« 行き着いたのは、そう、キャサリン | トップページ | 今日のYouTube 努力とはこういうもの »

2014年9月16日 (火)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道26 Oマジック

20140916何でもござれのやり手デザイナー
看板屋さんに行ってきました。
お店の看板は大切ですよね。
それを見て入ってみたいという気持ちに出来るのかは、看板で決まってしまうかもしれないですから。

どこの業者に頼むか軽く迷ったのですが、この町にある大手の店には寄らず、小さな看板屋さんを選びました。
本当に小さな建物で、デザインや営業をする、社長さん(40代半ば? Oオーさんとします)、2階で商品を作る作家?さんの2人で店をやっているそうです。

まずは挨拶をして、今度お店を開く事、お店の場所、何を作ってほしいのか?どんなイメージを持っているのか?こちらの要求を事細かく伝え、1時間程で、この日は終了。

その間、このOさんがお店の場所に実際に行き看板などの写真を撮ってくれて、それにデザインを合成するのですが、数日後その作業が終わった時点で連絡が来ました。
どんな看板、どんなのれん、どんなショップカードが出来上がるのか?

たまげました。
合成写真には見えない、完成形がそこにはありました。
(下の写真、これが合成です)
ただ、細かい所は、指示しまくりで、こだわりのデザインが出来ました。
(上の写真が編集中の様子)
まさ爺、T珍、かずのすけの3人の感性は近いので、3人がバラバラの事を言う事なく、ずんずん作業は続きます。
ただ全てが終わったのは6時間後でした。
何百というデザインのひな形を削ったり伸ばしたり、傾けたり、色も、微調整したりと、こちらのこだわりはかなりあったので、Oさんも苦労したはずです。

それと、日よけのれんと言う、お店の外に斜めに大きな一枚の生地を這わせ、下には重りをつけるのれんの様な物も検討していたのですが、風で飛ばされないようにするために工事が必要な事、ただの定食屋なのに、お店に高級感が出てしまって入りづらくなってしまう事、落書き放火などの心配、何より値段が高いのに半年でダメになってしまう事などから、日よけのれんは断念。

替わりににOさんが提案してくれたのは、アルファベットのAの字の看板。
一番食べてほしい物の写真を載せて、店の外に置くと、お客さんには入りやすくなるそうです。
何屋かも分からない名前の店ですし、たぶん和食・・・くらいしか分からないと思うので、このA看板は正解です。
その代り、お客さんのほとんどがその看板の物注文するので、売り切れは必至かもしれません。
とりあえず、一番食べてもらいたい“牛筋の雑炊”を載せる事になりそうです。
(下の写真にあるとおり、店の屋号じゃなくて、牛筋雑炊とだけ描かれている)
それが一押しだと言う事だし、屋号を載せても何が食べられるか分からないですからね。

それとお店の名詞であるショップカード(と呼ぶらしい)も作ったのですが、Oさんが作った地図は、かなり細かい物でした。
かえって分かりづらくなっているので、家に持ち帰って、徹底的に簡素化した、シンプルな地図にしました。
2本の線が描かれているだけです(笑)
後日Oさんにそれをもっていくと、こんなにシンプルで良いんですか?的な事を言われたのですが、間違いは無いです。
この地図でいいんです と押し切りました。

それと、看板、のれん、A看板の他にも一つ提案が・・・
店に入ったら、一番目につく正面の壁に、店名の由来を描きたいとお願いしたのです。

店名はまだ公表しないけど(焦らす焦らすw)、30人近くに、店名を教えましたが、意味を分かった人はT珍のお友達(俳人です)1人だけだっそうです。
どこにも無い名前(実際は日本に1軒だけ同名があるのですが、扱う物が全く違う)、意味がある名前、キリリとして、なにより勢いのある名前です。
店名のヒントをあげるとすると、すでに皆さんとのやり取りの中で、僕が提案した物の中に採用案があると言う事です。
そんなに数を書いてないから、すぐにバレちゃうね。
上の写真のPCの画面内に店名が載っているのですが、小さくて読めまい!!
はっはっは

Oさんはマックを使いこなしてデザインをしているのですが、マウスの動きに無駄がありません。
こちらが提案すると、3つ5つくらい、候補を絞って提案をしてくれます。
これ、無限に近いデザインの中から、お客の好みを聞き出すのは、大変な作業だよなぁと思いました。

しかも良かろうと思って、何時間もかけて作った物を、一瞬でダメ出しされてしまう事は、イラッと来ないのかなぁと思ってしまいました。
このセンスが分からんかなぁ・・とかお腹の中で思っていないかと、思ったのですが、Oさんによると、このダメ出し方法が、完成への一番の近道だそうです。
電話などではらちが明かないですもんね。

合成写真のリアルさには目を見張りましたね。

契約関連の事で頭から煙が出ていましたが、このOさんとのセッションは、とても楽しかったです。
こういう仕事、憧れるなぁ。
って早くも違う職種に興味を持っていたらいけないですよね(笑)

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

« 行き着いたのは、そう、キャサリン | トップページ | 今日のYouTube 努力とはこういうもの »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

まさ爺、大丈夫?

Mねえさん、今帰宅しました。

まず地震ですが、陶器屋さんの中央でゴゴゴゴゴと来たので、かなりビビりました。
僕が生まれたばかりの姪っ子のベビーカーを押していたのですが、覆いかぶさって守らなくては!と思ったのですが、行動には移せず(笑)
思うだけなら誰でもできるわなぁ。
震度がいくつなのか? 震源地は何処なのか? まるでわかりませんが、ちょっと大きかったですよね。

次に、体調ですが、薬の副作用なのか、朝起きても眠いです。
いくらでも眠れるので、眠れなくて睡眠薬を飲んでいた頃と真逆です。

M姉さんに、心配かけてしまいましたが、つまり、僕は大丈夫ですという事かなw

陶器屋さんで地震だなんて怖かっただろうね。昼のテレビを見てたら臨時ニュースに切り替わったので心配しました。茨城に親戚がいる様な気分です。
光ちゃんの舞台のコメント、また消えちゃいました。張り付けのやり方とか解らなくて…消えたらENDです(笑)長文がダメなのかな?
また書きます。
無事で良かった。

ちょっと大きな地震だったようですね。
震源地が茨城だったんですね。
帰宅して家の中をチェックしましたが、何も壊れたり倒れたりしてませんでした。
ブブ彦は熟睡しているし。

光ちゃんの話し聞きたかったんですよ。
是非書いて下さいね。

コピーのやり方ですが、機種が何なのか分からないので、大体の事を書いておきます。
例えば「光ちゃん大好き」とコメント欄に書きます。

で書いた文章の上に指を乗せたままで(長押し)したりして、(他の方法はあるので、なんとかやってみて)、ブルー?黒?に文章を反転させます。
反転した場所がコピーされる場所なので、文章の先頭から、最後までを反転させて下さいね。

その後、サブメニューや、メニュー、などを押して、編集します。
コピーと切り取りなどとでるので、コピーを選択。

これで次に新しいコピーしない限り、この書き込んだ本文は消えません。
いや消えても何度でも復活させられると言った方が正しいですね。

コピーが終わったら、本文を送信。
上手く送れれば万々歳。
送れなくてエラーになって、本文が消えてしまったら、またコメントを書くようにして、メニューから貼り付けを選択すると、さっきコピーした文章がそのまま復活します。

長文コメントを書いた時は、送信の前にコピーする習慣をつけるとイイですよ。

ちょっと難しいかもしれませんが、ポイントは、コピーする範囲を全文にする事と、コピーを選ぶ事くらいです。

なんとかやってみてくださいね。

光ちゃんの報告楽しみにしてますね。

まさ爺、ありがとう。
コピーと張り付けの手順が解りました。
また時間がある時に光ちゃんの話し書くから聞いてね(^^)

M姉さん
僕の分かりづらい説明で通じて良かったです。

光ちゃんの話、楽しみに待ってるよぉ~

この記事へのコメントは終了しました。

« 行き着いたのは、そう、キャサリン | トップページ | 今日のYouTube 努力とはこういうもの »