« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月の30件の記事

2014年11月30日 (日)

デジ物コバナシ JOJOのスタンプ、 やれやれだぜ

LINEを僕もやるのですが、スタンプを僕は使わない。
ブログと同じ理由で、文章で勝負したいからである。
しかし、JOJOのスタンプもらった。
どうやったのか分からないけれど、プレゼントを言うものが出来るらしい。
しかもくれたのが、僕が可愛がっている親戚のIちゃん。
この子の可愛さを書くと文面が足りなくなってしまうので、ここでは書かないが、Iちゃんがくれるなら話は別である。
しかもJOJOのスタンプ。
気になっていたんですよね。
もちろん有料のスタンプですから、本当に申し訳ない。
スタンプを使わない僕がこの前、姉とのLINEで使ってみたら、かなり驚かれた。
だって、JOJOなんだもん。
Iちゃんありがとう。
ますますIちゃんが可愛くなった爺さんである。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう

2014年11月29日 (土)

僕とうつ病、闘病記 社会復帰への道58 微力ならがのお手伝い

時間を追って、丁寧に開店までの準備と開店後のバタバタを書いてきましたが、今回だけはちょっと時間を“今”に追いつかせます。
やらいでかのホームページを作ったのです。
ホームページ作りの便利なソフトは一切使わず、ソースを手打ちでチクチク作る効率の悪さね。
時間はかかるけど、勉強になります

まだまだ写真も少ない寂しいホームーページですが、見てくれたら嬉しいですね。
まだ、バグが多くくて、タイトルが真っ白で表示されなかったりするのですが、実はこういうホームページがありまして・・・・と後になって言うよりは、一緒に作られていく様子を、共有できたらなぁと思います。

と言う訳で、URLを載せますので、あぜ道同様、ブックマークよろしくです。
あぁ、アクセスカウンターつけないと!!。
忙しい!!

http://yaraideka.pupu.jp/index.html

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2014年11月28日 (金)

大きな男

大きな男に、会いました。
そのうち記事にしようと思います。

仕事中にて、短文すまん

2014年11月27日 (木)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道57 お子様メニュー

地元の人がとても温かくて、面倒見がとてもよくて、可愛がってもらっている。
有りがたい事です。
皆さん聞いてもいないのに、○○に住んでいるとか、○○さんちとは知り合いでとか言ってくるのですが、メニューへの要望も皆言ってくる。

牛すじカレーをやったらどうだろう?と言わられたが、すでに他で有名になっている物をやるつもりは無い。
あとは子供が食べられるメニューを作るといいんじゃない?と言ってきた人もいる。
けっしてお子様NGの店ではないが、メニューが子供をふるいにかけているのは確かだろう。
かといって、メニューを増やす事は無いと思う。
もう1品増やすという事は、増やした分のロスも増えるという事。
やってらんないよね。

3品だけで勝負するから、味にこだわれるし、ロスを抑えられるし、だから価格を抑えられる。あそこは○○が旨いという噂が広まるのである。

この姿勢は貫き続けたいと思う。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2014年11月26日 (水)

今日のYouTube 水族館のガラスが割れそう

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

今日お届けするのは、イエローページのCMです。

まぁ、そんな簡単に水槽にヒビは入らないのだけど、なかなかスリルありますな。
慌てた清掃員と、マイペースな上司のおっちゃんの対比が面白いね。

そでではお楽しみください。
水族館のガラスが割れそうへのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2014年11月25日 (火)

あぁ、食い道楽 きんとんへの期待、疲労、お約束

もうすぐクリスマスなんですよね。
あと1月かぁ。
まぁ、僕には関係ありませんがね。
一日中牛筋売ってますし(笑)
その代りに、正月休みはガッツリもらいます。
栗きんとんを作るのが僕お毎年の仕事なので、今年も頑張ります。
薩摩芋を裏ごしするのですが、芋だから冷めてくると粘って大変な事になるんです。
蒸かす人と、裏ごす人との連携が重要なんですね。

さて、お正月にお節を食べる人がどんどん減り、コンビニやスーパーで揃えてしまう人も多くなったでしょうね。
その人たちを責めるつもりはありません。
我が家も随分と品数が減りました。

でもこれだけは、という物もあったりします。
 ・数の子
 ・伊達巻
 ・栗きんとん の3つです。

伊達巻は僕だけが好きなので、これあげる的な事で、僕の皿には毎年伊達巻が山になります(笑)

栗きんとんは、量が作れなくて少量のきんとんを奪い合うと言っちゃオーバーですが、まず最初に無くなりますよね。
親戚たちが集まって、新年の挨拶をする時も「今年もきんとんは作って来ただろうな」的な事を言われます。

美味しく作る秘訣は薩摩芋なんですよね。
良い芋が手に入れば、おのずと旨いきんとんが作れる。
まぁ、裏ごしは本当に大変なのですが、これだけ喜んでもらえると作らないわけにはいかなくなっているのも事実。

今年も作らないとなぁ。
そうそう、“やらいでか”ですが、27日から4日まで休むことになりました。
1週間以上の休み。 有りがたく休ませてもらます。

クリスマスなのに、すじ肉を売ったご褒美だと思ってます。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2014年11月24日 (月)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道56 地域の繋がり

こんばんは。
社会復帰への道です。
この土地の様子が日に日に分かって気ました。
どの人も聞いてないのに、○○に住んでいてと言うのです。
さらに、○○さんと知り合いとか、○○さんとは付き合いが長くてとか、○○さんは良い人よねぇとか言うのです。
それは悪い事ではありません。
狭い地域だけで、固まって、外部からの人間を受け入れないというわけではありません。
むしろ逆で、“やらいでか”を応援してくれるのです。
長く続けてね とか ショップカードで宣伝してあげるとか、大家さんと話していたのだけど、ちょっと心配よねとかです。
この人は私の店に、ここのメニューを置いても良いとまで言ってくれました。
さすがにそれは断りましたが、みな面倒見が凄くいいのです。
こういう土地だと知らずに大家さんと契約したわけですが、この土地で良かったです。

その代り、お客さんの顔と名前はしっかりと憶えないといけないでしょね。
○○さん、って呼ばれたら嬉しいし、リピーターになってくれるからです。
地元の人にいかに愛されるかで、売り上げが大きく変わってしまいますからね。
県外の人が、来るようになるのは、まだ当分先でしょう。
まだ期待でいません。
だからこその地元です。

繋がり強くて、意外な所で繋がっていたりするので、悪口などは絶対に言えません。
誰とでも仲良く。
これにかぎります。

さて、一応このカテゴリーはうつ病闘病記なので、病気の話も。
薬が合っているのか、身体が動きます。
しかし、深夜に目が覚めて、パソコンを数時間やって、時間をつぶしてそれからまた寝るという行動を繰り返しています。
いいんでしょうかね。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2014年11月23日 (日)

デジ物コバナシ ジョジョの奇妙なスタンプ、買うべき?様子見?

