捕った後、ネズミをどうするか?の話になりました。
普通なら水に浸けて殺すんですが、そんな事は可哀想でとてもじゃないけどできない。
第一、ネズミの水死体をどうすれば良いのか?って事ですし。
一番良いのは、鳥だけが餌を食べられ、ネズミは近づけないようにする事。
ネズミも死なずにすみます。

餌を与えている台の周りを、透明なアクリル板で囲いました。
屋根は元々付いているので、上からも入れません。
開いているのは、空中に突き出た一方だけ。
つまり飛んでこないと入れないのです。

これで、鳥達は今までどおり餌にありつけ、ネズミは他の餌場を探しに行くでしょう。

っと思ったんですが、雀は警戒心が強くて、新しい餌台に来なくなってしまいました。
雀もネズミも来なくなった餌台。
どうなってしまうのでしょうか?

2013年4月11日 (木)

あぁ、食い道楽 ミスド、全商品をリニューアルへ

ミスタードーナツが、生地や調理に使う油を変更すると発表しました。
ドーナツ本来の味が引き立つようにするためだそうです。

原材料などの大幅な見直しは1971年の日本初出店から初めての事で、42年ぶりの商品刷新となります。

売り上げが伸び悩む中、洋菓子の品ぞろえを充実させるコンビニに対抗するのが狙い。
商品の価格は変更しないそうです。
26日から変更される。

ポンデリング生もまだ食べてないのに、リニューアルですかぁ。
当然美味しくなるように変更されるでしょうから、26日以降に行ってみようかな。
混むだろうなぁ・・・・
イヤイヤ、美味しい物を食べるためだ。
買いに行くぞぉ~
気合っ!!

2013年4月10日 (水)

僕と うつ病、闘病記 起き上がれない僕

最近身体が重くて動けません。
朝起きても、コタツに移動して眠ってしまいます。
1時間おきくらいに目は覚めるのですが、起きようとしても動けないので、また目をつむります。

日中ずっと眠っているので、17時頃になると、いい加減寝るのも飽きるのか、起き上がれるようになります。

朝夕のブブ彦の散歩はなんとか行けています。
ブブ彦の為だと思えば動けるならば、他の時でも動けるはずなんですけどね。
動けない。

夕方になると元気になってくるという、典型的なうつ病体質です。
朝目が覚めたら、パッと起き上がり、1日がすぐに始まる。
うつ病になる前は、そんな事当たり前に出来ていたんだけどなぁ。

今年でうつ病になって10年になります。
こんなにこじらせるとは思っても無かったし、仕事を辞めたり、離婚したりと、色々と起こるなんて思っても無かった。
どうして自分がうつ病になったのか?
真面目だから色々と背負い込んでしまった とも言えるけど、やはり打たれ弱いからという事なのだろう。

はぁ、自分が嫌になる。
情けない・・・・

2013年4月 9日 (火)

今年も乗り越えました

僕は花粉症ではありませんが、この時期鼻水が止まりません。
花粉症ではありませんが、くしゃみが止まりません。
花粉症ではないけれど、この時期ティッシュの消費量が10倍になります。
そんな時期を乗り越えて、今年の花粉の飛散もピークを超えて終わりになってきたっぽいです。

マスクはほとんどしなかった。
目薬もささなかった。
垂れてくる鼻水をティッシュで拭き取るだけという、完全に受身な生活でしたが、そうですか。
今年も乗り切りましたか。

本当は病院に行くとか、薬を飲むとかすれば、随分と楽に乗り切れるんでしょうけど、本業のメンタルクリニック、それとブブ彦の病院に行くだけで精一杯です。
来年も花粉との戦いが起こるでしょうけど、また病院には行かないし、薬も飲まない、なるようになれという受身生活を送ると思います。

最後に一言。
僕は花粉症じゃなぁぁい!(まだ言うかw)

2013年4月 8日 (月)

あぁ、食い道楽 酔って道路に寝た事があります

酒に酔って、道路に寝た事があります。
何を飲んでそんなに酔ったのか覚えていませんが、酔っ払って良い気分になり、道路にゴロリと横になった。
アスファルトの硬さと冷たさが心地よかったのを覚えています。

車が来ても、すぐに起き上がれるし、ここで眠ったりする事もないと分かっていたのですが、周りから見たら、かなり危険な行為に見られたようで、担がれて、安全な所に移動させられました。

自分は酔ってない とか 一人で歩ける とか言っていたと思います。
本音でそう言ってたし、意識がはっきりしているから、この話を書けるわけですが、周りからは、酔っ払いが言う決まり文句にしか聞こえなかったようです。

周りに迷惑をかける酒の飲み方をしてしまい、反省しています。
酒は飲んでも呑まれるなと言いますが、呑まれてばかりだなぁ。
適量を守る。 これに尽きます。

間違っても、道路に寝ちゃダメですからね。

2013年4月 7日 (日)

続、寝てる時、手はどうしてる?

寝る時に腕はどうしている? と言う、 どうでも良い話を書きましたが、その後日談を。
いたって普通で、面白みの無い、きをつけ状態で自分は寝ているのかと思ったのですが、じつは違ったのです。
右手はきをつけなんですが、左手は胸の上。
サッカー選手が国歌斉唱の際、片手を胸の上に当てて、国旗を見つめる。
あれをやっているようです(笑)。

ようですと書いているのは、無意識だから。
天井を見るように真上を向くと、国歌斉唱になるみたいです。
何の日本代表なのか?
何と戦っているのか?
まったくの謎である。

それに飽きると横で熟睡しているブブ彦さんを見るように、横向きになり、手はXジャンプするかのような状態に。
XJAPANファンもついにここまで来ましたか・・・・

ゴロゴロと国歌斉唱、Xジャンプを繰り返しながら、朝を迎えるようです。
それじゃぁ、疲れは取れないよなぁ~

2013年4月 6日 (土)

独り図書館 おーい!竜馬 読み始めた

“おーい!竜馬”を読み始めました。
龍馬物の代表と言えば、“竜馬がゆく” で異論は無いだろうけど、それに加われるか? “おーい!竜馬”。

今、第5巻を読み終えた所ですが、竜馬が脱藩した所です。

ちょっとアレンジしすぎで、読者が引いてしまう、ギリギリの脚色なんですが、僕はすでに引いてます(笑)
武市半平太、岡田以蔵、竜馬が、一緒に天狗退治に行くなんてエピソードは引きまくりです。

吉田松陰、佐久間象山、河田小龍が、皆超ハイテンションの変人のように描かれているのも違和感あり。

一番の引き所は、半平太、以蔵、竜馬が、女郎さんを買いに行き、童貞を捨てようと行動を起こすエピソード。
青春の甘酸っぱい思い出は誰にでもある。
そういう人間臭い所を描くから、それぞれの最後が悲しいという共感になるのだろうけど、それにしてもちょっと下ネタが過ぎるよなぁ。
あそこまで生々しく、事に及ぶ様子を描写しなくても、伝えられると思うんだけど・・・・
下ネタは嫌いじゃきに。

漫画は厚みがあって、1巻が、2冊分ほどあります。
1巻読むと、どっと疲れます。
借りてきた “おーい!竜馬” は7巻までで、これから6巻を読むところ。
全部で14巻あるらしいので、もうすぐ折り返し地点です。
面白いと言えば面白い。
ちょっと違うなぁとも思う。

竜馬が行く。
龍馬伝
おーい!竜馬
 と3つの龍馬物を見てきましたが、龍馬伝が一番事実に近いなかぁ。
その龍馬伝ですら、かなりアレンジされていて、一体どれが真実なのか、訳が分からなくなります。
どれもフィクションだと思って、読むのが良いのかなぁ。

最後まで読んでみるぜよ。

2013年4月 5日 (金)

ブブ彦日記 犬に粉薬、いけるか?いけるのか?

