« トラベル・レポート 千葉県、佐原 町並み散策 | トップページ | ブブ彦日記 こりゃぁ、いいもん買ってきた »

2014年4月16日 (水)

トラベル・レポート&あぁ、食い道楽 千葉県佐原散策 甘味、甘味、酒、甘味

20140416千葉県の千倉で浜焼きを食べた後(浜焼きの様子へのリンクは こちら)に、房総半島を北上し、佐原市(さわらと読む)(現在名香取市)に来ています。
古い町並みの見て回り、日も落ちてきて、今回の旅も終わりが近づいてきました。
が、その前に寄りたい場所がいくつかあります。
甘味処です。
一日歩いた疲れを癒やす為に・・・ というのは方便で、甘い物が食べたくなったというだけなのですが・・・w

今回立ち寄ったのは、佐原の中心に位置する忠敬橋のすぐ隣にある和菓子屋「さかした」(写真1枚目)
誰がこの店にしようと言ったのかは分かりませんが、良い嗅覚をしてますな。
店内で、お菓子とお抹茶がいただけるのです。
抹茶というのがミソで、緑茶を出されるのと、抹茶が出てくるのでは、大違い。
抹茶を飲むととても贅沢な時間を過ごしているような気がしてきます。
僕が食べたのは、焼き草団子と抹茶。(写真2枚目)
串に草餅が刺さっていて、それを炙り、焦げ目が軽く付き、温かい。
草餅の香りの他に、香ばしさも加わって、とっても良い香りがします。
あんこも甘くなくて、この店、やりおるわい。
抹茶は、どこで飲んでも、そう変わりはしないのですが、抹茶を飲んでいるという自分に酔うことができます。
塩昆布も付いてきて、これで500円。
800円の間違いじゃ!? 安すぎでしょ。

その後、
「じゃあ帰ろうか?」
「その前にお茶を買ってきて」と伯父ちゃんが伯母ちゃんに言ったのですが、いつまで経っても帰ってこない。
自販機はそこに見えているのに・・・・
どこ行ったのか心配になっていると、5分後帰ってきました。
お茶と鯛焼きを持って(笑)
鯛焼きを焼いてもらっていて、これだけ時間がかかってしまったらしい。
帰りの車の中でお腹が空いたら食べようというつもりだったらしいが、車が発進すると同時に全員で食べ始めたw
甘党の家系なんだなぁと実感w
鯛焼きは「昔ながらの鯛焼き」という触れ込みで売られていて、何が昔ながらなのか?というと、とても薄いのです。
厚みが5ミリくらいしかありません。
当然あんこもちょびっとで、ほぼカリカリの皮を食べているかのよう。
美味しいんだけど、やはり現在の鯛焼きのボリュームに慣れてしまった僕には、物足りなかった。

最後に立ち寄らないといけない場所があります。
酒蔵です。
この頃17時半くらいになっていたと思うのですが、お店の前に着いたら、店主がシャッターを下ろそうと、上に手を伸ばしている所ではありませんか!
すぐに、まだやってるか? 試飲はできるか?と聞きました。
どちらもOKと言ってくれたのですが、一瞬店主の顔が曇った様な気が・・・・
試飲だけして帰る冷やかしの可能性もありますから、そういう客だったら嫌だなぁとでも思ったのかもしれませんね。
さっそく全員でゾロゾロと店内に入ります。
「大吟醸 海舟散人」という酒で 平成25年全国新酒鑑評会金賞受賞!
東京国税局酒類鑑評会9年連続優等賞受賞! という輝かしい成績を持つこの店。
ただし、この金賞を取った酒は高くて買えません。
何か手頃なお酒はと訪ねると・・・
「すいごうさかり」という銘柄を勧めてきました。
Pちゃんは運転手なので、毎回試飲はできません。
試飲は、僕とT珍の役得なのですが、今回は伯父ちゃんも参戦w
3人で、すいごうさかりを飲んでみました。
美味しいです。
やや辛口でスッキリしていて、香りが広がり、それが残ります。 かすかに甘いような後味も感じる事ができます。
とても僕の好みでした。
酒の味をあれこれ言えるほど飲んでませんし偉そうな事が言えませんが、人が旨いと言った酒が旨いとは限りません。
金賞を取ったからと言っても、旨いとも限りません。
試飲して自分の味覚にあった酒を見つける事、これが大事なのです。
T珍と僕は味覚が非常に似ているので、T珍も当然気に入った様子。
伯父ちゃんもこの酒は旨いと言ってました。
そのほか2種類、計3種類の酒を飲ませて貰いましたが、1番最初のすいごうさかり が一番美味しく感じました。
気に入ったので、すいごうさかり1升を購入。
Pちゃん、T珍の友人宅2軒に720mlを1本ずつご購入。
伯父ちゃん宅でも一本買ったので、ギリギリこの店に入れて良かった良かった。
良い酒蔵を見つけましたな。
弟の墓参りの後は、佐原に寄って、ここでお酒を買う事になるかもしれません。
とは言っても僕は、断酒中なので、新しい銘柄を飲み始める初日しか飲めません。
どんな味なのかをチェックするだけですね。
飲みたいけれど、太ってしまた自分が悪いのです。
早く痩せよっと。

霞ヶ浦(かすみがうら)が全国で2番目に大きい湖だと言う事、もう覚えてくれましたか?
1番を知っていれば充分ですし、2番目が大きいのはどこだ?などと聞かれる事もクイズ番組に登場する事も無いでしょう。
でも茨城豆知識として覚えておきましょう。
霞ヶ浦は2番~(笑)
写真3枚目は、その霞ヶ浦に沈む夕日です。
この土地に住む人は、ビルも山も無い霞ヶ浦に沈む夕日を、毎日見る事がでいるんだなぁなどと思いながら、夕日が沈む様子を車内から見ていました。
でも、ここに住んでる人には、昔から続く、当たり前の景色であって、感動したりはしないんだろうなぁ。
感受性の豊かさは、いつまでも持っていたい物です。

さてさて、伯父ちゃん宅に到着し、一日の会計をします。
Y家だけの旅じゃないので、全ての出費を割りだして、1個人いくらと、支払わないといけません。
高速代、ガソリン代、お昼代、お菓子代など、計算すると、1人5500円になりました。
高速に乗り、一日遊び、美味しい物を沢山食べて、5500円は安いでしょう。
最後に会計が終わったら、伯父ちゃんが買っておいた茶饅頭(写真4枚目)を頂き、ブブ彦を連れて土手を歩いて、帰ってきました。
伯父ちゃん宅は、Y家の隣の土手を2kmも南下すれば到着する位置なので、ブブ彦の散歩の距離にはもってこい。
一日歩いてブブ彦も疲れているはずですが、元気に家に向かいました。
真っ暗な土手の上を一人で歩くのは、治安的に大丈夫なのかと思うかもしれませんが、人っ子一人いない、とても静かな土手の上です。
夜ですし、まだまだ寒い季節ですから、誰もいないのです。

甘い物ばかりを食べている一日だった。
幸せって甘いんだね(笑)

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
明日から通常更新です。

« トラベル・レポート 千葉県、佐原 町並み散策 | トップページ | ブブ彦日記 こりゃぁ、いいもん買ってきた »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

トラベル・レポート」カテゴリの記事

コメント

まさ爺、おはよ~

お抹茶と甘味の組み合わせは
至福ですねぇ~
まさ爺は色んな所で
抹茶を頂いてる様な
気がする…
確か京都観光の時も?
確かに日本茶が出てくるより
抹茶を頂く方が
贅沢な気分になるね
日本茶は飲む
抹茶は頂く
言葉遣いからして格上-w

お団子も焼いてあるんだね
焦げ目がついてるなんて
いい塩梅じゃないですか!!

そして酒蔵。
ギリギリ間に合って
良かったですね♪
私だったら多分諦めてるわ
こういう時の母親世代は
頼もしい限りです(^^)
美味しいお酒にも
巡りあえて良かったね


今日から生まれ変わるわ!と
ベッドから出ましたが
朝食を食べたら睡魔が…
洗濯は午後からにしようよと
デビルな私が言うので
しはしベッドに戻ります

レコーディング1日目
こう書くとミュージシャンだね-w
朝から合計735カロリー(>_<)
昼はダイエットシェイクだ!!
カロリー計算は、パンとかだと
袋に書いてあるからね
自宅で調理したものは
計算難しいね
だめだ…瞼が閉じてくる

まさ爺、今日もよろしく。

M姉さん、おはよ~
京都旅行の時は3回飲んでいます。
そこに気付くとは、さすがあぜ道通信の常連さんですねw
あの時は、和菓子屋さんと、新撰組ゆかりの地と、嵐山で頂いています。

酒蔵は、あと1分遅かったら無理だったでしょうねぇ。
でも試飲の時は美味しく感じても、帰ってきてから飲むと、さほどでもないって事は良くある事なんで、まだ良い酒買ったと喜べませんよ。
試飲する量が少ないのかなぁ?
酔っちゃうから、少なく、もっと少なくていいです って言ってついでもらうので、少量すぎて味が分からないのかも。

洗濯は午後からで充分ですよ。
午後からで乾くのかは別問題ですが、やったという事が大事です。
いきなり朝からしっかり洗濯できて、干す事も取り込む事もできるなら、その人は病気じゃありません。
まったり行きましょう!

ミュージシャンM姉のレコーディング1日目。
計算面倒だろうけど、頑張ってくださいね。
応援してます。

再びのおはよ~
いつまで寝てんだい!って
話しですが まだ眠い
昨日の疲れかしら?

お酒の話しですが
あるあるですよね
なぜ現地だと美味しいんだ?
ご当地ビールとか
特に味が変わる様な
気がする。
温度とかの問題かな?

京都に行ったのは
去年だっけ?
その頃から頻繁に
コメントしてた様な
気がします(^^)

さて、始めますか((T_T))


M姉さん、こんにちは。
僕もウトウトしている午後であります。

お酒の現地美味しい説は、やはりあるあるなんだねぇ~
味覚に自信はあるけれど、それでもハズレを旨いと思って買ってしまう。
違う銘柄を飲まされているという事は無いだろうけど、あの味の違いは何なんだろうなぁ。

京都に行ったのは2012年4月中旬です。
まだ、Mーsoさんと呼んでいて、今よりも距離があるかな。

いつものように、名前の部分にリンクを張っておいたので、まだまだ他人行儀だったころのやりとりを読みたいならば、リンクをたどって見てください。
翌日の記事名、翌日の記事名と進んでいくと、続けて京都旅行篇が読めるので、退屈でしたら、読んでみてください。
Y観光の筋金入りの詰め込み旅行、ご賞味あれ。

アハハハ(^^)
今とはかなり距離感が
あるというか
初々しいやり取りですね
大阪人だと言う事を
リークしています。
もう2年も経つの?
何だか不思議なご縁です(^^)

今考えたらかなりハードな
旅でしたね
さすがY観光!!

体調が良ければ
再来週あたりに車で1拍の
旅に行こうかとポチに
提案されています
目的地は島根県安来市
どじょうすくいで有名ですね
あとご存じかもしれませんが
足立美術館という
素晴らし美術館があるらしく
目的地はそこです。
大阪から車で三時間半らしい
でもポチは安全運転だから
もう少しかかると思う。
私もまさ爺を見習って
しおりを作ろうかなと考え中
でもプリンターを未だ
接続していないので
画面から手書きで情報を
写しとる?それは容易にできる
事ではないですね(-_-;)
もしかして疲れたら
岡山あたりでギブアップしないと
いけないし…
いつもながらの
無計画旅行になりそうです
まだ行けるかどうか
不安ですけどね

洗濯はできましたが
まだ干せてません
長い道のりだ。

M姉さん、こんばんは。
リンク辿ってくれたようですね。
嬉しいです。
2年以上のお付き合いになるんですねぇ~
そんなになる気がしませんよね。

Y観光のどうせもう来れないんだから、徹底的に楽しむ という方針は今後も続くんでしょうねぇ~
しおり作りの大変さは、コツも少しづつつかみ、ちょびっとは楽になったのですが、苦しいのは相変わらずですなぁ。

島根県安芸市。
足立美術館の庭園の素晴らしさは、有名ですよね。
一度見てみたいもんですが、島根県・・・ そうそういける場所じゃないです。
どじょう料理も食べた事が無いので、一度食べてみたいです。

大阪から三時間半ですか。
近いんですねぇ。
良い場所にM姉さんは住んでらっしゃる。

しおり作りですが、大変なので、ちゃんとした物を作るのはオススメしません(笑)
車にナビがあるのなら、行きたい場所の、名称、住所、TELだけでもメモに書いておくだけで、当たりを引く確率がグンと上がりますよ。
TELだけだと、観光協会のTELが載ってたりするので到着できません。
やはり名称、住所、TELの3つを載せる事が確実ですね。

良さげな場所を探すのも面倒だという場合は、お昼だけでも調べましょう。
食べログで、3.5点以上の所を探せばOK、まずハズレ無しだと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

« トラベル・レポート 千葉県、佐原 町並み散策 | トップページ | ブブ彦日記 こりゃぁ、いいもん買ってきた »