« トラベル・レポート 吉備津神社、後楽園 | トップページ | ダイエット奮闘記(プチ) 俺はまだ本気出してないだけ »

2013年6月14日 (金)

トラベル・レポート&あぁ、食い道楽 夜寿司、ばら寿司定食

20130614旅行に来ているわけですが、ついに四国岡山篇最終回です。
最後の目的地は、夜寿司(よずし)田町本店です。
変わった名前ですが、ランチもやっています(笑)
ここで食べるのは、岡山の郷土料理、ばら寿司。
四国でも郷土料理を食べてきましたが、ここでもそれにならいます。

ばら寿司の歴史。
江戸時代、備前岡山の藩主が質素倹約を奨励し「食膳は一汁一菜にせよ」との倹約令を布告した。
やむなく庶民達は、沢山の魚や野菜を混ぜ込んだ寿司飯を「一菜」とし、体裁を「一汁一菜」としたのが発祥だそうで。
現在はお祭りや祝い事、来客の接待などにおける晴れの食として親しまれているそうな。

夜寿司に入ると、威勢の良い「ぃらっしゃい!」という声と共に席に案内されます。
お座敷とカウンターどちらにしますか?と聞かれたので、カウンターを選択。
調理の様子が見れるから、カウンターに座るの大好きなんですよね。
注文するは、ばら寿司。
だったんだけど、ばら寿司定食というのがおすすめだそうで、それを注文。
注文してからやや待ったでしょうか。
一向に料理が出てこない。
カウンター内の板さんは、テキパキと動いているんだけどなぁ。
と思ったら、出てきました、ばら寿司定食。
見てビックリ、すごい品数です。
こりゃ、出てくるまでに時間がかかるわけだ。
ばら寿司、お吸い物、刺身、天ぷら、煮物(3皿)、和え物、茶碗蒸しと凄い量です。
これで1600円というから安い。
2500円~3000円は取られる内容ですよコレ。
味も美味しく、それぞれ違った味が楽しめて、素晴らしかったです。
肝心のばら寿司ですが、散らし寿司ですね。
酢飯の上に錦糸卵が敷き詰めてあり、ままかり、海老、竹の子、蓮根、黒豆などが並んでいます。
このままかりを食べたくて、ばら寿司を頼んだようなものなので、大事に味わってままかりを食べます。
酢で〆てあって、コハダの寿司を想像してくれれば間違いないです。
一尾しか乗ってないのが、また切ない。
ばら寿司を頼んで、お腹に余裕があったら、ままかりの寿司を追加注文しようという作戦もあったのですが、苦しくて断念。
ままかり以外も美味しかったですよ。
美味しいんだけど、量が多くて苦しいです。
僕が小食なんでしょうか?

これで今回の旅行の目的地全てを回りました。
あとは空港に行って飛行機に乗るだけです。
っと思ったんだけど、時間が余ってしまい、空港で3時間も待つ事になってしまいました。
あと一箇所くらいは、見れたねぇという意見が出て、詰め込み旅行は最後までという教訓となるのでした。

お土産でうどんを買うのを忘れたとか、帰りの飛行機の席で ひとモンチャクあったとか、羽田に着いて空港内で迷子になったとか、後日談はあるのですが、いい加減にいつものあぜ道通信に戻れと言われそうなので、割愛させていただきます。

総括。
四国は見所満載で、3泊では回りきれない。
食べ物はどれも美味しく、塩たたきの旨さは強烈な印象を残す。
酒はさらりと辛い物が多く、好きな人にはたまらないでしょう。
石碑巡り、銅像巡りはやめられない(笑)
道後温泉に浸かり、しまなみ海道で風になったこの旅は最高でした。

四国旅行を検討している人がいたら、このレポートを参考にしてくれると嬉しいです。
参考にならない所ばかりを回っているのですが・・・(笑)

次にお邪魔するのは、あなたの街かもしれません って何かの決め台詞ですよね?
そんなフレーズを思い出したので、ここに書いておきます。
明日から通常営業に戻ります。
お楽しみに!

« トラベル・レポート 吉備津神社、後楽園 | トップページ | ダイエット奮闘記(プチ) 俺はまだ本気出してないだけ »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

トラベル・レポート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。