« デジ物コバナシ リカバリは不必要だったかも。 | トップページ | 今日のYouTube 蒸気船ウィリー 1928年11月18日 »

2014年11月17日 (月)

僕と うつ病、闘病記社会復帰への道53 尋常じゃない拘束時間と眠眠打破

20141117これは最初に謝らないといけないでしょう。
本当に申し訳ない。

やらいでかがオープンしてから、ここ数日記憶がありません。
T珍(母)に聞いても、同じく記憶が無いそうです。
2人してかなりパニックになっていたのでしょう。
どんなお客さんがどれだけ来てくれて、何を食べたのか?
売り上げは?
何を話して、何を見た?
全く覚えてないのです。

貴重なオープンしてからの情報を載せられないのは、期待していた人には悪いんだけど、かなりバタバタしていて、帰宅は24時過ぎ、それからご飯を食べて、寝るだけ。
日記もあぜ道も書く気力が足りなくなってしまってね。
朝は、ブブ彦の散歩、朝食、入浴とこなさないといけないので、6時起き。
体がもちません。
なので、記録が無いし、よく覚えていません。
とにかく寝ないとやられる。 そんな感じでした。
簡単に言うと、一日3組~4組くらいのお客さんが来てくれました。(たぶん)
一番出たのは、牛筋の煮込み。(たぶん)
一番ポピュラーなメニューだし、看板には牛筋の煮込みの写真が一番目立つ場所に書かれているので、出て当然なのですが。
僕たちとしては雑炊が一番の自信作なのですが・・・

僕は基本厨房なので、お客さんの食べっぷりなどは見る事が出来ないのですが、下がって来たトレーを見ると完食してくれてたりして、嬉しいです。
米粒一つ残ってないのは、本当に嬉しい。
僕も感じているのですが、米が旨いんですよね。
ガスで炊いたご飯は旨いと聞いていましたが、本当に旨い。
毎日賄いはご飯大盛りですもん(だから痩せない)

さて、“やらいでか”の営業時間ですが、11時から20時までとなっています。
店を20時に閉めてから仕込みをするので、終了が24時、それから帰り夕食、入浴、睡眠と、自分の時間などありません。
もう何日もテレビを見てない、新聞も読んでいない、パソコンもいじってないから、日記もあぜ道通信も書いていないという、かなり追い込まれた生活。
1週間だけは我慢してやってみようという事になりました。
1週間たったら、大家さんに謝って、夜の部はやめたいという事を伝える事にしようという事に。
しかし、3日が限界でした。

何のために仕事をするかは人それぞれですが、僕は人生を豊にするためだと思っています。
Pちゃん(父)の夕ご飯は作ってやれないので、レトルトのおかずを食べてもらっています。
帰宅しても顔を見る事も出来ないし、当然会話もできません。
ブブ彦の散歩にも行ってやれないし、なにより僕とT珍(母)がボロボロになってしまって。
家族をないがしろにしてまで、やる仕事など、やるべきじゃないと思うのです。
もちろん多くの人が、生活費がいくらかかるからとかで、やりたくない仕事をやっているのでしょう。
拘束時間も長いし、残業もあるでしょう。
でも、家族まで巻き込んで全員が疲れ切ってしまうのは、何かが違うと思う。
まぁ、甘ちゃんの意見ですけどね。

3日で限界になったので、それを大家さんに申し訳ないが、夜の部無理、酒も提供しない。
18時でお店は終わりにする旨を伝えました。
大家さんは、酒やると儲かる。
もっと言うと、酒をやらないとやっていけない というのです。
その通りだと思います。
だけど、どうしても“定食”で勝負がしたい。
酒を飲んで、酔っ払い、味覚と記憶が曖昧になった人に、繊細な味がわかるだろうか?
僕は自信をもって料理を提供したいし、実際に繊細で旨い物を出していると思う。
ここが僕のこだわりでエゴなのでしょう。

とにかく営業時間を短くする事にしました。
まだオープンして数日ですが、営業時間も浸透していないので、今の内に営業時間を変えてしまいます。
恐らく、夜の部をやらない事で赤字続きになると思います。
社会復帰をしたい子を雇ってあげたいという事も遅れるかもしれませんし、雇う事すらできないかもしれません。

どうなるか分からないけれど、そんな感じの数日間でした。
写真は、少ない睡眠時間になってしまい、眠気を飛ばすためにかった、眠眠打破。
これは気休めかも、全然眠気は飛ばなかったです。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
前途多難です。

« デジ物コバナシ リカバリは不必要だったかも。 | トップページ | 今日のYouTube 蒸気船ウィリー 1928年11月18日 »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

まさちゃん、みなさん、こんにちは。
たまちゃんデス。
まさちゃんお疲れ様。閉店後に仕込みをして夜中になっていたんだね。
私の友達も仕事と育児で記憶がなくなったと言っていたので、そこもわかりました。
仕事に対する意識というのは、私もまさちゃんに同意です。
それと私の夫が一時期、平日8〜24時勤務(自らの意志で。)土日もだいたい出勤
時には出張で数日〜1週間から10日帰宅しない という状況が何年か続き
同居していながら顔も合わさない体験があるので大変さが伝わって来ました。
料理で勝負したいという気持ちや、料理にこだわり、思い入れ、自信など持って尽力して来たことも良く伝わりました。
今はまだ試行錯誤で心身共に本当に大変かと思うけど
何度も言うけど体と心を守りながら、Y家のみなさん、そしてやらいでかが良い方向に向かいことを願っています。
家族で話しあい協力して、体をいたわって下さいねm(__)m
まさちゃん、みなさん、お大事に。
犬好きさんのことですが、先週かな?デイケアでおみかけしてお元気でした。
今パソコンも携帯も持っていなくて、この先も持てる予定がないらしいデス。
たまちゃんに託して安心してくれていると思います。
犬さんもみなさんが無理せず回復にむかうことを望んでおられます。
リバウンドしたたまちゃんでした。


たまちゃん、こんばんは。
今帰宅しました。
長文コメントありがとねぇ~
共感してくれて良かったです。
やっぱり社会復帰の最初っから16時間労働は無理でした。
営業時間を短くしたので、この時間に帰ってこれるわけですが、肝心の時間は次回の闘病記でお知らせしますね。

犬好きさ元気との事、良かったです
情報ありがとう。
ネットカフェとか行ってみて、書き込みをしてくれると嬉しいけれど、強要するような事じゃないですし、たまちゃんからの情報があって良かったです。
あとはさおりさんですよね。
体調が悪いならまだ良いのですが、最悪の事態もちょっと考えてしまって、心配です。

たまちゃんも皆さんも回復に向かうといいですね。

この記事へのコメントは終了しました。

« デジ物コバナシ リカバリは不必要だったかも。 | トップページ | 今日のYouTube 蒸気船ウィリー 1928年11月18日 »