« 今日のYouTube 東京ガス 家族の絆 母からのエール編 | トップページ | ブブ彦日記 新たな境地へ »

2014年10月30日 (木)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道44 何なんだ、この旨さは

試さないといけないことがたくさんあります。
トイレの電気から、
冷蔵庫が冷えるのか、
製氷機は問題はないか?
冷蔵庫は臭くないか、
食器を置く場所に無駄はないか、
客席から厨房は見えないようなっているか、
のれんの棒の長さはこれいいのか、
鍋の大きさはこれでイイのか、
鍋に合う大きさの蓋があるか、
おたまの種類はそろっているか?
食器の置き位置はどうか?
そして味は、などです。
そしてちょっと楽しみにしていたのが、ご飯。
ご飯の盛りは結構多くして、あそこの飯屋は盛りがイイぜと口コミで人気が出るといいのですが・・・
女性だと残すくらいの量にします。

さて、ご飯を炊く炊飯器と、保温するジゃーは用意しましたが、着火した事が無いのでちょっと緊張です。
炊いたご飯は家に持って帰り、皆で食べようと思って、じゃぁ4合炊いてみようかとなったのですが、炊飯器の蓋をあけてびっくり。
最小の目盛が5升からなのです。
ごしょうって分かります?
日本酒1.8リットルが一升ですから、それの5倍です。
じゃぁ、その単純を何分の一にすれば・・・とならないのです。
単位が㎏で、水がリットルです。
kgだと一合がどれだけか分からないし、もうT珍(母)に丸投げです。
T珍は、計算が大得意なので、任せっきりです。
その複雑な計算でだした割合でご飯を炊きました。
早速試食を。

これが旨い。
お腹が空いていた訳ではないのですが、新米?は旨いなぁ、そして、ガスでご飯を炊くと美味しいよという噂は聞いていたのですが、本当に旨いです。
翌日もこの残り物を一晩おいたご飯を食べたのですが、やはり旨いです。
保温のジゃーにも入れてみたのですが、ちゃんと温めてくれてました。
一安心ですね。

あとは味噌汁も試作しないと。
大量の味噌汁はちゃんと作れるのかなぁ。。。
また心配です。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

« 今日のYouTube 東京ガス 家族の絆 母からのエール編 | トップページ | ブブ彦日記 新たな境地へ »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

まさ爺おはよー

ゴミ捨てにも行かずベッドの中にいます。ご飯の話し。美味しそうだなぁ~(^^)昨日、天ぷら屋さんで、やっぱりご飯をおかわりしちゃいました(-_-;)ご飯が美味しい店はリピーターになりますね!ガスのご飯は本当に美味しい。母がガス釜派だったのとお米はイイのを買ってくれてたので子供の頃から美味しいご飯を食べさせてもらってました。もうカレコレ食事の支度をしなくなってから1年近くになります。家でご飯を炊く事もなくなりました。退院してきたら頑張って家事しなきゃね…来月の4日から入院します(^^ゞ

M姉さん、こんにちは。
入院したら、あぜ道には、来れなくなるのかな?
怪我じゃないし、玄関の外くらいまでは出て、外の空気がすえるといいですね。

お疲れ様です。

病棟には携帯やパソコンの持ち込みは禁止らしいですが…携帯はこっそり持ち込もうかと考え中。充電ができないけどね(-_-;)
閉鎖病棟ではないけど行動規制は付くかもしれません…外出とか外泊が出来たら必ずあぜ道には来ますよ(^^)入院が決まって私よりポチの方が「どうしょう、どうしょう」言ってます。一人が心細い様子。朝の服の準備とか髪のセットとか全部私がやってたから…幼稚園児と一緒です(^^)「誕生日も一人か…」とかイイ年したオッサンがね…ま!今や家族は二人だけだから淋しいんだろうね。

昨夜は良く寝たのにまだまだ眠いよ

僕は玄関のまでは出ていいって良いことになっていたけど、30分で戻らないと行けなくて、大変だったよ。
携帯が問題じゃなくて、充電のコードで首吊る危険かあるらしい。
美人さんの看護婦さんに携帯使っている所を見つかり。
没収されそうになったのは、言うまでもなきにあらず。

こんばんは

まさサン、着々と進んでいますね。

ご飯がおいしい店は必ず商売繁盛しますよ。

私、子供の頃は土間のかまどで炊いたご飯を食べていました。お米は自分の家の
田んぼで採れたものです。
そして、畑で収穫した野菜を食べ、家で飼っていた鶏の卵を食べ、自家製味噌の味噌汁を飲み、
って、自家製づくしでした。

まさサンのお店の味噌汁の具が気になるところですが♪きっときっと
美味しいものが出来上がりますヨ。

Mさん、入院なさるのですね?ご主人さまのことも心配でしょうが、今は自分の事が優先。
回復を心よりお祈りします。

M姉さん、shinnさんこんばんは。
今日は6時半には店を出て、軽く買い物をしてから帰宅です。
もうご飯を食べたので、後は風呂に入って寝るだけ。
う~ん、この贅沢な時間。
うれピー


M姉さん、たぶん入院する時にバックの中までチェックされますよ。
僕がそうでしたから。
充電コードはナースセンターに置いてもらって、充電もそちらで。
一日30分でもいいからスマホだけ貸してくれ って言うといいかもねぇ。
でも万が一を恐れているでしょから、たぶんスマホは没収またはポチさんが持ち帰る事になるでしょうね。
スマホで死ぬかってーの。
むしろスマホで息抜きできてるから生きてんだっつ~の ってね。


shinnさん、こんばんは。
やはりガスで炊くご飯は美味しいようです。
15分とかで炊けるしねぇ。
こんなに早くていいのかな?って心配になるくらいです。
shinnさんお子供時代は、貴重な体験ですね。
今や食べたくても食べられない、貴重品ばかり。
僕も食べたかったなぁ。
味噌汁の具ですが、毎日変わります。
豆腐とわかめという王道から、葱とわかめ、大根、小松菜などです。

いよいよ、11月から、開店カウントダウンを開始しますね。
11月4日からを予定しているのですが、たった今、4日分の記事を全て削除してしまって・・・・
はぁ・・・何やってんだぼかぁ(笑)

今日は1日中眠っていました。よくこれだけ眠れるものだ。夕食を済ませてテレビを見る気にもならず何もする気にならない…また寝るのか…

shinnさんのブログに遊びに行ってきました。いつも美しい画像の数々。癒されます。ゆっくり緑を見ながらお茶を飲む機会なんてあんまりないなぁ~今も冷蔵庫の前でコーヒー牛乳の立ち飲みでした(>_<)shinnさんの様な暮らしに憧れますが努力が必要ですね!私には長い道のりになりそうだ。

まさ爺もshinnさんも努力して理想の生活を手にしてるんですよね。努力…苦手なんだよなぁ~

みなさんの明日が素晴らしい日になります様に。

M姉さん、一日中眠れるなんて、うらやましです。
僕が社会復帰できてるかも分かりませんが、僕の理想の生活なんでしょうかねえ・・・・
部屋でパソコンいじりばかりやってきたので、時間が欲しい。
ただただ自分だけの自由時間が欲しいです。

「オー!ノーッ おれの嫌いな言葉は、一番が「努力」で、2番目が「ガンバル」なんだぜーッ.」
って開き直ってみるのも面白いかもしれませんよ。
ちなみに今のはジョジョネタです。
海ちゃんが見たらニヤリとするところでしょうなぁ。(海ちゃん元気かぁ!!)

僕も努力はしてこなかったので、こんなんなっちゃったのかなぁとか思ったりもします。
でも頑張ったから病気になったはずなんだよねぇ・・・・
M姉さんの今は、身体優先で“休む”事が大切です。
ポチさんもそう思っての入院の同意だと思いますよ。
M姉さんがいなくなって、姉さんの存在の大きさを強く感じる事でしょう。
今までよりも優しくなると思います。
これまでも十分すぎるほど優しかったですけどね。
また何かあったらコメント下さいね。

お疲れ様デス。
お姉さん入院しはってもまさちゃんが言うように時間限定でスマホ使えたらいいな
お姉さんのコメントないとさびしいものデス
たまちゃんもshinnさんのブログ拝見してマス
まさちゃん美味しい白ご飯とはたらいたあとのくつろぎタイムは最高デスね。
今日は
久々に外で倒れて、助けを求めるもの声がでないから話せないし、過呼吸になってるし
そんな中とっても冷静に助けてくれたおばちゃん2人本当に気遣いの出来る方でした。
ありがたい反面何も出来ない自分が虚しくて
闘病も16年目で、いつかは。。っていう希望も持つのが厳しくなってる自分がいます。
だけどそんな中、パニックは恥じることではない、諦めるのはもったいないと言ってくれる人もいて
いろんな意味で自分は弱い人間だなっていつも思いマス
今、ケンミンショーで大阪出てマス(^ ^)

ついしん
私の夫もポチ様と同じく、着る服、靴下、靴、かばんのど全部私に決めてほしいそうデス。
髪のセットはしませんが、切りにいく日も私に決めてくれと
さらにつきそいも求められます。

たまちゃん、こんばんは。
パニックは、僕も恥じる事はないと思います。
さおちぃの言葉を借りれば、それは個性なのだと。
顔や声や好きな食べ物、好きな色、みんな違うのは当たりまえなのに、病気もちだけ色眼鏡で見られるなんておかしいですよね。
闘病16年目でいつかは・・・っていうのが難しいですかぁ・・・・
確かにそうかもしれません。
11年目の僕は、ただただ流されているだけのような気になる事も多々ありすしね。
何をもって復帰とするかの線引きは、かなり甘くてもいいと思いますよ。
県民ショー見逃しましたぁ~ くぅ~ 悔やまれる!!
たまちゃん、お大事にね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日のYouTube 東京ガス 家族の絆 母からのエール編 | トップページ | ブブ彦日記 新たな境地へ »