« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の31件の記事

2013年10月31日 (木)

あぁ、食い道楽 青いコンビニのパンケーキ これください

青い看板のコンビニこと ローソンで、デラックスなパンケーキが売っている。
この前、フラりとローソンに行ったら、売っているのを見たのです。
その時は食べてる暇が無かったので泣く泣くスルーしたのですが、この想い・・・断ち切れません(笑)

“お試しかっ!”でローソンの売れ筋商品のランキング当てをやっていたのだけど、スイーツのランク当ての時に、たしか2位か3位のどちらかに、このパンケーキが入っていました。
ロールケーキブームの火付け役だった、プレミアムロールケーキはランク外だそうで、6位くらいになってたかな。
う~む、あのロールケーキが圏外ですか。
日本人の飽きっぽさは健在ですなぁ。

肝心の1位は何だったのか?
見てないんですよねぇ(笑)
何故見ない!!
自分で、突っ込んでおきます。
2位か3位だったかも分かってないしね。
いい加減であります。

で、話を戻すと、デラックスなパンケーキ。
名前は“厚焼きパンケーキ(ホイップクリーム付き)”という長い物。
その名のとおり、たっぷりのホイップクリームが付いていて、自分のお好みで、トッピングする量を決めます。
結構多めの量が付いてきてますが、僕は全部絞りきるだろうなぁ。
ケーキの厚みが2cmくらいあって、それが2層になるように重ねてあります。
うん、食べ応えありそう。
レンチンすると、フワフワになるみたいです。

ただねぇ、値段が350円もする!!
280円のモンブランを買うので、買うべきか悩むくらいなのに、こりゃぁ、かなり高い部類に入りますなぁ。

口コミを見ると、買って後悔している人は、いないみたいです。
それだけ値段に見合った満足感があるんだろうねぇ。
これはローソンにいってみて、買ってみるしかないね。

公式HPの写真を載せようかと思ったけれど、規格外のファイルだそうで、ブログに載せることができません・・・
もう食べてみた人達の写真をUPしますね。
厚焼きパンケーキ(ホイップクリーム付き)の画像集へのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
パンケーキにつられて、走り出す爺さん、食い意地の塊である(笑)

2013年10月30日 (水)

今日のYouTube ええねんのヘビロテ 、元気もらってます!!

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

ウルフルズの“ええねん”をYouTubeでヘビーローテーションしてます。
トータス松本さんのシンプルな歌詞&シンプルな曲。
気持ちが落ち込んだ時に、たまたまこの曲を聴いて、元気になったのが始まり。

歌詞を書いておきますね。

### ええねん ###
作詞・作曲 トータス松本

何も言わんでも ええねん
何もせんでも ええねん
笑い飛ばせば ええねん
好きにするのが ええねん
感じるだけで ええねん
気持ちよければ ええねん
それでええねん それでええねん

後悔しても ええねん
また始めたら ええねん
失敗しても ええねん
もう一回やったら ええねん
前を向いたら ええねん
胸をはったら ええねん
それでええねん それでええねん

僕はお前が ええねん
好きでいれたら ええねん
同じ夢をみれたら ええねん
そんなステキなふたりが ええねん
心配せんで ええねん
僕を見てれば ええねん
それでええねん
それだけで

アイデアなんか ええねん
別になくても ええねん
ハッタリだけで ええねん
背伸びしたって ええねん
カッときたって ええねん
終わりよければ ええねん
それでええねん それでええねん

つっぱって突っ走る
転んで転げまわる
時々ドキドキする
そんな自分が好きな ええねん
そんな日々が好きなら ええねん

情けなくても ええねん
叫んでみれば ええねん
にがい涙も ええねん
ポロリこぼれて ええねん
ちょっと休めば ええねん
フッっと笑えば ええねん
それでええねん それでええねん

何もなくても ええねん
信じていれば ええねん
意味がなくても ええねん
何かを感じていれば ええねん
他に何もいらんねん
他に何もいらんねん
それでええねん
それだけで
ええねん
##########

YouTubeで実際に聞いてもらうのが一番なんで、リンクはっておきますね。
ええねん のミュージックビデオへのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
コタツで寝ても ええねん
涎垂れても ええねん
昼間寝てても ええねん
間食しても ええねん
それでええねん それだけで~
ええねん!!

2013年10月29日 (火)

ブブ彦日記 膀胱炎との闘いに光が

20131029膀胱炎がなかなか治らないブブ彦であります。
薬をあれこれ替えて、膀胱炎が治ったかを調べる事の繰り返しを、もう4回くらいやっているかな。

もう治らないんじゃないか? とか 先生がいい加減な診察をしているんじゃないか? とか他の病院にしてみようか? とか考えもしたのですが、今日の診察で、薬が効いている事が確認できたとの事。
とりあえずブブ彦一歩前進です。
疑ってゴメンよぉ先生。

もう1週間分の抗生物質を処方され、様子を見る事になりました。
これで治ってくれればイイんだけど・・・・

写真は、あくびをする黒子豚。
あと0.5秒遅くシャッターを切れば、口全開のもっといい写真が撮れたはず。
焦りすぎたか・・・

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。
何だかこっちまで眠くなるような写真だなぁ。

2013年10月28日 (月)

あぁ、食い道楽 ご飯のお供 数あれど、その中からフリカケを・・・

近所に「ヨークベニマル」がオープンするみたいです。
ヨークベニマルは、福島、宮城、山形、栃木、茨城の5県に展開するスーパーマーケット。
セブン&ホールディングス系列のお店なので、結構大手かも知れません。

もう建物は完成しているし、看板が建ったので、オープンは近そう。
遅れても 今年中にはオープンするでしょう。
家からの距離は、1kmくらい。
歩きで十分行ける距離ですね。

何をそんなに喜んでいるのかと言うと、スーパーを中心に展開しているスイーツブランド  “モンテール”の品々が売っていそうだからです。
カマンベールチーズもコンビニよりは安く買えるのかなぁ?
コンビニばかり行っていて、スーパーにはめったに行かないから、ベニマルの登場は期待が膨らみます。

買い物をして、荷物を手に持ちながら家まで帰ってくる。
距離が近いから、それもできそうです。
おやつ片手に帰ってくるのは、重くても苦痛じゃないでしょうね。
家に帰ってから食べるのが楽しみで楽しみでニシャニシャしながら、歩いているだろうし。

茨城の田舎に住んでいる爺さん。
(茨城全てが田舎なのだが・・・w)
ベニマルは大歓迎である。
フォーを買うって言いつつ、買ってないですしね。
後は、ふりかけ が欲しいんですよ。

冷ご飯が好きなんだと言い続けていますが、ふりかけがあるともっとご飯が美味しく食べられるはず。
ご飯のお供は、数あれど、安いもので考えると、ふりかけは有望ですよね。
そうそう、“おとなのふりかけ”って随分前から気になっているのだけど、是非買ってみたいと思います。
白飯好きの探求は続く。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。
のりたま ってお子ちゃまの物ですかね?(笑)

2013年10月27日 (日)

ココログ封鎖で、書き込めましぇん(焦)

ぎゃぁぁぁぁっす!!(悲鳴)
ブログに書き込みができなぁぁぁぁ~っい!
焦るあせる。

このあぜ道通信というブログは、ニフティさんのサービスである “ココログ” を使って書いているのですが、ココログを開こうとすると 「このページは表示できません」 って表示されてしまって、書き込みができなぁぁぁ~っい!!

毎日0時の更新をノルマにと勝手に決めてしまった僕である。
どんなに面白い話が浮かんでも、書き込めないのだから困ったものである。
ま、面白い話が書けているかも怪しいですけどね。
焦る汗る。

ニフティさん
メンテナンスですか?
ハッキングでもされたのですか?
でもメンテナンスの予定などは連絡が来てないし、いったい何が起きているのやら。

否いや、待てよ待て。
ニフティさんの問題ばかりを疑っていたけれど、僕のパソコンが壊れているんじゃないか?
ドキドキしながら、ココログ以外のページを表示させてみると、問題無しのモーマンタイ。
とりあえず、パソコンは無事らしい。

さぁて、どうしよう。
更に調べてみると、ニフティさんのHPは問題ないのだが、ココログはダメらしい。
ココログだけの話なので、メンテナンスの線が濃厚か。

僕にできる事と言えば、その間にブログの下書きを書く事くらい。
はてさて、ブログの下書き、何書こう。

そんな感じで時間が過ぎていったら、いつの間にかココログ復活!!
何だったの?
新手の嫌がらせ?

取り掛かりの遅い僕。
それは小学生の頃から言われてきた事。
自覚はしている・・・
当日の夕方辺りから翌日の話を書き始めるのだが、もちっと早く、そうだねぇ2日分くらいの話はストックとして書き込んでおくくらいのゆとりが必要なのかもしれない。

でもそこは“取りかかりの遅い子”ですから・・・
ブログ書きは、追い込まれるくらいの方が、勢いのある話を書けるような気がしますなぁ。
言い訳でイイ訳ないよね。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
結局、ココログさんに振り回されて、バタバタしたのは僕だけだったようで・・・。
書き溜めする習慣が欲しいなぁ。(無理)

2013年10月26日 (土)

あぁ、食い道楽 一人でスイーツを作る番組 グレーテルのかまど

あれ、この話したような気がするんですが、ブログ内を検索しても引っかからないや。
ダブってしまってもかまいまへん。もっかい書いちゃおぅっと。

“グレーテルのかまど”という番組が気に入ってるんです。
NHK Eテレ、毎週金曜、21時半~21時55分の放送です。

毎回1つのスイーツを作るのですが、難しい物は作りません。
ゲストも来ません。
瀬戸康史クン(年齢不詳w)が、一人で全て作るのですが、“かまど”が喋るんですよね。
アドバイスをくれたり、突っ込みを入れてきたりします。
料理番組数あれど、一人で作るのって新鮮に映るなぁ。

難しい物は作らない、と書きましたが、25分の放送時間で、料理をしているのは半分くらいかな。
過去に放送されたタイトルを書きますね。

 ・向田邦子の水羊羹
 ・スヌーピーのチョコチップクッキー
 ・パリジェンヌのマカロン
 ・およげ!たいやきくんのたい焼き
 ・ローマの休日のジェラート
 ・池波正太郎のホットケーキ
 ・ヘンゼルの焼き芋
 ・樋口一葉のおしるこ
 ・オヤジと呼ばれた男のチーズケーキ
 ・パティントンのマーマレード
 ・赤毛のアンのチェリーパイ
 ・小津安二郎のショートケーキ
 ・ナポレオンのクレープ
 ・坂本龍馬のカステラ
 ・宮沢賢治のアイスクリーム
 ・正岡子規の桜餅
 ・羽海野チカのラムネ
 ・ゲゲゲのぼた餅
 ・アメリのクレームブリュレ
 ・舞妓はんのゼリー
 ・ムーミンママのパンケーキ
 ・ゴットファーザーのカンノーリ
 ・檀一雄の杏仁豆腐
 ・ニューヨーカーのカップケーキ
 ・南方熊楠のあんパン
 ・ハワイアンのバターもち
 ・女王陛下のヴィクトリアサンドイッチケーキ
 ・ちゃらさんのサーターアンダギー
 ・随筆家・武田百合子のチョコレートパフェ
 ・ゴーストバスターズのマシュマロ
 ・タタン姉妹のタルトタタン
 ・内田百閒のシュークリーム
 ・夏目漱石の羊羹
 ・マーサの幸せレシピのティラミス
 ・チャーリーとチョコレート工場のチョコレート
 ・豊子かあさんの苺大福
 ・パリっ子の4月の魚パイ
 ・寅さんの草だんご
 ・はちみつ色のクマのハチミツ
 ・海街diaryの梅酒&梅ジュース
 ・食堂かたつむりのフルーツサンド
 ・京女の夏越(なご)しの和菓子
 ・台湾ガールのかき氷
 ・与謝野晶子の月見だんご
 ・ひげのサムエルのローリーポーリープディング
 ・黒澤明のコーヒーゼリー

○○の○○ っていうタイトルになっている事に気付いたでしょうか。
ジブリアニメのお約束も真ん中に「の」が入りますが、関係はありませんw
料理以外のもう半分の時間は、その週に作るスイーツにまつわる小話が聞けるんですよね。
それを聞くと、なんとも思っていなかったスイーツに思い入れが出てくる。
作ってみたくなるんですよね。
スイーツ好きには、たまらない番組だと思います。
気が向いたら、一度予約してみてください。
忘れた頃にやっている番組なんで、予約するのが確実ですw
公式HPのURLを載せておきますね。 リンクはこちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
グレーテルはいつ登場するのやら・・・

2013年10月25日 (金)

ブブ彦日記 ハルクイン、飼ってみたい、見てみたい、触ってみたいのぅ

20131025ハルクインという犬種を知ってる人は、相当な犬マニです。
僕は当然知りませんでした。

グレートデンという、超大型犬がいるのですが(憧)、その犬種はアメリカ系とドイツ系に分かれるようで、その内のドイツ系をハルクインと呼ぶようです。

かなり珍しい犬種で、“ハルクイン”とだけ検索しても、セキセイインコが結果として出てくる有様でして・・・(笑)
“ハルクイン デン”で検索すると、やっと犬が表示されます。

この犬を、姉の友人宅で飼い始めたらしく、生後2ヶ月にして、ブブ彦よりも大きいそうです。
すげー。
僕も飼いたいけれど、飼えません。
一頭80万円もするそうで・・・

ブブ彦は、いつか大きくなってデンになるはずと念じ続けて10年。
一向にブブ彦は大きくなりません(笑)
せめてラブラドールサイズになってくれると、おいちゃん嬉しいんだけどなぁ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
写真は、緊張感零茨城系黒豚 であります。

2013年10月24日 (木)

あぁ、食い道楽 パワーUPした火力、炒飯を作れ!?

ガスコンロ?(ガス台?、何て呼ぶの?)を買い換えました。
何だかねぇ、緑色の炎が出るようになってしまったんですよ(笑)
普通、赤色か青色ですよね。
不完全燃焼してるわけでしょ?
変な臭いがするとかは無いのだけれど、何となく危険信号かなと。
鍋の底が変なススが付くようになってるし。

三個のガス台(火が出る所ね)と、魚焼きのグリルが付いたタイプ。
興味深いのは、火をつけるスイッチが、回すタイプから、押すタイプに変わった事。
後は、火力を最弱にしても、火が消えない事。
お湯などが沸くと、勝手に火を止める事。
などかなぁ。

そうそう。
強火の更に上、最強火力ボタンがあるのですが、これ、何を作るときに使うんでしょうか?
炒飯を作るときにおススメだとか。
急ぎで、揚げ物の油の温度を上げたい時とかに利用するのもイイかもね。
でも、見た事も無いような炎の高さなので、危険ですw。

ところで、IHって、どんな感じなのかなぁ?
火力がどれほどなのかが、気になります。
でも、一生ガス派なのかもしれません。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
あ~お店の炒飯食べたくなってきた・・・
え?、買い換えたのに使わないの!?(笑)

2013年10月23日 (水)

僕と うつ病、闘病記 やっとのこって病院に行ってきた

やっと病院に行ってきた。
薬が切れて1週間~10日は経ってしまっただろうか?
旅行、台風、病院の定休日と重なり、さらに体が重かった事もあり、ズルズルと遅くなってしまった。
体調も良かった事もあり、今日こそはと行ってきたのだ。

先生には、薬が切れてしまって1週間くらい経ってしまいました。でも体調は落ち着いています と言う。
運よく体調が悪くならなかったねと先生。
薬無くても大丈夫なんじゃないですかね?と僕
また死にたくなると、苦しいでしょ?と先生。
そうなってから薬を飲んでも、薬が効きだすまでに2週間かかるよ。
そうなると苦しいでしょ?と先生
あれは辛いです・・・と僕。
そうそう、睡眠薬はいらないです。無くても眠れてますので。
分かりました。
といったやりとり。
特に踏み込む話は無かったし、先生も現状維持がいいと思っている様子。

薬を無くすと言うと話が飛躍しすぎるが、一錠でも減らせないか?という地道ながらも確実な方法で前進する話し合いをするべきだったね。
一切薬を飲まない断薬実験ばかり行ってきたが、1錠減らす減薬という方法はあまり試した事がないと、ここに来て気付く。
その辺りの話を先生とした事が無いので、次回以降言ってみるのも良いのかもしれない。

薬は睡眠薬が無くなった以外は、変わりなし。
朝:エビリファイ6mg2錠、アーテン2mg1錠
夕:ジプレキサ10mg2錠
就寝前:リーマス200mg3錠

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
ここしばらく、前進しているという実感が無いので、薬を減らすというのは、目標になるかもね。
歩みは遅いが、確実に進むぜ。

2013年10月22日 (火)

母からの拒絶、キレ気味に復活

僕の携帯から、母の携帯にある日突然メールが送れなくなった。
しょっちゅうメールのやりとりはして無いので、いつから送れなくなったは分からない。
数ヶ月前から送れなくなっていたかもしれない。

母の携帯にメールを送ると、1秒も待たずに、エラーメッセージが返送されてくる。
おかしな事に、母から僕に送るのは問題が無く送れて、僕から母に送ったときにこのエラーになる事である。

最初に疑ったのは、母がアドレスを変えて、それを連絡しなかったという話。
でも、変えてないと母は言うし、実際変わっていない。
電話も繋がり、ショートメールも送れる、メールだけがダメな理由とは何か?
そして、僕以外の家族などは、エラーメッセージが届く事は無く、何の問題も無くやり取りできているらしい。

僕個人を受信拒否設定にしているに違いないと踏んだ僕は、母から携帯を奪い取り、iモードに接続、拒否設定をチェックした。

あった。
僕のアドレスだけが、拒否リストに入っている・・・。
携帯の操作など覚えられない母。
受信拒否設定などできるわけも無いのだが、どういう訳か、設定ができてしまったらしい。
できてしまったらしいというか、何故に拒否するかぁ。
何手か手順を踏まないといけないはずだが、その途中で“何か様子がおかしい”と気付くよね普通。

あの人は、分からないのに、ずんずん突き進み、取り返しのつかない状態になる事が良くある。
危険な人だ。
どこまでも恐ろしい人だ。
拒否ったのが、身内の僕だったから良かったのか?とも言えるけど、迷惑な話である。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
ど~せまた何かやらかすのさ、あの人は。

2013年10月21日 (月)

あぁ、食い道楽 ガリガリ君リッチ クレアおばさんのシチュー味

衝撃の問題作、ガリガリ君リッチコーンポタージュを食べてから、どれくらいの月日が流れただろうか。
多分一年くらは経ったよな。
赤城乳業は、懲りてない!!
否、攻め続けていると言うのか!?

2013年10月29日(火)、あのリッチコーンポタージュを上回る商品が登場する。
赤城乳業と江崎グリコがコラボした、「ガリガリ君リッチ クレアおばさんのシチュー味」っ!!であぁ~る。

アイスの大きなチャレンジとして発売されたコーンポタージュ味は、あまりの売れ行きに発売2日後に販売休止となり話題になった。
赤城乳業&江崎グリコの異色のコラボは大きな反響を呼びそう。

クレアおばさんのシチュー味は、シチュー味のアイスキャンディーに、シチュー味のかき氷を入れ、その中にポテトを入れたアイスキャンディー。
こだわった部分は、北海道産じゃがいもを使用した事。
隠し味にしたローストしたオニオンが感じられるという。
小腹が空いた時に食べてほしいと開発者は話しているらしい。

10月29日の発売日が楽しみだ。
っていうか、僕は買うのでしょうか?

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
コーンポタージュは味覚に合わず、途中で捨ててしまった僕。
今回はどうなのか?
買うのか?
食べるのか?
完食できんのか?
怖いなぁ。

2013年10月20日 (日)

コタツ。 今年も犬の奇行

もう2週間程前の話になりますが、コタツを出しました。
茨城はこの当時、最高気温が20度くらいで、Tシャツで過ごすには寒い。
Pちゃんだけは、Tシャツに半ズボンで過ごしてますが、寒くないなんて、ありゃ、どっかおかしいね(笑)

ところが!
コタツを出した途端に、25度を超える夏日の連続。
コタツに足を入れるだけでも汗が滴るではないか!
もちろんコタツのスイッチは入れないですよ。
それでも何だか蒸し蒸しして、足を入れられないのです。
ブブ彦先生もその辺りの事は熟知しているらしく、全くコタツに入ろうとしない。
深夜気温が一番寒くなる時間帯でも、コタツの外でごろ寝してますし。
コタツを出すタイミングを完全に間違えた今年。
面倒でもまた仕舞おうかと、本気で考えた。

あれから2週間っ。(キミマロ節w)
気温がぐっと下がり、こたつ日和になりました。
ブブ彦はコタツにどっぷり浸かり・・・というか、犬の場合、完全に中に入ってしまうわけですが・・・僕の足を舐め続けます。
これ昔からなんだけど、何故に舐めるのか?
ちゃんと足を洗ってるし、間違っても水虫なんかじゃない。
とにかく、ブブ彦先生が好む味がするんだろうなぁ。
あぁ、なんでだろう。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
水虫ちゃいますからっ!

2013年10月19日 (土)

トラベル;レポート 長野の中心から、この野郎と叫ぶ

長野県の馬籠宿&妻籠宿を巡る日帰り旅行に行っていたわけですが、帰路についた時の話。
渋滞に巻き込まれました。

そりゃ渋滞もするでしょうよ。と寛大な僕だったのですが・・・
この先で工事をしているとナビに出ています。
は? この連休中に工事をしようとする感覚が理解できない。
ただでさえ交通量が多い連休である。
ちょっと考えれば、工事などするべきじゃぁないと分かるだろうに。

すぐに渋滞にはまり、片側一車線に変更。
長い渋滞が発生しています。

土日祝日関係なしに、長期の工事をしていたのかもしれない。
正月休みに工事するわけにはいかないから、今から逆算して工事しているのかもしれない。
寛大な僕は、工事しなければならない理由を、何とか探す。

でも、怒りを抑えられない人はいるらしく、工事エリアにゴミを投げ捨ててある所を見ました。
「こんな時に、工事なんてふざけんじゃね~」って言いながらゴミを投げつけたのでしょう。
寛大な僕も、分からないでもないです。


その後、サービスエリアに立ち寄って、晩御飯を食べたのですが、見知らぬ女性陣に声をかけられました。
オバサン3人衆である。
何を言われたのかというと、「イケメンねぇ~」である。
「イケメンはどんな頭にしても似合うわねぇ」である。
髪を1つに縛り、チョンマゲの様に縛っていたのですが、きっと物珍しかったのだろう。
このブログの読者さんなら、書かなくても分かっているだろうけど、あえて書きます。
“僕は間違ってもイケメンではない”
どちらかと言うと“ブサメン”の類に入るだろう。
オバサン3人衆に、どういう補正がかかって、僕がイケメンに映ったかは分かりようも無いが、嬉しかった という事は無く、ただただ、オバサン、馴れ馴れしいなぁ という気持ちだった。
カツカレーを食べながらの一幕でした。
カレーはどこで食べてもハズレが無いだろうと思って食べたカレーだったけど、いまいちだった・・・
自分で作るカレーのが、10倍は旨い。
これまた補正がかかった意見ではある。

長野、日帰り旅行、総括。
往復で14時間車に乗り、800km走った。
長時間座っているとお尻が痛くなってしまう僕は、姿勢を変え変え騙し騙しで、長丁場を乗り切った。
トイレが近いと最近話題にもなり、移動中のトイレはどうしようと思ったが、前の晩から当日で飲んだ水分は、お昼のお吸い物一口だけと徹底する事で乗り切った。
やればできる子、まさ爺。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
明日から通常の更新に戻りますね。

2013年10月18日 (金)

トラベル・レポート&あぁ、食い道楽 妻籠宿、日本酒

20131018長野県の妻籠宿(つまごじゅく)を散策しています。
情緒あふれる風景に癒され、ブブ彦が用水路に飛び込み体を張って水を飲む姿に呆れる御一行は、日本酒を売っている店を発見した。

爺さんは酒はちょび~としか飲めないが、嫌いじゃない。
日本酒が好きなんです。
ウィスキーは飲めません。
焼酎もダメ。
ビールは飲めるけど、美味しいと思えない。
ワインはジュースみたいなのなら・・・
そこで日本酒です。
日本酒は美味しいと思う。
辛口のスッキリした物が好み。

この日本酒屋さん、試飲できるかな? と店員のおば様に近づいて行くと・・・
試飲を勧めてきたぁ~
何で飲みたいのが分かったんだろう?(笑)
ただし渡されたのは、3人で1つのオチョコ。
う~む、ケチってないか? と思ったのだが、多めに注いでくれた。
最初のお酒は、柔らかい香り、やや甘めの香り、やや辛口で、後味スッキリ。
なかなか美味しいと思う。
するとおば様、2品目を注いでくれた。
香りが強く、味もちょっと癖がある。
原酒と言っていたので、荒削りな所が味なんだろうけど、その味が苦手かも。
さらにおば様、3品目を注いでくれた。
香りは抑え目で、味もややぼやけているか。
3人で試飲したわけだが、3人とも1品目が美味しいという意見で一致した。

3人で1つのオチョコはケチではないか?と思ったのだが、お客さんが多すぎて、注いで回れない事が一番の理由らしい。
量も多めに注いでくれてるし、ケチだと決め付けられないね。
ごめんよおば様。

写真を撮っていたら、ネットには流さないでと言われてしまった。
なんで?と顔に書いてあったのだろう、あまり人に広めたくない と、こちらが理由を聞く前に言ってました。
どして でしょうか?
今やネット社会。
全国の日本酒好きを相手に商売ができるというのに、この酒屋は地元の人、観光でこの店に足を運んでくれた人だけを相手に商売をしていきたいというのか。
一概に、商売を広げる事は悪い事ではないはず。
抜かり無く、しっかりとした商品を作り続けていれば、質は落ちないわけだし。
日本中の人に、自慢の酒を知ってほしいと思うのは、悪い事ではないと思うんだけどなぁ。
と、ネットに書いてしまう。
おば様の意思を酌んで、お店の名前と、銘柄名は伏せますが、妻籠宿で日本酒を売っていたのは、この店一軒だったので、行けば分かるさ(猪木)である。

日本酒を覚えると、旅が楽しくなる。
その地方地方に、地酒があって、味がみな違うからである。
ビールだと日本どこでもスーパードライで終わりですからねぇ。
その土地に行って、美味しい酒を見つけると、お宝を発見した海賊のような気分になります。
楽しいのである。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
買った日本酒、チビチビ飲もう。

2013年10月17日 (木)

トラベル・レポート&ブブ彦日記 用水路は飲み物

20131017馬籠j&妻籠の宿場町を巡る今回のプチ旅行。
実はブブ彦も一緒です。
早朝5時に家を出て、深夜まで帰ってこれないのは分かっていたので、膀胱炎でオシッコを我慢できないブブ彦を家に置いていくのは無理。
ペットホテルに預けるならば、連れて行ってしまえとなりました。

今回の謎写真を見ただけでは、状況はお分かりいただけまい。
よく見ると、用水路にブブ彦が入ってしまっているのが分かります。

この日の気温は24度。
晴れ、無風。
車の中にブブ彦を残していくのは、ちょっと危険な気温です。
ブブ彦は黒いので、直射日光を受けるとあっという間に、ぜぇ~ぜぇ~言い出します。
恐らくブブ彦本人は、真夏よりも暑かったはずです。
夏は早朝と日が落ちてから散歩に出かけ、日中はエアコンの部屋でゴロゴロしていただけですから。
今年の夏は遅めにやって来たなぁt~と思っていたはず。

相当暑かったのでしょう。
水が流れる用水路に飛び込み、水に浸かりながら、水を飲んでいます。
人間で言ったら、お風呂に浸かりながら、そのお湯を手を使わずに飲んでいる状態。
うん、緊急事態だw
1分くらい飲み続けてましたね。

その後も水の流れる音がすると、そちらに行きたがり、失笑を買ってました。
水がね、綺麗だったんです。
流れが速くて、ゴミなど全く無く、冷たそうでした。
この後、日本酒を買うのですが、水が良いので、酒が旨いと教わりました。
ブブ彦もその水の真価を分かっていたのかもしれません。
こんなに水を飲む姿は初めて見ましたから。

今日もあぜ道通信に来てくれありがとう。
用水路は飲み物。

2013年10月16日 (水)

トラベル・レポート&あぁ、食い道楽 馬籠宿、大黒屋、栗おこわ定食

20131016昨日の話と、やや前後して、最初の目的地馬籠宿(まごめじゅく)の話。
早朝5時に茨城を出たのに、馬込に到着したのは昼12時。
お昼時である。
最初から馬籠で昼食をとる予定だったけれど、この人の数、半端ではない。
予定のお店に入れるだろうか?
何十分も待たされる事になると、この後の予定に響いてしまう。

その店は、坂の宿場町馬籠宿の中腹にある。
全長600mの馬籠宿の町並みの文字通り中腹の300mの場所に建っている。
300mの場所に島崎藤村記念館があり、店はその隣なので、間違いなく300mである。
店の名を大黒屋茶房と言う。
昨日、島崎藤村の「夜明け前」の話の舞台が、ここ馬籠宿だと書きましたが(昨日の馬籠宿の話へのリンクは こちら)、島崎藤村の生家があるのが馬籠なのです。
自分の故郷で、父をモデルに、話を書いたと言うわけです。
そして、昼食を食べようとしている大黒屋茶房は、藤村の初恋の人、おゆふさん(おゆうさんと読むのかな?)の生家なんですね。
なんというか、文豪の甘酸っぱい記憶を掘り起こすようで、こっちも恐縮であります。

さて、大黒屋茶房で食べる物は、行く前から決まっています。
藤村の小説「夜明け前」にも登場する、栗おこわです。
茨城では なかなか食べられる物ではないし、長野の郷土の味でもあります。
これは食べる!と、旅の予定に強制組み込み。
 ・栗おこわ
 ・お吸い物
 ・山菜のお浸し
 ・ニシンの昆布巻き
 ・漬物
 ・フルーツ
これで1500円。
なかなか良心的なセットだと思う。
プラス500円の2000円で、茸の乗った蕎麦と、小ぶりなお魚(不明)の煮物が付くようです。
2000円のセットを頼むべきだったかも。
肝心の味ですが、どれも上品な味付けで、好感が持てます。
栗おこわは、甘い栗とモチモチしたおこわが相性ばっちり、ゴマ塩をかけていただきました。
お吸い物には、湯葉と紅葉麩が入っています。
こちらも上品な味付け。
山菜はあまり得意じゃないですが、食べてみたら、なかなか美味しかったです。
ダークホースはニシンの昆布巻き。
小魚の煮物などはお正月でも食べないのだけれど、これが一番旨かったなぁ。
フルーツは葡萄二粒。
葡萄が苦手な僕は、Pちゃんにあげてしまいました。
お店も綺麗だし、接客もきちんとしている、味も良いし、値段も手ごろとあって、大満足の一行でした。


だらだらとトラベル・レポートを連日書かないために、ここで終わらないのが、今回の報告書の良い所w
馬籠宿で絶対に食べようと思っていた物が、もう一つあります。
栗のソフトクリームです。
お土産屋や食事処が多い馬籠宿。
マロンソフト、栗のソフトクリーム、栗アイス。名前を変えてあちこちの店で売っています。
どこの店で食べるのが一番旨いか?
これも調べて行ったのですが、栗菓子の有名専門店「川上屋」の物が一番旨いらしい。
しかし川上屋に到着してみても、栗ソフトが置いてない。
う~ん、困った。
ガセネタを掴まされたのか? もうやめてしまったのか?
しょうがないので、適当な店を選んで食べる事にしました。
300円。
やや黄色みがかかっているクリームが、栗のアイスだよとアピールしています。
栗の味全開というわけではないけれど、後味に栗の味が広がって、なかなか美味しかった。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
振り返ってみると、食べてばかりの馬籠宿であった。

2013年10月15日 (火)

トラベル・レポート 長野県 馬籠宿&妻籠宿

20131015「木曾路はすべて山の中である。
あるところは岨づたいに行く崖の道であり、あるところは数十間の深さに臨む木曾川の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。
一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。」

島崎藤村の「夜明け前」の書き出しである。
この簡潔で、想像力を掻き立てる文章が描く情景が、今回の日帰り旅行の全てだった。

今回の行き先は、馬籠宿(まごめじゅく)、妻籠宿(つまごじゅく)である。
馬籠宿、中山道43番目の宿場で、木曽11宿の一番南の宿場町。
1895年と1915年の火災により、古い町並みは石畳以外消失したが、その後復元され現在の姿となる。
坂に沿う宿場で、多くの観光客が訪れる。
石畳の両側に土産物屋がならび、史蹟の保全がされている。
ほぼ中間地点に、旧本陣であった藤村記念館(島崎藤村生家跡)がある。
プラス20%のこう配と聞かされてはいたが、かなりの急斜面。
階段ではなく、石畳なので、楽なのか辛いのか分からない。
すごい人ごみで、ゆっくり歩いたり、写真を撮るのは難しい。
しかし、坂があるこの場所に宿場町を作るしか無かったのだろう。
当時はわらじでこの坂を人が行き交いしていたのだと思うと、興味深い。

馬籠宿を後にして、次の行き先に向かいます。
行き先は妻籠宿。
中山道42番目の宿場で、隣接する馬籠宿と合わせて木曽路を代表する観光名所として名高い。
経済成長に伴い全国の伝統的町並みが姿を消してゆく中、いち早く地域を挙げて景観保全活動に取り組んだことが評価され、1976年、国の重要伝統的建造物群保存地区の最初の選定地に選ばれました。
馬籠宿と妻籠宿はセットで見る人が多いそうですが、隣同士だし、同じ宿場町でしょ?
そんなに違いが無いんじゃないかと思っていたのです。
でも違いました。はっきりとね。
馬籠は坂の宿場町、お土産屋や食事処が多くあり、若者が多かったような気がします。
一方妻籠は平地にあり、お店は少なめ、歩く人々も落ち着きがある人が多かったような気がします。
妻籠は粛々とたたずんでいるような感じです。
どちらもそれぞれの良さがあるのですが、妻籠の方が好きだなぁ。

因みに島崎藤村の「夜明け前」はどういう話かというと・・・
僕も読んではいないのです。
でもこんな話だという粗筋は母から聞きました。
藤村の父親をモデルにした、明治維新前後の歴史小説だそうな。
時代が江戸から明治に変わる激動の時代を描いた小説は数多くありますが、そのほとんどが偉人達を中心とした話。
この「夜明け前」は明治維新を庶民の目から描く珍しい話だそうです。
時代が変わる夜明けを前に、藤村の父がどのように生きるのか?を描く。
新時代がやってくる事で、今の暮らしが少しでも良くなるだろうと期待を胸にしている藤村パパ。
しかし新政府になると、生活はさらに厳しくなり、藤村パパは、政府に訴えに行く。
でも何も現状は変わらないどころか、藤村パパは辛い仕打ちが待っていて・・・・ といった内容だそうです。
ラストまで主人公は報われないそうで、読んでいて辛そう。
ちょっと読むには、気力体力共に僕は満たしていないと思う。

写真は、妻籠宿の一枚。
建物をメインに撮りがちですが、思い切って、澄み切った秋の青空をメインに撮りました。
うん、写真のセンスは無いね僕は。

2013年10月14日 (月)

あぁ、食い道楽 深夜の台所にて、作るスイーツ、肥える爺さん

事ある毎に、インチキフレンチトーストを作ってます。
何がインチキで、何が正統なのかは僕には分かりません。
フレンチトーストの作り方を知らないからである。

卵と牛乳と砂糖を混ぜてときほぐし、そこに食パンを浸し、フライパンで焼くだけ。
本当はフランスパンやブリオッシュ?なんかを使うべきなんだろうし、浸す時間も一晩とかなんだよね。

でも、そんな時間無いし、正確にはお腹空いてて待ってられないわけです。
それに食パンをは長時間浸しておくとテロテロになってしまうので、10秒も浸したら、すぐに焼いてしまいます。

甘い卵焼きと、パンを足してみたような味なので、目新しさは無いけれど、これが結構旨いのである。
シナモンやバニラエッセンスを入れても、きっと美味しいだろうな。
シナモンは何処かで見たね。
冷蔵庫内かな?

これを深夜、静かな台所で作るのだから、危ないよねぇ~
包丁や火を使うから危ないんじゃないですよ。
ダイエットの事などすっかり忘れ、甘い物を求める執念の男。
そこが危ない。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
フレンチトーストは食べると、すべてお肉になってるような気がしますなぁ。

2013年10月13日 (日)

俺の パソ魂 絵心無き、あげる仙人、今回はコレだ

父方の血には絵心があって、それが脈々と続いていたりします。
昔は父の描いた油絵が家中に飾ってあったし、姉は美大に進み、姪っ子は小学生ながら僕よりも絵が上手い。
弟も美大に入るかどうかで悩んだようだが、芸術には少し精通していて、興味はあったみたいです。
で、僕の話なんですが、皆さんのご想像どおりです。
その血は来ていない(笑)
全くもって来ていない。
何でだ。何故だ。どうしてだ。

ピアノが弾ける人と同じくらいに、絵が描ける人を尊敬する僕。
小学生の姪っ子ですら尊敬の対象なのである。

さて、もう5年くらい前かなぁ。
電機屋の片隅で売っていた、ペイントソフトを買ったのは。
ブログに手書きのイラストでも載せてみようと軽い気持ちで買ったのだが・・・・
特殊なペンを使って、パソコンで絵を描くソフト&機材なんですが、絵心が無い僕には、全く使いこなすことができず、押入れの奥に封印。
高校時代のアルバムと一緒にそれは、開けてはならぬ物として封印され、パンドラの箱として70年が経った。
否、5年前に買ったと書いてしまっているので、5年しか経ってないが・・・
やっぱりブログは、文章で勝負しないと・・・と言い訳をこしらえた事は言うまでも無い。

月日は流れ、世代も変わる。
姉がパソコンを購入し、姪っ子に本格的な絵を描かせるために、このペインティングソフトの封印を解くことに。

姉がパソコンを持ってきたので、僕がインストールから設定から、色々と雑用をこなします。
姉は、パソコンとペイントキットを持って帰った。
ユーチューブで「描いてみた」と入力すると、とんでもなく絵が上手い人の作業風景が早送りで見られるが、あのレベルに到達したら、ホントもう一生尊敬ですなぁ。

姉は多少このソフト&機材に興味を示しましたが、おそらく飛びつくのは姪っ子であろう。
このペイントキット、リサイクルショップに売りに行ったところで、1000円になればいいところだろう。
絵心がある人に使ってもらうのが、一番なのである。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
で、何で僕に絵心が無いんだって話さ。

●今日の押さえドコ
  ペイントソフトは、使いこなせれば、かなり面白いと思う。
  絵心無き者には、まったくのガラクタになるだろう。

2013年10月12日 (土)

トイレが嫌、否、何か出るわけじゃないけれど

嫌だ嫌だと、何が嫌だって言うと、トイレである。
トイレに行きたくない。

コーヒーを飲んで、日中眠らないようにしているわけですが、コーヒーには利尿作用があるらしく、1時間おきくらいにトイレに行きたくなる。
自分の部屋の中にトイレはあるし、トイレが最悪に汚いとか言う事もない。綺麗なトイレである。
綺麗だが、トイレットペーパーがいつも足りないとか、そういう事も無い。
もちろん、霊が出るとか、そういう話も無い。
まぁ、霊感ゼロなので、出てるのかもしれないが・・・(笑)

なんでトイレに行きたくないのかを、自分なりに考えてみたのだけど、ただただ面倒だからである。
僕の代わりにトイレに行ってくれる人がいるのなら、是が非でもお願いしたいのである。
月極で契約したいくらいだ。

トイレまで、たかだか数メートル移動するだけなんだけどさ。
体が重いからっていうのもあるのかなぁ。

トイレに行くとおやつを一つプレゼント。とか
トイレに行くと1回くじが引ける。とか
トイレに行くとTポイントが貰える。とか
トイレに行くメリットがあるとイイのだけどなぁ。

そんな事考える人なんていないか・・・
トイレは用をたす場所であり、それ以上でも以下でもない場所なのだろう。

うつ病が治って、体が軽くなったら、「トイレ行っちゃうよぉ~ いえ~い」って言えるのかなぁ・・・

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
なるべくトイレに行く回数を減らすように作戦を練る毎日です。

2013年10月11日 (金)

ダイエット奮闘記 リバウンドしつつも食べたい物・・・

ぎゃぁぁぁぁっす。
久々に体重計に乗ったら、72.Xkg。
細かい数字は、モザイクがかかってて見れえませんでした。
多分、72.5kg とか 72.7kg とか行ってたような・・・

ご飯を大盛りで食べ、深夜に夜食を食べてんのが効いてるんだろうなぁ。
ケーキに今川焼きに、あく巻き、甘いものばかりだ・・・
ブンブンに行ったら、小さくてメープルシロップが挟んであるホットケーキがあるんだけど、それが美味しくてねぇ~

いかんいかん。
反省を書くつもりが、いつの間にか、最近のマイブームを書いているじゃないか・・・

食欲旺盛。
イイ事なんだろうけど、太ってきているから、安心はできませんなぁ。
晩御飯を減らし、夜食は絶対に食べない。
これで行こうと思います。

体重計に毎日乗る習慣をつけないと、この勝負、負けるっ!?

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
あぁ、あのホットケーキが食べたい・・・(懲りてねぇ)

2013年10月10日 (木)

ドコモのトイレにダイブしてみた

滅多な事じゃない限り、行く事の無い場所、それはドコモショップ。
子供の頃から、物を大切にしてきた爺さん(推定90歳)。
携帯も、壊れるまで大切に使うので、なかなかドコモショップには行かない事になるのである。

金持ちになれたら、毎年、スマホを買い換えたりするのだろうか?
お金が有り余っていたら、2台持ちとかするのだろうか?
答えはNOだ。
貧乏性と言われたら、反論なんてできないけれど、物に愛着を持って、最後まで使い倒すというスタンスは変わらないだろう。

さて、今の緑亀携帯(珍しい黄緑色の携帯)は、まだまだ壊れそうにないのだけれど、ドコモからiPhoneが発売されるというニュースは、気になってはいた。
ドコモショップの隣の駐車場で、人を待つ事があったのだけど、時間が少しあったので、5分だけという事にして、ドコモショップに入ってみた。

一番目立つ場所にiPhone5が置かれていて、ドコモの気合の入り方が良く分かる。
思っていたよりもiPhone5小さかったなぁ。
いつもの「ほ、欲すぃ」が出なかったので、やはり、爺さんは緑亀携帯のまま、どこまでも突き進むのでしょう。

お腹がコロコロしてきたので、ドコモショップのトイレだけかりて、店を後にしました。
「冷やかし」の部類に入るであろう、数分間の入店は。
もうちょっと月額料金が安くなってくれたら、買い換える かも。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
冷やかしはやめとくれ。

2013年10月 9日 (水)

あぁ、食い道楽 セブン○○、プレミアム○○、そんなトコさ

ブンブン(セブンイレブン)のレジ脇に、コーヒーマシンがあるの気付いた人いる? と書きました。
(レジ脇の黒箱、その時ビビリは へのリンクは こちら

呼び方が分からないけれど、コーヒーを作るマシンなんだから、コーヒーマシンでええじゃないか と書いたのですが、正式名称が分かりました。
コーヒーメーカーです。
ウソです。

どうせ、ブンブンのネーミングセンスなんて分かりきってますから、「セブン○○」って言うんでしょ?
ちょっと捻ったとしても、「プレミアム○○」とかでしょ?
あるいは「金の○○」とか。

ネットで正式名称を調べようとグーグルさんのお力を借りて、適当にキーワードを入力。
「セブンカフェ」

適当にブンブンが付けそうな名前を入れたのですが、なんとこれが、正式名称だったらしく、正解にいきなり辿り着いてしまいました。

せっかくなので、HPを読んでみます。
ホットコーヒー、アイスコーヒー共に、レギュラーが100円。
ラージが150円。
安いではないか。
そして、ホットとアイス、サイズが2つで、計4種しか売ってないのも、清くて感心した。

僕が怖くてこのセブンカフェが使えない理由に、買い方、入れ方を教わる事が怖いという物があるのですが、買い方も載ってます。
ホットはレジで注文し、ホット用カップを受け取ってくださいとある。
アイスは、冷凍ケースにあるアイス用カップをレジまでお持ちくださいとある。
アイスだけ注意だね。

作れるコーヒーが、ホットorアイス、レギュラーかラージの4種類しかないので、ボタンも4つしかありません。
90歳の爺さんには、有難たやアリ型や。

すでに利用した人も多いようで、安くて、質が良くて、簡単で、と3拍子揃っているセブンカフェは、早くも定着しつつあるみたい。

他のコンビにもコーヒーに力を入れてくるのは確実で、どこのコーヒーが好きなんす。っていう各こだわりが出てくるんだろうね。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
僕は前に書いたけど、スイーツばかりに金を注ぎこむので、あまり関係ないかなぁ。
今日の話、全く意味なしw

2013年10月 8日 (火)

手から離れるあぜ道、引退か・・・!?

あぜ道通信が最近賑やかです。
コメントを残していってくれる人が増えているからです。
コメントは書かないけれど、読みには来ているという人も多くて、更にアクセス数が増えています。

毎度言っている事ですが、皆さんあってのあぜ道通信です。!!
これはもうキッパリ言えますね。
皆さんあってのあぜ道通信(何故に2回言う?w)

例えばアクセス数が毎日10件しかなかったら、たぶん毎日更新するモチベーションが無くなると思うんですよね。
それが今、毎日300~500件ほどありますから、本当に皆さんあってのあぜ(3回目で自粛)です。

読んでくれるから書く。
読んでくれるから書く。
これの繰り返しで、もう7年以上、ほぼ日刊で更新してるんだから、自分でも驚き。

「俺の嫌いな言葉は、1番が努力で、2番目がガンバルなんだぜーッ」っと言ったのは、JOJOの主人公ですが、僕も似たようなものかなぁ。
ほかに継続している事は無いし、あぜ道通信の更新くらいだもんな。

僕が何を書こうが、みなさん勝手に違う話をしているのも、イイ事だと思う。
僕の話はマニアックだし、皆の話したい事を勝手にやりくりしてくれた方が、面白い事になりそうですしね。

マナーのイイ人ばかりで、管理人は何もしてません。
皆勝手に書いて、勝手に笑い、勝手に和んでくれてるようで、僕も嬉しいかぎり。
僕も管理人というより、イチ読者になっているような感覚もあって、あぜ道通信が今後どうなっていくのか見届けたいと思います。
ちょっと他人事ですかねぇ?
でも、このブログは僕の手から離れて、皆が助け合って、笑いあえるような場所になりつつあると思うのです。
僕は、隠居かなぁ・・・・爺さん90歳だけに。

「どれ、今日の爺さんの小話を読んだら、今日起こったあの話を書き込んでみよう」って感じになってほしいなぁ。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
引退・・・・しませんよ、マダマダ。

2013年10月 7日 (月)

あぁ、食い道楽 レジ脇の黒箱、その時ビビりは

全国的にはどうなっているか分からないのだけれど、書いておこう。
最近、ブンブン(セブンイレブン)にコーヒーマシンが置かれてませんか?
レジの隣に、結構デカい黒い機械が鎮座してません?
否、コーヒーマシンという呼び名ではないと思うのだけど、コーヒーが出てくる機械なのだから、コーヒーマシンでしょ?(笑)
そう呼ばせてもらいます(キリリ)

いつの間にか置かれていたような気がするんだけど、ここ半年くらいの間に、どの店にも設置されてきたような気がする。

入れたてのコーヒーは、とても香りが良く、レジ周りはコーヒーの香りでイイ感じ。
コンビニというより、スタバにでも来てしまったような印象。
プラスチックの容器に入っていて、ストローで飲むコーヒー、それと缶コーヒーも、今までと同じ場所で同じように売っています。
第3のコーヒーを出す意味なんてあるのか?と思ったりもするのだが、けっこうお客さんにも浸透してきてるみたいで、店内に入ると、毎回1人くらいは、コーヒーを入れている所に出くわす。

マシーンの上に、透明な容器があってコーヒー豆がセットされているのが見えるのですが、コーヒーを作りだすと、その豆が減っていくんですよねぇ。
「今、あなたのコーヒーの豆を挽いてます」 という演出になっている。
コーヒー好きだったら、迷わず挽きたて ですよね。

でも、コーヒーを飲むなら、泥立地(ドロリッチw)を飲むという爺さん。
今のところ利用する予定はないのだけれどね。

というか、利用できないよね。
やり方分かんないし、お会計はレジでするのかな?
その辺りも分からないしさぁ。
豆が減っていくのは見たのだけど、どのスイッチを押すのか?とか、容器はレジで貰うのか?とかね。
ファミレスにあるドリンクバーの操作も、ビビりながらやってるようなところがあるので、ちょっと手を出せません。

コンビニって人が沢山いるから、教えてもらう様子を、他のお客さんに見られるのは怖いし、教えてもらってる時に、レジが混んでしまったらとか考えると、ますますできません。

そう言えば、レジ脇にある、フライドポテトやら、アメリカンドックとかも買った事が無いなぁ。
おでんも買った事無いし。
それって、今時珍しい絶滅危惧種なのかなぁ。僕。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
いつもいつもスイーツだけ買う爺さんなのでした。

2013年10月 6日 (日)

デジ物コバナシ お芋の季節、恒例のアレ

今年もやってきましたこの季節。
ご飯が美味しくなる秋であります。
特にお芋や南瓜が食べたくなりますなぁ。
っていう話は“食い道楽”のコーナーでやりなさい。

今回は“パソ魂”の話です。
やってきたこの季節はと言うと、パソコンのセキュリティソフトの更新の季節だという話です。
セキュリティーソフトがないと、ネットに怖くて繋げない。
メールもネットサーフィン(既に死語か?w)も、ブログの更新もできましぇん。
でも、な~に難しい事はありません。
電機屋に売っている、ソフトを買ってきて、インストールすればイイんです。

ところが、去年その安心感が崩れた。
ソフトを1つ(CD-ROM1枚)買えば、パソコン3台にインストールできるのですが、この内の1台、TypePがインストールできなかったのだ。
この辺りの話へを読みたい人は、こちら をクリック

結局、買ってきたソフトを2台のPCにインストールし、残りのTypePへは、別のバージョンのソフトを買い、インストールした。
つまり2つソフトを買ったのである。
つまり、6千円余計に支払ったのである。
6千円あったら、ピザポテトいくつ買えるんだよぉって話です。

さてさて、昨年6千円余計に支払った事で、今年はどうしようか?と考える僕である。
他のセキュリティーソフトを買う事も検討したのですが、やはり、ノートンインターネットセキュリティーが安心なんだよなぁ。
昔会社で使っていたのも、ノートンだったので、もう10年以上のお付き合いなのだ。

とりあえず、問題児のTypePに、今年版のソフトの体験版を入れてみて、動くか(インストールできるか)を調べ、動作を確認したら、ソフトを正式に購入するという方法にしました。
またソフトを2つも買うのは厳しいっスカラね。
うん、賢い!

体験版をさっそくインストールすると、あっさりと終わった。何事も無く。
計3台に体験版を入れると、どれも問題なし。
すばらしい。
っていうか、本来こうあるべきですけど。

その後、正式版を購入し、今年のセキュリティーソフト騒動は落着しました。
これでまた、ネットサーフィンが1年間できる!!(死語)
これで安心して、お芋が食べられるっ!!

●今日の押さえドコ
  セキュリティーソフトはノートンにかぎります。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
安全、安心、買って損ナシ、ダヨネェ~

2013年10月 5日 (土)

あぁ、食い道楽 良い物はヨイ、だから置いてくんない?

ブンブン(セブンイレブン)に行ってばっかりで、ローソン、ファミマにはなかなか行けません。
そんな僕なので、他のコンビニの事は分からないのですが、ブンブンはPB(プライベートブランド)商品にどんどん力を入れるようになってますよね。

それが顕著なのは、パンコーナー。
PBの金の食パンが大ヒットしたのは記憶に新しいですよね。

以前はヤマザキのアップルパイが置いてあったのに、今ではどのブンブンに行っても置いてない。
もうパンは100%、PBなんじゃないかな。
スイーツも他のメーカーの物ってないかも。
丸ごとバナナや、ロールちゃんも見かけなくなったし。
モンテールのスイーツも置いてない。

PBにする事で、ブンブンは間に別会社を通す事なく売れるので、安く商品を提供できるし、その安さは、そのまま消費者にもご利益があります。
こうして書くとイイ事尽くめなのですが、やはり、昔人気があった商品もあるわけで、それらはブンブンで売っても良いんじゃないかと思う。
まぁ、食べたいだけですけどね。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
ヤマザキのアップルパイ・・・食べてぇ~
ロールちゃん・・・会いてぇ~

2013年10月 4日 (金)

一人時間差アタック、ひっそりと終了

はっ!! 寝過ごしてしまったっ!!
ブブ彦の散歩、行ってない。
今は夜の7時。
いつもなら散歩は5時に行っているから、ブブ彦もオシッコ我慢しているはず。
いやもう漏らしてしまったかも!?

とりあえずブブ彦を連れて散歩に出かけます。
帰ってくると母がリビングに居て、お茶をすすっている。
特に会話もせずに自室に戻り、時計をぼーと眺める。

いったいいつから寝ていたのか?
お昼ごろからずっと寝ていたような気がする。

散歩も無事終わり、ブブ彦さんもスッキリした様子。
さて、自室に戻って、ふと時計を見る。
7時半・・・
何かおかしい、何か見落としてる、何か勘違いしている。
夏でもない夜7時なのに、随分と外が明るいなぁ。
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
じぇじぇじぇっ、今夕方ではなく、朝の7時半じゃんよ。

最近薬の副作用で、記憶が無くなったり、色々とミスをしてしまったり、ボーっとしてしまったりするのですが、何と半日勘違いするとは。

周りからしたら、昨晩普通に寝て、起きてブブ彦の散歩に行った。
っていうだけのことなんだけど、自分からすると、ショックである。
そこまで堕ちたか!!

酒を飲んで記憶が無くなるというのはこういう感覚なのかもしれない。
半日得したのか?
起きていられる時間が限られているので、生活習慣は昼夜逆転になっているからなぁ。
朝も夜も訳分からんです。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
もっとチャキチャキ生活したいねぇ。

2013年10月 3日 (木)

ブブ彦日記 下ばっかり見ている奴には・・・

20131003_2黒子豚は、、、というよりも犬全般に言えることですが、犬は地面の臭いをかぐのが大好きである。
好きを通り越して、生きる事は嗅ぐ事であるとも言い換えることができます。

さて、黒子豚。
こいつも下ばっかり見ているので、手で顔を持ち上げさせて、パチり。

これと言って、珍しい写真にはなりませんでした。
黒子豚は、ちょっと嫌そうな顔をしました。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
今日の服は「まるふく」の服です。

2013年10月 2日 (水)

遅ればせながら、やっと見終わった

NHKの連続テレビ小説あまちゃんを全話見終わりました。
脚本は、あの宮藤官九郎。
クドカンのドラマにハズレ無し!!
っと言いたいところですが、僕はありまりクドカン作品を見たことがないのだ。
木更津キャッツアイも見てないし、ピンポンも見てないし、ゼブラーマンも見たことがありませんん。

唯一見ていたのは、タイガー&ドラゴン。
これが最高に面白かったので、
だからあまちゃんも面白いだろうと思って、初回から撮り溜めました。
放送は半年間なので、長丁場になります。
毎日15分1話ですから、じれったいでしょ?
撮り溜めして一気に見たいし。
別に話の展開が遅いわけではないのですが、15分だけという焦らしが、どうも苦手。
それに8時に起きられないし・・・w
15分が嫌だとか、焦らしだとかいってますが、起きられないからというのが、一番の理由なのかもw。

さて、あまちゃんの話ですが、大きく分けると、
前半は、東北三陸海岸の架空の町・北三陸市が舞台。
東京の女子高生・アキが母の故郷に行き、
祖母の後を追って海女となり、人気を得て地元のアイドルとなる姿を描く。

中盤以降では、アキが地元アイドルたちを集めたアイドルグループのメンバーとしてスカウトされ、アイドルになるため奮闘する。

終盤では、2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災を描き、アキが北三陸に再び戻り、復興に携わる姿を描く。

基本的にちょくちょく小ネタが散りばめられていて、笑いっぱなし。
関西人にはクドカンのシュールな笑いが合わないのか、関西地区は何故か視聴率が悪かったようですね。
僕は笑えたけどなぁ。

朝のテレビ小説がどれだけの人が見ているかは、分からないけれど、震災の瞬間を描くのは、最後まで悩んだろうなぁ。
前半、中盤と、元気いっぱいのアキちゃんに引っ張られるように、楽しいやり取りを見ていたのですが、まさか震災の瞬間とその後の事を描くとはね。
楽しかったドラマの時間が、重苦しくなってしまって、と怒っているのではありません。
震災から立ち上がる人たちが描かれ、勇気をもらいました。
みんな、震災なんか起こらなかったような振る舞いをするのですが、それぞれ皆悲しみを背負っているのです。
悲しいからこそ笑え と言われているようでした。

東北地方が舞台なので、観光客が被災地に入り、お金を落としていってくれるだろう。 その程度しか考えてなかったのですが、クドカンは、最初から震災の瞬間を描こうとしていたような気がします。
前半、中盤は人物紹介で愛着を持たせ、後半、震災後にその人たちがどう行動したのか?それを見せるための前置きだったのでは?と。

みんな笑顔とユーモアを忘れず、地道に復興を目指す登場人物たち。
そんな姿を見ていたら、少しだけウルウルしてしまって、自分でも驚き。
まさかあまちゃんで泣くとは(笑)

ラスト、アキとユイちゃんの後姿に合わせて、テーマ曲が流れて、僕は鳥肌が立つような感覚がありました。
半年間の楽しみも、ここで終わり。
続編は無いだろうと言われてるし、本当にお別れですね。
希望に満ちたエンディングに拍手。

最高の時間を過ごさせてくれました、あまちゃん、NHK、クドカンにお礼が言いたい。
ありがとうあまちゃん。
ありがとうクドカン。
ありがとうNHK。

今日もあぜ道通信を見に来てくれてありがとう。
ごちそうさんも見ないと!!
切り替えハヤっ!!

2013年10月 1日 (火)

あぁ、食い道楽 船場亭、鮎釜飯

20131001お隣の県、栃木に小旅行してきました。
日帰りのチープトリップ。
今の季節、暑くも無く、寒くもなく、外出日和ですよね。
普通なら、
・部屋から出たくない。
・黒豚とゴロ寝してたい。
・とにかく身体が重い。
とわがままばかり言っている僕でありますが、今回は餌で釣られて外出。

行き先は隣の県である、栃木。
船場亭(ふなばてい)という名前の店です。
山奥にあり、目印も何も無いので、ナビが無いと遭難は確実。
「コーラを飲んだら、ゲップが出るくらいに確実」(ジョジョネタw)

萱葺き屋根に、囲炉裏、レトロなブリキの看板など、昭和初期?の古い家具が店内に置いてあって、雰囲気抜群。
平成っ子の僕としたら、タイムスリップでもしたかのような店です。

山奥を流れる清流に、やなが組まれていて、そこで獲った鮎を、炭火で焼いてくれます。
鮎が食べられる事は分かっても“やな”が分からない人、います?
僕のボキャブラリーでは到底説明できないので、分からない人は置いていきます。
しょうがない。 だって“やな”の説明が出来ないんだよぉ~
斜めになっていて、川に突き刺さってて、魚も水もぐわーと迫ってきて、魚だけ取り残されて・・・ それが“やな”さ。
この店のホームページを載せておくから、興味がある人、あるいは暇な人wは、見てみてください。
やなも写ってますから。
船場亭URL http://www.funabatei.jp/

さて、やなの説明ができない事に落ち込むことなく、話を進めます。
13時にお店に着いたのですが、駐車場はすでに満車。
こんな山奥にある店なのに、いつも車がいっぱいです。
雰囲気が良いだけではこうはいかないですよね。
サービスも良いし、味も良いのです。

まず鮎の塩焼きを注文。
普通の鮎ではなく、子持ちの鮎を注文する事にしています。
子持ち鮎は一匹で、800円ほどします。
子持ちじゃない鮎(雄?)は2匹で700円です。
倍の値段を出してまで食べたくないという人もいますが、子持ち鮎を見れば一目瞭然、体の大きさ、長さも太さも全然大きいのです。
そして卵でお腹がパンパンになっていて、とても美味。
塩加減も絶妙だし、パリパリの皮と塩がとても旨い。
やっぱり子持ちじゃないとね。 と今年も頷く爺さんでした。

さて、鮎の塩焼きを食べて、満足する爺さんではありません。
メインは他にあり。
鮎釜飯である。
ご飯と鮎を炊き込み、炊き上がったら、鮎の身をほぐして混ぜて、テーブルに出す。という物で、鮎の味がご飯にしみ込んでいて、後引くうまさ。
オコゲの旨さは言うまでもない。
注文が入ってから炊き始めるとあって、30~40分程待つ事になるけれど、待っている間に、鮎の塩焼きが来たりするので、イライラする事は無い。
やなに降りて、仕掛けに引っかかった鮎を眺めるもヨシ。
この鮎釜飯は、是非食べてもらいたいなぁ。
蕎麦やうなぎも提供しているのだけど、やっぱりこの店は鮎に始まり、鮎に終わるであろう。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。
来年も行こうではないか。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »