« トラベル・レポート&あぁ、食い道楽 高田屋 初の焼き鳥屋探訪 | トップページ | トラベル・レポート&あぁ、食い道楽 夜寿司、ばら寿司定食 »

2013年6月13日 (木)

トラベル・レポート 吉備津神社、後楽園

20130613四国岡山旅行に来ているわけですが、最終日です。
この日は飛行機で帰る時間が必要なので、午前中で観光は終わりです。
最終日は予定にゆとりがあって、のんびりと観光する事ができました。

最初の目的地は、吉備津神社。
本殿は入母屋造の屋根を前後に2つ並べた、吉備津造が見所。
この吉備津造は日本で唯一の様式で、国宝です。
国宝と聞くと、それだけで ありがたやありがたや となってしまう所が僕の悪い所か・・・
国宝はこれまでいくつか目にしてますが、やはり国宝は違う というオーラをビシビシ感じます。
この吉備津神社もしかり。
個性的は屋根に目が行きがちですが、デカイぞ吉備津、大きいぞ吉備津。
本殿の大きさは、京都の八坂神社につぐもので、出雲大社の2倍の大きさだそうで・・・デカイわけだ。
本殿と御釜殿をつなぐ長い歩廊も見所で、平地から小高い山の上にある本殿までをつなぐ廊下は綺麗な曲線美を見せている。
歩廊は400m近くあり、端まで行く事は無かったが、十分にその魅力を味わいました。
昔の歩廊は今よりもっと長かったらしい。

次なる目的地は、後楽園
岡山観光で一番最初に名前が挙がるのは、この庭園だろう。
日本三名園の1つである。
金沢の兼六園、水戸の偕楽園とあるわけですが、地元偕楽園だけ行ってないというね・・・
三名園を制覇したと言ってみたい気もするが、偕楽園に行ったツレの話だと、見るに値しないそうな。
なんでも、ただだだっ広い土地に梅が植えられているだけで、面白みに欠けるそうである。
とにかく後楽園である。
大きな池と、小高い丘、萱葺きの小さな建物、岡山城を借景にしていて、素晴らしい。
ミシュランで三ツ星を獲得しているのも頷ける。
順路という物があったらしいのだが、最初の地点を見失ったため、順路を逆走するようなコース取りになってしまった。
結果、人の後をズリズリ付いていく事にはならなかったので、良かったのかもしれない。
想像でしか分からない偕楽園と、行った事のある兼六園。
それに今回の後楽園を比べると、ぶっちぎりで後楽園が素晴らしかったです。
緑と空のコントラストが抜群でした。
ここは自信を持って人に薦められそうです。
岡山県は全くノーマークだったのですが、倉敷美観地区も良かったし、後楽園も良かった。
夜食に食べた(旅先でも甘い物は必須w)キビダンンゴはイマイチだったけどね・・・・

明日は、いよいよ、四国岡山篇、最終回。
夜なのに、ランチをやっている謎の店に潜入。
営業中? オススメの定食とは?

« トラベル・レポート&あぁ、食い道楽 高田屋 初の焼き鳥屋探訪 | トップページ | トラベル・レポート&あぁ、食い道楽 夜寿司、ばら寿司定食 »

トラベル・レポート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。