« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の28件の記事

2015年4月30日 (木)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道104 初めて仕事を休みました

先日のコメント欄でちょっと触れましたが、体調が悪くて仕事を休みました。
初めての事です。

この日になるまでも、毎朝身体が動かなくてね。
早めに起きて時間をかけて出勤しようと、6時に起きていたのだけど、3時間経とうと、4時間経とうと動けない。
思ったように動けない事が悔しくて「くそぉ~~~」って怒鳴りながらクッションをグーパンで殴ったりしたのですが、それで動けるなら苦労は無い。
天井を見る事しかできなくて、情けなかった。

もうこの時間に出ないと、仕込みが開店までに間に合わない時間になっても、準備すら出来てなくて、T珍(母)に電話して、臨時休業の張り紙を貼ってもらおうと思っていたら、T珍の方から電話がかかってきた。

「今日は無理」
ちょっとヒステリックに怒鳴る感じで言ってしまった・・・
T珍は、
「分かったよ」と静かに言って電話を切った。

仕事に行かなくて良くなったからと言って動けるようになるならばいいのですが、そこからまた自分を責めてしまいます。
血ヘドを吐くまでやるなんて言ったけど、僕の頑張りはこんなもんなのかと・・・
いやいや、休める環境にいるのなら無理はするべきじゃない って考え方もあるよね。
無理する限り良くはならないし、悪化していくリスクもある。
また苦しかった時代に戻ってしまう恐怖。
今後、どうしたらいいのか分からなくなってしまったよ。

僕が休んだこの日、T珍はいつものように先にお店に行って、仕込みをしていたのですが、それが無駄になってしまうという事で、「一人でやっているので、お時間がかかるかもしれません」という内容だったかな?
それを店の入り口に貼って一人で回したそうです。
この日は、お客さんがポツポツきて、料理を出したら次のお客さんが来るという感じだったので、一人で出来たそうです。
ただ、一人じゃこなせる人数に限界があるし、あの店は待たされるという事が広まれば、お昼休みに来てくれるお客さんも減るでしょう。
いずれにしても、売り上げが落ち、赤字になる。
ゆくゆくは、お店を閉店させる事になる。
それはT珍も同じ考えだったらしく、これからどうしたらいいのか、話し合いをしました。

日曜祭日が定休日なのですが、日曜月曜と休みにする。
連休よりも週の真ん中水曜あたりに休むという案も。
でも僕は、2日休んだから3日目に動けるかというと、そういう保障は無い。と言いました。
午後の仕込みだけでも出てこれないか?という質問も出たけれど、朝動けるならば、そのまま一日動ける。
逆に何時までに出てきてという事になると、それがプレッシャーになるとも伝えました。

1週間なのか?1ヶ月なのか?体を休める事に集中してみたら、また働けるようになるのかなぁ。
サポートセンターに電話して、バイトさんを雇おうという話にもなったんだけど、こちらはどうなるか分かりません。

お店を取るか、自分の体調を取るか、考えるほどに追い込まれる。
あまり考えないようにして、体調を整えたいと思います。
社会復帰の難しさを今更痛感するこの頃です。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年4月29日 (水)

今日のYouTube オレンジ

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

今日、お届けするのは、スペイン短編映画の オレンジ という作品です。
非常に短くて、2人芝居なのですが、シェフのクドい性格のオチがシュールです。
すぐ終わるので、是非見てみてください。

スペイン短編映画 オレンジ へのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2015年4月28日 (火)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道103 4月の病院と異常な精神状態

4月の病院に行ってきました。
最近、体調が悪くて、朝3時間くらい天井を見てるかなぁ。
起き上がれないんだよね。
あまり先生とは話をしませんでした。
ただただ朝起きられるように薬を変えてほしいという事だけを伝えておしまい。
3分くらいの診察だった。

毎朝、首を吊りたい衝動に駆られるけど、こういう時の為に、紐状の物は置いておかないようにしてある。
あったら、本当に危ないかも。
ドアノブ、じ~~~っと見てるもんな。

夜になると、YouTubeで、飛行機墜落事故現場の遺体の写真だったり、首を吊っている遺体の写真だったり、集団リンチの末、生きたまま焼かれた遺体の写真だったり、そんなのばかり見てる自分がいます。
こんな動画は見た事が無かったのですが、心がマヒしているんでしょうね。
自分が死んだら、その遺体がどうなるのか?、死ぬと人はどうなるのか? そんな憧れに近い気持ちの延長上から、何時間もそういう動画を見て回ったりしています。
異常だよね・・・
亡くなっている人の写真を見ても、怖かったり、気持ち悪かったりしないんです。
どちらかと言うと、そっちの世界に行きたいと思ってしまう。
自分でも異常だと思う。

悪い波が来ているだけなんだろけど、今回は深い所まで落ちてるなぁ。
薬が効いてるのかね。
とりあえず、こういう動画は見ないようにします。
意識して“死”から自分を遠ざけないと!!

久々に「また死なないように頑張ります。」と言って、本日の報告は終わりにします。
ご心配なく。

2015年4月27日 (月)

ダイエット奮闘記(プチ) こっそりと継続中、諦めませんよぉ

最近ダイエット奮闘記の更新が止まっていますが、ダイエットはこっそり継続中なのです。
甘い物の過食に走ってしまって、75㎏までリバウンドしたのですが、今は73㎏くらいです。
はぁ、なかなか落ちないですねぇ。
なるべくコンビニに立ち寄らないようにしたいのですが、お店から自宅までの道には、ローソン、セブンイレブン、ミニップとコンビニばかりがあります。
ついついどれかのコンビニにハンドルを切ってしまって、吸い込まれるよう。
新作のスイーツ、菓子パンは無いかとチェックは欠かせません。
病気ですな(笑)
なんとか60㎏台まで落としたいとは思っているんですけどねぇ。
お腹周りのお肉がタップタプで、Tシャツになると妊婦のようです。
はぁ、頑張らねば!!
o(T□T)o

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年4月26日 (日)

ブブ彦日記 甘い物処理班、綺麗にしといたよ

20150426仕事から帰ってきたら、ごみ箱が荒らされている。
ブブ彦さんしか犯人はいません。

 ・アップルパイのパイが落ちた物(僕が上手く食べられないw)
 ・丸ごとバナナのホイップクリーム
 ・BIGぷっちんプリンのカラメルソース

これらが綺麗になってビニールだけ、容器だけになっている。
どうやら器用に舐め取ったようです。
ごみの散らかった場所の中心でブブ彦さんは寝ていました。

現行犯じゃないので、今怒っても、ブブ彦はなんで怒られているか理解できません。
だから怒れない。
そして、僕がいる時にやってはまずいという事は分かっているという確信犯。

ごみ箱を空にするか、高い場所にごみ箱を移動させるしかありません。
朝、バタバタしていると、つい忘れてしまうのです。
そもそも、甘い物なんて食べてるからいけないのですが・・・

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年4月25日 (土)

僕とうつ病、闘病記 社会復帰への道103 反響が大きかった!?噂の本を取り寄せてみた

「うつ病、闘病記 社会復帰への道の第100回」の話に出てきた本を取り寄せる事にしました。
この本とは、先日、うつ病を完全に克服したTさんと話をした際に、紹介された本です。

本のタイトルは
「ドクター・オボの自信が湧いてくる心理学 : 自分を好きになれば人生は楽しい」です。
第三文明社という所から出していたそうです。

Tさんが読んでくれたのは、プロローグ。
その冒頭から、感心したのを覚えています。
ただ、情報がばぁ~と入ってきたので、頭の中がいっぱいになってしまい、作者も本のタイトルも聞き取れなかったのです。

Tさんとの間に入って、コンタクトを取ってくれたOさんにメールをして、Tさんから、本の情報を聞いてみたのです。

返事はすぐに帰ってきて、作者とタイトルが分かったのですが、本屋に取り寄せの電話をしてみたら、絶版になっていると言うのです。
Tさんは電子書籍で読んでいたのですが、電子版は劣化しないし、何年経っても在庫が切れる事が無いですからね、パソコンなどで読むしかないかなぁと思ったのですが、ネットで調べたら中古の本が1冊だけある事が判明。
値段も安く260円くらい。
送料が99%で、本自体の値段は1円でした。
安すぎるでしょw。

1週間以内に届くようです。
本を読むのはとても疲れるので、読破するのにとても時間がかかるかもしれません。
発想を変えるような事が書かれているでしょうから、マイナス思考の僕にはとてもイイきっかけになってくれる事でしょう。
どんな事が書かれているか、読んだら紹介しますね。

体調は凄く悪いのですが、仕事は何とか行っています。
家にいる時は、グータラしてますが、仕事中は真面目モードですよ。

ゴールデンウィークが近いですね。
祝日うれし~

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年4月24日 (金)

シネマごしっぷ hideちゃんに会いに、江戸に上ろう

20150424

hideちゃんのドキュメンタリー映画が公開されると、いーちゃんからLINEでメッセージが届いた。
(いーちゃんとは親戚の子で、前にちょこっとデザートライブの時に話に出てきた女の子である。
現在大学生。)

一緒に行ってあげるから、東京に出ておいでよ と言う。
行ってあげると上から目線だ(笑)
社交的な子なので、見習わないといけない。
誘ってくれて嬉しい。
僕を引っ張り出そうとしてくれてるの?
東京に出ていくと言うのはかなりのエネルギーがいるけど、こういう事が無い限り行かないもんね。
感謝せねば。

いーちゃんの子供の頃に、hideちゃんは亡くなっている。
尾崎豊の時の僕みたいな感じかなぁ。
物心ついた時には、すでに亡くなっていて、後なって残された音楽を聴いて、その人の大きさを知ったような感じになるのかもしれない。
良し、いーちゃんにhideちゃんを知ってもらう良い機会だ。
ついでにお江戸の様子を見に行こう。
リハビリだ。

さて、映画を作っているという話は耳にしていたが、どんな物になるのか分からない。
生前のhideちゃんと親交があった人たちへのインタビューを集めて、hideちゃんがどういう人物だったのかを浮き彫りにしていくみたいです。
どんな人だったかが分かって来た所で、LIVEの映像を流して終了って展開になるのかな?
今まで聴いてきたhideちゃんの音楽が、きっと別の輝きを放つようになることでしょう。
楽しみになってきた。

インディーズ映画のように、小さな映画館での上映になるようです。
そりゃそうだよね。
シネコンで流れる訳ないもんね。
一度そういう小さな劇場に行ってみたかったので、これまた楽しみ。

映画公開は、ひと月後の2015年5月23日。
赤い髪の人が沢山来るのかもしれないね。
hideちゃんに会いに行く。
古い友人に会いに行くような感じ。
いーちゃんに紹介するよな感じ。
仲良くなってくれるといいんだけどなぁ。
観に行ったら、感想書きますね。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年4月23日 (木)

僕とうつ病、闘病記 社会復帰への道102 呪文も効かず下降線

体調があまりよくありません。
うつ病を克服したTさんからアドバイスを頂いた時はとても調子が良かったのですが、ジョジョに悪い方に落ちてしまって、、、
特に朝が起きられず、仕事になかなか行けないのです。

別に仕事が嫌ではないのですが、どういう訳だか身体が動かなくなってしまう。
8時半には家を出ないといけないのですが、出勤1時間前に起きると、間に合わない。
6時に起きて、早め早めにゆっくりでもいいから少しずつ準備してみようかと思ったのですが、それでも動けない。
結局、天井を見る事数時間。
9時半ごろやっと体が動くようになり、社長出勤。
仕込みはT珍(母)任せ。
T珍の負担が増えるのは目に見えていて、疲れているのが分かる。

これではいけないと、前日にできる事は全てやってから帰るようになりました。
これでT珍の負担は減るし、僕が朝遅れて出勤してきても、仕込みが間に合います。

どういう事なのかなぁ。
薬が効いてないのかな?
効いているけれども、それで、この調子なのかな?
ちょっと死にたくて、ドアノブを見ながら、ベルトどこにしまったっけ、紐は無かったっけ?とか考えてしまい。
ちょっとやってみようかなとかまで考えてしまって、、、
なんとかその衝動だけはまずいという事も何とか考えられたので良かったのですが、結構危ないなぁ。
悪い波が来ているだけなら良いのだけれども。

Tさんから教えてもらった、魔法の呪文も5回唱えるのがやっとで、毎日1,000回言うなんて無理だよなぁと実感。
やはりある程度回復してきている人にしか、あの呪文は効かないのかもしれないですね。

近々病院に行くので、もっと強い薬にしてもらおうかなと思ってます。

後ね、薬の副作用だと思うのだけど、物が上手く飲み込めません。
水やカフェオーレなどは飲みこめる。
ご飯も飲み込める。
でも唾液が呑み込めない。
舌の根元、喉の辺りの感覚が鈍くなっていて、ごっくんと出来ない。
一旦、舌先の方に持って行って、「せーの」と勢いをつけてやり直さないと呑み込めなくて、結構困ってます。
前に、これも薬の副作用ですが、ろれつが回らない事があったので、同じような事なんだと思います。

病院に行ったら、先生といろいろ話をしてみますね。
報告お待ちください。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年4月22日 (水)

今日のYouTbue が~まるちょばのパントマイムパフォーマンス

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

今日、お届けするのは、が~まるちょばのパントマイムです。
が~まるちょば。 一度は見た事があるかもしれませんね。
ビシっとスーツを着込み、モヒカン頭の2人組のパフォーマーです。

今回はアメリカ?のTVに出演した時の映像。
司会者が、トークで笑いを取っているけれど、なんで笑っているのか、僕の英語レベルでは理解不能であります。

が、が~まるちょばが登場してからは、僕も笑いっぱなし。
言葉は話さないので、スキャットのような、無国籍語を話します。
笑いは世界共通なのでしょうね。
言葉が無くても、会場は大うけ。
僕も笑ってしまいました。

が~まるちょばのパントマイムパフォーマンス へのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2015年4月21日 (火)

僕とうつ病、闘病記 社会復帰への道101 卒業、かずのすけ

2015j0421かずのすけ(姉)が、やらいでかを卒業しました。
思い返せば、料理の試作の段階から、色々と参考になる物を取り寄せてくれたり、食べ歩きをしてきた評判店の様子や、料理のアドバイス。
店の看板作り、接客の仕方、掃除の仕方までと、何から何まで助けてもらいっぱなしだった。
特に看板は、生まれたばかりの姪っ子の夜泣きで睡眠時間が取れないのにもかかわらず、お店に毎日足を運んで作業してくれて本当に感謝です。
かずのすけがいなかったら、今のお店は無いですし、お店の評判も悪くなっていたでしょう。
しかも、お給料は無し。
儲けが出たならば、一番にお金を渡したいと思っていても、まだまだお店は軌道に乗ってなく、一切渡せなかった。
申し訳ない。
そんなかずのすけに、せめてものお礼をしようという事で、サプライズで花束をプレゼント。
かずのすけは涙を流して喜んでくれて、最高の卒業式になりました。
これからは、T珍と僕の2人でやっていくしかないわけですが、この最終日の売り上げが、これまでで最高になり、ほぼ満席。
これならお店も大丈夫、と安心して卒業してくれそう。


それから1週間が経ち、いつものお店。
仕込みをしていたら、花屋さんがやってきた。
この前、かずのすけにサプライズ花束の件で、お金をちゃんと払ってなかったかな?と思ったら、でっかいアレンジが到着。
ビックリです。
どうやらかずのすけが、仕返しのサプライズを仕掛けたらしいです。
この日はやらいでかのオープンから半年の日だったのです。
そんな事はすっかり忘れていたので、この時になって初めて気づくT珍&まさ爺。
T珍は、半年間の事やら僕の病気の事など、記憶が甦って来たようで、泣いてんのw
お店オープンしてお客さん来てるのに、涙が止まらなくて大変でしたぁ。
写真は、届いたアレンジ。
かなりデカい。
高かっただろうなぁ。
みんなが応援してくれている。
分かっていたけれども、あらためてその気持ちを思い出しました。
がんばらねば!!

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年4月20日 (月)

ブブ彦日記 ペットの牛乳(シニア用)を買ってみた

20150420「ペットの牛乳」なる物を買ってみた。
ブブ彦はお爺ちゃんなので、シニア用です。
1パック飲ませてみたけれど、旨いらしく、一気飲み。
明日、お腹を壊してなければいいのだけれども。

2015年4月19日 (日)

独り図書館 村上春樹、初読に至らぬが、今更ちょっと近づいてみた

村上春樹の本は読んだ事が無いのだけれど、どうにも良い噂を聞かないのです。
小難しい、難解。
そんな感想ばかり聞くのです。

村上春樹の新刊が出るたびに、ニュースで取り上げられ、ノーベル文学賞を今度こそ取れるのでは?と期待の声が上がります。
何がそんなに凄いのか?
他の作家の名前は出てこないのに、この人だけ何故という感じ。
村上春樹の新刊が出るたびに、読んだ?って風潮になり、読まないといけないような空気に日本が包まれます。
それがファッションの延長上にあるようで、何か違和感が。
まぁ、人の評価を鵜吞みにしないで、自分の目で代表作を何冊か読めばいいのですが、なかなか出来ない、気が進まないのです。

さて、本好きの友人から、村上春樹にメールで質問をして、村上春樹本人が解答をしてくれるというサイト「村上さんのところ」が期間限定で公開されていると言う話になったので、見てみる事にしました。

もう質問の受けつけは終了しているのですが、どうやら三万の質問が届いたそう。
メール全てに村上春樹が目を通し、どんなに遅くなってしまっても、全員に返信を書くそうです。
その質問も、つまらない物から、恋愛相談まで多岐にわたるのですが、真面目に、時にユーモアを交えて回答しています。
なかなな常識的で、好感度アップ。
この人のイメージが変わりましたね。

あと顔写真を始めてみたのですが、想像していた顔と全然違っていてビックリw
もっとお爺ちゃん、司馬遼太郎の同類を思っていたので、これまた驚き。
作家の顔と言うと司馬遼太郎を、まず想像するのはやめにしよう・・・(笑)

時間が出来たら「ノルウェイの森」辺りから読んでみたいなぁ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年4月18日 (土)

T珍(母)の衝撃(笑劇)の一言

おはようございます。
頭が回らないです。
ので、何を書いたらいいのか浮かびません。
ネタ切れじゃぁ!?
いえいえ、頭が回らないだけであります。w

夜に帰ってきたら何か書くかもしれません。
すみません。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。


---< 19:00 追記 >---
T珍が、レジで会計中のお客さんに、衝撃の一言。
「お小遣い くれますか?」(笑)
会計中の男性(20代)は唖然!!
60代のオバちゃんが、ヒモのようにお小遣いをせがむとは!(笑)

どうやら、
「小銭ありますか?」
と言いたかったらしい。

どんどんひどくなるなぁ、T珍w

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年4月17日 (金)

すぅ~っとジョジョに、心憎い新入り

あぜ道通信を見に来てくれる人はご存知ですが、僕は炬燵で寝落ちばかりしています。
電気はつけっぱなし。
消すには炬燵から出て、電気のスイッチを切りに行き、真っ暗な部屋の中、ブブ彦を踏まずに炬燵に帰還しなくてはなりません。
というとあれですが、ただ意識がいつの間にか切れていて、寝ているだけの事であります。
そこで!!
電気をリモコンで消せる物に変更。
蛍光管からLEDになり、部屋も明るくなりました。
タイマーも30分と60分があって、それを押しておけば、寝落ちしてしまっても勝手に電気が消える仕組みです。
便利!!
明るい!!
何より炬燵から出なくても電気が消せると言うのはかなり便利で、ものぐさ爺さんには最高。
また心憎いのは、プチっと電気が消えるのではなくて、すぅ~っとジョジョに暗くなる。
おやすみ~って言ってくれてんのか?
何だかこれがいいんだよねぇ~
っと書いていたら、また眠くなってきました。
スリープタイマー押しておきます。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。
LEDって明るいのね。

2015年4月16日 (木)

ブブ彦日記 鼻ペチャ犬、現る、かなり久しぶりのドッグランにて

20150416この前の日曜日。
仕事も無い。
ブブ彦も僕も病院が無い。
体調も良い。
天気も良い。
という事で、やっとブブ彦を連れてドッグランに‎行く事にしました。

場所は近所なのですが、最近までその存在を知らなかった場所。
道からドッグランが見えて、ワンコが走り回っているのを車から見たので、ずっと行きたかったのです。

ブブ彦は・・・というかフレンチブルドッグの性格ですが、温厚で誰とでも良く遊びます。
非常に社交的と言うか、サービス精神を持った犬種なので、犬同士の喧嘩の心配はありません。

到着したドッグランはログハウス調のカフェも併設されています。
簡単な書類を記入して、注意事項に目を通します。
まぁ、書かれている事は、ワンコが喧嘩して怪我しても、ワンコが柵を乗り越えて逃走、車にひかれる等の事があっても、全て自己責任ですよぉ~って事ですね。当然です。

カフェには、ボストンテリアのジョン君が来ていて、と書くと知り合いのようですが、初対面です(笑)
名前はランで後で聞いたのです。
不細工系がいてくれて良かった。
まだまだ若いジョン君ですが、終始ブブ彦を追いかけてくれたので、お爺ちゃんワンコのブブ彦にはとてもいい運動になりました。
あんなに走るブブ彦を見るのは7~8年ぶりでしょう。
ランにくるのがそのくらいですから。

2時間くらいブブ彦を遊ばせてから、カフェでチーズケーキとソフトクリームのセットとコーヒーを注文。
ワンコメニューが無い事と、ランが無料だという事で、非常に安く済みました。
オーナー欲が無いと言うか、純粋に犬が好きなんだろうねぇ。
また行きたいと思います。

写真は、持ち上げられてどうする事も出来なくなったのに、ふてぶてしい顔のジョン君。
フレブルに似てますが、細くて足が長いボストンテリアという犬種です。

GWにもう一度行ってみたいなぁ。
珍しいワンコに出会えると、嬉しいなぁ。

2015年4月15日 (水)

今日のYouTube The new Audi R8 V10 CM

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

今日お届けするのは、自動車メーカー、アウディのCMです。
車にほとんど興味のない僕ですら、このCMには、カッコよさが伝わりました。

車のCMなのに、1cmも車が走ってないというのが異色です。
あとは車の顔、正面からのアングルが全く無いのも異色です。
日本車のCMだと、芸能人を使って、車内が広々とか、楽々乗り降りできるとか、燃費がいいとかをアピールして、最後に車の顔を映してCM終了というのが当たり前になってますよね。

このアウディのCMは、加速と減速のエンジン音を聞かせるだけ なのです。
「音だけで分かるよな? 伝わってくるよな?」 と言わんばかり。
音楽も、セリフも、何も無く、ワンカット長回しの編集無し。

車に疎い僕なので、どれくらいいい音なのかは分かりませんが、すご~く加速が良さそう。
車に詳しい人は、良い音だと分かるみたいです。
日本人にはこういうセンスあるCMは作れないんだろうなぁ。

The new Audi R8 V10 CM へのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2015年4月12日 (日)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰への道100 鬱病の最底辺から抜けだし、幸せを手に入れた人の話

----< 2015.04.12 02時 >---
皆さん待っているかもしれない!? 病気が治るかもしれない話。
やっと書いてます。
とだけ書いて、終わりです。
明日の朝までに書き終えて、更新しますね。
0時台に見に来ている人が結構いるので、この文を読んで、お待ちくださいね。


---< 2015.04.12 10時半 >---
追記です。
長くなるので、ちょくちょく文章を足していきます。
書く書くと言いながら数日が過ぎてしまいました。
前回のうつ病闘病記「社会復帰への道」で軽く触れましたが、ある人物に会って話を聞き、うつ病克服のヒント・・・いや、答えかもしれないアドバイスを受けたのです。
1時間くらい話を聞いたのですが、もう話が終わった時点ですぐに効果が表れ始め、ここ数日は絶好調。
もちろんすぐに鬱病が治るわけはないので、たまたま体調がいいだけなのですが、僕の今後の方向性を決定づけました。
ただ、非常に衝撃的だったので、混乱している部分もあり、上手く書く自信がありません。
なので、話したことをそのまま覚えてる限り書きたいと思います。
長文になりそうですが、病気で苦しんでいる人には、とてもいいヒントになると思います。
休み休み、少しずつ噛み砕きながら読んでください。
では書きます。

事の始まりは、ショップカードを作りに、看板屋さんに行った事です。
この看板屋さん(Oさんとします)とは、お店の駐車場にある大看板や、店内の「やらいでかとは」が描かれたボードを、お店オープン前に製作してもらった時からのお付き合い。
このOさんは哲学的な人で、色々な良い話を聞く事ができ、とても助けになった経緯があります。
僕は、この人ならばと、僕の持病の事を話してあったのです。
その事を真剣に受け止めてくれて、心配してくれていたのでしょう。
Oさんがある提案をしてくれたのです。
今度ある人に会ってみませんか?という事でした。
その人も鬱病に苦しみ、そして今は社会復帰を果たし、再発も無く、むしろ発病前よりも元気に過ごしているそうです。
そして、自分の実践してきた鬱病克服法を、同じ病気の人達に会いに行き、手助けの話をボランティアでしている人らしいのです。
僕はちょっと怖かったのですが、ここは勇気をもって会うべきだと思い、その人にコンタクトを取ってほしいとOさんに伝えました。
つづく。


---< 2015.04.12 11時  >---
追記です。
それから数日。
看板屋さんからメールがあり、会う日が決まりました。
場所は、僕のお店。
当日になり、お店はランチが終わった時点で閉店。
Oさんと、話をしてくれる人(Tさんとします)、僕と、T珍(母)の4人でテーブルを囲んで話を聞きます。
最初の印象でまず驚いたのは、この人が鬱病だったなどと、信じられないという事。
明るく、エネルギーに満ち溢れていて、笑顔笑顔。
人を楽しませるというようなサービス精神のようなものも少し感じられます。
僕は前半は話の聞き役に徹しようと思いました。
辛かった、苦しかった、などという事は同じ病気ですから、120%理解しているでしょうからね。
愚痴をこぼす場ではないですよね。
そんな話はしたくもないし、Tさんも聞きたくないでしょう。
それよりも、今後どうするべきかを聞きたいわけです。
貴重な時間を割いてきてくれたわけなので、濃密な話し合いにしたいですからね。
Tさんはテーブルの上に小さな電子辞書を置きました。
Tさん、電子辞書って言ってましたが、あれは電子書籍リーダーでは?
とにかく、ある本が入っているようです。
Tさんは、東京のカウンセリングに2か月に1度のペースで通ったそうです。
その先生の本が、電子辞書に入っているという事でした。
本を出すくらいですから、大御所なのかもしれませんね。
大御所だから良い先生とは限らないでしょうが、この先生は良い先生のようです。
投薬治療だけを受けてきた僕は、カウンセリングという物を知りません。
話を聞くだけで変われたら苦労はしない。物理的に薬で変えていくしかないというような偏った考え方を持っていましたから。
Tさんが今回の話をするにあたっての説明を始めます。
「僕が話すよりもこの本の文章を読んだ方が、早く、確実で、間違いがないでしょうから、この本を今から読みます。 本のプロローグ、前書きを読みます。 長い文章ですから、楽にして聞いてください」
つづく


---< 2015.04.12 18時 >---
遅くなりました。
追記です。

Tさんが、本のプロローグを読み始めます。
###########
あなたは、自分の人生を楽しんでますか?
あなたは、自分の好きなように生きてますか?
自分の事を自分で決めていますか?
自分の事ですから、当然自分で決めている。
そう思う方がほとんどでしょう。
しかし、あなたは周りの人の目で動いています。

日本人には、興味深いデータがあって、どんな物でもシェアが50%を超えた所から飛躍的に普及が始まるという事があります。
これは世界的に見ても日本人だけです。
高度経済成長の時のテレビ、洗濯器など、生活が豊かになったから普及したとも言えますが、隣の家はついにテレビを買った。
ご近所のほとんどの家がテレビを持っている。
持っていないのは自分の家だけだ。それは恥ずかしい。
こういう心理はありませんか?
現在の日本でも、こういう考え方は根強く残っています。
子供がDSを欲しがるのも、誰ちゃんは持っているのに、自分は無いから欲しい。
子供の頃からそうなのです。
そしてDSを買ってやる親も、他の子と同じように持たせてやらないと。と思うのです。
自分という物をしっかりもっていれば、誰が何を持とうが気にならないはずなのです。
人と同じでないといけない。
人と同じレベルでないといけない。
自分だけが違っている事は、いけない事だ。恥ずかしい事だ。
そういう心理で、日本人は動いているのです。

違った例を言います。
あなたの自分の子供が担任の先生に、「君は勉強ができないから大嫌いだ」と言われたらどう思いますか?
どんな子にも平等に接する事が教師として当然。
こんな先生はいけない。
そう思うでしょう。
しかし、あなたの中にも、この教師がいるのです。
勉強ができる子(発病する前の何でもできた頃の自分)は好き。
勉強ができない子(病気になって人より劣ってしまった自分)は嫌い。
そう考えてませんか?
この先生と同じ事をあなたはしているのです。

自分の意思で生きているように見えて、あなたは周りの評価で生きているのです。
自分という物をしっかりと持っていれば、このような事にはならないでしょう。

ではどうすればいいのでしょうか?
自分を好きになる事です。
しかしナルシストと、自分を好きになるという事は、全く違うのです。
###########
つづく


---< 2015.04.12 20時半 >---
追記です。
##########
人気絶頂のアイドルがいます。
この子は誰からも好かれ、みんな自分を評価してくれる。
だから自分が好き。
これはナルシストです。
自分を好きになるという事は、この子が落ち目になり芸能界から消えても、あるいは病気になって寝たきりになったとしても、自分を好きだ。と思える事を言います。
周りからどう思われようとも、自分という物をしっかりと持ち、好きでいてやる。
これが、この本のテーマであり、この本の結末です。
##########

まぁ、自分を好きになると言うのは非常に難しい事ですよね。
Tさんも昔から自分が大嫌いで嫌いだったと言います。
僕もそうです。
今は好きになるというより、許すと言うか、まぁ、過去は変えられないし、受け入れてやっていくしかないかなぁ くらいですね。
好きでも嫌いでもない辺りです。
Tさんが言うには、好きという所まで、将志君も行けると断言します。
最後の例の自分を好きになると言うのは、難しくても、自分と言う物をしっかり持てば、自分は劣っている、劣等感、罪悪感は無くなるという事は、なんとなく分かるでしょうか?
Tさんは、電子書籍を読み終え、自分がどうやって変わっていったかの自分の場合の話を始めます。
何をしたのか? どうやったのか?
基本的な考え方から、実践編へ話は移っていきます。
つづく


---< 2015.04.12 21時45分 >---
追記です。
ここからコミカルな話になるのですが、Tさんはどういう事して、鬱病を克服したかの話になっていきます。
Tさんが「将志君のお腹の中辺りに、2~3歳児の自分がいる」と言うのです。
僕は幼稚という事?
「それに気付いてますか?」とTさん。
どうやら幼稚に見えるという事ではないのです。
この(将志君の中の将志君、ややこしいのでチビマー君とします)チビマー君に、話しかけてやる事が、鬱病克服の方法だと言います。
僕は先週、初めて出勤できそうもないとT珍に言った事がありましたね。
あの時、後から遅れてなんとかお店の開店時間までには行くからとT珍に伝え、自室で動かないからだに鞭を打つような言葉を叫んでました。
立ち上がれ、一歩足を動かせ、歩け、着替えろ、やれ、やるんだと叫び声で何とか動こうとしていたのですが、それが間違いだとTさん。
「お腹の中のチビマー君には、まず「ごめんね」と謝る事。
自分の中の病気に苦しんでいる自分に謝る。この発想は無かった。
叱咤し、ケツを叩き、動こうとしていた事は、お腹の中のチビマー君を苛めている、泣かせているだけだとTさん。
自分に謝り、許す事。
仕事に行けなくてもいいんです。
頑張らないでいいんです。
病気なのに働こうとしている事が、いかに凄い事か気づいていますか?とTさん。
でも、家庭がある人ならば、出勤できなくて良いわけないのです。
仕事以外でも、人付き合いなどはあるわけで、何もしなくていいというわけにはいきませんよね。
まずお腹の中の小さい自分を愛してやる その次にどうするか?
話は盛り上がっていきます。
つづく


---< 2015.04.12 22時15分 >---
追記です。
自分に無理をさせて動こうとせずに、自分に謝った後の話です。
とにかく安心させてやる事だとTさん。
「大丈夫、大丈夫、大丈夫」
と一日千回も言うそうですが、口に出して安心させる言葉を言うと良いようです。
自分を必要としてくれてる人達を思いながら
「感謝、感謝、感謝」でも良いですし。
「問題無し、問題なし、問題なし」でも良さそうです。
Tさんが言っていた言葉は忘れてしまい、大丈夫しか出てこなかったのですが、安心させる系、受け止めてやる系の言葉ならOKでしょう。
それを朝起きて動けなそうだったら、布団の中で良いので、声をかけてあげる。
2~3週間も続けていくと、自分に変化が表れ始めるそうです。
数回言葉にするくらいじゃダメなようですね。
既に自己嫌悪の自分の根深い考えに暗示をかけていく。
刷り込みみたいな物かなぁ。
少しずつ変わって来るそうです。

Tさんの今の精神状態の話も出てきました。
チビTさんの存在を意識して生活するようになったそうです。
今ある大人の自分は、被り物で、体を動かし、喋らせ、考えているのは、2~3歳のチビTさんだと言うのです。
子供が被り物に指示を出し、行動しているような感覚があるそうです。
そして、チビ○○ちゃんは、誰の中にも存在し、病気の人以外の健康な人の中にもいて、そこに向かって話しかける事。
子供が被り物を操っているわけですから、世間体を気にしたり、自己嫌悪なんて無いわけですよね。
嘘や、虚勢も無く、純粋で無垢な考えで生活する。
対人でもそうです。
相手の中の子供に向かって話をすることで、難しい話は省かれて本音をスッと口にする。
子供は悩みなんてないですから、笑顔になったりします。
楽観的になっていきます。
おどけてみたり、冗談を言ったり、着飾らない背伸びしない自分で生きていくわけです。
すると周りの目が気にならなくなるし、実際に周りが変わってくるそうです。
こちらが構えないので、相手も心を開いてくれるし、コミュニケーションが円滑になっていくそうです。
自分も楽ですしね。

更にチビT君の指示で動くTさんは、色々と変化が。
つづく


---< 2015.04.13 0時半 >---
日付が変わってしまいましたが、構わず追記です。
チビT君の指示で物事を見聞きするTさんは、何もかもが可笑しくてしょうがないそうです。
今回話をしていて、後半のチビT君の話辺りから、場も和んできて、Tさんの笑う様子が増えました。
それも腹を抱えて笑うような感じで、ゲラゲラ笑うのです。
小さい頃は近所でも有名な面白い事を言う子だったらしく、その時代に戻っているのかもしれません。
Tさんママに、Tの子供の頃のようだと言われたそうです。
幼くなれという事じゃないのでしょう。
難し事や悩み事など、取っ払ってしまって、楽しく生きた方が良い。
そうする事で周りが自分を見る目が変わり、どんどん環境が好転していくという事をTさんは言いたいのでしょうね。

聞き役に徹していた僕もそろそろ自分の話をしだします。
11年?12年?くらい鬱病ですが、自分で行き着いた考えがあります。
辛い時こそユーモアを持って自分を見る事。
同じ時間を生きるなら、楽しんだもん勝ちだという事。
これはTさんに会う前から思っていた事で、あぜ道通信でも度々僕はユーモアで乗り切りましょう的な事を書いてきました。
あぜ道の読者が皆鬱病じゃないし、別の病気の人もいますが、どの病気も辛いと思います。
このユーモアには、共感します。実践してみますとコメントが書かれた事が無かったので、どん底にいる人はそこまで考えられないのでしょう。
僕はTさんと会う前から仕事ができるまで回復してきているので、こういう考えに自力で行きついたのですが、共感してくれる人がいなかったので、僕みたいな人はいないのかもなぁと思ったりもしました。
が、Tさんの話は僕の出した答えと、似ている事もあって、無理して180度考え方、生活を変える必要は無く、このままの方向性で良いのだと言う強い後押しになりました。
Tさんも僕の話を聞き、その域まで来ているならば、あと少しです。
きっと大丈夫でしょうと、安心してくれました。

まぁ、元々面白い子だったTさんのような下地があればイイのですが、僕なりの大人しかった2~3歳児があるので、Tさんのように明るくはなれないのかもしれません。
ただ、全てTさんのマネをする必要は無く、僕なりの治り方があるはずです。

あとは薬の話にもなりました。
「大丈夫、大丈夫、大丈夫」の魔法の言葉を毎日千回言ってきたTさんは、ジョジョに体調が改善し、俺、薬要らなくね? と思うようになったそうです。
朝は相変わらず辛いので、前の晩の薬は飲むようにして、それ以外の時間の薬をやめてみるなど、少しずつ薬を減らしていったそうです。
僕も断薬実験はしてきましたが、ちょっと時期が早かったですね。
ちょっと焦ってしまったかな。
やっぱり薬は必要という事になってます。
が、今後は減らせるような気がします。
ダメそうだったら、元のように薬をまた飲めばいいんですとTさん。
Tさんは今、薬を全く飲んでいないそうです。
そこまで自分も行けるのかは分かりません。
あと数か月様子を見て、薬を減らす実験をしてみようかと思います。
もうこれだけ長く闘病していると、また悪い波が来ることは分かっているので、落ちてきていても焦りません。
悪くなる事があれば、良い日もいずれ来る事が分かるからです。
動けなかったら、毎日呪文。
自分の中のチビ○○ちゃんを、労わってあげる事。
心が落ち着いてきたら、薬を減らしていく事。
あとはどんな状況も悲観せず、受け入れ、笑ってしまえばいい。
そんな感じでしょうか。

上手く皆さんに伝わったでしょうか?
まだ半信半疑な人もいるでしょう。
僕もそうかもしれません。
毎日千回呪文をいう事も出来ないでしょう。
でも僕にとってはとてもいい話、いいアドバイスを頂いたと思います。
Tさんが今はとても幸せですと、真顔に戻って言っていた事がとても印象に残っています。
つづく


---< 2015.04.13 01時 >---
最後の追記です。
看板屋さんのOさんとの出会いから、Tさんにも会えたわけですが、Oさんが面白い事を言ってました。
僕とT珍が、看板屋を探している時、T珍がOさんのお店にしようと提案したのです。
Oさんの看板屋さんの看板(ややこしいですか?w)に目が留まり、翌日にOさんのお店のドアを開ける事になるのですが、Oさんが看板を出したのは、前日だというのです。
つまり、看板を出したその日にT珍が看板を見て、この店にしたという事になります。
看板が目に入らなかったり、看板を出す日が遅れたり、違う道で帰っていたら、他の看板屋さんに行っていたかもしれません。

また、鬱病を克服したTさんは、今回会って話をする前に、僕のお店に一度来た事があり、T珍と話をしている事。
後になって、あなたでしたかとなったわけです。
もちろん、Oさんから僕の店を紹介されたり、下見に行ったわけじゃなく、Tさんの職場で、評判になっている店があるからと行ってみたという事でした。
すでに出会っていたわけですね。
不思議な縁という物はあるものですね。

Tさんは、その後体調はどうですか?的な電話やメールはしないそうです。
僕の重荷になるからです。
なので、連絡先も教えずに帰っていきました。
話を聞いた人達から、Tさんに連絡が来て、近況を知る事を気長に待つそうです。
今回、Tさんと僕との間に立って話を進めてくれたOさんを通して、間接的に僕の今後を伝えてもらうような形になりそうです。

僕が2日続けて、朝動けない事がありましたが、その翌日にOさん、Tさんと会う事になり、T珍はバタバタしていたので、菓子折りの一つも用意できなかったと謝っていました。
僕もそんな余裕は無くて、同じく考えに至らなかったのです。
せめてものお礼にと、牛すじの煮込みと、塩モツ煮込みを持って帰ってもらったのですが、本当に申し訳なかったです。
今後僕が鬱病を克服したという報告をする事があるならば、それが最大のお礼になるのかもしれません。


大変長文になってしまいましたし、追記で更新という方法になった事で、皆さんに手間をかけさせてしまいましたね。
これで今回の話は終わりです。
分かりやすく書こうとはしたのですが、ほぼ全て省けない話だったので、そのまま書く事にしました。
ほんと御免なさい。
読んでくれた人に少しでもプラスになってくれると良いですね。
今回の話を数日間トップに表示したままにして、多くの人に読んでもらいたいと思います。
少しの間、あぜ道通信の更新はストップしますね。

長文乱文、大変失礼しました。
今後も、うつ病、闘病記は続きます。
こんな奴もいるのかと、ちょっと面白がってくれたら嬉しいです。
ではでは、ほんとにここで終わりです。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。
また死なないように頑張ります。

2015年4月11日 (土)

液体歯磨き、間違ったぁ~ 激ミス

マウスウォッシュって言うんですか?
口の中の雑菌?虫歯菌?をやっつけ、口臭も予防してくれる、液体の事を言いたいのだけれども・・・
リステリンとか、モンダミンとかいう商品のCMを見た事があると思います。
それが無くなったので、新しい物を買いに行ったのですが、使っていた商品が売ってないない。
同じような形のボトルに、同じお口ケア関連のコーナーに置いてある商品を買ってみたのです。

帰宅して愕然。
これは液体歯磨きだと言うのです。
ようするに歯磨き粉のように、歯ブラシにつけて歯を磨く物だったのです。
口臭予防はしてくれません。
しかもボトル2本で買ってるし・・・(笑)
これ一人で使い切るの半年くらいかかんじゃないの?w
良く商品の説明を読まないで買ってしまった自分が悪いんだけれどもさぁ。

マウスウォッシュは切れたまま。
使い方も分からない大量の歯磨き液が2本。
どうすんのさw

大体、液体だったら歯ブラシにどうやって乗せる?染み込ませる?
垂れちゃわないかい?
液体を先に口に入れて、そこに歯ブラシを突っ込んで、ゴシゴシやるのかなぁ。
使い方を後で読み返してみます。

良く商品の説明を読む習慣をつけないとね。
この2本が無くなるのはいつになるやらw
ドジだよなぁ僕。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年4月10日 (金)

泡の色はピンク、血の色への髪

炬燵で寝てしまっていたようです。
起きたらパソコン画面に00:00の文字が。
ラッキーお昼ジャストぉ~!!
この前の7777のお釣りのように、何かピシっピシっと決まってきてますな。
何もラッキーな事はまだ起きてませんが。
今後も起きないでしょう(笑)
さて、ラッキーと喜んでいたら頭が回ってきて、現状把握。
ブログ書いてないじゃん!!
急いで書きますが、僕は筆が遅い。
でも焦らない。
昼間のお昼頃にUPするような事が最近多いので30分くらいの遅れなど、気にしない気にしない。

さてさて本題。今日の話。
もう真っ赤な髪の色にして3か月になるわけですが、色落ちが結構激しいです。
毎日のシャンプーでは、ピンクの泡が沢山出ます。
可能な限り濡らさない。
濡らすならば、出来るだけその時間を短くする。すぐ乾かす。
こればかり気にしています。
最初の月はどれくらいのスピードで落ちて行くのかが分からず、結構濡らしてしまっていたのですが、濡らす時間は随分と短くなっていきました。
それでも落ちて行くのはどうしようもなく、カラーリンスという物をネットで購入。
真っ赤な色をしていて、リンスをしている時に赤色を染み込ませてしまおうという物です。
説明書きには、10分から15分つけてくださいと言うのですが、色落ちが止まりません。
と言うか、かなり高い商品なのに、まったく染まってない!?。
すると試してみたくなってきました。
1時間漬けっぱなしにしたら、赤が戻るのではないか?
早速、髪の毛に真っ赤なカラーリンスを付け、そのまま仏に生活。
横になれないので、パソコンいじりです。
1時間が経ち、洗い流すと、ちょっと赤くなったかも。
ちょっときれいな赤色から、血の色のような暗めの赤になってしまったけれども、色落ちして、白っぽくなっている赤よりはましです。
それは恥ずかしい事です。
オシャレさんを気取って赤にしたけれども、マメに美容室行ってないですと公言しているようなものだからです。
やるなら最後まできちんとしなさいという事。
人目に付く仕事でもありますし、真っ赤でありたい。(笑)
毎日1時間漬けていたら、さすがにまずいので、1週間に1回くらいの頻度で試してみたいと思います。
だってスゲー高額商品なんですよ。
量少ないし。
田舎じゃ売ってないし、真っ赤にする人なんていないんでしょうなぁ。
需要が無いので高くてもしょうがないかなぁ。
赤い髪も苦労が絶えないぜ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年4月 9日 (木)

僕とうつ病、闘病記 社会復帰への道99 来てしまった限界、仕事休ませてと懇願

2日前の話。
朝起きたら体が動かない、立てない。
T珍に、今日は本当に無理かも・・・ と言って、初めて仕事を休ませてくれと言いました。
2人で回すしかないので、1人ダメになったら、営業できないという状態。
今日はお店を開けないように、臨時休業に・・・
それが出来ないのです。
今日に限って予約が入っているのです。
後にな分かったのですが、定年退職の男性の送別会だったのです。
それを僕たちの店で開こうとしてくれたという気持ちを裏切れません。

いつもなら8時半に家を出るのですが、9時になっても動けない。
動け!! 立て!! 歩け!! できる!! やれる!! やれ!!
部屋で大声出して自分を叱咤します。
それでもダメで、10時過ぎに先に店に行くと言って出て行ったT珍から電話が。
11時の開店時間までにはなんとか行くから、やれる所まで仕込みをしておいてほしいとお願いする。

10時50分にお店に到着。
ゆっくりしか着替える事が出来ない。
でもやらないと。

厨房に入るとほぼ、仕込みが終わっていました。
T珍、一人に背負わせてしまった。
60過ぎの母親に全部やらせてしまった罪悪感。
せめて、営業時間中はできるだけ動こう。

お店を開けたら、常連さんばかりが来店してくれて、来てよかったとしみじみ感じました。
そして、送別会の花束を渡すお客さんを見て、本当に今日店を開けて良かったと思いました。

動けない日が今後出るかもしれないので、それが心配。
またうつ病になったばかりの、職場が怖い、体が動かない、という事になってしまうのか、心配です。
もっと無理はできるはず。
やるしかありません。
死にたくはならなかったのが救いだけれども、自分が情けなくてね。

そして昨日、やはり朝動けない。
この日も開店直前までお店に行けなくて、仕込みは全てT珍任せ。
T珍は朝食も食べずにお店に行って、かなりハードな仕事をあさイチから2日連続でやらせてしまい、またもや情けなくて自己嫌悪。
60過ぎの母親に限界突破の仕事量を与えてしまい、僕は戦力にすらなれない。
こういう事を2日続けてしまったので、T珍も口には出さないですが、かなり疲れ切っている様子。
このままでは共倒れです。

今後、どうやって仕事をしていくのか?
身体が動けるようにという処方の薬が効かないのか?
より強い薬に替えてもらうのか?
毎日、働くことができるのか?
どこまでできるのか?

不安ばかりです。
もっともっと頑張らないと!!

次回、闘病記のミニカテゴリの「社会復帰への道」も、ついに!?100回(こんなに長編になるとは・・・)、ぴったり100回という回数になったのは偶然ですが、復帰への道と僕の心が、ある人物によって急展開します。
僕、治るかも!

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年4月 8日 (水)

今日のYouTube ラップで機内アナウンス

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

今日、お届けするのは、飛行機の機内アナウンスの動画です。
飛行機に乗った事がある人は分かると思うのですが、飛行機が飛び立つ前に、CAさんが、乗員客に機内での、注意事項を簡単に説明するのですが・・・・
この飛行機は、なんと、ラップでそれをやってしまおうという物です。

乗客たちも、手拍子足拍子でリズムをとり(とらされw)、機内は大盛り上がり。
アメリカは、やはりエンターテインメントの国なんだよなぁ。

ラップで機内アナウンス へのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2015年4月 7日 (火)

出た!、来た、揃った。 ラッキーデー到来!?

20150407昨日は、体調が悪くて、一日身体を引きずるような感覚。
早上がりさせてもらいました。

甘い物が食べたくて、ローソンでおやつの買い物。
いつものように2000円分の甘味を買いレジへ。

結構な歳のおじさん店員の、レジでの商品さばきが遅くて遅くて、ちょっと遅いなぁこの人、愛想の良くないし、隣にいる女の子の袋詰めがレジ待ちで、困ってるじゃん
って感じだったのですが、この遅いおじさんが一言。
「7777円のお返しです。 777のおつりは結構あるのですが、4つ揃う事は、まずないです。」とニッコリ。
女の子もニコニコして、笑顔でおめでとうって言ってくれてるようで。
この3人で、ほんわかした時間が流れました。

今日はラッキーデーか?と思ったけれども、今日、もう終わりだし。
家帰るだけだし。
って感じでした。

このレシートは、しばらく捨てられそうもないなぁ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年4月 6日 (月)

デジ物コバナシ 思い切った壁紙に替えてみた、(ちょっとエッチ)

Spring_detailパソコンの壁紙を変えてみました。
写真のイラストがそう。

天野喜孝さんという、知る人ぞ知る人物の物なのです。
細い線と独特の色使い、そして切れ長の目。
小学生時代からこの人のイラストが好きでして、定期的に新作?のイラストをチェックしてました。

沢山のイラストがネットで検索すると見れますが、この一枚に決めました。
決め手は、やはり色使い。
かなり派手ですよね。
真っ白なパソコンなので、この絵が映えます。

裸の少女達が描かれていて、ちょっとエロいけど、ジミー大西ちゃんの描く絵もこういう感じだよね。

天野喜孝さんはどういう作品を作る人なの?と興味がある人は、リンクをクリックしてみてください。
 作品へのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年4月 5日 (日)

僕とうつ病、闘病記 社会復帰への道98 ショップカード、リニューアルのワクワク

お店のショップカードと言う物をレジ脇に置いて、自由に持って帰れるようにしています。
ショップカードって言葉自体知らなかったのですが、お店の名前、電番号、地図や定休日などが書かれた名刺サイズの、紙のカードですね。

それを皆さん、持って行って宣伝してって言わなくても持って行ってくれてます。
何も言わずに持って行くという事は、誰かにこの店の事を話すのでしょう。
口コミ、一つゲット~って感じで嬉しくなりますね。

そのショップカードが残り少なくなってきたので、広告印刷屋さんに、200枚刷ってもらう事になりました。

ただ、同じ物を作ってもらうのではなくて、裏面のお店への地図を大幅リニューアルしました。
僕が早上がりでお店を後にして、一人、広告屋さんと、意見を言いながら、マックの画面を見ながら、チクチクと作ってもらった地図は、かなり見やすくなっていて、良い物が出来たと言う手ごたえがあります。
早く配りたいけど、まだ昔のカードが少し残っているので、それがなくなるまで、あとちょっと待たないといけないのです。

あぁ、あの地図はかなりいい出来だぞ。
早くお客さんに見てもらいたい。
遠くから来る人が増えるだろうなぁ。
お店のホームページへの検索方法も載っていて、そちらを見る人も増えるでしょう。
ホームページの更新、しっかりやらないと!!

ちょっとカードの手直しを言っただけのミニ仕事だったけど、なかなかの充実感で、結構体調が良いなぁという感覚が。
またすぐに落ちるだろうけど、今はまだ大丈夫。

甘~いグリコのマイルドカフェオーレを飲みながら、この日を振り返る深夜3時の書き込みでした。

また死なないように頑張ります。

2015年4月 4日 (土)

あぁ、食い道楽 日本酒の旨い店へ、いざ

20150404飲みに出かけてました。
ただいま帰宅し、早速ブログ更新であります。
まだ酔ってますがね。

写真は、今日の一杯「至」。
いたり と読みます。
佐渡の酒だそうです。

定期的にお酒が変わるので、このお店に行くのが楽しみとなっています。

至は香りがスッとしていて、やや辛め。
後味すっきりで、僕好み。

料理も美味しく、ホタルイカの辛子味噌和えは、美味しかったなぁ。

飲んだのは、ほんのちょっとですが、あっという間に酔ってしまって、途中1時間くらい酒を飲みませんでした。
脈が速くなってしまって、危険信号が出ていたのでね。

でも楽しいお酒は良いですね。
外に出る事も大切だし、人と交わるという事も大切。
リハビリだというと味気なくなっちゃうけれども、そういう意味合いもあります。

まぁ、日本酒がおいしいお店なので、数か月に一度参加しているというだけなのですが。

因みに、同世代は全くおらず、親たちの友人たちに囲まれての参加。
完全に聞き役に回るしかないなぁw

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年4月 3日 (金)

ブブ彦日記 庭の横綱、タッチダウン

20150403_2ブブ彦の散歩に朝夕行くわけですが、犬って何回も何回も、おしっこしますよね。
マーキングってやつです。

それに付き合うのが面倒で、まず玄関を出たら、庭で8割くらいのおしっこを出させてしまうのが恒例となってます。
そうすると、マーキングが少なくて、スムーズに散歩が進みます。
歩く距離も減るから僕のものぐさなのだけれども。

それでですね、庭でおしっこをするわけですが、草や電柱などには、片足を上げて、オスの仕方をするのですが、庭でするときは建っている物が無いからか、メスの両足を地面につけたまま腰を低くするやり方に何故かなるのです。
まぁ、去勢してオカマのブブ彦ですからイイんですが、面白いのは、チンの先が地面についてしまっている事。
砂利が敷き詰めてあるのですが、その小石に届いてしまって、一見するとおしっこが出てないのでは?と言うほどのタッチダウン。
この姿が、相撲取りの横綱、日馬富士に似ているので、横綱と呼びたくなります(笑)

帰宅したときに、チンの先を念入りにふいてやってます。
気持ち悪くないのかねぇ地面に着いたまま用をたすって。

石田ゆり子さんの飼っていた、チョコレート色のラブらドール、花ちゃんが、1年前の4月1日に星になっていた事を、ゆり子さん、一年かけて告白してくれました。
12歳でした。
辛かったんでしょうね。
中々整理がつかなかっただろうし、言い出しにくかったんでしょうね。
フレンチブルドッグの有名犬ミルコも亡くなってしまったし、寂しいなぁ。

横綱、オカマでもいい、長生きしてねぇ

2015年4月 2日 (木)

僕とうつ病、闘病記 社会復帰への道97 かずのすけ卒業へ、いよいよの2人道

姉のかずのすけの産休も終わり、姪っ子甥っ子たちが春休みという事で、かずのすけはお店を卒業。
スペシャルアドバイザーであり、接客のプロであり、お店のコーディネーターでもあったかずのすけがいなくなるという事は、お店としては大変に痛いのですが、最初から僕とT珍だけの2人でやるという事だったので、これはただの甘えですね。

2人だけでお昼時の混雑を回せるか?が最大の不安要素ですが、なんとかなってます。
一気にお客さんが来てないし、まだまだお客さんの数自体が少ないからです。

これから忙しくなっていくとしたら、さらなるレベルアップをしないといけないでしょう。
お店がオープンしてもう5か月になりますが、未だにこうすればもっと楽とか、効率的とか、無駄が省けるとか、そういう事に気づく毎日であります。
やってるうちに、あぁ、ここ不便だなぁと思う事が始まりで、2人で話をすると、大概良い案が出るものです。

お店の売り上げはまだまだ低く、無給で働く毎日。
まぁ、僕の場合はお金目当てと言うよりは、どこまで出来るのかというリハビリのような物が大きいから、無給でもイイんですけどね。
無給は良いのですが、無休と言うのは、ちと辛い。
日曜一日だけの休みと言うのも厳しい物があって、先日の日曜も一日があっという間に終わり、疲れなんて取れないのです。
週休二日くらいは欲しいのですが、今はただでさえ黒字化してないのに、そんな事は言えないと言う状況です。

体力的、精神的、共にジリジリと追い込まれているなぁ。
頑張らねば。

カレー大好評です。
仕込み、仕上げ、どちらも非常に手間がかかるのですが、お客さんの「旨かった」「また来ます」を聞くと、頑張らねばと思います。

死なないように頑張ります。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年4月 1日 (水)

今日のYouTube BRYLCREEMのCM

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

今日お届けするのは、BRYLCREEMのCMです。
BRYLCREEMとは、イギリスの整髪料の商品名です。

CMはほぼ、商品とは関係ない内容ですが、ピタゴラスイッチの人間版のようで、面白いです。
どこまでが、実物でどこがCGなのか見分けがつかないけれどね。

BRYLCREEMのCM へのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »