« ゲームしてみる? さらばの100円、そこにこだわるか? | トップページ | 独り 図書館 美雪晴れ みをつくし料理帖 »

2014年3月30日 (日)

あぁ、食い道楽 春、そこまで、それを告げる唐揚げ

だいぶ気温が暖かくなってきまして、散歩も随分と楽になってきました。
今年はまだツクシを見ていないけれど、そのうち会うことができるでしょう。
着る物、気温、犬の息づかいなどと、春を感じることはたくさんあるのだけれども、やはりこの時期に一番春を感じるのは、やはり花粉なんでしょうねぇ~。
また来やがったな、このやろう。
今年こそは負けないぜ!といいつつ、必ず負けるんですよねぇ。
もう勝ちでいいから、早く立ち去ってくれ~ っと最後は戦意喪失であります。

おやつに草餅が出た。
おやつに、桜餅が出た。(関西風の桜餅だとベネ)
おやつに、羊羹が出たでも春を感じるなぁ、羊羹は季節は無さそうだけれども、甘い物を食べるという事は春を感じさせるのかもしれません。
水羊羹になると完全に夏だけどね。

鶏唐揚げの登場も季節をかんじます。
別に冬に鶏唐揚げが出てることもありますが、揚げ物ガンガン行くぜ!って感じが春を感じさせるのかもしれません。
お花見のお弁当には鶏唐揚げ入ってるしね。

蕗の薹や、新竹こそ春なんでしょうけど、唐揚げで春を感じるあたりが、なんとも僕らしいかなと。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう
皆さんの、変わった春の見つけ方、教えてくれるとうれしいです。

« ゲームしてみる? さらばの100円、そこにこだわるか? | トップページ | 独り 図書館 美雪晴れ みをつくし料理帖 »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

コメント

まさ爺、おはよ~

暖かくなってきました。
私が春を感じるのは
宝塚音楽学校の合格発表です
関西ローカルのニュースでは
毎年映像が流れます
それを見ると春の訪れを
感じますねぇ~

食べ物は…
何でも年中食べれるご時世
旬のものを美味しく頂ける
大人で居たいのに
でも、まさ爺の春の訪れが
唐揚げって面白いね(^^)
年を重ねるとガッツリとは
食べれなくなるので
食べれる時に食べといた方が
イイと思う
食べたいのに胃が受け付けて
くれないのサ((T_T))

眠りすぎるのも
春が来たからにしておこう(^^)

まさ爺、今日もよろしく。

こんにちは。
春を感じるのは、洋服の色が変わることです。
好きな色は、前に話しましたが、ネイビーが減って、ピンクや白が増えます。

海ちゃんこんばんは

私、ピンクとか白の服って
あんまり着たことがないの
四季を通じて黒とかグレーで
春だから華やかな色を
着たいとは思うんだけど
似合わないんです
膨張するしね(^^)
薄いブラウスと
ミニのフレアースカート
はいてる女子を見ると
同性だけどキュンって
なります。
まさ爺は女子のどんな
スタイルがお好みなのかな?
海ちゃんはパンツスタイルと
いうよりは、女の子らしい
スタイルが似合いそうな
気がする
春色のお洋服来て
元気だしてね(^з^)-☆

海ちゃんこんばんは。
服の色では春を感じるというのは、女性ならではの感性かもしれないねぇ~
ピンクや白の服、海ちゃん似合うんだろうなぁ(妄× 想○)


M姉さんこんばんは。
僕の好みのスタイルですかぁ・・・・
聞いてはいけない事を聞いてしまいましたね(笑)
ファッション用語、わからなにのです。
あと色も分からなくて、海ちゃんが、ネイビーが好きと前に言いましたが、調べたくらいです。
ワンピースって何?って所からの出発ですからね(笑)
なので、なんだその表現?wなんだその言葉?wとなるのを覚悟して書かせてもらうと、
『落ち着いた感じの服装』の人が良いです。
何じゃそりゃでしょ?(笑)
まるまるM姉さんが言った、女の子らしいスタイルが似合うような気がする、という所と同じかと思います。

解りました。
まさ爺の好みは
清楚な感じのスタイルですね
タイトスカートより
フレアースカートの
女子ですね
私達が想像してる
海ちゃんみたいなタイプ
だと思う(^^)
auの剛力彩芽の CM見て
海ちゃんを重ねている
私です。

今日も1日お疲れさま
まさ爺、ありがとう。

M姉さん、こんばんは。
すっかり夜昼寝(21時~3時)頃が定着してしまい、今起きた所です。
海ちゃんは、いいですよね。
後10歳若ければ、アタックしている所です。
電車男みたな話があるくらいですからね。
ネットから始まる恋があっても良いはずですよねぇ~
リアルもネットも恋の始まりはは、『相手を“信用”できるか?』って事なんだと思うしね。
海ちゃんは、いいよなぁ~(照)

この記事へのコメントは終了しました。

« ゲームしてみる? さらばの100円、そこにこだわるか? | トップページ | 独り 図書館 美雪晴れ みをつくし料理帖 »