« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の31件の記事

2013年5月31日 (金)

トラベル・レポート 龍馬の生まれた町散策

20130531四国岡山旅行に来ているわけですが、まだ1日目です。

山内神社から車で5分の場所に、龍馬の生まれた町記念館という所がある。
そこに車を停めて、近所を散策するのですが、記念館の駐車場ですから、タダでそこに停めるのは気が引ける。
そこで記念館に入り、入場料だけ払って、駐車場代とさせてもらいました。
この界隈にはコインパーキングが無くて、あっても遠くなので、散策には都合が悪かったのです。
駐車だけに利用してしまいましたが、記念館のスタッフは嫌な顔をする事もありませんでした。
感謝。

さて、散策すると言っても、また石碑巡りである。
まずは坂本龍馬誕生地。
坂本家があった場所に碑が建っています。
写真がその碑です。
大きいですね。
坂本家の敷地は、東西25m、南北70mくらいの広さがあったそうで、豪商の子として龍馬は誕生します。
下士の家ではあるけれど、上士の侍よりも良い暮らしをしていて、引け目を感じる事は他の下士よりも少なかったはずです。
それでも上士には絶対的に逆らえないわけですから、矛盾や憤りを感じて育ったはず。
上士と下士の住む場所は別々になっていて、お堀を挟んで交わる事はありません。
そのお堀まで100mほどの距離に坂本家は建っていました。

次なる石碑は、水丁場。
龍馬誕生地から、南へ250mの場所に建っています。
土佐藩が、城下町へ水害が及ばないように、鏡川を整備するための治水工事を行い、1622年に「水丁場之事」という法令を布告。
川沿いに12ヵ所の水丁場を設け、堤防を洪水から守るため、武士と町人が協力して水防にあたるという組織を作った。
この辺りは坂本龍馬が14才~19才まで剣の修行をした場でもあります。
通っていた日根野道場があった詳しい場所は今では分からないのですが、この近所だったとされています。

次なる場所は旧築屋敷。
水丁場の碑から、南へ50m程の距離です。
町民が竹やぶを切り拓き、自力で石垣を築いた。
辺り一帯、石垣がある家が並び、なんだかお金持ちの家っぽい。
実際お金持ちなのでしょうけど。
龍馬が通った日根野道場はこの辺りだったという説もあります。
水丁場から50mの距離ですから、同じ事を言っているのだと思います。

次なる場所は、河田小龍塾跡です。
旧築屋敷から、西に100mほどの距離です。
水天宮というお社が建っているのですが、その付近だったといいます。
水天宮の周りを少し歩いてみましたが、石碑などはありませんでした。
河田小龍は、1852年米国より帰国したジョン万次郎の取り調べに当たった。
万次郎を自宅に寄宿させ、起居を共にしながら、万次郎に読み書きを教えつつ、小龍自身も英語を学ぶ。
小龍は、異国の生活事情に啓発され、日本の現状との落差に驚く。
小龍は、万次郎の語った事に挿絵を加えて漂巽紀畧五巻として藩主に献上した。
親交のあった医師・岡上樹庵の妻が、坂本龍馬の姉・乙女であったことから、小龍は龍馬に外国の大船を買い荷物を積み海洋に乗り出し、貿易によって異国に追いつく事が日本のとるべき道だと龍馬に説きました。

次なる場所は、近藤長次郎邸跡です。
河田小龍塾跡から、北へ200m。
饅頭屋長次郎という名前で覚えている方も多いと思いますが、その名の通り、饅頭屋さんの息子です。
町人ですが、志が高く、龍馬と一緒に神戸海軍操練所に入りました。
龍馬と共に海援隊の前身である亀山社中を設立した人物です。

次なる場所は、才谷屋跡地。
近藤長次郎邸跡から、西に100mです。
才谷屋は坂本家の本家で、1666年に質屋を始め、後に酒屋や諸品売買業へと商いを拡大。
現在、才谷屋の跡を明確にすることはできないが、この場所に喫茶店才谷屋が建っている。
龍馬が偽名とて、才谷梅太郎を名乗っていたが、この才谷は、本家才谷屋から取ったもの。

ぐるっと周ってくるようなコース取りで、何処も徒歩で周れる距離。
全ての場所が後の龍馬を形成すうる要素になっていて、必然のように存在する事が面白かった。
やっぱり旅は歩かないとね。

明日は、初日の夕食です。
伝説の皿鉢料理を喰らいます。

2013年5月30日 (木)

トラベル・レポート 山内容堂巡り

20130530四国岡山旅行に来ているわけですが、まだ1日目です。

桂浜で龍馬像を見た後、また高知市内に戻ってきました。
目的地は、山内神社。
土佐藩初代藩主山内一豊、同夫人、歴代土佐藩主を祀っている。
一番の目的は、山内容堂の座像を見る事。
神社の駐車場に車を停めて、早速散策開始。
鳥居を潜って中に入るとすぐに容堂公の座像を発見。
目立つ場所に建ってる(でも座ってるw)
左手は肘かけに乗せ、体もそちらに傾いている。
面白いのは右手。
お気に入りのギヤマンの杯を持っています。
酒好きという容堂のイメージにぴったりな像です。

後に幕末の四賢侯の一人と称され、明察力に優れた人物として有名な容堂ですが、青年時代は勉学に励まず、酒ばかり飲んでいたそう。
藩主となってからは、それまでの自分を悔やみ、読書を好むようになったといいます。
後に、坂本龍馬発案「船中八策」を後藤象二郎から進言され、徳川慶喜に大政奉還を建白したと言われています。
「九十九洋(つくもなだ)」と、「鯨海酔侯(げいかいすいこう)」という号がよく知られています。

次は山内神社に隣接する石碑巡りです。
容堂座像から徒歩3分。
鷹匠公園の北側入口に山内容堂公邸跡の石碑があります。
ここは、南邸と呼ばれており、6歳から22歳で藩主になるまでを、この地で過ごしました。

次に行ったのが、旧山内家下屋敷長屋。
先ほどの山内容堂公邸跡の石碑から、徒歩0分。
道路を挟んで反対側です。
っというか、石碑を見ている時に、隣ですから、見えてしまってました(笑)。
長屋は三翠園ホテルの門を潜ってすぐ右側にあり、無料で見ることができます。
ホテルのボーイさんが、お客だと思って近づいてきましたが、長屋を指差しながら「見せてください」というと、なんだい客じゃぁなかったかと言った顔を一瞬見せて、下がっていった。
長屋に展示されている物は、部屋のイメージに合わせたという、古道具が置かれています。
道具達はレプリカなのかなぁ。
新しそうに見える。
部屋の間取りや、天井のハリなどは当時のままでしょうから、そちらが見所かと。
受付も無いし、スタッフなどもいません。
が、窓が開けられていたり、電気がついている事などから、ホテルの人か、役場の人かが毎日開けに来て、閉めて帰っているはず。
長屋ですから、窓や扉の数もかなりの数になり、大変な作業です。
高知に来て思った事は、観光にとても力を入れていることです。
どんな小さな場所でも、解説が書かれていたり、そこまでの道順が分かりやすく書かれていたりします。

長屋見物を終えると次なる場所、山内容堂、西郷隆盛会見の場に向います。
長屋から10mの距離で、小さな駐車場の反対側です。
ここに石碑は無く、立て札が立っているだけ。
西郷隆盛が、容堂公に上洛を促した場所です。

山内容堂は、悪役というイメージしかないですが、ゆかりの場所が沢山残っていて、面白かったです。
ま、石碑や立て札を見て喜んでいるのは、僕くらいでしょうけど・・・・(笑)

明日は、龍馬の生まれた町散策です。
またもやマニアックな処を回ります。

2013年5月29日 (水)

