« 僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道71 牛すじ雑炊w一番のおすすめに | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道73 HP作り、難航 »

2014年12月29日 (月)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道72 辻口ヘアモドキ、想いでと共に

髪型を辻口博啓さんのようにしました。
現在の2大パティシエの一人、辻口博啓さんの髪型にずっと憧れてて、金髪の超短髪。
けれども前髪だけはつんと上を向いているのです。
普段はシェフ帽をかぶっているから見れないのだけど、とにかく店をやるのに長めの髪ではまずいだろうと、切る事にしたのです。

で、辻口博啓となるのですが・・・
美容室に行くと軽く驚かれました。
何年もロン毛で、龍馬もどきとか、絵描きだとか、新鋭の陶芸家とか、ポエマーとか、色々と話してきたので、この美容師さんと、これまでの髪型を懐かしみました。
さて、辻口博啓さんは、金髪なので、軽く見えるとの事。
僕がこの長さでやると、大変な事になるらしく、やや辻口博啓さんよりも、長くする事に。
こういうちょっとした選択肢や、アドバイス、軽いアレンジを加えてくれるので、この美容室は変えられません。
って、どこもそれらいはするのかなぁ?
浜崎あゆみを、可愛くした感じの美人さんだという事も、影響してないとは言い切れない・・・・
浮気者め。

つんつんヘアーは高校生時代以来なので、ちょっと心配でしたが、その当時よりもさらに短髪なので、何モヒカンだっけ?ソフトモヒカン?みたいな髪型になりました。

さて、お店をやっているとお客さんの名前を憶えないといけません。
僕は厨房にいるのが基本なので、積極的に覚える必要は無いのですが、母は全部覚えないといけません。
メモに特徴や話したこと、食べた物などを書いてますが、見分けが付かなのです。
みんな、梨産地のこの土地は、みな作業着という同じような恰好をしていて、みんな同じような車、軽トラに乗ってきて、みんな日焼けした、60代と、似たような顔に見えるのです。
っと言ったら大変失礼なのですが、厨房からは一瞬しか顔が見えないので、ほぼ覚えられません。
母は大変だと思います。
年齢が年齢なので、記憶は随分と衰えていると思うのですが、必死に覚えております。

そこで、気になった事をこお美容師さんに聞きまいした。
何かメモとか取っていて、お客さんが予約の時間が来る前に、パラパラとメモを読み返したりするんでしょ?と聞いたのです。
そしたら、なんと、見ないというのです。
そのお客さんが店のドアを開けて、顔を見た瞬間に、話した事の記憶が一気に蘇るそうです。
う~ん、それは持って生まれた才能だよなぁ。
で、店から出ると、全くすべて忘れてしまうそうです。

後は、店の外。
例えば、スーパーでお客さんを見つけた時。
お客さんはこのランクのスーパーに来ていると知られたくないだろうし、美容室で話す事は、その人の自慢話が多いでしょうから、私生活には触れないよに、隠れるそうです。
けっして話しかけないそうです。
そうだよなぁ。
都会だとそういう気を遣うよね。
因みに僕の店は田舎なので、○○さん!!って声をかけないと、かえって、アイツは無視しやがってとか、お高くとまってとかになるんで、それはそれで厄介で。
土地によって、接客も色々ですね。

今回の話は11月上旬?の話?なのですが、時間をすっ飛ばしてこの話を書いているのは12月28日です。
赤い髪にするのは1月3日。
あと5日です。
お客さんに受け入れてもらえるかなぁ・・・・
やや緊張、やや楽しみ、ややビビり
まだPちゃんには赤髪にする事を言ってません。
言うタイミングを逃してしまってます。
Pちゃんは保守的なので、絶対にやめとけ的な事を言うと思うのですが、今やらないでいつやるか。
もう時間がありません。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

« 僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道71 牛すじ雑炊w一番のおすすめに | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道73 HP作り、難航 »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

おはようデス。
たまちゃんデス。
まさちゃん、年内営業お疲れ様でした。
みなさんもお疲れ様デス。
Pちゃんも、意外といいじゃないか と言ってくれたら良いですね。
さて たまちゃんは数日前に救急搬送されましたm(__)m
胃の激痛と胃もたれ、高熱、嘔吐、悪寒、パニックでした。
今朝も胃のムカムカで5時に目覚めました。
点滴&注射に通うも胃のつらさと気持ちの不安がおさまらず
今もおかゆや飲み物を飲むこともまだ苦しいデス。
おかげで痩せましたがこれはダイエットとは違いますね。
そして病院も年末休みに入ったので、点滴するには当番医に行くしかないデス。
胃カメラの検査した病院や、いつものクリニックでも、何種類か胃薬を出されたんだけど
どれを飲んでもキリキリして吐きそうになるので合っていないんでしょうね(T . T)
苦しいデスm(__)m
明後日から数年ぶりに夫と遠出旅行で(一泊二日デス。秋に予約していた)
今からキャンセルしてもキャンセル料が数万円かかることもあり
いちかばちか、当日行ける方にかけてキャンセルはせずに今日まで来ました。
色々考え過ぎてしまうのが余計胃に来るのかと、、
しんどくても周りのことを先に考えてしまう
救急搬送された時も点滴が夜中までかかったので
つきそっている夫が寝不足になってしまうので先に帰さないと、とそればかり気になったり
旅行も、せっかく旅費を出してくれたのに申し訳ないとか
もし旅中に吐いたら周りの人に迷惑になるとか
夫が楽しめないかもとか
1番に心配するポイントがずれてる気がして来ましたm(__)m
まず自分の体調ありきなのに、心配し過ぎでそれで自分が余計しんどくなっても悪循環なのにね、、、
右往左往してマスm(__)m
点滴も、吐き気どめ、痛み止めなどはあまり効かず
鎮静剤が1番効いたのと
当直医も、痛過ぎてパニックになってるって言ってたので
過敏な自分が本当にいやになります。
私、そんなに女々しくないデス!と海ちゃんの名言をお借りしたいところなのデスが
実際超女々しいデス(T . T)
今日からたまちゃんをゴールデン‘ボンバー‘たまちゃん と呼んで下さい。
長々と書かせてもらいました。
今日空いてる当番医の医者はちょいと苦手なのデスが、、行って来ます。
皆さん、1年間ありがとうでした(*^^*)
たまちゃんでした。

たまちゃん、おはようございます。
大変な事になってましたね。
って、進行形ですね。
たまちゃんは、気遣いの人ですから、ついつい周りの人の事を考えてしまうのでしょう。
僕も今死にたくて、負けそうですが、なんとかします。

私、そんなに女々しくないです。 あれ言われるとショックとニヤリとするんですよね。

お互い頑張りましょう。
僕こそたまちゃんに元気をいっぱいもらいましたよ。
ありがとねぇ~
ではでは、まさ爺でした。

この記事へのコメントは終了しました。

« 僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道71 牛すじ雑炊w一番のおすすめに | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道73 HP作り、難航 »