« あぁ、食い道楽 飛び交う うさぎや という言葉 | トップページ | 今日のYouTube 嫁を脅かそうとしてみたら・・・ »

2016年3月29日 (火)

僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い40 朝イチのメールと最低の対応

うつ病、闘病記には サブタイトルが付いています。
お店を始める時に「社会復帰への道」というサブタイトルがあったのです。
仕事を通して社会の何かの役に立つ事を目指していく様子を書けたら・・・・と思っていましたが、だんだんと体調が悪くなっていき、姪っ子甥っ子の用事や風邪などの体調不良の時を除いては、基本的に休む様になりました。
復帰への道でも何でもなくなってしまいました。 
復帰どころか、戻ってしまった感じで。


そこでサブタイトルが「静かなる闘い」に変わったわけです。
病気に負けてたまるかと強く思っていますが、部屋から出るのはブブ彦の朝夕の散歩の時だけ。
部屋に籠って、炬燵で寝たり、ネットを彷徨ったり。
闘いにすらなってない。
忠臣蔵の大石内蔵助(くらのすけ)じゃないですが、遊び歩いている、何も行動を起こさない、でもそれは仮の姿で、目標は絶対に見失っていない。 信念は絶対に揺るがない。
そんな闘病もあるだろうと「静かなる闘い」というサブタイトルを付けたのですが、、、、


僕は、じっくり休むべきステージではないはずです。
でも社会復帰を狙うのは無理があったのでしょうか?
回復のペースは人それぞれだし、何をやるか? どんな環境で働くのか? 人間関係は? などある訳で、よし、もう復帰できるよというGOサインは、病院の先生ですら出すのは難しいみたいです。


今、出来る事を精一杯やるしかない それはよく分かってます。
焦っても身体は動かないし、気持ちに身体がついていかない。
じっくりとやれる事を増やしたり、動ける時間を長くしたり、やる事の質にこだわったり、それを増やしていくしかないのでしょうけど。



最近僕は逃げる事が増えました。
ばあちゃんの家に行くのは、日曜に行けば、お店も日曜休みなので、誰の負担も増えません。
でも僕は平日に行こうと思ってます。
トシ・ヨロイヅカに行ったのも火曜日でしたね。


昨日、朝イチにかずのすけ(姉)からメールがあり、姪っ子が熱があると。
熱がある姪っ子を店に連れて行き、ぐずるだろうけど、将志はやすんでいいとありました。代わりに僕が出るよ って言って欲しいのでしょうか?
でも、出てくれると助かるとか、お願いできる?とかいう文字は無く、あくまで僕から言って欲しいのかも。
頭が混乱して、姪っ子の事を最優先に考えてやりたい。
そして、熱のある子を連れて仕事に出ないといけないかずのすけの事も。
しかし僕は返事を出しませんでした。
助けて欲しいと分かり切っているのに


少ししてT珍(母)が部屋にやってきて、同じメールを読んだのでしょう。
姪っ子が熱を出したと。
開店までに来てくれればいいから、仕込みは全てやっておくから と言ってT珍は出て行きました。
今日動けるか?やれそうか?という質問はありませんでした。
正直、出勤は無理だという感じでした。
最近また悪い波が来そうな感じだったからね。
いよいよ悪くなったのかもと。


僕は目をつむって、また眠りました。
10時に起きれば、開店までに間に合うけれど、目覚ましもかけずに、、、 寝過ごしてしまっても、構わないという考えです。
11時半になった所で、かずのすけから連絡があり、姪っ子が落ち着いたから、仕事にでなくてもいいよと。
本当に落ち着いたからなのかは分かりません。
罪悪感を持たなくていいという気遣いかも。
いずれにしても、昨日僕が取った行動は最低です。
動けなかったとはいえ、何か返信する必要があったはず。


身内が困っているのに、無視したし、遅刻しても構わないと思っていたし、そのまま行かないつもりでしたから。
お店を始める時、僕がどこまでできるかは未知数でした。
見切り発車だったと言っていいでしょう。
それが今また悪い方に少しずつ少しずつ傾いている気がします。
どこまで悪くなるのか? 
ここらへんで止まってくれると、何とかやっていけるかもしれない。


でももう、ダメなのかな?
朝イチのメールの着信音が鳴らないでくれと、怯えながら毎晩眠りについています。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう

« あぁ、食い道楽 飛び交う うさぎや という言葉 | トップページ | 今日のYouTube 嫁を脅かそうとしてみたら・・・ »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

マー坊、おはよう。

少しづつ回復してきて、自分も家族も嬉しくて
今まで言えなかった感謝の言葉とかを言えたり
目に見えて回復が解ってきた。
実は本人は不安定なんだけど周りの者にしたら
もう大丈夫だ!と思い
今までカバーしてくれてた所をもう本人に任せても
良いだろうと思う。
そりゃ家族だってこちらが沈んでる間は必死にフォーローし
様子をみながらかなり頑張ってきたんだから
その頑張りから解放されたいわな!
言わないまでも今度はこちらを労ってよ的な思いが
よぎるかもしれない。

暫く夕飯の準備を順調にしてたら
それはもう回復だと思うポーちゃん。
そして頑張り過ぎてまた出来なくなり
ガッカリするポーちゃん。

家族は元気になる事を望んでる
勿論自分もなんだけど…
ただ、元気な感じだけど不安定なんですよね…

ずっと支えてくれてた家族にとったら
家族も疲れてるから早く肩の荷を置きたいんだろうね
勿論、解る。こちらもそうして貰いたい
早くその荷を自分が背負いたい
だけど…

時々考える
ポーが逆に病気になったら私はポーみたいに
支えてあげれるか?
多分、無理だと思う
家族には感謝してもしきれない。
こちらのワガママは百も承知だ。
ワガママついでにもう少しだけ長い目で見て貰いたい。

せめてワガママを言わせて貰っている分誠実に対応しよう。

マサさん・Mさん おはようさん。

マサさんへ
そんな葛藤が毎日の様にあるなんて、きがつかなかった。
罪悪感や後ろめたい感情を持ってしまいますネ。

最近の記事を読んでいると、
マサさんは調子が良く、充実している毎日を送ってると勝手に思っていました。

今は悪波が過ぎるのを待ちましょう

Mちゃん、JJさん、おはよう
あなたは最低です って言われてもしょうがない話に、僕の気持ちや状況をくみ取ってくれて、感謝です。

先日のコメントだったかな?僕は元気を演じちゃうと書きました。
Mちゃんも、JJさんも、元気を演じてしまう時があるでしょう?
きっと病気の人は皆そうしてしまうものなのかもしれない。
家族や友人には、元気な自分を見せて安心させたいからね。
さらに、本当に動ける日もあったりするから、家族は体調の良い悪いは見分けが付かないかもしれない。

僕の体調がだんだんまた悪くなって、仕事に行くのが怖くなって、もう仕事には出れない、限界だ、むりです。と言って、T珍(母)と2人でやってきたお店から引く事になった。
それがどれくらい前だろう?半年くらい前?かな。

替わりにかずのすけ(姉)が仕事を辞めて、お店に正式に加わる事になって、僕は大いに救われました。
怠けているだけに見えるかもしれないけど。

そんなかずのすけには子供がいるから、体調を崩す事もよくある。
3人子供がいるから、毎週誰かが悪くなるような感じだ。
そうなると僕に出てほしいという話をしに、朝イチにかずのすけとT珍から話がくるのですが、もうダメかもしれない。
元気を演じるのも、店に出るのも。

Y家には弟の事があるから、T珍などは、帰宅すると僕のおかえりの声が聞こえるまで、玄関でただいまを繰り返します。
つまり部屋で自殺してないか確認するわけです。
もうあれから6年?は経っていると思うけど、未だにそうなのです。
僕も同じことをするのではないか?と思っているわけです。
心配してくれるのは有り難い。
理解を示さない家族と暮らしている人も多い中、僕は恵まれていると思います。

そろそろ本当の僕の状態を話すべきなのかもしれません。
でもそれを言ってしまったら、家族はまた苦しむでしょう。
元気を演じなくなった僕が、部屋で死んだ魚のように、瞬きもせず一点を見つめて倒れて横になってるような姿を見せる事になるかもしれないし、今日は死にたいと思ってると言えば、皆仕事など手に付かないでしょう。
母は、耐えられないかもしれないし、生きてるか安心したいから毎日3時間おきにメールを入れてほしいとかそういう展開になるような気がします。

本当の状態も、言い方によるでしょうね。
前に書いた、刃物への執着、あれはとても言えません。
死への憧れは消えてない、身体は動かない。 これくらいは伝えてもいいかもしれない。
そもそも、言うべきなのか?すら分かりません。
きっと言ったとき言われたとき、お互い辛いだろうけど、結果的には言ってくれて良かったと取ってくれる気はするけど・・・・・・

因みに、動けないんだ、辛いんだと言っても、姪っ子甥っ子に病気なり行事なりがあったら、僕に出れるか?と聞かれると思います。
情け容赦ないのではなく理由があるのです。

出れないと答えるとどうなるか?
T珍は、伯母に電話して、仕事が休みなら手伝ってほしいと連絡します。
ローテーションを代わってもらって、なんとか出れないか?と言います。
伯母の都合が悪かったら、T珍一人で店を開けます。
そういう事をすると、1人で注文取り、調理、運んで、会計して、片づけて、を全て一人でやる。
無理なのです。
遅いと怒鳴られたり、ひどい事を言って帰ってしまう人もいたそうで、T珍は恐怖から頻脈のような症状が出るようになってしまって・・・・・今も携帯のストラップに心臓の薬を常備して仕事をしています。

何故店をそこまでして開けるのか?
まだまだ店が軌道に乗らないからです。
あそこの店は突然休むと思われたくないからです。
昼休みの1時間の間に、お店を目指して車で何分もかけて来てくれるのです。
そしたら臨時休業の文字が。
僕が復活しない限りそういう事が良く起こる事になります。
お客さんは、他の店を探さないといけなくなります。時間は無いから、コンビニで済ませる事になるかもしれません。
なにより、あの店はしょっちゅう休むというイメージを持たれてしまうのが怖いのです。
行くだけ無駄だとは、なんとしても思われたくない。

つまり、僕は無理をしてでも店にでれば全て上手く行くのです。
T珍も無神経ではありません、僕に性格思考がそっくりですから、辛そうにしているのに、店にでれるか?と聞く時、辛い思いをしているはずです。

どうしらたいいのか?
分かりません。
まだ無理するべきなのか?
恩返しはいつになったらできるのか?
家族に本当の状態を話すべきなのか?
分かりません。

マサさん

最低なんかじゃないですヨ。
もう、10年に以上病と戦っているマサさんや
Mさんは凄い事です。

一つ提案なのですが、
マサさんは最近、甥っ子と楽しい経験をしてますよね?
甥っ子が体調を崩した時に、マサさんが甥っ子を家で見ているって事は出来ないでしょうか?
やっぱり、難しいかなぁ?

Mさん

マサさんへのメッセージを読んで、
自分へのメッセージに感じられて、
少し楽になりました。
ありがとうねぇ。

因みに、ポーさんはポチさん=旦那さんで
よろしいでしょうか?笑

JJさん、Mねえさん、ありがとう
JJさんの 悪波が過ぎるのを待ちましょう で冷静になってきました。
良く考えれば、一気に最悪だった頃に戻る訳が無いのですよね。
今までだって少しずつ悪化してきているわけですし。

それに、本当の状態を打ち明け、仕事を休みたいというのも、最悪の状態になる前に言えばいいのです。
あるいは今日、これから店に行って、T珍(母)とかずのすけ(姉)に、少し体調が悪いという事を伝える事もできます。
何だか勝手に追い込まれているような感覚だったのですが、選択肢はまだ結構あるし、時間も多くありそうです。

それでも、かずのすけから、子供の体調不良のメールが届いたら、出るしかないのかなぁという想いがあります。
なぜか?
前に書いたかもしれませんが、姪っ子(今度中1の長女)が全身が痛いと言っているから、病院に連れてきたい と
でも僕は自分の体調を優先してしまったのです。
しかたなくかずのすけは姪を連れて、店に行き、姪は店のお座敷で、お昼の忙しさが過ぎるまで痛みに耐え続けたそうです。
病院に行った姪は、即入院でした。
幸い1週間で退院できましたが、初めて家族と離れて一人隔離部屋で眠るのは不安だったでしょう、怖かったでしょう。
お昼の間痛みに耐え続けた姪も、母親のかずのすけも、叔父の冷たさを一切責めませんでした。
僕は自分の身勝手さを責めました。
取り返しのつかない事になってしまったかもしれないのです。

だけど今回の話のように、僕はまた、自分を優先した。
何も学んでない。
その時は思うんです。 辛いんだよ、休んだっていいでしょう? 僕がいなくてもお店は回せるはず ってね。
でも、遅くまで仕込みをやって夜遅く帰ってくるT珍が、倒れるように炬燵で眠っている姿を見たり、さっきの姪の入院の話とかね。
後になって聞かされたり、気付いたりするんです。
出るべきだったのか?と、でも無理だったはずだと。
いつまでも行ったり来たりと考えるのです。

1回ならばいいのです。
連日出る事になったりすると、体調が悪くなります。
そして喜ぶべきなのですが、お客さんも大分増えてきていて、仕込みの量や頻度が増えています。
かずのすけは17時までには姪っ子(1歳10か月)を迎えに行かないといけないので、仕込みは途中までしか手伝えません。
残ったT珍は、1人で仕込みと片付けと店を閉める作業をやる事に。
だから帰りは19時20時になる事もあって、帰宅したらすぐに炬燵で横になって眠るわけです。
腰が痛いとも、僕に漏らす事が増えました。
出てきてくれって遠まわしに言っているのでしょうか?

仕込みだけじゃありません。
これからお客さんがさらに増えるならば、T珍とかずのすけの2人でお昼の忙しさを回すのは厳しい。
僕がいれば3人になるわけで、かなり楽になる。
仕込みも母の負担はかなり減り、17時には帰れる。
僕がいればです。
お昼の営業の時間とその後の仕込みの時間、頑張れればの話ですが。
それをお店をやっていく限り、毎日できるのか?
それが問題です。


あと、甥っ子の面倒を見るのは可能かもしれませんが、「熱がある」くらいなら、1人で家で寝てくれば大丈夫でしょう。
5年生ですから。
でもかずのすけが病院に連れて行ってやりたいとか、長女の時のように、大事になる可能性もあります。
やはり母親が面倒を見るのが自然だと思います。
僕が考えもしない方法を提案してくれて、ありがとね。


あぁ、脳の中のどこかの、伝達物質やらセロトニンやら、何だかわからんけれど、カテーテルでもなんでもいいから、脳にあるスイッチを切り替えてくれるような医学はないのかね。
パーキンソン病だって、今や頭の中に電極を埋め込む事で、症状がだいぶ抑える事が出来る。
この前は、iPS細胞から角膜でも網膜でもなく、立体の眼球を作り、失明したウサギの視力を取り戻したってニュースがあった。
なぜうつ病は治せないのだろう?

J Jさんへ

そうです
ポチと2つも文字を使う事すらおこがましいので
アッポ(アホの意味)のポーです
アッポのアーちゃんじゃ可愛すぎるからね(笑)
そう言えば子供を「あーちゃん」と呼びたくて
あゆみって名前をつけようとしていた若き日の私…

ポーのエピソードはいっぱいありすぎてね(笑)

若い人はこの仕事腰掛けだからと言うのを
膝掛けだからと言ったり

あばれる君は暴れん坊君(それは将軍さまや!)

電話するときのジェスチャーってハワイの挨拶みたいに
親指と小指を立てるじゃないですか
でもポーは人差し指と小指立ててる!
それはキツネちゃんです(>_<)

と言う風にアッポちゃんなんです(^^)


マー坊、肩に力が入り過ぎてるわ
一回深呼吸しよか?

マー坊も私も、そして多分J Jさんも
周りの事を考えすぎなんやわ
周りの人の気持ちに入り込んで想像して
自ら苦しくなってる
周りの人からしたらまず自分の事を考えて病気を治して下さいって
思ってるかもしれんね…

自分より年上の親が必死に働いて疲れ果ててたら
そりゃ色々と考えるだろうけど
親も、お姉さんも立派な大人なんだから
どうしてもダメな時は自分で対策を考えはると思う。
他所で仕事しててもしんどいのに変わりはないんだから
それに事情が解らないけど失礼を承知で言うと
お姉さんの子供さんの事はお姉さんと旦那様が考えれば
いいんちゃうかな?
子供が病気になったらまず夫婦で問題を解決するのが
いいような気がする
マー坊が甥や姪の病気にあたふたする事じゃないよ
勿論、マー坊が働けたらそんな問題は回避されるけど
出来ないんだもん。
現実に出来ないんだから悩んでも仕方ないのに
悩んじゃうんだよね…
解るんだけど、そうするとホントに辛くて大変だよ。

身勝手だと思われても自分の事だけ考えよう
そうしないといつまでも元気になれないよ
家族の前で演じるのも辛ければちゃんと話そう
お店の事も。
今、考えてる事を正直に吐き出したら
相手も正直な答えをくれるはず
それは耳の痛い事かもしれないけど
相手の気持ちを想像するよりかは確実に相手の気持ちが
解るからスッキリするのでは?

偉そうな事言ってゴメンね
腹が立ったらバカMーSO!デブMーSOと叫んでね
って最近コレばっかりだな(笑)
デブは余計です🙇

M姉さん、アドバイスありがとう。

長女の入院は1週間。
病名は忘れました。
でも危険な状態だったのです。
たまたまその病気の詳しい先生がいてくれる時間帯で、その先生がいる病院に行ったから、良かったのです。
そして、じつは、この件はそれで終わらず、甥っ子にも感染し、甥っ子も入院する事に。
甥っ子が感染した事は僕のせいではないでしょう。
でもこんな大事になってしまった。
僕が仕事に出て、姉が姪を朝から病院に連れて行ったとしても、7日の入院が6日になるくらいの違いだったのかもしれません。
でも冷酷な叔父だと思ったと思います。
否、相手の気持ちを想像して苦しまない。でしたね。
でも、罪悪感はどうでしょう? 自分を責めますよ。

さらに言うと小児病棟は院内感染が怖いので、面会できるのは両親の2人だけ、PちゃんT珍、僕が会えないのは分かるけど、甥(弟)ですらお姉ちゃんに面会には行けませんでした。
面会できたとしても、こんな大人に頭を下げられても困ってしまうし意味が分からないよね。
でもすぐに病院に行って謝りたい気持ちだった。

あとね、かずのすけの家の事だし、書かないようにしていたのだけど、少しだけ書かせてもらいます。
僕が甥っ子を連れ出すのも、なぜとトランプに参加する事になったあの夜も、Y家なのか?
あの男を、姪っ子甥っ子に絶対に近づかせてはいけないからです。
Mちゃんなら、これでだいたい想像はつくかと思います。

腹が立ったらなんて、とんでもないです。
感謝感謝です。

ところで、高い日本酒で作ったブリ大根は上手くできたか、料理人としては気になるのですが・・・・(笑)

そっか。
ごめんね。お姉ちゃん家の事情まで話させてしまう羽目になって
お姉さんあぜ道読んでるんだよね?
読まれたくないコメントは消して下さいね🙏

もうね、信長より長生きしてるから
多少の事は驚きませんよ
あ~白状するさ、アタイは52歳だよ😤
義兄の事が全然出てこないからある程度想像もしてた。
それをあえて書いてゴメンね。

世の中みんな我が家の様なラブラブ夫婦ではないのですね
うぇ~吐き気が…(笑)

マー坊、私はね料理の天才かもしれんねぇ~👺
昨日のブリ大根。美味しかったんだわ
初挑戦よ初挑戦。
以前に姑が食べたいと言ったので作ったのは
市販のブリ大根用のタレを買いましたので
それは別として
やはり市販の物より薄味ですがそれが自分の口に合うので
良かったです、
ただ、目分量なので2度と同じは食べられないのです(笑)
先日は酢味噌で白ネギとうすあげを和えたんだけど
これも初挑戦、激ウマ。
ほんとはワケギのぬた和えにしたかったんだけど
ワケギが手に入らなくて白ネギにしました。
これまたお調子者の私は
「いや!美味しいやん‼店開けるんちゃう?
居酒屋する?これつきだしで出す」なんて
妄想が始まります(>_<)
キーマカレーが上手に出来た時は
「カフェオープンしちゃう?」でしたから😅

今夜は…
う~ん…買い物に行ってないから
食材がないんだよなぁ~

昨夜、頓服飲んだのに眠れずだったので
今日はずっと寝てしまって…
起きたらあぜ道に来てまた寝る…
さて、私の今日の始まりです‼遅❕

Mちゃん、こんばんは。
Mちゃん、僕が思っていたよりもずっと若かった(笑)
還暦までにとか言ってたから、お婆ちゃんとまでは思わなかったけど、57くらい?とか思ってたし。

そして、Mちゃんご夫婦の、否ポーさんエピソードは、僕はMちゃんの おノロケ だと思って微笑ましく読ませてもらってます。
ポーさんエピソード、今後も照れずに書き込んでねぇ~

さて、料理人から見た、ミリンを使わずに、日本酒と砂糖で作ったブリ大根の評価ですが・・・・・
100点です!!
料理界には、まかないを旨く作れない奴に料理の才能は無い みたいな考え方があるのですが、何かを作る時にそれ用の材料を買えば、大抵の物は美味しく作れるものです。
それよりも、材料が無い時、冷蔵庫にある余り物の食材を使って旨い物が作れるようなら、その人は才能あり って事です。
今回のブリ大根も白ネギの酢味噌和えも、オリジナルレシピですよね。
しかも目分量!!
目分量がいけないのは、パティシエです。
あれは理科の実験や数学に近い。
料理人はもちろんレシピ通りに作りますが、舌で味を覚えます。
その味は忘れないものです。
あとは舌に聞きながら、足したり微調整をすれば、今回と同じ物が作れると思うよ。

素晴らしい!!

へー.人でなしなんですね.
悪い波が来ているですか.
理由はあるんですね.

ありがとう
料理人に誉めてもらえると嬉しいな☺
因みに自分の感想であってポーはどこまで思っているのかは…(笑)
でも誉められて伸びるタイプの人間ッスから
嬉しいッス

ポーの話がノロケ?
いやいや違うって‼
ノロケはT Drの話だと思って❤

前は年を聞かれると28歳と言ってましたが
今年の誕生日より25歳に変更しました。
姪二人に「何で年下やねん」と突っ込まれ
浪花の女に成長しとる彼女達が頼もしくなりました(*^-^)

ま!人のいいおば様からは
38歳位に見えると言われた事もございますが
姉(58歳)と姉妹逆に思われる事もあります(笑)

こないだはマンションのスロープで台車を押してたら
(大阪の家から引き上げて来た物)同じマンションの住人の
若い男の人が手伝ってくれて
嬉しかったけどお婆ちゃんに見えたのかな?と
不安な経験もした真矢ミキちゃんと同い年の
M姉です(^^)

Mちゃん、
じゃぁ、ポーさんとT Drの間で揺れ動く、乙女心って事でw

自称28歳から25歳に・・・・・
「若返っとるやん」っと自室で一人突っ込みました。
やっぱり浪花の女性は違うなぁw

真矢ミキさんと同じ年!!
そういわれると、25歳説も説得力が出てきますなあぁ(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« あぁ、食い道楽 飛び交う うさぎや という言葉 | トップページ | 今日のYouTube 嫁を脅かそうとしてみたら・・・ »