« 僕とうつ病、闘病記 社会復帰への道88 限界の先、案外すぐ休むかも | トップページ | 僕とうつ病、闘病記 社会復帰への道89 ついに来た連絡、苦渋の断り »

2015年3月11日 (水)

今日のYouTube 風に立つライオン

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

今日お届けするのは、さだまさしの「風に立つライオン」という曲の動画。
ただ歌っているだけの歌なのですが、「今、生きていられる事を当たり前に思いたくない」的な歌詞が出るのですが、初めてそれを聞いた時はハッとしました。

最近、大沢たかおさん主演で、この歌が映画化されましたが、そちらはきっとダメでしょうね。
映画公開のタイミングでのUPなのだと思うでしょうが、違うのです。
最近、発覚した新事実。
まさ爺の名前は、さだまさし からもらったものだという事をT珍が言ったからです。
将来の将に志すという、いかにもカッコいい意味は、後付けだったのです(笑)
まぁ、いいかw

風に立つライオンへのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

« 僕とうつ病、闘病記 社会復帰への道88 限界の先、案外すぐ休むかも | トップページ | 僕とうつ病、闘病記 社会復帰への道89 ついに来た連絡、苦渋の断り »

今日のYouTube」カテゴリの記事

コメント

マー坊、お疲れ様。
今日も頑張れましたか?

「風に立つライオン」素晴らしかったです。オーケストラとのコラボも最高でした。
最近、映画化で話題になっていたのでゆっくり聞きたいと思っていたのでグットタイミングでした。ありがとう。
さだまさしはイイねぇ~トークは面白いし。チャンスがあればライブを見てみたいと思うアーティストです。ポチはさだまさしと言えば「北の国から」のアレしか知らなくて良さが解らんと言いますが素晴らしい作品が沢山ありますよね♪
さて、そのマサシさんが名前の由来だったと言うマー坊。素敵な人が由来で良かったですね。
名前の由来がある人に憧れます。親が好きな芸能人の名前を付けるとか親の字の一文字が入るとか何でもイイ。親に聞いて「こうしてつけたんだよ」って理由が欲しいんです。姉は母が好きな芸能人の名前を付けられました。私は「何となく」らしいです。悲しい現実です。
ポチの名前は名字に合った名前です。海を連想させる名字なのでポチの名前にはサンズイヘンが付き親の愛情をかんじます。因みに弟君は次男なのに一が付いててやはり、将来家や墓を守る運命になりました。
だから私は子供の名前をいっぱい考えたよ。前にも話たかもですが子ども達にもサンズイヘンの名前を考えた。男の子は洸希(こうき)女の子は凪沙(なぎさ)にしたかったです。
キューピー人形にも名前を付けてるよ。茜(あかね)疾風(はやて)疾風は山形新幹線開通の年に我が家に来たので鉄道好きのポチの影響でそう命名しました。因みにワンちゃんに付けるつもりだったリニアもリニアモーターカーからの命名です。玄関でワンワン吠えるおもちゃの犬にはポメラニアンなので「ポメちゃん」とそのまま呼んでます。
元々名前を付けるのが好きみたいで夫婦で共通の知り合いは密かにあだ名をつけて読んでます。
例えば、病院の受付のソバージュヘヤーの人の事は「ソバージュ」ポチが嫌いな上司の松○さんは「おそ松」病院でチビで威張ってる先生は「チビ太」アディダスの上着を羽織ってる看護士さんは「アディダス」など夫婦でしか解らない呼び方をしてます。
ちなみにポチの事も「おっちゃん」「○○ちゃん」(名前)など色々変わりますが最近は
「オトタマ」とあくびちゃんがハクション大魔王を呼ぶ時に使う言葉を使います。
しかし、出てくるアニメが「おそ松くん」だったり「ハクション大魔王」だったり古いですね(笑)

今日も疲れてるのにつまんないコメントでゴメンね

たまちゃん、Mちゃん、今晩は。
いつものように早朝の返信です。
炬燵で寝落ちしていて、寒くて起きるいつものパターンです。

たまちゃん、
体調の事は、T珍にはマメに言うようにしています。
今日は体が重いとかね。
でもまぁ僕の仕事量が変わったり早退できるとは限らないのですが。
たまちゃん、頑張りすぎでしょ。
ダメな自分を一度さらしてしまえば、あとは随分と楽になるのだけれどなぁ。


Mちゃん、、
やれる時って、簡単にできたりしません?
なぜこんな簡単なことができなかったのだろうなぁ。とか振り返って見たりしてね。
Mちゃんの名前は何となく・・・それもいいんじゃないですか?
沢山浮かんだ、どれも選び難い良い名前の中から、Mちゃんの顔を覗き込みながら、これにしましょうって、感じて、つけてくれた名前でしょうから。

この記事へのコメントは終了しました。

« 僕とうつ病、闘病記 社会復帰への道88 限界の先、案外すぐ休むかも | トップページ | 僕とうつ病、闘病記 社会復帰への道89 ついに来た連絡、苦渋の断り »