« 僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道36 そら 逃げろ 煙だぁ | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道37 激落ち君とジャー二つ »

2014年10月13日 (月)

シネマゴシップ デプス、でてこいやぁ~

昔、僕が中学生だった頃の話。
男は度胸がなければならないと勝手に決め込み、レンタルビデオ屋さんに。
ホラー映画を見て、度胸を付けようと思ったのです。

ザ・デプスという、深海パニックモンスター系の、ってそんなジャンルは無いでしょうが、とにかく限られた空間内に化け物が表れて、人間を殺しまわる作品を借りたのです。

見始めると、海が映って、あぁ、これからこの平和な海が血の海になるんだなぁと思うのですが、いつまで経っても、化け物が出てこない。
血は出ないし、なんだか雰囲気が違う。

かくして、僕のホラー映画を見てみようという、突然の覚悟は失敗に終わり、やっぱりいい映画はいいねなどと勝手に落ちをつけて、終わるのです。

しかも感動して終わってしまった・・・
それもそのはず、デプスを借りていたつもりが、アビスという、隠れ名作だったのです。
T2、タイタニック、アバターの、ジゃームズ・キャメロン監督の初期の作品だったと気づくのはそれから少したっての事。
極限状況下での、人間ドラマを撮らせたら右に出るものはいないキャメロン監督。
いい映画でした。

あの頃はビデオテープだったよなぁ

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

« 僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道36 そら 逃げろ 煙だぁ | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道37 激落ち君とジャー二つ »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。