20130405膀胱炎になってしまったブブ彦でありますが、元気です。

病院に連れて行きまして、またオシッコをお皿で受け取る作業を。
2回目だし、ブブ彦のオシッコをするタイミングは、体に染み込んでいるので、今回は楽に取れました。
グイグイとリードを引っ張られたり、病院のドアを開けるのが、オシッコ入りのお皿をこぼしそうで危なかった。
でもなんとか完了。

尿を調べた結果、尿に菌がいるそうな。
とりあえず、また抗生物質を少々もらいましたが、今回はまた違った試みが。

膀胱をキュっと締める薬を処方されたのです。
なんで、尿に菌がいるのに、膀胱を締める薬が必要なのか? 忘れました。
相変わらず説明が丁寧すぎて長すぎて、話の要点がつかめない先生なのです。

話を聞いている時は、納得したので、間違った治療はしてないはずです。
ただ先生は話が長くてねぇ。
処方された薬は、なんと粉薬!

ペットに粉薬ですかぁ~。
子供だって飲ますのに苦労するのに、犬に飲ませられるだろうか?
小さな注射器も袋に入っていて、これに薬を入れて、水で溶かし、飲ませるって手もあります。 との事。
液体にしたところで、飲ませられない事に変わりはないよねぇ。

さっそく薬を与えないといけないのですが、オニギリの中に粉薬を入れて丸め、与えてみると、なんとか食べてくれました。

写真は散歩から帰ってきて、口で息をしているブブ彦さん。
後ろに何気に置いてあるのは、イギーのフィギュア。
大先輩を前に恐縮でありますっ

2013年4月 4日 (木)

僕と うつ病、闘病記 心の風邪ってやめませんか?

「うつ病は、心の風邪」って表現が、僕は嫌いです。
誰でもかかる病気だと言いたくて、安心させたい。
気楽に病院に行ってくださいという事を伝えたいのでしょうが、風邪だったら、薬を飲んで横になっていれば、そのうち治ってしまいます。

けれど、うつ病はそんなに甘くありません。
風邪というより、僕は癌だと思っています。
根深くて、したたかで、命取りになるからです。
「風邪みたいな病気でしょ? 何そんな病気で会社休んでいるの?」って間違った認識をされかねないから、危ういですよね。

再発率が高いのもうつ病の怖いところ。
再発を繰り返し、ズルズルと深みにはまっていく事が多いのです。

最近「心の風邪」という見当違いな表現は、やっと見なくなりましたが、僕と同じような事を意見する人がいたのかな?

僕はこのブログで、「気楽に行きましょう」「のんびり行きましょう」「まったり頑張りましょう」など、力まないで、マイペースに闘病しましょう書いています。
「心の風邪」も同じような意味で使っているならば、僕と同じ事を言っている事になります。

でも、「心の風邪」って言い方は嫌いなんだよなぁ。
じゃぁ、他に何といって、うつ病になった人を、安心させてやればいいのか?と聞かれると困ってしまうのですが・・・
やっぱり「気楽にいきましょう」って言い方になるような気がします。
う~む、言葉が見つからない。

2013年4月 3日 (水)

あぁ、食い道楽 こっそり甘酒で真っ赤に

一月ほど前に、大吟醸の酒粕を手に入れたので、日本酒に溶かして、自家製濁り酒を作ったと書きました。
その後、酒粕に出番は無く、冷蔵庫に眠ったままでした。

昨日、小腹が空き、おやつを探していたら、酒粕がある事を発見。
甘酒を作る事にした。

作り方は簡単。
鍋に水をはり、火にかけ、そこに酒粕を溶かし、砂糖を加えるだけである。
酒粕はネットリベタベタしていて、味噌汁の味噌のようには溶けてくれません。
小さなザル(う~ん、なんと説明したら良いのやら)で、こしながら溶かしていきます。
砂糖を好みの甘さになるまで入れ、甘酒が温まったら完成。
10分もあれば作れてしまう。

トロミがあるので、なかなか冷めませんし、飲むと温まる。
家に誰もいなかった事もあり、一人でおかわりして、2杯飲みました。

しばらくして帰ってきた母に、酒でも飲んだのか?と言われました。
そうです。僕は真っ赤になっていたのです。
酒粕はアルコールを含んでいる。
そんな事すら知らなかったのです。
車を運転しなくて良かった・・・