トラベル・レポート 坂本龍馬記念館 龍馬像 桂浜

20130529四国岡山旅行に来ているわけですが、1日目です。

高知城、石碑巡り、ひろめ市場と徒歩で近場をグルグル周ってきましたが、車に乗り込み、桂浜を目指します。
高知市内から30分程で、桂浜に到着。

まずは、高知県立坂本龍馬記念館に入ります。
斬新な形の建物で、どう表現したら良いのか分かりません。
僕の文章力の限界を感じます・・・
何階建てとかハッキリ分からない外観。
突き出ていて、浮いていて、カラフルで・・・
気になる人は検索してみて下さい。
あなたなら、この建物をどう説明しますか?(笑)
入館料を払うと、地下2階から見てくださいと言われる。
地下二階とは言っても、階段で1階分降りただけで到着。
この辺り本当にややこしい建物である。
龍馬が書いた手紙、龍馬が暗殺された時に持っていた刀などがが展示されていました。
ただ、残念な事に、全て?複製でした。
本物は貴重すぎて展示していないのか?
はたまた別の土地で展示されているのか?分かりませんが、あれも複製、これも複製と続くと、なんだかガッカリしてきます。
やはり本物が見たいよなぁ。
これが龍馬直筆の手紙かぁとなったら鳥肌が立つでしょうし。
一通り見ると、エレベーターがあり、2階に上ります。
1階は受付なので、そこを飛ばして上に行く感じです。
2階は特に見る物は無いのですが、1つ見ておきたい事があったのです。
龍馬が暗殺された現場、近江屋の実物大セットがある事です。
いやぁ天井が低いなぁとか、かなり狭い部屋だなぁとか思って見ていたら、すごい物を発見しました。
なんと、この部屋、上がって入る事ができると書かれていました。
龍馬が座っていた火鉢と掛け軸の間の場所に、僕も座れるのです。
いやぁ、龍馬と自分が一体になるような気がして、ちょっと座るの怖かったです。
天井が低くて刀を上段に構えて振れないという事を確認し、龍馬が斬られた時の動きを再現してみました。
一撃目に額を横に切られた龍馬は、振り返って後ろに置かれている刀を手にしようとしますが、2撃目に背中を切られます。
何とか刀を取りますが、刀を鞘から抜く事すらできずに、3撃目に縦に額を切られて絶命。
怖かったけど、貴重な体験をしました。

さて、坂本龍馬記念館から、桂浜の龍馬像まで距離はたしか400mだったと記憶してますが、坂道なのです。
坂本龍馬記念館から、歩きで桂浜に行けば、駐車料金はかかりません。
でも、行きは下りで良いのですが、帰りこの炎天下の中上り坂を延々と上ってくるのは辛いからと、車で桂浜の駐車場に移動しました。
駐車料金は取られるけれど、ここで体力を消耗するわけにはいきません。
まだ旅行初日だし、初日の行き先は、まだまだあるのです。
さて、桂浜には龍馬像が建っているという事を知っている人は多いでしょうけど、皆さん、どんな場所に建っていると思いますか?
桂浜に という事で、砂浜に建っている、もしくは砂浜の近くに建っていると思ってません?
僕がそうでした。
駐車場から龍馬像への行き方を示す看板が立っているのですが、指し示す方向は小高い山の方。
上り坂なのです。
上へ上へと進んでいくと、見えてきました、龍馬が立っています。
後姿で登場するあたりが心憎いのです。
回りこんで龍馬の顔を見ると・・・・高い。
思っていた高さの2倍は高かった。
龍馬の像だけでも人の2倍くらいの大きさがあり、その下にさらにさらに土台があって、こんな銅像は見たことがありません。
写真は人が写っていないので、大きさの基準が分からないと思いますが、周りの木の高さと比べてみてください。
とんでもないデカさです。
龍馬は偉大だという無言のメッセージなんでしょうね。
龍馬は太平洋をじっと見つめていました。
「まっこと、よ~来たねぇ」と言っているような、もっと先を見て生きろと言っているような、突き進めと言っているような、そんな会話を龍馬と交わしました。

桂浜にも行きました。
龍馬像から、すぐに到着です。
海はいいですね、やっぱり。
波打ち際まで行き、波の音を聞きます。
5分刻みのスケジュールを組んでいるので、あまりのんびりはできなかったのですが、ここでリフレッシュできました。

駐車場から龍馬像までの道は階段とスロープの二通りあります。
階段の方が距離は短いが、足は疲れる。
スロープは疲れないけど、沢山歩かされます。
階段の方をオススメします。
途中に土佐闘犬センターという建物がありますが、土佐犬は伯父さんの家でしょっちゅう見ているので、立ち寄りませんでした。

龍馬像に感動し、強烈な印象を残す体験でした。

明日は山内容堂ゆかりの地めぐりです。
こんな近所にあれもこれも。

2013年5月28日 (火)

トラベル・レポート&あぁ、食い道楽 ひろめ市場 鰹の塩たたき丼

20130528四国岡山旅行に来ているわけですが、1日目です。
武市半平太の切腹の地から50mほどの所に、ひろめ市場という場所がある。
旅行雑誌にも取り上げられるような、有名な場所である。
市場という名前が付いているけれど、フードコートだと思ってくれて間違いない。
60店ほどの店が集まっていて、それぞれ食べる物を提供しています。
(一部雑貨の店などありますが、ほとんどが飲食店)
各自好きなお店で好きな物を注文し、あちこちにある席に、自由に座って食事をします。

何処の店で何を注文するか?という事で、悩む事になりますが、僕はどんな物が食べられるのか、詳しく調べて行きませんでした。
目的地の行き方、所要時間などは徹底的に調べてしおりを作った僕ですが、市場の中は全く何も知らない。
一期一会の出会いを重視したかったし、そういう事が旅行を面白くすると思ったのです。

とりあえず、市場を一周歩いてみて、美味しそうな店があったらそこで食べようと思ったのですが、同じ料理、例えば鰹のたたきなどは値段も量もバラバラで、どこで食べたら良いのか、見れば見るほど分からなくなってしまいます。

歩いて行くと、視界が開けた場所があり、広場のようになっている場所がある。
辺りを見回すと、行列が出来ている店を見つけた。
立地的に良い場所にある事も行列の理由かもしれない。と思っていたら、いきなり天井に届くかというような、大きな炎が立ち上り、鰹を焼いている。
迫力満点。
そのパフォーマンスもあって、他のお客さんも列に並んでいるようです。

ひろめ市場で、鰹のたたきは絶対に食べたかった。
高知の名物といえば、たたきです。
今は鰹の旬だし、是非ワラで焼いた鰹のたたきが食べたかったので、市場を一周する事なく、この店で食べる事にしました。
店の名前は明神丸。
後になって分かったのだが、有名店らしいです。

列に並ぶと注文を取りに、スタッフのオバサンが近づいてきた。
とりあえず、鰹の塩たたき丼を注文。
トレーを取り、厨房を見ながら横歩きしていると、また炎が上がった。
ガラスで囲ってある焼き場ですが、それでも熱が伝わってきます。
これ焼いている人かなり暑いよなぁ。
ご苦労さまです。
焼いた鰹をまな板の上に乗せると、物凄い速さで切る斬るKILL!
他のお客さんもたたきを注文したらしく、焼いても焼いても追いつかないようです。

あっという間にレジの前に行き、会計。
空いている席が無かったら、トレーを持ちながら、市場内をグルグル歩く事になるわけで、空席があるかどうか心配だったのですが、運よく、お店の近くに空いている席を発見。
塩たたき丼をGETでき、席にも座れて、一安心。
ワラ焼きの様子を見ながらの食事は楽しかったなぁ。

