« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ ショコラ発表デザートライブ お土産 エクアドルカカオの板チョコレート | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 2月の病院にて »

2014年2月14日 (金)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ ショコラ発表デザートライブ こぼれ話

20140214トシ・ヨロイヅカのショコラ発表デザートライブに参加してきたわけですが、紹介しきれなかったこぼれ話の紹介。

写真のかまぼこ板の説明を。
1品目、2品目とこの板の上にチョコレートを乗せて提供されたわけですが、これはヒノキの板です。
一夜城、ヨロイヅカファームと刻印されています。
一夜城の人気商品の一夜城ロールの台座として使っている物だそうです。

「森林伐採しているのか?と思われるでしょうが、そうではありません。」
「これは間引きしたヒノキを使っています。」
「小田原(一夜城のある場所)のヒノキです」
「森と言うのは定期的に間引いてやらないと育たないのです」
「その木を使うことで、地域に貢献できますし、トシ・ヨロイヅカでも看板メニューが作れるというわけです」
「一夜城ロールが完成したら、すぐにお役所からクレームが来たんです」
「木の上に直接ロールケーキを乗せるのは衛生面に問題があると言ってきたのです」
「木とロールケーキの間にビニールを挟めば構わないと言われたのですが、それでは意味がない」
「検査してもらいました。」
「すると、菌が全くいなかったのです」
「そしてヒノキの成分が出ているから、数日たった物を検査しても、一般のロールケーキよりも菌の増殖がずっと少なかった」
「すると、役所の人が、“やっぱりね”と言ったんですよ(笑)」
「ふざけるな、でしょ?」 と鎧塚さん。

このヒノキ板、木のいい香りがします。
この板は持ち帰ってもらって構いませんと言われたのですが・・・・
それが嬉しくて、あの板は忘れまい、忘れまいと無意識に念じていたんでしょうね。
板を持って喜んでいたら、あのようにメニュー表の方を忘れてしまったというわけです。
あぁ、不覚。
全ての料理が出終わって、味わって、鎧塚さんの挨拶を聞いて、あとは帰るだけ。
お土産を受け取って、店を出るだけですが、鎧塚さんが、客席に出てくるまで待ちました。
鎧塚さんに直接感想を言いたかったからです。
「すばらしいチョコレートができましたが、この挑戦は怖かったでしょう?」と僕。
「実はチョコレートが苦手なのですが、限られた人しか参加できないのに、僕が参加してしまったのは、失礼かとも思ったのですが・・・」とも言いました。
「いえいえ、全然構わないですよ」と鎧塚さん。
「それに今回は比較的席が取れやすかったようです」と鎧塚さん。
「ショコラ発表デザートライブ開催の告知と、受付開始までの日数が1週間くらい?しかなかったのも影響したかもしれませんね」と僕。
「僕は毎日HP見に行ってるので大丈夫でしたが」
「そうそう、前のお土産に、パウンドケーキがありましたが、あれは2~3日置いたほうが、しっとりして美味しくなると言われてましたが、このお土産もそうですか?」
「香りが飛んじゃうとか、ありますか?」
「少しだけ飛ぶこともあるかもしれませんが、大丈夫、日持ちします」
「今日はありがとうございました」と僕。
満面の笑顔の鎧塚さんに見送られ、店を後にしました。




鎧塚さんが言うには、予算が無かった事もあるけれど、何千万円もするイタリアの機械は敢えて買わなかったそうです。
パティシエになってから、本でチョコレートの事は勉強してきましたが、カカオの味ってどういう物なんだろう? 製法はこれでいいのだろうか? もっと美味しくならないのだろうか?と疑問が湧き上がり、手作りのアナログな機械を使うと決意。
町工場で特注の精製機を作ってもらったそうです。
手探りでしたが、本当に勉強になったそうです。
ローストの時間を最短にできたのも、こうしたアナログな方法で、出来を確認しながら高い機械任せにせずに行ったからでしょう。
そして、この経験は今後トシ・ヨロイヅカでショコラの商品を作ってくる時に、大変な強みになってくるでしょうとも言ってましたね。
今後は、トシ・ヨロイヅカに言ったら、チョコレートケーキを買ってみようと思います。




僕は今回のショコラ発表デザートライブに参加するべきか迷っていると言ってましたが、参加してみての感想を。
参加して大正解でした。
正月のデザートライブに3回、今回のデザートライブと参加してきましたが、今回が一番エキサイティングしました。
一番印象に残っているのは、2品目の(手ごねチョコレート)モデルチョコレート。
かなり衝撃的でした。
こんな体験ができるなんて、幸運な事だと強く思いました。
ふた口で食べてしまったのですけどね。
あの味は一生忘れないでしょう。
そして、チョコレートが苦手なのに、一度も、もう食べられないとか、この味は嫌だとか、喉が痛くなるとかにはなりませんでした。
いかに粗悪なチョコレート、否、本来のカカオの味を知らないでココまで来てしまったか という事でしょう。
鎧塚さんが、試食と試作を繰り返し、エクアドルカカオはこの味で行ってしまっていいのだろうか? と思うことが何度もあったそうです。
その時に、これまで使っていたチョコレートを食べ、味を比べたそうですが、そうするとこれまでのチョコレートの味が感じなくなったと言ってました。
カカオ本来の味を知ってしまったら、もう昔のままでは満足できなくなる という事なのでしょう。
僕もそう思います。




最後に・・・
料理系のメニューが終わり、いよいよ本業のスイーツ系が出るというタイミングで、お茶は何にするかスタッフに聞かれました。
僕はコーヒーを注文。
トシ・ヨロイヅカ、お茶も美味しいのです。
コーヒーは豆の香りがしっかり出ていて、濃い。
そのコーヒーを飲んでしまったから、デザートライブが終わって帰りの電車に乗っていたら、頭がフラフラして、少しの吐き気が・・・
カフェインのせいだと思ったのです。
情けない・・・・ お子ちゃまかよ!と突っ込みました。
しかし、夜帰宅しても、フラフラが収まらない。
深夜0時になってもフラフラ、3時になってもフラフラ。
普通コーヒーでフラフラしても、トイレに2回も行くと、流れてしまって、もう復活できるのですが・・・
どういう事だ? いつもと違かった点は何だ? しばらく考えてある答えに行き着きました。
チョコレートだ・・・
カカオの中にもカフェインは含まれている。
しかも、カカオニブ(カカオ豆を砕いた物)で食べる事が多かったので、消化され外に出る事なく、胃の中でカフェインを出し続けている。
結局、ある考えに行き着きました。
夕食もフラフラするから食べなかったのですが、逆だったのだ。
胃の中のカカオを夕食と一緒に消化しないといけなかったのだと。
深夜3時だというのに、台所に下りて、残っていたシチューを食べました。
すると、嘘のようにフラフラが治まり、1時間後には眠りにつくことが出来ました。
誤解してほしくないのは、このエクアドルチョコレートを食べると吐き気に襲われる事など無いと言う事。
今回は大量に食べ続けたからの例外的な事、カカオニブで食べた事もあるでしょうし、何より、僕がカフェインに弱い体質だったからという事です。


さて、10日間にわたって、今回トシ・ヨロイヅカのショコラ発表デザートライブの様子をお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?
つたない文章ですが、緊張、緩和、驚き、感服、展望、引火wなど、いろいろな物を載せられたと思っています。
またトシ・ヨロイヅカに行ったら、情報を載せていきたいと思います。
今回のレポートを読んで、トシ・ヨロイヅカに、いつか行ってみたいと思えたならば、もうあなたは仲間です。
ではでは、またレポートを書く事ができたら良いなと願いつつ、この辺で終わりにしたいと思います。

読んでくれてありがとう。
ではまた。

« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ ショコラ発表デザートライブ お土産 エクアドルカカオの板チョコレート | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 2月の病院にて »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

コメント

まさ爺、おはよ~

メニュー表は本当に
残念でしたね。
ヒノキの香り大好きです
その香りの上にチョコが
乗るなんて素敵♪

鎧塚さんとお話しも
したんですね(^^)
やっぱり思った事は
伝えないとね!
まさ爺、凄い!!

私、まさ爺の記事を
読まなければ
鎧塚さんを知らずに
と言うか誤解したまま
過ごしてたと思います

長のレポートお疲れさま
でした。
今年はたくさん
鎧塚さんのお店に
行けるといいですね♪

まさ爺、今日もよろしく。


M姉さん、おはようございます~
雪降る中、豚ちゃんの散歩に行ってきました。
帰宅すると豚ちゃん、すぐにこたつに潜っていきましたw
僕は、コーヒー飲んで、まったりしているとこです。
フィギュアスケート、羽生君すげーなぁ。

鎧塚さんと話をするのは、やや緊張してしまうのですが、話すととても気さくな方で、アニキィって感じですw
今年はたくさん、お店に行きたいですぅ~
顔覚えてほしいし・・・

M姉さん、今日もよろしく。

まさ爺、雪、大丈夫ですか?
ぶぶちゃんも寒いだろうなぁ~
大阪も今日は雪が降り積もり
部屋から見てる分には
白銀の世界が素敵でした
しかし今日はT Drの診察。
今日を逃すとポチに車で
連れてってもらえないし
チョコも用意してるから
日にちを延ばす訳にも
行かず雪の状況を見守って
いました。
昼過ぎから雪はやみ
無事に車で病院に行けて
チョコも渡す事が出来ました
ちゃんと
「お世話になってますんで」と
今年は言う事が出来ました
向こうはこんなおばちゃんに
貰っても嬉しくないだろう
けどね(ゝω・)
まぁ男性もウチに持って帰る
のに数が多い方がいいかな
って思うので、数のうちです(^^)
子供にも自慢できるしね!
チョコから話は膨らまず
直ぐに診察に入りましたハハハ

ポチにはチョコをあげてません
逆にさっきコンビニで
ポッキーを買って来て
くれました
チョコ食べたかったのかな?

関東地方は夜から大雪だとか?
注意して下さいね


M姉さん、こんばんは。
雪ですが、今はやんでるようです。
この後、雨に変わっていくようなので、積もることもなさそうです。
大阪の雪の様子を、夕方のニュースで見たのですが、雪の降り方積もり方よりも、M姉さんはこの近くに住んでいるのかなぁ?と思って、景色ばかり見てましたw

チョコ渡せたんですね。
一言添えられたので、印象に残っているはず。

僕は明日外出する予定は無いので、安心してくださいねぇ~

入院、自宅療養、考えてもきりがない…一旦考えるのをやめたいので、昨日の記事にコメントさせてください。

このヒノキの板、お土産になるのかずっと、気になっていました。
それと、メニュー表にサインといっしょにイラストが描いてありますよね?鎧塚さんの似顔絵かな⁈って思ってました。

海ちゃん、
このヒノキの板は、弟のところに飾ったよ。

サインに描かれているのは、似顔絵じゃないような。
笑顔が描かれているのだけど、どちらかというと、女性っぽい顔なんだよなぁ。
この笑顔も、毎年変化しているような気もするんだよね。

まささん
気分転換につきあってくれてありがとうございます。
おやすみなさい。

海ちゃん
海ちゃんと話をするのは、楽しいし、気持ちがスッと楽になるような感じがするんだよ。
だから、つきあっているという感覚は無いねぇ。
つきあってるって言うと、少し無理して、やりとりしているってニュアンスがあるでしょ?

海ちゃん、いつもコメント書いてくれてありがとう。

この記事へのコメントは終了しました。

« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ ショコラ発表デザートライブ お土産 エクアドルカカオの板チョコレート | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 2月の病院にて »