日本酒を作る最後の段階で、酒と酒粕とに絞って分けるのですから、酒粕がアルコールを含んでいて当然なんですよね。

2杯飲んで、頭がボ~っとするし、甘いのでちょっと胸焼け状態になりました。
もうしばらくは甘酒は要らないです。

子供の頃、初詣に行くと、いつも甘酒を買って飲んでいたのですが、アルコールが入っているんじゃ、子供に飲ませちゃまずいじゃん。
あれって、見て見ぬ振り、暗黙の了解ってやつだったのか・・・・
この年になるまで、甘酒はアルコールが入ってないと思ってました。

甘酒は~、結構酔うぞ、ほどほどに (まさ爺)
お後がよろしいようで・・・・

2013年4月 2日 (火)

デジ物コバナシ デジカメが古過ぎて処分に困る

2012年の年末にデジカメを買いました。
その年の春モデルという事もあり、1万円という安さ。
でも性能は格段に良くなっていて(先代デジカメが古過ぎるのだ)、手振れ補正が半端無く強化されていました。
この新デジカメには大満足なのですが、1つ問題が。
先代のデジカメをどう処分するか、である。

画素数は800万なので、もはやスマホにも及びません。
後ろのモニターなんて、こんまいしのぅ。
リサイクルショップに持って行ったら500円くらいで買い取ってもらえるだろうか?

どうせ大した売値にならないだろうから、甥っ子姪っ子にデジカメを寄付しようかとも思ったんだけど、2人でカメラを取り合って喧嘩になるから、いらないと姉に言われてしまいました。

何処へ向かうのデジカメよ。
今度体調が良いときに売ってこよう。
売値が付けばいいのだけど・・・
廃品回収のトラックに渡してもいいのだけど、なんだかデジカメが可哀想で。
リサイクルショップで買ってくれなかったら、タダでも良いから引き取ってくれって言いますけどね。

2013年4月 1日 (月)

あぁ、食い道楽 カレー探求の道056 バーモントカレー50周年

超久しぶりのカレー探求の道であります。(3年ぶり?)
もう忘れてしまった読者の皆さんも多い事でしょう。
簡単にこのコーナーの説明をさせてもらうと、「カレーの話を書く」という事であります。
なになに?簡単すぎるって?
「カレー道を極めようとする爺さんが、カレーについてのネタをUPする」という、いたってシンプルなコーナーです。
スパイスの香りで、目がシパシパするような話を書きたいと思う。

今回の話はバーモントカレーが累計出荷量690億皿になったという物。
ハウス食品によると、バーモントカレーは発売から50年を迎えるそうです。
50周年というのは区切りが良いですが、690億皿ってまた半端な・・・・
700億皿にはならなかったのかなぁ・・・・

子どもが食べやすいように辛さを抑えたり、人気タレントらを起用したCMが当たった要因らしい。
国内の販売シェアは約3割で、長く首位となっている。

バーモントカレーって食べた事が無いんですよね。
林檎と蜂蜜のカレーでしょ?
甘くてお子チャマ用のカレーというイメージだなぁ。

僕が子供の頃。
隣の家のお母さんが、カレーを分けてくれた事があったのだけど、物凄く甘くてね。
カレーとは言えないような甘さでした。
あれが噂のカレーの王子様か!?という予想はしたのですが、あの甘いカレーって何?とは聞く事はできないので、謎のまま。
甘いカレーは後にも先にも、あれ1度だけでしたねぇ。

我が家は子供用に甘いカレーは出なかった。
辛くないカレーと甘いカレーは全くの別物。
甘かった時点で、それはカレーとは呼べない っていうこだわりが、母にもあったのかもしれません。
そういう食へのこだわりは、僕にも引き継がれていて、母には感謝している。
子供の頃から、家のカレーは辛かったし。

やっぱりカレーはジャワカレーだよな って、何の話だっけ?

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »