“裏” あぜ道通信

  • 偉大なマスター
    ブログ本文には載らない、没写真、ひっそりとUPします。 ネタ晴らし、舞台裏、そういうの、欲しいでしょ?
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ブブ彦日記 濡れるのを嫌う犬・・・硬直 | トップページ | 忘却の三年忌、やっちまった »

2013年8月13日 (火)

恐怖! ずっと近くで見ていたよ・・・・

早朝5時半。
涼しいうちにブブ彦の散歩に行ってしまおうと思い、外出。
散歩から帰ってきて玄関のドアを開けたら・・・・ 蛇がいた(笑)
玄関の外じゃないですよ。中にいたのです。
30センチくらいの、子供の蛇ですが、たぶん青大将の子供です。
噛まれてはまずいと、ブブ彦をすぐに避難させました。
ブブ彦トロいですからね、噛まれそうで・・・(笑)。

蛇は怖いですが、よく考えるとジンワリともっと恐怖が。
散歩に行く時に一瞬ドアを開けるわけですが、その隙に中に入る事は不可能です。
ではいつ玄関内に入ったのか?
前日の昼間、玄関を開けていた時間があったので、その時でしょう。
なにが恐怖かというと、そこから、何回もブブ彦の散歩やらトイレやらで玄関で靴を履いたりしていたのです。
蛇はすぐ近くにいて、僕の足を見ていたはずです。
お客さんも来たりしましたが、その時もいたのでしょう。
いつ噛まれてもおかしくなかった・・・・

爺ちゃんが晩年、死んだら蛇になってお前らを守る と言っていたそうなのですが、爺ちゃんが亡くなった翌年のお盆になると、かならず小さな蛇が、庭に現れるのです。
お盆以外では見たことがないのに、お盆になると必ず毎年出る。
7年忌の時に、父が「オヤジもう出なくていいぞ」 っと言ったら、翌年からは出てこなくなったとさ。

今回の蛇を発見したのは、8月12日。
お盆一日前でした。
う~ん、今回はお盆じゃないけれど、爺ちゃんなんですかぁ? 聞いても蛇は何も言わない。
でも爺ちゃんかもしれないので、怖いけど、なんとなく怖くないような・・・
丁寧に案内して、外に逃がしたのも、爺ちゃんかもしれないからなのです。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
来年も出る!?

« ブブ彦日記 濡れるのを嫌う犬・・・硬直 | トップページ | 忘却の三年忌、やっちまった »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

エエ話やぁ~(涙)
お盆は意識的にご先祖様が帰ってこられる
気はしますが形になって現れてくれるのは
少し嬉しい気がします

昔住んでた家の風呂場に手のひら位の蜘蛛が
よく出没していましたが母がそれを自分の
母親だと言うので、まささんと同じく
丁寧に追い払ってました

昨夜、ベランダ付近で何やらぶつかる音が…
父があちらから帰って来てぶっかった?なんて
家族で笑ってました

親い家族、ご先祖様が帰って来られるお盆。
色んな想いで迎えましょう

M姉さん、こんばんは。
お母様が蜘蛛を母親だと言う理由は、お母様にしか分からない感覚なのかもしれませんね。
丁寧に追っ払う。 やっぱりそうなってしまいますよねぇ。
大嫌いなカマキリが現れたとしても、お盆中は殺生してはいけないでしょうし。
霊感があったら、お盆は賑やかなのかもなぁ とか思ってみたりw

こんばんは!チバキティです。お盆なので外泊で自宅に戻りたかった姫なのですが、只今一階のロビーにてです。
お腹と胃が痛く、発熱もあったので、外泊許可されずに拗ねてしまったヒメキティです。
まささん、姫が拗ねる時は、足をバタバタ・イヤイヤと首を大きく左右に振り、だんまりを決め込むんですよ。話しかけると耳を塞ぎます。
手強いのですが、一時間程度で機嫌が戻ります。
一時間はかかります。
機嫌と体調が戻った姫と、院内を散歩して、ロビーで紅茶を飲みながら休憩。
出会ってからの昔話などをしていると、「ボク、女の子みたいだね」と夜勤看護師さん。
少年に間違われた姫。
でもそこは拗ねません。
一時間かかりません。
「ボクは将来ニューハーフになりたいんです」と。
姫と居ると、何かしら楽しい事がついて回ります(笑)
といったお盆初日です。

チバキティさん、こんばんは。
拗ねてしまった時の、行動パターン、理解しました。
少年に間違われるなんて、さおキティ、やはり普通じゃない!

そうそう、ローソンの冷やして食べるメロンパン。
なかなか外出できなくて、遅れてしまいましたが、やっと食べました。
「メロンパンにしては、美味しい」 っとさおキティにお伝えください。

それでは良いお盆を!!

この記事へのコメントは終了しました。

« ブブ彦日記 濡れるのを嫌う犬・・・硬直 | トップページ | 忘却の三年忌、やっちまった »