昨晩は・・・ というより、毎晩ですが、炬燵で寝落ちであります。
0時更新のあぜ道通信も、何もせずに、撃沈。
ダメじゃんね。
今朝起きて、ブブ彦の散歩に行ったあたりで、「書いてない!」と気付いた次第であります。

さて今日の話は、何を書こうか、軽く迷ったのですが、この話をせねばなるまいという物があります。
僕以外はどうでもい事。
でも僕はちょっと憧れる事であります。

LINEにジョジョの奇妙な冒険のスタンプが登場したのです!!
はい、皆さんの落胆の声が聞こえてきそうです。

ジョジョ?なにそれ美味しいの?と言った感じでしょう。
ジョジョの奇妙な冒険シリーズは僕の大好きな漫画でして、いつも読んでいるのです。
かれこれ小学生の頃から読んでいるので、僕の人生の一部となっています。

LINEのスタンプにジョジョが登場したと書きましたが、もちろん有料です。
しかし、これは欲しい、パソkン関連の事は、何でも無料で済ます事が理想の僕なのに、200円だして買おうとしています。
欲しい、これはほしい。
200円なんて簡単じゃなか。
コンビニ行ったら、これより高いスイーツを大人買いしているじゃないか。
でも、スタンうは買いません。
なぜなら、他の誰のみ良さが分からないからです。
使いどころが分からない物もあるので、とりあえず様子見です。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2014年11月22日 (土)

デジ物コバナシ 3週間という復旧

パソコンの画面中央の高さに画面の端から端まで線が入ってしまったと書きました。
まだ保証期間なので、無料で治してもらい、出費は無し。

パソコンの中には色々と見られなくないファイルが大量にあるので、(エッチなファイルとかじゃないからね!!重要w)
パソコンをリカバリ(初期化)して修理に出しました。

無事パソコンは返ってきては良いのですが、そこから、これまでの状態に戻すのに3週間かかりました。
“やらいでか”で毎日働き、疲れ切ってしまってパソコンをいじる時間など無くなってしまったのです。

本当ならば丸2日で復旧させられるのですが、3週間もかかるとはねぇ。
とりあえず、サクサクのパソコンなので、快適快適です。

恐ろしく時間がかかったので、もうリカバリはしないぞ。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

●初心者でも分かる今日の押さえドコ
元気があるときに一気にやりましょう。

2014年11月21日 (金)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道55 栗田さんの厳しい意見

年商65億円。
日本中の飲食店を陰で支える会社があります。
会社名は忘れました。(笑)
忘れちゃいけないのですがね。
そこの営業の栗田さんという、バリバリ働く営業マンがいるのですが、その人が“やらいでか”の担当になりました。
前にニシモのという小冊子に広告を出さないか?と言ってきて、お昼の楽しみが増えましたと言っていたが、あれは完全に社交辞令ですよね。
栗田さんは違います。
お昼にやってきて、牛筋の煮込みを注文。
かなり厳しい目で料理を‎一つ一つ確認するように食べています。

食べ終わったところで、僕とT珍(母)で、栗田さんの所に行き、アドバイスを貰おうとしました。
以前、栗田さんは、僕の担当する店にはすべて儲かってもらいたいと言っていました。
その為には、厳しい事も言いますが、すみませんね と言ってましたから、ちょっと話を聞くのが怖かったです。

まず、牛筋の煮込み。
野菜に味が染みているし、牛筋もやわらかい。
味に問題はありませんとの事。
しかし、お店が開店準備中の時とほとんど変わっていないという指摘。
のれんを出しただけで、これではお客さんには分からないでしょうとの事。
たしかにお洒落に白ののれんですが、看板も白、のれんも白で、ちょっと狙いすぎだというのです。
たしかに、小料理屋、割烹料理や的な印象を持つでしょう。
また、看板が牛筋雑炊とだけ書かれているが、これでは飲み屋だと思われてもしょうがないと。

ここにきてやっと気づいたのです。
定食屋である事を知ってもらう必要があること。
お洒落な店では、ガテン系の人は来てくれない事。などなど。
栗田さんの指摘は的確でした。

さっそく、定食とでかでかと書かれた、プレートを車に乗っている人に見えるよに描きました(かずのすけ(姉)が)。
次に営業中ののぼりを4つ掲げて、店をやっているというアピール。
さらに、白のれんはやめて、紺ののれんを注文しました。
それと、数百メートルまえに“やらいでか”の看板を設置しました。
すると、お客さんが3割増し?5割まし?増えました。
看板効果、恐ろしや。

それともうお洒落な店は狙わずに、居心地のいい定食屋にしようということに。
T珍(母)には、なるべくホールにいてもらって、お客さんと会話をしてくれと言いました。
名物おばちゃんになってほしいのです。
厨房は何とか一人で回せるので、というか回せないとまずいでしょう。

っとそんな感じで、イメージを変える事になりました。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2014年11月20日 (木)

ブブ彦日記 11年目のカッパ

11年目にして初のカッパ
ブブ彦に雨の日に着るカッパを買ってやった。
11歳のブブ彦は初めての事で、これまでは雨の日は濡れるのみ。
帰宅したらブブ彦用のバスタオルでゴシゴシと拭くのみだったのです。
特に今買う理由は無かったのですが、どういう気まぐれなのか、購入しました。

さっそく雨の日がやっていたので、ブブ彦に着せます。
前足に通す場所がゴムになっていて、それが嫌みたいです。
おかげで変な歩き方(笑)

散歩から帰ってきたら、濡れてない。
当たり前ですけどね。

カッパを着ている写真も撮ったのですが、どこかに行ってしまいました。
凡ミス。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2014年11月19日 (水)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道54 勝負は1時間、新たな収入源

前回、夜の部はやらない、酒は出さない、居酒屋にはしないという事で、営業時間を短くすると散々書いたのに、肝心の新営業時間を書いてなかったですよね。
11時オープン、18時閉店です。
2時間短くなっただけですが、客層が大きく変わります。
20時までだとお酒を目当ての人がちらほら出てきます。
ただ、お酒を飲む人にとって20時閉店というのは、早い。
そして定食と言う物は基本的にお昼に食べるもの。
夜に定食が出ないのです。

中途半端なんでうしょね。
かと言って、21時~22時までやっているような、体力も無いし(朝から夜中までは無理)18時閉店は潔いと思う。
昼の12時~13時までの1時間が勝負になってきます。
ランチで訪れた人を急いで食べて、ささっと帰る、頑張って、すばやく提供しなければ。

さて、20時までやっている時は、帰宅は24時、ご飯、風呂などを済ますと睡眠時間は5時間くらい。
一日くらいならば問題ないですが、毎日だとかなり厳しい。
というか無理でしょう。
自分の時間が1時間もなくて、毎日、毎日仕事をするだけ。
それは働くものとして当たり前なのでしょう。
特に料理人の拘束時間は異様に長い。
人の仕事が終わってから、自分たちの仕事が始まるので、当然終わるのも遅い。

もう選択肢はあまり有りません。
18時閉店でやろう。
売り上げは大きく落ちるでしょう。
お昼の1時間で売り上げはほぼ終わっていますわけですから。
そこでテイクアウトもやることにしました。
タッパーに牛筋の煮込みか、モツ煮込みを500円で提供し、タッパー代を100円にする。
タッパーを次回持ってきた人には、タッパー代は要りません。
この持ち帰りが結構でているのです。
お昼の後はお持ち帰りが増えるといいのですが・・・
体調はなんとかやっています。
今日は休みたいと毎日思いますが、それはただのワガママ、
本当‎に行けない、起き上がれないという物とは違います。
ただの怠けですね。

薬が効いているのか?
イイ感じで体が動きます。
ただ朝は中々起きられないのですが・・・

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2014年11月18日 (火)

今日のYouTube 蒸気船ウィリー 1928年11月18日

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

今日、お届けするのは、ディズニーアニメ、「蒸気船ウィリー」です。

世界初の音声つきのアニメーション作品であると言われているようですが、正確には違うみたいです。
「蒸気船ウィリー」の価値は、映像と音楽を完全にシンクロさせたという事です。
今では当たり前になった、音楽と映像のリンクはこれが発祥というわけです。

この作品がミッキーマウスとミニーマウスのデビュー作とされているため、公開日の11月18日はミッキーとミニーの誕生日となっています。

トーキーがこれからの主流になっていくと確信したウォルト・ディズニーはアニメでもトーキーを利用できないかと考え、当時サイレント映画用に作っていた『蒸気船ウィリー』をトーキー映画として作り直します。
ニューヨークのコロニー・シアターで公開された本作は大成功を喫し、その後、封切られてからはプレスや観客の評判を呼び、映像と音声を完璧にシンクロさせた画期的・独創的な手法が評価された。

劇中のミッキーやミニー、ピートなど全ての声をウォルト自身が演じている。タイトルと内容は喜劇俳優バスター・キートンの『キートンの蒸気船』(Steamboat Bill Jr.)のパロディ。

2009年公開の長編作品以降、ディズニー制作のアニメーション作品のオープニングロゴタイトルとして、蒸気船ウィリーの船の舵を回すシーンを使ったものを見る事ができます。

さて、もうウンチクを聞くのは飽きてきたでしょう(笑)
それではお楽しみください。
蒸気船ウィリーへのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2014年11月17日 (月)

僕と うつ病、闘病記社会復帰への道53 尋常じゃない拘束時間と眠眠打破

20141117これは最初に謝らないといけないでしょう。
本当に申し訳ない。

やらいでかがオープンしてから、ここ数日記憶がありません。
T珍(母)に聞いても、同じく記憶が無いそうです。
2人してかなりパニックになっていたのでしょう。
どんなお客さんがどれだけ来てくれて、何を食べたのか?
売り上げは?
何を話して、何を見た?
全く覚えてないのです。

貴重なオープンしてからの情報を載せられないのは、期待していた人には悪いんだけど、かなりバタバタしていて、帰宅は24時過ぎ、それからご飯を食べて、寝るだけ。
日記もあぜ道も書く気力が足りなくなってしまってね。
朝は、ブブ彦の散歩、朝食、入浴とこなさないといけないので、6時起き。
体がもちません。
なので、記録が無いし、よく覚えていません。
とにかく寝ないとやられる。 そんな感じでした。
簡単に言うと、一日3組~4組くらいのお客さんが来てくれました。(たぶん)
一番出たのは、牛筋の煮込み。(たぶん)
一番ポピュラーなメニューだし、看板には牛筋の煮込みの写真が一番目立つ場所に書かれているので、出て当然なのですが。
僕たちとしては雑炊が一番の自信作なのですが・・・

僕は基本厨房なので、お客さんの食べっぷりなどは見る事が出来ないのですが、下がって来たトレーを見ると完食してくれてたりして、嬉しいです。
米粒一つ残ってないのは、本当に嬉しい。
僕も感じているのですが、米が旨いんですよね。
ガスで炊いたご飯は旨いと聞いていましたが、本当に旨い。
毎日賄いはご飯大盛りですもん(だから痩せない)

さて、“やらいでか”の営業時間ですが、11時から20時までとなっています。
店を20時に閉めてから仕込みをするので、終了が24時、それから帰り夕食、入浴、睡眠と、自分の時間などありません。
もう何日もテレビを見てない、新聞も読んでいない、パソコンもいじってないから、日記もあぜ道通信も書いていないという、かなり追い込まれた生活。
1週間だけは我慢してやってみようという事になりました。
1週間たったら、大家さんに謝って、夜の部はやめたいという事を伝える事にしようという事に。
しかし、3日が限界でした。

