« 僕と うつ病、闘病記 不眠症との闘い、始まる | トップページ | あぁ、食い道楽 金の食パン、試しておきたかった事 »

2013年6月29日 (土)

着たり脱いだりができない僕、ものぐさじゃないよ

これは持って生まれた物だと思うのですが、僕は服を脱いだり着たりする事が苦手です。
5体満足だし、何かが原因で着たり脱いだりができないという事ではありません。
脱ぐ着るという発想が無いのです。

暑かったら服を脱ぎますよね普通。
それができない。
汗をダラダラとかいて、3時間くらい経って、やっとそうだ服を脱げば良いのだと気付きます。

着る時もそうです。
コタツを早くにしまってしまい、寒いと以前書きましたが、服を着れば良いんですよね。
コタツをしまってしまい、どうしようって感じの事を書いている事からも分かるとおり、服を着るという発想がまず無いし、気付いてもなかなか行動に出れません。

“ものぐさ”というのとはちょっと違うと思います。
まさに、その発想は無かった という感じ。
服は体の一部で、暑かろうが寒かろうが、どうする事もできない って感じなのです。

そんな僕も大人になって、だいぶ学習してきたのですが、朝の天気予報を見て、その日着る物を考えたり、一枚羽織る物を持って行こうとか考えられるようになりました。
でもここ数年の事なので、85年間は、暑い寒いで苦労してきた事になります。

今日もあぜ道通信に来てくれて有難うございます。
こういうの共感してくれる人いないよね?(笑)

« 僕と うつ病、闘病記 不眠症との闘い、始まる | トップページ | あぁ、食い道楽 金の食パン、試しておきたかった事 »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

まさにウチの夫。
毎日の着る物は私が選んだ物を着て行く人なのですが
私は暑がりだから結構薄着で用意してしまう
夫は寒がりで私が選んだ物では寒かったり、その逆もあるわけですが
絶対自分で足したり引いたりしません。どんなに暑くてもシャツの袖
折り返さない。
大阪にもいますよ対策出来ない52歳の♂が…

M-soさん、こんばんは。
僕の子供の頃は、やはり用意された服を着るだけで、文句などは一切言わなかったそうです。
一方、お洒落だった弟は、子供の頃から、自分で選んだ服しか着なかったそうです。
子供の頃のまま大人になるんですなぁ~

M-soさんの旦那さんも、なんだか似てますね。
服を脱いだり、袖を折り返したりできないのは、なんだか自分の話を聞いているような気分です。
結構、僕のような人がいるのかもしれませんね。
関西支部は、M-soさんの旦那さんに任せる事にして、関東支部は僕担当という事で・・・(笑)

情報ありがと~

この記事へのコメントは終了しました。

« 僕と うつ病、闘病記 不眠症との闘い、始まる | トップページ | あぁ、食い道楽 金の食パン、試しておきたかった事 »