« デジ物コバナシ 真夏の鬼ごっこ、早ぇ~よぉ~ | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 うつ病を演じる輩に、イラっ »

2013年8月16日 (金)

独り図書館 山本一力 だいこん

山本一力の時代小説、だいこん を読み終えました。
時代小説で、女料理人が奮闘する料理物。
これは みをつくし料理帖と比べてしまうだろう と思って読み進めていったのですが、意外な登場人物が出てきたことで、まるで違った作風になりました。

伸助というヤクザが出てくるのですが、このキャラクターが怖いのなんの。
最初は、芸能人の島田伸助と、ヤクザの伸助が同じに見え、この偶然を島田伸助に対する皮肉だと思って失笑して読んでいたのですが、話が進むにつれ、この伸助というキャラクターが借金を取り立てに来るのが、恐ろしくなってきました。
静かに会話をしていると、突然にブチキレし、本性を現す伸助。
かと思ったら、長屋に顔を見せて、差し入れをしてくれたりします。
でもそれは、鋭気を養って、借金を返させるためというのが本心。
金を回収するためには、甘い顔をするのにも慣れている様子。
金が入り、家族の元へ帰ろうとする父親が、伸助に呼び止められ、金を奪われてしまうあたり、怖いです。
伸助は神出鬼没で、いつ何処に現れるかが分からないのも怖いなぁ。

さて、この伸助の登場で、みをつくし料理帖とは随分と違った作風になりましたが、伸助の登場は中盤まで、その後は、お店の切り盛りの話になります。
みをつくし料理帖が、料理のレシピを載せるほど詳しく料理の描写があるのに対し、だいこんは、お客とのやりとりがメイン。
料理の仕方や、味付けや盛り付けなどは、ほぼ出てきません。
色々な人との出会いと、主人公の器量の大きさが描かれるのですが、ちょっと後半駆け足すぎるかなぁ。
それに登場人物が、○○屋の○○と紹介はされるものの、覚えきれません。
僕の記憶力が悪いのですけどね。
でも、次々と登場人物が出てきて、???のまま話が進みます。
ラストも、これで終わり?と言った感じで、プッツリと終わってしまいます。
前半の伸助篇が、ジリジリと追い詰められるスリルがあったのに対し、後半は軽かったなぁ。

前半のノリで全編いってたら、緊張感でクタクたになってしまうだろうから、前半だけで良いのだけど、後半がもうちょっとどうにかならないもんかなぁという感想。
料理で認められていく話というより、新事業に次々と手を出し、商売を拡大していく話なんだなぁと分かってきてからは、ちょっと気持ちがしらけました。
人を次々と雇い、新しい店を作っていくというのは、ちょっと違うかなぁと思いました。
なんだかお店に愛着が無いような印象なんですよね。
金儲けに走りすぎ。

星5つ満点で
☆☆☆

今日もあぜ道通信に来てくれて有難うございます。
もっと料理の描写が欲しかったなぁ・・・
食いしん坊万歳

« デジ物コバナシ 真夏の鬼ごっこ、早ぇ~よぉ~ | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 うつ病を演じる輩に、イラっ »

独り図書館」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

だいこん…御読みになられたのですね(^-^)

私も、まさ様と同じ感想です。サクセスストーリーとして読めば納得もできますが、
江戸情緒や心のつながりのようなものがもっと丁寧に書き込んであったらなぁ・・・と思いました。

悪人の伸助は根っからの悪人ではなく、哀れな人という印象でした。
私が、女性目線だからかも知れませんが?

みをつくし…だいこんと比べるわけではありませんが、良い本でしたネ。

でも、山本一力作品は好きなので、今後も読みたいと思います。

猛暑の日々、まさ様もお身体ゆっくり休めながら読書なさってください♪

shinnさん、こんばんは。
同じ意見でしたかぁ~
読むなら人情物がいいのかなぁ。

それぞれ、本は面白さがあるのでしょうけど、できるだけハズレを引きたくないので、有名どころを読んでみる作戦です。

今話題の半沢直樹の原作を読んでみたいのですが、人気が急に出たようで、図書館は何人も待ちが出ているようです。
買ってしまえばいいのでしょうが、お金が無いので・・・・
また何か読んだら、書きますね。

まさてぃ☆こんばんは☆
今日私とっても冒険?挑戦してきました。
小樽まではね、ハマーできたんだけど、今日は車を置いてJRで旅しましたよ☆
今朝は10時に青塚食堂でお魚ゴハンで、その脚で小樽駅から千歳空港まできましたぁ!
JRはもちろん、地下鉄や飛行機は不安発作の頻脈が高確率で起きやすいのですが、頓服飲んで、無事に往復できました。
空港ではラーメン食べて、炒飯食べて、ルタオのチーズクリームロールケーキ食べて…って、食べる旅だぜ(笑)
今はホテルでゆっくりとくつろぎタイムです。
発作にならなくてよかった。
ちなみに朝の青塚食堂では、千葉がニシン定食・私は生ホタテ丼、2人でほっけ・ししゃもの焼いたやつ・まぐろといかのお刺身など食べましたよ☆

さおちぃ、こんばんは。
青塚食堂に行ってみたいなぁ~
生ホタテ丼も挑戦したいぃ~
ほっけもししゃもともお友達になりたいわん。

さおちぃの話を読んで、母に「ほっけが食べたい」って言ったら、「Pちゃんが嫌いだから・・・」って一蹴。
何だよそれ、たまには息子のリクエストを聞いてくれてもいいじゃないか・・・・

こんばんは☆再び☆
パパさん…ほっけ嫌いなんですか…ひょひょひょ…
きっと、ほっけは誰もが好みそうで、そうでもないお魚なのかもしれない。
でもママさんとまさてぃには食べてほしいなぁ☆
私はニシンが嫌いというか、めんどくさい。
小骨がたくさんあるから。
千葉が細かいのを取ってくれるから食べてます。
そうそう、ニシンも好き嫌い別れるお魚かも。
明日札幌に帰る前にも、またしつこく青塚食堂行きます(笑)
明日はボランティア一緒に行った、ヘルパーの親友が朝1でこのホテルに登場するので、3人で喰いまくるぞ(下品)!
生ホタテ丼は、私2杯食べたな…そういえば。
もはやおなか空いた人がいるので、ホテル内のバーみたいな喫茶みたいなとこに行ってきます。
千葉はよく食べる子になりました。いいことです。
素敵な週末を☆

さおてぃ、おはようございます。
ほっけは、骨が簡単に外れるじゃないですか。
楽でいいんだよなぁ。 それに旨い。
どうしてあれが嫌いなのか理解不能ですw
僕もニシンは苦手かも。 小骨が小骨が・・・って子供ですな僕。

さおてぃ、チバたん、親友さん。
いっぱい食べて、相撲取りになってくださいね。
(゚д゚)(。_。)ウン!

この記事へのコメントは終了しました。

« デジ物コバナシ 真夏の鬼ごっこ、早ぇ~よぉ~ | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 うつ病を演じる輩に、イラっ »