何のために仕事をするかは人それぞれですが、僕は人生を豊にするためだと思っています。
Pちゃん(父)の夕ご飯は作ってやれないので、レトルトのおかずを食べてもらっています。
帰宅しても顔を見る事も出来ないし、当然会話もできません。
ブブ彦の散歩にも行ってやれないし、なにより僕とT珍(母)がボロボロになってしまって。
家族をないがしろにしてまで、やる仕事など、やるべきじゃないと思うのです。
もちろん多くの人が、生活費がいくらかかるからとかで、やりたくない仕事をやっているのでしょう。
拘束時間も長いし、残業もあるでしょう。
でも、家族まで巻き込んで全員が疲れ切ってしまうのは、何かが違うと思う。
まぁ、甘ちゃんの意見ですけどね。

3日で限界になったので、それを大家さんに申し訳ないが、夜の部無理、酒も提供しない。
18時でお店は終わりにする旨を伝えました。
大家さんは、酒やると儲かる。
もっと言うと、酒をやらないとやっていけない というのです。
その通りだと思います。
だけど、どうしても“定食”で勝負がしたい。
酒を飲んで、酔っ払い、味覚と記憶が曖昧になった人に、繊細な味がわかるだろうか?
僕は自信をもって料理を提供したいし、実際に繊細で旨い物を出していると思う。
ここが僕のこだわりでエゴなのでしょう。

とにかく営業時間を短くする事にしました。
まだオープンして数日ですが、営業時間も浸透していないので、今の内に営業時間を変えてしまいます。
恐らく、夜の部をやらない事で赤字続きになると思います。
社会復帰をしたい子を雇ってあげたいという事も遅れるかもしれませんし、雇う事すらできないかもしれません。

どうなるか分からないけれど、そんな感じの数日間でした。
写真は、少ない睡眠時間になってしまい、眠気を飛ばすためにかった、眠眠打破。
これは気休めかも、全然眠気は飛ばなかったです。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
前途多難です。

2014年11月16日 (日)

デジ物コバナシ リカバリは不必要だったかも。

パソコンの画面中央の高さに画面の端から端まで線が入ってしまいました。
まだ保証期間なので、無料で治してもらいました。
パソコンの中には色々と見られなくないファイルが大量にあるので、パソコンをリカバリ(初期化)して修理に出しました。
無事パソコンは返ってきては良いのですが、そこから、これまでの状態に戻すのに3週間かかりました。
“やらいでか”で毎日働き、疲れ切ってしまってパソコンをいじる時間など無くなってしまったのです。
本当ならば丸2日で復旧させられるのですが、3週間もかかるとはねぇ。
とりあえず、サクサクのパソコンなので、快適快適です。

●今日の押さえドコ
リカバリはやらなくてもよかったかも。

2014年11月15日 (土)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道52 開店! 大パニック

昨晩のシミュレーションから一夜明け、いよいよ開店の日がやってきました。
8月の月末に居ぬきのお店を見つけ、すぐに大家さんに電話をかけ、数日後には契約、それから掃除、必要な物の購入、試作、各会社との契約と、まだまだやった事はありますが、一日も休みが無かった。
よくまぁ、ここまで倒れなかったものです。

さて、やっとここまで来ました。
色々な気持ちが蘇ってきて、自然と涙が・・・ っという事は全く無く、緊張もプレッシャーも感じず、まったくの平常心。
仕込みも遅れる事なく終わり、11時開店の所を10時半には終わりました。
11時の開店の前。
10時45分に店の外に出て、のれんの前にて記念撮影。
こういう写真ってあるじゃないですか!
のれんの前で腕を組み、格好つけて載せるやつ。
あれがやりたくてねぇ。
ココがこの店の原点だという事を忘れない為の写真でもあります。
のんびりと入り口の外で日向ぼっこしているあたりが、なんとものんびりしているのですが、それには理由があります。
お客さんは来ないと思っているのです。

シークレットオープンって聞いたことありますか?
開店祝いの花などは一切無しにして、お祝いもいただきません。
知人にも何日にオープンすると言わず、ある日ひっそりとのれんを出すのです。

なぜこんな方法を取るのか?といえば、昨晩のT珍(母)の接客がかなり危なっかしい事からもわかるとおり、いきなりの満席にでもなったら、とてもじゃないが、回せないからです。
料理が出てくるまでに1時間も待たされたら、どんなに美味しいものが出てきても、そのお客さんは2度と来ないでしょう。
それに、そのお客さんは、あの店はやたら待たされると悪い噂を流す事でしょう。
なので、誰も来ない。
だから、お客さんが来なくてもいいと思ってます。

一日一組でも、丁寧に対応をして、「美味しかった」や「また来るよ」などと言ってもらうようにする。
それがリピーターとなり、知人に「あそこは旨いぞ」という口コミにつながると信じています。
一日1組ずつ増えていけば、いつかきっとお店は成功し、「オープンの日はお客さんゼロでねぇなんてと笑い話になるでしょう。」

11時になり、11時半にり、やはり誰も来ないか・・・
などと言っていると、車が駐車場に止まった!!
T珍大パニック(笑)
来ないと思っていて、リラックスしていたのですが、急に緊張MAX。
水を持っていけとか、オーダーを取れとか言ってもやろうとしません。
サボっているわけではありません。
怖いのです(笑)
でもいつまでも、かずのすけ(姉)に頼っているわけにもいきません。
お茶だったかな? 食後に温かいお茶を出すのですが、それをやってもらいました。
前日のシミュレーションの時のように、「どどどどど」と言わなかっただけでも成長です。

最初のお客さんは男女のカップル。
30代~40代でしょうか?
たまたまこの道を通ったらやっていたので、入ってみたとの事。
牛筋の煮込みと牛筋の雑炊だったかな?
それを頼んで、完食して帰っていきました。

その後もお客さんが帰る頃になると、新しいお客さんがやってきて、全部で4組?5組くらいのお客さんが来てくれました。
味の評判は上々。
ホッとしました。
あれだけ研究した料理たちが褒められて、お皿に何も残さずに帰ってくる。
こんなに嬉しい事はありません。

結局この日はシークレットオープンにはなってなかったようです。
たぶん看板に3日前から貼っていた、20日オープンという文字を見ていた人たちばかりなのでしょう。
看板だけは一月前に完成していたけれども、なかなかお店が開かない。
近隣の人はやきもきしていたのでしょう。

とりあえず、スタートダッシュは決められたので、一安心です。
そうそう、メニューが入ってからの厨房ですが、頭が真っ白になってしまって、手際が悪すぎ。
鍋を温め、火にかけ、その間にご飯とみそ汁をよそり、付け物、小鉢をお盆に載せて、鍋が温まる前にそれらすべてをこなす。
これが、出来ない。
T珍にご飯と味噌汁は手伝ってもらって、なんとか出すという感じです。
この手際の悪さには我ながら、情けなかった。
イタリアンの時代はこの3倍の速さで動いていました。
ホール中のオーダーを一人でこなしたものです。
あの頃の面影は全くなく、病気だからというより、すっかり体がなまってしまったという感じです。

修行が足りん!!

2014年11月14日 (金)

免許証更新、視力検査、短期決戦、眼鏡爺誕生!?

免許証を更新してきました。

今は、仕事の休みが日曜しかいので、近所の警察で手続きをする事ができないのです。
そうなると、水戸まで行く必要がある。
僕の家から水戸までの距離感が分からないですよね。
車で1時間半くらいでしょうか?

その免許証センターですが、場所が良く分からなくてさ。
ほんとややこしいのです。
友人たちに道を聴いたら「進んで、ちょっと戻って、標識をあとは見ろ」 みたいな説明でさ。
ヤマダ電機を目印に とか 県庁を・・・ とかね。
みんな違う行き方をしていて、もうますます分からないのね。

Pちゃん(父)に
「道の一番簡単で確実な道を教えて」言ったら、
乗せてってくれるってさ。
高速で行ってくれるし助かります。
うっかり失効の時も連れて行ってくれたので、本当に申し訳ない。
次かう車は絶対にナビ付を買う と誓ったのです。

さて、センターに到着し書類に書きこみをします。
隣で書いていた、見知らずの好青年が、ここ、記入するのですか?と用紙を指さして言ってきた。
それ、僕も今聞こうと思っていた所なので、2人して分からず。
とりあえず、空白で行って、言われたら書こうという、事になりました。

色々と手続きをして、交通安全協会?に入りますか?と言われたのですが、ハッキリ言ってムダ金に使われるだけなので、断固拒否。
あれ、何にお金を使っているか謎だし、冊子を作っているとか、飲み会に使っているとかいう噂もあるし、入っても入らなくても自由なら、入らないです。数千円も取られるんでしょ?
そりゃぁ、入らんよ。

問題は視力検査。
視力が相当下がっているので、今回こそはメガネ爺が登場かと思ったのですが、作戦を立てました。
分からなくて、速攻で答えるというものです。
あたかも当たったって当然のように聞こえるでしょ?
一つさされて、すぐに答えて、片目は終了。
一個で終わり?次が控えているからと言っても、早すぎでしょう。
次に反対の目。
間違ったみたい。
次の場所も速攻で答えると正解だったみたいで、終了。
なんとなく白いかなぁって所と言っているだけなんだけど・・・・
っという事でメガネは何とか避けられました。

この後、2時間の講習。
長い・・・
講師の解説と、ビデオを観て、2時間。
たまにスマホをこっそりだして、LINEを打ったりしてました。
だって長いし眠いんだもん。

とりあえず今回は、うっかり失効じゃなくて良かったです。
あれは精神的ダメージがデカいからねぇ。
悪い事をしてしまったというね。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2014年11月13日 (木)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道51 カウントダウン開店1日前 良いのかこれで? ドドドドド

20141115何だかんだありまして、開店前日になりました。
明日から出す3品の仕込みが終わったのは夜。
姉のかずのすけ(姉)が駆けつけてくれて、仕込みが終わるのを待っていてくれました。

何故待つのか?
そりゃぁ、もちろん、T珍(母)をいじめるためである。
接客の手順やら、注文の取り方、出来上がった料理の運び方、レジの打ち方など、確認する事は山ほどあります。
僕は基本厨房なので、お運びと、片付けくらいしかしませんし、ラーメン屋バイト時代に接客は安っぽい物しかできあせんが、何とかなってしまうでしょう。
だから、あまり真剣には参加せず、にしゃにしゃしながら、T珍が かずのすけ にいじられるのを眺めて楽しみます。

レジの打ち方は何とかなりそうです。
ボタンやレジ回りにはカンペが大量に貼られ、ちょっと心配ですが、大丈夫でしょう。

その次が問題でした。
お客さん役のかずのすけが、入店する所から、シミュレーションは始めてみます。
T珍が「いらっしゃいませ~」と大声を張り上げ、イイ感じ。
が、次が面白い。
「どどどどど」とだけ言ったのです。
「お好きな席にどうぞ」という所だったのですが、「どちらからお越しになったのですか?」とこれまた帰りのレジで話すような事をいきなり聞こうとしたT珍は、かなりパニックになっているのでしょう。
だって「どどどどど」ですから(笑)
どちらからすら言えてない。

何とか「お好きな席にどうぞ」と言えるようになり、お客さん役のかずのすけが席につきます。
「とりあえず、ビール」と無難な出だしのかずのすけ。
しかしT珍はそれだけでパニック。
「喜んで」という返事はあまり好きじゃないので、そこまで言う必要は無いのですが、「かしこまりました」でも「少々お待ちください」など言いようはいくらでもあるのですが、それが全くでてこない。
完全に頭が真っ白になってしまうらしい。

ビールジョッキを取って、ビールサーバー前に行って、ビールを注ぐフリをして、かずのすけのテーブルに置きます。
かずのすけが、おススメは何?とか聞いて、さらいに混乱させます。

かずのすけの注文を注文票に書き、厨房に声を出して知らせます。
僕もわざとらしく「はい」と板さんっぽく返事をして、作業に取り掛かるフリをします。
器に盛って、用意しておいたお盆に皿を乗せて、○○お待ち と言ったりします。
それを運ぶT珍の後をついて行って、起き方などを皆でチェック。

接客は何とかなりそうです。
もちろん、かなりパニックになり、間違いながら修正していく作業の繰り返しになるでしょう。

問題は、厨房の僕の方にあったのですが・・・それはまた別の機会に・・・

次回、いよいよお待たせしました。
“やらいでか” 開店の話です。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2014年11月12日 (水)

今日のYouTube 東京ガス 家族の絆 長男の結婚

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

今日、お届けするのは、またもや東京ガスのCMです。
今回は 長男が彼女を家に連れてきて・・・
大波乱は起きないけれど、母ってこんな感じなのかなぁ。

東京ガス 家族の絆 長男の結婚 へのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2014年11月11日 (火)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道50 カウントダウン開店2日前 ここに来てメニュー表が

いよいよ“やらいでか”開店をカウントダウン形式で、書き始めま2日前まで来ました。
楽しんでくれているでしょうか?

さてオープンまであと2日。
Pちゃんがメニュー表を見て一言。
「これ間違ってる」と言うではありませんか。
な~に、どってことない小さなミスだろうと思ってみてみたら、
 ・牛筋雑炊
 ・牛筋の煮込み
 ・牛筋雑炊
となっています。
2品で勝負すんの?
どんんだけ雑炊推してるんだって話ですよね。

この店担当の敏腕営業マンがこのメニュー表を持ってきて、僕とT珍(母)とで、メニュー表はチェックしていたのです。
営業マンも当然見ています。
これを作った、デザイナー?も見ています。
「これでイイですか?」と聞かれて、全てのメニューを読み返してからOKを出したのですが、注意してみていたのは、メニュー名ではなく、その解説文。
何を使って、どう調理したか、食べたくなる文章になっているか?アピールはできているか?ばかりをチェックしていて、まさか雑炊が2つだとは思わなかったなぁ。

何度も言いますが開店まであと2日です。
営業マンは速攻で本社に戻りました。
「明日までに必ず間に合わせて修正させてきます」と。

いやはや、誰が悪いっていう訳でも無いのですが、なかなかスリルを味わわせてくれます。
開店前でに気付いてよかったなぁ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2014年11月10日 (月)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道49 カウントダウン開店3日前後編 T珍失明の危機

お店開店までをカウントダウン形式でお知らせするようになりました。
今日は3日前後編です。

前回は、ビールサーバーの話でしたが、T珍(母)はソワソワしながら聞いています。
この説明が1時間半もあり、T珍はとても覚えきれないと言っておりました。
僕もうろ覚えです。
要は水を流して、サーバーの中のビールが多る管を洗浄するというものなのです。

さて、なぜにT珍がソワソワしているかと言うと、T珍は眼科に行きたいのです。
15時に予約を取ったようで、時間が迫っているからです。
というのも、以前、右目が飛蚊症になっていて、すぐに病院に行った事があったのです。
1時間でも早く行かないと飛蚊症はどんどん大きくなり、網膜剥離になり、失明するからです。
早く病院に行くことがこの病気の最善の方法なのです。
前回は右目に飛蚊症が表れ、会社の同量には、そんなの放っておけば治るや、気にしすぎ的な事を言われたようですが、病院に行くと、すぐに手術しますと診察後そのまま手術へ。
穴の淵???をレーザーで一定の間隔で焼いていくそうです。
痛みはほぼ無いそうですが、瞳孔を開く薬を使っているので、車の運転は避ける事。らしいです。
まぁ、T珍は車で行って、車で帰ってきましたけどね。
飛蚊症を軽く見る人は多いようですが、診察してすぐに手術するのは、1時間でも早く治療する必要があるという事なのでしょう。
ここの眼科は腕が良い事で有名で、近所の人はこの眼科を利用巣する人が多いそうです。

飛蚊症に他のタイプがあるのかもしれませんが、T珍の場合は、すぐに病院に行って大正解だったという事ですね。

そして、今回の眼科に行く理由は、反対の目にも飛蚊症になってしまったからなのです。
当然今回も速攻で予約を取り、15時に病院に行くという事になっていたので、時計を気にしていたという訳です。

ビールサーバーのレクチャーが終わるとすぐに、病院の向かうT珍。
このタイミングで手術するとはねぇ。
開店したら行けないだろうし、いや、店を閉めてでも病院に行かせるけど、今で良かったのか?な?
なかなかスリルある、3日前でした。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2014年11月 9日 (日)

染めちゃうよ、染まっちゃうよ

もうねぇ、買おうかどうか、いつ買うか、どうやるか。
で迷っていたのですが、ついに買いました。
白髪染めです。
白髪がだいぶ目立つ気がして。
T珍(母)に言わせると、全く白髪は見えないし、必要は無いと思うけど、将l志がそんなに気にしているのなら・・・という感じです。

まだ、買っただけで、使っていないのですが、買ってから1月以上経ったでしょうか?
見かけないけど、T珍(母)、Pちゃん(父)が使ってしまったのかもしれない。

休みの日に勇気を出して、染めてみたい。
それ以前に、髪を切りたい。
辻口博啓さんくらいに短くしたい。
色はとても真似できないけれど・・・

2014年11月 8日 (土)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道48 カウントダウン開店3日前前半 ビールサーバーがやって来た

20141108いよいよ、“やらいでか”オープンまで3日前になりました。
とは言っても前編なんですよね。
色々ありすぎて、書ききれないんですよ。
焦らすつもりは全く無いのです、悪意もありません。
あるのはピュアハートだけ・・・(のはず)

もう看板の下に“10月20日 オープン” の張り紙をしたので、後には引けません。
なのに、まだ試作を繰り返しています。
まだまだ旨くなる方法、調合があるはずだからです。
ギリギリまでやってやろうという意気込みです。

開店一日前は、何もお店の事はやらずに、一日休日にして、ゆっくりと鋭気を養おうとT珍(母)に言ったのですが、とてもじゃないが、休んでなどいられないというので、僕もそれに従います。
いやいや働くのではなく、T珍にばかり働かせられませんですからね。

さて、今日の本題に・・・
ビールサーバーがやってきました。
一旦ビールサーバーが数日前にやってきたのですが、あまりにデカくて、台からはみ出しちゃうのね。
「こんなの聞いてない、もっとスリムなものがあるはずだと。」言うと、開店までに何とか用意しますという事に。
というわけで、何とか開店3日前の今日届いたわけです。

普通、設置する場所のサイズを測ってサーバー持ってきますよね?
それを怠ったから、このような手間をかける事になったのだ。
僕は何も悪くない(笑)

さて、サーバーはあっさりと設置が終わり、T珍と僕で話を聞きます。
サーバーを設置するガッチリした男性が一足先にまだ行くところがあると言って、去ってしまい、残ったのは、ニコニコした女性。
美人系というより、可愛い系ですが、30代後半かな?
なかなかのやり手っぽい雰囲気。
僕とは違う人種だなぁ・・・
僕はやり手でも可愛い系でもないですし、ましてや小動物系でもないですし。
え?僕に小動物は無理!?
小動物もいけるものかと・・・(笑)

さてさて、無駄話をするから前後編に分かれるのだというツッコミが刺さるので本題に・・・
扱うビールはスーパードライなのですが、この女性はスーパードライを最高に旨く飲む為の方法をレクチャーする プロ らしいです。
まず大前提の基本の話から始まりました。
生ビールを美味しく飲める期間はどれくらいでしょう?というクイズ形式でした。
僕は5日と言ったのですが、答えは 3日 だそうです。
そんなん無理だと思いませんか?
3日で何十リットルも入った樽タンクを空にするなんてね。
そして、毎日掃除をする必要性、その方法を教えてくれたのですが、かなり手間がかかります。
これはかなりの負担になるなぁというのが、正直なところ。
ビールの注ぎ方は基本中の基本なので、真面目に聞いていたのですが、掃除方法の説明だけで1時間かかってましたからね。
覚えられませんでした・・・
まぁ、説明書はもらったので、それを読み直す事になるでしょうねぇ。

説明が延々と続くので、T珍が時計を気にしだします。
それは、お姉さんの解説に飽きたわけでも、眠いわけでも、お腹かが空いたわけでも、トイレに行きたいわけでもありません。
ある理由があるのですが・・・

開店3日前、後編に続く・・・
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2014年11月 7日 (金)

ブブ彦日記 ぶ~ぶ君の月曜、何というのか分からない物が置かれた土手にて

Img_0146ブブ彦日記のお時間がやってまいりました。
今日土手に行ったら、面白い物が。
アメリカ?ヨーロッパ?の田園?農園?でみられる、わらを丸めて干し草にするため?に草を丸めて、乾燥させますよね。
あれをやっているのです。
円柱状の雑草は、直径50センチほど。
本場の物は人の背丈ほどあるので、それに比べるとかなり小さいですが、それがずーっと連なっていて、なんだかいい感じの散歩道になりました。

写真はブ~ブ君とその藁玉。
ブ~ブの視線の先(写真右下)にも大きな藁玉があるのですが、同系色で、あることが分からないというね。
撮影ミスですねぇ。
もっとローアングルから撮らないと!!

散歩がとてもリラックスした時間に感じます。
ブ~ブ君がいる事もありますが、時間に追われない休日は本当に気持ちがいいです。

さて、ブブ彦の病院に行ってきました。
膀胱炎の菌は2か月連続で無し、その他の数値も正常。
これで膀胱炎が完治したのか?というと、もう少し様子を見たいという先生。
あと、皮膚が硬くなったり、イホが体のあちこちに出来ているのですが、というと、これが良性なのか?悪性なのかは分からないとの事。
年取るとこういう物ができてくるそうで、どこかが悪いというわけでは無いようです。

先生が言うには、この子はどうやって死ぬのか、きになりますね との事。
普通の人だったらデリカシーの無い発言にキレてしまうところですが、この先生には、高齢に入り、いつ死んでもおかしくないという事を自覚しなさいと言われているので、こんな言われ方をしても、まったく気になりません。
長生きしてねぇ~とか無責任な事でご機嫌を取る人より、よっぽど清いですから。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2014年11月 6日 (木)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道47 カウントダウン開店5日前 ニシモがやってきた

カウントダウン形式で開店まで突き進むようになって、やっと5日前まで来ました。
仕込みも大詰め、否応にも、期待と不安が混じってドロドロです。

さて、以前、冗談で取材が来たらどうするのか?という話になり、かずのすけ(姉)は、隠れた名店、俺だけが知っている特別な店にしたほうが、イイのではないか?
という意見と
いやいや、ガンガン取材は受けて、お客さんが並ぶような店にしようとという意見があったのです。

そんな会話をすっかり忘れて、厨房で仕込みをしていたら、ピンポーンという音が。
入りぐちに人が立つと厨房で音がなるようになっているのです。
誰だろう、まだ店はオープンもしてないのに?

店の入り口に行くと、ニコニコとした30代の男性が立っていまいした。
“ニシモ”と言うC市の小冊子を配っているというのですが、要するに広告を載せませんか?という事らしいです。

T珍(母)と僕で話を聞くと、有料だという事。
それも、こ~~~んまい、広告です。
幾らかは聞きませんでした。
その気があると思われたくないですし。
5cm×5cmくらいのと、
10㎝×5センチくらいの大広告の2種類がるようですが、どちらも興味なし。

営業マンですから、この場所にこんな店ができて、お昼の楽しみが増えましたと言っていましたが、開店後にでも食べに来たら感心するんでしょうけど、来ないでしょうね(キッパリ断言)
ただの営業トークだとすぐに感じましたし。
逆にそれを言ったから、気持ちが冷めたとも言えます。
何を提供するのか? とか営業時間営業日、こだわっている事は? 値段は? とか聞かれた方がかえって良かったのにねぇ。

広告は載せないのですが、ネット広告の業者からの電話が殺到する事になり、広告サイトなんかよりもはるかに影響力がある、あるサイトに“やらいでか”が載る事に後日なるのですが、その話は開店後の話。
今日の話はここまで。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2014年11月 5日 (水)

今日のYouTube 東京ガス 家族の絆・お弁当メール

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

今日も東京ガスのCMです。
奇をてらったようなCMでは無いですが、心が温まります。

東京ガス CM 家族の絆・お弁当メール へのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2014年11月 4日 (火)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道46 カウントダウン開店6日前 A型看板到着

20141104a僕の病院に行ってきました。
休みが日曜だけになってしまったので、早め早めに行かないといけません。
薬が切れても同じ動きができるか分からないし、そもそも布団から起き上がれないかもしれないからです。
僕がいないとお店は回らないし、かといって店を閉めれば、信用が無くなってしまう。
貴重なランチの時間を、“やらいでか”まで食べに来てくれたのに、閉まっていたら、そのお客さんのお昼はどうなってしまうのか?
なんとしても“やらいでか”に行かないといけません。

で、病院ですが、いつものように「どぉ~ですかぁ~」と先生。
爺 「先日話したお店が20日にオープンしまして・・・」
爺 「動けてはいると思うのですが、朝が起きるのがしんどいです」
爺 「朝の目覚めが良くなるような薬、処方はありませんか?」
先 「じゃぁ、ちょっと変えてみようか」
爺 「お願います」
爺 「また幻聴なのか? 空耳なのか? ただの勘違いなのか?は分かりませんが」
爺 「入り口が開く音や、お客さんの話声などが聞こえる事があります。」
爺 「それ自体はいい事なのですが、お客さんが来ることが怖く感じる事があります。」
爺 「これは慣れれば済むことなのか? 病気が悪化するサインなのかは分かりません」
先 「分かりました。 朝起きれる処方にします。」
先 「お客さんが怖いのも、慣れれば何とかなるかもしれないし、様子を見てみよう」

こんな感じのやり取りでした。
今回は薬の飲み方がちょっと変わります。

朝食後 セルシン5㎎1錠、エビリファイ6㎎1錠、アーテン2㎎1錠
昼食後
夕食後 セルシン5㎎1錠、エビリファイ6㎎1錠、アーテン2㎎1錠、リーマス200㎎3錠、ラミクタール100㎎2錠
となりました。

これで朝スッキリと起きられるといいのですが・・・
最後は気合ですね。
責任と言う物が出来たので、プレッシャーだったり、充実感だったり、恐怖だったり、嬉しさだったり とコロコロ気持ちが変わります。
今はそれについていけてないだけなんかなぁ・・・と。


さてさて、“やらいでか”通信ですが、いよいよ開店へのカウントダウンが始まりましたね。どんどん話を進めようと思います。
楽しんでいってくださいね。

のれんは先日届いたわけですし、外の大看板も完成しています。
あと一押し欲しい。
お店の入り口脇に置き、この店はどういった物が食べられるのか?
値段は?そして旨そうなのか?
それを一目でわかる小看板を頼んでいたのですが、それがやっと完成しました。
A型看板です。
まぁ、食品サンプルのあるお店とやっている事は同じですね。

横から見るとAの字に見える看板で、左右の面に写真でメニュが大きく写っています。
これが効果絶大らしいのです。
看板屋さんがいう事なので確実なのですが、間違いなく、ここに書かれた物ばかりが出るようになるとの事。

店の屋号よりも「牛筋雑炊」と書いているのに、この看板の上の視線が集まる場所には、牛筋の煮込みの写真が。
これと牛筋雑炊の2つの写真の上下を細かく指定しなかったのがミスでした。
看板とA型看板のおススメが違っているわけですからねぇ~
果たしてどっちが出る事になるのやら・・・

結果は開店してから分かるでしょうねぇ
どうなる、“やらいでか”

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2014年11月 3日 (月)

あぁ、食い道楽 やたら多い○○

20141103_2あんこがやたら多いたい焼きをGET
これは食べ応えがありそうだ、とかじりつきます。
いかんぞこれは。
あんこばっかりで、皮とのバランスが滅茶苦茶。
皮は厚くて、これであんことバランスを取っているのでしょう。
でも、皮は硬くなってしまってゴワゴワしています。
はずれを引いてしまったようで・・・

一時期、米粉を使った、モチモチした、たい焼きが流行りましたが、あれもあっという間に消えたなぁ。

僕は結構すきだったんですけどねぇ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2014年11月 2日 (日)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道45 カウントダウン開店7日前 野菜の画、僕には流れていない血

20141102いつまでも店の準備の話をしていても、飽きてきてしまうので、今日から新展開です。
今回はからカウントダウン形式でお伝えします。
今回は7日前の話。
ジョジョに開店に近づくのでお楽しみに。

かずのすけ(姉)が描いた絵を店に飾ろうと思い、一月前くらいから描いてもらっていたんですが、開店までには間に合いそうもありません。
だって、8枚も描かないといけないし、今年生まれた赤ちゃんの世話があって、少しの時間があったら、眠りたいはずからです。

姉には絵の才能があると思っていたのですが、なかなかの出来の絵ばかり揃い、これは飾った時に面白い事になると確信しました。

ココの席にこの絵を飾ると圧迫感がある。 とか この席は小さい絵がいいとか、 明るい席だからこうしようとか、姉のこだわりが炸裂しています。

今回の写真はその一部ですが、どれも上々の出来。
才能はあると分かっていましたが、ここまでとは。
一番人気は 麦 の絵です。
ちょっとゴッホ入ってますよね!?
姉の絵を殺さないように、スーパードライの広告などは貼りません。

“やらいでか”とはという、入り口正面の超目立つ場所はその看板だけにしないといけませんが、それ以外の場所は、バランスよく絵が飾れたと思います。

皆さんは、どんな印象を受けましたか?

写真に沢山登場しているのが、Pちゃん(父)です(笑)

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2014年11月 1日 (土)

笑え、笑う門には福来る のか?

僕はこの人は何気なくたたずんでいるいるけれど、相当の努力家だし、人格も素晴らしいし、何より才能の塊と天性の味覚の持ち主だと思っている人、もちろんお分かりですね。
トシ・ヨロイヅカの鎧塚俊彦さんあります。

公式サイトにFacebookが連動するようになって、毎日更新されるようになりました。
鎧塚さんの、スイーツの話の他に、色々話しを読むことが出来ます。

そこで思った事があります。
話しは鎧塚さんの人間味溢れる、体験談なのですが、写真はいつも鎧塚さん、笑顔なのです。

生まれもって、人が好きなのでしょう。
それもあるだろうけど、人生を楽しんでいる事が伝わって来るのです。

そこでですが・・・
僕も真似てみようかと・・・
カメラが向けられたら、思いっきり笑おうと。
最初は、ひきつった笑顔になるかもしれません。
でも、後で写真を見る事になった時、僕は笑顔でありたいと思うのです。

僕だって人生を謳歌したいものね。
病気が良くなって、随分と笑えるようになった事もあります。

顔見世NGなので、僕の笑顔は魅せられませんが、とにかく笑え、笑う事が礼儀だぞ と思うのです。

笑うって結構難しいんですよね。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »