« ブブ彦日記 ぶ~ぶ君の月曜、何というのか分からない物が置かれた土手にて | トップページ | 染めちゃうよ、染まっちゃうよ »

2014年11月 8日 (土)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道48 カウントダウン開店3日前前半 ビールサーバーがやって来た

20141108いよいよ、“やらいでか”オープンまで3日前になりました。
とは言っても前編なんですよね。
色々ありすぎて、書ききれないんですよ。
焦らすつもりは全く無いのです、悪意もありません。
あるのはピュアハートだけ・・・(のはず)

もう看板の下に“10月20日 オープン” の張り紙をしたので、後には引けません。
なのに、まだ試作を繰り返しています。
まだまだ旨くなる方法、調合があるはずだからです。
ギリギリまでやってやろうという意気込みです。

開店一日前は、何もお店の事はやらずに、一日休日にして、ゆっくりと鋭気を養おうとT珍(母)に言ったのですが、とてもじゃないが、休んでなどいられないというので、僕もそれに従います。
いやいや働くのではなく、T珍にばかり働かせられませんですからね。

さて、今日の本題に・・・
ビールサーバーがやってきました。
一旦ビールサーバーが数日前にやってきたのですが、あまりにデカくて、台からはみ出しちゃうのね。
「こんなの聞いてない、もっとスリムなものがあるはずだと。」言うと、開店までに何とか用意しますという事に。
というわけで、何とか開店3日前の今日届いたわけです。

普通、設置する場所のサイズを測ってサーバー持ってきますよね?
それを怠ったから、このような手間をかける事になったのだ。
僕は何も悪くない(笑)

さて、サーバーはあっさりと設置が終わり、T珍と僕で話を聞きます。
サーバーを設置するガッチリした男性が一足先にまだ行くところがあると言って、去ってしまい、残ったのは、ニコニコした女性。
美人系というより、可愛い系ですが、30代後半かな?
なかなかのやり手っぽい雰囲気。
僕とは違う人種だなぁ・・・
僕はやり手でも可愛い系でもないですし、ましてや小動物系でもないですし。
え?僕に小動物は無理!?
小動物もいけるものかと・・・(笑)

さてさて、無駄話をするから前後編に分かれるのだというツッコミが刺さるので本題に・・・
扱うビールはスーパードライなのですが、この女性はスーパードライを最高に旨く飲む為の方法をレクチャーする プロ らしいです。
まず大前提の基本の話から始まりました。
生ビールを美味しく飲める期間はどれくらいでしょう?というクイズ形式でした。
僕は5日と言ったのですが、答えは 3日 だそうです。
そんなん無理だと思いませんか?
3日で何十リットルも入った樽タンクを空にするなんてね。
そして、毎日掃除をする必要性、その方法を教えてくれたのですが、かなり手間がかかります。
これはかなりの負担になるなぁというのが、正直なところ。
ビールの注ぎ方は基本中の基本なので、真面目に聞いていたのですが、掃除方法の説明だけで1時間かかってましたからね。
覚えられませんでした・・・
まぁ、説明書はもらったので、それを読み直す事になるでしょうねぇ。

説明が延々と続くので、T珍が時計を気にしだします。
それは、お姉さんの解説に飽きたわけでも、眠いわけでも、お腹かが空いたわけでも、トイレに行きたいわけでもありません。
ある理由があるのですが・・・

開店3日前、後編に続く・・・
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

« ブブ彦日記 ぶ~ぶ君の月曜、何というのか分からない物が置かれた土手にて | トップページ | 染めちゃうよ、染まっちゃうよ »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
闘病生活に疲れています。
いつか普通の生活に戻れるのか不安。
弱音を書いてごめんなさい。

海ちゃん、こんばんは。
僕は犬好きさんと、よく言い合ったのだけど、あぜ道を、傷を舐め合う場所にはしたくないってね。
お互いを、励ましあって、1ミリでも前進するような場所にしたいんだよね。
弱音は、吐いていいんです。
だから海ちゃんは、ドンドン書き込んでくれて良いんだよ。
そこから、皆んなで、色々と意見を聞いて、気持ちが少し楽になったら、それで前進です。
僕も毎日、恐怖と戦っています。
一緒に頑張ろうね。
応援するから

まささん、返信ありがとう。
今日は食欲もなく、ずっとベットにいて、情けなさと、さみしさで、自分の心を支えられなくて。
泣いたらスッキリするのか、更に落ちてしまうのかも、わからない。
仕事終わって、疲れているでしょう。ごめんね。

うみちゃん、
疲れてなんかいないから大丈夫。
疲れていたら、寝ちゃってるだろうから、返信できないから。
と、言うより、海ちゃんのコメントがあって、とても喜んでます。
海ちゃんが苦しいと言っているのにね。
自分なりの、波の超え方を探ってみるというのも、面白いかもよ。
泣いてみたり、食べてみたり、読んでみたり、寝てみたり。
僕は寝るのが良かったです。
その後、眠れなくなったけど、薬を変えてもらってなんとかなりました。
自分に合う薬に出会うまでは、自力で何とかする方法を探しておくと、心に余裕ができるよ。
少し動けたり、考えられたりできるなら、やってみるといいよ。

まささん
今日は弟さんの…
まささんは大丈夫?

海ちゃん、気遣いありがとう。
そう、今日だよね。
昼間は、仕事の忙しさで、忘れていたけれど、帰宅して弟の前に行ったら、泣けてきてね。
あと40年もしたら、会えるだろうから、会いたいとはあまり思わないのだけど、もっと力になってやりたかったとか、相談に乗ってやればよかったとか、もっと早く現場に行って降ろしてやればよかったとか、話したかった事やら、一緒に食べたかったものとか、たくさんあってさ。
最終的には助けられなかったのか? と4年間考えているんだよね。
考えても答えは出ないし、無駄だって事は分かっているんだけど、気が付くと考えてる。
とても人に気を遣う人だったから、自分がいなくなったら、どれほどの事になるかは分かっていたはずだけど、それでも死を選んだんだから、よほど生きているのが辛かったんだろうね。
僕は自分も病気だからでしょう。
ばか野郎とも思わないし、これまで辛かったね。
苦しみから解放されて、良かったね。 って考えてしまうんだよね。
っというわけで、長くなったけれど、大丈夫だよ。
毎年泣くんだけど、年々悲しみは少なくなってきてる。
それは薄情なような気もするし、前に進んでいるという事かもしれないし・・・・
時間に解決してもらうって言葉があるけど、本当にそういう事ってあるんだねと思う毎日です。

まささん
40年。。。永いね。
私、そんなにがんばれるかな?
正直言うと、そんなに永い時間、いらない。怖いと思う。ごめんなさい。
闘病生活って、辛くて、孤独で、永くて。すごく、さみしい。

強くならないとダメだね。
聞いてくれてありがとう。

海ちゃん
ある日は、辛かったね、ある日はばか野郎 と日替わりで気持ちが揺れるんだけど、最近は、海外に移住したんじゃないか というしょーもない妄想です。
そうそう帰ってこれないけれど、毎日あちらで元気に暮らしているというものです。
親戚の伯父さんは、鹿児島県生まれなのですが、20年も帰ってません。
そんな話を聞かされるからだと思うのですが、会にはこれないけれど、元気でやっているという考えをするようになったのですが、これは中々いい現実逃避方法です。
本当は向き合って、それを乗り越えないといけないのでしょうが、いまだ、乗り越えられず って感じかな。

この記事へのコメントは終了しました。

« ブブ彦日記 ぶ~ぶ君の月曜、何というのか分からない物が置かれた土手にて | トップページ | 染めちゃうよ、染まっちゃうよ »