« イラストと作曲、どちらも中途半端、根拠無き自信、 | トップページ | 今日の話がまだなのを、今になって気付きました »

2015年12月18日 (金)

僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い18 仕事という恐怖、まずい兆候

早朝6時にメールが鳴ると、それはもう、スマホを手に取るまでもなく大体の事は分かってしまいます。
「姪っ子、甥っ子が体調を崩したから、僕に仕事に出てほしい」
っという内容です。
ほぼ ね。


すぐに目を通しますが、いつも困ります。
今日の、今の、この、状態で仕事に行けるのか?という事です。
姪っ子、甥っ子達が、苦しんでいるのだから、カズノスケ(姉)に仕事はいいから、病院に連れていってあげてと言ってやりたい。
でもそれが言えない。


僕の病状と、姪甥の体調を天秤にかけて、どっちが辛いだろうか?とかそういう事じゃないのですよね。
もう無条件で僕に任せておけと言えたら、それが一番良いはず。
でも言えないのです。
冷たい叔父だと思います。


後、良くない兆候なのですが、仕事が怖くなってきています。
誰も僕を怒りませんし、喧嘩になるわけでも、責められるわけでもありません。
むしろ、仕事に出ると、良く来たねぇ~と喜ばれます。
でもそんな職場が怖い。
怖いなんて生ぬるい物じゃないですね。
恐れ、恐怖、自責、涙、思考の混乱、などがやってきて、疲れ切ってしまいます。


料理人を辞めたのも、SEを辞めたのも、仕事が怖くなったからと言う事が出来るでしょう。
今になってみても、あの頃、何に恐怖していたのか、未だに分かりません。
家族経営の店なのに、恐怖を感じるという事は、もう働ける環境など、何処にも無いという事になる。
なんとしても、今の会社で働かせてもらうべきなのですが、それも無理そうです。


今後の事、楽しみな事、も沢山あるのですが、やはりこの病気の恐ろしい所ですよね。
結局全ての事を考えると、死ぬしかない という所に行きつくのです。


死ねたら楽になれるのにな・・・・
ダメだよね、こんなんじゃ・・・・
もっと強くならないと!

今日もあぜ道通信に来てくれて、ありがとう。

« イラストと作曲、どちらも中途半端、根拠無き自信、 | トップページ | 今日の話がまだなのを、今になって気付きました »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

まさサン、おはようございます。

私も同じです。
今の仕事が怖いです。
今の職場が怖いです。

転職活動するエネルギーもなく、ドン詰まりの毎日。
涙はでないけど、ため息ばかり出ます。

マー坊、こんにちは。

病気を抱えながらお仕事をされてる方は
本当に本当に死にもの狂いで戦われてる事でしょう。
私など家に居て家事が出来ないと言ってるその比では
ないと思います。

確かに死んだら全てから開放されて楽になる気持ちにはなりますが
じぁどうぞ!なんて言えないな…
気持ちは凄く解るし同じ様に考えてしまうけど
“うつ病”は休息したら少し楽になるって解ってきたから。
勿論、働いてる人には「それが出来ないから悩むんじゃい‼」って
叱られそうですが、自分が一番楽でいれる休息方が見つかったら
いいんですけどねぇ~…

マー坊は現に社会復帰をしたわけだからそれは凄い事なんだよね!
でもやっぱり色々あるからまた調子が悪くなって
私の愛するダーリンT Drなら
「そんなん想定内の事やん!」と一言でバッサリです。
家族の皆さんも一番近くでマー坊を見ている訳だから
辛いのは解ると思うし、思いきって暫くお店から
身を引くのも手段かもしれません。
お運びのお手伝いをしてくれる人を探して
厨房はお母様に任せて。
お母様に任せるのは年齢の事もあるし忍びないのは
よく解りますが、こんな例えは良くないけど
マー坊にもしもの事があったら?
例えば入院とかでも…
“仕事”なんて“自分”が居なくても何とかなるものなんです。
ま!家族経営だけに、色々考えるのは解るけどね。
今は、自分の事を考えて休息する方がいいよ
でないと6時のメールだけでもストレスになってしまうからね。
丸投げで悪いけど「僕はもう仕事に行けない」って宣言して
後は他の人に考えて貰おうよ!

JJさんも苦しんでるんだね。
確かに転職したいけど動けないとか解る気がします。
要は何にもしたくないし出来ないんだもんね。
そんな気持ちで毎日過ごしているJJさんの事を想うと
同じように辛くなります。
仕事を辞めると収入が途絶えるし生活するのも大変だもんね
前にコメントで実家に帰ろうかとも書いてらしたけど
それも一つの方法かもしれないね。
実家なら取り合えず寝る所と食べ物は何とかなるから
取り合えず身を寄せさせてもらって
次の事はその時に考える!って手もありだよね

私は自分が“お仕事”をしてないから
何だかんだ生ぬるい意見に聞こえたら許して下さい。
ただ、本当にマー坊にもJJさんにも少しでも楽になってもらいたくて…

JJさん、こんばんは。
仕事が怖いとあったので、僕だけじゃなかったのかと、奇妙な連帯感があります。
何が怖いのか分かりませんよね。
転職はエネルギーを使いますし、給料が下がります。
新しい職場になったとしても、恐怖が消える保証もありません。
JJさんのご両親に、病気の理解があるといいのですが・・・・


M姉さん、こんばんは。
「そんなん想定内の事やん!」に、たまげました(笑)
処変われば医者も変わるですなぁ~
僕は社会復帰したといえるのかなぁ~?って思います。
1年間でダメになってしまっているし。
また昔にもどってしまったような気がしますし・・・
頭が悲鳴をあげているのかなぁ

えっ.頑張ろうよ.
お姉さんはお子さんがいるし.
お母さんはお年だし.
ここは頑張らないと.

HAWK2700さん、始めまして。
やらないといけないのは、良くわかっていますよ。
誰よりも自覚しているとも言えるかもしれません。

思ったように、動けなかったり、思ったように感じられないから、厄介なんですよね。
できる範囲で頑張りますね。

この記事へのコメントは終了しました。

« イラストと作曲、どちらも中途半端、根拠無き自信、 | トップページ | 今日の話がまだなのを、今になって気付きました »