« 今日のYouTube RAM WIRE 何度も | トップページ | ダイエット奮闘記(プチ) 太ると痛む、お決まりの場所 »

2014年10月 9日 (木)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道35 Tと翁とファイヤーズ

20141016社会復帰への道の更新も少しお休みしていたので、(読者さんには、間は開いてないように見えますが、書きダメしていて、最近書いてなったのです)、久々の闘病記。

まずは10月の通院の話から。
台風が接近しているという事で、患者さんはすくないだろうと思っていたのですが、まさにドンピシャ!!
15番目くらいでした。
スマホで、林檎ちゃんを聴きながら、あれこれとブログの話を考えます。
そして、1時間くらい寝てた!?w
2時間待ちといつもより1時間早く僕の番がやってきました。
半分寝ていたので、正味1時間待ちくらいかも(笑)

先生は、いつもの「どぉ~ですかぁ~」と。
「調子いいです」とキッパリ言った僕。
それだけでも自分はここまで言えるようになったかとちょっと感激。
「死にたくもならないし、動けているし、まぁ、これは動かないとやってらんないのですが・・・」 的な事を言いました。
「今の薬があっているような気がします」
というと、先生はさらに処方を変えようと言いました。

次なるステップに進もうというわけです。
新しい処方はこうです。
すべて夕食後1回だけです。
 ・ジプレキサ10㎎、1錠
  (これが2錠から1錠に減った)
 ・セルシン5㎎、1錠
 ・アーテン2㎎、1錠
 ・リーマス200㎎、3錠
 ・ラミクタール100㎎、2錠
  (これが1錠から2錠になった)
です。
ラミクタールを飲むようになってから、ずいぶんと安定してきているような気がします。

先生もそう思っているようで、ラミクタールで更に攻めてみようというわけです。
僕も望むところです。
副作用もないようなので、この処方には期待しています。
今よりも更に良くなればいいのですが、あまり期待しすぎると、あとあとショックなので、頭の片隅に置いておくくらいの事にしておきます。



さて、今日の“やらいでか”日報のお時間です。
今日は僕が最も楽しみしていた日と言っても過言じゃない日であります。
厨房機器が搬入されるからです。

この店は以前中華料理店をやっていたようなので、中華鍋を振るう、独特のガス台が中央に鎮座しています。
それは撤去。

中華料理って油を大量に使うので、厨房は油でベタベタ。
床と換気ダクトだけは綺麗にしてくれていたので、随分と助かりました。
“やらいでか”の料理は油を一滴も使わないので、換気扇はもう汚れないはずです。
フライヤーは使わないけれど、蓋をつければ台になるので、残留。
麺を茹でる機械も撤去。
餃子を焼く機械も当然撤去。
残ったのは、台だけ。
一番奥から、台、ガス台2つ、ガス台3つ、フライヤー(台)、炊飯器を置く台、味噌汁を保温する機械を置く台。
の順です。

ガスの配管のこだわりは、ある程度通してもらったので、感謝感謝です。
厨房に立つと、気合が入ります。
なんだか背筋が伸びる気持ちです。
僕の働き次第でどうにでもお店が変わってしまうからでしょうか。
気合い入るなぁ。

僕の城であり、戦場ですからね。
大切に清潔に、大胆に使い倒したいですね。

不思議とプレッシャーは全く無いのです。
僕、壊れちゃったのかな?とか思いますが、ほんと、普通プレッシャー感じるよね?
全くそれが無いんだよねぇ。

写真の緑のお方が、社長のT珍です。
社長自ら動きます。
掃除します。
油にまみれます。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

« 今日のYouTube RAM WIRE 何度も | トップページ | ダイエット奮闘記(プチ) 太ると痛む、お決まりの場所 »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。