« 僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道75 初のダンプ乱入でテンションアゲアゲ | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道77 強面の信頼 »

2015年1月23日 (金)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道76 白髪のプーさん

Pちゃんが言うには、近所にショップカード(名刺みたいなの)を持って、営業に行ったらどうだ?という物でした。
トモ子はそれを拒否。
まだ東京にいる頃(将志君まだお父さんの中)、T珍は営業の仕事をしたので、飛び込みで話をまとめる事に抵抗は無い。
だが、近所で頭を下げて、どれだけの人が来てくれるか分かりましない事がひっかかっているようだった。

結局を話してしまうと、トモ子は営業に近所を歩くことになるのだが、店から一番近い場所にある、トラックの配送業者さんに、飛び込みで入った。
事務の女性は、愛想が無く、そんなカードをすぐに捨てるわ的な態度だったと言う。

が、後日、そこの所長という人物がやってきた。
ショップカードを見てきてくれたようだ。
この人、背は高くないのだが、恰幅が良く、頭は真っ白。
中学の頃から真っ白だったようで、その点は苦労した様子と後日聴くことになる。

一見とても怖く、やくざのボスのような雰囲気なのだが、その会社から来た数名はこの白髪の男とワイワイやっている。
人望はあるようだ。

この日は姉のかずのすけがヘルプで入っていて、いつもの得意の冗談で割って入る。さすがである。
すると、この人物が、先日T珍が営業で回った一か所だった事が判明するのだが、とても笑顔が可愛く、愛嬌のある、熊のぷーさんを人間にしたような、あったかい人だという事が分かってきた。

かずのすけが手書きで看板を作り、それを打ち付ける場所を探していると言う話の流れになったのだが、なんと、初めて会った、かずのすけに、だったらうちの土地を使えと言ってきた。
意味が分からなかった。
いくらかずのすけの背客が上手くても、感じが良くても、しょせん初顔合わせである。
そこまで人を信用しますか。
これには参った。

そもれもこの先を左に曲がるだけで店に着く事ができる好立地。
頭が上がらない。
「所長には足向けてねむれないっす」
「という事はそれまで足向けて寝てたっす」と僕は言って厨房に戻った。

後日この看板を見て、お客さんがぽつぽつと増え始まるのだが、この時はそうのようになるかなど分かりもしなかった。

後日後日、分かっていくのだが、外見からは想像もつかないほど、絵心があり、かずのすけが描いた麦の絵を角度を変えたり、高さを変えたりしながらじっと見つめる姿が印象的だった。
看板の設置をOKしてくれたのも、物を描く大変さ、面白さなどに共感したからなのこかもしれない。
また、頭が切れるので、色々な仕事をしたが、すぐ昇給してしまって事務職になってしまうのが嫌で、職を転々としたようだ。
公務員にもなったことこからも、この人の能力の高さがわかるというものだが、2か月でやめたそうだ。
やはり現場、第一線が好きなようで、汗水流して働きたいという物が根底にあるようだ。

それでも結局は所長という肩書になり、人をまとめ、トラックには乗れずに、事務職ばかりやっている事が嫌なようだった。
おれがトラックに乗ると、もしもの事があったらどうするんだ?
連絡がすぐにとれない。 などと社長から怒られるそうだ。
当然である。
でも乗りたいようで、未練はあるようだった。

この所長が本当に面白い人で、電話が鳴れば「はい、便所コウロギ1号」と言って出たり、塩モツ定食毒入りで などというのは茶飯事。
かずのすけや僕も、毒大盛りでお待たせしました。といって持って行ったりするような間柄になれて、とても嬉しい。
人手不足で人の出はいりが激しいトラック業界。
しかしこの所長の会社は不景気など無いと断言していた。
忙しくて忙しくて、所長は3年ほど1日も休みを取ってないそうだ。

出はいりは激しくとも、所長の人柄にほれ込み、この人に‪ついて行こうと言う人は多いようで、確かに人を惹きつける何かを感じるのも確かだ。

話が戻ってしまうが、初対面の人に土地を貸すだろうか?
なかなかできるものではない。
只者ではないのだが、さすがに先日のまさ爺、紅頭にはたまげたようで、どうちしまったんだぁ~と言っていた。
かずのすけが即興で作ったイメージイラスト。
僕の顔写真に髪の色を所長と同じシルバーにした物を見せたら、銀髪に四角い眼鏡で、所長の息子のようになってしまいって、却下したんですと冗談をかました。

所長には、所長は僕の事を、厨房で黙々と仕事をする口下手な板さんというイメージだと思ってませんか?
そんなわけないじゃないですか。
この母、この姉の下で30年も毒を盛られているんですよ。
おかしくなりますって というと納得したようす。
納得するところではない(笑)

おお腹減ったよぉ、死にそうだよぉう。
何か食わせてくれよう と大声でのれんをくぐってくるのが日課になり、いまじゃ一番の常連さんだ。
かずのすけ所長が現れると「来たなぁ」と臨戦態勢を取るようになったりもする。
かずのすけの子供の碧咲季(みさき、読めねーよ)を男の子だと思い。
松五郎と勝手に名づけ、可愛がっていたら、女の子だという事が判明。
じゃぁという事で松と名前変更となった。
所長の指を握らせたままご飯を食べたりして、とてもとてもかわいがってくれて、人柄の良さもうかがえる。

驚いたのは、クリスマスの朝。
まだお昼には程遠い、朝の準備中の時間にやってきて、松にとケーキを持ってきてくれた。
もちろん社員には内緒の行動だった。
松が本当に可愛いらしい。
ではありがたく、僕が全て頂かせてもらいますというと、松に買って来たんだよぉと慌てる所長。
僕はこの人が大好きである。

まぁ、この人の若かかりしころの笑い話は若気の至りなのだが、本当に面白い話だった。
が、紙面の関係でここまでにしておくが、とにかく人って良いな。
人間っていいな。
会社員をやっていたら、社内の人間あるいは得意先の人間しか出会う事は無いわけで、客商売ならではの出会いの面白さを感じるような出来事だった。

あの人についてこう、僕ですらそう思ってしまう、雰囲気と人柄、もちろん能力。全てがそろった大人物である。

因みに、会計はいつも数人の社員を連れてくるのだが、所長のポケットマネーで支払われ、一度として領収書を書いた事がない。
つねに、所長のおごりである。
でっかい人というのはいるもんだんだぁ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

« 僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道75 初のダンプ乱入でテンションアゲアゲ | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道77 強面の信頼 »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

おはようデス。
3時半に目が覚めてしまいました。
たまちゃんデス。
ブログ読んでお店の光景が浮かんだよ。
今日に限って午前中に半年ぶりの健康診断デス。
行きたくないデス(T_T)
鬱の落とし穴にはまっているたまちゃんでしたm(__)m
みなさんお大事に。。

再度、おはようデス。
たまちゃんデス(T_T)
色々もやもや考えてしまい
雑炊のことだけ考えマス。
みなさんご自愛ください。
たまちゃんでした。

たまちゃん、こんばんは。
もうすぐおはようですかな。
お店の様子はHPでチェックしているだろうから、イメージは頭にはいっているよね。
この店が満席にないればなぁ。
なかなか難しいなぁ。
雑炊・・・・コラーゲンたっぷりで、この店をいずれ引っ張っていく事になる?ポテンシャルを持った1杯。
温まりますよぉ

マー坊おはよ~☺

素敵な社長さんの話でした。やっぱり人柄だよねぇ~付いていきたいと思う人の下で働きたい。そしていずれはそんな上の人間になりたい。そう思う。その為には色んな意味で大きくないといけないとおもうし柔軟でないとなれないと思う。ポチやオバタ(姪)が職場の人間関係に限界を感じてる様子を聞いててますますそう思う。
男が惚れる男には女も惚れるな❗
常連さんが付くという事はマー坊のお店も惚れられてる訳だよね(^^)ますます“おきばりやす”
昨日、久しぶりに行ったお店は店長が転勤になったのを追いかけて行った店で、ホント久しぶりだったので、初めは忘れてたみたいだったけど、会計の時に思い出してくれたので救われた(^^)客も覚えられてると嬉しいまのだ\(^-^)/お店の益々の繁盛を願ってます。

昨日はクリニックでした。落ち込みからの脱却が課題だね!って言われました。先生とはなしてて「夫婦には別に規則とかもないから落ち込んでも誰も得しないよ」とか言われ、何だか納得して帰ってきました。
でも体の疲れが取れません

たまちゃんも辛い日々のなかスケジュールをこなさないといけなくて大変だね(--;)私も話をするのはポチとドクターだけ。マー坊の話を聞いてて人付き合いも悪くないな!なんて思たってますが、まだまだハードルはたかいかな(^^)たまちゃん!ゆっくりいこうよ☺

マー坊!お務めごくろうさんでやんす

まさちゃん、Mちゃん、ありがとうデス(T_T)
数時間検査が終わりました。
異常なしで良かったデス。
今日は外科の検査でしたが胃の気持ち悪さとパニックでまずは2時間寝かせてもらいました。
その後外科へ
Mちゃん好みかはわからないけどMちゃんのフェチの外科医はとてもいい人デス。
ポチ様よりだいぶ?歳上デスが。
[胃の不調はストレスだね、パーフェクトな人間なんていないから大丈夫!][外で吐いても迷惑かけるとか思わなくていいよ!迷惑かけるのが人間だよ。誰でもそうだから気にしなくていいんだよ。]
と言ってくれて本当に泣けたデス。
内心、[○○医師よ、貴方は外科医だけどある意味精神科向きデス]などと思いながら無事に検査が終わりました。
久しぶりに人と会話したデス。
胃とパニックは相変わらずしんどいけど、ブログとコメントを楽しみにゆっくりあせらず雑炊のことを考えマス。
いつもありがとうデス。
まさちゃん、Mちゃん.みなさんもご自愛ください。
吐きそうなたまちゃんでした〜

まさちゃんフレブルメール送りました
時間のあるときにどうぞ

Mちゃん、返事が遅くなりました。
どういうわけだか、Mちゃんのコメントを見逃してました。
素敵な所長です(社長ではない)。
今日は、連れてきた部下が、かずのすけに「旨いです」と言ったら、所長は「そうかぁ?」とふんぞり返り(笑)
かずのすけは一番毒を吐く部下の方に、「ぶん殴っていいですか?何かハンマーのようなものがあると助かるのですが」というやりとりをしたそうです。
所長面白すぎw
帰りは、おつりは要らないよというので、「それやちゃだめですよ所長」と僕が言うと、これは松(かずのすけの娘のあだ名)にだよと言ってました。
言う事がキザですが、顔がぷーさんなので、あったかい感じになります。
最後は、松の手を取って、何度も何度も笑わせてました。
人間力があるっていうのかなぁ。
何かだ周りの人間も次々にいい方向に影響していくような力を持った方なんですよね。
この前は、店中に聞こえる声で、オーダー入ります。塩モツ煮込み2つとか言ってました。
厨房にいて、よく聞き取れず、すばやく返せなかったのは痛いですが、今度言われたら、全く違う物、味噌ラーメン2つに半チャーハン一つ、ありがとうございますぅ~って言うつもりです(笑)
そういう、ああ来たらこう返すみたいな、ショーもない事を考えている時間が面白いですよね(笑)

落ち込みからの脱却が課題ですかぁ。
夫婦には規則とかないかぁ。 そういう夫婦もいるよねぇ。
そうでありたい。そうあるべき。そうなりたい。
体の疲れは、何か旨い物、好きな物とかないんですか?
好き物ガッツリ食べて、大の字になって寝る。
風呂入るのも忘れちゃダメよん。
人付き合いなんて、好きな人とだけ話せばいいんですよ。
僕、最近やっとそれに気付きました。
嫌な奴とは会釈だけで十分です。
やっぱり楽しい人がいいじゃないですか。
わんこを飼ったら、いい方向に変われると思っているススメ派のマー坊です。


たまちゃん、こんばんは。
貴方は外科医だけどある意味精神科向きデスには笑ってしまいました。
それにしてもなぜ、雑炊にこだわるのでしょうか?
一番気になるメニューなのかな?
食べてみたいのかな?
雑念を捨て、雑炊の事を考えるたまちゃんが何だか、面白くてねぇえって、面白がっちゃだめですか。
嬉しい気持ちもありますよ。
そんなに、お店の事考えてくれてる人、全然いないですから。
いつかは冷凍して、全国にネット販売できたらいいなぁとか考えているのです。
マイペースに仕事ができるし、病んでる人も、お客さんと接する事なく(それがいいかは別ですが)仕事ができるからね。
どうしたらそれができるのかすら、分かってないですけどね。
吐きそうになったら、トイレに駆け込むんだよぉ~
って、洗面器隣に置いておけばいいか。

こんちくわ。
まさちゃん、雑炊は写真を見て美味しそうだったこと
看板メニューというのもあり、雑炊は胃に優しそうなので
1番食べてみたいのデス。
それに今真冬だからなおさらね。
外科医は精神科向きの素晴らしいアドバイスでした。
たまちゃんは胃痛や腹痛はまだ耐えられますが、嘔吐だけは怖くて仕方ないのデス。
おやすみ野菜
たまちゃんでした

たまちゃん、こんばんは。
雑炊は美味しいですよ。
コラーゲンと言う物は、摂取できないと言われているようですが、食べ続けると明らかに肌にハリが出てくるのがわかります。
T珍の動物実験の結果ですから確かです。
味は最高ですよ。
量が多いので、僕は完食できないのですが、
もちろんごはんの量は調節可なので、レディースサイズにするのも受けうつけますよ。
おやすみ野菜ジュース。
まさ爺でした。

この記事へのコメントは終了しました。

« 僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道75 初のダンプ乱入でテンションアゲアゲ | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道77 強面の信頼 »