« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月の30件の記事

2014年4月30日 (水)

あぁ、食い道楽 チョコ修行僧、道半ば

最近は、ちょこちょことチョコレートを食べるようになりました。
『駄洒落かよっ、しかもつまらない』と言わないでおくれ。
本当に少しずつ食べるようになったんです。

今年2月に参加した、トシ・ヨロイヅカのショコラ発表デザートライブに参加して、チョコレートの可能性を感じ、味に目覚めました。
(ショコラ発表デザートライブ 序章 へのリンクは こちら

ダイエット中の身ですから、大量には食べられないけれど、ちょっとずつ食べています。
子供の頃からチョコレートはほぼ食べなかった子(というよりチョコレートを親が買ってこない家)だったので、この歳になってからのチョレートデビュー。
はっきり言ってチョコの味はわからない。
キノコの山とタケノコの里は、兄弟品で、味の違いがほぼ変わらないのは知っている。
それくらいは知っているけれどね。

でもどういうチョコレートが流行っているのか?
どういうチョコレートが良い品なのか?
定番は?
さっぱり分かりません。
ゴディバのチョコレートは茨城じゃぁ手に入りにくいけど、まずは美味しいチョコレートを食べて勉強したい。
でも、ブンブンに言ったら、クランキーチョコレートを買ってしまう僕。
高いチョコレートは買えません・・・
売ってもいないしね。

相変わらず、大量に食べると喉は痛くなっちゃうけどね。
チョコレートとは、なかなか美味しい物なんだなぁとは思えます。

どうしたって、トシ・ヨロイヅカの、あの強烈なチョコレートと比べてしまいますが、あれに勝てるチョコレートは存在しないだろうから、比べるだけ無意味なんでしょうね。
否、超える物があるとすれば、そのカカオを使った、新しいスイーツか・・・
今年の秋頃に、色々と出てくるでしょうから、それを食べる事が楽しみです。

しかし、安いチョコにも良さはあるはず。
良いトコ探しのチョコレートであります
アーモンドが入っているチョコレートが苦手なんですが、ビスケットと一緒になった物。
キノコの山や、コアラのマーチ、アルフォートなどは美味しく食べられます。

今日も畦道通信に遊びに来て食えてありがとう。
チョコレートは奥が深いっす。

2014年4月29日 (火)

トヨタとあぜ道、規模の違い、方針の大違い

トヨタ自動車の世界販売台数が1千万台を超えたというニュースがありました。
世界で初めての、偉業です。
企業ですから、これを毎年維持してとか、さらに増やしてとか、経営陣の方達は考えるのでしょうねぇ。

一方の中小企業である、あぜ道通信ですが、一日のアクセス数が1000件を超えた事が1回あったかな?
2回あったかもしれません。
かな?かも?というのは、僕はあまりアクセス数にこだわってないからです。
もちろん1000件を超えるというのは凄い事で、感謝もするのですが、この数字はただ見に来た人の数であって、楽しんでくれた人の数ではありません。
何か話題になっているキーワード入れた話を書くと、簡単にアクセス数が伸びるのは、経験から分かっています。

他のブログ?フェイスブック?などにある、『いいね』ボタンが、ココログにはありませんから(強引に表示させる事は可能みたいです)、見に来た人のうちどれくらいの人が、楽しんでくれたのか、評価してくれているのかが分からないのです。
コメントで面白かったよ~また来るねぇ~と書いてくれる人は、いません。
でもコメントを書くほどでは無いけれど、なかなか面白かったよ~って人はいると思うのです・・・
コメントを書く事は、手間ですし、緊張もするので、避けている人がほとんどだと思いますが、いいねボタンはクリックするだけ。
その気楽さが受けているのかもしれませんねぇ。

アクセス数の増減に一喜一憂する事無く、コメントをくれなくてもいいんで、毎回読みに来てくれる常連さんを増やしていきたいと思っています。

毎日0時にブログを更新するのも、色々なカテゴリーに話しが飛ぶのも、毎日楽しんでもらいたいからこそ。
利潤を追求するトヨタと、いかに楽しみ、一日の息抜きになるかにこだわるあぜ道。
今後も毎日更新を目標に頑張りたいと思います。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2014年4月28日 (月)

ダイエット奮闘記(プチ) 苦手な声かけ、なんとかならないの?

アパレル関連のお店に入ると、「何かお探しですかぁ?」と声をかけられる事ってありますよね。
あれが苦手である。
超 付けちゃおうかな?
超苦手なんです。

欲しかったら勝手に取るし、分からなければ、こちらから聞くってば。と思う。
でも最近は随分と減ったのかなぁ。
ユニクロばかりに行っているから、他の店は分からないんだけどね。
ユニクロは声をかけられないので、なんとか行く事ができます。
じっくり洋服を選ぶ事ができるので、助かります。

電機屋では今でも声をかけられるけど、アパレル関連の人の声かけよりも、トーンダウンして、あまり声かけないで欲しいな くらいになる。
家電関連ならば、対等に会話について行けるし、それはそれでこちらから質問をしたりして、楽しかったりする。
でも電機屋では物は買わないので、冷やかしの時間の無駄という事になってしまうので、話しかけられると、とても申し訳なくなる。

問題は、やはり洋服屋だ。
お探しの物など自分でも分からない。
良さそうな物があったら買ってみようかな くらいの気持ちで見ているので、何かお探し?と言われてもねぇ。

声をかけられるのが嫌という意見は、良く目にするので、僕だけがそういうわけでもない。
お店の人も声かけの是非は分かっているはずなのに、それでも声をかけるのは、何か理由があるのか?
15分も同じ場所に建って難しそうな顔をしているならば、声かけをしてもいいとは思う。
でも声をかける店は、1分で声をかけてくる。

ノルマがあるのかな?
話しかけると売り上げが上がるという統計データでもあるのかな?
分からないけど、とにかく放任主義の店が好き。
子供が買いに来たわけじゃないんだから、やめてほしいなぁ。

ユニクロ以外の店も行ってみたいけど、初めて行く店は、何故だか恐怖で行けません。
何が怖いのか?自分でも分かりません。
サッと行って、ササッと帰る、これで乗り切るか・・・・
いずれにしても、痩せてからじゃないと洋服は買えません。
春物の、明るい服。 欲しいなぁ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
ダイエット頑張ります。

2014年4月27日 (日)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道_04 お酒にまつわるエトセトラ

20140427用水路でワニと格闘する夢を見ました(笑)
しかもそのワニは着ぐるみで、顎の下に丸く穴が開いてて、中に入っている奴の顔が丸見えなんです。
入っている人に見覚えはありませんでした。
だからワニと格闘というよりは、ただ用水路で着ぐるみと取っ組み合っていただけという話なのですが・・・
どういう事なのか良く思い出せないのだけど、お店の仕込み?買い出しなのか?開店時間までに急いでいるのか?、とにかく僕は、お店に関する事で、先に進みたかったのだけど、ワニ人間が邪魔するんですよね。
どちらが勝つのか決着がつく前に目が冷めてしまい、ちょっと疲れてしまいました。
こういう仕事関連の夢(ワニと格闘しているだけなので仕事関連と言って良い物か?w)にうなされる事、今後増えるんだろうなぁ・・・・(笑)


さて、客単価を上げるために、お酒も扱おうという方針ですが、ビールは扱うとしても、オススメは日本酒なんです。
僕とT珍とで、これは!という物をお店に置こうという事になっています。
まだ2銘柄しか決まっていないと前回書きましたが、まだ候補の酒は探しています。
お店に置く酒は、地元の物や、メジャーな物にはしません。
聞いた事もないような、かなり遠くの地の酒が置いてあった方が面白いでしょ?
酒好きならば、これはどこの酒?と聞いてくるだろうし、どんな味なのだ?とも聞いてくるでしょう。
香りや、辛さや、甘さや、余韻など、解説していって、置いてある酒は全部違うわけですから、飲み比べたくなるのが人情ってもんです。
だからお酒は少量で売ります。
お酒の売り方ですが、1ショット200円で売るつもりです。
量は80ccくらいを計画しています。
高知旅行に行った時見たのですが、酒瓶を口が下に来るように逆さに吊し、特殊な栓がしてあって、グラスを近づけると、丁度1杯分の日本酒がトクトクと注がれるのです。(写真参照)
あれと同じ事をしたら、カウンターの上に日本酒が逆さになって吊してあることになり、見た目のインパクトもあるし、1ショットの量が少なく安いから、飲み比べてみようという気持ちになるんですよね。
そこで、飲んだ事の無い地方の酒が生きてくる訳なのです。
そう言えば、M姉さんが七笑(ななわらい)が好きだと言っていたのを思い出し、取り寄せてみる事にしました。
(蔵元七笑酒造株式会社 へのリンクは こちらから
あまりにも高い酒は扱えないので、そこそこの値段で、美味しい物を探しています。
七笑も楽しみです。
何処の何という銘柄を扱うのか?の紹介は、5種類決まってから発表するとしましょう。
だから、まだまだ時間がかかりそうです。
日本酒に詳しい人は、あれも旨いよという情報があったら、ぜひ教えてください。
旨いとされている酒はみな飲んでおいてみたいのです。
写真は高知県に旅行に行った時に立ち寄った『ひろめ市場』(ひろめ市場へのリンクは こちら)内で見つけた日本酒ワンショットバー。
吊された日本酒は全て違う種類の銘柄で、どれを飲んでも30ml100円。
結構儲けているなぁという印象ですが、あれこれ何飲むか迷うのは楽しい。
インパクトもあるし、他ではやってない売り方だし、これを真似したいんですよねぇ。
青のTシャツを着ているのがT珍です。
自分の好みを伝えて、それに近い銘柄を教えてもらおうとしている所です。
御年60w
まだまだ若いです。
一方のビールですが、中ジョッキで提供かなぁ?
居酒屋にはしたくない、あくまでモツや牛すじを食べに来る店にしたいので、長居はしてほしくない。
だから大ジョッキを扱う事は無いでしょうね。
まぁ、おかわりされたら意味なしですが・・w
生ビールのサーバーが必要になってきますね。
あれってレンタル?だよね。
酒屋さんと契約するのかな?
サーバーの機械はタダでレンタル、ビールが入った樽は有料という噂ですが、本当でしょうか?
その辺りも調べないとね。
牛すじやモツを定食ではなく単品で注文し、それを肴にお酒を注文する人出てくるよね?という話にもなったが、それはもうしょうがないぁと言う事になりました。
次々にメニューを追加注文する事はメニューが少ないので、無いでしょうし。
飲み過ぎて他のお客さんに迷惑をかけたりする事が無ければ良しとしましょう。
回転率を上げ、その分料理を安く提供する『俺の○○』シリーズの店が大繁盛し、連日テレビに登場しますが、あれは立ち食いだからできる芸当なんですよね。
立ち食いにはしたくない、でもある程度の回転率にはなってほしい。
まぁ何とかなるでしょうし、お店が人気店にでもなれば、待つ人が出てくるでしょうから、長居はする人はいなくなるでしょう。
って、行列が出来るほど人気なればいいのですが・・・


そうそう、トレー(お盆ですね)をネットで見ていたら、サイズが細かいのです。
数センチ単位で大きかったり小さかったりするのです。
それも縦横がそれぞれ別々に数センチバラバラなので、どれにしたら良いのか全くわからない。
大きいと、皿や丼を置いた時に、寂しいですし、小さければ、窮屈だし・・・
一枚だけ取り寄せて、実際に使う皿を載せて試すしかないかなぁ。
って、実際に使う皿も決まってないので、まだまだ先の話か?
開店間近の忙しい時期の、アレもやらないとコレもやらないと、という時にやらないといけない事になるでしょうから、ムキィ~~、もうどれでもいいじゃないか!って投げやりになりそうだなぁ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
お酒一つでも、この気苦労(笑)
でも、悩む事を楽しんでいますので、ご安心を

2014年4月26日 (土)

デジ物コバナシ パソコンに拒絶される恐ろしさ、復旧できず

やって参りました。
最もどうでもいいカテゴリー、デジ物コバナシ。
今回も読者置いてけぼりの、独りよがりであります。

何の手続きか忘れてしまったのですが、パスワードを入力する必要に迫られたのです。
それ自体は当然の事だったと思ってます。
何でそう聞かれたか? どのソフトをいじっている時に聞かれたのか? 記憶に無い。
そんなんだから、この後話す、負のスパイラルに落ちるのです。
今自分がやっている作業は何なのか?
何がしたいのか?
それをあまり考えずに、ダラダラとパソコンをいじっていたんでしょうね。

パスワードを入力すると、エラーになりました。
スペルを一つ間違えたかな?
もう一度入力。 
エラーになります。
じゃぁ、もう一つよく使う、あのパスワードかな?と思ったのが軽率の大失敗でした。
パソコン関連のIDやパスワードって皆さん覚えたり、どこかに資料を保管していたりするのかな?
僕はパソコン内にIDとパスワードを集めた資料を保管するフォルダがあって、そこに行けば、全てのパスワードなどが分かります。
しかし、今回の話の、パスワード入力はよく使う物だったので、調べたりせずに、入力してしまった。
----------
アカウントがロックされました。
誤った電子メールアドレスまたはパスワードを使用してサインインを一定回数以上試みたためです。
----------
と表示されてしまいました。

まぁ正しいパスワードを入力すれば、すぐにメッセージは消えて、改善するだろうと思ったのですが、このエラーが何をやろうと消えない。

するとメールが見れなくなりました。
VAIO Tap 11 と VAIO F をリンクさせ、お互いをバックアップさせるソフトも動かなくなりました。
困った・・・・

メールは見れる方法は苦肉の策で、なんとか見つけたのですが、エラー表示はされ続けています。
やや目障りだけど、しょうがない。
見れるだけでも、今は満足しなければ。

一方のリンクさせるソフトが動かないと、VAIO Tap 11で書いた、ブログや日記やらがVAIO Fに転送されないので、バックアップされない。

エラーメッセージが消えず、バックアップがとれない問題。
この症状が出るようになってから、1週間以上が経過しました。
2週間経っていたかもしれません。
メールソフトばかりに気が行ってたけれど、実はリンクさせるソフトの、パスワードが関係しているかもしれない とだんだんですが、目星が付いてきました。
ここまで来るのに、ネットで調べたり、設定を変えてみたり、あらゆる事をやってきたのですが、解決せず。

全て最初からやり直そう、手間だけど。と、パスワードを再設定し、新しい物に変えたら、パソコンは何事も無かったかのように復活。
新しいパスワードももちろん、フォルダに保管し、もう間違える事はないでしょう。

日記やブログも今夜からまたバックアップされる事でしょう。
この2週間、とてもとても気疲れしました。
勉強にはなったと思ってしまう辺りが、パソコンジャンキーの証なんだろうなぁ。
などと考えながら、お茶をすするのでした。

●初心者でもわかっちゃう、今日の押さえドコ
『ぼ~っとパソコンをいじると、痛い目見るよ。』

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2014年4月25日 (金)

今日のYouTube チャイの成長した姿にスキュゥゥゥン

僕がこれは!という動画を紹介していく、“今日のYouTube”のお時間がやってましりました。
このコーナーもすっかり定着し・・・
そんなカテゴリーもコーナーも浸透してない!?
っと前回と全く同じボケを、懲りずにかます、まさ爺であります。

前回は、『人生はマラソンだ』(リンクは こちら)を紹介して、リンクを辿って見てくれた人も多いと思います。
感動したり、勇気づけられたりした人も多いでしょう。


今回は犬の動画、3連発です。
有名な動画なので見た事がある人もいるかもしれませんが、紹介せずにはいられません。

●子犬のチャイ君が起き上がれなくて、もじもじする 『チャイ 起き上がれないよ

●子犬のチャイ君がやっと起き上がれる様子の 『チャイ 頑張ったね

●大人になったチャイさん(貫禄ありすぎなので、さん付けw)が、台所の柵を何とか突破しようとする爆笑篇 『開かないよ~

の3本です。
すべてチャイ君繋がりです。
特に最後の、『開かないよ~』はドリフでも見ているような感じがして、笑ってしまう事間違いなしです。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
また何か見つけたら紹介しますね。

2014年4月24日 (木)

ブブ彦日記 やすい買い物、俺本気。

20140417ブブ彦に、390円のボールを与えてみたら、これが予想外に盛り上がりまして、ブブ彦大ハッスル。

噛みたいんだけど、ボールが口よりも大きいので、噛む事が出来ず、噛めない事に、ブブ彦は頭を使って何とかしようとしているようですが、解決策はみつけられずに、噛む、噛む、噛む。
たまに短い足にボールがぶつかり、あらぬ方向にボールが転がる転がる。
それを追いかけては、また噛もうとするけど、やはり噛めないから、どうにもならないんだよねぇ~
ぜぇ~ぜぇ~するまでやっているので、老犬の良い運動になってます。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
390円でこれだけ遊んでくれれば、安い買い物でしたぁ。

2014年4月23日 (水)

謎の町内放送、 浴槽に隠れろと?

雨上がりにブブ彦の散歩に行ったら、町内放送でこんな事を言ってました。
町内放送ってわかります?
拡声器が4つ東西南北を向いている電柱があって、そこから大音量で、お知らせをするんです。
イベントの告知から、これから子供が帰宅する時間だから、見守ってくださいとかね。
子供を見守ってくれって、道路に立って、歩いてくる小学生達をじっと眺めていたら、かなり危険な人だと思われるよね(笑)
僕にどうしろと?

さて、放送の内容は多岐にわたるのですが、家々に反響して山びこのように放送が聞こえるので、何を言っているのか分からない事が多いという、ちょっと、困ったちゃんなのです。

その町内放送ですが、こんな事を言ってました。
(土手で聞いたので、家に反響せずクリアに聞こえた)
「只今、C市に竜巻警報が発令中です。只今、C市に竜巻警報が発令中です。
「雲の流れに注意して、自宅に避難してください。」
と言うではないですか。

この竜巻注意報、結構発令されるのだけど、毎度思うのですが、竜巻は、見えた時には手遅れだし、家の中にいたとしても、家ごとバラバラですからねぇ。
オズの魔法使いのドロシーのように、魔法の国に家ごと飛ばされて、無傷なんてあり得ないしなぁ。
雷注意報なら分かるんです。
外出を控え、落雷すると家電が壊れるからコンセントからプラグを抜く くらいはするのですが・・・

竜巻注意報何をすればいいのやら・・・
浴槽や、トイレは狭いから、飛散物で怪我をしないから隠れるには良い場所らしいですよね。
浴槽で30分くらい?隠れていろと?
蓋まで閉めちゃうよ?

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
竜巻注意報・・・謎だ。

2014年4月22日 (火)

あぁ、食い道楽 ガリガリ君、ミルクたっぷりとろりんシュー味、発売

20140422セブン&アイ・ホールディングスは赤城乳業と共同開発したガリガリ君を発売します。

商品名は、「スイーツなガリガリ君 ミルクたっぷりとろりんシュー味」。
1981年発売のガリガリ君シリーズで、共同開発商品は初めて。
セブンイレブンで人気のとろりんシュークリームの味を楽しめる。

価格は定番のソーダ味(64円、税込み)の2倍超の149円(税込み)。
この価格がどう捉えられるかですね。
全国のセブン―イレブンなどで360万本を限定販売します。

「ミルクたっぷりとろりんシュー」のカスタードを「ガリガリ君」で楽しめるように、ミルクカスタード味のソースを開発。
さらに生クリームを配合したミルクカスタード風味のかき氷やシュー皮風味のアイスキャンディーを使用するなど、こだわりの詰まった一品となっています。

スティックに当たりが出たら、セブン―イレブンで販売中の「ミルクたっぷりとろりんシュー」が1個プレゼントされるというのも面白い。

発売は本日22日から。

本家のシュークリームのとろりんシュークリームは、税込み108円。
今回のガリガリ君は149円ですからねぇ。
結局は、ふつうのとろりんシューを買った方が美味しいなぁ、って事になるような気もするけど、ここは話題に乗っておこうと言う事で、一つ買ってみようかな。

小さい事言うようだけど、まだアイス食べると寒い季節だよね・・・・
冬もアイスを食べるという人ではないので、震えながら食べる事になるのか?
日中の暖かい時に買いに行こっと。

2014年4月21日 (月)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道_03 悩ましいあれこれ

社会復帰にお店を始めるにあたって、そのてんてこ舞いの様子をUPせねばならないだろうと思うのです。
ある日突然、○○日にオープンします、とか、今日オープンしました。 では応援してくれている人に悪いでしょ。
僕とコメントをくれる人との関係ですから、何も言わないのも水くさい。
お店の名前や、メニュー名、価格、お店の場所、営業日、営業時間、お店で準備をするようになってから初めて気付くような事も沢山あるはず。
開店までの色々な事が、山程ってほどじゃないけど、あるはずです。
また、コメントでお知らせすると見ない人もいるかもしれないので、本文の方でお知らせしなければと思うのです。

今、この話を書きながら悩んでいるのは、お店の話のあれこれをお知らせする、このシリーズを、どのカテゴリーにするか?です。
食い道楽のようでもあり、社会復帰の話でもあるので闘病記か?
普通にまさ爺のつぶやきでもいいとも思える。
どうしようかなぁ~
新たにカテゴリーを作る程ではないと思うんだけど。

さて、これまで公表している事の他にコメントで書いた事もとりあえず、書き直しておこうと思います。

■開店までの今後のスケジュール
 夏までにレシピ完成。
 夏にT珍仕事を辞め準備に専念。
 秋にお店をどこの居抜きを借りるのか決めて、厨房の火力、厨房の鍋で作る場合のレシピの微調整&大量に作る場合の練習。
 必要な厨房器具、食器、その他の物の買い出し。
 秋、お店開店。
という流れにしたい。

■メニュー
 モツ煮込み(味噌味)
 牛すじの煮込み(醤油味)
 牛すじ雑炊(塩味)
の3つ
モツと牛すじの煮込みは定食(ご飯、味噌汁、漬け物?)という形で提供する事になります。
単品での追加もありになるでしょう。
2人で店を回すので、メニューが多いと人手が足りなくなるという事。
またメニューを増やすのは簡単ですが、注文が無かったら、それは捨てる事になりコストの無駄に繋がるので、メニューを3種類に絞りました。
それに、この店の強みは、良いお肉が手に入るという事なので、お肉の味が楽しめるシンプルなメニューにしました。

■店の展開
もし、お店が成功したり、軌道に乗ってきて、パターンや効率の良いやり方などが確立したら、精神病の人を1~3人くらい雇いたいと思います。
雇う側と雇われる側と言う形ですが、同じく闘病する同士のような関係になりたいと思います。
動ける日と動けない日がある人や
短時間や軽い内容ならばこなす事ができる人、
休んでばかりじゃいられない、お金が必要な人、
社会復帰の足がかりに、この店で働いてみたい という人が対象。
動ける日と動けない日があって、社会復帰に踏み出せないという人は多いと思うのです。
または、履歴書の空白の期間を問い詰められて、病気であることがばれてしまい、選考から落ちてしまう人もいるはずです。
そういう人たちと働きたい。
労働というよりも、気楽にお店を手伝っているかのような、軽い気持ちで出勤し、重荷にならないような職場にしたい。
今日は動けないのですが・・・ という連絡をもらったら、僕や他の人とでフォローするようにすれば、小さなお店ですから回せると思うのです。
病んでる人とどうやって出会うのか? そもそも病んでいる人はハローワークに登録してないと思うので、どうやって集めるか?
など課題はあるのですが、お店は家賃とお給料が払えるくらい儲かれば良しとして、社会貢献の場にしたいと考えています。
ホントこれは、最終的な目標であり、夢なんですけどね。

っとここまでは、これまで書いてきた事ですね。
今現在の状況ですが、

■最近は、牛すじ雑炊のレシピ作りをやっています。
とてもシンプルな味付けで充分に美味しい物が作れています。
牛すじは簡単に完成しそうだなぁとちょっと思ってしまったのだけど、甘かった。
牛すじだけで食べると丁度良い塩加減が、雑炊にすると、ご飯がある分薄く感じる。
この塩加減と、雑炊なので、スープの量もある程度多めに必要なので、それを調節している所です。
牛すじで取った出汁と水の比率、塩の量などを、一日のレシピ作りで3回作ります。
牛すじを3等分して下茹ですると大体、150g(一人前よりやや多い?くらいの量)が3つくらいになるので、3回なんです。
3回作るのは1日1回では、レシピ作りに時間がかかりすぎるという理由です。
圧力鍋で煮て、自然に冷めるまで蓋は開けません。
1回作るのに1時間かかるので、全て終わるまでに3時間以上かかります。
3時間立ちっぱなしと言う事は無くて、ほとんどタイマーをセットして時間を待つだけなので、その間は、あぜ道の書き込みや、ほぼ日を見に行ったり、コメントに返信したりしていますので、ご安心を。
さて、ご飯と合わせても丁度良い塩梅の雑炊に調整して食べたのですが、良い感じです。
が、しかしまだまだ甘かった。
漬け物(鉄砲漬けでしたが、本来ならばキムチを添える所でしょう)を食べると、雑炊の味が全くしない。
漬け物の塩味に負けてしまうのです。
さらに調整が必要になりました。
しょっぱくすればイイという物でもなく、出汁の味を強くして、漬け物に負けない旨味が必要になりそうです。
また、最初の茹で方からやり直しです。
奥が深いなぁ~

■店の名前
店の名前は相変わらず決まらずじまいなのですが、インパクトと個性重視の「ありえねぇ」は、かずのすけに言わせると、何がありえないのか分からない。
あり得ないほどの大盛りの店とかだったら分かるが、名前と提供する物が一致しないんじゃないか?と言われてしまった。
たしかにそうかもしれない・・・
一方T珍が、「だんだん屋」というのはどうか?と言ってきた。
ありがとうの事をだんだんという地域がありますよね。
そのだんだんなのだと言うのですが、いまいちだなぁ。
標準語とは言えない訛りの茨城県ですが、一応標準語圏なのに、そこでなぜ「だんだん」なのか?という違和感もありますし・・・・
なんだかポワーンとした、締まりの無い響き・・・
う~ん、名前決めはレシピ作りよりも難しいかもしれない。

■その他
・おしぼりは、タオル系にするか?紙の薄い物のどちらにするか?
紙の薄いおしぼりの値段を調べたら、1枚2円だったので、紙のおしぼりになりそう。
・料金はどうやって徴収する?人手が足りないのだから食券にする事も考えたが、食券を買うという行為は店を安っぽくするよねという意見が出る。
食後にテーブルでもらうしかない? 2人で回すから常にお客さんの前にいるわけじゃないので、食い逃げは簡単だよなぁ。 でも食い逃げする人なんて、そうそういないだろうし、二度とこの店には来れないだろうし、そんな悪い人はいないだろうという事になった。
・お酒を置いて客単価を上げたいが、一人で来る人が多いでしょうから、その人が飲もうとしたらどうするか? お車で来られましたか?と確認を取らないと、お客さんが事故った時に僕も逮捕となってしまうので、感じは悪いだろうけど、確認の一言は必要だという事になる。
・お店に置く酒の銘柄は何にするか?実際に飲んでみて、自分が旨いと思える日本酒を5種類ほど用意しておきたいが、まだ2銘柄しか決まってない。5銘柄はやめて、3銘柄になるかも。 ビールも置くの?
・お酒は提供するが、居酒屋じゃないので長居されるのは困る。
ちょっと飲んで、さっと帰ってくれる、ここは飲み屋じゃないよと言う内装、雰囲気作りも必要か。
・狙っている場所近くに居抜きの店はないか?かずのすけが、隣町に詳しいので、情報収集するも、詳しくはやはり自分で足を運んで見てみないといけないだろう。
僕が平日体調の良い日にあちこちドライブして、居抜きの店を見つけてきてくれると助かると言われるが、僕は運転が苦手なので、なるべくならば車に乗りたくない。
最終手段は不動産屋に行って、居抜きの店を紹介してもらうしかないだろう。
・トレーは何色にするか?
丼の色と同じだと料理が冴えないので、バランスの良い色のトレーを選びたい。
あと滑らない材質のトレーがあるので、それにしたい。
・2人で回さないといけないので、かき入れ時に洗い物をやっている時間はない。
お店が何回転するかで、用意する皿や器の数が変わってくるけれど、10人入れる店が2回~3回転すると仮定すると、同じ器を30~40皿は用意しないといけないだろう。
・夏には僕が髪を切る。
清潔感のある短髪が基本なので、選択肢は少ないが、コックコートにベレー帽に似合う髪型にしたい。

など話は多岐にわたりました。
考えないといけない事が山ほどあります。

体が重い日は大変ですが、この前までは7時開始で作っていたところを、10時開始にしてくれたので、これくらいは何とかこなして無理してでもやらないといけないでしょうね。
それにT珍の仕事の休みが一日おきにあるのですが、その日にレシピ作りをやるので、2日に1回行う事になるので、他力的にも助かってます。
レシピ作りは大切ですが、今の自分が何処までできるのか把握する事、体を動かす事や立っていられる体に持って行く事も平行して試さないといけません。
この程度で音を上げるなよ。僕の体。

っと、あれこれ書いてきたら、社会復帰の側面があるので、カテゴリーは
『僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道』という闘病記の中のサブカテゴリーにしようと思います。
また何か進展があったら、お知らせしますね。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
頭から煙りが出そうですw

2014年4月20日 (日)

ネコ、トコ、ヘコ。 知られざる猫語の世界へようこそ

我が家の庭には、雀の餌台があって、ご飯の残りを乗せてあげてます。
雀には大好評で、多いときは5匹くらいが同時に、ご飯をついばみます。
鳥好きにはたまらない景色かもしれませんね。

さて、そこに現れるのは、天敵の猫。
餌代の下に陣取り、雀たちのいる上を見上げています。
ブブ彦がすぐに気づき吠え立て、猫も逃げるのですが・・・

とその話を、T珍が職場で話したところ・・・
「そりゃぁ、トコだっぺ」と言われたそうです。
意味が分からない(笑)

詳しく話を聞くと・・・
「ネズミを狙うからネコ」
「トリを狙うからトコ」
「ヘビを狙うのはヘコ」 だそうです。
普段から真面目な人が、真顔でそうで言うそうで、T珍は大爆笑したそうです。
んなことあるかい!ってね。

で、帰宅するなりT珍が、ネコ、トコ、ヘコの話を僕にしながら大爆笑しているんですよ。
どこまでが冗談なのか、本当の話なのか、まったく分からないそうなので、僕にネットで調べてくれという依頼が。

『ネコ トコ』で調べてみたら・・・・
あるんですよ。本当にそういう言葉が(笑)

---<抜粋>-------
狩猟スタイルを分類するもので遊びでその猫のスタイルがわかるというもの。
・ネコ=ネズミのように動くものに良く反応する猫(ボールやネズミのおもちゃなど)
・ヘコ=ヘビのように動くものに良く反応する猫(紐やリボンなど)
・トコ=鳥のように動くものに良く反応する猫(羽のじゃらしや羽音がするじゃらしなど)
うちの猫はまだ9ヶ月なのでオールマイティにどのパターンでも遊んでますが、トコが強いような気がします。
羽のおもちゃには異常なほど興奮して跳びまわってるので(^_^;)

大抵2歳くらいでどのパターンかに固定されるそうですが、中には全部のパターンで遊ぶ猫もいるそうです。
皆さんのおうちの猫ちゃんはどうですか?(^^)
----------

とあります。
信じられん、そんな言葉があるなんてねぇ。
猫業界では普通の言葉なのかもしれないけれど、僕は犬の事は知っていても、猫の事は何もしらないんだなぁと、たまげましたぁ。

我が家の豚は、ボール遊びが好きな、ボヌですw
たまに骨ガム好きなホヌにもなりますw
さらにたまにヒモで引っ張りっこをするので、ヒヌにもなります(笑)

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとうござます。
もう訳が分かりませんw

2014年4月19日 (土)

第一印象、最悪の男

先日、あぜ道通信の一日のアクセス数が900を超えました。
いつもは200~350くらいなので、何かキーワードが引っかかったかな?
防空壕の古酒の話だったんだけどねえw
(島崎酒造 8℃のその中で へのリンクは こちら
日本中に防空壕マニアがいるのか・・・w
日本防空壕愛好協会とかいう会があって、ぜ道通信、協会認定サイトに昇進か!?
んなことあるかい! だよね。
きっと古酒というキーワードに引っかかったのでしょう。

ところで900アクセスがあっても、コメントを書いてくれる人は1%もいません。
それどころか、一度だけあぜ道通信を見に来て、2度と来ないと言う人は9割に上ります。
もっともっと面白い話を・・・否、マニアックな話をどんどんしないといけないんだろうなぁと反省しきりです。
そうしてみると、ここにコメントを書いてくれる人との出会いは、本当に大切にしなないといけないですよね。
なんたって1%以下の方たちですから。

どなたともフレンドリーに話をしてこうとは思うのですが、口下手な事も相まって(ブログでは良く喋るけれど)、僕を勘違いするような人もいるかもしれませんねぇ。

ネットではなく、リアルの話ですが、僕は怖い人なんじゃないかと第一印象で勘違いされる事が多いのですが、それは僕の容姿が、切れたナイフ(笑)だからでしょう。
切れたナイフは冗談ですが、目が細めな「ひじきのような目(とよくバカにされる)」だからなのか、怒っているのかと思われてしまうんです。
皆さんは僕の性格を知っているでしょうから、口下手でマイペースの変わり者というイメージは固まっていると信じてるのですが・・・
非常に第一印象では損をしていると思います。

昔、電車に乗っている時に考え事をしていたのですが、駅で降りると、怖いお兄ちゃん達に囲まれて、「ずっとガン飛ばしてくれてたが、喧嘩売ってんのか?ちょっとこっちへ来いや」と言われたことがあります。
「そんなつもりは一切無かったと、嫌な思いをさせてしまったならば、すまなかった」と正直に話し、事なきを得た事があります。
ふっふっふ。
負けて勝つとはこの事だ。
こちらの思惑通りになったのだから、こちらの勝ちとも言えます。
戦わないから、負ける事も無い。
これこそ兵法の極意。 とは思わなかったけど、こんなつまらん喧嘩を買っていたら身が持ちません。
人を殴る事でしか自己主張できない輩達。
同情すらしちゃいます。
もっと人に優しくありなさい・・・ と爺さんは思ったのでした。

さてさて、土手を歩いている時にすれ違う人達には、ニコニコして恐怖心を与えないように心がけています。
それでも怖い人だと思われているのかなぁ・・・・
ブブ彦を「怖~い」と言って母親の後ろに隠れてしまうような子もいるので、怖い犬を連れて歩く怖い人と思われているかもしれない。
フレブルのユーモアたっぷりの顔を見ると、笑ってしまうのは僕だけなのかもしれません。

第一印象はほぼ変えられないので、せめてブログでは、毎日楽しい話を更新して、読んでくれた人をちょこっとニンマリさせられればと思っています。

第一印象で損をしているだけに、その後のお爺ちゃんのような僕とのギャップに、ズキュゥゥゥゥンと、ときめいてくれる人がいてくれてもいいものですが、そんな人はなかなかおらず、今に至ります。
人は第一印象で9割決まってしまうとか、何かに書かれていましたが、本当かもしれません。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
物腰柔らかでありたいと思います。

2014年4月18日 (金)

僕と うつ病、闘病記 鎧塚ファームで起こった事件について思う事

僕が敬愛する、天才パティシエのトシさんこと、鎧塚俊彦さんですが、先日公式フェイスブックに、複雑な気持ちになる事が書かれていました。
正確に書かないといけない事ですので、本文抜粋で書かせてください。

---<抜粋ここから>------
本日早朝、休日である一夜城YoroizukaFarmの畑と駐車場に隣接する公衆便所が荒らされたとの報告がありました。
もちろん被害についても気になりますがもっと気になるのが
「なぜ荒らされたのか?」という事。
荒らされる理由が何かしらこちらにあったのかと気になります。
午後になり警察が現場検証をしている最中に監視カメラに写っていた加害者が戻ってこられて御用となり解決はしました。
加害者の方は精神的に少し障害のある方で当店に怨恨があった訳では無くその点では安心致しました。
しかし・・、当店の被害は加害者の方の御家族が負担して下さるそうでそちらは問題も無いと言えばないのですが御家族の事を考えると複雑な心境です。
とはいえ私には美味しい菓子を作り続ける事しか出来ないのですが・・・
---------

とあったのです。
当然僕が心を痛めているのは、加害者が精神障害者だったという点。
何の病気なのか? その程度は? など分かりようもありませんが、精神障害者=危険人物という誤解も受けかねない記述。

鎧塚さんは被害者側なのに、障害のある方 という書き方をしているし、そのご家族の事にまで最大限の気遣いはしてくれています。
それはとてもありがたかったのですが、この記事を読んで、やっぱり精神障害者は危険だ、社会から隔離しろ的な考え方になってしまわないか心配です。

犯罪を犯す人間の確立で言うと、精神障害者の方が、健常者よりも低いのですが、それでも世間では、得体の知れない、何されるか分からない怖い存在と思われがちです。
そういう誤解に発展しない事を望みます。
そして、精神障害者の方たちの早い回復を願います。

一人の方のコメントに書かれていた事も書いておきます。
---<抜粋ここから>-------
精神疾患のある方の事件は、本当に被害者もやりきれない気持ちになることが多いと思いますが、加害者のご家族の責任も心が痛みますね。
そんな気遣いができるからこそ、万人に愛され、暖かみのある作品が生まれていくのかなと感じました。

----------

まさにそのとおりで、鎧塚さんの気遣いが表れたような、記事でした。
鎧塚さんは、基本的に人が好きなんでしょうね。
どんな人にも優しい。
僕が何かの被害に遭ったとしたら、加害者側の心配などできるだろうか?
無理だと思う。

今回の話が書かれている、トシ・ヨロイヅカのフェイスブックへのリンクを張っておきます こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
もちろん加害者が悪いのですが、誰が悪いわけでもないような事件でした。
皆さんはこの事件をどう思いますか?

2014年4月17日 (木)

ブブ彦日記 こりゃぁ、いいもん買ってきた

20140410ブブ彦さんにおもちゃを買ってきてやったととしても、何を与えても5分で壊すする破壊王。
何も買ってきてやれません。
自業自得です。
キューキュー鳴くオモチャは、音が鳴る部分を起用にほじくり出し、ふはぁ~、すかぁ~と空気がむなしく漏れる音がするんだよね。
買っても、5分の命ならと、しばらくオモチャは買わなかったのですが・・・・

イボイボのついたボールを買ってみました。
前にバランスボールでブブ彦が夢中になって遊んだ経緯があったのを思い出したのです。
バランスボールほど大きくないですが、口より大きければ噛めないはず。

390円。
安い。

さっそくブブ彦に与えてみる。
(写真はヨシっと言う前の緊張の一瞬と、緊張感の無い顔)
食いつきました。
かじりたくともかじれないので、イライラしている様子。
5分経過、10分経過、15分経過。
ボールは壊れませんし、弾力はそのまま。
面白い物を買いました。
若さを取り戻したかのように、走り回って、ボールをかじろうとします。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
ボールとじゃれ合うブブ彦の写真は次回に・・・

2014年4月16日 (水)

トラベル・レポート&あぁ、食い道楽 千葉県佐原散策 甘味、甘味、酒、甘味

20140416千葉県の千倉で浜焼きを食べた後(浜焼きの様子へのリンクは こちら)に、房総半島を北上し、佐原市(さわらと読む)(現在名香取市)に来ています。
古い町並みの見て回り、日も落ちてきて、今回の旅も終わりが近づいてきました。
が、その前に寄りたい場所がいくつかあります。
甘味処です。
一日歩いた疲れを癒やす為に・・・ というのは方便で、甘い物が食べたくなったというだけなのですが・・・w

今回立ち寄ったのは、佐原の中心に位置する忠敬橋のすぐ隣にある和菓子屋「さかした」(写真1枚目)
誰がこの店にしようと言ったのかは分かりませんが、良い嗅覚をしてますな。
店内で、お菓子とお抹茶がいただけるのです。
抹茶というのがミソで、緑茶を出されるのと、抹茶が出てくるのでは、大違い。
抹茶を飲むととても贅沢な時間を過ごしているような気がしてきます。
僕が食べたのは、焼き草団子と抹茶。(写真2枚目)
串に草餅が刺さっていて、それを炙り、焦げ目が軽く付き、温かい。
草餅の香りの他に、香ばしさも加わって、とっても良い香りがします。
あんこも甘くなくて、この店、やりおるわい。
抹茶は、どこで飲んでも、そう変わりはしないのですが、抹茶を飲んでいるという自分に酔うことができます。
塩昆布も付いてきて、これで500円。
800円の間違いじゃ!? 安すぎでしょ。

その後、
「じゃあ帰ろうか?」
「その前にお茶を買ってきて」と伯父ちゃんが伯母ちゃんに言ったのですが、いつまで経っても帰ってこない。
自販機はそこに見えているのに・・・・
どこ行ったのか心配になっていると、5分後帰ってきました。
お茶と鯛焼きを持って(笑)
鯛焼きを焼いてもらっていて、これだけ時間がかかってしまったらしい。
帰りの車の中でお腹が空いたら食べようというつもりだったらしいが、車が発進すると同時に全員で食べ始めたw
甘党の家系なんだなぁと実感w
鯛焼きは「昔ながらの鯛焼き」という触れ込みで売られていて、何が昔ながらなのか?というと、とても薄いのです。
厚みが5ミリくらいしかありません。
当然あんこもちょびっとで、ほぼカリカリの皮を食べているかのよう。
美味しいんだけど、やはり現在の鯛焼きのボリュームに慣れてしまった僕には、物足りなかった。

最後に立ち寄らないといけない場所があります。
酒蔵です。
この頃17時半くらいになっていたと思うのですが、お店の前に着いたら、店主がシャッターを下ろそうと、上に手を伸ばしている所ではありませんか!
すぐに、まだやってるか? 試飲はできるか?と聞きました。
どちらもOKと言ってくれたのですが、一瞬店主の顔が曇った様な気が・・・・
試飲だけして帰る冷やかしの可能性もありますから、そういう客だったら嫌だなぁとでも思ったのかもしれませんね。
さっそく全員でゾロゾロと店内に入ります。
「大吟醸 海舟散人」という酒で 平成25年全国新酒鑑評会金賞受賞!
東京国税局酒類鑑評会9年連続優等賞受賞! という輝かしい成績を持つこの店。
ただし、この金賞を取った酒は高くて買えません。
何か手頃なお酒はと訪ねると・・・
「すいごうさかり」という銘柄を勧めてきました。
Pちゃんは運転手なので、毎回試飲はできません。
試飲は、僕とT珍の役得なのですが、今回は伯父ちゃんも参戦w
3人で、すいごうさかりを飲んでみました。
美味しいです。
やや辛口でスッキリしていて、香りが広がり、それが残ります。 かすかに甘いような後味も感じる事ができます。
とても僕の好みでした。
酒の味をあれこれ言えるほど飲んでませんし偉そうな事が言えませんが、人が旨いと言った酒が旨いとは限りません。
金賞を取ったからと言っても、旨いとも限りません。
試飲して自分の味覚にあった酒を見つける事、これが大事なのです。
T珍と僕は味覚が非常に似ているので、T珍も当然気に入った様子。
伯父ちゃんもこの酒は旨いと言ってました。
そのほか2種類、計3種類の酒を飲ませて貰いましたが、1番最初のすいごうさかり が一番美味しく感じました。
気に入ったので、すいごうさかり1升を購入。
Pちゃん、T珍の友人宅2軒に720mlを1本ずつご購入。
伯父ちゃん宅でも一本買ったので、ギリギリこの店に入れて良かった良かった。
良い酒蔵を見つけましたな。
弟の墓参りの後は、佐原に寄って、ここでお酒を買う事になるかもしれません。
とは言っても僕は、断酒中なので、新しい銘柄を飲み始める初日しか飲めません。
どんな味なのかをチェックするだけですね。
飲みたいけれど、太ってしまた自分が悪いのです。
早く痩せよっと。

霞ヶ浦(かすみがうら)が全国で2番目に大きい湖だと言う事、もう覚えてくれましたか?
1番を知っていれば充分ですし、2番目が大きいのはどこだ?などと聞かれる事もクイズ番組に登場する事も無いでしょう。
でも茨城豆知識として覚えておきましょう。
霞ヶ浦は2番~(笑)
写真3枚目は、その霞ヶ浦に沈む夕日です。
この土地に住む人は、ビルも山も無い霞ヶ浦に沈む夕日を、毎日見る事がでいるんだなぁなどと思いながら、夕日が沈む様子を車内から見ていました。
でも、ここに住んでる人には、昔から続く、当たり前の景色であって、感動したりはしないんだろうなぁ。
感受性の豊かさは、いつまでも持っていたい物です。

さてさて、伯父ちゃん宅に到着し、一日の会計をします。
Y家だけの旅じゃないので、全ての出費を割りだして、1個人いくらと、支払わないといけません。
高速代、ガソリン代、お昼代、お菓子代など、計算すると、1人5500円になりました。
高速に乗り、一日遊び、美味しい物を沢山食べて、5500円は安いでしょう。
最後に会計が終わったら、伯父ちゃんが買っておいた茶饅頭(写真4枚目)を頂き、ブブ彦を連れて土手を歩いて、帰ってきました。
伯父ちゃん宅は、Y家の隣の土手を2kmも南下すれば到着する位置なので、ブブ彦の散歩の距離にはもってこい。
一日歩いてブブ彦も疲れているはずですが、元気に家に向かいました。
真っ暗な土手の上を一人で歩くのは、治安的に大丈夫なのかと思うかもしれませんが、人っ子一人いない、とても静かな土手の上です。
夜ですし、まだまだ寒い季節ですから、誰もいないのです。

甘い物ばかりを食べている一日だった。
幸せって甘いんだね(笑)

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
明日から通常更新です。

2014年4月15日 (火)

トラベル・レポート 千葉県、佐原 町並み散策

20140415千葉県房総半島に来ているわけですが、プレミアムびわソフトを堪能し(プレミアムびわソフトへのリンクは こちら)、その後、浜焼きと海鮮丼を体験しました。(浜焼きの様子のリンクは こちら
その後、房総半島を北上する事数時間、佐原市(サワラと読む)に来ています。
今は合併し香取市となっているようですが、小江戸佐原という認識の人は多いはず。
前に弟の墓参りの帰りに、千葉県の酒を買おうと佐原を目指すも、道に迷い、佐原を通り過ぎたことがあるのですが、一瞬だけ見えた佐原の町並みは、とても素敵で、後でT珍を連れてこようと言う事になっていたのです。
今回やっと連れ来てあげることができました。

さて、この駐車場に止めれば、どこへもアクセスが良くて、最高だという駐車場をY観光は見つけていたのですが、その駐車場に来てみたら、観光バス2台が、まさに今止めようとしている最中で、道路を分断して大混雑。
先に降りた中学生は、駐車場内のジェラート屋さんに並んでいて、行列を作り、ちょっとしたパニック状態でした。
駐車場を取り仕切る人がジェラート屋もやっているので、駐車料金を集めにも来ません。
忙しそうだから、後で渡せば良いかと思っていたら、帰りの時間が遅くなり、料金所が閉まってしまった。
なので、駐車料金550円は払うことができませんでした。
なんだか得したような、悪い事をしてしまったような・・・

さて、佐原の町ですが、古くから水郷の町として栄え、市街地の小野川沿いには小江戸とも呼ばれる当時の町並みが残っている。
また、伊能忠敬の養子婿先の地でもあり、地図の町としても有名。
とウィキペディアでカンニングしたらありました。

佐原の凄い所は、古い町並みが残っている事だけにとどまらず、今もその建物を使って商売が続いていると言う事です。
商売内容を鞍替えして、別の経営者、別の店なっている店も当然ありますが、昔から代々同じ家業を継いでいて、今も同じ物で商売をしている店が沢山あるのです。
生きた博物館のような町です。

伊能忠敬についても少し。
正確な日本地図を作った人物として名をなしている人で、教科書に載っていたのを覚えている人も多いでしょう。
その伊能忠敬の旧宅があるのですが、3.11の震災で、今は復旧作業をしている最中。
修復が完了するのは2014年の9月だそうです。
見たかったけど、入り口から門の中を覗くくらいしかできないので残念でした。
僕はブブ彦を連れていたので、入れませんでしたが、PちゃんとT珍、伯父ちゃん、伯母ちゃんの4人は、伊能忠敬記念館に入って、勉強してきたようです。
現在の地図と比べても、遜色のない制度の地図は、どうやって作られたのか? それを可能にした道具などが展示されているとの事。
僕は帰宅後、パンフレットを見せて貰い、勉強しました。

4月中旬から5月中旬までは、町興しの一環として、5月人形の展示をしていて、各家に伝わる古い物を、無料で展示しています。
「五月人形めぐり」と書かれた若草色ののれんが掛かっている店が対象の店で、お店で売っている物を買わずとも良く、お店の人も、見るだけでも良いので、どうぞどうぞと言ってくれる。
江戸時代の兜飾りを展示しているお店を見ましたが、それとは別に、震災で蔵が壊れ、中の物を出さないといけなくなったのだが、その時、縄に何十に包まれている物があったそうです。
それを開けたら、人形が出てきたそうで、その人形も展示されていました。
江戸時代からずっと眠ったままだったはずと言ってましたから、江戸時代の空気も一緒に閉じ込んでずっとそのままだったわけですよね。
ロマンがあります。
ずっと蔵の奥で封印されていただけあって、江戸時代の物とは思えない程の綺麗さで、ビックリでした。

見所の多い建物は、町の中心い集まっているので、散策は楽です。
30分に一度水が流れる、通称ジャージャー橋の放水も見ました
木製の10mほどの橋のなのですが、足の下は水路になっているらしく、30分おきに、橋の横に水を流して、下の川に放水するのが、佐原散策のシンボルになっています。
橋の足下から水が流れるのは、とても変わっていて、見ていると不思議な気分になります。

17時の放水を見たのですが、おそらく一日の最後の放水なのでしょう。
見物客もほとんどいなく、町も夕暮れに染まってきました。
最初に書いたように、駐車料金を払うことができなかったので、罪悪感が・・・・
T珍は、ラッキーと喜んでました。
僕は真面目すぎるのか?w

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
明日は、千葉篇、最終回、甘味、甘味、酒、甘味の話。

2014年4月14日 (月)

トラベル・レポート&あぁ、食い道楽 千葉県南房総市 海鮮丼浜焼きばんごや本店

20140414千葉県に来ているわけですが、道の駅びわ倶楽部に立ち寄り、プレミアムびわソフトを満喫したと書きました。
(プレミアムびわソフトへのリンク は こちら

今日はいよいよ昼食の話。
浜焼きであります。
房総半島に行けば、どこででも浜焼きを食べられるような感覚で、今回のY観光しおり作りが始まったのですが、浜焼きの店が全く無いのです。
誰が言い出したかは分からないが、千倉で浜焼きが食べたいという意見が出たようです。
千倉と言われても、僕はどういう場所なのかさっぱり分かりません。
大きな漁港でもあるのか?
何か水揚げ量日本一の何かがとれるのか?
千倉と言えばコレという物があるのか?
それすら分からないけれど、千倉で浜焼きがしたいという事らしい。

「千倉 浜焼き」などで検索すると、あるにはあるのです。
でも完全に東京からのバスツアー向けの店で、団体さんで予約しないといけないと注意書きが書かれています。
TVで良く登場する店だったのですが、あれはバスツアー専門と言うことで、コストを調節しているようです。
チェーン店だったのですが、団体で要予約と書かれていない店を見つけ、電話で聞いてみたのですが、やはり団体さんでないとダメという事でした。
だったら、全ての店にそう書いてほしかった。
うーん

さて、落ち込んでもいられません。
浜焼きの店は見つかりません。
浜焼きという言葉が間違っているのか?
焼き浜が正解?
検索キーワードが適切じゃないのか?
色々試すも、お店は見つかりませんでした。

しょうがないので、T珍に千倉の観光協会に電話してもらい、浜焼きの店は無いかと聞いてもらいました。
すると1軒あったのです。
僕の検索からも、ちょっと引っかかりだしたお店で、やはりそこだったか。
自分で電話したかったけど、僕には無理でした・・・
Y観光の独り立ちはまだ先のようで・・・

さてさて、やっと見つけたお店の名前は「海鮮丼浜焼き ばんごや本店」という“ばんご”って何?という名前でした。
大きな駐車場が中央にあって、その周りを色々な店が囲っているという作り。
寿司屋さん、ラーメン屋さんなどが建っていますが、ばんごやはこの中の一軒。
海鮮丼浜焼き ばんごや本店は10時開店なのですが、まだあと15分ほどある。
併設されている、海鮮お土産屋さんに立ち寄り、時間をつぶします。
安くて新鮮な魚がたくさんあります。
発泡スチロールと氷も用意してくれるので、遠くから買いに来る人もいるみたい。
Y家は、しゃけ、すじこ、薩摩揚げ、鰺、海老、明太子、はんぺん、イカの一夜干しを購入しました。
発泡スチロールと氷は有料ですが、クーラーボックスを持って行ってたら、このお金を節約できるかも。
発泡スチロールは300円だったかな。
購入から7~8時間後に開けてみましたが、氷も溶けてないくらいだったので、遠くから来る人も安心して買い物する事ができます。
お肉も美味しいけれど、海の物もいいなぁ。
肉?魚?ドッチ派?と聞かれれば、「美味しい物派」と言うのです。

時間が10時を回り、いよいよ昼食です。
先ほどプレミアムびわソフトを食べているので、お腹があまり空かない。
お店に入ると、テーブル中央にガスコンロがあります。
一足先に隣の席に来ていたお客さんが、ホタテを焼いてます。
海の幸を焼く時の、潮の香り?が漂ってきて、急にお腹が空き出しました。
海鮮丼と浜焼きの店という肩書きだったため、海鮮丼も食べたいし、浜焼きも食べねばなるまい。
海鮮丼も数種類あり、漬け丼、マグロづくし丼、サーモン親子丼、などがあったけど、僕は、ウニイクラ中トロ丼を注文。
それと生のホタテを一つ。
ホタテは焼いて食べたいからです。

まずは海鮮丼が届き、中トロから食べました。
おいしいなぁ。
海鮮丼の醤油は、丼にかけてしまう物なのか?それとも箸でネタをとって、刺身のように醤油につけて食べるのか? どっちが正解なんだろうといつも思います。
でも、かけて食べるようにしています。
その方が、ご飯と魚と醤油が一体に食べられ美味しいような気がするからです。
気のせいでしょうけどね。
ウニも新鮮だし、イクラも美味しかった。
完食したのは言うまでもありません。

注文したホタテも焼きだしたのですが、貝柱と貝が切り離されていない状態で来るので、焼いていると困ってしまいます。
ナイフが付いてきたので、それで切り離そうとしたのですが、貝は焼かれていてやけどするほど熱いし、慣れない貝柱外しで大苦戦。
お店も手間だからやらないのかもしれないけれど、ちょっと包丁を入れるだけで、格段に快適に食事ができるのになぁ。
サザエやハマグリも、ちょっと焼きすぎてしまって、美味しいポイントを逃してしまいました。
う~ん、自分で焼くのは楽しいけど、慣れが必要かなぁ。
常連さんは何とも思わないし、上手に焼けるのかもしれないけどね。

2人で食べるならば丁度良い大きさのテーブルなのですが、5人でひとテーブルに案内されたので、きつかったです。
きついのは良いのだけど、焼くガス台が狭かったかなぁ。
全員の注文した物を焼くのに3回転くらいしましたし、時間がかかります。
でも別々のテーブルで食べるのも味気ないしねぇ。
焼き台を一回り大きくしてくれるだけでも良いんだけど、そうすると丼物がおけなくなるとかなりそうだしなぁ・・・
難しいところです。

焼き上がったホタテは、醤油も何も足さない、貝に含まれている塩味だけでいただきました。
貝柱は甘く、貝ヒモはコリコリと歯ごたえが楽しく、肝はやや苦くて大人の味。
他のメンバーが焼いていた鰺の開きも食べましたが、脂が乗っていて美味しかった。
PちゃんとT珍は、ご飯に硬く、これ前日のご飯の残りなんじゃないの?と言っていたが、僕が食べた海鮮丼の酢飯はそういう事もなく、美味しかったです。

Y観光が案内する食事処としては、ちょっとダメな部類でしょう。
浜焼きにこだわらなければ、美味しい所は沢山あったんですけどねぇ・・・
僕はダイエットで思いっきり食べられない生活をしているので、これだけ食べられれば満足です。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
またあのホタテが食べたい・・・

2014年4月13日 (日)

トラベル・レポート&あぁ、食い道楽 千葉県南房総市 琵琶倶楽部で舌鼓

20140413千葉県の千倉にいってきました。
お目当ては浜焼きなのですが、その前に立ち寄らないといけない場所がありあす。
道の駅、枇杷(びわ)倶楽部です。
枇杷の産地らしいので、枇杷料理を前面に押し出している道の駅です。
・びわ生クリーム大福
・手作り枇杷ジャム
・のむ果実、枇杷
・びわシャーベット
・びわ寒天
・枇杷の実キャンディ
・枇杷の葉健康茶
・枇杷の葉のど飴
・房州産びわカレー
・びわドレッシング、(マイルドorフレッシュ)
・ふなっしーの船橋ソースラーメン
そして、プレミアムびわソフトであります。
まだまだ紹介してない枇杷商品が山ほどあるのですが、記憶がここまでなので、勘弁してください。

さて、この道の駅。
10時開店なのですが、9時に着いてしまいました。
プレミアムびわソフトを食べるために立ち寄ったので、1時間待たないといけないのか?
入り口の張り紙を見てみると、9時10分にお店のドアは開く。
ただし、9時半くらいまでは掃除をするので、許してね。 と言うことでした。
お店のお姉さんがとても感じのいい人で、9時のドアオープンと同時に、お店に案内してくれました。
アイスは今作っているので、固まるまでに、あと5分くらいお待ちくださいとの事。

注文した、プレミアムびわソフトは、枇杷の果肉が入った、濃厚なアイスです。
これで450円。
高いか安いかで言えば、ふつうと言うしかあるまい。
値段は高めだけど、しかし味は良いと言うことである。
この値段、妥当という事でしょう。
枇杷の果肉が、細かくされて入っていて、クリームは濃い牛乳の味。
とても旨いです。

連れの伯父さんが、店員さんに、「とても旨かったよ」とどう旨かったのかを説明すると、嬉しかったのでしょう。
400円の(ノーマル)枇杷ソフトもオススメしてくれました。
こちらはあっさり系で、甘い物が苦手な男性にも人気です。と説明してくれた。
勧められても、もうお金出してまた買う気にはならないし、2つも食べたらお腹を壊しかねないと、僕は聞き流していたのですが・・・
なんと、このお姉さん。枇杷ソフトを、少量、カップに入れて、伯父さんの所に持ってきてくれました。
もちろん無料。
「誰にも内緒にしておいてくださいね」
と言われたが、感動したので、このブログに書いてしまう。
もし、このブログを読んだ、琵琶倶楽部のお姉さんの上司がいたら、お姉さんを責めないでいただきたい。
感じの良い接客にとても感動しましたし、ビワソフト、プレミアムびわソフトの旨さをこうして、僕がブログで宣伝する事になったのですから。
千葉に知人が行くことになったなら、琵琶倶楽部のびわアイスクリーム是非食べろと宣伝しておきますから。
怒らないであげてくださいね。

琵琶倶楽部のHPへのリンクを張っておきますね こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
明日は、いよいよの昼食。
当たりなのか?ハズレなのか?

2014年4月12日 (土)

トラベル・レポート 千葉篇 Y観光、今週末も出動中

先週の花見酒蔵焼き物の町散策の日帰り小旅行。
このようなちょっとした外出にも、旅行のしおりを作らされる事になりつつある。
理由は、ナビに次の目的地を素早く入れる為。

しおり作りの苦しさは、何度も書いてきましたが、今回も苦しい。
僕の作るしおりは好評で、名称、TEL,住所が載っているので、素早く次の目的地を入力でき、記述ミスも少なく、解説や写真まで載っているので、一枚作るだけで、旅が俄然面白くなるようだ。
次はドコドコぉ?と皆でしおりを見て、期待を膨らませ、解説を見て予習を済ませ、次の場所に移動します。
家族、親戚からは、Y観光(Yは僕の名字)という、架空の旅行会社という呼ばれ方をされるまでになってしまっている。
好評の一番の理由は、旨い物を見つける僕の嗅覚。
食べログで高得点の店を選んでいるだけだが、Y観光が連れて行く飯処にハズレ無しと言うほどの信頼がよせられている。

はっきり言ってしおりを作るのは、非常に手間と時間がかかる。
裏付けを取るのに、幾通りも手順を踏むのである。
というのも、定休日だったり、駐車場が無かったり、電話番号は載っていても市役所の観光課のだったりするので、裏には裏を取って下調べをするのである。
可能な限り、町の地図も頭に入れ、駐車場の場所は2つは記憶する。

先週、花見日帰り旅行に出かけたのに、今日もまた出かけます。
今週は千葉県の房総半島で浜焼きを食べて、佐原市(サワラと読む)(現在香取市)で小江戸散策の旅である。
2週続けて遊び歩いているのは、体調が良いというより、強制的にお前が人間ナビになれという事でしょう。

そのうち、小さな旗でも持つようになって、
「さぁ、次は小籠包の美味しいお店ですよぉ~」とか言うような、ガイドもやらされるかもしれない。
もちろん女装でだ(笑)

またトラベル・レポートばかりの週になりそうです。
遊び人 と言われると心が痛みます。
連れ回されるだけであります。

どれくらい渋滞するかが、分からないので、何時に帰ってきますと言えないのですが、渋滞が無くて21時帰宅。
渋滞に巻き込まれたら、23時頃の帰宅になりそうです。
それまでコメントの返信ができないので、あいつ今日は一日中炬燵虫だなと思わないように(笑)

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
安全運転で行ってまいります。

2014年4月11日 (金)

今日のYouTube すべての人生が、すばらしい

今日のYouTubeの時間がやってまいりました。
このコーナーもすっかり定着し・・・
してない!?
そうですか・・・・ たまに登場するかもしれません、以後お見知りおきを。

最近感動したCMの紹介を。
人生をマラソンに例えた、CMです。
途中からレ・ミゼラブルの民衆の歌がかかり、予想外の展開になっていき、起承転結で話は終わります。

最初保険のCMかと思うのですが、違います。

う~ん、頑張ろう。
僕だけのゴールを目指して!!

「すべての人生が、すばらしい」へのリンクは こちら

2014年4月10日 (木)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道_02 4月の病院にて、前進できるかの瀬戸際に

4月の病院に行ってきました。
なんと10人待ちという、この病院に通って以来の最少人数。
こりゃ1時間待ちか?と期待するも、先生が今日はじっくりタイプでして、しっかり2時間待ち。
いつもは3時間待ちだから、文句は言えません。

何を先生に伝えるか?
いつも決めないで、先生の顔を見てから出てくる言葉をそのまま口にする事になりがちなのですが、今日は珍しく作戦を練りました。
あぜ道では皆さんにお知らせした、商売をやろうという話です。
それを先生にも報告してみたかったからです。

何と言われるか?
「君は病人なんだよ商売は無理」
「すごいじゃないか」
「開店したら先生も行かせてくれよ」
「君は一生薬が必要だと言ったはずだが?」
このうちどれを言われるか?
今の僕の病状を先生がどう見てるのか?
僕はどこへ向かうのか?
そのヒントがきっと見聞きできる。 そう思ったのです。

が、その前に、幻覚幻聴の話を・・・
名前が呼ばれて、診察室に入ります。
先「ど~ですかぁ~」
爺「幻覚幻聴共に無しです」
先「それは良かった」
爺「ただし、聞こえてくる音が、幻聴なのか?現実の音なのか?自分の耳が信じられません」
爺「幻聴というのは、本物の音と同じようなリアルな音として聞こえるのですか?」
爺「それとも、ラジオやTVからの音のようにある程度、聞き分けられる物なのですか?」
先「それは人にもよるんだよね」
爺「・・・そうですか・・・・僕の耳に聞こえる音は幻聴じゃないとは思うのですが、自信が無くて、先生に聞いてみたかったのです」
爺「聞こえてくる音が、本物なのかどうかを、近くまで行って確認したり、散歩中に聞こえてくる近所の人の話し声を打ち消すように早歩きでその場を去ったりしています」

爺「それと、話が長くなってしまうのですが・・・」
先「どうぞ」
爺「母と2人で商売をやろうと思っています」
先「何をやるの?」
爺「2人で小さな定食屋をやろうと思ってます」
爺「人の上にも就かないし、部下もいません」
爺「営業のようなノルマもありませんし、自営業ですからある程度、体調に合わせられると思うのです」
先「それはいいね」
爺「先生、僕の今の状態で、どこまでできると思いますか?」
先「それは分からない」
爺「一度開店してしまったら、休めません、母一人では回せませんから、やれるのか?無理なのか?先生に聞いておきたいのです。 どうでしょう?」
先「人にもよるからね。 社会復帰のタイミング、ペース、仕事内容。 千差万別なんだよ」
爺「そうですか・・・」
爺「でも今は、やってやろうじゃないかという気持ちで、とても前向きな気持ちで生活できています」
先「ジプレキサを減らしてみようか?」
爺「ジプレキサってどの薬ですか?」(薬の名前を覚えられない)
先「夕食後に2錠飲んでいるアレだよ」
爺「それはどういう効果を狙って飲んでいる物ですか?」
爺「元気になるとか?(薬なんて全部そうじゃないか、愚問過ぎる 笑))」
先「体が活動的になるように飲んでいる物だよ」
先「それを半分の量に減らして、薬無しでどこまでできるか試してみよう」
爺「一歩前進ですね」

先「手が震えたり、下痢したりはしてないかい?」
爺「左手がカタカタと震えます」
先「普通なら両手が震えるんだけどね」
先「左手だけと言う場合は、薬の影響では無いかもしれない」

先「そうそう、薬を減らすと食欲が落ちるかもしれない」
爺「そうなんですよ。痩せられなくて・・・」
爺「母が朝食を作ってくれるのですが、それを食べて、昼間眠ってしまって、夕食ですから、どんどん太ってしまって」
爺「食事はとるべきですよね?」
先「朝食はとったほうがいい」
先「夕食は、お茶漬け半分で充分」
爺「親としては、子供が食事をとらないというのがかなり心配らしく、食え食えと言ってくるんですが・・・」
先「今日、採血してもらいますが、おそらく何らかの値が引っかかるでしょう」
先「それを理由に、夕食は要らないという方向に持って行ったらどう?」
爺「それはいいですね」

爺「今月どうなるか、前進できるか勝負ですね」
先「頑張っていきましょう!」
爺「ありがとうございました」

こんなやりとりでした。

過去に先生に言われて、ガツンと頭を叩かれたように感じた事があるのですが、社会復帰は、体調が完全に治ってから100%の自分を取り戻し、薬が必要無くなってからチャレンジする物だと思っていたのです。
先生に言わせると、闘病中のストレスの少ない環境で100%になろうと、仕事ができるかは分からない。
むしろ社会復帰しようとチャレンジが始まってからがリアルなストレスにさらされるわけで、本当の戦いはここから。
いかに再発しないかが、ここで問われるというのです。
薬が本当に必要なのは、社会復帰のチャレンジが始まってからなんだよ。と。

僕はもう、断薬実験を勝手にはやらないでしょう。
そんなリスクを負うよりも、先生が考えてくれた処方を正しく飲み、病気悪化のリスクを少しでも減らす事。
それこそが僕のやるべき事。
薬もなるべく切らさないようにして、早め早めに病院に行こうと思います。
今こそ、薬の力が必要です。
悪化はできません。

前進しなければなりません。
なんとしても。
皆のお手本になりたい。
皆の前例になりたい。
皆の希望になりたい。
それも心の中に確かにあります。
でも、今は、自分の為にこそ前進したい。 そう思います。

薬は
朝:アキネトン1mg1錠、セルシン5mg1錠
夕:アキネトン1mg1錠、セルシン5mg1錠、ジプレキサ10mg1錠(これが2錠から1錠になった)
就寝前:リーマス200mg3錠

・規則的な生活と夜更かしの禁止。
・朝食をとりつつ、夕食を減らし、体重を落とす。
・薬をきちんと飲むこと、そして切らさない事。(ひと月後はGWなので、病院は休み、早め早めに行かないといけない)
・午前中のレシピ作りに参加する、(とは言ってもレシピ作りは2日に1回で2時間ほど)
・あぜ道通信の更新にかかっている時間を半分に減らす(社会復帰したら時間が無くなるので、どこまで早く書けるか試したい)
・運動を兼ねて、ブブ彦の散歩の距離を伸ばし、歩く距離を増やす。

これくらいは守らないと、お話になりません。
気合いを入れてくれていた(という自覚は無いけど)ジプレキサが2錠から1錠になり、どこまでできるか?
最低でも現状維持。
寝たきりにならなければ、上々かな?くらいの気持ちでやってみますね。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
ただの、病状報告や愚痴こぼしの場だった、闘病記が俄然面白くなってきましたね。
ご意見、ご忠告、お叱り、励まし、なんでも書いてください。
色々と考えるいい機会になると思うので。

2014年4月 9日 (水)

トラベル・レポート 栃木県益子町 はに丸と虫の店

20140409昔からほぼ隣町に位置し、当たり前のように存在する、益子焼きの町益子。
全国的には知名度はどうなのだろう?
知る人ぞ知る・・・というくらいなのかなぁ?

近年、芸術家が集まってきていて、若者の移住が進んでいるような、お洒落な山ん中の町です。
お洒落な町という事で、パン屋さんも10件くらいと多いそうです。
パン屋の多い土地は、食べ物のレベルが高い・・・(根拠なしの自論)

益子焼の特徴は、重厚な色合いとぼってりとした肌触り。らしいです。
益子焼は、こうでないといけないという縛りが薄いように感じるのですが、その通りで、色々な陶器が店頭に並びます。
縛りが薄い事からも分かる通り、新しい発想を受け入れる器のでかさがこの土地にはあるらしい。
陶芸家の新人に自由に作品を作らせたり、陶芸家に限らず、引っ越してきた人に親切だったりするらしいのだ。
そうそう、3.11の震災で、登り窯が崩れてしまい、今も復興と戦っている工芸家さんが沢山いるそうです。
頑張ってほしいもんです。

さて、益子のメインストリートを歩くといつも気になる店があります。
ハニワの店です。
ハニワ専門店じゃぁないのですが、ハニワって買います?
欲しいと思います?
シーサーにでもした方が売れると思うけど、余計なお世話ですね。
昔、「おーいはに丸」という教育番組がNHK教育で放送されていたのですが、あの番組好きだったなぁ。
はに丸は、世間の事を何も知らないので、名前を名乗る、挨拶をする、謝る。毎回何かを学んでいくという番組でした。
対象年齢は4歳くらいでしょうか?
はに丸は、世代がばれてしまう地雷でしたか・・・・
でもせっかくはに丸の話になったので、おーいはに丸のOPへのリンクを張っておきます。
おーいはに丸へのリンクは こちら


あと、虫をガラスに入れて、ジュラシックパークの琥珀のようにしている店も、潰れないであるんですよね。
ガラス瓶の中じゃないですよ。
厚さ5ミリくらいの透明なガラスの中に、昆虫が入っているのです。
羽根などもきちんと広がっていて、作るのは技術がいるんだろうなぁとは思います。
思いますが、はっきり言って、気持ち悪い。
気持ち悪いは言い過ぎか・・・・ 誰にも喜ばれないだろう とでも言いましょうか。
虫の死骸にピンをさして、ケースに保管するような人にはたまらないのかなぁ・・・・
僕などには分かりようもない、ディープな世界なんだろうなぁ・・・・

さて、T珍が、ぐい飲みを2つ購入しました。
Pちゃんも200円の安いぐい飲みを買ったのだが、センスがあまり良くないw
T珍のえらんだ680円のぐい飲みの方が、ずっと酒が美味そうである。
写真2枚目がそれ。
手前の2つがT珍購入のぐい飲み680円。
右奥の一見爪楊枝入れ?と思われてしまいそうな、すっきりした物が200円のPちゃんのぐい飲み。
とりあえず、僕は断酒しているので、680円の2つをPちゃん、T珍2人で使ってもらってます。
これで酒を飲むと、美味しく感じる との事で、いい買い物をしたと、自画自賛しているT珍でした。

写真1枚目は、益子町散策の起点となる、共犯(共販)センターのタヌキ。
デカいです。

陶芸ってやったら面白そうなんだよなぁ・・・・
職は何だ?と聞かれたら、髪を縛っている事もあって、陶芸家ですとウソ言ってみたいと思ってたくらいでして・・・・
無心になって土と対話したら、座禅を組むような、自分の弱さとかと逃げずに向き合えるような気がしません?
陶芸やってみたいんだよねぇ。

今日もあぜ道に遊びに来てくれてありがとう。

2014年4月 8日 (火)

トラベル・レポート&あぁ、食い道楽 かぼ茶庵のすご味

20140408栃木県に来ているわけですが、
満開の桜を見ようと出かけてみるも、まだつぼみ
防空壕の酒蔵にも立ち寄りました。
今日はお昼の話です。

場所は栃木県益子町へ移動。
益子焼で有名な、陶芸の里です。

目指すお店は『かぼ茶庵』。
たまたまネットで発見して、良さそうだったんで、この店にしました。
ちょっと分かりづらい場所にあったのですが、行ってみてびっくり。
駐車場、満車。
11時半のお昼本番のちょっと前の時間なのにです。
喫茶店、飲食店、パン屋、陶芸店などが、一同に会しているのが特徴なので、一度車を止めたら2~3時間は動かないでしょう。
のんびりした焼き物の里の益子が、この一帯だけこの密度、駐車場が狭い訳では無い。
第2駐車場も、町営駐車場もあるのだが、この混み様、普通じゃない。
困った・・・・
T珍が走って駐車スペースを見つけてくれて、何とか駐車する事ができたので、良かった。
とは言っても、草ぼうぼうの車を停めるような場所ではなかったのだが・・・

店の外装はさっぱりしていて、全く普通。
しかし店内に入ったらすごかった。
センスが良いのである。
席に案内されると、コース料理がおススメですと言われました。
ご説明をしましょうか?と丁寧に言ってくれたので、話を聞きます。
前菜4品はお店の用意した物
メインはオムライス数種類かパスタ2種から選びます。
そして爺さんがときめいたのは、スイーツを3種選んでもらってきてくれてOKという事。
運んでくれるのではなく、自分で選び、自分で運ぶ。
これが嬉しい。
注文はコース料理にする事にした。

さて、前菜が届きました。
横40センチくらいあるかなぁ。
いびつな形の平皿に4種の前菜が乗っている。
旨そうだけど、カメラマンは写真を撮らないといけません。
皿も1つとして同じ皿は使っていなく、すべて似て非なりな皿ばかりです。
つかみはOKです。
さて左から南瓜のスープ、レンコンとレタスのサラダ、南瓜と豆のサラダ、生春巻きの4種です。
家に帰宅してから気付くようなドン臭さの僕ですが、かぼ茶庵という名前からして、南瓜料理には気合いが入っていたらしい。
左のかぼ茶のスープがまず美味い、生クリーム多めの分量で、このスープ濃厚。
レンコンのサラダは、レンコンが独特の甘さで硬さもちょうどいい歯ごたえで、美味い。
ただのサラダが、レンコンで生き生きとしてくる。
かぼ茶と何豆?のサラダも美味かった。
ポテトサラダの南瓜版といった感じだが、酸味などはなく、あくまで南瓜の甘さだけの味。
生春巻きは、甘辛いタレが少しかかっていて、味に変化と驚きを与えてくれている。
この店、食器にこだわっているだけの見せかけだけのお洒落店ではない。
やると言ったらやる、スゴ味があるw

次にパスタがやってきました。
前菜の皿を下げるタイミングも、さりげなさも、上々。
パスタが出てくるまでの、時間も短すぎず長すぎず、ホールスタッフと料理人との連携がとれているんだろうなぁとわかります。
肝心の味はどうだ?
僕は魚のラグーのトマトソースを注文。
ラグーとはひき肉の事。
魚がサイコロ大にカットされていて、オリーブの実と一緒にトマトソースでからめてあります。
美味しいトマトソースパスタって、難しいんだよ。
トマトの味で誤魔化しが効いてしまうんだけど、このパスタはなんて素直な味なんだろう。

さて、パスタも完食して、スイーツです。
3つ持ってきていいって確かに言ったよね?
お皿がまた全て似て非なりのいびつな皿ばかりで、愛着が湧きます。
僕が選んだのは、黒ゴマのパンナコッタ、チョコレートケーキ、フルーツのタルトの3つ。
4つ乗せてもばれなそうだけど・・・
盛り付けに今一つセンスが感じられないのは、僕ががっついて選んだ名残です(笑)
さて、席につくとすぐに、注文していたカプチーノが届いた。
やはり、食べるペースをちゃんと見ている。
「きさま見ているなっ」とジョジョネタを言う暇もありません。
猫舌なのでカプチーノは放置ですw
黒ゴマのパンナコッタを一口。
ゴマ豆腐のような濃厚さを期待したけど、やや薄めか。
それでもゴマの味はするし、お口直しにはヨシとする感じ。
2つ目はチョコレートのケーキ。
ショコラ発表デザートライブ以来、チョコレートを食べるようにしています。
慣れてくるとチョコレートも美味しいもんです。
もちろん、ザ・チョコレートのような物には及びませんが、優しい甘さでした。
フルーツのタルトは、タルトが硬すぎかな?
あの半分の厚みでいい、あるいは、もっとサクサクのタルトにするか。
カスタードクリームが入っていて、苺と相性抜群、硬いなどと言いながらも完食。
最後にカプチーノを飲みましたが、この濃さ。
やはりこだわってる。

全てを食べ終えて、レジで聞きました。
「オーナーは東京の人ですか?」と。
東京から益子にやって来て開業する人が結構いるらしいのだ。
料理はもちろん、器も、接客も、店内の内装も、全てがセンスがいいのです。
しかし答えは「NO」。
「益子の人間です。」だってさ。
ダサさやナマリを競い合って、足の引っ張り合いの泥仕合ばかりやっている茨城と栃木。
栃木にこんなセンスのいい人はいない とは思ったが、今日のところは負けを認めるしかないだろう。
ちなみに僕が頼んだのは、Aランチ:1800円(税別)である。
2500円は取れる内容だった。
あの駐車場の混み具合は、本物だったからなのだ。
美味い物を作っていれば、こんな山の中でも満車、満席になる店があるんだ。
僕も美味い物を作ろう。と自分の事に置き換えるのでした。
かぼ茶庵へのリンクも張っておきますね 興味がある方はどうぞ かぼ茶庵へのリンクはこちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
明日は、おーいはに丸、益子篇

2014年4月 7日 (月)

トラベル・レポート 栃木県那須烏山市 島崎酒造 8℃のソノ中で

20140407昨日、桜を見に出かけるも、山の桜にはまだ早かったようで、全く咲いてなかったという話をしました。
気を取り直して行きましょう!
今日は、酒の話です。

栃木県那須烏山市にある島崎酒造に行ってきました。
栃木県というと、茨城県に面していて、お隣の県なのですが、僕の住むC市とは、近所でして車で片道2時間。
2時間は遠出じゃないか!というツッコミが飛んできますなぁ(笑)

さてさて、突っ込みは無視して、島崎酒造の紹介です。
ペリー来航の4年前創業だそうです。
かえって分かりづらい例えですね。
でもそう書いてあったんですよ。
調べたところ、1849年だそうです。
すごい歴史です。
二代目が大の相撲好きで、東力士という銘柄名にしたそうです。

昔、PちゃんとT珍が、ここの酒を飲んだことがあるようで、久々の記憶を頼りにやっとの事で、島崎酒造に到着。
綺麗なお店です。

店内に入り、試飲コーナーへ。
辛口ですっきりした物がいいのですが・・・と伝えると、お勧めの銘柄を紹介してくれました。
グラスが綺麗に並べてあり、一本一本の酒が、アイスノンで冷やされています。
これってすごい事ですよ。
清潔だし、ちゃんと冷めてる。
最高の状態で試飲して貰いたいという意思の表れです。
そして、店員さんがその場から去ってしまうというのも驚き。
何杯でも飲む気になれば飲めるでしょう。
僕はそういう事はしませんが、悪質な人ならば、酒だけ飲みに来て帰ってしまう事だってできる。
店員さんが、一杯ついでは、うんちくを述べて、また次の一杯という事はあるでしょうけど。
お客さんを信頼する、放置主義が僕はえらく感動しました。
東力士の純米酒と、ゆずのリキュールを購入。
ゆずのリキュールは、好奇心で試飲したのですが、これが美味しくてね。
食前酒のような爽やかで、甘い。
ジュースですよこれは。
でも、美味しかったから購入。

さて、島崎酒造は面白い酒屋でして、防空壕に酒を安置させ寝かせているのです。
お店から2kmくらい走った山の中に小さな入り口があって、無料で中を見学する事ができます。
いつこの洞穴はできたのか?と聞いたのですが、防空壕として掘ったとしか・・・ と言うことでした。
戦時中ですから、何年前?
かえって分かりづらいw
60数年でしょうか?あってる?

店員さんの女性が真冬の格好をしているのが気になったのですが、入って納得。
温度は8℃でした。
1年中この温度らしく、夏はこの格好で中と外を行ったり来たりするので、温度差で厳しいと店員さんが言ってました。

僕は防空壕に入ったのは、2回目ですが、(1回目はこちら)、天井が高いんですよね。
映画の中で脱走兵が掘るような、腰を曲げてでないと通れないような物のイメージがありますが、天井までは3mはあります。
これを手彫りで掘ったんだから、すごいもんです。

今、古酒が密かなブームになっていますが、ここの蔵(防空壕)でもそれをやっているようです。
全部で10万本の日本酒が、眠っているそうです。
日本酒を寝かす取り組みを初めて、40年以上になるそうです。
子供が生まれたら、酒を1本キープしてもらい、20歳になったら親子で一緒に飲む。
あるいは結婚前夜の、最後の夜に娘と一緒に飲む日本酒。とかね。
きっと忘れられない味でしょうね。
1年保管するのに幾らかかるのかは見ませんでしたが、こういう酒の楽しみ方も素敵ですよね。
酔えればそれでイイってもんじゃぁないと思うんです。
楽しい酒、思い出に残る酒、幸せになる酒、そういうのがイイですよね。

そうそう、古酒の試飲ももちろんしました。
2日目のカレーでした。
味が丸くなって、角が取れ、風味はやや消えてしまってますが、まろやかな味。
こちらも購入する事になったのは言うまでもありません。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとうございます。
明日は、南瓜の店で、驚きが

2014年4月 6日 (日)

トラベル・レポート 栃木県烏山市 龍門の滝 山桜はまだなのか?

20140406近所の桜は、今まさに満開らしい。
しかし、自宅と土手の往復しかしない自分には、今年桜は見ないで終わるのだろうと思ったいたのだけど・・・

昨晩急遽出かけることになった。
何時間も走るような場所だったら辞退しただろうけど、隣町の酒蔵に行くというので、ノコノコとついて行く事になってしまった。

我がC市の桜が満開だと言うことは、ちょっと山間の桜はまだつぼみでしょう。
その読みが当たり、桜は残念ながら拝めませんでした。
桜が咲いてない事もあって、駐車場がいっぱいになっていると言う事も無いし、屋台が出ていると言う事も無かった。
花見をしている酒好きさんの姿も無かったなぁ。

ちょっとした滝がある事はネットで調べていたので、滝と桜の2ショットを撮りたかったのだけど、桜は無し、先日の雨で水量増量で、滝は濁り、轟音を立てて水しぶきを巻き上げ、写真を撮ったは良いが、アングルがめちゃくちゃである。

足下にいるブブ彦は写真に入れないので、抱っこして、顔の高さまで持ち上げて撮った一枚もあるにはあるが、ブブ彦の小股全快なのと、僕の顔がパンパンなのとで、この写真を載せるのは却下しました。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
明日は、防空壕にて古酒を味わう です。

2014年4月 5日 (土)

キタぜ、ものもらいっ!! 雨天のもたらす昔話

左目の目尻が痛い。
瞬きすると、ずきりと痛むのだ。
こりゃぁ、人生初の“ものもらい”かと思ってワクワクしていたんだけど、夕方になったら、全然痛く無いでやんの。
もともと花粉で目がかゆくて、かきまくり、目が少し腫れた所に、今日の天気は雨。
花粉は飛ばないとあって、一日中目をこすることは無く、すっかり回復してしまいまいした。
眼帯ってちょっと憧れるんだよなぁ(笑)
なんか、ザ・怪我人って感じでしょ?
残念です(笑)
誰か元気な僕を心配してぇ~(元気人を励ます程の物好きはいないよねぇw)

さて、独眼竜政宗がBSプレミアムで4日から再放送されてますよね。
見てみようと思います。
当時僕は、小学生。
歴史に興味もなければ、大河ドラマ見ると言う事すらありませんでした。
当時の運動会での騎馬戦の入場曲に、独眼竜政宗のテーマ曲が使われていたのを、未だに良く覚えております。
当時、Pちゃん、T珍共に、独眼竜政宗を見ていたそうで、渡辺謙を見て、なんと上手い新人なんだと思ったそうです。
秀吉役に勝新太郎が登場するそうですが、勝新の演技を見たことがない僕としてはそれも楽しみ。
1年間もかけての再放送ですから、楽しませてくれそうです。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
茨城の独眼竜まさ爺の誕生は、雨天と共に消え去るのでありました(笑)
眼帯してみてぇ~

2014年4月 4日 (金)

あぁ、食い道楽 鎧塚さんのバイタリティーと、僕の理想

トシ・ヨロイヅカの鎧塚シェフがフェイスブックを始めた。
フェイスブックは実名性のブログと言った所でしょうか?
すみません、フェイスブックの事はよく分かってないけど書いてます。
一般人が実名を名乗る利点が僕にはさっぱり分かりませんが、有名人にはうってつけのツールでしょう。
トシ・ヨロイヅカの公式HPが新商品の発表の場だとしたら、フェイスブックは鎧塚さんの一日を切り取っかのような場所。
公式ページの更新が週イチくらいなのにに対し、フェイスブックはスイーツの話を中心に、色々な話が飛び出します。
公式HPがお堅いので、こおギャップが楽しい。

はたと思いました。
鎧塚さんほど忙しい人が、日常をUPしている現実。
僕も負けてられません。
社会復帰しても、ブログは更新しつづけよう。
そう思いました。
できるか?どうか?は分かりませんがね。
毎日更新が理想だけど、一日仕事だけをしているわけですから、話題も尽きちゃうかなぁ・・・
理想は毎日だけど、3日に1回くらいの更新になっちゃうかなぁ?
毎日面白いお客さんが来てくれれば、ネタには困らないんだけどなぁ~
お客様をネタにするなんて、とんでもない事ですが、ちょっとそう思っただけなので許してもらいましょう。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
鎧塚さんのフェイスブックのURLも載せておきます。
興味があったらどうぞ トシ・ヨロイヅカ フェイスブックへのリンクは こちら

2014年4月 3日 (木)

ブブ彦日記 お迎えが来たのかと思ったよw

20140403先日、炬燵でブブ彦が寝ていたのを起こそうとするのだけど、まったく起きない。
普通熟睡していたとしても、おでこをチョンチョンと叩くと、なんだよ起こすなよと言った恨めしい目で僕を見るのですが・・・・

先日のは全く違かった。
頭を叩こうが、首の肉を引っ張って、頭が浮くまで引っ張り、その手を離して、ドスンと座布団にブブ彦の頭が乗っても目が覚めない。
これを3回ほど繰り返しても、起きないので、「いよいよ、その時が来たのかもしれない」と覚悟を決めました。
するとブブ彦の寝息が・・・
ほっとした瞬間でした。

先頃から言っているように、ブブ彦がいつ死んでも僕は悲しみません、寂しがるとは思いますが。
してやれることはすべてしてるという自負があるから。

それにしても、過去最大の熟睡だったなぁ。
なんだったんだ?ありゃ。
あんな深く寝る事があるんだなぁと、ここに来て学習。
何か夢でも見て他のかなぁ?
起こしちゃ悪かったかな。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
写真は、Pちゃんの座布団を占領するブブ彦。
後ろ足が、オカマ座りなのは、ブルの証。
いいのですこれで(笑)

2014年4月 2日 (水)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道_01 あぁ、やっと言えた・・・

4月に入り、新年度のスタートですね。
我ら、病んでる同盟の皆さんも、春が訪れて、ちょっとは気分が晴れると良いのですが、、、

笑っていいともが終わったタイミングで、あぜ道の最終回の話が出たので、それにも少し触れたいと思います。
なぜあぜ道通信が最終回になるのかといえば、僕が「続けられるだけ続ける」と終わりを匂わせてしまったからです。
反省しきり・・・

なぜ、続けられるだけなのか? 体調は安定しているように思えるが? などとお思いの人もいるでしょう。
今日は、不安と、希望と、入り混ざった今後の話をしようと思います。

とりあえずの話なのですが、秋頃に、飲食店をやろうという話があります。
店員は  、T珍(母)と、僕の2人。
日本一有名なモツ煮込みの永井食堂を食べに行ったり、
競艇に牛炊を食べに行ったのは、味の勉強のためだったというわけです。
あぁ、やっと言えた・・・・ずっと黙ってたからね。

人付き合いが苦手で、10年も引きこもりをしていた僕を雇う人などいるわけも無く、それでも働かないといけない。
このお店を開くという話は、渡りに船でした。
自営業ですから、ある程度、出勤時間や退社時間、休日などと自由が利きます。
ものすごく雲をつかむような話ですが、お店が成功して、軌道に乗ったら、病んでる人を数人雇いたいと思ってます。
病んでる人達の総数からしたら、微々たる人数ですが、少しでも社会貢献がしたい。
同じように、完全に働くことはでいなくても、やれる所までやってみたい。という人はたくさんいるはずです。
雇われた人も、今日は体調が悪いから休みたいと連絡があれば、僕が代わりに働けば良いことですからね。
体調が悪くても、無理して働かなくていい会社。
いいと思いません?
まぁ、そこはかなり先の話ですけどね。

お店は、ゼロから建ててる資金はありません。
居抜きで、良い場所があったら、そこを借りて、始めてみようと思います。
最近は、早朝7時から2時間、T珍と、レシピ作りに精を出している所です。

さてさて、話がだいぶ戻りまして、あぜ道通信最終回の話。
最終回にする気は無いのですが、働くとなると毎日の更新は厳しくなるかもしれない。 っという話なんですね。
お昼休みの時間(従業員2名なので、一日中働くのは無理だから)に、VAIO Tap 11を持って行って、チョコチョコと書く事もできるでしょうか?
持ち運びしやすいVAIO Tap 11を買ったのも、このお昼休みの時間の執筆作業をするかもしれないからです。
あぁ、やっと言えた・・・・ずっと黙っていたからね。

人生に無駄はありませんね。
料理人時代の経験が生かせるし、病気になった事できっと、感謝の気持ちのこもった接客ができるでしょう。
10年という、ワインだったら飲み頃な期間寝かされていた僕の人生も、熟成されてきた時でしょう。

あぜ道の読者さん達には、なかなか報告できなかったのですが、今日書けて良かったです。
もっと美味しく、もっと安く、また食べたくあるような味。
簡単そうに見えて、すごく大変なんですよねぇ。
研究は続きます。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
あぁ、やっと言えたぁ~

2014年4月 1日 (火)

葡萄ゼリーとハットリ君、人生は薄情だなぁ。

只今見た夢の話を。
場所、我が家の昔の庭。
メンバー、自分と、謎のブラック集団。
イベント、焼き肉

近所で始まったそれは、焼き肉大会かと思っていたが、焼き肉が行われるのは我が家の庭らしい。
肉を網にもう乗せられ無い程に乗せるが、皆肉に皆興味は無いようで、ただ焼いているだけという物。
大人も子供もお姉さんも、皆お目当ての物は、冷蔵庫に入った葡萄ゼリー。
焼き肉よりも美味になる物らしい。

何故、肉じゃ無いのか?
何故、ゼリーなのか?
何故、葡萄味なのか?

それは最後まで分からないのだけどれども、肉を焼く人も、なんだかソワソワしていて、いつ葡萄ゼリーが登場するのかを、横目でチラチラ見つつの、焼き肉作業。
肉は厚さ3センチくらいの物を焼いていたけれど、誰が食べるのだろう?

すると大気圏突入する隕石が、我が家に向かって落ちてくる、
それを受け止めに、空に飛び立つ、ハットリ君。
焼き肉も、葡萄ゼリーも、そっちのけで、ハットリ君が隕石を受け止めて、無事帰還。

地球を救ってくれたハットリ君に対し、まぁうちで肉でも食っていってよという言葉は無い。
というかハットリ君は、隕石の一件後、どこかに行ってしまった。
地球は救われた?!? という喜びも忘れて、再び葡萄ゼリーのに注意が戻る連中たちw

地球が救われるよりも、食べることの方が重要だよねw
それも、どうせ食べるならば、旨いもんがいいもんね。

後になって食べた葡萄ゼリーの味は・・・・“いたって普通”という物でした。
葡萄の味と、ゼリーの紫色が印象的でしたなぁ・・・・

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »