« 僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道66 お店の名前の事 | トップページ | ブブ彦日記 始めて着るもの、これでOK!? »

2014年12月20日 (土)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道67 寝ないで一晩考えて

昨日、うつ病の話と間もなく2か月になるお店の名前を一緒に出すと、検索したときに、僕がうつ病だという事がばれてしまうという問題について話ました。
将志のためになることは一つもない と言われたですが、一晩寝ないで考えて、一つの答えにたどり着きました。
うつ病は隠さない
という事です。

田舎ですから、「あの店の板さんはうつ病なんだって」という話は必ず出るし、すぐに広まるでしょう。
来店者も少し減るかもしれません。
でも僕はそれよりも、同じ心の病にかかっている人の先を走りたい。
11年もかかったけど、社会復帰ができる。
引きこもりから立ち直った。
声がデカくなった、背筋が伸びるようになった、笑えるようになった。
何でもか構わないのですが、僕も私もと、可能性をやる気を感じてくれれば、それでいいと思うのです。
どうせお店のホームページにはお店の住所が載っているし、隠そうとしても、調べる気になれば、僕がうつ病だという事は分かってしまうでしょう。
しかし僕は日本の全ての人に僕がうつ病だという事がばれても構わないと思ってます。
それよりも毎日150人ほど、あぜ道通信に来てくれる人がいて、その何割かは分かりませんが、半数くらいはどこかを病んでいる人だと思ってます。
僕が走った跡に、病気の事をカミングアウトしてもやっていけるのだ、問題ないのだという世の中になってほしい。

さて、昨日は、親の言う通りに、やむ得ないと思って、言われたままで頷いてしまったのですが、一晩で考え方が180度変わり、T珍に話をしてみました。
 ・うつ病の事をなぜ隠そうとするのか?
 ・うつ病の人間が料理を作ると、何か問題があるのか?
 ・うつ病がなぜ店のマイナスになるのか?
 ・お客さんが沢山来るようにT珍があらゆる努力をしているが、なぜうつ病を排除しようとしているのか?
などです。

11年もの間、1度も働けと言わなかった事は感謝している。
しかし、最後は、結局世間体で、僕を隠し、内緒いし、そのまま行こうとする。
それは僕を守るという意味もあるのかもしれないが、僕は先に書いたように、隠す必要はないし、それで失う事の方が多いように思います。

なぜうつ病を公表したらだめなのか?
僕はT珍に疑問をぶつけました。
反論してきても、それに対して更に突き詰めて質問を繰り返し、結局T珍が折れました。

僕を影で悪く言う人は必ず出てくるでしょう。
しかし、僕を応援してくれる人の方がはるかに多いと思います。そうです、みなさんです。
僕は、先駆者になりたい。
病気を持つ人を助けたい。
この店を社会復帰の足掛かりにしてほしい。
両親が亡くなったとして、僕がまだ、お店をやっていたら、病んでる人だけでスタッフを固めるつもりです。

T珍のいう事も分かるのです。
なので、あぜ道のこれまでの記事内のお店の名前はそのまま消しません。
今後の話はお店という呼び方にしますが、お店が繁盛して、一定の売り上げになったら、また店名を公表するし、うつ病という事も載せる事にしようと思います。

理解をしてくれた両親に感謝。
そして、振り回してしまった、みなさんに、ゴメン。
ガンガン進みますよ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

« 僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道66 お店の名前の事 | トップページ | ブブ彦日記 始めて着るもの、これでOK!? »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

まさ爺おはよー

まさ爺、凄いよ‼強くなったね!T珍ママさんに同感してた自分に少し反省デス。確かに計り知れない大勢の人がブログを読んでて、色々な感想を持って当たり前なんだよね。それを踏まえた上で正直に生きようとする
まさ爺に感心、感動です。
ひとつだけ確実な事。何があっても私(達)はまさ爺の味方だからね(*^ー゚)

今日は姑の命日です。
昨日から京都に泊まり今朝、東本願寺にお参りしてきました。仏壇はポチの弟の家にあるのですが私は全然お参りにいかず、お墓や本願寺さんでお参りさせてもらってます。いつまで経っても出来の悪い嫁でR

Mねえさん、こんばんは。
僕は強くなってませんよ。
T珍に説明するのの、泣いてましたから。
なんで、病気じゃないけないのか?
隠したがるのか?
金儲けには、病人ではまずいのか?
なにより、11年もかけた信頼関係が、結局金と世間体でダメになった事が悲しかったのです。
大泣きですよ。
情けない(笑)

姑さんの命日なのですね。
姉さんは悪い嫁ではないと思いますよ。
弟さんの家にあるならば、なおさら行きづらいですし。
お参りしているのだし、問題ないでしょう。
その日、故人の事を想って、手を合わせればそれでいいんでR

まさちゃん、Mお姉さん、こんばんは。
たまちゃんデス。
まさちゃん、それこそ本当に説得力があり、素敵なことデス。
本当の強さデス。
応援してマス。西に来る時は連絡してね。
たまちゃんもパニック障害と発達障害と鬱で何度も何度も思ったことがありました。
これは自分が甘いだけなのでは?
過敏すぎるのでは?努力が足りない?
自分は欠落した人間だ、などなど。。
だけど、心底、心身ともに苦しみ、闘い、今に至るのは事実デス。
少しだけど昔よりマシにはなっています。
発達障害のほうは生まれつきなので治ることはありませんが、少しでも緩和出来ればと。。
まさちゃんの記事を読んでいて思いましたが、自分は発病16年でいつまた社会に出れるのかと毎日不安デスが
よく考えたら、16年のうちに、途中一時期働いていたことを忘れていました。
まさちゃん、みなさん、それぞれに自分の人生を大切に 自分を大切にしてくださいね(^ ^)
たまちゃんも、少しだけ自分を好きになれたかも?
自分が人の気配や音に過敏な分、人が静かにしていたいなって思っている気持ちとかは、くみとれると思うのデス。
逆に居酒屋とか騒いでいいところ?でも騒げない性格だからもっと解放したい時もあるのだけど(笑)
自分がパニックとかで外で困ることが多いからか、人が困っている時や緊急の場面に遭遇した時はすぐに動けるので、そこは良かったかな。。と思いましたです。
なんにせよまさちゃん、まさちゃんの記事を読み私もすっきりしたデス꒰⁎ᵉ̷͈ ॣ꒵ ॢᵉ̷͈⁎꒱
寒い夜は雑炊が食べたいデスなぁー
嗚呼、テイクアウトしに行きたかったたまちゃんでした。
みなさま、おやすみなさい。

たまちゃん、コメントありがとう。
僕の書き込みで勇気が湧いたなら嬉しいです。
いつになるか分からないけど、病気である事を何も無く、何の心配も、何の色眼鏡もなく、就職したり、できる日がいつか来ると思っています。
僕が頑張らないとね。
なんだようつ病なんて、風邪みたいなもんだ。
普通の奴らより、むしろ真面目に働くジャンって、なってほしいからね。
そして、健常者と同じ給料を払うようになってほしいのです。
それには、書きましたが、ガンガン働かないとね。
今日の仕込みも、気合入れて、作りました。
牛すじの煮込みです。
たまちゃんに食べさせたいけれど、西日本は遠すぎるよねぇ。
僕の小さな夢ですが、お店では食事はできないようにして、冷凍して全国に発送できないか?という物があります。
口コミで広がれば、大儲けできるしw 病んでる人も接客せずに済むからね。
店に来て、直接買いにくるのもOKにしよう とかね。
どうしたら冷凍できるのか? 発送の方法は? ネットで注文を受ける事はできるのか?
など問題は山積みですが、いずれにせよ、病んでる人のステップアップになればと。

長文になってしまて、話しがめちゃくちゃですが、そんな感じです。
応援してくれて、今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

この記事へのコメントは終了しました。

« 僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道66 お店の名前の事 | トップページ | ブブ彦日記 始めて着るもの、これでOK!? »