さっそく食べてみます。
ニンニクのスライスも一緒に乗っていたので、一枚をたたきに乗せて一口。
驚きました。
旨いのなんの。
関東で食べていた たたきからは想像も出来ない程旨い。
ワラ焼きが効いていて、香ばしくてスモークされたような感じ。
高温で一気に焼くため、表面は硬く、中はしっとり。
荒塩がまた良くて、後味がやわらかい。
ニンニクも良い感じです。
生のニンニクを食べる事に抵抗があったのですが、一緒に食べて正解。
ワラの香ばしさと、ニンニクの香りが相まって、感動の味になります。
連れが食べていた、タレたたきも食べたのですが、塩たたきの方が旨かったなぁ。
いやぁ、鰹って血生臭くて、やや苦手だったのですが、ここのたたきを食べて、鰹の印象がガラリと変わりました。
毎日でも食べたいくらいに旨い。
最後の晩餐はコレでも良いかと思えるほど旨かった。

関東の鰹のたたきはもう食べられないなぁ。
ワラで焼けばあの味を再現出来るのかもしれないが、ワラで焼くと火柱がすごいので、台所では再現は出来ないだろうなぁ。
第一ワラが手に入らない。
まさに一期一会の一品でした。

そうそう、ウツボの天ぷらも食べたのです。
凶暴なウツボを食べる事に抵抗はありませでしたが、全く味が想像できません。
一口大の大きさで、見た目は皮付きの白身の魚。
タレにつけて食べます。
絶賛できるような味ではないですが、思ったよりも淡白で、あっさり。
なかなか美味しかったです。
タレ無しでは物足りないかな。
話の種に注文するのもアリですね。

それと、他のお客さんですが、昼間から酒を飲んでいる人が多い事多い事。
お酒を飲む事が大好きな土佐人。
昼間から楽しそうに飲んでましたね。
それに釣られたからか、日本酒のバーに立ち寄り、お酒を飲みました。
2種類の日本酒を注文したのですが、銘柄名は忘れてしまいました。
どちらも辛口で美味しかったです。
土佐のお酒は辛口だと聞いていたのですが、思ったより辛くなく、後味スッキリでグイグイいけます。
食べ物が美味しい土地に住んでいる人は幸せですよね。
土佐人が羨ましい。

明日は桂浜でのアレコレ。
龍馬に会いにいきます!

2013年5月27日 (月)

トラベル・レポート 旅の始まり 高知城

20130527四国岡山旅行に行ってきました。
3泊4日の小旅行であります。
数ヶ月前から、しおりを作り、計画を練ってきました。
四国旅行のツアーが新聞に載ってますが、行き先を見ると中身がスッカスカなんですよね。
有名所を周るのですが、四国4県を周る事、大型バスで周る事などから行ける所は限られていて、ただバスに乗って移動して終わってしまう印象。
四国に行った事がある人は、見所が少ないという感想になるそうなのですが、そんな事はありません。
かなり濃い旅になりました。
旅の行程を全て載せますが、かなり長い連載になりそうです。
気長に見てくれると嬉しいです。

まずは羽田空港から、高知龍馬空港へ。
空港にまで龍馬の名前が付くなんて、本当に龍馬の故郷に来たのだと実感。
レンタカーを借り、いざ高知市内へ。

最初の目的地は、高知城。
江戸時代に山内一豊によって建造されました。
天守や追手門等が残っているという、現存する12城の1つなので、貴重なお城です。
以前は国宝でしたが、昭和25年の文化財保護法によって、国の史跡に指定されました。

まず城の高さに驚きました。
小高い山の頂上に天守閣が見えます。
写真を見てもらうと分かるのですが、山の上に小さく天守閣が見えます
あまり城には詳しくないけれど、山の上に建つ城を見たことが無かったので、これにはビックリ。
堂々たる風格です。

追手門から中に入ると、順路という看板があって・・・という事は無く、好きなように歩き回ってくださいという感じ。
3方向くらいに道が分かれているが、一番正面の一番太い道を進む。
すると板垣退助の銅像を発見。
自由民権運動で有名な人で、亡くなる前に「板垣死すとも自由は死せず」と語った事は有名。
板垣死すとも、まさ爺は進む・・・・
くだらない事を書いてないで、先を急ぎます。
予定での高知城の滞在時間は1時間15分
この時間は絶対に守らないといけません。
なにせ5分間隔で予定を立てているのですから。

石垣が立派で驚きました。
江戸城、弘前城、二条城、萩城、福井城くらいしか見たことが無かったのですが、全て平城ですから、こういうお城は初めてです。
山の上という地形を利用したとしても、何段、何層にもなって石垣が積まれているので、迫力満点。
コレ作るの苦労しただろうなぁ。

石段を登って行くと、天守に到着。
元国宝という重みからか、足を踏み入れるのはちょっと緊張。
ハリが低くて、頭をぶつけそうになります。
僕の身長は178cmなのですが、江戸時代の男性の平均身長は150cmだそうです。
150cmの人用に作られている城なので、下ばかり見ていると頭をぶつけます。

それと階段!
かなりの急勾配。
70度くらいの角度があります。
現代人は階段に対して、真っ直ぐに足を向けますが、それだと危ない。
足を斜め45度くらいにして、斜め向きで上ると良いような気がする。
もちろん手すりにつかまります。

天守閣最上階に何とか到着すると、東西南北に4つの出口が広がる。
一箇所から外あるベランダ?のような物(何て言うの?w)に出て行き、一周歩いた。
周りに天守閣より高い建物は無いが、結構高いビルが建ち並び、決して良い眺めとは言えない。
でも、龍馬の家のある方向を見たり、上士と下士の堺となったお堀の跡を探したり、鏡川に架かる橋を捜したりした。

山内一豊の像が何処にあるのか分からなかったのですが、時間が押してきたので、見つけられないまま、城を出る。
すると城を出てすぐの所に一豊の像を発見。
見つけられて良かったです。
一豊の像の下で、将棋を打っているお爺さん達がいました。
定年後の楽しみで、こうして木陰で将棋を打つというのは、家の外に出るし、頭を使うから呆け防止にもなり、とても良い事だと思いました。

その後、追手門から外に出て、50mほど直進すると、山内容堂の誕生地の碑がある。
山内容堂は土佐藩の最後の藩主。
酒ばかり飲んでいるが、頭は切れる人だったらしい。
気まぐれで、酒と詩を愛する人である。
誕生地はお城の隣と言っても良いくらいの距離なのですが、石碑を見に来る人はいないらしい。
石碑を見て喜ぶのですから、僕はマニアックな観光客ですよね。

そこから150mほど東に進むと吉田東洋の暗殺された場所の碑が建つ。
吉田東洋は、藩主山内容堂によって土佐藩の参政に抜擢される。
後藤象二郎や乾退助(のちの板垣退助)、岩崎弥太郎などの若手藩士に教授する・・・はずだったんだけど、石碑が無い。
予習の為、グーグルストリートビューでこの場所を見た時は、石碑を確認できたのに・・・・
どうやら現場一帯を大規模な工事をしているらしく、石碑は撤去されたそう。
張り紙が貼ってあり、石碑が撤去された事、その石碑は保存されている事、工事が終わったら、石碑を元の場所に戻す事などが書かれていた。
この場所で暗殺事件が起こり命を落としたのか・・・と思いを馳せるのが石碑巡りの醍醐味なので、石碑の有無はあまり関係ないのかも。

その後、100m程、お城に戻るように進み、武市半平太(または武市瑞山)の投獄されていた牢獄跡および武市半平太の切腹した場所の碑を見た。
武市半平太は、土佐勤王党の盟主。
坂本龍馬とは遠縁にあたる。
吉田東洋の暗殺指令を出したのが、半平太である。
後にその事が山内容堂の怒りに触れ、投獄され、切腹する。

全てがお城からすぐの場所で起こっていて、その位置関係を知ると、歴史が躍動感をもって動き出します。
歴史は面白い。

この日は日中27℃になり、夏日。
石碑巡りは、ジリジリと照りつける光を、直で受けるので、最初から疲れてしまった。
この後、あちこち歩く事になるのですが、果たして完遂できるだろうか?
心配になってきました。

明日は、注目の食事処で、鰹の塩たたきをいただきます。
お楽しみに。

2013年5月26日 (日)

ブブ彦日記 尻尾ハゲ、堂々としていこう

20130529今日の一枚はブブ彦先生の生き様“背中”の写真です。
今まで隠していたわけではないのですが、ブブ彦の尻尾の毛は全て抜けてしまいました。

ブブ彦がひっくり返って、尻尾を床に擦り付ける(背中が痒いのか?)たり、オムツをはかせる時に尻尾の部分に強くオムツが当たる事で、毛が抜けてしまいました。

病院の先生の話のよると、皮膚が変質してしまっていて、今後毛が生えるのは難しいとの事。

別段、困ることも無いのですが、散歩ですれ違う犬好きの人達と会話をする際に、ちょっとだけ恥ずかしいです。
何人もの人と会話して分かった事ですが、フレンチブルを初めて目にする人は、大きな耳よりも、鼻ペチャよりも、いかつい肩幅よりも、尻尾が短い事に目が行くようです。
良く、「この尻尾は生まれつきなのか?切ってるのか?」と聞かれます。
それが僕には分からない。
多分切ってる!?。
でも、可哀想な事を、本当にやっているのだろうか?

ブブ彦先生は、ハゲシッポを何も恥じることなく、ありのままの姿で堂々としています。
見習おうと思います。

2013年5月25日 (土)

僕と うつ病、闘病記 遺書を読み返してみて

パソコン内に遺書を書き、僕が死んだときはその遺書をブログで公開するようにするつもりでした。
遺書はもう書いてあって、後は公開するだけという状態になっています。
そこまでするくらいだから、当時は病状が悪かったんでしょう。
半年振りくらいに、その遺書を読み返してみました。

病んでる。
病んでやがる。
もう死に向ってまっしぐらって感じ。
何もそこまで思いつめる必要は無いのになぁと、今なら思えます。
自分で書いたのは間違いないのに、他人が書いているかのような印象。
死にとりつかれた別人格ですね、もう。

今は病状がとても落ち着いているので、冷静に自分を見られます。
とりあえず、書いた遺書は公開されないように設定しました。
パソコン内に遺書は残っていますが、この遺書の出番は無いでしょう。
そう思いたいです。

遺書を書いている時は、この波は乗り越えられないと思っていたんですよね。
でも、その波を乗り越えて振り返ってみると、何てことない小さな波だったと分かります。
もうダメだ、もう限界だ。 そう思っても、なんとかなってしまう物なんですよね。

美味しい物をもっと食べたいですし、甘い物ももっと食べたい。
そう考えたら、死ぬなんてできるわけ無いです。
また頑張りますね。

2013年5月24日 (金)

あぁ、食い道楽 ラー油と塩麹、ブーム去りし今こそ・・

そう言えば・・・
食べるラー油って流行りましたよね。
2009年頃の話です。

辛そうで辛くない少し辛いラー油ってヤツがありました。
食べるラー油の“元祖でありそうで元祖でない少し元祖なラー油”である。
あれってもう普通に買えるんですよね?
スーパーに行かないから何とも言えませんが・・・
あれ、未だに食べてないんだけどなぁ。
ブームは過ぎ去り、逆にもう置いてないなんて事になってたりして・・・

世間は、そんな事を知ってか知らずか、次なるブーム、塩麹に。
塩麹は売り切れって事にはなってないと思うけど、やはり未だに食べてません。

ラー油と塩麹の共通点は、今までの食事が、ちょっと楽しくなる事。
一家に一瓶あってもいい商品です。
でも裏を返せば、無くても死なない商品。

新しい商品好き、そして食い道楽などという名前のカテゴリーを作ってあ~だこ~だ言っている僕は、買わないといけないんだろうなぁ。
反省したようで反省していない、少し反省した まさ爺であった。
買いに行ったようで買いに行ってない少し買いに(以下省略w)

2013年5月23日 (木)

髪なんて伸びなければいいのに

僕の髪は肩よりも下くらいの長さがあります。
茨城の栗原類と呼ばれているらしいです。
山下達郎だって? そうなのか・・・

正直言って僕は髪型に疎いです。
髪の毛が伸びないならば、どれだけ楽かと思ってます。
定期的に美容室に行かないといけない事が面倒でしょうがない。

髪を洗うのも面倒(坊主に比べてですがw)。
乾かすのも面倒(坊主に比べてですがw)。
縛るのも面倒(坊主は縛れませんがw)。

もう坊主にしたい。
でも坊主が似合う人は、共通して、イケメンである。
よって僕は坊主が似合わない。

度々僕の容姿について書く事がありますが、僕に似合う髪形は無し!
どうせ何も似合わないなら、奇をてらってやろうという考えになってるだけです。
ヤケになっている と言っても良いでしょう。

でも、もうそろそろ髪を切る時期かもしれません。
長髪よ、さらば!?

でも切るにしても、美容室に電話しないといけないから、なかなかできなかったりします。
ホント髪なんて伸びなければ良いのに。

2013年5月22日 (水)

ブブ彦日記 ウヘヘ顔、可愛いわねぇ

20130522フレンチブルドッグは、鼻ペチャである。
鼻ペチャ犬は、暑くて舌を出すと、笑っているように見える。
本人は、暑くてたまらないのに、「可愛いわねぇ」などと声をかけられる(笑)
本人はしんどいのだろうけどねぇ。
梅雨に入って、それが明けたら、夏がやって来ます。
散歩はしんどい季節になります。
犬もそうだけど、ボス(まさ爺)も、暑いのは嫌みたいです。

ブブ彦の膀胱炎ですが、完治?したっぽい。
血尿も、尿の中に菌も見当たらなかったのです。
ただし、結石が見つかったそうです。
ステロイドはオシッコを増やすって言っていたかな。 利尿作用があるらしく、このままステロイドを飲ませる事になりました。
痒みを鎮めてくれるし、一石二鳥です。
ブブ彦には今後もステロイドが必要かもしれませんと先生が言ってました。
体をかきすぎて、血が出てしまう事もあったブブ彦。
全てが上手く行くとは思ってないけれど、ブブ彦の苦痛が少しでも少なくなれば と思います。
オシッコの仕方が変だったりすると、結石が原因で痛がっている可能性があるので、そうしたらすぐに病院に来てくださいと言われました。

常に何かをわずらってるよなぁ、ブブ彦は。
今回はフィラリアの薬を購入した事もあり、治療費が1万8千円・・・・・
2週前は6千円でした。
そろそろ餌を買ってこないといけないのですが、2袋で7千円。
ペットホテルは1万5千円。
夏には狂犬病予防注射でまた出費。
ペットは金がかかる。
きびし~

ブブ彦の健康には代えられないけどねぇ。

2013年5月21日 (火)

次々と会場を変える行為、あれって何?

酒を飲みに行ったりすると、「2件目行くぞ~」ってなりますよね。
あれって何なんでしょうか?

結婚式などで2次会をやるのは良いですよね。
式場から出て、友人達と別の場所で飲みなおす。
これは分かります。
でもその2次会ですら、終わりにして、「3次会行くぞ~」ってなるじゃないですか。
そうなると意味が分かりません。
僕は、飲み食いしたら、もう動きたくないです。
その場に留まって、まどろんでいたいタチ。

次々会場を変える意味って何なんでしょうか?
その店に置いてあるぶどう酒を全部飲み干してしまったから、という事ではあるまい。
会場を2時間とか3時間とかで借りているから、時間が無くなってしまって、次の場所が必要なのかな?

もう2次会だけで終わりにしても、良いと僕は思うんですよね。
ダメですか?
もっと盛り上がりたいのかな?
もっと飲みたいのかな?
もっと弾けたいのかな?

ひねくれた物の考え方をすると、仲が良い話が合う人だけで集まりたいような気もします。
その為に、場所を変えて、声をかけたりかけなかったりして、人をふるいにかける。
違う? でもちょっとそういう側面もあるでしょ?
とても、ひねくれた考え方ですか・・・

僕は人付き合いが苦手だから、2次会に出るだけでも、かなり気疲れしてしまいます。
2次会に参加している段階で、かなりの勇気を振り絞って参加しているのです。
そんな僕を2次会、3次会に誘ってくれるのは、とてもありがたい事でもあり、同時に迷惑な事でもあります。
迷惑って言ったらいけないよね・・・
困った事 という言い方に変えましょうかね。
でも、迷惑と言わざるを得ない程、追い込まれるし、ストレスも相当にかかる。
ありがたい事なのは分かって言ってるんですけどね。

「悪い。 僕はもう帰るわ」って言って周るのも、かなり気疲れするんだよね。
「じゃぁ、ここで今日は終わり」って宣言してくれるリーダーっていないよね。
1次会だけでも、かなりの覚悟で参加しているだけに、、2次会なんてもってのほか。
3次会に参加する頃には、屍になってますて。

お酒の席って、何かと面倒だ。
家のみで家飲み。 これが気楽で美味しく一番良いのかもしれない。

2013年5月20日 (月)

あぁ、食い道楽 矛盾した うどん店を探せ

蕎麦かうどんかと言ったら、うどんな僕であります。
どちらも食べ歩くほど歩いてないけれど、蕎麦はハズレに当たると本当にガッカリな味。
うどんは大ハズレが無いなぁという印象。
だからというか、つまりというか、うどんなのである。

さて、四国岡山旅行に行こうとしているわけですが、香川にも立ち寄ります。
もちろんうどんを食べる為である。
3軒は食べ歩きしたいと思うけど、時間の関係で1軒しか行く事ができません。
残念じゃ。
無念じゃぁ。

そうなると何処に行くか。
恐らく生涯一度の香川県になるでしょうから、ハズレを引くわけにはいかない。
名店と言われる店は、100人以上並ぶような店ばかり。
しかも、売切れ次第、お昼の段階で即閉店という店がほとんど。
スケジュールの関係で、14時頃に香川に入るので、開店前に並ぶ事ができません。
そうなると、玉切れ(玉切れと言うらしい)で閉店という最悪のパターンが。

混まずに入れるような、あまり人気が無いような穴場の店で、けれども味は美味しいという矛盾した店を探さねばなりません。
果たして良い店は見つかるのか?


##########
明日から、四国、岡山旅行に行ってきますね。
旅行中でもブログは通常通りの0時ジャストに更新します。
前もって旅行に行ってる間のネタを仕込んでおいたやり方なので、自動で更新はするけど、僕からはコメントが書き込めません。
旅行から帰ってこないと書けないと思います。
みなさんはいつもどおりコメントしてもらって構いませんよ~
また、スパムコメントに認識されてしまったコメントを公開するのも、旅行から帰ってきてからとなりますので、気長にお待ち下され。
コメントの返信が無くても、僕は無事なので、心配はいりませんぞ。

では行ってまいるぅ~
帰ってきたら、うどんがどうなったか?、何処のうどん店に行ったのか? などUPしますね。
お楽しみに。

数日家を空けるので、冷蔵庫の中も空っぽです。
今日は食べる物が無いので、素麺です。
明日はラーメンかな。
本場香川のうどん、楽しみっす。

2013年5月19日 (日)

爺の小遣い倍増計画 ミュージックセキュリティーズでお楽しみ

2年ぶりの更新の“爺の小遣い倍増計画”です。
株から手を引いた と言えばカッコイイのですが、コテンパンにやられて、もうやらない、もうやれない、もうコリゴリ と言った所でしょうか。
懲りずに株の話なんですが、まぁ読んでみてください。

ミュージックセキュリティーズという会社をご存知だろうか?
カンブリア宮殿で取り上げられていて、僕はそこで初めてこの会社を知りました。
投資を仲介する会社なのだが、これが面白い。
上場しているような大きな会社ではなく、個人商店などの小さな店や、東日本大震災での被災地の企業の復活をバックアップするため、投資を募るという物。
投資額も1万円からという手が届く範囲の所が多い。

四季報などでデータを分析して、見えない投資先に投資するという事が無く、生産者達の顔が見え、何をやりたくて投資を募るのか?という事もはっきりしている。
お店を持ちたい、数年寝かせる必要がある酒を作ってみたい、新規事業を始めたい、など頑張っている企業ばかりが並ぶ。
まさに「自分がこの会社を応援する」という言葉がぴったりだ。

また、株を買い占める事もできない様になっていて、買える口数に制限がある。
一口1万円からの投資なので、本当にお小遣いを投資に回してみるという感覚だ。

ミュージックセキュリティーズというう変わった名前だが、CDを自主制作する資金を投資してもらう事から始まった会社だかららしい。

投資ですから、お金が必ず返ってくるとは言えません。
しかし、ミュージックセキュリティーズの投資先は、厳選な審査を通ったものです。
運営が上手く行っている企業が条件になっていて、8割の投資先が、プラスで終わっているらしく、一口の購入額が少ない事も合わせて、リスクは小さい。

TVで取り上げられていたのは、広島の砂谷(さごたに)牛乳。
低音殺菌にこだわり、濃厚な牛乳にしているらしく、地元では有名らしい。
ただ低音殺菌のため日持ちがせず、近隣の地域にしか牛乳が行き渡らないという。
今後は、ヨーグルトを製造するようにして、販路を拡大したいという事だった。
厳選な審査の上、この砂谷牛乳は審査を通過。
今後、申し込みが開始されるらしい。
TVで放送された事、地元では地位が確立している事などから、このファンドは手堅く成功する事でしょう。
あっという間にこのファンドは売り切れるでしょうね。

そうそう、1口1万円からという事、買える数に限りがある事。の他にもう1つありました。
企業が必要な金額が集まったら、その株はもう買えないという事です。
やりたい事の為に必要なお金を集める株なので、お金の使い道がはっきりしているのが健全で素晴らしい。

株を買うと物がもらえるファンドが多く、色々と楽しめそう。
お金儲けというより、企業を応援したい。そして何かが送られてくる事を楽しむ感じなのでしょう。

とりあえず砂谷牛乳を買ってみるつもりです。
あっという間に売り切れてしまうかもしれないので、毎日チェックしています。
ヨーグルトでも送られてくるかな?

楽しみが増えました。

東日本大震災の被災地の投資先(ファンド)は、半額投資、半額寄付という面白い取り組みで、復興と投資を同時にやるというから面白い。
石巻のたらこ、明太子のファンドが気になる。
復興から立ち上がってくれて、なおかつこちらもたらこが食べられたら最高じゃないですか。
被災地に何もしてやれる事が無い自分。
これを堺に、被災地に投資するかもしれません。

何か進展があったら、また書きます。

2013年5月18日 (土)

あぁ、食い道楽 30年居座る中華鍋

揚げ物用の鍋を購入しました。
3000円程でしょうか。
今まで揚げ物で使っていたのは、中華鍋。
子供の頃から我が家の揚げ物は中華鍋で揚げていて、炒め物などで、この鍋を使う事はない。
何故炒め物で中華鍋を使わないのか分からない。
揚げ物に使っている理由も分からない。

中華鍋で揚げ物をやるとどうなるか?
中華鍋は底が曲線なので、天ぷらを大量に揚げると、天ぷら同士がくっついてしまう。
エビフライなどを揚げると、底の曲線に合わせてフライが曲がってしまう。
春巻きなどを揚げても曲がってしまうので、中華鍋で揚げ物をするのは不便だなぁと30年思っていた。

今回買った揚げ物用の鍋は、普通の鍋の形ではあるけれど、口が広くなっていて、底までがやや浅い。
母が言うには、この鍋は素晴らしく、買って大正解だったという。
なんで今まで揚げ物用の鍋を買わなかったのか謎である。
多分、中華鍋は重いから、炒め物には使えず、かと言って捨てるわけにもいかないから、揚げ物にでも使ってみるか、という事だったのだろう。

3000円出すのを渋っていた?母ではありますが、鍋ばかり増えてしまっても置き場に困るという事でもあったのでしょう。
小さな家ですからね。

僕と言えば、美味しい物が出てくるならば、鍋は何でも良いのです。
揚げ物鍋万歳!

2013年5月17日 (金)

判断ミスか!? コタツを終いました

コタツを片付けました。
寒がりが僕にしたら結構な決断。

今現在、茨城は日中20℃~25℃くらいの気温です。
コタツはいりません。

っと思って片付けてしまったのだけど・・・・
コタツが無いと寒いのなんの。
古の日本じゃないですが、「暗くなったから寝る」っていう気持ちが分かりました。
「寒いので寝る」
黒豚ちゃんも寒いようで、いつものアレが無いじゃん って顔で、僕の顔を覗き込みます。

すまぬ、豚犬よ。
ちょっと判断ミスしてしまったようだ。
梅雨が明けるまで、しまうべきじゃなかったのかなぁ・・・
ブブ彦とくっついて眠るとします。

なんでも忘れてしまう僕。
去年のコタツをしまった時期など覚えているわけもなく、闇雲にコタツを片付けてしまったという形であります。

5月って寒い・・・・

2013年5月16日 (木)

あぁ、食い道楽 肉料理が出ない我が家、皆歳か・・・

食事を作る時、今日はこの豪華なメニューで行くって時と、その翌日あたりに、残った物を消費する日という物が存在します。
カレーライスのように、残ってもらった方が、より美味しく食べられるという物もありますが、普通、残り物はノコリモノです。
また食べるの? とか まだあるの? とか まだ出てくるか みたいな3~4日出てくるツワモノもいて、そんな感想になりがちです。

今日のメインと、残り物数品というパターンになれば、まだ良いのですが、たまに、全部残り物という日もあります。
その日はなんだか気分がゲンナリしてしまいます。
肉どころか魚すら無く、野菜の煮物ばかりが並ぶような日が、これに当たります。

母もわざとそうしている訳ではないし、買い物に行ける日とのローテーションの兼ね合いでこうなっているのは分からないではないので、文句は言えません。

弟が友人に、
「我が家は肉料理が並ばない」
と言ってあり、我が家に遊びに来た、その友人が、野菜炒めの中にある肉を見て一言
「肉出てるじゃん」
と言い、弟が、
「野菜炒めは肉料理じゃねぇ」
と言ったという伝説のやり取りがあるのですが、我が家は肉が出ない。

僕はもう70歳になりますから、肉料理をそんなに必要となりませんが、子供の頃は僕も肉が食べたくて食べたくてねぇ。
○○肉が食べたいというリクエストみたいな事はないのですが、とにかく 肉、肉、肉。
肉が出ればそれでヨシというような風潮があり、困ったものでした。

歳とっても肉は食べた方が良いそうです。
肉を食べないと力が出ないそうです。
っと書いて、自分の肉食欲(肉欲と書くとマズイw)を正当化する僕であります。
プゥ~太郎が、出てくる食事にとやかく言えません。
出てきて物は有り難く、全て平らげます。
今夜も酒が旨い!

2013年5月15日 (水)

シネマごしっぷ スターツアーズリニューアル、早く乗らねば!

ディズニーランドのスターツアーズが、スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニューとなり、リニューアルオープンしましたね。
1週間ほど経過し、口コミも上がってくるようになりました。
どれも高評価ですね。

スターウォーズ大好き爺さんとしては、是非乗りたい、早く乗りたい、さぁ乗りたい。

しかしちょっと待てよ。
ディズニーランド、何年行ってないんだ?
十数年行ってない。
そして、一緒に行く人がいないというね。
野郎友達と行くわけないし、子供がいるわけでもないしなぁ。

今回のスターツアーズは、コースが50通りあり、乗る度に違ったコースを体験する事ができるので、一人でディズニーランドに行って、一人で何回も乗り続けるって作戦もありか・・・
否、無しだよね。
寂しすぎるだろ。
でもネットを見ると1日3回のった人もいるようで、考える事は同じだなぁ。
実行する所が凄いね。

スターウォーズ好きが集まるサークルのような物に参加している人は、野郎同士で行くって企画が上がっているのかも。
多分そういう人は初日のオープンに時に行って、コスプレしてたりするんだろうけど。

オビ=ワンのコスプレしている人の写真を見たけど、超かっこいい。
僕もなれる物ならオビ=ワンになりたい。
推定70歳のまさ爺がコスプレするなら若オビ=ワンじゃなくて、老オビ=ワンの方だろうけど(笑)

誰か一緒にディズニーランドに行ってくれまいか。
誰もいねぇ~(涙)

2013年5月14日 (火)

あぁ、食い道楽 セブンイレブン 鰻のおにぎり

うな重が大好きな僕。
東京にいた時代、土用の丑の日にブンブンのうな重を買うために貯金を崩したという行動が、後輩にばれて、笑い話にされた事があります。
3000円くらい下ろしたはずですが、どうしても食べたかったのです。
ランチに出かけられるような暇も無いし、夜も遅くまで働きましたから、鰻屋さんに行く事は無理。
それでも鰻が諦め切れなくて、コンビニのお弁当を買った という事なのです。
一年中売っていてくれれば、慌てて貯金を下ろしに銀行まで行かなくて済むのに。

そんな感じで、昔からブンブンとの付き合いは続いているわけですが、ブンブンで今、鰻のおにぎりが出てます。
これは食べねばなるまい。

値段も紹介しなければと思って、ネット探したんだけど、公式HPに載ってない。
人気が無くて販売中止になっちゃったかな?
定番所品になってくれれば、一年中鰻が食べられる。
今後の展開を観察しようと思います。

さて、肝心の味ですが、鰻の味がしないのです。
多分、鰻のタレの味がしないって事なのだと思います。
鰻の身の味は、元々そんなに無いのかな?
うな重ってタレがかかった、ご飯が美味しいじゃないですか。
うな重を期待して食べると肩透かしを食らう事でしょう。

鰻風おにぎり。
鰻も入ってるよおにぎり。
鰻は控え目な性格だよおにぎり。
そんな感じです。
頑張れ鰻おにぎり。

2013年5月13日 (月)

僕と うつ病、闘病記 睡眠薬が効き過ぎる!?

「夜、横になったまま明け方まで眠れない、それが辛い」と先生に言った所、強い睡眠薬に変えてもらうことができました。
でもこの処方された薬が問題あり。
強すぎるのかなぁ?
朝起きられないのです。

肝心の眠れるか?という事ですが、眠れます。
横になって15分もあれば寝付けるでしょう。
眠りの質も良く、ぐっすりと眠れます。
ただ朝が起きられない。
起きても瞼が重くて、目を開けていられなかったり、ふらついて転倒しそうになったりと、薬の影響が起きても続いているような感じ。

睡眠薬は初心者なので、分からないのですが、 よく眠れる薬=朝起きられない って事なのかなぁ?
先生に聞いてみたいと思います。

あぁ、睡眠薬って分からない。
睡眠薬を飲んでいる人。
上手な付き合い方。
飲むタイミング。
オススメの薬など 何かアドバイスがあったらお願いします。

2013年5月12日 (日)

ブブ彦日記 猫闘争、ここに完結

20130512猫に取り囲まれて、ブブ彦が襲われたと書きました。
公共の道路なのに何故に自分だけ違う道を通らないといけないのか?と思い、あれからも意識して同じ散歩道を歩いているのですが、猫の方が逃げるようになりました。
ブブ彦が何か変わったという事はありません。
いつもの緩みきった顔の黒子豚であります。
一方で、猫達の団結が無くなったように感じます。
以前なら、猫3匹がジェットストリームアタック(分からない人はスルーしてねw)を繰り出してきて、きゃい~んと悲鳴をあげたブブ彦。
その猫達に何があったのか?
いたとしても1匹だけというパターンがほとんどです。

ちょくちょく会うのですが、こちらに向ってくるような好戦的な猫はいなくなりました。
どっちが強いかとか、ここはどちらの土地か、とかいう事を抜きにして、喧嘩はしないで、話がついた形。
話と言っても犬と猫ですから、話なんて出来ませんが・・・。

猫軍団との死闘は、ここに終焉を迎えたようです。
とか言って続編が出たりするのが、世の常なんですけどね。

写真は、ブルンブルンをした時のブブ彦先生を、正面から受け止めた一枚。
ニブニブ肉がややピンボケしています。
恐るべきサイクロンニブニブの威力(笑)

2013年5月11日 (土)

あぁ、食い道楽 金の食パン、大人気との情報、食べたい

ブンブンのプライベートブランドから販売されている「金の食パン」。
人気が出すぎて、店頭で見かける事が無い、幻のパンである。

しっとり、もっちりとした食感の甘味のある食パン。
スペシャルブレンドの小麦粉に北海道産生クリーム、北海道産甜菜糖、カナダ産はちみつ、赤穂の天日塩を加えてしっかりとこねた後、じっくりと発酵し、丁寧に焼き上げました。
と公式HPに載っている。

4月16日の発売から2週間で65万個を突破。
大人気だそう。

価格は1斤6枚入が250円。
ハーフ厚切り2枚入は125円となる。

強気の価格設定と、金の食パンというインパクトの強い名前。
そして何より、旨いという事。
ブンブン、やりおるわい。
ブンブンに行ってしまうと、色々と買ってしまうわけですが、金の食パンが置かれているかをチェックするようにしますね。
食べたら、すぐに感想UPします。
食べたい・・・・

スイーツコーナー、パンコーナー、チョコレートコーナーをチェックしなければならず、なかなかの忙しさw。
プチ過食をしてしまって、ここ2週間ほどブンブンに行かないようにしているけど、そろそろ何かを食べたい・・・・・
あぁ、ブンブンに行きたい、行きたいよぉ~

2013年5月10日 (金)

ダイエット奮闘記(プチ) 飴が必要なのだ

甘い物を過食と言えるほど?食べてしまい、大リバウンドしてしまった僕ではあります。
いい加減にこの食生活はやめないといけないでしょう。

痩せたいけれど、甘い物は食べたい。
何か良い方法は無いかと考えたのですが、「飴を舐める」っていうのはどうでしょうかね。
甘いし、しばらく口の中に残ります。
とろりんシュークリームや濃厚フロマージュほどカロリーもありません。
口寂しい時に、飴は都合が良い物のような気がします。

その飴さえ舐めない方がいいんだけど という突っ込みは分かっています。
禁煙したい人にニコチンパッチを貼るような事だと思ってください。
飴が必要なんです。

旅行に行く前に数キロ痩せたいなぁ。
旅行もうすぐやん。
無理か・・・・

記念写真を撮って、僕のお腹がポッコリしている証拠写真が残ってしまうのは、恥ずかしいんだよぅ。

この際だ、運動もするようにするか・・・
時間が無い。

体重、体脂肪率、共に未測定。
今の自分が分からない恐怖。
それ以上に怖い体重計に乗る恐怖。
ひぃぃぃぃ。

旅行までになんとかします。

2013年5月 9日 (木)

ネズミ、捕まえてしまった

Pちゃんがネズミ捕りを仕掛けたそうです。
なんと、仕掛けて15分程で、ネズミはかかってしまったそうです。
ネズミが好きなピーナッツの香りがするその罠は、効果抜群だったようです。
その後そのネズミをどうしたの? とは聞けませんでしたが、そのままゴミとして捨てられるのかな・・・
可哀想なネズミです。
ネズミが1匹とは限らないので、またネズミ捕りを仕掛けたそうです。
もうかからないでほしいです。

すると今度は、かなへびがかかってしまいました。
取って助けてやる事はできないほど、ベトベトになっているし、もう意識も無いような感じです。
可哀想な事をしました。

あと数日仕掛けを設置しておいて、それでネズミがかからなければ、仕掛けは取り払うそうです。
もう何も殺したくありません。

あと数日、何もかからないで!!
ほんと、殺生はしたくないんですよね。

スズメは餌にありつけて、ネズミはいけないという、理由が分かりません。
ネズミだって精一杯生きているのですから、敬意を払うべきだと思います。
逃げろぉ~ ネズミ~

2013年5月 8日 (水)

あぁ、食い道楽 居酒屋に行ってみたい

僕は酒に弱いので、さほど飲めないし、外出しないので、まず行かないのだけど・・・
居酒屋に行ってみたいなぁ。
1~2回しか行った事がないんですよ。

田舎なので、車が無いと何処にも行けないような土地。
でも飲酒運転をするわけにはいかない。
かといって、誰かに乗せってってと図々しくも言えないし、運転代行を頼むのはお金がかかる。
そこまでして酒が飲みたいわけじゃないけれど、家で飲むのは大好きなので、きっと居酒屋に行けたら楽しいと思うんですよね。

居酒屋って、ちょっとずつの物が多種類あるじゃないですか。
食べる事が好きなので、何食べようかと悩むのは楽しいだろうな。

仕事何してるの? とか聞いてくる人がいなければ、一緒に飲んでもいいんだけどなぁ。
気心が知れた仲なら、行ってみたい。

自転車で通える程の距離に居酒屋は無いのだろうか?
自転車でも飲酒運転になるんだけどねぇ。

徒歩で行ける範囲に居酒屋は・・・無いよねぇ。
茨城をどんだけ田舎だと思ってんだ。
何もねぇ。ちげぇねぇ。

居酒屋で出てくるモツ煮込みとか食べたいじゃないですか。
日本酒をチビリチビリとやりながら、食べるモツは旨いんだろうなぁ。
家飲みで我慢するしかないか・・・

今は北海道のお酒、国稀(くにまれ)を飲んでいます。
爽やかな香りと、さらりとした味と、甘い後味で、なかなかの美味しさである。

うい~、酒が飲みたいぜ。
オチョコ1杯で赤くなり、2杯で倒れるほどの、打たれ弱さでありますが、夕飯時の一杯が毎日の楽しみ。
お酒とは上手に付き合えば、人生も豊かになります。
美味しい日本酒が飲みたいなぁ。
次は何処の酒を買おう!?

2013年5月 7日 (火)

僕と うつ病、闘病記 引き篭もりの祝日

引き篭もりには、休日や祝日という物がありませんから、つい忘れてしまいがちですが、世間はゴールデンウィークでした。
しかし全く予定がありませんでした。
それを嘆いているわけじゃぁありません。
何処に行っても渋滞、行列、トイレは何処?っていう混乱の中、わざわざ出かける必要性が無かったのです。
出かけるのはゴールデンウィークが終わってからで良いかなと思って。

でもそれって負け犬の言い訳なのかも。
誰とも会わず、外出と言えばブブ彦の散歩のみ。
お前は犬としか心を通わせないのか?とお天道様に言われているような気もします。

人付き合いがもっと上手になりたい。
けれど、人と会うのは負担が大きい。
自分から友人を誘うような積極性は皆無。
こんな僕の事を、友人達はどう思っているのだろう。
友人とすら思ってないのかもね向こうは。
病気ですから って言うのも、逃げてるようで、ちょっと嫌になる時もある。
でも、友人達には僕の病気の事を知っといてもらった方が、僕自身が助かるんだろうな。

気遣ってくれるかもしれない。
同時に面倒くさがられるかもしれない。

こんな僕でも誘ってくれる人を大切にしよう。
そういう人こそ本当の友人なのだから。

2013年5月 6日 (月)

引っこ抜け奥歯

昔むかし、奥歯の虫歯を治療し、詰め物をしたのですが、それから20年以上が経過し、詰めた物が取れてしまいました。
クレーターのようにぽっかりと中心に穴が開いていましたが、痛みがあるわけでもないので、放置。
歯医者に行くのが面倒なだけです。

それが今日、舌で奥歯を触ったら、いつもと様子が違う。
もう一度舌で確認してみたら、さっきと歯の形が違うではないか。
どうやら固いものを食べた時に、歯が折れ、歯茎にだけくっついている状態らしい。
歯の全てが折れたのではなく、穴を形成している一部の壁(歯)が折れたらしい。

指を口の中に突っ込み、歯を触ってみると、グラグラと動く。
やはり顎の骨とはくっついてなく、歯茎とだけで繋がっているようだ。
引っ張ってみたが、これが取れない。
ここは気合が必要だ。
深呼吸し、カツを入れて、腕を口の中に突っ込む。
折れた歯を掴み、力任せに引っ張る、が、取れない。
歯をネジって、違う方向から引っ張ると、なんとか取れた。

結構痛かったが、思ったほどでもなかった。
歯は数分眺めていたけれど、何の役にも立たないので、ゴミ箱に捨てた。

いつこの歯が折れたのか?さっぱり分からないが、硬い物を食べる時は注意が必要だね。
かりんとう とか 芋けんぴ とかね。
残った部分も折れたりしたら大変ですから。

歯は大事ですよね。
歯医者には行かないけれどね。

2013年5月 5日 (日)

ブブ彦日記 拾い食いはやめられない

20130505あ、今何か拾い食いした! と分かる時があります。
何やら下を向いたと思ったら、口を動かし、ぺロリと舌を出す。
散歩中だったら、前足が浮き上がる程リードを引っ張り、口に入れる前にやめさせるのですが、家の中にいる時はリードが無いですから、食べる直前にやめさせる事はできません。

葱を刻む時は、特に注意が必要で、絶対にまな板から落ちないように切ります。
玉葱もしかり。

ブブ彦先生は、信玄餅の黒蜜の容器を食べた前科もあり、油断なりません。
この親の食い意地あっての、この子供って感じですかねぇ。

最近は写真のように“うへへ顔”が増えました。
春なんですね。

2013年5月 4日 (土)

僕と うつ病、闘病記 恐怖の同窓会、不参加で

とうとう届いてしまった。
中学時代の同窓会のお知らせが。
不参加という事にしようと思います。

参加すれば、一度は切れた友人達との繋がりが戻ることでしょう。
そうすれば、外出する事も増え、いいリハビリになる。
友達はほとんどいないし、これはチャンスでもあります。
良い所だけを見ればですけどね。

悪い所。
それは、当然自分がうつ病だという事である。
仕事何やってんの?って会う人会う人に必ず聞かれる。
嘘はつきたくないし、正直に無職を10年やっているというのも言いたくない。
会いたくない人はいないけれど、僕の“今”を聞いてくる人は会う人全員なわけで、全員と会いたくないという見方もできる。

何か仕事に就いたら、同窓会に参加できるようになるのかな?

そして僕はいい加減というか、ある種の素質といいますか、何でも忘れてしまうんですよね。
中学の時のクラスメイトの名前もほぼ全員思い出せないし、部活動で一緒だった人の名前も思い出せないし、自分が何クラスだったかも覚えてません。
担任の先生の名前も忘れたなぁ。

この人誰だっけ?という事は、友人の結婚式でもあって、思い出せないのに会話を続けるという事が、すごく罪悪感になるんだよね。

参加しないのが無難なのだ。
参加すると、また病気が悪化するし。
参加しない事で自分を責めないようにしないとね。
今までのパターンだと僕は自分を責める事になるからさ。

よし!。
不参加と書いて、ハガキを出してこよう!!
ハガキに不参加と書くだけでも何時間もかかり、ポストに出しいにいくまでも数日かかり、こんなんじゃ、同窓会なんて出てられないよね。

不参加の自分を責めないっ!
参加しない事も治療の一環だ。
気にしないでいこ~
でも、わざわざ誘ってくれたのに、行かないという罪悪感が・・・・
考えるな、考えるな。
今の自分では参加は無理。
緊張やらストレスやらで、寝込む事を考えれば、行かない事は当然。
同窓会が開かれる事も忘れてしまいたいが、そんなに都合よく忘れられないというね。
無心になりたいです。

2013年5月 3日 (金)

デジ物コバナシ D社からiPhoneがついに出る!?

ドコモから、いよいよついにやっとこさiPhoneが発売されるという噂が広がっています。
あくまで噂ではあるのですが・・・
毎年のように、ドコモから出るって噂が広がるのですが、それだけ期待値が大きいのでしょう。
僕は今だに緑色したガラケーを使っているので、スマホには詳しくないのですが、iPhoneが出たら、買ってしまうかもしれません。
それくらいのインパクトはあるでしょう。

月々の料金が高いのがネックなんだよなぁ。
今、月に2000円しか払ってない僕である。
電話代とパケット代全て合わせて2000と40円です。
その額でスマホは使えまい。

普段家にいる僕は、もしスマホがあったとしてもパソコンを使うでしょう。
ネットはPCの方が見やすいし、何もかもPCの方が使いやすいと思っている僕である。
スマホの良い所は、パソコンと同じ事が外出先でできるって事だと思う。
しかし、外出しないのだから、出先で調べ物をする事も無いし、メールをする事も無い。
無用なのである。

iPhoneが出て欲しいような、出て欲しくないような、引き篭もりのお兄さんは思うのでした。

で、本当に出るの?

2013年5月 2日 (木)

あぁ、食い道楽 カレー探求の道057 母の味、ジャワカレー

僕はカレーが大好きなので、全然構わないのですが、我が家は2週間に1度はカレーが出る。
カレーは2日目が美味しいからと大量に作り、2日目もカレーである。
3日目もカレーになる事すらある。

つまり14日の内、2~3日はカレーを食べている事になる。
食べ過ぎだろうか?
いいえ、旨いからいいのだ。

子供の頃から、子供用の甘口カレーは出なかったはず と以前書きましたが、母に確認したところ、やはり甘口カレーは一度も出さなかったというね。
カレーの英才教育ですよね(笑)

「息子よこれがカレーだ」という信念の元、カレーはこう有るべきという理想のカレーを作り続けた母。
お袋の味って何ですか?と言われると、これと言った物が出てこないが、カレーはダメでしょうかね?
だってお袋の味じゃなくて、ルーの味ですもんね。

それでも僕はカレーの味の記憶は残っていて、母の味=(ジャワカレー)だと思うんですよね。
母に感謝。

2013年5月 1日 (水)

僕と うつ病、闘病記 ろれつが回らない。原因は?

これは、病気になったからなのか?
それとも薬の副作用なのか?
はたまた元々の自分なのか? わからないのですが、ろれつが回りません。
とても大人しくて無口な人として大人になったので、あまり長いセリフをいう機会が、今までは無かったのです。

弟がいなくなった空白を埋めるかのように、今は昔よりも意識して喋るようにしたのですが、そうすると舌が上手く動かないのです。

もう少し、ゆっくり喋る とか 言う事を頭の中で一度整理してから口に出すといった事が必要なのかもしれない。

テレビで芸人さんに突然話を振られて、即興で面白い事を言う。
そういうのが理想なんだけど・・・理想が高すぎますか。
FNNスーパーニュースの永島キャスターがまた今日も噛んだよ、とか言えないよなぁ(笑)

昔とは違うんだから、もう少しゆっくり話そうと思います。
つい、昔の速さで話してしまいがち。
なんとか堪えてゆっくりゆっくりとね。

きゃりーぱみゅぱみゅ!! 言えないですなぁ。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »