« ヘラブナの迷宮へ、ようこそ | トップページ | ブブ彦日記 人用おむつの試着、果たして!? »

2014年7月27日 (日)

シネマごしっぷ SHERLOCK

20140727前回のシネマごしっぷで映画の話ではなく、TVドラマ"ハウス・オブ・カード"の話をしました。

今回もTVドラマの話です。
今回取り上げるのは、"SHERLOCK"(シャーロック)です。
もうこのタイトルで分かってしまいますよね。
あのシャーロック・ホームズが、21世紀のロンドンにいたとしたら・・・という形で話は進行します。
自称コンサルタント探偵であるホームズが、スマートフォンやインターネットを駆使して、事件を解決する様を描く。
各エピソードはコナン・ドイルの原作を下敷きとしている。

あらすじ
陸軍軍医としてアフガンで従軍していたジョン・ワトソンは、戦傷によりイギリスに送還され、ロンドンで苦しい生活を送っていた。
そんな中、自分と同じくルームメイトを探しているらしいシャーロック・ホームズという変わった男を紹介される。
頭脳明晰なシャーロックは、スマートフォンやGPSといった技術を駆使し、人々を戸惑わせながらもその天才的なひらめきと推理力でジョンと共に数々の事件を解決していく。
という物です。

各話が練りに練られていて、犯人やオチを予想するのは困難。
スリルあり、ユーモアあり、ホームズの推理に驚いたりと飽きさせません。
各シーズンは3話で終わってしまうのですが、1話が1時間半あります。
2時間ドラマからCMを抜いた時間ですね。
それでも3話でワンシーズン終わってしまって、続きは来年とか再来年ですから、かなり飢えます(笑)

各シーズンのラストは次シーズンへの引きで終わるクリフハンガーとなっているが、制作ペースは脚本の完成度を上げる目的もあって新作を毎年放送出来ないという、非常に遅いペースになっている。
主演2名のハリウッド映画出演も撮影スケジュールの遅さに拍車をかけている。
以上、ウィキった情報をまとめてみました。

現在シーズン3まで公開されていて、シーズン3のエピソード3(つまり最新シーズンの最後の話)まで一気に見ました。

面白いんだよなぁ。
シーズン1の第1話から釘づけです。
シーズン4がいつ公開されるかですが、2016年を予定しているとの事。
長い・・・

スターウォーズだって2015年年末に公開だと言うのに、さらに先の公開とは・・・
その頃何歳になってるんだか・・・

SHERLOCKは面白い。
けどとても公開ペースが遅い。
待ちきれないよぉ~
推理物が好きな人には、是非とも、おススメです。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

« ヘラブナの迷宮へ、ようこそ | トップページ | ブブ彦日記 人用おむつの試着、果たして!? »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
もう出発しちゃったかしら?
楽しんで来てくださいね。行ってらっしゃい。

海ちゃん、先ほど帰ってきました。
1日1人で留守番していたブブ彦も、帰ってきた僕を見て、珍しく短い尻尾をプリプリ振ってました。

今朝は7時発だったので、朝から大忙し。
コーディネーター海の、言う事を聞いて良かった。
自分に自信が持てましたから。

これで、残る課題は、断髪式だけだね。
どういう頭にしようかな?
やっぱりせんと君か?(笑)

 無事にお祝い。よかってですね。おばちゃんの笑顔は、心の思い出にも残ったかしら。。^^

 ブブ彦くん(ブログ)の途中で女の子だと、知りましたが、ブブ彦くんと心の中で思っていたので・・・
ブブ彦くん~お留守番、えらかったね。尻尾プリプリ。。妄想中♪
 お家に来た頃のブブ彦くんの写真を見つけて、デレデレ・・・見惚れてしまいました♪ブブ彦くんは癒し系ですね。。^^

 SHERLOCKは、久しぶりのリバイバル・ショック!を受けました。。原作に沿ったストリーも良かったけど、現在だったら・・・に着目した面白さが、抜群でした。。録画DVDを忘れた頃に見直せる保存版の作品に保存してます。
 ^^
 
 あぜ道ファンの皆様の、一日が穏やかでありますように☆~

アナログさん、こんばんは。
寝落ちしておりました。
今回は計画的寝落ちでして、こうして返信を書いたりなどは目が覚めてからやろうと思ってました。
気持ちがまだ高まっているのでしょう。
とりあえず眠って、ワンクッションおきたかったのです。

ブブ彦が女の子だと知った???
僕がブブ彦はオカマだと言った事を言っているのかな?
ブブ彦も昔は黒くて、凛々しかったんだけどねぇ。
もうお爺ちゃんワンコですから、長生きしてほしいです。

SHERLOCKは面白いですよね。
アメリカ版のSHERLOCKのドラマがあるみたいです。
ワトソン君は女です。
しかもルーシー・リューです。
舞台は21世紀のニューヨークだそうです。
こちらは見る気にならないです(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« ヘラブナの迷宮へ、ようこそ | トップページ | ブブ彦日記 人用おむつの試着、果たして!? »