« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の31件の記事

2013年8月31日 (土)

僕と うつ病、闘病記 どうよこの弱さ

ここ数日、0時にブログを更新できていません。
22時頃から、寝落ちしているからです。
昼間のうちに、翌日の記事を書いておけば良いのですが、それをやらずに、ゴロゴロしているのです。
眠れなくて、睡眠薬を出してもらい、色々とやっていたわけですが、今は何も飲まなくても22時ごろになると寝てしまいます。
それってイイ事なのかなぁ?

22時に寝てしまい、6時間後の早朝4時頃に目が覚めます。
起きたら台所に直行し、食べ物をあさります。
朝食は必要だよね?と自分に言い訳しているのです。
大抵は食パンと牛乳を食べるのですが、食べた後2度寝するので、太る原因だよなぁとは思います。
でも食べるのやめられないのです。
意思が弱い・・・

子どもの頃は、自分は意志が強いと思い込んでいたんだけど、最近は、どうよこの弱さ と開き直ってます。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
貧弱貧弱貧弱ぅぅぅ(JOJOネタで締めるw)

2013年8月30日 (金)

髪の縛り方って、母から受け継ぐのかなぁ?

髪が肩に余裕で届くくらいの長さの僕ですが、最近暑いですからね。
髪に何もしてないと、ウナジが暑いんですよ。
マフラーでも巻いているんじゃないかいっ! っと言う程暑い。

そこで髪を縛るわけですが、これが上手くいかない。
まとめきれなかったり、縛ってもすぐにパラパラと髪が逃げてしまったり。
姪っ子なんて、まだ小さいのに、キチんと髪を縛りますからねぇ。

何かコツがあるのかもしれないですね。
母から娘へ技術やコツが受け継がれえていくのかも。

色々と縛り方を試してみたのですが、一番良いのは、きつく髪を縛る事。
そんなの当たり前じゃんという、ああた!!
何もかも手探りなんだから、大目に見てくれぇ!

この前の送り盆の時に、チョンマゲのようにツムジ辺りで、お団子に縛って行ったら、伯母さんに「どこの侍かと思ったよ(笑)」と言われました。
ちょっと嬉しいw

今日もあぜ道通信の来てくれてありがとう。
いつ髪切ろうかなぁ・・・

2013年8月29日 (木)

僕と うつ病、闘病記 遺書を削除して、気分スッキリ

ブログの下書きに、遺書を書いていて、それをボタン一つで何時でも公開できる状態だと以前書きました。

悪い波が来て、ずっと調子が悪かった時に書いた遺書ですが、最近は悪い波もあまり来ません。
慢性的に死にたいなぁという弱い衝動はありますが、これは一生消えないのかなと覚悟してます。

遺書ですが、それがある事で、何時でも死ねると思い、救われる所(頑張れる?)もありますが、死に急ぐというデメリットもあります。

なので、思い切って遺書を削除しまいた。
長文だったので、同じ物を書くには、かなり疲れそう。
だから、暫くは書きたくないですね。
書かないで済むように、気合入れないと!!

ブログを書いていても遺書が目に入ってくる事が無いので、気分がスッキリです。
溜め込んだ睡眠薬も捨てました。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
これでイイのだ!!(○○ボンのパパ調)

2013年8月28日 (水)

ダイエット奮闘記(プチ) 人に優しく、自分に甘く

家から出てないので、運動不足なんだろうなぁ~
1日2回のブブ彦の散歩も、ショートコースで、ブブ彦の用たしが終わったら、すぐに帰ってくる始末。
Wii Fit での運動もやってないし、完全に運動不足だよ。

コンビニに通って、スイーツやら、菓子パンやら、カマンベールチーズやらを買いに行かなくなったのは、偉いと思う。
それだけの事で偉いと自称するあたりからして、自分に甘い人間なんだろうなぁ僕は。

Wii Fit Uが10月の末に発売されるらしいけど、買ったところで、ミニゲームばかりやって、運動はしないような気がする・・・

今晩のご飯は、カレーライスでした。
もちろん大盛りで食べ、おかわりもしました。
カレーが出ると、食欲が我慢できないんですよね。
ここでも自分に甘いのです。

これから秋ですから、食べ物が美味しい季節ですよね。
食欲が抑えられないし、また太るのかなぁ・・・

あぁ、痩せたい っと思うのですが、同じくらい食べたいとも思います。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
痩せねば・・・

2013年8月27日 (火)

ゲームしてみる? WiiUが欲しくてたまらん

うーん、うーん、うわぁぁぁん。
また吼えてる爺さんがいるよ、とお思いのああた。
今回はWiiUが欲しいという、叫びである。

WiiUは安くなるまで買わないと、2週間前に書いた僕ですが、気付くとWiiUを買うシミュレーションをしている自分がいる。
2週間WiiUの事を考えていたわけです。

万単位のお金が必要なので、買い物は慎重になります。
お金無いですからね。

WiiUを買って何がしたいのか?というと、特に何も無い。
年末になれば、面白いソフトが沢山出揃うはずですが、今は何にも遊びたいソフトが無い。
年末になれば、本体が値下げされる可能性もある。
今買う必要は無いのだが・・・
それでも欲しいというのは病気みたいなもんです。

Wii Fit U が2ヵ月後に発売されるのだけど、最低でもそれまで買う必要は無いんだよなぁ。

ううぅぅぅう。
欲しい・・・
でも、ここは我慢だよね。
今買うメリットなんて無いんだもんよ。

今日もあぜ道通信に来てくれて、ありがとう。
衝動的に買う確立 37%

2013年8月26日 (月)

あぁ、食い道楽 トーストが初めて美味しいと感じた90歳

豚カツなどのフライを食べると、口の中が痛くなってしまうと、以前書きました。
それと同じ理屈で、トーストも痛くなってしまいます。
口が痛いと言うと、お子チャマだと馬鹿にされるのですが、トーストに関しては良い方法を思いつきました。

トーストを焼く時間を半分にするのです。

今までトーストは、10分は焼いていたと思います。
それを5分~7分くらいにするだけで、随分と硬さが和らぎます。
「へ? 90年間そんな事に気付かなかったの?」 と呆れられそうですが、恥ずかしながら気付きませんでした。

例えば、焼肉をやったら、自分で焼き加減を調節しますよね。
焼き魚をする時も、何度も焼き具合をチェックして、焼きすぎないようにしている。
だったらトーストの焼き方も分かる気がしますが、何故かトーストはトースター任せで焼いてました。

普通の人だったら、焼き加減を自分で調節するなど、教えられなくとも分かるんでしょう、自分は分からない。
こういう事が僕にはよくある事なんですよねぇ・・・
常識がスッポリ抜けてしまっていて、この歳になるまで、知らなかったという事が。

口の中が痛くならなくて、且つパンの香ばしさが引き立つ時間を調べてみようと思います。
うんうん、90歳になって初めてトーストの味に目覚めたかも(笑)

今日もあぜ道通信の来てくれてありがとう。
トーストは食べられるようになったけど、フライは・・・痛いよなぁ。

2013年8月25日 (日)

デジ物コバナシ 時は来たり! 出るか? 走るか? 飛び出すか?

ハッ!
何か聞こえる!
ウトウトしてたけど、飛び起きたぞ。
この放送は・・・
廃品回収車キタァァァァァァ!!

持って行ってもらうパソコンは、すぐに持ち出せるように、まとめて準備してある。
たまたま外に出れるような格好もしてる。
(いつもどんな格好してんだ?w)

よしっ!
出るか!!
いよいよかっ!!

しかし、待てども待てども、回収車はやって来なかった。

寝ている間に最接近し、そこで目覚め。
放送を聞きながら、準備をするも、回収車は別の方向に移動を始めた・・・ って事でしょう。

全力ダッシュすれば、追いつけたかもしれない。
けど、多分追いつけない・・・ そう思って、すぐに諦めてしまった。

う~む、壊れたパソコンをいつまで、持っていないといけないのかなぁ~
ハンティングでもやっているような気がしてきたよ。
狩りなんて行った事ないですが・・・(笑)
家の前に来た所で、回収車を止めるのが一番良いのだけど、家の前を通らない場合が多くて問題なんだよねぇ。

手ぶらで走っていって、回収車を止めて、家の前まで来てくれって、車を先導する方法になるのかもしれない。
パソコンを持って走っていけば、いいのかもしれないけれど、とても重い。
外は暑い。
走る気力が無い。
どうしたもんかなぁ。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
やっぱりダッシュしないといけないのかなぁ・・・w

2013年8月24日 (土)

怪談(心臓の弱い方は読まないでください)

そろそろ怪談の季節。
僕は怪談がかなり苦手です。
だって怖いんだもん。
霊感のある芸能人などが、この時期にと取っておいた、選りすぐりの恐怖体験を披露されると、見てしまうのですが、見た後に怖くなるんですよね。
基本的に霊感ゼロ人間の僕。
怪談を聞いても、身の周りに何も起きる事は無いし、何にも見えません、感じません。

そんな僕が、昨日の深夜見てしまったのです。

深夜・・・
この日は曇り空で、月も隠れていて、間もなく明け方になるというのに、部屋の中は真っ暗。
何だよ、また目が覚めてしまった。
起き上がりもせずに、瞼だけ開いて、天井を見ていました。
すると、視界の隅に動く物が・・・
暗い廊下の墨に、黒い影がありました。
気のせいでも、見間違いでもありません。
部屋の中に何かいる!
よく見ると、黒い影の中央に、白い煙のような物も見えます。
いよいよ見てしまったか。 と怖くなったのですが・・・

かりかりかり
かりかりかり

何の音だ?
どこかで聞いた事がある。
もう一度目を凝らして影を見つめます。

ブブ彦だった(笑)
暗闇の中で脇腹をかいていたブブ彦。
白い煙は、胸の白い部分と、顔の白髪だったのです。
怖がって損した。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとうございます。
霊感ゼロ、万歳。

2013年8月23日 (金)

僕と うつ病、闘病記 服毒自殺って現実的ではないのかな

何だかまた悪い波が来ているようで、1日中死ぬ事を考えています。
いつもだったら、首を吊ろうと考えるのですが、今回は違います。
睡眠薬を180錠ほど溜め込んでいるので、それを一気飲みしたらどうなるだろうか?と考えているのです。

今、僕は睡眠薬を処方してもらっていますが、それは飲んでません。
飲んでないのに先生には、必要無いとは言ってないのです。
当然、普通に睡眠薬が処方されます。
最初は眠れない夜があったら、その時は薬を飲もうと思っていたのですが、最近は全く手をつけず、溜めています。

何錠飲めば死ねるのか? ネットで調べたのですが、よく分からないです。
飲む薬が多ければ多いほど良いのでしょうけど、どれくらいなのかなぁ。
180錠じゃ死ねないのは確かなようです。

実行に移したとしても、動けなくなっている所を発見され、胃洗浄をやられて、数週間入院というパターンになりそう。

自殺未遂の場合、病気や怪我ではないので、医療費は全額自己負担になるそうです。
自殺するなら、確実に死ぬようにしないと・・・
やっぱり首吊りが確実なんだろうな・・・

はぁ、苦しいです。

2013年8月22日 (木)

侵入者にワインの洗礼

某日深夜。
冷蔵庫を開け、いつもの物色。
紙パックに入っている安い赤ワインをどかそうと、持ち上げたところぅぅぅう。
口がしっかり締めてなかったのか、紙パックだからなのか、日頃の行いが悪いのか、ドバァァァァァッと、こっちにワインが飛び出してきたではないか。

Tシャツに返り血を浴びたようになってしまい、しばし硬直。
避けるなんてできなかった。
ワインは洗濯で落ちるのだろうか?
落ちないよねぇ。
お気に入りの黄色のTシャツ・・・
怪しいモンスターたちが、ゾロゾロと隊列を組んでいる・・・という柄のTシャツ・・・
もう外では着れないよなぁ。

今日もあぜ道通信に来てくれありがとうございます。
冷蔵庫、開けるべからず。
台所、入るべからず。
寝ろ、寝てろ、寝なさい。

2013年8月21日 (水)

ダイエット奮闘記(プチ) 深夜に徘徊するオッサン、運動は嫌

なかなか体重が落ちません。
しっかり3食食べちゃってるもんなぁ。
いいや待てよ。
深夜3時に食べちゃってるから、1日4食じゃんよぉぉぉぉ。
痩せるわけないか・・・
4食食べてて、現状維持できてる事のが不思議だわなぁ。

深夜に目が覚めても、台所に行かない!
コンビニで夜食を買ってこない!!
早寝早起き、1日1善!!!

それをやったところで、体重は落ちないだろうけど、とりあえず太る事もないだろう という甘い見積もりw

やっぱり運動が必要なのかなぁ~
暑いし、ちょっと動くと汗でベトベトになるのが嫌なんだよねぇ。
エアコンガンガンかけて、運動するか・・・
やらなそぉ~~

体重 69kg(前回と同じ)
体脂肪率 20%(前回より1%増)

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
ベトベトは嫌ぁぁぁん。

2013年8月20日 (火)

たっぷり無いと嫌で症の小さな不安

僕は物が減ってくると、不安になってしまいます。

典型的なのは、車のガソリンが無くなってくると、不安で不安で外出したくなくなります。
半分になったら、即給油というのが常識らしいですが、僕の場合、スタンドに入るのも勇気がいる事なので、なかなか給油ができません。
そうなるとガソリンはどんどん減っていき・・・
ガクガクブルブル

あとは、トイレットペーパーが無くなってくると不安になります。
今セットされているペーパーの他に、予備の物が、3つは無いと不安でたまらなくなります。
6個くらい積んであると、とても安らかな気持ちで、用をたす事ができます。
トイレは僕専用なので、ある日いきなり減っていたという事は無いので、自分で減っていく様子が分かる。
だったら、不安になる事も無いように思うんだけど、それでも不安になるんだよなぁ。

もう一つ言わせてもらうと、醤油さしの醤油が切れてしまうと凄く嫌なんです。
毎日のように使う醤油さしですが、毎日補充したい。
そんな必要は全く無いのだけど、いざ料理にかける時に、醤油が出てこないと、すんげぇ~グッタリします。
醤油さしを持って、軽いだけで嫌です。
あぁ、醤油無くなってるな と思って、蓋を開けて中を見るとやはり醤油が無かった・・・ という時の嫌な感覚は、独特なんだよなぁ・・・・

ガソリンもトイレットペーパーも醤油も、常にたっぷりだと、1日平和に過ごせます。
今日もあぜ道通信に来てくれてありがとうございます。
たっぷりで、心に平穏を・・・・(笑)

2013年8月19日 (月)

あぁ、食い道楽 カレー探求の道058 あえて冷ご飯という選択

冷ご飯ってあるじゃないですか。
ご飯を炊いて、保温せずに自然に熱が逃げた辺りがよろしい。

冷ご飯に熱々のカレーをかけると、温度差の妙で、なんとも美味しい。
冷ご飯に辛子明太子も美味しいんだよなぁ。

コンビニのおにぎりをチンしてもらわずに、冷たいまま食べると美味しいというのと同じ事だと思う。
温かいご飯よりも、米の味が分かるような気がするので、美味しい米じゃないと、冷ご飯は美味しく食べられません。

しかし、卵かけご飯は冷ご飯じゃぁダメです。
冷ご飯でやると、なんともがっかりな味になってしまいます。

冷ご飯&熱々カレーが一番旨いかなぁ~

2013年8月18日 (日)

リーグ表の見方がわからない

ここだけの話なんですけれどね。
リーグ戦ってあるじゃないですか。
あれのリーグ表の見方が分かりません。

片方には○が付き、片方には×がつき。
縦と横の、どっちを見たら良いのか分かりません。

なんとなく意味は理解してるのですが、「考えるな、感じろ」って事なのでしょう(笑)
魂で理解してる。 はず。

今後も誰かに見方を教えてもらう事なく、ずっと行くと思います。
いいんです。
そんな感じで。

2013年8月17日 (土)

僕と うつ病、闘病記 うつ病を演じる輩に、イラっ

戦略的としか言えないタイミングで“うつ”の診断書を提出するサラリーマンが増えているらしい。

会社で大規模なリストラが決まったとき。
自分でも『俺はリストラ候補になるな』と言っていた男性が、退職勧奨が始まるタイミングでうつの診断書を持ってくる。

法律的には、うつ病で休職中でも退職勧奨をすることは可能。
でもそれが原因で自殺されては困るから、退職勧奨の対象からは外される。
職場復帰したタイミングで改めて退職勧奨をしようとすると、再度休職されてしまい、というイタチごっこが行われる。

もちろん、れっきとした診断書が出ているのだから、療養に専念するのは当然。
だが周囲としては「このタイミングで……」と疑うのも無理はない。

最近は、診断書を取るための、1万円近くする情報商材まがいのマニュアルも販売されている。
あくまで本当にうつの人が診断書をスムーズに出してもらうためのマニュアルとして売られているが、実際は不正に診断書を貰う為のマニュアルである。

こういう輩がいるから、本当の精神病患者が偏見の白い目で見られるんだよな。
好き好んで病気になっているわけないのに。
こういう話を聞くと、あったま来るんだよなぁ。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
僕は仮病じゃないよ!

2013年8月16日 (金)

独り図書館 山本一力 だいこん

山本一力の時代小説、だいこん を読み終えました。
時代小説で、女料理人が奮闘する料理物。
これは みをつくし料理帖と比べてしまうだろう と思って読み進めていったのですが、意外な登場人物が出てきたことで、まるで違った作風になりました。

伸助というヤクザが出てくるのですが、このキャラクターが怖いのなんの。
最初は、芸能人の島田伸助と、ヤクザの伸助が同じに見え、この偶然を島田伸助に対する皮肉だと思って失笑して読んでいたのですが、話が進むにつれ、この伸助というキャラクターが借金を取り立てに来るのが、恐ろしくなってきました。
静かに会話をしていると、突然にブチキレし、本性を現す伸助。
かと思ったら、長屋に顔を見せて、差し入れをしてくれたりします。
でもそれは、鋭気を養って、借金を返させるためというのが本心。
金を回収するためには、甘い顔をするのにも慣れている様子。
金が入り、家族の元へ帰ろうとする父親が、伸助に呼び止められ、金を奪われてしまうあたり、怖いです。
伸助は神出鬼没で、いつ何処に現れるかが分からないのも怖いなぁ。

さて、この伸助の登場で、みをつくし料理帖とは随分と違った作風になりましたが、伸助の登場は中盤まで、その後は、お店の切り盛りの話になります。
みをつくし料理帖が、料理のレシピを載せるほど詳しく料理の描写があるのに対し、だいこんは、お客とのやりとりがメイン。
料理の仕方や、味付けや盛り付けなどは、ほぼ出てきません。
色々な人との出会いと、主人公の器量の大きさが描かれるのですが、ちょっと後半駆け足すぎるかなぁ。
それに登場人物が、○○屋の○○と紹介はされるものの、覚えきれません。
僕の記憶力が悪いのですけどね。
でも、次々と登場人物が出てきて、???のまま話が進みます。
ラストも、これで終わり?と言った感じで、プッツリと終わってしまいます。
前半の伸助篇が、ジリジリと追い詰められるスリルがあったのに対し、後半は軽かったなぁ。

前半のノリで全編いってたら、緊張感でクタクたになってしまうだろうから、前半だけで良いのだけど、後半がもうちょっとどうにかならないもんかなぁという感想。
料理で認められていく話というより、新事業に次々と手を出し、商売を拡大していく話なんだなぁと分かってきてからは、ちょっと気持ちがしらけました。
人を次々と雇い、新しい店を作っていくというのは、ちょっと違うかなぁと思いました。
なんだかお店に愛着が無いような印象なんですよね。
金儲けに走りすぎ。

星5つ満点で
☆☆☆

今日もあぜ道通信に来てくれて有難うございます。
もっと料理の描写が欲しかったなぁ・・・
食いしん坊万歳

2013年8月15日 (木)

デジ物コバナシ 真夏の鬼ごっこ、早ぇ~よぉ~

僕の部屋に壊れたパソコンと壊れた無線LANがあるのですが、処分に困ってます。
メーカーのリサイクルに出すのが、一番確実で安心です。
しかし、メーカーとのやり取りの手間がねぇ・・・
モノグサ商店、茨城支店長、健在である。

メーカーのリサイクルに出さないとなると、車で周ってくる廃品回収車に渡すしかないのですが、これが厄介でねぇ。

いつ来るか? 何処に来るか? が全く分からず予測もできない。
「廃品回収車です」っていう放送が聞こえた時には、家の側を通り過ぎ、遠くに行ってしまっているのです。
寝ているからね、昼間・・・(笑)

壊れたパソコンを抱えて、車を追いかけるしかないのかなぁ。
パソコン重いし、今真夏で暑いし、100mも走れないだろうからなぁ・・・

廃品回収車は毎週来るわけじゃない。
でも月イチよりは来る。
午前中来るような気もするし、午後来るような気もする。
ほんと予測できないなぁ。
そろそろ来ると思っていると来なくて、忘れてゴロゴロしていると、突然現れる。
昼寝ができないじゃんよぉ~(笑)
何とか家の前を通った時に、外にダッシュして、回収車をストップさせてみようと思います。

今日もあぜ道通信に来てくれて有難うございます。
できっかなぁ~走れっかなぁ~

●今日の押さえドコ
  そろそろ来ると思ったら、直ぐに外にでられるように心の準備が必要

2013年8月14日 (水)

忘却の三年忌、やっちまった

お盆初日、墓参りに行ってきました。
僕の家から墓までは片道2時間。
遠い・・・
そして今日も暑い・・・
墓に着くころには、もう疲れてしまってます。
墓の掃除をして、買ってきた花を生けて、線香に火をつけたその時!!

お寺の住職の奥さんが、近づいてきました。
何やら言いにくそうな事でもあるのか、腰が低い。
「さっき話した、弟さんの三年忌ですが・・・」
「去年にやるはずだったのです・・・・」
「へ?」
「去年!!」
「もう過ぎてだいぶ経ってしまってますが、どうされます?」
と言うではないか!
弟が亡くなってから、今年の秋で丸三年。
今年三年忌をやるものかと思っていたのです。
どうやら数えで計算するらしく、亡くなった年に1年目と計算するようです。
激ミス・・・

供養はしたいので、三年忌と同じ内容の物を行いたいと伝えました。
弟の事は1日も忘れた事など無いのに、結果忘れてしまった。
弟の性格からして、今回のミスを責める事はないでしょうけど、こっちが罪悪感だわぁ。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとうございます。
知らない事が多すぎる・・・
弟よ、安らかに眠れ・・・

2013年8月13日 (火)

恐怖! ずっと近くで見ていたよ・・・・

早朝5時半。
涼しいうちにブブ彦の散歩に行ってしまおうと思い、外出。
散歩から帰ってきて玄関のドアを開けたら・・・・ 蛇がいた(笑)
玄関の外じゃないですよ。中にいたのです。
30センチくらいの、子供の蛇ですが、たぶん青大将の子供です。
噛まれてはまずいと、ブブ彦をすぐに避難させました。
ブブ彦トロいですからね、噛まれそうで・・・(笑)。

蛇は怖いですが、よく考えるとジンワリともっと恐怖が。
散歩に行く時に一瞬ドアを開けるわけですが、その隙に中に入る事は不可能です。
ではいつ玄関内に入ったのか?
前日の昼間、玄関を開けていた時間があったので、その時でしょう。
なにが恐怖かというと、そこから、何回もブブ彦の散歩やらトイレやらで玄関で靴を履いたりしていたのです。
蛇はすぐ近くにいて、僕の足を見ていたはずです。
お客さんも来たりしましたが、その時もいたのでしょう。
いつ噛まれてもおかしくなかった・・・・

爺ちゃんが晩年、死んだら蛇になってお前らを守る と言っていたそうなのですが、爺ちゃんが亡くなった翌年のお盆になると、かならず小さな蛇が、庭に現れるのです。
お盆以外では見たことがないのに、お盆になると必ず毎年出る。
7年忌の時に、父が「オヤジもう出なくていいぞ」 っと言ったら、翌年からは出てこなくなったとさ。

今回の蛇を発見したのは、8月12日。
お盆一日前でした。
う~ん、今回はお盆じゃないけれど、爺ちゃんなんですかぁ? 聞いても蛇は何も言わない。
でも爺ちゃんかもしれないので、怖いけど、なんとなく怖くないような・・・
丁寧に案内して、外に逃がしたのも、爺ちゃんかもしれないからなのです。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
来年も出る!?

2013年8月12日 (月)

ブブ彦日記 濡れるのを嫌う犬・・・硬直

20130812ブブ彦は体が濡れるのを嫌います。
シャンプーをしようと思って、風呂の準備を始めると、あきらかに顔が緊張しだします。
抱っこして、風呂場に連れて行く時も、体は硬直。
よっぽど嫌いなようで(笑)

梅雨が明けたといっても、連日のゲリラ豪雨。
雨の中の散歩もそうですが、勢い良く外に飛び出し、そこで初めて雨と知るのですが・・・
急に足取りが重くなり、またも硬直、すぐに庭でオシッコをします。

マーキングしに、遠出しようとはせず、庭でオシッコしたら、早く家の中の戻ろうぜ って感じでリードを引きます。

そんなワガママは認めません。
雨だろうと台風だろうと、いつものコースを周ります。
ウンチをすれば、帰っていいよね?とでも言いたいのか、大きい方をしたら、家に帰ろうとします。

ブブ彦は短足なので、雑草の水滴がお腹周りにベッタリ付きます。
やはりブブ彦は硬直します。

そうそう、犬が雨に濡れると、犬臭がモヤリンと漂いだすのですが、それを嗅ぐのが僕は好きなのです。
いい臭いじゃないし、臭い に分類されると思うんだけどね。
ブルーチーズじゃないですが、一度覚えると癖になります(笑)

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとうございます。
写真は、餌入りボールとの格闘に疲れたブブ彦。
あのウヘヘ顔がたまらんw

2013年8月11日 (日)

あぁ、食い道楽 パエリアパン、おろし金、茄子天サンプル、欲しぃ

東京のカッパ橋に行ってきた。

包丁、鍋、箸、スプーン、食器、冷蔵庫、炊飯器、飲食店を開くのに必要な物は何でも揃う町として有名です。
ちょっとどんな感じかを見に行こうという軽い気持ちだったのだが、どの店も面白くて、汗を流しながら店をハシゴしました。

パエリアを作るのに便利な、うすーいフライパン。
大きさも6種類くらいあって、デカイのを買いそうになりました。
でも、お前パエリア作ったこと1度しかないやん というエンジェルマサジイの救いの一言によって、買わずにすみました。

ホチキスのような物で大根を押さえ、釣りのリールを巻くようなハンドルでおろし金を回転させて大根おろしを作る機械が、欲しくなったのですが、お前そんなに大根おろしやらないやん という声によって冷静になって買わずに済みました。

茄子の天ぷらの食品サンプルの出来がすばらしく、本物そっくりなので、買おうかと思ったのですが、Pちゃんが茄子嫌いなので、買うのはやめました。
値段も結構高くて、手を出すのに躊躇したという理由もあったり無かったり。

今日もあぜ道通信に来てくれて有難うございます。
料理好きにはテーマパークのような町だったよ、カッパ橋。

2013年8月10日 (土)

ゲームしてみる? 家カラオケにいくらなら出すか?

お家から出かけることなく、家カラオケができたら。
あなたはいくらまでなら出しますか?

WiiUがあるならば、1800円のマイクを買うだけで、カラオケができるのです。

問題は、本体が Wii じゃなくて WiiU だという事。
本体買わないといけないなんて、高くつくじゃんよぉ~

母に家カラがやりたいか?と聞いたら、「うわわぁん、やりたいっ」とすぐに食い付いた。

「じゃぁ、買うか・・・・3万円ナリ」と言うと、「そんなに高い物買う事ない」と母。
「よく考えたら、毎日歌うわけじゃないし、月イチもやらないかもなぁ」
「1人で歌うのも寂しいし」(ずっと1人で歌うつもりだったのか・・・w)
「それに音が問題で、近所迷惑になるかも」
「んじゃぁ、買わない」

そんなやり取りがありました。
カラオケが苦手な僕。
新ハードに目がくらんでいるだけなんだろうなぁ・・・

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとうございます。
年末に2万円になったら、再検討します。
ニシシ

2013年8月 9日 (金)

独り図書館 佐藤秀峰 ブラックジャックによろしく

佐藤秀峰の代表作「ブラックジャックによろしく」を読み終えました。
「海猿」が映画化された事でメジャーになった佐藤秀峰さんですが、僕は代表作は「ブラックジャックによろしく」だと思ってます。

あぜ道通信で、ブラックジャックによろしくを読んでいると書いたのは、2006年1月の事。
あの時も書きましたが、この漫画は面白かったり、ワクワクしたりしません。
そこで描かれるのは医者とは何か?という主人公と、衝撃的な医療の現実のギャップが描かれます。
読んでいて心が痛むし、いい気持ちにはなれません。
それでも僕はこの話から目を背けないで完結するまで読むつもりと当時書いています。
あれから7年。
やっと全ての話が終わりました。

当時も書いていますが、新生児集中治療室での話は、読んでいて辛かった。
不妊症治療の末、やっと出来た子供がダウン症だったという話は、読んでいて怖かったのを、覚えています。

続く癌治療篇。
抗がん剤という物の正体。
癌という病気、告知とは、その結末。
毎年何十万人という人が癌で亡くなっているという現実。
怖かったけど、読まないといけない。 そう思って読み進めました。
癌と共に生きる、癌と共に死ぬ。
僕は癌で死ぬのかなぁ・・・なんて考えるようになりました。

続く精神科篇は、統合失調症で苦しむ青年と、社会の偏見の目が描かれます。
青年がやっと社会復帰できるという所までいった時に、無差別殺人事件が起こり、犯人が精神科に入っていた事が判明。
マスコミ&世論は精神障害者に対して厳しい意見を言うようになり・・・
これはもっとやれもっとやれって感じで読んでましたね。
精神病患者への偏見は感じていたので、ありのままの不条理さを描いてほしかったのです。
話は精神障害者に厳しい現実を突きつけます。

どの章も、希望は描かれるのです。
手放しでは喜べないし、楽観視はとてもできないのですが、それでも希望は残されている。 そんな終わり方をします。

その後、作者の大人の事情???で、出版社が変わり、「新・ブラックジャックによろしく」というタイトルになって、最後の章「臓器移植篇」が始まりました。
僕の弟の遺書に臓器提供をしてくれとあったのですが、自殺で脳死となるわけもなく、何も提供する事は無かったのですが、読んでいて弟の事を思い出して辛かった。
亡くなった本人が臓器移植を希望したとしても、遺族は体にメスを入れてほしくない。
切り刻まれる事で苦しみを与えたくない。
遺体は綺麗なままが良い。
そんな事を考えてしまうのですが、もし弟が臓器提供できる状態だったら、僕達遺族はどうしていたのだろう。

色々と心が痛むブラックジャックによろしくですが、これで終わりなんですよね。
一応希望がある終わり方をしますが、それぞれの問題は何も解決していない。
主人公は医療の現実と戦い続けるという所で終わります。
最初から最後まで、心が痛んだし、ショッキングな現実ばかりが描かれ怖かったです。
では読まなければ良かったのか?というと、そうではなく、この作品に出会えて良かったと思えます。
体調が良くないと、読んでいて調子悪くなってしまうかも。
でもここまで描く医療漫画は他にはありません。
体調が良かったら読んでみるといいかも。

星5つ満点で
☆☆☆☆

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
ブラよろ を読み終えて、ずっと何か引っかかっていたような感覚から解放されました。
主人公や登場人物たちに幸せになってほしかったのでしょう。
唯一無二の医療漫画、オススメです。

2013年8月 8日 (木)

キティ、マイメロ、同一人物説、そぉだったのかぁ~

テレビでサンリオピューロランド特集がやってたんですけどね。
キティちゃんとマイメロディちゃんが出てました。
この2人って別人だったのね。
同じキャラクターだと思ってました。

キティちゃんがかぶり物をかぶったのが、マイメロディだと思っていたのです。
さらに、ミッフィも加わり、3者は同一人物だと思っていた事にやっと気付きました。
3人に共通している事は、うさぎだという事。
って書いてから思ったのですが、キティちゃんは猫ですか。そうですか。
キティちゃんは、うさぎなのか、ネズミなのかも分かって無かったよ。

どーもくんの友達のたーちゃんは、何ですか? いたち?
くまもんは、ありゃ熊だね。 そこは間違わないw
グーフィーとプルートも、どっちがどっちだか分からんのよねぇ。
2足歩行で服を着ているのが? 4足歩行で犬小屋に住んでいるのが?
う~ん、分かりません。

今日もあぜ道通信に来てくれて有難うございます。
キティちゃんはうさぎです。

2013年8月 7日 (水)

僕と うつ病、闘病記 ね、眠れたぁ~

毎晩2時間しか眠れず、夜中の3時からずっと起きてる生活が続いていたのですが、昨晩は明け方まで眠る事ができました。
酒も眠剤も飲んでないのにです。

夜中3時に雨音で目が覚めたのですが、トイレに行き、すぐに睡眠。
普段だったらここで眠れないのですが、今回は眠れました。
そして朝8時までぐっすり。
嬉しかったなぁ。
眠くてもっともっと眠れたのですが、ブブ彦の散歩に行く事と、規則正しい生活にしたいのとで、8時に起きました。
毎晩、こうだと良いんだけど・・・
どうなる?


それと夢を見ていました。
病気になり、仕事を辞めてから9年?10年?
いまだに仕事の夢を見ます。
僕はその仕事に、前例の無い異業種からの転職で、かなり期待されて就職したので、採用してくれた恩がある。
そして、戦力になれずに、ズルズルと休職して・・・・
採用してくれた恩をあだで返して、僕はダメな人間です。
仕事の夢を見ると、いつも僕は謝っています。
9年たっても、夢の中で謝るのですから、今後も謝り続けるのでしょう。
この一連の仕事&謝罪の夢を見ると、疲れは取れないのですが、仕事の夢を見たくないというのは、ズルいでしょう。
それだけの裏切りをしたわけだし、夢を見るくらいの十字架は背負って当然でしょう。
できる事なら、あの仕事に戻って恩返しがしたい。
無理ですけどね。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとうございます。
毎日眠れるといいなぁ。

2013年8月 6日 (火)

あぁ、食い道楽 かき氷でダイエット!? 食いまくれ

かき氷を作りました。
シロップと練乳を買ってきてもらい、準備万端。
シロップは何味になるのか心配だったのですが、無難に苺味。
まぁ、いいでしょう。

しかし、今年最初のかき氷に苺シロップをかける事は無かった。
こしあんを見つけてしまったからである。

こしあんを皿の中央に盛り、上から氷をかけます。
最後に上からこれでもかと練乳をかけて、練乳あずきの完成。
やや練乳が少なくて、物足りなかったけど、まずまずの美味しさ。

翌日になって、苺シロップのかき氷を作りました。
うまし・・・
かき氷って、カロリー少なそうだよねっ。 ねっ?
少ないということにしよう。

明日は、苺シロップと練乳で作ってみようと思う。
苺シロップは、2リットルの物なので、量を気にする事なく、ガンガンかける事ができます。

今日もあぜ道通信に来てくれて有難うございます。
かき氷だけを食べ続けたら痩せられるかなぁ・・・

2013年8月 5日 (月)

子カエルの生き様に、やっつけられて・・・

関東地方も、いつの間にか梅雨明けしていたそうです。
え? とっくに明けているって?
どうりで暑いわけだ・・・(グッタリ)
確かに1日中雨って事はないけれど、夕立は降るし、夜も少し雨だったりするから、てっきりまだ梅雨なのかと・・・・
すいませんねぇ。
季節の変わり目とか、そう言う事に疎いんで・・・・

夜になるとカエルが窓に貼り付き、虫を食べようと、ウロウロしています。
今年産まれた、子カエルでしょう。
まだ小さいカエルが一生懸命に餌をとろうと頑張っています。
カエルは可愛いのぅ。

翌朝。
窓に張り付いていたカエルが見当たらないので、探してみると、日陰に入り、体を小さく丸めて息を潜めています。
誰に教わったわけでもないのに、餌はとるし、日陰には隠れるしで、大したもんです。
それに比べて自分は、何と ダラダラと生活している事か。

カエルを見て、気分が落ち込むのは初めてですが、そうですか。
カエルにやっつけられましたか。

僕だって、規則正しい生活をするように心がけてるし、ダイエットだって頑張ってるんだ・・・・
でも、なんと小さな頑張りか・・・・

子カエルよ。
どうやったら、お前のようになれるのか・・・
お前のように力強く生きてみたい・・・

今日もあぜ道通信に来てくれて有難うございます。
落ち込んだ頭の中に、カエルが1匹、カエルが2匹・・・と。
はぁ。

2013年8月 4日 (日)

ブブ彦日記 ブブ彦が死んでからの事、心構え

20130804ブブ彦が死んでからの事を、最近よく考えるようになりました。
僕が病気で死にたくなるという、マイナス思考とは違います。
ブブ彦は先日10歳になり、人間で言うと70代くらいになりましょうか。
前に婆ちゃんが父に「私が死んだら」という話を真面目に語っていた事と同じようなものです。
死から目を逸らす事なく、その時に向って準備をする。
僕自身、ブブ彦が心の支えになっている部分もあり、ブブ彦が死んでからの事を考えるのは、当たり前の事でもあり、やっておく事、決めておくべき事なのです。

今日母と話をしたのは、ブブ彦が死んだら、何処に埋めるか?という話。
我が家はあまり広い土地が無いのですが、家の裏に埋めようという話が出た。
先代のワンコ「リキ」は家の裏に埋め、家を建て替える時に家の下敷きになってしまうからと骨を掘り起こして、河原に埋めなおしたという経緯があります。
でも河原は公共の場所ですから、ブブ彦を河原に埋める事は難しそうです。
穴掘ってる所を近所の人が見たら、問題になりそうだし。

筑波山のふもとに、火葬してくれる場所があるのは知っている。
埋めずに、お骨として保管する方法も考えているんだけど、やっぱり土に帰してやる方が、ブブ彦は喜ぶかなとも思います。

いずれにしても、ブブ彦が死んだらという事は、考えていこうと思います。
不思議と悲しさは無いですね。
僕もいつかは死ぬ事ですし、皆死からは逃れられません。
ある日交通事故で突然死ぬわけではありません。
死ぬ事に対して準備をする時間がある。
そして、ブブ彦との時間は、あとどれくらいあるのか分かりませんが、長くは無いと思っているくらいで丁度良いのだと思います。
これは大切な考え方です。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとうございます。
写真はいつもの、ブチュっ鼻です。
拡大してお楽しみください。

2013年8月 3日 (土)

あぁ、食い道楽 ピンクの力士、モンブランを買う

いつも決まったブンブン(セブンイレブン)に行くのですが、まげを結ったロン毛にピンクのTシャツとか着て、真昼間に現れたりするから、目立つんでしょうね。
店員のおばちゃんに顔をを覚えられました。
それも、「スイーツ好きなおっさん」として。

レジで会計をしていると、○○がオススメだよ とか話をしてくれる。
この前は、モンプランシュークリームが美味しい と言ってきた。
僕が、レアチーズケーキ、プリンケーキ、モンブランを買ったから、(こいつまた甘い物買ってら、絶対太るよな。ってか来る度に太ってね~か?) と思われているだろう。

モンブランシュークリームは次回に買おう。
そうそう、濃厚フロマージュが一個も置いてなかったし、姉妹品のミルクレープもチョコレートケーキも無かったんだけど・・・
もう食べられないのかなぁ・・・

コンビニって、新商品を発見するのが楽しみの一つだけど、美味しかったのに・・・ってある時、商品が消える事がある。
あれってショックだよね。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
おばちゃんに、濃厚フロマージュの行方を聞いてみよう!

2013年8月 2日 (金)

独り図書館 百田尚樹 海賊とよばれた男

百田尚樹のベストセラー「海賊とよばれた男」を読みました。
主人公のモデルは出光興産創業者の出光佐三。
出光のガソリンスタンドは知っていたけれど、どういう会社なのかは知らなかった。
もちろん出光佐三さんの人生も知らない。
従業員5人の小さな会社から1代で大企業になった出光の、戦いの記録が描かれ、その1つ1つのエピソードに驚くばかり。
日本はこんなにギリギリの綱渡りを繰り返してきたのかと驚きます。
次々に起こる困難に立ち向かう主人公の力強さに、グイグイ引き込まれていきます。
この主人公が、トラブルや嫌がらせを受ける度に、高らかに宣言をするのですが、それがジョジョっぽい。
やると言ったらやる って言うのがカッコイイし、男が惚れる男ですな。

どこまでが事実で、どこからがフィクションなのかは分からない。
セリフは半分フィクション。
出来事はノンフィクション。って所でしょうか。
上巻下巻の2冊なのですが、テンポ良く話しは進むので、一気に読めます。

1つ気になった事。
作者の百田尚樹も言ってた事なんですが、1つの文章(○が付くまでの1文章)が、短いのです。
百田尚樹さんは、それが良いと言っているのですが、僕はどうも肌に合わない。
短い文章を次々にくり出して文章を作るという手法は、どうも薄っぺらい印象になります。
リズム感を出すつもりなのかなぁ?
どうも軽いんだよねぇ。

そうそう、百田尚樹さんの代表作「永遠のゼロ」を読んでいるとニヤリとさせられるシーンが、海賊とよばれた男 上巻に登場します。
遊んでるなぁ。

上下巻2冊合わせて最終的な評価は
星5つ満点で
☆☆☆☆
です。

経済小説のジャンルに入ると思いますが、難しくてお手上げとなるほどではないです。
上巻も面白いですが、下巻は盛り上がる上がる。
是非読んでもらいたい一冊(2冊ですがw)。
オススメ。

2013年8月 1日 (木)

変わらないという事、それがベストだ

最近アクセス数がまた伸びています。
一時的な物かと、舞い上がらずに冷静に観察していたのですが、数ヶ月この状態が続いているので、どうやら本物みたいです。

訪問者数が毎日100~130人に増えたのです。
昔は70人にも満たない、細々としたブログだったのです。

アクセス数は250~350くらい。
これは、トップページを表示した時と、本文に入る時に読み込みがあるので、1人2アクセスが普通です。
言ってる事が分かりづらいですよね。
つまり、訪問者数は、来た人の数。
アクセス数は、クリックした数 という事です。

単純に訪問者数の倍の数がアクセス数にならずに、アクセス数が少し多いのも嬉しいポイントです。
複数のページを見てくれてる人がいるって事だからです。

携帯からのアクセス数は表示されないので、パソコンからの数という事になります。
スマホのジャンルは、携帯に入るのか? パソコンに入るのか? は分かりません。
携帯からのアクセスも表示してくれると嬉しいのですが、無理らしいのです。

さて、ここで 「しめしめ、もっと数を伸ばそう」 と思わないのが、僕の良い所(キリリ!)
感動させる話、面白い話、興味をあおる見出し、やる気になれば書けるでしょう。
1起こった事を10のように書く事だって出来るでしょう。
それくらいの文章は書けそうです。
でも、ウソは書かない、自分の身に起きたことのみを書く、などの基本姿勢は変わりません。
そこは変えちゃいけない部分ですもんね。

これからも茨城県C市、ってもうC市と隠す必要も無いのですが・・・(笑)
この田舎町で起こった小さな出来事を、僕というフィルターを通して発信していきたいと思います。

いつもコメントをくれる常連さん達、ありがとう。
いつもこのブログを見に来てくれる名も無き常連さん達、ありがとう。
一見さんもありがとう。
あぜ道通信は、みなさんの来場あってのブログです。

今後は、自分の身を削って記事を書こうと思う・・・・わけも無く、ゆるゆるとツムジ辺りから漏れ出す奇妙な考えをUPし続けます。

先日、あぜ道通信は、累計38万アクセスに到達しました。(半端w)
みんなありがと~

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »