« あぁ、食い道楽 いーちゃんの指摘とまさ爺の素顔 | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 二皿目 シャンピニヨンと栗の温製スープ »

2015年1月 4日 (日)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 一皿目 トロア・デギュスタシオン

Img_2910トシ・ヨロイヅカでの年始恒例の特別イベント。
スペシャルデザートライブに参加しています。
今回の参加者は、Pちゃん、T珍、親戚のいーちゃん、まさ爺の4人。
開始10分前にお店の前に行くと、一番だったらしく、スタッフが出てきました。
到着した順番から一番奥の席に入ると言っていたので、真ん中の席で鎧塚さんを独占したかった僕は、じゃぁ、ほかのお客さんで奥が埋まるで、待ちますと言って、一旦受けつけから離れたのですが、スタッフが融通を聞かせてくれて、真ん中の席をGET.
そりゃそうですよね。一番に来た人から良い席に座るというのは。
いつものように、赤ワインか?白ワインか?シャルドネか?葡萄ジュースか?をまず聞かれるのですが、今年はジュースはやめて、白ワンを。
白ワインを頼んだだけで、T珍といーちゃんに笑われる始末。
可笑しいでしょ?酒に弱い人が酒を頼んだだけで笑うってw

さて、鎧塚さんもシャルドネを注いで、年始の挨拶を。
そして、全員で乾杯。
最高な瞬間の一つですね。
それから一品目の説明を、エクアドルのカカオ農場から9月に届いたカカオから、一貫して調理をした世界で唯一のチョコレートだという事。
コンチング?チョコレートを滑らかにする行程で、いかに粒子を細かくするか?の競い合いが行われているなかで、鎧塚さんは、いかに手を加えないか?を選びました。
こういう人はいないでしょうね。

出来上がったチョコは3種類。
左から・・・・ あ、まず食べてもらいましょうね。と鎧塚さん。
つい力説してしまったようで。
目の前に置かれたチョコは、昨年2月のショコラ発表デザートライブの時と同じで、荒々しいチョコレートニブ?(カカオの欠片)が見えて、香りは赤ワインのよう。
コンチング?ロースト?の時間が左から5分、10分、15分だそうです。
やはり右に行くにしたがって、味がまろやかになっていく感じですが、普通の食べ慣れたチョコに近づくようで、ちょっとカカオがもったいないかなという印象。
一番左の荒々しいチョコレートが一番旨いです。
ショコラ発表の時もそうでしたが、ワインのような、ドライフルーツのような、バルサミコ酢のような、バラのような、イチゴのような、そんな味と香りです。
こういうチョコが食べれるなんて、貴重な時間を過ごさせてもらってます。
チョコが苦手はT珍は、ひと欠片の角を小さくかじっただけで、Pちゃんにあげてしまいました。
美味しい、他とは違うとは言ってましたが、やはり苦手なのは同じだそうで、食べきるのは無理だったようです。

いやぁ~一品目からこちらの度量を試すような展開に今後が期待できますね。

白ワインはチビチビ飲んでます。
並々注いであった物を半分まで飲んだのだとか、これは3杯目だとか言ってましたが、小さじ1杯くらいずつぢか飲んでません・・・(笑)
弱し!!

明日は2品目、シャンピニヨンと栗の温製スープです。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

« あぁ、食い道楽 いーちゃんの指摘とまさ爺の素顔 | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 二皿目 シャンピニヨンと栗の温製スープ »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。