« ブブ彦日記 これだ、これに弱いんだ。 | トップページ | 遺品整理で弟越えへ・・・ でも来年以降かなぁ・・・・と »

2014年10月 5日 (日)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道33 看板設置、ついに屋号公開

20141012看板を取り付ける日がやってきました。
ついに店の屋号が発表か?とお思いかもしれませんが、意外!それは雑炊。
“牛筋雑炊”とだけ書かれた看板なのです。(写真2)
店の名前は全く意味が分からなく、どういう意味? 方言? 暗号? 宇宙語? って言う人ばかりなので、40人くらいに店の名前を教えましたが、意味が分かった人はたったの1人だけ。
そんな店名を看板にしても何が食べられるのかが分からないのです。
その為の、“牛筋雑炊”の記述です。
一番自信があるのが牛筋雑炊だという事もあります。

看板を設置する際に僕もお手伝い。
大したことは出来ませんが足場を組んで、鉄の板を渡す時には、お手伝いをしました。

そうそう、店の入り口隣りには、
 “牛筋雑炊”
 “牛筋の煮込み”
 “塩モツ煮込み”
の3品の商品名が。
ここでも屋号は載せません。
(写真1)

麻色の、のれんの右下に小さく屋号を印鑑のような真っ赤な印で描くだけのシンプルさです。
(のれんは今製作中なので、まだ無い)


お待たせしました!!
では店名を発表しましょう。
店の屋号っ!!
その名も

“やらいでか”

ついに屋号判明ですね。
やらいでか・・・
意味不明ですよね?(笑)
時代劇やワンピースには登場するセリフだったりします。
ワンピースは僕は読んだ事がないので、こちらの方は後から聞かされたのですがね。

意味は戦国時代や江戸時代に使われていた言葉で、
「やらないでいられるか」の略です。
「やってやる」とか
「今こそやってやろうじゃないか」とか
「やらないでどうする」という事でしょうか。
林先生の「いつやるの?今でしょ」系のニュアンスです。
とても前向きな名前でしょ?
個性の塊だし、意味があって、それが自分たちの考えを反映しています。

東京に焼き鳥屋さんだったかな?一件同じ名前の店があるのですが、世界にこの名前はそこ1件だけですので、やらいでかにしようと言う事になりました。
皆さんには名前を考えてくれと言ってしまったのに、自分の案を採用してしまって申し訳ないです。
漢字で募集していたのに、全然漢字じゃないですしね。
すんませんです。

看板が取り付けられると、通り過ぎて行く車の2台に1台は看板に目をやってますね。
この看板、かなり手を加えました。
字が斜めだと言う事、余白に屋号など入れない事。
周りの枠を黒くする事。
書体も用意されているフォントを削ったり伸ばしたり、文字と文字の間隔や、左右に数センチ動かすとかね。
そりゃぁ一事が万事この調子ですから、打ち合わせに6時間かかる訳ですよ。
しかし大満足な看板が出来上がりました。
最後の写真は、店の入り口正面の壁に書かれた、やらいでかの意味。
「やらいでか とは 昔、江戸っ子が使っていた やらないでいられるか という意の事」と書かれています。

駐車場に勝手に入ってきて、この店はいつオープンするんだ?と聞いていく人がこの日だけで2人。
自転車に乗った中学生は「お、今度は牛筋だ」と言っていたし、皆結構見ているようですし
大家さんの友人たちは、早くこの店で飲みたい(たぶん居酒屋だと思ってますw)と言っているし、かずのすけ(姉)の友人たちも、雑炊だって! ランチで行こうよ などと言っているようですが、残念ながらただのオジサン達が集まる、定食屋なのです。w

お店はシークレットオープンなので、いつから開けるかは誰にも言いません。
花輪も飾りませんし、受け付けません。
あくまで突然前置きなく暖簾を揚げるのであります。
少しのお客さん、5組も来れば、一番理想かなぁ。
でも、田舎なので、皆さん楽しみにしている人が多くて、のれんがあがるのをチェックしている人が多そうです。
皆さん、居酒屋だと思っているフシがあるのですが、あくまで定食屋です。
お酒のつまみが、牛筋の煮込みとモツ煮込みしかないですしね。

看板が設置されると、俄然テンションが上がってきます。
本当に店を開くんだなと、実感が遅いですが感じました。

というわけで “やらいでか” をよろしくであります。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

« ブブ彦日記 これだ、これに弱いんだ。 | トップページ | 遺品整理で弟越えへ・・・ でも来年以降かなぁ・・・・と »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

やらいでか

関西弁だと思ってた(^^)江戸の言葉なんですね。看板が上がるといよいよ感満載だね。
結構大きなお店なんだね。着実に1歩づつ進んでいる!素晴らしい‼

M姉さん、こんにちは。
体調、今日は少しよさそうですね。
良かったです。

思っていた と言うことは、意味まで知っていたという事ですね。
流石、歴女ですなぁ〜
想像していた名前と、随分違ったでしょう(笑)

お店はデカイんですよ。
だから回せるのか?が、問題。
僕もホールに出るかも(笑)

とうとうお店の看板が出来てきたんですね!!
牛スジ、結構日本人的に惹かれるメニュー名なので、結構ウケると思います!
私は呑み屋とか行くと、牛スジ煮込みあると大体頼んでるタイプの人間なので。笑

地元のおじさんて味方に付けちゃうと絶対リピーターになりそうですよね。それで友達連れてきて、また更に口コミで広がっていく…みたいな(ˊo̶̶̷ᴗo̶̶̷`)੭✧

お店の名前もカッコいいですね!気合い入りますね。発音が気になります( ˆoˆ )/

N子さん、こんにちは。
屋号、なかなか、面白いでしょ?
あとは味だよなぁ。
気合い入ろます。

あ、ままさ爺になっちゃった(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« ブブ彦日記 これだ、これに弱いんだ。 | トップページ | 遺品整理で弟越えへ・・・ でも来年以降かなぁ・・・・と »