« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の31件の記事

2014年1月31日 (金)

出陣!イエローハットの戦い

一昨日、車のバッテリーが(寿命で)あがってしまって、JAFに助けを求めた件の続きです。
今日、イエローハットに行く事にしました。
ブログでは一昨日の話ですが、実際は、昨日の今日でと、間を開けていません。
それはバッテリーが本当に限界だという事だからです。
日にちを開けると、またJAFのお世話になってしまう心配があるので、今日行かないといけない。
また同じJAFさんに来てもらったら、申し訳ないですもんね。
合わせる顔が無いですしw

くぅ、今日も体が重いぜ。
12時に出発しようと思っていたけれど、動けない、2時間あぁだこうだと葛藤し、14時過ぎに出発。
イエローハットは車で5分くらいの場所なので、近いのです。
駐車場に車を停めて、エンジンを切りました。
切ってしまって良かったのか?
ここでエンジンがかからなくても、作業場までの10メートル、押して行けばいいかぁ。
その時は、自分も押すの手伝いますっ!

受付に行って、何と言えばイイのか?
分からないので、そのまんま状況を伝えます。
「すみません、バッテリーが寿命みたいで、交換したいのですが・・・」
「はい、分かりました。 お名前と車種をご記入ください」
「Y、将志」「パジェロミニ」
「あとウィンカーがおかしくて、点滅がチカチカチカと早いのですが・・早いのって切れてるのか、切れそうなのか、そんな感じですよね?」
「では、バッテリー交換と、ウィンカー交換ですね」
「40~50分ほどかかりますので、あちらでお待ちください」

終わった・・・
コタツから出て、イエローハットに行くまでで、気力は使い果たしました。
苦手な受付がある事は忘れていて、ペース配分してしまったけど、なんとか受付も済ませ、あとは車の修理が終わるまで待つだけ・・・
終わった・・・今日のノルマは終了。
燃え尽きたぜ、おやっさん。
だが、これで終わらなかった・・・
作業員さんがやって来て、ウィンカーを一緒に見てほしいと言う。

ウィンカーの電球のソケットのプラスには電気は来ている。
テスターで調べたので間違いない。
しかし、マイナスには電気が流れていないと言うのです。
電球が切れていると思っていたが、そうではなく、ソケット内の配線がおかしくなっているらしい。
こうなるとディーラーさんに見てもらわないと直らないと言われました。

ウィンカーが点かないからと言って、普通に走る事はできます。
でも直さないとなぁ。
ディーラーに行かないといけないのかと思っていたけど、Pちゃん(父)に聞いたら、普通の整備工場でも同じ事ができる との事。
行き着けの徒歩でも行ける距離にある整備工場は、デリカシーが無いというか、空気が読めないというか、好奇心が強いというか、僕は今何をしているのか?を執拗に聞いてくる。
かなり、やっつけられます。
極力行きたくないのです。
そうなるとディーラーさんかぁ・・・・

気が重いぜ、体も3割り増しで重い気がする。

この車、常に故障してるような気がするなぁ。
パンクもしたし、ウィンカーが壊れた事もあったっけ、そうそう、ファンベルトが切れた?事もあったなぁ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
ハズレ車を引いてしまったか・・・・
って気付くの遅いですよねぇw

2014年1月30日 (木)

あぁ、食い道楽 京都居酒屋やすだ 牛すじ本舗 の牛すじ

「旨い牛すじを食べてみたい」

東日本は、西日本ほど牛すじがメジャーじゃないのです。
ハモも東日本は、あまり食べませんしね。
食文化の違いなのか? たんに獲れないだけなのか?
それは分かりませんが、関東で牛すじというのはあまり見かけません。
魚は漁場やら水温やら潮の流れなどもあるから、獲れないという事があるでしょうけど、牛は全国で食べられているわけですから、牛すじも手に入るはずなのです。
なぜ、牛すじを食べないのか?
それは分かりませんが、東日本の人間は、本当に美味しい牛すじを食べた事が無いんじゃないかと思うのです。

そこで この話の冒頭に戻ります。
「旨い牛すじを食べてみたい」

ネットで検索してみて、取り寄せてみようという事になりました。
すると良さげな所を発見。
“京都居酒屋やすだ 牛すじ本舗” の牛すじです。
お取り寄せもできるそうです。
さっそく手続きをと思ったのですが、○○で1位になったとか言う自慢話が延々と続きます。
画面を下へ下へ進んでも進んでも、自慢ばかり。
もう20画面分くらい下に行きましたけど、自画自賛のページが続くばかり。
六厘舎の、お取り寄せサイトの見づらさを超えましたね。
六厘舎の見づらさもひどいのですが、それの3倍はひどい。
延々と自慢話を聞かされ、もう買うのをやめにしようと、何度も思ったのです。
でもまぁ、買わないと話が始まらないので、頑張って、進みましたけどね。
何とか注文を済ませると、受付完了のメールが届きました。

まさか、届いた牛すじにも、自慢話が載ってはいないだろうなと心配になりますが、それは無視して、食べる事に専念しようと思います。

それから数日、牛すじちゃんが届きました。
自然解凍はやめてくれと書いてあります。
湯煎で4分だそうです。
言われたとおりにやります。
4分のタイマーが鳴り、火傷に注意しながら、袋から牛すじを取り出します。
量が少ないです。
スープ込みで1袋 130gだそうです。
冷凍されていた時はもっともっと多く入っているような感じだったんだけどなぁ。
す、少くねぇ・・・
旨けりゃ全て帳消しですけどね。

さっそく食べてみます。
美味しいです。
でもちょっと甘すぎるかなぁ。
ちょっとだけですがね。
肉じゃがの甘さよりも、すき焼きの甘さに近いです。
え?例えが分かりづらいって?
ようするに、“甘い”んですよ。

T珍(母)が先日、牛すじの煮込みを作ってくれたのですが、そちらの方が美味しいと思う。
身内だから評価が甘くなるという事じゃなくて、ちゃんと客観的に見てですよ。
酒、醤油、砂糖で作ったシンプルな煮物でしたが、T珍の作った方が美味しいと思います。
これで一番売れている商品だというのですから、驚きです。

何やかんやと言いながらも、今回取り寄せた、“京都居酒屋やすだ 牛すじ本舗の牛すじ”は美味しかったですよ。
でも、我が家で作った牛すじの方が旨かったように、もっともっと旨い所は山ほどあるんでしょうなぁ。
現地に食べに行けたら最高ですが、そうも言ってられないので、お取り寄せに頼るしかありません。
まだお取り寄せできる牛すじがあるのでしょうか?
あったら食べてみたいなぁ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
牛すじブーム、まだまだ続きそうです。

延々と続く、自慢話のページへのリンクを張っておきますね こちら です。
どれほど、うざい自慢話か知りたい人は、行ってみてくださいねん。

2014年1月29日 (水)

車走らず、バッテリーの寿命!? どうするどうする?

車のエンジンがかからないぃぃぃぃい!!
昨日書いた “ショコラ発表デザートライブ” の予約が取れて、その料金を振り込みに行く必要があるのです。
爺さんは車が必要なのです。
「 振り込みは3日以内に 」というルールなので、それまでに入金しないと、僕の予約はキャンセルとなってしまいます。

さて、問題の車ですが、キーを回すと、キュルキュルキュルゥゥゥゥと鳴るのですが、エンジンはかからない。
2回目、3回目と回す度に、キュルキュルとなり、キュルとなり、どんどん弱々しくなっていくではありませんか!!
ヤバい・・・
完全にエンジンかからない。
ヤバい・・・
孤立した・・・バッテリーが逝かれちまった・・・
ヤバいヤバい。
どうするどうする?

車に詳しいPちゃん(父)の帰宅を待つか? JAFに電話するか? 迷ったのですが、とにかくPちゃんにメール。
すると、「JAFを呼べ」との返信。 
Pちゃんが帰宅する夜に車が動いたとしても、ライトなどをつける為に、思ったようにバッテリーが充電できないだろうし、すでに辺りは冷えてくるので、バッテリーが弱ってしまうという判断だったようです。

この日は10時にトシ・ヨロイヅカに電話をかけ続けているので、気力を消耗しています。
そうしたらと言うか、やはりと言うか、情けない事にJAFに電話がかけられない僕なのです。
怖い、恐ろしい、JAFカードを見ながら1時間、

電話をかける!
無理無理!
誰も手伝ってくれねーぞ、
それでも無理は無理
明日に持ち越そう
明日できるなら今日だってできるはず
電話かけられなかったとPちゃんに言ったら、きっと失望の目で見られる
じゃぁ今日電話するか?
かけるしかない!

と1時間以上、葛藤があり、思い切って電話しました。
電話かける時の記憶が無いから、ちょっとしたトランス状態、自己催眠、自己暗示をかけるような感じだったのかもしれない。
できるできるできる、やれっやれっやれっ って感じだったはず。

対応してくれた、JAFスタッフは、とても感じが良く、声もハキハキしていて、かなりの好感度です。
JAFカードに書かれている名前や番号やらを伝えると、すぐに作業員を手配すると言ってくれました。
あ~あ、この安心感、さすがです。
1時間、電話かけられないと駄々こねていたオッサンは何だったのか?

JAF作業員さんは、1時間後の14時過ぎに、我が家に来てくれて、すぐに直して、すぐに去って行きました。
3年前に頼んだJAF隊員が、かなりのお喋りで、参った経験があるもんで、ちょっとJAFは苦手だったのだが、この隊員さんは、寡黙気味で、「すみませんでした」と言ったら「いいえ、仕事っすから・・・」とでも言いそうな雰囲気だった。
ありがとう、JAF隊員さん。
そして以前のお喋りJAFさんは何だったんだか・・・
(タイヤがパンク、おしゃべりJAFにウンザリ・・・ へのリンクは こちら )

原因はやはりバッテリーだったようです。
最後に車に乗ったのが、2週間ほど前なのですが、冬の寒さで特にバッテリーが弱っていたらしい。
バッテリーの端子?接続部分の周りが白く結晶化していたのですが、これが見られたバッテリーはもう寿命だそうで、早急に買い替えをしてくださいとの事。

「今日これから出かけますか? そうすると、出先でまたエンジンがかからなくなる可能性があります」 と脅しをかけるJAF作業員さん。
でも僕は振り込みに行かないといけません。
どうする? 行くか? 出先でまたダメになったら、また同じJAFさんを呼ぶ事になるんだろうなぁ。 それは恥ずかしいし、迷惑かけすぎだろう。
どうする? 行くか? 行きましょう!!

庭でエンジンをかけ続け、1時間待ちました。
1時間エンジンをかけていて、どれくらいバッテリーが復旧しただろうか?
恐る恐る運転して、ATMのあるスーパーに到着。
エンジンを止めるの怖いなぁ。
エンジンをかけてまま行ってしまおうか? それもちょっと怖いなぁ。
帰ってきたら車が無かったなんて事もありえますし。
よしっ、エンジンを止めよう。
思い切ってエンジンを止めます。

ATMに行って、お金を振り込みます。
ついでなので、というかそれが目的でこのATMに来たのだが、カップラーメンとおやつを購入。
今日のおやつは、あん団子3本入りを2パック購入。
それと直径15センチくらいのレアチーズケーキも。

おやつを買っても、いつものワクワク感がありません。
ここで車のエンジンがかからなかったら、最悪である。
車に乗り込み、深呼吸を1回。
キーを回します。
きゅるるるるる、ぶろ~~~ろ~~~んとエンジンがかかったっ!!
よしよしよしよしよしぃぃぃ。
いい子だいい子だ。
っというわけで、なんとか自宅に帰ることができました。

今日はかなり頑張ったと思う。
 ・トシ・ヨロイヅカに予約の電話。
 ・JAFに電話。
 ・JAFさんとのやりとり
 ・料金の振り込み
と盛り沢山。 っていう程、やってない気もするが、僕的には、頑張ったぁ。

今日もあぜ道通信の遊びに来てくれてありがとう。
バッテリーを交換に行かないとなぁ・・・
はぁ、怖い・・・

2014年1月28日 (火)

あぁ、食い道楽 ショコラ発表デザートライブ、参戦か!?

