« ブブ彦日記 鼻のお触り、秘技、奥義 | トップページ | 独り図書館 みをつくし料理帖、ついに完結へ »

2014年9月28日 (日)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道30 シワをどうするか?開店までに間に合うか?

20140928かずのすけ(姉)に、お店の壁に8枚の絵を描いてもらう事になったと書きました。

その為に、大手ホームセンターに画材を買いに行ったのですが、その額縁と和紙を、かずのすけに見てもらいました。
額縁は好印象だそうです。
和紙は微妙でした。

と言うのも、ラフスケッチだという、野菜の絵を何枚も持って来てくれたのですが、和紙が水分を含んで紙の周りにシワがよってしまいます。
額縁に入れて、雰囲気を掴もうとするも、やはりシワが目立ってしまって、絵の邪魔になっています。

ホームセンターで買って来た和紙はこのラフスケッチとは、材質が違う和紙なので、どうなるかは絵を描いてみないと分からないそうです。
とりあえずコレを持って帰ってもらい、にじみ方や、シワがよるかのチェックをしてもらいます。
シワがよらないそうな、ツルツルの和紙なのですが、シワ以前に絵具を弾く素材かもしれないと言ってました。
さすが美大卒業生、何に描くべきかも熟知しています。

まだ下書きの段階だそうですが、すでにかなりいい感じ。
今後は、どういう紙に描くのか?と言う事と、今後ひと月程で、8枚の絵を完成させられるかが問題だそうです。

子供が生まれたばかりで、夜泣きされて、まともに睡眠もとれてない所に来て、8枚もの絵を描かせるのは酷な事かもしれませんが、かずのすけ本人は、結構楽しんでいるようです。

写真はそのラフスケッチ。
ラフの段階で、僕には描けないレベルです。(笑)

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

« ブブ彦日記 鼻のお触り、秘技、奥義 | トップページ | 独り図書館 みをつくし料理帖、ついに完結へ »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。