« 今日のYouTube BRYLCREEMのCM | トップページ | ブブ彦日記 庭の横綱、タッチダウン »

2015年4月 2日 (木)

僕とうつ病、闘病記 社会復帰への道97 かずのすけ卒業へ、いよいよの2人道

姉のかずのすけの産休も終わり、姪っ子甥っ子たちが春休みという事で、かずのすけはお店を卒業。
スペシャルアドバイザーであり、接客のプロであり、お店のコーディネーターでもあったかずのすけがいなくなるという事は、お店としては大変に痛いのですが、最初から僕とT珍だけの2人でやるという事だったので、これはただの甘えですね。

2人だけでお昼時の混雑を回せるか?が最大の不安要素ですが、なんとかなってます。
一気にお客さんが来てないし、まだまだお客さんの数自体が少ないからです。

これから忙しくなっていくとしたら、さらなるレベルアップをしないといけないでしょう。
お店がオープンしてもう5か月になりますが、未だにこうすればもっと楽とか、効率的とか、無駄が省けるとか、そういう事に気づく毎日であります。
やってるうちに、あぁ、ここ不便だなぁと思う事が始まりで、2人で話をすると、大概良い案が出るものです。

お店の売り上げはまだまだ低く、無給で働く毎日。
まぁ、僕の場合はお金目当てと言うよりは、どこまで出来るのかというリハビリのような物が大きいから、無給でもイイんですけどね。
無給は良いのですが、無休と言うのは、ちと辛い。
日曜一日だけの休みと言うのも厳しい物があって、先日の日曜も一日があっという間に終わり、疲れなんて取れないのです。
週休二日くらいは欲しいのですが、今はただでさえ黒字化してないのに、そんな事は言えないと言う状況です。

体力的、精神的、共にジリジリと追い込まれているなぁ。
頑張らねば。

カレー大好評です。
仕込み、仕上げ、どちらも非常に手間がかかるのですが、お客さんの「旨かった」「また来ます」を聞くと、頑張らねばと思います。

死なないように頑張ります。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

« 今日のYouTube BRYLCREEMのCM | トップページ | ブブ彦日記 庭の横綱、タッチダウン »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

マー坊、いつも優しいアドバイスありがとう。
ボチボチやっていきますね(^-^ゞ

今日は精神科。朝から行くのが憂鬱でいつもはシャワーを浴びてから出掛けるのにそれすら億劫で。体が重くて最近はドリンク剤を飲んで何とか動いてます。なのに…まさかの減薬。
考え方も悪い方にばかりいくし死にたい様な気持ちにもなると告げたのに減薬とはビックリでした。
何かを変えて良くなるなら!と減薬でも何でも試したい気分なので素直に従いました。不安もありますがコレで楽になるなら有りがたいものです。
誰かに何か話すと少し元気に?気分が変わります。いつまでも引きこもりはダメなのかなと反省をしつつ、でも焦らずにやっていこうと思います。

お店。かずのすけ姉さんが居なくなるのは痛手ですね。お姉ちゃんは本当に
良く頑張って下さいましたね。本来、産休は休まないといけないのに。お姉ちゃんに感謝ですね。
戦力がいなくなるマー坊も大変だけど、くれぐれも体を労りながらやって下さいね。なかなか簡単にはいかないだろうけど無理は禁物。ヤ!すでに無理はしてるか…
何とか突き進め!マー坊‼

Mちゃん、おはよぉ~
モーニングコーヒー(なんと無糖w)で、目を覚ましつつ、この返事を書いているよ。
減薬は良い方に行くかもね。
もう病気の症状で動けないのか、薬の副作用で動けないか、Mちゃん自身も分からないでしょ?
僕が自殺願望が強い時期に処方されたのは、とにかく自殺させない処方。
動けなくすると言ったらいいのか 死なれるよりはマシって感じなのかなぁ。
薬を減らしたら、体が軽くなったりしてね。
ただ、体が動くって事は、家事もできるかもしれないけれど、自殺する事だって出来ちゃうわけで、諸刃の剣かなぁ。
とりあえず、あの体の重さは副作用だったのか!!ってなるとイイね。

かずのすけには本当に感謝です。
半年間、無給ですからね。
お店が軌道に乗ったら、一番に何かしなければ。
何十万円分の仕事をしてもらいました。
かずのすけに限らず、たくさんの人に助けられているなと痛感する毎日です。
何とか突き進んで、赤い髪のカレー兄貴と呼ばれるように頑張るさ(笑)

さて、今日の話を書かないとね。
これから書きますぅ~

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日のYouTube BRYLCREEMのCM | トップページ | ブブ彦日記 庭の横綱、タッチダウン »