“あぁ、食い道楽”のカテゴリでも、これまで少しずつ触れてきましたが、トシ・ヨロイヅカの鎧塚さんが、3年前、エクアドルにカカオ農場を立ち上げました。
あれからはや3年。
トシ・ヨロイヅカ、カカオファームでカカオの初収穫が行われました。
その初収穫ショコラ発表のデザートライブが1日限定で行われます。

エクアドルで、発酵、乾燥させたカカオ豆を空輸して、ロースト、粉砕、選別、精錬までの全ての工程を自社で行うという、世界でも前例の無い“畑からのショコラ作り”に成功したようです。
「したようだ」と過去形で話すのには訳があって、最初に届いたカカオ豆でチョコレートを作ってみて、鎧塚さんと親交がある有名シェフ達に試食してもらったそうです。
誰もが絶賛してくれたようで、鎧塚さん、自信の裏づけが取れて、意気揚々。

このショコラ発表デザートライブですが、参加するべきか迷ってました。
というのも僕はチョコレートがあまり得意じゃないからである。
安いチョコばかりを食べてきたからか、食べていると喉が痛くなってしまうのです。
今回のデザートライブも、正月のデザートライブと同じでコース仕立てになるようです。
正月のデザートライブとの違いは?と言うと、全てチョコレート尽くしになると言う点でしょうね。
参加するべきか?
僕のようなチョコレートが苦手、あまり食べ比べなどした事が無く、チョコレートに詳しくない人間が、限られた人しか参加できない、デザートライブに参加してしまって良いものか? と考えました。

迷いに迷ったのですが、参加しようと決めました。
鎧塚さんのスイーツは、こちらの予想を大きく覆す物ばかり出してくれるので、このチョコレート尽くしのデザートライブも、きっと素晴らしい物になるでしょう。
きっとチョコレートの見方が変わるような、固定観念をぶっ壊されるような、衝撃的なチョコレートが食べられる事でしょう。

参加すると決めたのはイイのですが、一つ忘れている事が・・・
今回も電話で予約を取らないといけません。
電話が繋がらなければ、それで終わり。
いくらこちらが参加したくても、熱意があっても、チョコが大好きでも、参加は出来ません。
各回定員14名。
12時、16時、20時の3回しかやらず、この日一日だけで終わってしまう、まさにお祭り、まさに大発表会、まさにプラチナチケットとなるでしょう。
予約取れるのか・・・?



<それから数日後・・・>
予約受付日になり、朝からソワソワしだす爺さん。
2度寝、3度寝をしても、眠っているのか、目をつむっているだけなのか、分からないような状態が数時間過ぎ、受付開始5分前になりました。
フライングで電話をかけるという、ずるい事はせずに、時間になったと同時に電話をかけるかけるかける。
繋がりません。
5分かけ続け繋がらず、10分かけ続け繋がらず、15分かけ続け繋がらず、20分かけ続けたその時、電話が繋がりました。
今年正月に行われたデザートライブの時と同じスタッフの声です。
どの回もまだ空きがあるというのですが、一番早い12時からの回を予約しました。
今回は僕1人での参加となります。
よっしゃぁ~予約取れたぁっ!!

電話を切って、リダイヤルの回数を見てみたら、70回ジャストでした。
70回もかけ続けたのか・・・
恐ろしいぜ、デザートライブ。
全国のチョコレート好きが何十回とリダイヤルとしている光景を想像すると、恐ろしくなります。

ショコラ発表デザートライブの開催日は、1週間後の2月4日(火)
あぜ道通信では翌日5日から、このデザートライブの様子をUPしますね。
何品出るのか分かりませんが、多分6皿?プラスお土産となる可能性が高い。
一日一皿の紹介なので、7日連続でスイーツの話をする事になります。
興味が無い人には退屈な一週間になってしまいますが、読んでくれたら嬉しいです。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
鎧塚さん、攻めてるなぁ~
チョコが苦手なのに参加する僕も攻めてるよねw

2014年1月27日 (月)

ブブ彦日記 土手下の決闘、ブルドッグの血統、猫の敗走

20140127ブブ彦は猫が大好きだと、度々言ってきました。
猫の方に行きたがるのは、一緒に遊びたいからだと思ってましたが、どうやら獲物だと思っている事が最近になって分かってきました。
コロコッロした体型のフレンチブルドッグが猟犬の真似事をするのだから、可笑しいのだけど、ブブ彦本人はマジ。

今回は、猫との直接対決です。
土手の下に猫が丸まって日向ぼっこをしてるのを、ブブ彦が発見。
猫の方向に行かせてくれと、リードをグイグイ引っ張ります。
ブブ彦の力は強いですが、引きずられて行ってしまうような事はありません。
行かせないようにする事もできるのですが、いつもいつも猫を横目にブブ彦を引っ張っていって無視させようとするのも、どうかと思い、今日は猫に近づいてみました。
ブブ彦が飛びかからないように、リードでコントロールしつつ、ゆっくりゆっくり近づきます。
5メートル・・・4メートル・・・3メートル・・・・
猫は背中の毛を逆立てて、体を大きく見せようとしてますが、はっきり言って、そんな姿を見て、ビビるブブ彦じゃない。
猪突猛進ならぬ、豚突猛進である。

近づくペースを緩めずに、お構いなしに猫に歩み寄るブブ彦。
猫も威嚇が意味無く、この勝負、勝てないと察したのでしょう。
隣にある木に飛びつき、上へ逃げました。
ブブ彦はというと、上に逃げた事が理解できてないらしく、辺りをキョロキョロ。
目の前の木の上に猫がいるのに、全く気付かない。
一瞬で猫が消えたと思っているようです。

1分くらいキョロキョロしてましたが、猫の事は見つけられないので、その場を後にしました。
猫も息を殺して、木の上にずっとしがみついているのも可哀想ですしね。

冬なので、猫が外にいることが少ないのですが、ブブ彦の猫LOVE騒動は、まだまだ続きそうです。
猫派の人には、虐待まがいで、申し訳ない話でしたね。
ブブ彦の普段の散歩は猫優先で行っております。
ブブ彦が猫を獲物だと思っている事が分かった以上、しっかりとリードコントロールしたいと思います。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
この犬、老犬なのに、パワフルだなぁ。
写真は、大好物の“パン”を前に、「待て」している様子。
パン食べてぇ~丸々太れよ、子豚犬。

2014年1月26日 (日)

あぁ、食い道楽 買ってみた~、初サムゲタン、美味しいの?

先日、東京に出た帰り道で、韓国の食材ばかりを扱う“倉庫 兼 お店”を見つけ、そこに飛び込んでみたと書きました。
(突入せよ! オール韓国の店 へのリンクは こちら
そこに寄った目的は、サムゲタンを買う事。

サムゲタンとはチキンスープの一種で、鶏肉の腹に高麗人参ともち米、にんにくなどを詰めた後、最低2~3時間ほど煮込んだ料理。(丸一日煮込む所もある)
1人1羽ずつ鶏が入るので、食べ応えがある。
熱いスープ料理ですが、韓国では夏バテ防止に食べるもので、日本で言う “うなぎ” のような位置づけの料理です。

さて、サムゲタンの お勉強はそこまでにして、買ってきたサムゲタンの話に戻します。
結構大きめの真空パックに入っていて、白濁したスープに鶏肉が入っている写真が載っています。
たまにやらかすのですが、食べる事に夢中になり、写真を1枚も撮らなかったというヤツです今回もw すみません・・・
写真無しで申し訳ないのですが、想像してお楽しみください。

袋を開けずに、湯煎する方法と、袋を開けて鍋で煮込む方法があるようですが、袋が大きいので、湯煎するのは難しいと判断。
前に湯煎してたら、湯に浸かってない部分が焦げて、大変な事になったので、今回は鍋にあけて火にかける方法にしました。

1袋で3人前だと、お店のオジサン(お兄さん?年齢不詳)が言ってました。
それを2袋買ってきたのですが、2袋とも鍋に入れて火にかけます。
すぐに温まり、大きめの丼によそります。
鶏が1袋で1羽分の量ですね。
3人前だから鶏3羽入っているという事は無いみたい。(当たり前か)
鶏肉は骨から簡単にほぐれる程煮込んでありますから、各人の丼に同じ量の鶏肉と分けることが出来ました。

熱いうちに、さっそくいただきます。
スープはあっさりしているけれど、鶏の深い出汁が出ていて美味しいです。
高麗人参って食べた事が無いのですが、一癖ある食材なので、入っていたらすぐに分かるそうです。
そう言った薬のような味や、人参臭いような感じはしませんでしたから、このサムゲタンには入ってないようです。
高麗人参は高いでしょうから、入っていないのか? 小さい物を入れていたが、煮込む際に溶けてしまったか? いずれにしても薬臭さは無かったので、非常に美味しかった。
もち米の量が少なくて、雑炊と言うより、白湯に近かったですが、スープ自体は美味しいので、それ程不満にはなりません。
食べ応えは無いけどね。
たっぷりもち米が入っていたら、もちっと高額になってるんだろうね。
3人前で980円くらいだったと記憶してます。
まぁ、御手頃価格かなと。

日本と韓国が、今のように険悪な関係になる前の、韓ドラブームに沸く頃、Pちゃん(父)とT珍(母)が韓国に行ったのですが、そこで食べたサムゲタンは、このサムゲタンの比ではない旨さだったらしい。
韓国料理と言うと、何もかも赤い色をしていて、何もかもが辛い と思いがちですが、このサムゲタンのように、キムチや唐辛子を入れない料理も沢山あるそうです。
そうだよね、秀吉が朝鮮出兵するまで、唐辛子は韓国に無かったわけですからね。
歴史のある料理は白いのでしょう。
この安いサムゲタンでも十分に美味しかったのに、本場のサムゲタンはどれ程の物なのか。
食べられる物ならば、食べてみたいなぁ。

今日もあぜ道通信の遊びに来てくれてありがとう。
サムゲタンは奥が深いようですなぁ。

2014年1月25日 (土)

デジ物コバナシ 引き篭もり、スマホの出番、あまり無し

iTunes(アイチューンズ)を使ってパソコン内の動画や音楽をiPhone5sに転送しました。
iTunesって何? 転送ってどゆこと? 動画に音楽? って感じですが、難しい事はありません。
パソコンで見たり聴いたりしていた物を、スマホで見たり、聴いたりできるようにするわけです。
転送した容量20ギガバイト。
とてつもない物量です。

僕が買った iPhone5s の容量は、最大容量の64ギガバイトなので、まだまだ余裕があり、さらに40ギガもデータを転送する事ができるのですが、はっきりいって、そんなに転送しても、スマホでは見ないというね・・・・

電車で通勤するような人なら、とても良いんでしょうけど、僕は引きこもりなので、一日中家の中にいます。
電車で通勤するような、都会じゃないので、車で出勤する人が100%。
運転中は動画は見れませんからね。
あ、音楽は車でも聴けますよね。

僕は電車も車も乗りませんから、一日中自室に居るわけです。
スマホの小さな画面で見るよりも、パソコンの大画面、高音質で見ますよね。
20ギガ転送しても意味無かったか・・・

それと使ってみて理解したのですが、パソコンと違い、スマホは手でスマホを持ち続けて、画面の角度をキープする必要があるんですよね。
YouTubeなどの数分間の動画ならば、問題無いのですが、1時間のドラマ、2時間の映画などを見るには、この角度キープが結構しんどい。
iPadなんかだともっと画面も大きいし、重いしで、あれはどうしてるのだろう?と要らぬ心配をしてみたり・・・

結局スマホに入れた20ギガのデータは、かなり整理させ、本当に必要な物だけを入れる事にしました。

今入っている音楽は・・・
 ・X JAPAN(6枚のアルバム、46曲)
 ・hide(3枚のアルバム、42曲)
 ・ビーチボーイズ(28枚のアルバム、367曲)
 ・ビートルズ(14枚のアルバム、225曲)
 ・パフューム(4枚のアルバム、52曲)
が今入っている音楽。
これでも多すぎだよね?
否、皆さんに聞くまでも無く、多いです。
ビーチボーイズの28枚のアルバム、367曲って、ありえない数字でしょ。
散歩の時に音楽を聞きながら歩くという方法も考えられるけど、15分くらいしか歩かないし・・・
5曲くらいしか聴けない事になります。
もっと整理する必要があるかなぁ・・・
367曲って、凄まじい数だよねぇ~

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
消去消去でいきたいと思いますぅ~

2014年1月24日 (金)

僕と うつ病、闘病記 自殺者、4年連続で減少に

タイトルで分かるとおりですが、自殺者の数が4年連続で減少したそうです。
2013年1年間の全国の自殺者数は前年に比べ663人(2.4%)少ない2万7195人で、4年連続の減少となり、昨年に続いて3万人を切った。
昨年1~11月ベースで前年と比較したところ70歳以上を除く各年代で減少しています。

年間自殺者数は警察庁が統計を取り始めた昭和53年から平成9年までは2万~2万5千人台で推移。
平成10年からは14年連続で3万人台を記録していた。

弟を亡くしている自分としては、自殺者が少しでも減ったと言うニュースを読み、良かった と言う気持ちと、まだまだ多いという気持ちと、あの霊安室で弟と対面した時の人目もはばからずに声を出して泣いたあの時のフラッシュバックが混ざり合って、複雑な心境です。

少しでもあの辛さを味わう自死遺族の数が減ってほしいと思います。
景気が良くなって、雇用が増え、給料が上がり、生活苦が減る。
あるいは、いじめが減って、学校が楽しくなり、自殺者が減ると良いのですが。

自殺する人の7割?だったかな? その7割の人はうつ状態であるという統計があるそうです。
7割じゃなかったかもしれないけど。

うつは誰もがなるかもしれない身近な病気である事。
一人で悩む前に、気軽に精神科に行って下さいという事。
精神科、メンタルクリニックの数の増加。
良い薬が沢山世に出回るようになった事。
など、うつ病になってしまった人を出来るだけ早く復帰させる取り組みがやっと浸透し、効果が出てきたのかもしれません。

2万7千人の自殺者ですが、365日で割ると、一日74人も自殺している事になるんですよね。
あそこで自殺があったらしい。って事しょっちゅう耳にしますからね。
日本は、40人に1人が、自死遺族らしいです。

なんとか自殺者を減らしたい。
景気が回復して、生活に明るい兆しが出てくれると、自殺者は減るのかなぁと漠然と考えていますが、そんなに簡単な事じゃないよね。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとうございます。
自殺者が減った事は嬉しいけど、弟の事を思いだして、辛かったりします。
生きねば!!

2014年1月23日 (木)

あぁ、食い道楽 突入せよ!オール韓国の店

多摩川競艇に5時間もかけて行き、そこで牛炊なる物を食べた帰り道。
たまたま信号待ちをしている隣の壁に、韓国のキムチ、辛ラーメン、マッコリ、サムゲタンなどの広告が載ってる、倉庫を発見しました。
「何で韓国の物ばかり紹介してんの?」などと言ってたのですが、どうやらココが韓国のアンテナショップ?らしいと分かるまでに時間はかからなかったです。

すぐにハンドルを左に切り、駐車します。
見た目小さな倉庫だったのですが、中に入るとなかなか広い。
そして、ひんやりしている。
倉庫、兼、お店なようです。

一番の目当ては、サムゲタン。
先日、多摩川競艇で食べた、牛炊がイマイチだった話をしましたが(牛炊を、食べに競艇、忍び込むへのリンクは こちら)、そこでこんなやり取りがありました。

爺 「物足りないスープだけど、サムゲタンってあるでしょ? あれってこんな感じなの?」
T珍 「サムゲタンはもっと鶏の出汁がしっかりしてる」
爺 「この牛炊とは全然違うん?」
T珍 「こんなもんじゃない、もっと美味しい」
T珍 「今度通販でサムゲタンを取り寄せてみよう」

っと話していて、このアンテナショップですからね。
サムゲタンも売ってるようなので、渡りに船です。
ほんと、たまったま信号に引っかかり、隣を何気なく見ただけなんで、普通に走っていたら、絶対に気付かない場所にあります。

店員さんは、30代後半のオジサン。
朝鮮人参の味がしないサムゲタンはあるか?と聞くと、「ありません」と片言の日本語で教えてくれました。
一袋で3人前だと言うので、丁度いい。
それ2つを即購入。
その他に、マッコリとイカキムチを購入しました。

帰宅して早速、マッコリを飲んでみます。
ちょっと炭酸入ってる?
マッコリってこういうもん?
お米の甘い味がもっとする物だと思うんだけど・・・・と、こちらはイマイチ。
昔焼肉屋さんで飲んだマッコリはとても美味しかったのですが、それを期待していただけに残念・・・

この日のお昼はハズレの牛炊、大問題のモツ煮込み、薄くてシャバシャバなマッコリと、ハズレばかり引いた一日。
最後のイカキムチに期待が集まります。
う、う、旨し!!
出ました「旨しっ!」
見た目真っ赤なイカの千切りですが、食べると甘辛く、ただ辛いだけじゃない。
マイルドだけど、後味がピリリと辛い。
ご飯があったら、何杯でもいけそうな味である。
が、ダイエット中なので、ココは我慢。
シャバシャバマッコリとイカキムチでこの日は打ち止めとなりました。

この店の場所をPちゃん(父)が聞いてきたのですが、ナビに案内されるばかりで、何にも頭に入ってないと爺さんとT珍。
二度とこの店にはいけないだろう と言う結論になりました(笑)

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
最後に当たりを引いて良かったです。
終わり良ければ・・・と言いますもんね。

2014年1月22日 (水)

ブブ彦日記 びぃぃぃっしり、付いた。 何付いた。

20140122ブブ彦を夜8時ごろに散歩に連れ出しました。
この日は体調があまり良くなくて、8時になるまで連れて行けなかったのです。
辺りは真っ暗、ブブ彦は黒いですから、暗闇に紛れてしまって、何処にいるのか見えません。
リードの引っ張る方向にブブ彦がいるんだろうけど、良く見えません。
1メートル先なのにね。

そんな感じで、土手は真っ暗。
ブブ彦が右に行ったり左に行ったりと蛇行し、草むらに潜り込んだりしつつも、何とか帰宅。

すると、ブブ彦の洋服に草の種がびっしり付いているではないか・・・
これ取るの大変なんだよなぁ。
ブブ彦は昼間の散歩と違い、自由に歩けたから楽しかったようですが、この種取りは厄介なんですよ。
びぃぃぃぃぃぃぃぃっしり付いてて、ちょっと気持ち悪い。
全部取るのに10分くらいかかりました。
冬は蛇に出会う心配がないから、草むらに飛び込んでもイイのだけど、種爆弾には注意が必要。
もっと早い時間に散歩に行けという事なのでしょう・・・

写真は、お股かけ、のアピール時のアップ写真。
緩みきってやがる、この犬。

2014年1月21日 (火)

手の平にナビ、おうち帰れないよぉ~

スマホにグーグルマップをインストールしてみた。
グーグルマップとは、検索サイト大手のグーグルが提供する地図の事です。
iPhoneに地図ソフトは最初から入っているのですが、精度がグーグルマップの方が一枚も二枚も上手だというので、グーグルマップをインストールしてみました。

目的地を登録し、車、自転車、徒歩のどれで目的地に向かうのかを決めると、案内が始まります。
カーナビですね。これは。
ナビ無し車の僕からすると、かなり便利です。
ナビを持っているという人には、新鮮味は無いだろうけど、僕には驚きです。
まだ本物のナビには及ばない事もあるでしょうが、手の中に納まるこの小さな機械が道案内を買って出てくれるとはねぇ。
しかも無料。
カーナビの売り上げが急落しているのも頷けます。
何万?10万以上?するようなナビを入れなくても、誰でもスマホさえ持っていれば、ナビを手に入れることができる。
凄い時代になりましね。

さて、出かけた時にいきなりこの“グーグルマップ”をデビューさせる程、僕は楽天家ではありません。
いざと言うときに使えなかったら、泣くのは自分だからです。
とりあえず、何処かから、自宅に帰る案内をさせてみようという事にした。

場所は散歩に行く土手から、自宅までの300メートルくらいの距離。
家が見えてしまっているのに、ナビを頼むというね(笑)
ちょっと馬鹿げてますが、僕は大マジである。
ブブ彦を散歩に連れて行った帰りに、ナビを使おうとしたのですが・・・

ここからやや意外な展開になります。
自宅に帰ろうとしても、そもそも自宅を登録してないっ!!となったのです。
慌てて登録しようとするも、ブブ彦のグイグイ引っ張るリードを片手に、もう片手で登録するなんて無理なのである。

じゃぁじゃぁ、音声で登録してみよう。と思った事がまずかった。
「いばらきけ~ん・・・ ち~く」チ~ン、はい終了(笑)
しかもそれ以降、自宅登録ができなぁ~い(涙)

茨城県だけは認識したらしく、茨城県庁を登録してるではないか!!
ココから50km離れた場所を自宅に設定するなんて、アホスマめっ。
いや、僕がアホなんです。
県庁に住めるならば、住んでみたいもんだ。

自宅を再設定する方法が分からないので、今回の帰宅案内テストは中断。
とりあえず、寒いので、自宅に帰ろう・・・
「iPhoneは静かに時を待つ」(JOJOネタw)

帰宅し、自宅の再設定方法を調べました。
簡単に変更できたのですが、どうやったのか覚えてません。
自力でやらずに、教えてもらってばかりだからですね。
すぐに忘れます。

さて、自宅は正しく登録できたので、早速また帰宅テストをやってみようという事になりました。
翌日・・・
また家から300mの距離から、「あれぇ~ 迷っちゃったぁ~ おうち帰れないよぉ~」と独り言を言ってから、ナビを立ち上げます。
はい、この一言は全く必要ありません(笑)
その後、すぐに道案内が始まり、無事、家に到着する事ができました。
すばらしい、グーグルマップっ!!

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
スマホ狂想曲は続きそうです。

2014年1月20日 (月)

あぁ、食い道楽 牛炊を~ 食べに競艇、忍び込む

20140120

先日コメントで少し触れましたが、多摩川競艇に行ってきました。
競艇に行くのに、目的は競艇ではなく、競艇の敷地内にある、レストラン “ウェイキー” で食べられる、牛すじの雑炊。 通称 “牛炊” を食べる為に行ったのです。

ここの牛炊を食べに行く事がいつの間にか決定していて、僕の参加も決まってました。
まぁ、美味しい物が食べられるなら、外出も悪くないと思っている爺さん。
結構乗り気です。

茨城の片田舎から、都会の多摩川競艇まで、3時間半で着くだろうという計算。
首都高を利用すれば2時間で着くでしょうが、ジェットコースターのような首都高は怖くて走れません。
朝8時に出発し、一般道を通って、お昼時の11時半に到着。
牛炊を食べるには丁度いい時間帯だろうと思っていたのですが・・・

なんと5時間かかりました(笑)
地図見ろ、酔うから地図は見ない、ナビを信じろ、このナビ10年物古い道しか知らない、Pちゃん(父)が心配して電話で参戦、道を教わるも地名などさっぱりなので、宇宙語に聞こえる電話強制終了、と盛り沢山でした。
赤信号にやたら引っかかる。
すまん、コンビニのトイレに行きたい。
などの珍道中。
T珍(母)が信号待ちの僅かな時間に、寝落ちしていたのには、驚愕しました。
おかげで怖くて助手席で寝てられなかったよぉ。

多摩川競艇に到着しさえすれば、後はもう気楽なもんです。
入場に100円払う必要があるのですが、入ったら、広くてびっくり。
もっとこじんまりとしていて、狭くて、暗くて、じめじめしていて、オッサンばかりがウロウロしている陰湿な所を想像していたのですが、明るく、広く、清潔。
人の思い込みって怖いですね。って他人事ですが、僕の頭の中の話ですかぁ、そうですか。

さて、レストラン“ウェイキー”を目指します。
ウェイキーとは、多摩川競艇のマスコットで、青い鳥の、憎めないマイナーなキャラクターです。
それと同じ名前のレストランという訳です。
競艇の敷地内の最奥に位置し、利用する人少ないだろうなぁと思っていたのですが、これまた大繁盛していて、びっくり。
そして、モニターがいくつか用意されていて、食事中もレースを見れるようになっているのです。
勝負師達は、飯食いながらでも賭け事に興じるのか・・・
人種が違いすぎる。

さて、肝心の牛炊(700円)と、モツ煮込みの単品(550円)の食券を購入。
カウンターに持っていくと、すぐに牛炊を作ってくれます。
ラーメンのどんぶりのような大きな茶碗に、ご飯を山盛り、牛すじが入った、透明なスープを大きなお玉ですくい、ガッとかけます。
そこにワケギをたっぷり乗せて完成。
モツ煮込みも遅れてやって来て、トレイに乗せてもらいます。

空いてる席を見つけて、早速いただきます。
まずはスープから・・・
あっさりです。
もう少し塩を足したら、味が引きまって、美味しくなるのだけど・・・
しょっぱすぎず、物足りなくもない、ベストな塩味のラインってあるじゃないですか。
そのラインに この牛すじは入ってません。
次に牛すじを一口。
牛炊のメインですからね、牛すじの塊は・・・・、はい、やわらかいです。
牛すじ自体には味はついてなく、このあっさりお出汁で煮込んでいるだけのようです。
牛すじも、この薄味のスープの味なので、やはり全体的にボヤけた印象。
それにしても、ネットの口コミを見たときは、この倍の量の牛すじが入っていたけどなぁ。
なんだか騙された気分w

気を取り直して、モツ煮込みをいただきます。
何じゃこりゃぁ~~ 甘いじゃないか。
甘いモツ煮込みは初めてです。
すき焼きだって甘いじゃないか、カツ丼だって甘辛い味付けじゃないか、肉が甘くてもいいじゃないか。 と思われるかもしれない。
けどのこの甘さはちょっと群を抜いています。
質の悪い砂糖を使っているのか、後味が何か変です。
ちょっと気持ち悪くなるような甘さで、2口食べただけでモツ煮込み終了です。
小さな小鉢にモツが乗っているだけで550円は高い。
そしてマズい。

牛すじにしても、モツ煮込みのしてもそうなのですが、敷地内のライバルがいない場所での営業で、味を磨くという事を忘れてしまっているようでした。
5時間かけてくるような味ではなかったというオチであります。

食後に競艇のレースを見ましたが、面白かったです。
競艇は第1コーナーを1位で過ぎた選手が、そのまま1位になる確率が高いらしいので、追い上げて刺すような展開にはならなかったのですが、それでも面白かったです。
平日の昼間からギャンブルをするような人がこんなに沢山いるんだなぁと思うと、異次元空間に来たようでした。
予想屋という人が沢山いたのですが、その中に “マー坊” という人がいて、思わず写真を撮ってしまいましたw
いきなり写真を撮られて、不機嫌そうなマー坊を横目に、スタコラサッサと逃げるようにその場を後にしましたぁ。

因みに帰りは3時間半?ほどで帰宅できました。
8時間も車に乗っていて、一睡もしなかったのは奇跡なのか?
寝落ち運転のT珍と心中するのが怖かったのか?

今日もあぜ道通信の遊びに来てくれてありがとう。
次回、多摩川競艇番外編、 「突入せよ!オール韓国の店」 をお届けします。

2014年1月19日 (日)

ブブ彦日記 子豚先生のお股事情、中間報告

20140119ブブ彦の病院に行ってきました。
ブブ彦は膀胱炎になってしまい、それがなかなか治らないのです。
1ヶ月分の抗生物質をいただき、それを1ヶ月与え、今回また病院に連れて行きました。

診察券を受付に出すと、すぐに銀の皿を渡されます。
その辺のやりとりはもうお約束となっていて、「 ブブ彦 = 尿検査 」という公式がガッチリ出来上がっています。

ブブ彦を連れて、病院外に行き、散歩をします。
厳密には散歩はしてないのです。
完全にブブ彦のオシッコを採取する事が狙いなのですから。
ブブ彦には気持ちよく散歩(のフリ)をしてもらって、マーキングしてもらう。
その瞬間、ブブ彦のお股に、銀の皿を差し出して、オシッコをキャッチ。
意外と簡単です。
問題は、この後。
ブブ彦は用を済ませたらすぐに歩き出します。
人間だったらありえないですよね。
トイレに入って、用を足し、手も洗わない、マッパですぐに歩きだすなんてw
ブブ彦がオシッコをしている間に、右手はお皿をお股に差し出し、左手でブブ彦の首輪を掴み、歩きださないように制止させます。
これをやらないと、お皿にたまったオシッコを、ブブ彦の後ろ足で蹴り上げられるという大惨事になりますから、注意が必要です。

ブブ彦のオシッコが入った銀の皿を片手に、病院のドアを開け、中に入って行き、助手のお兄ちゃんに渡さないといけないのだけど、猫が待合室にいるとブブ彦の興奮は最高潮になり、リードをグイグイ引っ張るので、かなり注意が必要です。
大興奮のブブ彦の動。
尿入り銀の皿の静。
この2つ、右手を左手を別の力加減でこなさないといけないので、ホント恐ろしい。

さて、銀の皿を渡して、15分ほどで尿検査の結果が出ます。
先生に促されて、病室に入ります。
菌などは見あたらなったようで、少し回復です。
ただ、引き続き抗生物質は与えないといけないらしい。
薬はパンに挟んで与えるので、ブブ彦は朝夕2回もパンが食べられると大喜びでしょう。

それと体をかいてしまう問題ですが、ステロイドを与えるだけで大分抑えられるので、こちらは不安視してません。
薬が切れてから5日経ってしまい、ブブ彦は背中をかきまくって、血で背中が真っ赤になったので、早いところ薬を飲ませたい。
ブブ彦には薬が必要なのに、5日も放置してしまった・・・
悪い飼い主です。

待合室で、2歳児?くらいの子供たち3人に、ブブ彦が囲まれて撫で撫でしてもらいました。
可愛いと連呼され、僕はご満悦。
そうですか、ブル系の “味のある” 顔の魅力が、こんな小さな子供でも分かるんだなぁと爺さん。
一方のブブ彦は、ノーリアクションw
他人に愛想良くするという事を知らないブブ彦、もちっとサービス精神があってもいいとは思う。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
写真はほっぺ肉がテーブルに乗ってしまった一瞬。
厳密には怒らないといけないタイミングなのだけど、写真を撮ってます。

2014年1月18日 (土)

あぁ、食い道楽、カレー探求の道062 カレーの恩返し出動!!

20140118ほぼ日刊イトイ新聞で発売された“カレーの恩返し”を購入したと書きました。
しかし、僕が病院に行ってる隙に、カレーが作られてしまい、カレーの恩返しを使う事ができなかったのです。

次回のカレーの時には、とにかく僕に一言伝えるようにとT珍(母)に、すっぱく言っておきました。

その時は意外に早くやってきました。
「今夜はカレーにしましょう」と言うT珍。
少しばかり緊張が走ります。
カレーの恩返しは、いつもどおり普通に作ったカレーに、仕上げとして最後に入れるスパイスなので、別に緊張するこたぁ無いんですけどね。

カレーが完成し、T珍に声をかけられて、よっしゃぁっ と気合十分のまさ爺。
カレーの恩返しを、自室から持ち出して調理を開始します。

フライパンにサラダ油を入れ、火にかけます。
油が温まってきたら、カレーの恩返しを投入。
スパイスの香りがふわぁ~っと台所に広がります。

う~ん、あんまり食欲をそそるような香りじゃないね。
カレー粉や、カレーパウダーって、香ばしくていい香りがしますよね。
いよいよ今夜はカレーだぞ、胃袋もカレーを食べる準備を始めます。 って感じになると思うのですが、このカレーの恩返しの香りは、それとは異なります。
何だか、薬草の匂いを嗅いでいるような気がします。
ちょっとシソ系の匂いです。
僕はシソが超苦手なので、ちょっと黄色信号ですね。

さて、油と合わせて、香ばしさを出したカレーの恩返し。
油を吸って、ペースト状になっているそれを、カレーの鍋に入れて一つにします。

では いただきますっ。
う~ん、先ほどの薬草のような香りが結構キツいなぁ。
シソっぽい香りもするけど、これは何とか大丈夫です。
結論を言ってしまうと、「無理して入れる必要は無いかなぁ」って事です。
カレーの食べ歩きで、東京のお店を何店か周りましたが、分かった事があります。
それは、日本のカレー粉のレベルは相当高い って事です。
スパイスを買ってきて、自分でブレンドする必要もなく、野菜を茹でたお湯にルーを溶かせば美味しいカレーが出来上がる。
カレールーは当たり前のように存在してますが、メーカーさんは日々研究をしているんでしょうね。
東京のカレー店はかなり美味しいです。
でもカレールーで作る、普通のカレーも、相当美味しいのです。

さて、カレーの恩返しを無理に入れる必要は無いと書きましたが、カレーがパワーアップするのは間違い無いです。
ただ、僕はカレールーの香りを何割り増ししてくれる物だと思っていたのです。
カレーの恩返しは、別の香りがプラスされるという物でした。
その別の香りが、自分お好みに合わなかったら・・・・ という事です。

カレーを極めた糸井重里大先生が作ったカレー粉ですから、カレーにうるさい人には、このカレーの恩返しは好評なのかも知れません。
僕のカレースキルが低いのでしょう。と思う。

カレーの恩返しは全部で5袋。
今回1袋使いましたから、残り4袋・・・・
これどうしよう?
姉の家は子供が小さいから、甘いカレーを作ってるでしょうし、カレーの恩返しは合わないでしょう。
そもそも、自分の口に合わないから、譲りますってのは、違うだろうと思うし・・・。

そうそう、写真に写っている液体ですが、水ではなく、日本酒です(笑)

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
捨てちゃおうかな・・・・カレーの恩返し。
ボク、イケナイコ

2014年1月17日 (金)

デジ物コバナシ LINE狂想曲、あれこれいじり、極みの境地へ!?

20140117「LINEをやんべ」と再三言われてきたわけですが、スマホを手に入れてから、1週間が経過。
前回、LINEを入れてみた、という所までは、お話しましたね。
(LINE狂想曲、珍道中の先の先へのリンクは こちら

さっそく、メッセージをやり取りしてみる。
文字入力は、メールと全く同じ物なので、入力自体は問題ない。
“送信”というボタンをクリックすると、画面に噴出しが表示され、打ち込んだメッセージが表示されました。
簡単である。

スタンプと言われるイラストを表示するのも簡単。
ただ、僕は文章で勝負したいタチなので、スタンプは極力使わないでしょうね。
有料で、色々なスタンプを購入する事もできそうですが、無料にこだわってきた僕には関係ないかなぁと。

サクサクと書き込みをする僕に「さすがまさ爺、覚えが早い」と言われ、有頂天の爺さんw。
(自称)1聞いて10を知る人ですからね。

ヨシ、LINEは極めたぜ・・・ という事にしちゃおうかな。
確かにLINEは便利そうです。
これだけ普及するのも頷けますなぁ。

友達が少ないので、やりとりは一日数往復する程度ですが、結構楽しいです、LINE。
LINEをやるようになって、時代には追いつきましたという事にしましょう。

写真は、僕のメッセージの横に表示される、イラスト。
前にチョチョっと描いたブブ彦先生のイラストです。
子供の写真とか載せるのは、抵抗がある人なので、ペットのイラストもNGかと思ったのですが、他の載せるとしたら、ヨーダくらいなので、ブブ彦さんに落ち着きました。

2014年1月16日 (木)

ブブ彦日記 海苔餅とブブ彦、卑しい犬は健在か!?

20140116ブブ彦が海苔餅を盗み食いしました。
ここで言う海苔餅とは、磯辺焼きではなくて、餅をつく段階で、青海苔と塩を入れてしまう物で、出来上がった餅は、緑色をしています。
これを、廊下のひんやりした場所で、冷ましていたら、ブブ彦がそれを食べたという訳です。

ブブ彦は海苔が大好き、それにお米も大好きなので、海苔餅は最高に旨いものに映ったでしょうね。

ブブ彦が食べてしまったのに気付いた時は、もう手遅れで、飲み込んでしまった後でした。
まぁ、塩が少々入っているくらいなので、少し食べたからといって、問題にはならないでしょうけど、つまみ食いをした事は問題です。
すぐに廊下の海苔餅はブブ彦が届かない高さに乗せました。

その後も散歩から帰ってくると、海苔餅を Get した場所をチェックしに行くブブ彦。
食い意地張った、いやしい犬は健在であります。

写真は、僕の足の上に登って来て、ひっくり返り、お股をかけとアピールするブブ彦であります。
お股は写らないように写真を撮り、誤魔化してます。

2014年1月15日 (水)

ブルブルする無意識。 意味ナシ、価値ナシ、効果ナシ

寝落ち時間(22時~23時)が近づいてきて、でもまだ落ちないって辺りになるといつもやってしまう事がある。

瞼が重くなってきて、姿勢が悪くなって、頭がコックリコックリと船を漕ぎ出します。
そこで、「いかん!寝てしまう」と目を覚ました時に、必ず、顔を左右にブンブンと振って起きるのです。

起きている時に、眠気を飛ばすために顔を左右に振る事はあるかもしれませんが、軽く寝ていて、そこから起きた段階、つまり無意識の時にそれをやるらしいのです。

何故顔を左右にブルブル振るのか?
自分でも分かりません。
顔を振ったからと言って、目覚めが良くなる事も、眠気が飛ぶ事もありません。
じゃぁ、何故振るのか?
3時間ほど考えてみたのですが、結論が出ました。
「それは・・・・ 何の意味も無い」という事だった(笑)

やめられるのならば、顔振り寝起きはやめたいのですが、寝起きは無意識なので、どう寝ても、やってしまうのです。
分かっている事。
横になって眠るとやらないのですが、座ったまま寝ると、起きた時に “やる” 。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
無意識ほど怖い物は無い。
ブルブル顔振りを誰かに見られないかと心配してたりします。

2014年1月14日 (火)

あぁ、食い道楽 カレー探求の道061 意外!それはフライング

先月25日のクリスマスに、僕の病院に行ってきたのだが、帰ってきてがっかり。
「今夜はカレーライスを作り、それを食べてしまった」 と言うではないか。

別にカレーを作る事はT珍(母)の自由です。
僕の帰りを待たずに、食べた事もT珍(母)の自由です。
しかししかし、今回ばかりは、カレーにする事も、先に食べてしまった事も僕に相談するべきだった。
なぜなら、“カレーの恩返し”が我が家には、あるからである。

たまたま病院に行く日と、カレーの日がぶつかってしまっただけの事なのだが、なんとも非常にとても、とてもとても、ディ・モールト惜しい事をしたように感じてしまう。
カレーの恩返しに、、賞味期限はないのだろうけど、スパイスの香りが飛んで行ってしまう様で、結構焦ってます。
意味無いのだろうけど、冷蔵庫に入れて保管しています。

ココに来てやっと“カレーの恩返し”とは何か? について書こう。
僕が夢中になる事は、読者置いてけぼりの話になりがちですからねw
“カレーの恩返し”とは、“ほぼ日刊イトイ新聞” で販売された、カレー粉の事である。
---------------
「あらゆる カレーは、だいたいおいしい。
でも、こいつを使うと、そのおいしいカレーが、ものすごくおいしくなるんだよ」
と言って、近所の人に配っていた、秘密めかしたスパイスが、これです。 糸井重里
---------------
と言う、長い長いキャッチフレーズがイイ感じ。
カレーの恩返しが、何ぞやという話は こちら を。

次回、カレーの時は、僕がイチから作ろうかと思っています。
玉葱をあめ色になるまで炒める事から始めます。 と気負っているが、玉葱は炒めないかもしれない(笑)
もう言っちゃいますが、玉葱は炒めないかもしれない。
カレーの恩返しは、出来上がったカレーの最後の段階で入れるスパイスなので、最後だけ台所に立って、仕上げすればイイのである。
なんだか、早くも玉葱は炒めないと、逃げ道を作っているような文章になってきてますが・・・果たして・・・w

カレーの恩返しが、どれほどすごいのか? どれほど旨くなるのか? どれほど食欲が出る香りなのか? 楽しみである。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
カレーの日がやってきたら、次回こそは、カレーの恩返しを使いますので、お楽しみに。

2014年1月13日 (月)

ダイエット奮闘記(プチ) それは正月後にやって来たっ!

2ヶ月ぶりのダイエット奮闘記です。
そんなに放置してましたか・・・
体重を把握していない時間が2ヶ月という事です。
これは深刻ですよね。
正月休みを挟み、体重はいくつになったのか?
まだ量ってません・・・

怖くて体重計に乗れないよぉ~
でも乗らないといけないのだろうなぁ。

乗ってないけれど、感覚的にはプラス1kgくらいに抑えられたと思うんだけどね。
感覚的な話をいくらしても意味ないですからね。
まずは現状把握が大切でしょう。
体重計に乗らねばっ!
でも、怖くて体重計に乗れないよぉ~

今年の正月は、比較的地味な食生活をしてまして、お餅を大量に食べたとか、栗きんとんの山にかじりついたとか、 伊達巻を恵方巻きのようにして食べた、という事は無かった。
しかし、無事正月休みを乗り越えた矢先、スーパー肉丸に行き、“どん兵衛きつねうどん” を大量に買い込み、夜中、電気ケトルでお湯を沸かして、うどんをすする日々が続いております。
これが良くない。

夜中の空腹なんて、無視して寝てしまえば、朝ご飯まで時間が過ぎます。
二度寝すればお昼まで何も食べなくて済みます。
しかし、夜中にしっかりと うどん を食べてしまう。
食べたからと言って、その後起きて活動するのかと言うと、そんな事するわけなく、すぐに横になって寝てしまいます。
すぐ寝るならば、食べる必要無いのにね・・・

食料を買いだめするのは危険だなぁ。
肥満の原因になってしまっては、電気ケトルも泣いてるぜ。

どん兵衛は、「うどんでかき揚げなのが最強」とか言ってられないです。
確かに、“うどんでかき揚げ”は最強なのですが、それはなかなか売ってないというね。
はいはい、うどんの話をしたいのは分かるのですが、ダイエットの話をする場所なので、うどんは引っ込んでいてもらいたい。
“うどん で かき揚げ”
“うどんかき揚げ”
“うど揚げ”
“うげ”・・・
うぅ、うどんの話がしたいっ!!
でもここは我慢です。
やれば出来る子、まさ爺であります。

ダイエットは成功させねばなるまい。
でもとりあえずの目標は うどん をやめる事。
これだけでは、効果は薄いだろうけど、ダイエット中だと自分に厳しくする姿勢を明確にする。
そうだ、ダイエット中なのだ。
着れる服が無くなってきているのだ。
誰も何とも言ってくれないけれど、けっこうヤバい状況なんじゃないの?

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
俺!やるよっ!!

体重 78kg
体脂肪率 24%

2014年1月12日 (日)

僕と うつ病、闘病記 出て行けの一言、次は自分か!?

親戚の女の子が結婚し、実家(叔父さんの家)の隣の土地に住んでいたのですが、追い出されたようです。
っと書くと、何事か?と思うでしょうが、結構昔から旦那さんが無職だったようです。
実家(叔父さん宅)が裕福な家庭なので、隣の土地に住んでいると、ついつい甘えてしまい、無職を続けていたようです。

それで、叔父さんが「出て行け」と言うに至ったようです。
この旦那さんに自立を促したと言う事で、親戚の女の子とこの旦那さんは、茨城県内ではあるけれど、遠くに家を借りて住むようになったようです。

親戚の女の子が結婚したのは、3~4年前だったはず。
この旦那さんが、ずっと無職だったのか? 何らかの理由で途中から退職したのか? それは分かりません。
弟の一件の時に会いましたが、その時すでに無職だったのだろうか?
前に会った時よりも太っていたの、引き篭もりになっていたのかもしれない。

この話を聞いた時、次は自分か?と思いました。
出て行けと言われたら、自分は生活していけるのだろうか?
働けるのだろうか?
多分、無理だろう。

いつか「出て行け」と言われるのではないかと、ビクビクしている自分がいます。
ビビってるならば、働いて、不安を無くせばいいじゃないかとも思うのですが、いつものように、体がいう事を利かず・・・・
働けるならば、働きたいに決まってる。
それが出来るならば、とっくに行動に出ている。
それが出来ないから、苦しんでるんだけどな。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとうございます。
いつか自分が死刑宣告を受けるようで、怖いです・・・

2014年1月11日 (土)

デジ物コバナシ LINE狂想曲、珍道中の先の先

「スマホに買い換えろ」、「早くLINEやんべ」、と友人に急かされていたのですが、昨年末、ついにスマホに買い替え、最初の1週間は初期設定に時間を費やしていたのですが、ついに友人に捕まり、LINEを入れる事に。

正月休みの新年会の時、友人達(LINEの先輩方)に、直接会って、インストールから設定やら教わろうと思っていたのです。
白状しますが、全てやってもらって、あとはメッセージを打ち込むだけでLINEが楽しめる。 という所までやってもらうつもりでした。

しかしLINEをダウンロードするのに、Apple IDなる物が必要だという。
前に自宅で、アプリをちょっと見てみようと思ってイジイジしてたのだが、そこでもIDを聞かれたような気がする。

そうですか、IDが必要ですか。
ID覚えてないけどね・・・
なんだか長いパスワードが必要なんだよね。
何文字以上で、数字が入って、大文字が入って、小文字も入り、とか条件が厳しい。
だから当然長いパスワードを設定する必要があったわけで、覚える事は至難の業。

今回友人に会う時に、Apple IDをメモして持ってくる必要があったようです。
友人に教わる以前の問題に引っかかってしまい、そのチャンスの一日はまるで無駄、スマホにはノータッチとなってしまいました。

帰宅後、雑用を片付けて、LINEゲットに燃える爺さん。
今夜中にダウンロードまでやると、宣言してしまったので、渋々作業に取り掛かります。
次々と現れる難題を、なぎ倒しては進み、踏みにじっては進み、抹茶ミルクをすすりながら進み、半泣き状態で進み、四面楚歌で進み、暗中模索で進み、艱難辛苦で進み、焼肉定食で進み、否、焼肉定食は4字熟語じゃないか・・・w

とにかく苦労しました。
SMS(ショートメッセージサービス?)が受信できないらしく、送られてくる認証番号が分からないというトラブルもあったのだけど、一晩寝たら、メールが届いていた。
う~ん、何だったんだ?

SMSが届かないという所が今回の山場だったでしょうか?
認証番号を入力したあたりから、記憶が・・・無い・・・w
明け方5時にやってた事ですからね。
そりゃぁ、記憶も無いでしょうw。

とにかくLINEの設定は終わりました。
が、何をしたら良いのかが分からない。
とりあえず早朝ではあるが、友人に「登録終わった」とメールする。

この後自分がどうなるのかも分からないけれど、今度こそLINE先輩方に助けてもらおうと思う。
「YOU、LINEやっちゃいなよ」 と言われるままに、LINEをインストールしましたが・・・ 便利らしいけれども、意味が分からない。
何それ美味しいの!? って感じです。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
時代の流れが速すぎて、ついて行くが大変だわい。
LINEの恩恵を受けるのは、もちっと先になりそう。

2014年1月10日 (金)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 愛媛産柚子を使ったパウンドケーキ、伊予波仕立て

20140110トシ・ヨロイヅカの正月限定のスペシャルデザートライブに参加したわけですが、6皿全てを紹介しました。
が、これで終わらないのが、スペシャルなゆえん。
お土産をもらったからです。

スペシャルデザートライブは、アルコール、スイーツ6皿、お茶、お土産という構成なのです。

今年のお土産は、“愛媛産柚子を使ったパウンドケーキ、伊予波仕立て” と言うもののですが、“いよなみじたて” というのが分からない。
検索してみたのですが、引っかからないです。
いよなみ という巡視艇があるようです。
それと、伊予波 という力士がいるようです。(笑)
が、スイーツに関する事、柑橘系の品種名にも引っかからない。
結局最後まで伊予波という物の正体はつかめませんでした・・・

さて、我が家に持ち帰ってきた伊予波ですが、3つもあります。
一人一個貰えるからです。
Pちゃん(父)と、T珍(母)、と僕(じじい)の3人なので、3個というわけです。
一つは、正月挨拶に来た、姉一家にあげました。
残り2つのうち、1個はデザートライブの翌日に食べたのですが・・・・
イマイチでした。
なんというか、バラバラな感じです。
柚子の香りと、上のメレンゲと下のパウンドケーキの部分が、チグハグです。
なんだかパサパサしてるし・・・
鎧塚さんの作る焼き菓子はもっともっと旨いはずだ。
首を傾げながら、完食。
残念です。

しかし、残りの1個に期待。
パウンドケーキは日にちをおいた方が、味がなじんで旨くなるからです。
3日目のカレーが美味しいのと同じ理屈で、パウンドケーキも、数日おいた方が、美味しいのです。
4日寝かせてみたのですが、それを食べてみる事に。
もうね。 包丁で切っただけで分かりました。
しっとりしてるんです。
味わってみて納得。
別物のように旨くなってます。
柚子の香り、しっとりしたパウンドケーキが絶妙です。
いつも言ってますが、鎧塚さんの焼き菓子はレベルが高いです。
香ばしくて、柔らかくて、しっとりしてて、そして甘くて・・・。
今年は鎧塚さん、数日寝かせたほうが良いよとは、言ってくれなかったので、皆、先に食べちゃっただろうなぁ。
6皿プラスお土産、すべて美味しかったなぁ。

これで、今年のスペシャルデザートライブのレポートも終わりです。
楽しんでいただけたでしょうか?
来年も予約の電話をかけますが、予約が取れるかは、運次第。
というか、僕が社会復帰できたとしたら、電話すらかけられないかもしれません。
次は無いかもという事で、6皿プラスお土産を、味わって食べたつもりです。
今年は平日のトシ・ヨロイヅカにも行きたいですね。

1週間、鎧塚レポートに付き合ってくれて有難うございます。
スイーツジプシー、お前は何処へ行く!?(笑)
明日から通常更新に戻ります。
食い道楽ばかりで、飽きてきた所でしょうし。
お楽しみに。

2014年1月 9日 (木)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 毎年恒例、ガレット・デ・ロア

20140109トシ・ヨロイヅカで行われた、正月限定のスペシャルデザートライブに参加しているわけですが、最後の一皿(6皿目)です。

ガレット・デ・ロアの登場です。
過去3回ほど、スペシャルデザートライブに参加させてもらってますが、毎回最後の一皿はこの、ガレット・デ・ロアになっていて、常連さん達のお約束となっています。
実は、最近のブンブン(セブンイレブン)のパンコーナーで同じ名前のガレット・デ・ロアが売られているのです。
当然食べてみたのですが、なかなか美味しかったです。
鎧塚さんレベルには遠く及びませんが、こんな感じなのかと、イメージするには良いでしょう。
興味がある人は食べてみて。

さて、ガレットですが、ただ食べるわけではありません。
タルトの中にフェーヴと言う陶器の飾りが一つだけ入っているのです。
切り分けてお客さんに食べてもらい、フェーヴが入っていた人が、王様、女王様となり、その年一年を幸せに過ごせる という物です。
ルーレットみたいな物ですね。

14席に満員だったので、14人が食べる事に、つまりガレットを14等分しますよね。
僕たちが今回5人で参加ですから、確立は3分の1くらいです。
この中で誰かが当たる予感がする。
・・・・と思ったのですが、それでも当たらなかった・・・
とてもとても残念、無念。

因みに、今回入っていたフェーヴは、林檎の形をしてました。
普通のフェーヴより小さくて、なかなか発見されず、誰なの?誰なの?と、ソワソワした時間が長めに流れました。
僕も恐る恐る、食べたのですが、無かったなぁ~

因みに、ガレット・デ・ロアの味ですが、いいバター使っているんでしょうね。
バターの味が全面に出ていて、香ばしいです。
シンプルな焼き菓子なのだけど、旨いなぁ。
焼き菓子って地味ですが、鎧塚さんの作る焼き菓子は絶品です。
このガレットもしかり。
食べ過ぎてもう苦しいと思っていたけれど、美味しいからついつい食べてしまいます。
全6品、全て美味しかった。
年々競争率が高くなっているので、来年は参加できないかもしれないけれど、行けたらいいなぁ。

鎧塚さん、最後の挨拶で、言ってましたが、今年は攻めるとの事。
エクアドルのカカオ農場や、一夜城の畑、ミッドタウン店の改装など、文字通り種をまく年だった2013年。
14年はそれらを成長させる年にするそうです。
何をするのか、チェックする毎日です。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
これで終わらないのが、スペシャルデザートライブ。
お土産が残ってます。
伊予波(いよなみ)の登場です。

2014年1月 8日 (水)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 苺のスフレ、オーガニックアイス添え

20140108トシ・ヨロイヅカで行われた、正月限定のスペシャルデザートライブに参加しているわけですが、5皿目になります。

いよいよデザートライブも残り2皿、最後の1皿は、余韻で食べるような物なので、この5皿目が、事実上のクライマックスだと思います。
苺のスフレ、オーガニックアイス添え です。
鎧塚さんの作るスフレが大好きな爺さん。
やさしい甘さで、フワフワで、卵の香りがして、口の中で解けてしまう儚さ。
これを待っていたよ。

鎧塚さん、メレンゲを丹念に泡立てていきます。
泡立てながら、スフレ作りのコツを教えてくれます。
メレンゲで全てが決まるそうです。
硬く泡立てるのはもちろんですが、メレンゲの艶が見極めで重要になるそうです。
泡だったメレンゲと卵黄?を合わせて、さっくりと混ぜていきます。

それを皿の上に乗っている苺の上にメレンゲをフワっと乗せます。
それをオーブンに入れて、5分くらいかなぁ。
膨らんできて、焦げ目が少し付いたところで、オーブンから出します。
お客さんの前に出来上がったスフレを置くのですが、お客さんに鎧塚さんから一言。
まだ手前には引き寄せないでください とありました。
そうです。今年もやります、ファイアーショウです。

今年かけて周る物は、コニャック。
コニャックを片手鍋に入れて熱し、「お願いします」の掛け声で電機が消されます。
コニャックに火をつけ、そのまま鍋を持って行って、お客さんの前のスフレにかけて行きます。
ブルーの炎は熱いというより、香りが良くて、顔を近づけたくなります。
ですが危険ですので、やめましょう。

ところが、T珍(母)から疑問が・・・
オーガニックアイスなど添えられてないじゃないかと。
確かに見た目はシンプルなスフレ。
苺が皿の底に隠されているけれど、アイスは無いです。
アイスを入れたままオーブンに入れたら、溶けてしまうでしょうし。
答えは少したってから分かりました。
半分ほどスフレを食べた人に、チョコレートのアイスを追加で乗せてくれるのです。
提供したスフレを二度美味しく食べられるようにとの、鎧塚さんの計らいです。
熱々のスフレにひんやりしたチョコアイス。
この温度差がたまりません。
それにチョコが解けて、新しいソースになるのです。
ちょっとチョコレートが濃過ぎたかなぁと思ったけど、僕がチョコがあまり得意じゃないからだと思います。
5皿目にして、最高のボリュームのスフレが出てきて、お腹が苦しいです。
苺のリゾットをおかわりした事が、ボディーブローのように効いてます。
でも当然のように、完食しましたけどね。
旨かったぁ~

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
明日は最後の6皿目。
毎年恒例の、あのお菓子、ガレット・デ・ロアの登場。
今年こそ当たるのか? 欲深きまさ爺、3度目の挑戦です。

2014年1月 7日 (火)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 苺とピスタチオのリゾット、ミントの泡ソース

20140107トシ・ヨロイヅカで行われた、正月限定のスペシャルデザートライブに参加しているわけですが、4皿目の紹介です。

苺とピスタチオのリゾット、ミントの泡ソース です。
苺のリゾット!! きたぁ~~。
これ旨いんだよね。

1品目を出している時から、鎧塚さんと若手スタッフが鍋に火をかけて、玉葱をあめ色に炒めるところからずっと作り続けていた一品です。
目の前距離1mの場所で作っているので、手を伸ばしたら、リゾットをペロリと出来てしまうような距離です。
鎧塚さんの話を聞くのはもちろんなのですが、この目の前のリゾットの進行具合も気になっていました。
鎧塚さん、ロゼのスパークリングワインを入れるはずが、白い方を入れてしまって、失敗したと白状しました。
すぐに入れるのを止めたので、大事には至らなかったのですが、「味は変わらないです」と言い訳。
会場はこのユーモアに盛り上がりました。
ちょっと鎧塚さん、お茶目でしたね。

時間を逆算して、この4品目に出せるように調理をしているのでしょうけど、リゾットの芯を無くして、且つ、粘りが出ない状態でストップさせ、且つ、冷めないで熱々を提供するという事はなかなか難しいのですが、鎧塚さん簡単に作っていきます。
何度も試作を繰り返し、これがベストという物を出してくれるのは分かっているので、有難いですなぁ。
実はこの苺のリゾット、食べるのは2度目です。
2年前のスペシャルデザートライブで食べたのが、最初でした。
(2012年の苺のリゾット、鎧塚家風へのリンクは こちら

しかし鎧塚さんが言うには、今回かなりパワーアップさせたようです。
玉葱を炒め、イタリア米を入れ、火にかけ続けます。
ロゼのスパークリングワインを入れるまでは同じだったのですが、ここでなんと、マスカルポーネチーズを入れました。
マスカルポーネはティラミスに入れるチーズとして有名ですよね。
まろやかになり、コクが出るのでしょう。
さらに苺とブイヨン、水を少々。
仕上げにパルメザンチーズを入れました。
そしてここに、ピスタチオのピューレを入れたんです。
ピスタチオの緑が入って、色が濁ってしまうのですが、味は良くなるそうです。
マスカルポーネもピスタチオも、味に深みがでるんだろなぁ。
最後に塩を入れて、最終調整。

完成したリゾットですが、連れの4人、伯父ちゃん、伯母ちゃん、Pちゃん(父)、T珍(母)は、ご飯とチーズの組み合わせなんて、食べたくないという世代なのです。
おコメをクリームで煮込んだり、トマト味にしたりという事などありえないという世代なのです。
果たして、この苺のリゾットは食べられるだろうか? と思っていたのだけど、あっさりと完食してました。4人全員。
しかもおかわりしてるしっ!
これにはクールなまさ爺も驚きました。
口に合って良かったよぉ~
苺のリゾットは好評で、半数以上の方がおかわりしていたと思います。
普通コース料理の途中でおかわりをさせる何て事はありえないと思いますが、おかわりをさせる事で、鎧塚さんとお客さんの距離がぐっと縮まるような気がします。
それにしても、おかわりを見越して、大量に作っているとしか思えない程の量なんだよねぇ。
鍋を片付ける時に残りを見た鎧塚さんは、残りが無くなっている事を大喜びしてました。
やっぱりおかわりされると嬉しいですよね。

2年前のデザートライブで食べた苺のリゾットよりも、濃厚で味が深く、苺の主張が少し抑えられているように感じました。
2年前よりも、数段パワーアップしていて、かなり美味しかったです。
僕の好みですが、全6品の中で、この苺のリゾットが一番旨かったなぁ。
絶品です。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
次回は、苺のスフレ、オーガニックアイス添え です。
放火魔鎧塚、真骨頂です。

2014年1月 6日 (月)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 薔薇風味を閉じ込めたポーランド風デザート

20140106トシ・ヨロイヅカで行われた、正月限定のスペシャルデザートライブに参加しているわけですが、3皿目の紹介。
薔薇風味を閉じ込めたポーランド風デザートです。

ポーランド風と言われても、さっぱりイメージが浮かばない僕。
実物を見て、思い出しました。
確かにアイアンシェフでこれを出してましたね。
天辺の飴細工が印象的な一皿でした。

苺のソースが敷き詰められていて、上に苺をメレンゲで包み、それをバーナーで焼き目を付けた物が中央に乗っています。
上や脇に添えられている苺は、真空調理器で、薔薇の香りを軽く付けているとの事。
これ以上やると、苺が崩れてきてしまうというギリギリの調理の仕方をしています。
苺の芯まで真っ赤に色づいているのが特徴。
上に飴細工を乗せて、見た目の華やかさと同時に、パリパリと食感のアクセントにもなっています。
最後にとどめをさす為に、ローズウォーターをスプレーしてくれます。
目の前に置かれた皿に、端の席から順番に鎧塚さんが、かけて周るので、とてもイイ匂いが立ち込めます。
スプレーも少しかかりましたが、肌に触れても大丈夫、服についても大丈夫だそうです。
薔薇のいい香りだなぁ。

味の方はまぁまぁかなぁ。
否、相当旨いですよ。
他じゃぁ食べられないレベルです。
でも、全6皿の中で、一番印象が弱かったかなぁ。
最初の1皿目の何が出るんだろうっていうワクワクと、6品目のクライマックスの盛り上がりの中間の皿で、どうしても印象が弱くなるかなぁと。
苺と薔薇の香りが相性が良くて、少しボリュームがあるけれど、あっさりと食べられました。
特に、皿に敷き詰められている、苺のソースが絶品で、酸味、甘み、食感全てが最高でした。
ソースを残さないように、スプーンですくい、皿が綺麗になるまで食べてしまいました。
否ホントレベルは高いのだけどねぇ。
他が更に素晴らしかったのです。

そうそう、3年前にエクアドルのカカオ農場を拓いて、今年初収穫を迎えたそうです。
本来ならば、このスペシャルデザートライブで披露するはずだったのですが、審査が一つ増える事になり(鎧塚さんのカカオに問題があるわけじゃなく、今後もずっと行う審査が、一つ増え、厳しくなっている)、正月のスペシャルデザートライブに間に合わなかったそうです。
収穫~お店でチョコレートにして売るまで、一環して行う会社やパティシエは、存在せず、鎧塚さんが世界で初めてになるそうです。
そのため、理想のカカオを手に入れる事ができ、より美味しい物を提供できると言います。
1月8日に(このデザートライブは1月3日)に500kgのカカオが届く事になっているそうですが、先に手に入れた少量のチョコレートを、有名シェフなどの食べてもらったところ「とんでもない物が出来たね」と太鼓判を押されたそうです。
ただ、あまりに鮮烈な香りなどがするため、「これはチョコレートじゃない」とか「私には口に合わない」という人も出るだろうとの事。
僕はチョコレートは詳しくないので、固定観念が無い分、すんなり受け入れられるだろうと思います。
今年のバレンタインでは、このカカオが販売されるでしょう。
トシ・ヨロイヅカで義理チョコを買う人はいないでしょうから、買いに来るお姉さん達は、本命チョコを買いにくるわけですよね。
これに混じって、僕も買いに行きたいと思います。
やや場違い、いや確実に場違い、何かの間違い!?wだと思われるだろうなぁ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
今年は、トシ・ヨロイヅカに5回は行きたいなぁ。
明日は、4皿目、苺とピスタチオのリゾット、ミントの泡ソース です。
傑作?問題作? お米と苺の組み合わせ、どっちに転がる!?
お楽しみに。

2014年1月 5日 (日)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ  苺とバナナのグラスデセールと苺の牛皮包

20140105トシ・ヨロイヅカで行われた、正月限定のスペシャルデザートライブに参加しているわけですが、2皿目の紹介です。
苺とバナナのグラスデセールと苺の牛皮包です。
今回は、シンプルな名前ですね。
この写真を見た事がある!っという人は、かなりの食いしん坊、かなりのテレビっ子、超フジテレビっ子です。
鎧塚さんがアイアンシェフに出演した時に作った一皿なのです。

アイアンシェフで勝利を飾った鎧塚さんですが、その反響は大きく、あの時のスイーツが食べたいというリクエストが多かったそうです。
僕もあの対決は見ましたが、どれも美味しそうだった。
食べてみたいと思わせるだけの説得力、魅力がありました。
何と今回、全6品の中で、4皿がアイアンシェフの作った物をさらにパワーアップさせ、出してくれるそうで、かなり楽しみ。
ただ、苺対決でのメニューを再現するとあって、苺のスイーツが4皿続くのが、ちょっと心配でもありました。
結果、そんな心配は、全く要らなかったのですが、同じ苺を使っていて、こうも変化を持たせる事ができるなんて、やっぱり鎧塚さんは天才なんだなぁと実感。

いかんいかん、つい料理以外の話で盛り上がってしまいましたが、2皿目を食べた感想を。
これもかなり旨かったです。
写真を見てもらうと分かるのですが、小さなグラスに入った物と、白いまん丸と、2つのスイーツが一皿に乗っています。
鎧塚さんに、どちらから食べても構わないと言ってくれたので、まん丸の方から食べてみます。
“苺とバナナのグラスデセールと苺の牛皮包”という名前ですので、まん丸は苺の牛皮包という事になりますね。
ナイフとフォークで、お餅を切りますと・・・中からカスタードクリームと苺が入っています。
そして鮮烈な柚子の香りがします。
和菓子のようです。
カスタードクリームが入っているけれど、柚子の香りがするだけで和菓子を食べているような感覚。
大福だったらあんこが入っている場所にカスタードクリームが入っているのですが、あんこよりも軽いんだけど濃厚で、溶ろけます。
これ旨いよぉ~
鎧塚大福として、売り出してくれよぉ~。
そして、グラスに入ったパフェのような物にもスプーンを入れて食べてみます。
天辺のクリームから驚き。
バナナの味がする。
その下の層には、サクサクのパイ生地を砕いた物が、一番下の層に、生クリーム?練乳?、さらに一番下の層に荒く潰した苺が入っています。
「昔、苺をスプーンで潰して、それに練乳をかけて食べた事があると思いますが、あれは完成された組み合わせ、調理の仕方だと思う」と鎧塚さん。
それをこのグラス再現したと言います。
確かに苺練乳は旨いよねぇ。
それをこんな次元に高めて出す。 すげ~よ鎧塚さん。
砕いたパイ生地がアクセントになって、食感と香ばしさをプラスしてくれています。
旨し!!

そうそう、アイアンシェフの参戦したという事で、裏話が聞けました。
まず出演が決まると、分厚いルールブックを渡されるようです。
その厚み5センチ!!
テーマ食材は、やはり対戦が始まる時まで一切教えてくれないそうです。
一部の人が、あれはやらせだと言いますが、本当に秘密、本当にガチ勝負だとの事。
また、試合が始まったら、すぐに助手が動き出すが、あれはおかしいと思いませんか?との疑問にも答えてくれました。
テーマ食材の発表から、30分時間が与えられ、そこで助手に指示をだせるそうです。
鎧塚さんの場合、このレシピでとカスタードクリーム作りをと、一人に任せ、もう一人には、アイスクリームを作るように指示をだしたそうです。
どおりで、試合開始と同時に助手が指示もされていないのに、キビキビ動くはずですね。
あとは、食材が何でも揃っているのはおかしくないか?という疑問にも答えてくれました。
あれは本当に何でもそろっているそうです。
その食材のお値段、3000万円。
一回の収録でそれだけかけるそうです。
そして、次の試合に同じ食材たちを使う事はせずに、使いきりとの事。
番組スタッフはその食材を持って帰っても良いという事になっているそうです。
皿だけで数十種類、醤油だけで10種類、そんな用意の仕方だそうです。
すげ~
そうそう、アイアンシェフに鎧塚さんが出演した時の審査員の中に市川海老蔵さんがいたのですが、彼の目ぢからは半端ではないと言ってました。
鎧塚さんは芸能人の会っても、まったく動じない、ビビらない、気後れしないそうですが、海老蔵さんだけはビビったとの事。
歌舞伎のニラミはすごいからねぇ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
まだまだ2皿目、これからが本番。
明日は3品目、薔薇風味を閉じ込めたポーランド風デザートです。
お楽しみに!!

2014年1月 4日 (土)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ スフレパンケーキと神奈川相模三元豚の一夜城風自家製ハム、フランス産トリュフのビネグレットソース添え

20140104昨日は2014年正月の最大イベント、トシ・ヨロイヅカのスペシャルデザートライブの日、でした。
13年の12月09日に予約の電話をかけまくり、奇跡的に予約が取れたのです。
(行けるか?スペシャルデザートライブへのリンクは こちらです)
参加者メンバーは5人。
伯父さん、伯母さん、Pちゃん、母(T珍)、まさ爺である。

去年参加した時は遅刻をして大変迷惑をかけたので、今年は絶対に18時に到着しなければならないと思っていました。
なんせ、1年間事ある毎に、あの時遅刻してさぁと話題に上っていたので、本当に大失態の猛反でした。
今回は、時間を少し余裕を持って、15時に茨城を出発、2時間半で着くだろうという計算でした。(普通の日なら、1時間半で到着できる)
ところが、首都高が渋滞。
最初は富士山と夕焼けが綺麗だとか、スカイツリーはライトアップしても綺麗じゃないとか、アサヒビールの魂のような形のビルは何なんだ?とか、車内は盛り上がっていたのですが、17時を過ぎた辺りから、皆無口に・・・
この渋滞はどこまで続いているのか?
Pちゃんの話だと、1kmくらいの距離だけの渋滞だろうとの事。
17時半になり、いよいよやばい。
スマホでトシ・ヨロイヅカを検索し、「遅刻するので、先に始めて下さい」と電話しろという話になり、爺さん、泣きそう(笑)
電話怖い、しかもそれが、鎧塚さんの所なんて、、、無理だ。

しかし、Pちゃんの言うとおり、渋滞は1kmで終わり、その後、サクサク進みました。
会場の東京ミッドタウンに到着したのは、17時45分っ!!
トイレに行く時間もかろうじてありそうです。
いそいでトシ・ヨロイヅカに行くと、一番乗りで店内へ。
本当は一番に入ると、奥の鎧塚さんから離れた場所に座る事になるので、オススメできないのだが、僕は3回目の参加だしと、自ら一番奥の席へ。
本日主役の伯父さん、伯母さんの2人を中央近くの席に座らせました。
すぐに鎧塚さんが登場し、一人ひとりに挨拶をして周ります。

鎧塚さん、かなり近いところにいます。
僕にとって鎧塚さんは、芸能人の旦那という認識は無く。
天才&努力のパティシエ。
僕にってヒーローに会うような気持ちになるので、緊張&興奮するのです。
う~ん、脈が速くなるような気がする。
気がするだけですが、、、

ウェルカムドリンクを何にするか聞かれたのですが、シャンパンを注文。
一杯くらいなら、真っ赤にならないで飲めるだろうと踏んだのですが、結構酔っ払ってしまいました。(弱っ!)
鎧塚さんの挨拶を聞き、皆でグラスを持って、乾杯します。
これ去年は挨拶前に飲んでしまって、恥ずかしい思いをしたので、今年は絶対に乾杯するまで飲まないぞと決めてました。
シャンパン旨し! でも飲みすぎんなよと自分に言い聞かせます。

2013年にトシ・ヨロイヅカに行ったのは、正月のスペシャルデザートライブだけでした。
もっと行きたかったけど、体調が思わしくなかったので、仕方ない。
お店をリニューアルし、主にカウンター内の設備の充実を図り、銅版などを入れたと聞かされていました。
50センチ×70センチくらいでしょうか? 銅版を熱しているようです。
その銅版を使った料理が一品目から登場しました。

スフレパンケーキと神奈川相模三元豚の一夜城風自家製ハム、フランス産トリュフのビネグレットソース添え というとても長い名前の一皿です。

銅版には、セルクル型が並べられて、中に生地を入れいきます。
焼き時間は5分くらいだったでしょうか。
少し、香ばしくなるだろうなというくらい焼き目をつけています。
それを皿に並べ、三元豚のハム、ドレッシングに合えたレタスを乗せます。
手前の黒い粒々がトリュフらしいのですが、トリュフを食べた事がない僕は、味が分からない。
香りを楽しむ物だとは分かっているが、香ばしいキノコという表現しかできないなぁ・・・(すみません、よく分からなかったです)
トリュフソースは分からなくても、パンケーキと三元豚の味は分かります。
甘めのパンケーキに、しょっぱい三元豚ハム。
アメリカンドックのような組み合わせと言えば分かりやすいかな?
甘い生地としょっぱいお肉、まさにイメージはそれです。
もっともっと上品で、ギリギリのバランスで成り立っている一皿ですけどね。
レタスのドレッシングの味と、丁度良い塩味のハム、ふっくら温かくて甘いパンケーキ、良い香りのトリュフソースと、一品目から、レベルが高いです。
こういう一品をさらりと出してくるのだから鎧塚さんは本当にすごいと思う。

今年も鎧塚祭りに遊びに来てくれて、ありがとう。
明日は、苺とバナナのグラスデセールと苺の牛皮包 です。
アイアンシェフの裏話も、お楽しみに。

2014年1月 3日 (金)

あぁ、食い道楽 電子ケトルの実力、その後の日常

今日も10日ほど話が戻ります。
平成25年、師走、23日、我が家に電子ケトルがやってきた。
前の晩、20時にネットで注文したのだけど、翌日の午後には届いてしまった。
早い、早すぎる!
一瞬、先日書いた“アマゾンのヘリ配送”を使ったんじゃ?と思うほどに早い。

配送状況をネットを使って追いかけていたので、翌日には届く事は分かっていたのです。
じゃぁ、翌日からコーヒーが飲めるのか?
飲めませんね。
何にも用意できてません。
コーヒーカップ、コーヒー粉?豆?、それにコーヒーの粉を入れて、お湯を上から注ぐ時に使う、あの逆三角形の器具、あれ何ていうんだろう?
たぶんコーヒードリッパーと言ったような。
ドリッパーなんて売ってる所知らないんだけど・・・
部屋でまったりとコーヒーを楽しむには、まず色々と揃えないいけないのだ。

すぐに買い物で外に出る。
健康な人だったら、当たり前の行動なんだろうけど、僕にはこれが大変。
でも帰りにおやつを買ってヨシ。と待遇をよくしてやると、爺さんはそそくさと出かける。

さて、やってきたのは、スーパー肉丸、絶品の肉団子を一日500個限定で売っていて、行列が絶えない店である。
ウソです・・・。
ただのスーパーです。
肉団子も売ってません。
本名は誰も覚えてくれないが、ヨークベニマルと言う(笑)

ベニマルには、コーヒーの豆?粉?を買いに来たのである。
コーヒーコーナーはすぐに見つかった。
こんなに沢山のコーヒーがあるなんて、今まで気付かなかったなぁ。
種類が多いから、どれを買ったらいいのかが、まず分からない。
パッケージを見て、渋めで本格的そうな物を買うしかないか?
否違うだろ、値段だ。
高い物を買っても良かったんだど、僕はコーヒーの味に疎い。
きっと安物でも、美味しいと舌鼓を打つに決まっている。

あと量が多い物がいいなぁ。
すぐに無くなってしまって、買いに行かないといけなくなると、体がしんどいですからね。
選んだ物は “UCC オリジナルブレンド” という青い円柱状の缶を買う事に決めた。

スーパー肉丸には、ドリッパーが置いてないようなので、100円ショップ移動する。
ドリッパーは、普通2000円~3000円くらいするのですが、100円ショップには当然ではあるが、100円でドリッパーが売っているらしい。
店内を探すとありました、100円ドリッパー。
プラスチック製で、なんとも安っぽいが、ドリッパーが陶器なろうが、プラスチックになろうが、コーヒーの味はさほど変わらないだろう。 ・・・と思う。

帰宅して、早速お湯を沸かしてみる。
コーヒー1杯分の水を60秒で沸騰させるというのが売りらしいので、それを試してみる。
90秒で沸きました。
十分に早いので、満足です。

次はいよいよコーヒーを作ります。
コーヒーの粉の量が分からない。
ドリッパーにフィルターをセットして、中にコーヒーの粉をスプーン2杯。
たぶん多いよね。
ま、気にせず進みます。
ケトルで沸かしたお湯を少しずつ円を描くように注ぎます。
お湯を注ぎすぎると、カップからコーヒーが溢れてしまうので、ビびりながらお湯を注ぎます


出来上がった淹れたてのコーヒー。
味は・・・  まだです。
僕は猫舌なので、淹れたてのコーヒーは飲めません。
5分ほど冷まして、飲みました。
なかなかイイと思います。
安物を買ったけど、そのわりには美味しい。

毎朝目が覚めたらすぐにお湯を沸かし始め、1杯のコーヒーを飲みながら、ニュースや、コメントをチェックする。
何だか、1日が充実して始まるような気がして、とても満足です。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
とりあえず、猫舌は、何かと困るなぁ。

2014年1月 2日 (木)

新アドレスで、ひともんちゃく

話は10日ほど遡ります。
スマホを購入し、その便利さ、賢さ、利用料の高さに、びっくりしている爺さんです。

困った事に、新しいメールアドレスが決まらないのだ。
というのも僕のアドレスは、毎回シンプルそのもので、緑亀ガラケーの時は“まさしセルフォン@docomo.ne.jp”でした。
そのまんまですね。まさしの携帯という意味です。

さて、ガラケーからスマホになっているのに、“まさしの携帯”というアドレスのままと言うのは、なんだか気持ちが悪い。
半日、新しいアドレスを何にするかで迷ったけれど、それでも良いアドレスが思い浮かばない。
もう一生浮かばないような気もするので、気分転換にネットで面白いアドレスが無いか探してみた。
その一部をコピペしますね。
 ・watashino-ohakano-maede-don't-cry@
 ・neko-neko-nyan-nyan-i-love-dog@
 ・this-is-spam-mail@
 ・oredayoore@
 ・oreha_omaerato_chigau@
 ・suimasen-toriaezu-beer@
 ・---------kiritorisen----------@
 ・ima-anatano-ushironiiruyo@
 ・me-ru.okuruna.uzai@
なんという事でしょう!!
これネタなのかなぁ?

結局のところ・・・
“まさしスマートフォン@docomo.ne.jp” と何のヒ、ネリもないアドレスに落ち着きました。
新アドレスを考えるのも苦労しましたが、これは、この後の地獄巡りの氷山の一角でした。

いつも言っている事ですが、僕は手続き関連の事が、本当に苦手で、お金を払ってでも構わないから、誰か代わりに設定やって・・・ となりました。
でも、誰も賄賂を受け取ってくれなかったので、自力でやるしかありません。

docomo IDを登録し、IDとパスワードを忘れないようにメモ帳に書き込みます。
次にApple IDを登録し、またメモ帳に記述。
次にiCloudを登録、またまたメモ帳に記述。
これらのIDを使って、やっと本来のまさ爺の新アドレスの登録に進む事が出来るようになるのです。
初日は、意味が分からず、メモしたIDとパスワードを正しく入力できずにエラー連発。
あまりに複雑。
説明書無しからくる、放置プレーをやられた怒り。
何をしたら良いのか分からない事が分からない。
僕、珍しくキレちゃいまして、スマホを床に叩きつけて、破壊してやろうかと、壊し屋マー君が出現。
年の瀬になり、今年一番のストレスを感じました。
仕方ないので、ブブ彦のニブ肉を引っ張り、怒りをいなしました。

翌日の夕方頃に何とか峠は超え、スマホいじりが面白くなってきました。
もう手続きは無いよね?
この苦労。
スマホを始めた人は、皆感じるようです。
説明書付けようよ、林檎さん。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
手続き、本当に嫌です。

2014年1月 1日 (水)

今年こそ社会復帰!? 今年の目標をば、

明けましてオメデトウござます。
2014年、あぜ道指導(始動)であります。
元日から指導されてちゃぁ、凹んじゃうよね。
私道でも、中村獅童でもなく、始動ですよぉ~

新年になって、新しい事を始める訳では無いのですが、一応何か宣言をしておこうかと思います。
2014年、僕は社会復帰を目指し、動く事になると思います。
合わせて髪もバッサリ切ることになるでしょう。
「龍馬さん、あなたの髪型も卒業です。」(涙)
まだ詳しい事が言えないのですが、ここ何年かかけて準備してきた事を行動に移します。

もし社会復帰が出来たとしたら、連日僕があぜ道でやっている秘儀、“速攻コメ返し”が出来なくなります。
佐々木小次郎の奥義、“燕返し”っぽく書きましたが、ただの暇人がやる事がないので、すぐに返信する というだけの事であり、殺傷力はゼロです。

必ず返信を書く事に変わりは無いですが、もし、社会復帰できたら・・・、夜になるまで返信はできないと思います。
0時に更新するスタイルは貫きたいと思います。
社会復帰したら、忙しさに負けて、今のレベルの話が書けなくなる事も考えられるのですが、まぁ、そこは努力するしかないですね。



さて、ここで、いきなりのお題を出します。
コメントを書いてくれる常連さん達も、今日は2014年の目標をコメントに書いてほしいなぁ。
「何も変化無し、少しでも前進する。」 これで良いと思います。
傷を舐めあうようなブログにはしたくないと常々言ってるように、各自が今年の目標を書く。
今日は皆でそれぞれの背中を押し合う日にしましょう。
と言うわけで、2014年の、プチ目標をここで宣言してくださいね。
宣言したからって、守れなくてもいいんです。
ただの目標ですから。
宣言する事によって、少し進めますしね。
僕の目標は「痩せる、外出る、働く、スイーツは食べる」ですなぁ。


今年もあぜ道通信の遊びに来てくれてありがとう。
年賀状まだ出してません。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »