« 僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い24 お客さんはXファン | トップページ | シネマごしっぷ 三度目の馬鹿正直 »

2016年2月 8日 (月)

僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い25 婆ちゃん孝行、マー君一人旅

千葉県成田市に僕の父方の婆ちゃんが一人暮らしをしている。
その婆ちゃんに会ってきた。
母方の両親はすでに他界。
父方のじいちゃんも25年以上前に他界しているので、元気なのはこの婆ちゃんだけである。
僕はこの婆ちゃんが大好きである。


まだ僕がマー君だった小学生の夏休みは、1週間くらい泊まり込みで遊びに行った。
今考えると、うるさい子供が1週間も来られたらかなり疲れただろう。
たまに会うから可愛いんだと思うし。
子供は騒がしいからね。


当時は当然病気じゃなかったし、仕事もしてないので、毎日成田山までお参りに行ったりして過ごし、楽しい思い出ばかりである。
そんなこんな成田であるが、東京で両親が出会って結婚する時に、成田に住もうという話があったらしい、成田空港とニュータウンの建設が決まってしまっていて、地価が倍になったそうだ。
もし成田っ子になっていたら、もっともっと婆ちゃん孝行ができたのだが・・・・


さて、今日も成田に行ったわけですが、家に入ると先客が。
誰だこのオッサンは?
仏壇に供え物をしているぞ?と思ったら、父の親戚のマサタカおじさんだった。
婆ちゃんから話は聞いていた。
婆ちゃんの甥っ子にあたるマサタカさん。
もう親孝行したいが両親は他界しているので、こうして伯母の婆ちゃんの所に来て、親孝行のような物をしているらしい。
それも毎月であるし、ご飯、数日分のおかず、米、野菜などを持ってくるという。


その事をずっと聞いていたのだが、父とマサタカさんはそれぞれ間違った携帯番号を登録している事が判明。
お礼が言いたくても言えない。
繋がらないわけだ。
婆ちゃん米寿のお祝いにマサタカさんを呼べなかったのは、嫌がらせじゃなかったという事もはっきりさせ、これまでのお礼も言って、すっきりした。


爺ちゃんの話もでた。
僕が東京で働いていた時に、爺ちゃんが亡くなったという電話を受けて成田に駆けつけるのだが、爺ちゃんはどうやって亡くなったのか?最後の1ヵ月の話を初めて聞いたのだ。
僕に心配かけまいと、いよいよやばいなどという話は一切なかったので、最後の話が聞けて良かった。


爺ちゃんの最後の話を聞いて心に決めた事がある。
っというか、ケロリンコペンを買ったら、やろうと決めていた物だ。
毎月このマサタカさんのように、婆ちゃんに会いにくというものだ。
誰も連れては来ない、僕一人でだ。
成田という土地は、坂と曲道が多く、観光客がワラワラいるので、運転が下手では走れない。
が、そうも言っていられない。
ゆっくり走れば大丈夫だろう。
マサタカさんのように米を買って行ってやるような事はできないだろうが、お昼のお弁当とちょっとした食べ物くらいは買っていこうと思う。
働き盛りのアラフォーが、大した物を買っていってやれない事。
ばあちゃんに小遣いでも渡せればいいのだが、それもできない。
まぁ、顔を見せる事で勘弁してもらうしかないな。


僕がベラベラ喋るキャラじゃない事と、婆ちゃんも僕が分からない古い親戚の話する事が多いので、間が持たないかもしれない。
でももう後悔はしたくないのである。


婆ちゃん、90歳である。
ケロリンコペンで2時間の片道。
近い物である。

« 僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い24 お客さんはXファン | トップページ | シネマごしっぷ 三度目の馬鹿正直 »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

とっても素敵(❀ᴖ.ᴖ❀)
気をつけて通ってね

居眠り運転だけはやらないようにしないと。
結構、すぐに眠くなるんだよね。
まぁ、寝てないからなんだけど。
眠くなったらすぐに休憩入れます。

まささん、素敵な事ですネ。
無理せず、おばあちゃん孝行して下さい。

JJさんこんばんは。
義務にしちゃうとプレッシャーになりかねない。
でも義務にしないと、毎月は行けない。
遊びに行く って考えにして、ドライブとお喋りを楽しんでみようと思います。

マー坊、こんばんは。

そうだね、義務にしちゃうんじゃなくて
行ける時は月に何回でもいいし
行けないときがあっても落ち込まないでね。
お婆ちゃんの存在をいつも考えてあげる事が
一番大切なのかもしれません。
正直、片道二時間はちょっとキツい時もあるだろうし
もう少し近ければねぇ~…

今日はT Drの診察に行って来ました。
朝から嫌で嫌で。結局3時過ぎ迄寝ててやっと
渋々半べそをかきながら用意を始めた
バスに乗って電車に乗って。
チョコを買い再び電車、そしてまたバス
長い道のりでした。

最近、あんまり話せない理由が解った。
私の病状が悪いんじゃなくて
ナースさんが後ろに立ってるからだ!
以前のナースさんは診察室には入らず隣の部屋で待機してたから
基本、診察室は二人だけだったんだ
だから色んな話が出来たのかもしれない…

チョコは渡したよ。
普通にね(^^)
気持ちはそっと込めておきました❤


成田に住んでいたら、もう少し垢抜けた、お洒落さんになっていたでしょう。
茨城色にすっかり染まってしまってるからね。
あと、成田の血筋は、喧嘩っ早くて、なんでもズケズケ話すので、おっとり性格のT珍(母)、かずのすけ(姉)、僕あたりは、居場所がないかも。
茨城で良かったんだよ。

T Drに看護師さんかぁ。
僕も診察室には先生だけであってほしいなぁ。
先生だから言えることってあるもんね。
看護師さんに話をしているわじゃないんだよね。

土地柄ってあるかもねぇ~

兵庫県民になって2ヶ月。
今日、久々に大阪にいったら凄くゴミゴミしてたわ
マナーも違うし、やっぱり人の多さも違うね
私は都会から山の方に引っ越したけど
山の方から都会に出てきた若者はとち狂うか
住めないかだろうなぁ~
私達みたいに充分都会を満喫して
山の手に退いた方がいいのかもしれないな

宝塚に来て室内で携帯電話が入りにくいとか
スカパーのアンテナが付けられないとか
不具合もありますが
概ね良好に生活出来てます。
やっと近所の風景をみたら「帰ってきたな」と
思える様になりました。

温かくなったら散歩とか出来るまで
回復してたらいいなぁ~

そんなに大阪と兵庫は違うんだね。
散歩ができる季節はもう少しだよ。
花粉ももう飛んでるみたいです。

この記事へのコメントは終了しました。

« 僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い24 お客さんはXファン | トップページ | シネマごしっぷ 三度目の馬鹿正直 »