« あぁ、食い道楽 船場亭、鮎釜飯 | トップページ | ブブ彦日記 下ばっかり見ている奴には・・・ »

2013年10月 2日 (水)

遅ればせながら、やっと見終わった

NHKの連続テレビ小説あまちゃんを全話見終わりました。
脚本は、あの宮藤官九郎。
クドカンのドラマにハズレ無し!!
っと言いたいところですが、僕はありまりクドカン作品を見たことがないのだ。
木更津キャッツアイも見てないし、ピンポンも見てないし、ゼブラーマンも見たことがありませんん。

唯一見ていたのは、タイガー&ドラゴン。
これが最高に面白かったので、
だからあまちゃんも面白いだろうと思って、初回から撮り溜めました。
放送は半年間なので、長丁場になります。
毎日15分1話ですから、じれったいでしょ?
撮り溜めして一気に見たいし。
別に話の展開が遅いわけではないのですが、15分だけという焦らしが、どうも苦手。
それに8時に起きられないし・・・w
15分が嫌だとか、焦らしだとかいってますが、起きられないからというのが、一番の理由なのかもw。

さて、あまちゃんの話ですが、大きく分けると、
前半は、東北三陸海岸の架空の町・北三陸市が舞台。
東京の女子高生・アキが母の故郷に行き、
祖母の後を追って海女となり、人気を得て地元のアイドルとなる姿を描く。

中盤以降では、アキが地元アイドルたちを集めたアイドルグループのメンバーとしてスカウトされ、アイドルになるため奮闘する。

終盤では、2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災を描き、アキが北三陸に再び戻り、復興に携わる姿を描く。

基本的にちょくちょく小ネタが散りばめられていて、笑いっぱなし。
関西人にはクドカンのシュールな笑いが合わないのか、関西地区は何故か視聴率が悪かったようですね。
僕は笑えたけどなぁ。

朝のテレビ小説がどれだけの人が見ているかは、分からないけれど、震災の瞬間を描くのは、最後まで悩んだろうなぁ。
前半、中盤と、元気いっぱいのアキちゃんに引っ張られるように、楽しいやり取りを見ていたのですが、まさか震災の瞬間とその後の事を描くとはね。
楽しかったドラマの時間が、重苦しくなってしまって、と怒っているのではありません。
震災から立ち上がる人たちが描かれ、勇気をもらいました。
みんな、震災なんか起こらなかったような振る舞いをするのですが、それぞれ皆悲しみを背負っているのです。
悲しいからこそ笑え と言われているようでした。

東北地方が舞台なので、観光客が被災地に入り、お金を落としていってくれるだろう。 その程度しか考えてなかったのですが、クドカンは、最初から震災の瞬間を描こうとしていたような気がします。
前半、中盤は人物紹介で愛着を持たせ、後半、震災後にその人たちがどう行動したのか?それを見せるための前置きだったのでは?と。

みんな笑顔とユーモアを忘れず、地道に復興を目指す登場人物たち。
そんな姿を見ていたら、少しだけウルウルしてしまって、自分でも驚き。
まさかあまちゃんで泣くとは(笑)

ラスト、アキとユイちゃんの後姿に合わせて、テーマ曲が流れて、僕は鳥肌が立つような感覚がありました。
半年間の楽しみも、ここで終わり。
続編は無いだろうと言われてるし、本当にお別れですね。
希望に満ちたエンディングに拍手。

最高の時間を過ごさせてくれました、あまちゃん、NHK、クドカンにお礼が言いたい。
ありがとうあまちゃん。
ありがとうクドカン。
ありがとうNHK。

今日もあぜ道通信を見に来てくれてありがとう。
ごちそうさんも見ないと!!
切り替えハヤっ!!

« あぁ、食い道楽 船場亭、鮎釜飯 | トップページ | ブブ彦日記 下ばっかり見ている奴には・・・ »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

関西人でも あまちゃん
ハマりましたよ
クドカン大好き。
前にも書いたけど、本も読んでる

喫茶アイドルのマスター
松尾スズキ氏率いる
劇団大人計画。

吉田君役の
荒川良々

南部ダイバー、イッソ先生役の
皆川猿時

安部ちゃんの後任で「豆ぶ」
作ってた
伊勢志摩

他には出てないけど
阿部サダヲ とかね
皆大好きなの

それと知ってたらゴメンね
クドカンは宮城県出身で
御実家は被災されてます
だから3、11の事が
書けたのでしょうね

私的にはタイトルに行く前の
数秒にハマりましたね~(笑)

今日はねぇ~
母の主治医に
「厳しい状態だ」って言われた
何処まで持つかわからないけど
悔いのないお別れをしたいと
思います。

まさ爺、今日もありがとう。

M姉さん、こんばんは。
現在再放送中のタイガー&ドラゴンを見てみたら、あまちゃんに出ている人ばかりじゃないですか。
クドカンドラマの常連?なんでしょうか?
あの人、この人、どんな役で登場してくるのか、詳しかったら面白かったんだろうなぁ。

クドカン宮城出身でしたか。
なんとなくですが、そうなのかなぁ?と思ってました。
地元愛がビシビシ伝わってきましたから。

お母様の事ですが、M姉さんが書いているように、悔いを残さないようにしてくださいね。
いっぱい声もかけてあげるといいと思います。

こちらこそ、コメントありがとう。
しっかり食べて、しっかり寝てくださいね。

この記事へのコメントは終了しました。

« あぁ、食い道楽 船場亭、鮎釜飯 | トップページ | ブブ彦日記 下ばっかり見ている奴には・・・ »