« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月の31件の記事

2016年3月31日 (木)

シネマごしっぷ ブレイキング・バッド 感想と紹介

20160331最近、あるアメリカドラマが面白くて、死んでなどいられないというような事を書きました。


全部見終わってから感想を書こうと思っていたので、題名は伏せていたのですが、見終わったので僕の感想と紹介を。
ブレイキング・バッドというドラマです。

映画の事を書くカテゴリですが、ドラマの事も書いちゃいます。


ウィキッペの抜粋を書いておきます。
-----<抜粋ここから>-----
さまざまな批評家の称賛を受けており、多くの賞を受賞している。
エミー賞では、主演のクランストンはベスト男優賞を4度連続獲得、
ポールは助演男優賞を3度獲得し、
そして 作品賞 (ドラマ部門)に5度ノミネートされ、2013年と2014年に受賞した。
さらにクランストンはゴールデングローブ賞のベスト男優賞に4度、
全米映画俳優組合賞のベスト男優賞に5度ノミネートされた。
そのうち、第19回全米映画俳優組合賞、第20回全米映画俳優組合賞及び第71回ゴールデングローブ賞を受賞した。

批評サイトのMetacriticでも非常に高い評価を得た。
シーズン1は100点満点中74点、
シーズン2は100点満点中85点、
シーズン3は100点満点中89点、
シーズン4は100点満点中96点とシーズンを重ねるごとに評価は上昇していき、
シーズン5は100点満点中99点のスコアを得た。
シーズン5のスコアによりギネス世界記録に歴代で最も高く評価されたテレビシリーズとして認定された。
インターネット・ムービー・データベースでもユーザーの評価が最も高いテレビシリーズに選ばれている。
作家の村上春樹は自身の期間限定公式サイトで最近面白かった本、映画、音楽を問われ本シリーズを挙げた。
-----<抜粋ここまで>-----



作品賞など賞を総なめにしているし、評論家や専門家だけが称賛しているわけじゃなく、視聴者からの評価も高いのがすごい事ですよね。
映画でアカデミー作品賞をとった作品が、面白い物ばかりではない事を考えると、プロも視聴者も絶賛するのは異例なのかもしれません。


そろそろどういう話か気になってきましたか?

-----<ストーリー抜粋>-----
その教師、余命わずか。
ニューメキシコ州アルバカーキ。
高校で化学を教えるウォルター・ホワイトは内気で温厚で、真面目すぎる50歳の男性。
第2子である娘を妊娠している妻スカイラーや脳性まひを持つため杖が放せない高校生の息子ジュニアと
つつましく暮らすため、放課後は洗車場でアルバイトをしている。
ところが肺がんだと判明し、余命はわずか2年と宣告される。
そんなウォルターの中で、何かに火がつく。
ウォルターは自分が亡くなった後に家族が苦労しないよう財産を残そうと、ドラッグの精製という
超ヤバい副業に手を出す。
かつて一流研究者だったがなぜか高校教師に転じたウォルターは、そのディープな化学の知識を駆使して
純度99.1%という驚異のスーパードラッグを生み出し、元教え子であるディーラー、ジェシーをパートナーにして
闇のビジネスに乗り出す。
ところが、おいしいネタを狙ってワルどもがどこからともなく集まり、ウォルターもジェシーも気が休まるヒマはゼロに。
しかもスカイラーの妹の夫(ウォルターの義弟)であるハンクはDEA(全米麻薬取締局)で働くドラッグ・ハンターで、
アルバカーキに新たな危険人物(ウォルター)が現れたことで、何だかハッスル。
あるディーラーに命を狙われたことをきっかけに人として許されない一線を越えてしまったウォルターは、
自分の最大の武器である知性をフルスロットルで駆使し、ギャングに負けないほど武装化し、
当局に捕まらないよう対策を講じていく。“失うものは何もない”。孤立無援の極限バトルにウォルターは飛び込んでいく!

本作のタイトルである“ブレイキング・バッド(Breaking Bad)”は“道を踏み外す”という意味。
がんの治療で抜け落ちていく頭髪をいっそのこと剃り上げてスキンヘッドに変貌すると、それは本物のギャングたちをもビビらせる結果に。
シーズンを重ねていくうちに、ウォルターは家族のために財産を残すという当初の目的から逸脱し、
“自身の帝国を築きたい”と欲望はエスカレートしていく。
どこまで予測不可能なのか。
まだ誰も見たことのないドラマがここにある。
-----<抜粋ここまで>-----

っとお分かりのように、子供にはとても見せられません。
日本だったら絶対に放送禁止です。
全編を通して、スリルスリルの連続です。
ストーリーが進むほど、どんどん危険になっていき、どんどん追い込まれていきます。
そこまでやるかって所まで、主人公は落ちて行きます。
ストーリーのラストはどうなるのか?
想像してましたが、全く違う物でした。
それでも納得のラストで、僕もこれまで見たドラマの中で一番面白かったです。
これ見ちゃったら他のドラマ、見れなくなるよ。
かなり危険なドラマではあるけれど、最低にして最高のストーリーというコメントが全てを物語っているような気がします。

公式HPで第1話が無料で見れるので、リンクを張っておきます。
それを見てみて、気に入ったら、レンタルしてきてくださいね。
http://breakingbad.jp/

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月30日 (水)

今日のYouTube 嫁を脅かそうとしてみたら・・・

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

今日、お届けするのは、とある企業のCMです。
帰宅した旦那さんが、服を脱ぎだして・・・

はたして、これは何のCMでしょうか?
絶対に当たりませんよ。
そういうオチ~ って感じです。

嫁を脅かそうとしてみたら・・・ へのリンクは こちら
以下ネタバレ解説なので、先に動画を見てくださいね。



Warning
We're Flying your in-laws at half priceと最後に表示されますが、訳を。
警告
私たちは半値であなたの姻戚を飛行機で運んでいます。 となりました。
つまり、義理の両親は飛行機代半額だから、気軽に来る事ができますという話です。

なのに、CMでは、義理の両親の前で、あんな事になってしまって、気まずいよなぁ(笑)

2016年3月29日 (火)

僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い40 朝イチのメールと最低の対応

うつ病、闘病記には サブタイトルが付いています。
お店を始める時に「社会復帰への道」というサブタイトルがあったのです。
仕事を通して社会の何かの役に立つ事を目指していく様子を書けたら・・・・と思っていましたが、だんだんと体調が悪くなっていき、姪っ子甥っ子の用事や風邪などの体調不良の時を除いては、基本的に休む様になりました。
復帰への道でも何でもなくなってしまいました。 
復帰どころか、戻ってしまった感じで。


そこでサブタイトルが「静かなる闘い」に変わったわけです。
病気に負けてたまるかと強く思っていますが、部屋から出るのはブブ彦の朝夕の散歩の時だけ。
部屋に籠って、炬燵で寝たり、ネットを彷徨ったり。
闘いにすらなってない。
忠臣蔵の大石内蔵助(くらのすけ)じゃないですが、遊び歩いている、何も行動を起こさない、でもそれは仮の姿で、目標は絶対に見失っていない。 信念は絶対に揺るがない。
そんな闘病もあるだろうと「静かなる闘い」というサブタイトルを付けたのですが、、、、


僕は、じっくり休むべきステージではないはずです。
でも社会復帰を狙うのは無理があったのでしょうか?
回復のペースは人それぞれだし、何をやるか? どんな環境で働くのか? 人間関係は? などある訳で、よし、もう復帰できるよというGOサインは、病院の先生ですら出すのは難しいみたいです。


今、出来る事を精一杯やるしかない それはよく分かってます。
焦っても身体は動かないし、気持ちに身体がついていかない。
じっくりとやれる事を増やしたり、動ける時間を長くしたり、やる事の質にこだわったり、それを増やしていくしかないのでしょうけど。



最近僕は逃げる事が増えました。
ばあちゃんの家に行くのは、日曜に行けば、お店も日曜休みなので、誰の負担も増えません。
でも僕は平日に行こうと思ってます。
トシ・ヨロイヅカに行ったのも火曜日でしたね。


昨日、朝イチにかずのすけ(姉)からメールがあり、姪っ子が熱があると。
熱がある姪っ子を店に連れて行き、ぐずるだろうけど、将志はやすんでいいとありました。代わりに僕が出るよ って言って欲しいのでしょうか?
でも、出てくれると助かるとか、お願いできる?とかいう文字は無く、あくまで僕から言って欲しいのかも。
頭が混乱して、姪っ子の事を最優先に考えてやりたい。
そして、熱のある子を連れて仕事に出ないといけないかずのすけの事も。
しかし僕は返事を出しませんでした。
助けて欲しいと分かり切っているのに


少ししてT珍(母)が部屋にやってきて、同じメールを読んだのでしょう。
姪っ子が熱を出したと。
開店までに来てくれればいいから、仕込みは全てやっておくから と言ってT珍は出て行きました。
今日動けるか?やれそうか?という質問はありませんでした。
正直、出勤は無理だという感じでした。
最近また悪い波が来そうな感じだったからね。
いよいよ悪くなったのかもと。


僕は目をつむって、また眠りました。
10時に起きれば、開店までに間に合うけれど、目覚ましもかけずに、、、 寝過ごしてしまっても、構わないという考えです。
11時半になった所で、かずのすけから連絡があり、姪っ子が落ち着いたから、仕事にでなくてもいいよと。
本当に落ち着いたからなのかは分かりません。
罪悪感を持たなくていいという気遣いかも。
いずれにしても、昨日僕が取った行動は最低です。
動けなかったとはいえ、何か返信する必要があったはず。


身内が困っているのに、無視したし、遅刻しても構わないと思っていたし、そのまま行かないつもりでしたから。
お店を始める時、僕がどこまでできるかは未知数でした。
見切り発車だったと言っていいでしょう。
それが今また悪い方に少しずつ少しずつ傾いている気がします。
どこまで悪くなるのか? 
ここらへんで止まってくれると、何とかやっていけるかもしれない。


でももう、ダメなのかな?
朝イチのメールの着信音が鳴らないでくれと、怯えながら毎晩眠りについています。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう

2016年3月28日 (月)

あぁ、食い道楽 飛び交う うさぎや という言葉

千葉県出身のPちゃん(父)
茨城県出身のT珍(母)
この2人が東京で出会い結婚するわけなのですが、その頃の話はあまり出ない。
色々といい思い出ばかりじゃないのでしょう。
それよりも結構な頻度で登場する東京時代の思い出話?がある。
うさぎや というキーワードである。


「うさぎやは旨かった」
「うさぎやはまだあるのだろうか?」
「うさぎやに行きたい」
「将志が東京にまた行ったら、うさぎやで何か買ってきてくれ」
だんだん要求が入ってくるようになってきている。


この前は辻口博啓さんのスイーツも一度食べてみたいから買ってきてくれって言ってなかったか?
東京を走る事がどれほど恐ろしいか、分かってもらってないようで・・・・


そもそも、うさぎや とひらながで書く事もネットで調べて分かったくらいなのですが、一番東京で有名な甘味屋は、とらやだと思う。
これに異論はないと思います。
驚く事にネットのある書き込みには、東京3大甘味屋の一つにうさぎやが入っているのです。
個人の書き込みだから、そう思わない人もいるでしょうけど。


あのとらやに並ぶほど?
公式HPや口コミを読むと、どうやらどら焼きが一番人気で、かなり旨いらしい。


そして、両親の説明によると、どこにあるかは忘れたが、店は畳2畳ほどしかない と言うのである。
当然売り場の広さの話だと思うけど、名店がそんな小さな店なの?
それに、東京に3店舗くらいあるが、経営者も違い、同じ名前だけど、別の店と思った方が良いみたい。
だからどこの店に行くかも重要である。
やっぱり畳2畳店が良いんだろうなあ。


場所はナビで引っかかるでしょう。
駐車場はあるか?とT珍に聞いた。
あっさりというか当然のように、ない と言い張った。


やだよ。
狭くて交通量が半端ない、東京で、路肩にハザード点滅させて、車がぶるけられる前に、旨そうな菓子を選ぶなんて。
ケーキ屋でもパン屋でもそうだけど、何を買うか迷う事も楽しみの一つなのに。
じっくり選べないじゃん。


ちかくにコインパーキングでもあればいいのだけれど・・・・
って、行くこと前提に書いているけど、鎧塚さんの所に行った帰りに寄ってほしいとか思ってるんだよね、たぶん。
行かない行かない。


東京で働いていたくらいだ、Pちゃんならナビがなくても、うさぎやまで行けるだろうし、駐車もスマートにやるだろう。
行かない行かない、
でもどら焼きは気になる。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月27日 (日)

僕と うつ病闘病記 静かなる闘い39 最強の男

元々あまり好きじゃなかったような記憶なのですが、トランプで遊んだ記憶があまりありません。
どっちかと言うと、今は亡き母方の婆ちゃんと、花札をやった思い出のが強い。


花札やってるとは、誰にも言ったらいけないと言われてきたのですが、任侠映画にでも出てくるのかな?
あるいは隠れて行われる賭け事に使われていたとか?
でも花札には天下の任天堂の文字があるし、歴史のある日本独自の娯楽だと思う。
ま、ニュージェネレーションの僕には、花札に悪いイメージは皆無なのね。


それで、その花札にしても、あまりやってない。
トランプ、花札、UNOとか、あんまり好きじゃないんだよね。
そんな感じで大人になって、うつ病発症。
頭が回らないじゃない。


姪っ子甥っ子がどんどん大きくなって、手加減しなくても良い勝負ができるようになって、
まさ爺もやる?って誘ってくれるのは嬉しいのだけど、
まるっきりやらなくなりました。
そしてだんだん誘われなくもなりました。


子供が苦手だった事もあるし、何も考えられないって事もある。
もともとあまりカードゲームが好きじゃなかったしね。


が、それも最近変わってきてるじゃないですか。
頭は回ってないかもしれないけど(笑)、随分と姪っ子甥っ子とスキンシップを取るようになってきて、特に甥っ子は、ケロリンコペンに乗せて出かけたりしているから、僕の近くにいるとおもろい事が起こると思っているようで(笑)


それで先日、上の姪っ子の小学校卒業と誕生日祝いという事で、Y家にかずのすけ(姉)と姪っ子甥っ子がやってきてね。
お約束のようにトランプやりたいって提案が。


すると僕に何かを期待する(笑)甥っ子が、僕の顔を覗き込むようにして、まさかの「まさ爺もやる?」と。
これを聞いたときに、上手く言えないんだけど、歯車が回りだしたというか、車のエンジンをかけるというか、動け やれ やるべきだ って脳が言ったような気がしてね。
上手く言えないんだけど、天の声が聞こえたような感じで、不思議なんだけど。
「やる!! 今回はやる!! T(甥っ子、何か分かりやすいあだ名をつけた方が便利やなぁ~)には負けないからな」ってノリノリになって・・・・


両親、かずのすけは、驚いてた。
少なくともチビ達が生まれてからやってないから10年ぶりくらい?もっとかも、遊びに参加すると言い出したわけですから。
Tも大喜び。


やったゲームは7並べ。
神経衰弱は元々苦手だし、まだまだ無理がある。やるとぐったり疲れるし。
気のせいか、7並べに僕が参加することで部屋の熱気がいつもより上がる上がる。


7並べは、配られたカードによって、ほぼ勝負が決まってしまい、腕はあまり関係ないわけだけど、僕には、6と8ばかりが配られた。
13が一枚あったけど、そこを何とか乗り切って、1番抜けの圧勝。


Tには、まさ爺はかなり強いという印象を与えたらしく、翌日の朝になってもまさ爺は強かったと言っていたらしい(笑)


このまま勝ち逃げするか?またやって至って凡人だとばらすのか? ちょっと迷ってるけど、花札もやってみたい気もするなぁ。


で、オチは?と言われそうですが、カードゲームの達人が復活したという話でした。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月26日 (土)

僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い38 遅かった?間に合った?

ただの良い波が来ているだけだと分かっているけど、今身体が楽で、色々と行動としています。
行動と言っても、何処かに出かけるとかじゃなく、朝、食器洗いをするくらいなんですが・・・・


それで、なんでもやってみようっていう気にはなってて、先日のうつ病闘病記には、幼稚園?今はこども園っていうのかな? そこに連れて行ってもらって、姪っ子を迎えに行った話を書きました。
一生縁のない場所に突撃するのは、(真っ赤な頭だし)なかなか刺激的な体験で楽しかったのです。


その話をかいたらMちゃんからコメントがあり、マー坊は赤ちゃんのオムツ替えをした事はあるか?と書き込みが。
当然無いのですが、我がY家にかずのすけ(姉)が、赤ちゃんを連れてきて、歩けもしない頃から見ているのに、オムツ替えをやらせてくれと申し出た事がないなと、気付くのです。


別にウンチが汚いとかそういう発想じゃなくて、何というか、かずのすけは手慣れた物で、テキパキと子供を笑わせながらお尻を拭き、オムツを交換する様子をみて、出る幕じゃないかな・・・ってちょっと遠慮してた部分があって。


それで、こども園に誘ってくれたという事は、色々な経験をさせてあげたいと思ってくれてるのか? 一緒にこっそり迎えに行って、姪っ子の親には見せない表情を観察しようというイタズラ心なのか? その辺は分からないけど、有り難くてね。


そんな感じで、僕の子供恐怖症はだいぶ無くなったから、思い切って、かすのすけに言ったのです。
「こんどオムツ替えをやらせてくれ」と。


ただね、言うのが遅すぎた。
今、姪っ子は自分でトイレに行きたいと言うようになってきていて、実際に便座に座ると、予告した物を出すんだわなぁ。
オムツ卒業は近いわけ。
しかもオムツはパンツのように、足を通して、あとは腰まで上げるだけで履けてしまうタイプの物になっててね。
前後を間違えなければ、誰にでもできてしまう簡単な物でね。
ちょっと物足りなかった。


僕としては、このパンツタイプじゃなくて、開いて、マジックテープ?で止めるようなオムツ替えがしたかったのね。
開くとウンチがドーンと視界一杯に広がるようなタイプが良かったんだけどねぇ。
遅かったか・・・・


でもまぁ、そのパンツタイプのオムツは2回履かせる事ができ、楽しかった。
この子が大きくなっても、叔父ちゃんが、オムツを変えてやったこともあるんだぞ とは言えないよなぁ。
レディーに対し、ただセクハラだもの(笑)

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月25日 (金)

あぁ、食い道楽 ポテチの次、ついにカレーが発売

20160325カレーに関してあまりにも有名な伝説があります。
XJAPANファンでなくとも知っている人が多いと思います。
カレーが辛かったから事件です。


去年の12月にXのLIVEに行き、そのころにも、カレーが辛かった事件の話をしました。


その時と多少話がかぶるのですが、お聞きください。


東京ドーム公演リハーサルの楽屋で用意されたカレーが辛すぎて、YOSHIKIが激昂。
リハをせずにそのまま帰ってしまったという事件のことです。


ロックスターにありがちが我がまま行動ではなく、そのカレーは本当に辛かったらしい。
試しにTOSHIが一口食べてみたら汗が止まらず、YOSHIKIに至っては倒れてしまうほど。
もうカレーは人任せにしないとか、スタッフは信用できないとか、そうなっちゃうかなぁと思ったら、なんと『X JAPAN YOSHIKI伝説 キレ辛カレー』(税込680円)が発売されているという。


呉服屋の息子だからとはいえ、着物のプロデュースをやったり、今回のカレーといい、それよりもアルバム出す事の方に集中してほしいのですが、このカレーに関しては、興味ある人多いのではないでしょうか?


これは、ローソンにて展開されている「X JAPAN 限定グッズ」の一つ。
当然YOSHIKI氏本人も開発に携わっています。
「楽屋で食べたカレーが辛くてキレてその日のリハーサルから帰ったあの逸話をもとに商品化いたしました」(発売元である「ダブルカルチャーパートナーズ」担当者のコメント)
伝説を知る者からするとシャレが効いててインパクト大。


当然このカレー、キレちゃうくらいに辛いんでしょうねぇ……。
「辛さを通り越して痛いです。また、付属の香味スパイスを振り掛けますと辛さが倍増します。avexのご担当者様と弊社の社員は試食後、辛すぎて具合が悪くなりました」(「ダブルカルチャーパートナーズ」担当者)
そんな辛いカレー、YOSHIKIさんに食べさせるわけにはいかないんじゃないだろうか……。
「もちろんYOSHIKI様ご本人には試作の段階でいくつもパターンを作り、すべて試食していただきました。真っ黒でチャツネ多めなのが『おいしい』とご本人から感想をいただいています」(「ダブルカルチャーパートナーズ」担当者)
よかった、キレなくて。


その辛さはどれほどのものなのか実際に、「キレ辛カレー」を購入してみましたというレポートがあったので、要点だけ書きます。


封を開けると、レトルト袋と謎の赤い粉末が。
"辛味スパイス"だそうです。
パッケージ裏には「辛さが物足りない方は、別添の辛味スパイスでお好みの辛さに調節してください」とあります。


ルーの色は、ブラック。
何かの度が過ぎてこうなったか?真っ黒。
辛味スパイスをかけて……
いただきま~す。


おいしい! 辛いけど「辛いからおいしい」という種類の辛さ。
単に辛みの激しさばかりを追求するベクトルとは明らかに異なる。
バクバクいけちゃいます。


……なんて感想を抱いていた15秒後に辛みがやってきたっ! 超辛い!!
まず舌の上が辛くなって、それが喉に届き、1分後には胸に来る。
こうなったら、水か冷たいお茶が必需品になってきます。


とは言え、一口パクっと食べるとおいしいから、食は進むんですよねぇ。
後味の辛さがつらいのと、口に入れた時においしいのが裏腹。
ちょっと唾を飲み込むと、辛みが鼻にツンと来ちゃうし。
おいしいから辛うじてキレてないけども、おいしくなかったら完全に私だってキレてますね。


おいしいんだけど、メチャメチャ体力を消耗します。
食事後には、用事とか入れとかない方がいいですよ?
そんなこんなで、10分以上をかけて完食です。


食べ終わった直後は、辛みの激しさで口の中を換気したいから「ハァーッ、ハァーッ、ハァーッ」って息が荒くなるし、胸の辺りには焼けるような感覚が。
数分でそれらはおさまるものの、次第にお腹が痛くなってきた。
冗談抜きで、カレー完食後の数十分は動けませんでした。
キレるほどの体力も残ってない。
でも、何度も言いますけど、なぜかおいしいのです。


このようなカレーが商品化されてファンにとっても衝撃だと思うのですが、今までにどのような反響が寄せられていますか?
「Twitter上では『本当に辛い!』『辛いを通り越して痛い!』『ヒリヒリする!』『辛いけどおいしい!』『色がヤバい』など、多数のコメントをいただいております」


なんだかんだで、皆さん喜んでそうだから何より。
辛いけど、キレて帰った人はいなさそう。

YOSHIKI、次の仕事はアルバムを完成させる事だぞ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月24日 (木)

僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い37 3月の病院にて

劇混みだ!!
僕の前に30人は待ってる。
この日は水曜、夕方から小雨が降る予報。
病院は20時までやっている。
僕は19時半に受付に行った。
名前を書く、30人が前にいるわけです。
23時ごろ診察だろうか?
十分ありえる人数である。


待合室は満席。
車に戻って、YouTubeを見るしかなかった。
今日は全然待たないだろうと思って、ハマっているアメリカドラマをスマホに転送してこなかったのです。
茨城は田舎だし、この病院も地方の小さな街にあるので、ワンセグも入らない。
ひたすらYouTubeを見るだけであります(笑)


22時になったら鳴るようにタイマーをセットして、目をつむったり(シート倒れないから眠れないw)、YouTube見たりの繰り返し。


22時になって待合室に移動。
まだまだ座っている人がぎっしり。
僕の数人前に似た名前のYさんが呼ばれて、僕がハイって返事して立ち上がったら、(この病院は先生自らドアをあけて先生が待合室に向けて名前を呼ぶ)先生が、赤い頭が立ち上がろうとしているのを見て、おめーじゃねーよ(笑)って目で制しました。
失礼しました。
非常によく似たYという苗字でして。


22時半、やっと僕の名前が呼ばれる。
ど~ですかぁ~
といつもノリだ。
僕は、基本的にとても充実していて、毎日が楽しいと伝えました。
なぜ急にこうなったのか良く分かりませんがとも付け加えました。


そして、、、、、
ある疑問を先生に話しました。
この病院に通って10年以上経つはずですが、初めて聞く疑問、質問です。


何でも公にしてきた闘病記、だからこそ、読者さん達は僕みたいな奴がいるのだと知り、多少なりとも力になれたかな?という感じで書いてきました。


でもこの話は内緒にさせてください。
ごめんね。
誰それとどうとか、対人関係がとか、僕の病状がとか、そういう話じゃないのです。
心配しないで、死のうと思ってるとか、そういう話じゃないです。
トラブルの話でもないです。
今後起こるかもしれない例えばの話です。


本当にどこにも属さない初めて聞くタイプの質問です。
先生の答えは、やはりというかそっちに行くよねって方向だったのですが、更にその先まで行ってました。
「お前にその覚悟があるのか?」
「お前にそれに耐える強さがあるのか?」
と言うものでした。


覚悟や強さとは別の、そういう答えをする細かい理由を聞いて、そこまで考えてなかったなと痛感。
ややショッキングでした。
考えないといけないですね。


お土産のプリンを買って帰宅して、軽く混んでいたこと、薬が変わらなかった事、などを明るく演じて話して、すぐに自室に籠りました。
頭は混乱、長い待ち時間で疲れてしまって、ブログの更新もせずに炬燵で横になり、そのまま今に至ります。
こうして15時間と25分の遅れですが、なんとか毎日更新のノルマは達成できました。


寝すぎだろってね。
風呂入ってきます。


やや、悪い波が来ているような気がします。
負けねーぞ!!
ファイトーー!
( ゜ロ゜)乂(゜ロ゜ )
イッパーーツ!!

2016年3月23日 (水)

僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い36 大きな人を失いました

書くかどうか、悩みに悩みました。
そして書いたとしても、ごく親しい親友しか意味が分からない文章になるでしょう。


この話は当事者に向けて書いているわけではありません。
そもそも読んでくれているかも分かりません。
おそらく読まれてはいないでしょう。
自分への戒めであり、懺悔になります。


この話の目的は、言い訳ではありません。
全ての責任は自分にあり、その軽率さにあり、相手の立場になれなかったことです。
謝罪をしましたが、謝りきれるものではありません。


この相手に対し、決断を下す罪悪感と、恐怖心とを与えてしまいました。
どちらもそう簡単には消えないでしょう。


僕がうぬぼれていました。
一緒に僅かでも進む事ができるようになる。
笑いあって、生きる希望が持てるようになる。
随分と体調が良くなってきた僕ならば、手助けできると思い込んでました。
甘すぎました。
医者でもカウンセラーでもない自分に、何ができるというのか。


僕がやった事は、何のプラスにもならず、傷つけるだけで終わってしまいました。
次のチャンスはありません。
理由を説明し、経緯を説明し、考えを説明し、それがベストかと思った。
それは伝え、一定の理解はしてくれたようですが、小さな親切大きなお世話というやつです。
その人は、心を閉ざしてしまいました。
何もかもが手遅れでした。


僕はイベントの前に浮かれているだけのマヌケだったのです。
それが良く分かりました。


この話で、謝罪をいくら書いても、読まれてないでしょうし、
欲しいのは謝罪ではないはずです。
罪悪感も恐怖も無い、元の生活を返してくれと言うでしょう。
僕には返してやる事ができません。


この話は、謝罪ではありません、暴露でもないし、密告でもないですし、嫌がらせでもないし、自己防衛のためでもありません。
戒めです。


2度とこのような事を起こさないように、今日と言う日を忘れない為に、ここに書くのです。
読者さんには、何のことやらさっぱりでしょう。
この相手には、こうして多くを伏せていたとしても、書かれるのは嫌でしょう。
でも何事も無かったかのように、いつものノリで関係ない文章を、ヘラヘラと書く事はできませんでした。
きちんとここに記しておきたかったのです。


3月22日
自分の力量と限界と現実を知った日。
忘れません。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月22日 (火)

僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い35 性格は外見から変えてしまおうと思ったのです

201603223

僕の頭は真っ赤なのは皆さん知ってるのかな?
頭ちゃいますね。
髪の毛が真っ赤なのです。


色々と弊害はあります。
怖がられる、警戒される、目立ってしまう、視線が集まる。


メンテナンスも大変。
赤色というのは髪に浸透しないらしく、すぐに落ちてしまうのです。
だから、シャンプーはスピード勝負です。
1秒でもお湯をかける時間を短くし、1秒でも早く乾かす方が良い。
これは信頼する美容師さんのアドバイスです。
実際まさにそうで、すすげばすすぐほど、赤いお湯が排水溝に流れていき、透明なお湯にはならない。
多分続けていたら、赤色は全部落ちてしまうでしょう。


だからシャンプーは毛を洗うというより、頭皮を洗う感じで、毛に水分があまり付かないようにしています。
もちろん毛も洗うけど、ささっとクシュクシュして終わりにしてます。


そんな感じでバタバタと洗うので、風呂場も洗面台も、赤い水滴が壁に飛び散り、ピンクの水玉模様の壁紙になってます。
これはたぶんもう落ちないでしょうね。
髪を拭くタオルは真っ赤です。
このタオルは髪拭き用って決めておかないと、全てのタオルが真っ赤になってしまう。
洋服の襟元も後ろ髪が触ってピンクになってるし、枕も真っ赤で大変ですよ。


そもそも
何故赤色なのか?
自分でも良く分からないのです。
仕事中に髪の事を聞かれたら、hideを感じられるから みたいな事を言います。
嘘ではないけど、全てでもない気がします。
色も
赤じゃなくて、白髪のようなシルバーにする案も最後まであったくらいです。


変身願望が強いんだと思います。
病気になるずっとずっと前から自分が嫌いだったし、別人になれるのなら、そうしたかった。
髪の色を変えたのは、自分を変身させる儀式のような意味合いがあったと思います。
こんな色の頭をしている人間が、マイナス思考で、死にたがっているなんて、誰も思わないでしょ?
自分のやりたい事を何でも自由にやって、活動的、エネルギーの塊のようなイメージを持つかもしれない。


手始めに見た目から変えて、自分を追い込んでしまおうという考えがありました。
こんな派手な色の外見なんだから、性格もそれに付いていくようにしようとね。
どうなんだろうなぁ。
多少は明るくなったかな?
見られる事に慣れて、外に出る事は増えました。
ケロリンコペンの屋根をオープンにして、走っていると、あまり見ない車に、真っ赤な髪の男が運転している。
すんごい見られます。
それを楽しめるくらいにはなってきましたけど。


いつまで赤い頭でいるのか? と聞かれることがあります。
早くやめろというより、好奇心から聞かれている感じです。
hideもどうして赤い髪なのか?聞かれる動画がYouTubeで見れますが、そこで40、50になっても赤い髪を愛してください?みたいな事を言ってます。
それが叶わなくなって、悲しいですが、僕も40,50まで赤いような気がします。


そうそう、美容師さんが言ってました。
「まさ爺君の頭を見て、連想する人物は2人いると思うよ。 X全盛期を知っている人は、hideを連想。 子供や若者はワンピースの赤髪のシャンクスを連想。 このどちらかだろうね」と言ってました。


帰宅して、染め直してきた綺麗なまだ一度も色落ちしてない赤頭をみてT珍(母)が言ったのです。
連想する第3の人物を。


「マクドナルドのドナルドみたい」(笑)
ありゃアフロっぽいだろ!!赤いのは同じだけどね。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月21日 (月)

あぁ、食い道楽 珍しく嫌いな物の話

僕はお赤飯が苦手なのです。
まずあの小豆。
ぱさぱさしてて、味がある訳じゃないし、色付けの為に入れてるのは分かるんだけど、本当に入れる必要があるのか?


そして、ごま塩をふって食べたりしますが、ごま塩もいまいち好きじゃない。
塩だけでいいだろうと。


おかしいのは、
小豆だけど、粒あんは好きである。
たいやきなどに入っているアンコ。 あれも赤飯に入っている小豆と同じ物なんだよなぁ。
でも、赤飯に入ると嫌なのだ。


次にごま塩。
胡麻はすきで、胡麻のアイスクリームとか大好き。
でも、赤飯に入ると嫌なのです。


後は焼きそばに入っているキャベツが嫌い。
とんかつなどに千切りキャベツが乗っているのは大歓迎。
あれがあるからあっさりと食べられると思う。
ロールキャベツも好きだ。
でも、焼きそばに入っているキャベツは、シンナリしているようで、芯があったり、硬いのか柔らかいのか?
味のアクセントにもなってないし、多少しか見た目の色合いに貢献していない。
要らないと思う。


このように、あれは好きだけど、これに入れられると嫌いって言う物、他にもありそうである。
あ、ショートケーキに入っている苺はすきだけど、パックに入っている苺や、苺狩りなどで食べる苺はあまり得意じゃない。
これはたぶん酸っぱいからだと思う。


話は戻って、赤飯の話ですが、北海道は赤飯は甘いものらしいです。
和菓子は、餅とあんこ。
赤飯も、もち米と小豆。
きっと栗ご飯でも食べるように、甘いごはんもいけるのかもしれない。
でもちょっと食べたいとは思わないのですなぁ。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月20日 (日)

ダイエット奮闘記 あれ?痩せた?と言わせたい

久々のダイエット奮闘記です。


書かずに何をしていたと思います?
ダイエットですよ(笑)


現在の状態
体重 85.5㎏
体脂肪率 量る度に変わるけど、30%前後 です。


ピーク時が98kgだったので、12㎏痩せた事になります。
僕としては、何もこちらから言ってないのに、 「あれ?まさ爺痩せた?」って言わせたいのね。


でも100㎏近かった人間が10㎏痩せてもね、見た目変わんないんだよねぇ~w
誰も言ってくれないし(笑)


あと15㎏痩せねばなりません。
こういうと、無理しすぎなように聞こえますが、15㎏落とせたとして70㎏になったとすると、その体重は、身長178㎝の僕の標準体重になるのです。


あの標準体重というやつは、細マッチョなどでなく、ややぽっちゃりくらいの体重なんだよね。
だから70㎏を切りたいけれども、お腹の脂肪が取れたら、それだけでもいいかなとも思ってます。
甘い物も絶ってるけど、週イチくらいは食べたいしねぇ。


とにかく、無理してるというより、健康的な身体になるためにやってる事なので、身体をいじめているというよりは、健康に向かっているという感覚です。


食事は朝食を少々たべて、お昼にパン一口くらいかじる。 夜は半ライスだけど、おかずを普通に食べています。
深夜の夜食は完全にやめました。
相変わらず運動は出来てません。 身体が軽くなってきて、膝の痛みが無くなりました。 ちょっと安心してます。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月19日 (土)

今日のYouTube 今更アデルがやってきた、目覚めよ日本人

アデルという女性ミュージシャンがいる。
彗星のごとく現れ、世界中を席巻している。
そんなイメージなのだが、日本人が知らなすぎる。
誰それ?って人がほとんどだと思う。


経歴を少し紹介。
イギリスの歌手。
英国人気投票企画「サウンド・オブ・2008」にてトップに躍り出たことで勃興し、同年のデビューアルバム「19」がチャート初登場1位を獲得、2009年の米国グラミー賞で最優秀新人賞と最優秀女性ポップボーカルパフォーマンス賞の2部門、2012年の同賞で主要3部門を含む全6部門の賞を獲得、2012年9月時点で、全世界での総売上が2300万枚を突破、これは21世紀に入って以降の最大売上にあたる。


という輝かしい経歴の持ち主。
容姿は、物凄い美人ではない。
そして、かなりふくよかである。
お腹なんてあまり映さないようにしているが、臨月の妊婦のよう。


でもね、歌は抜群です。
日本人は、海外アーティストだとファッショナブルだったり、美人だったり、お人形のような容姿である事が条件のような所があるけど、アデルはどちらにも入らい。
先に書いたように、かなりふくよかだし、美人でもない、ただ最近痩せて、かなり綺麗になった。
歌詞も暗く人生の辛さを書いたものが多く、恋愛のドキドキ感などを書く事は無い。
でもね、歌は抜群です。


マライやキャリーのように7オクターブの声が出るわけではなさそうだし、
レディー・ガガのように力強い歌い方もしない。
でも、この人何か、そうとう辛い事を乗り越えたような、人生の辛さを知っているような、哀愁があるような声なのである。


僕はアデルを一曲聴くだけで虜になった。

毎週金曜日は音楽チャートを紹介して、その曲を流していくラジオ番組をかけるのだが、日本のランキングに入ってくる曲はAKBだの、どこそこの声優がアニメ声で歌う曲ばかりで、聴く側のレベルの低さを嘆いている。


なぜアデルのような人がランキングに入ってこないのか?
なぜ日本人はアニメ声の子供向けみたいな歌を大人が夢中になっているのか?
レベルが低すぎる。


さて、人には好みがあるのだから、これ以上レベルの話をしてもしょうがない。
実際に聞いてもらいたい。
日本語字幕付きなので、いかにチャラチャラしてないか分かると思う。
ぽっこりお腹も確認できるでしょう。
お茶目な一面もラストに見られます。


Adele(アデル) 「When We Were Young (Live at The Church Studios) 」
https://www.youtube.com/watch?v=aP99ba036sw


Adele (アデル)「Hello」
https://www.youtube.com/watch?v=6tt4CElQbYo&ebc=ANyPxKruDaxvhiD8DS0yl8DknTcBr3cSKKwetthjAr3ADogroLtn8_4BWNEdgZ6a9T2i2tkYVP91-fb2dGe8EnkcwalttcEAqw

2016年3月18日 (金)

僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い34 信頼から来た誘い、男2人のドライブ

昨日貴重な体験を2つしたと書きましたが、その2つ目の話です。


かずのすけ(姉)から連絡があり、今日、甥っ子を何処かに連れて行ってほしいとメールが届いていた。
熟睡していて着信音に気づかず、読むのが1時間以上遅れてしまったのだけど。
甥っ子には、迎えに行くまでに行きたい場所を考えておくようにと伝え、急いで準備。


甥っ子が行きたいと言う場所は日帰りで帰ってこれる場所ならば、どこまででも連れてくつもりだったが、意外にも結構近い場所を言ってきた。
ツインリンクもてぎという、サーキットである。
レーシングカーやバイクのレースを見たいのかと思ったら、アスレチックがあるから行ってみたいとのこと。


今日は全て甥っ子にやること決めさせる事、その段取りも自分でやらせる事、と勝手に決めていた。
行きたい場所を決めるのもそうだし、カーナビのセットもやらせ、ケロリンコペンの屋根をオープンにするスイッチも押させた。


ツインリンクもてぎは、お隣でありライバルである栃木県にある。
車で1時間半の距離だった。


この日甥っ子は習い事のスイミングがあるので、16時45分までに帰さないといけないらしい。
ツインリンクもてぎは15時には出ないといけないのだけど、到着したのが13時。
結構タイトなスケジュールである。
ゴロゴロ寝てないで、すぐにかずのすけのメールを読んでいれば・・・・・
このメールに気づかずに時間が遅れた事で、後々地獄を経験する事にろうとは・・・・


時間が無いから一番遊びたい事からやろうという話をすると、100m以上あるかな?
斜めに張られたワイヤーに滑車をつけて、ぶら下がりながら、しゅーーーーっと滑っていく物をやりたいという。
OKOK、地上50m以上はゆうにあるような空中を走るので、ちょっとスリリングだが、僕もやらねばなるまい。
受付に行くと甥っ子の体重を量った。
なんと1㎏足りない。
軽い方が良いような気がするが、それは逆で、重さがないと途中で止まってしまってダメらしい。
5㎏足りないならともかく、1㎏とは・・・・
ご飯食べに行ってみたらと思ったが1㎏なんて食べられないだろう。
じゃぁ、重りか何か1㎏ぶんつけたらいいじゃないですか?と言ったのだが、困り顔で却下された。


それと似たような、滑る系の遊びがもう一つあるらしのだが、それは身長をクリアするだけでOKらしい。
甥っ子は身長をクリア。
何とかなりそうだと思っていたら、レクチャーやら、何やらで、終わるのが16時だという。
15時に出ないといけないので、これも断念する事に。


甥っ子がではと言って決めた事は、やはりアスレチックだった。
このアスレチックが厄介で、山の中にあり、宝の地図(アニメに出てきそうなカラーでお宝の位置とかが書かれている、いかにも宝の地図って感じ)を渡されて、謎解きをする事に。
僕は甥っ子に地図を渡し、今いる場所、次行く場所を指示させる事にした。
大人に言われるままに動いて、はい終わり とはしたくなかったのだ。
が、簡単な地図とはいえ、案内するのはちょっと難しかったみたい。
地図持ちながらアスレチックはできないしね。
仕方なく地図は僕が持ち、次行く方向も教える事になった。


寄らないといけない箇所が、12あるのだけど、全部回らないと答えにたどり着けない仕組みになっていて、
つまり山の斜面を登ったり下りたりを頭を使いながら、やらないといけない。
しかも地図担当になってしまったから、甥っ子の早い歩きについて行って、道を指示しないといけない。
きつい・・・・(笑)


途中途中にスタッフがいて、色々と自然の事を教えてくれる。
どのスタッフもサービス精神旺盛で、品が良く、子供に分かる言葉を使ってゆっくり喋ってくれる。
素晴らしい。
冬眠しているカブトムシの幼虫に触ったり、カエルの卵を触ったり、ヤゴやイモリ?ヤモリ?を水槽からだしてくれて、目の前で観察させてくれたりと、かなり面白かった。


が、階段のアップダウンは厳しく。
しかも帰らないといけない時間がどんどん迫る。
全ての箇所を周らないといけないし、近道も無いのである。
15時までに間に合うか微妙な時間と距離になってきて焦るし、急ごうにも足がパンパンで息切れがひどく、早く歩けない。
あぁ、いかに運動不足なのか・・・・


全てのアスレチックと謎解きを終え、インフォメーションに行き、甥っ子に報告をさせる。
すると、担当のお姉さんが、お宝と4か所あった問題の答え合わせを始めた。
甥っ子は全問正解。
僕よりもずっと賢いな・・・・


もう本当に5分も遅れられない時間になったので、急いでコペンに乗って、帰路につく。
が、お昼を食べる時間が無かったので、朝食を食べてから15時まで何も食べてないとの事。
僕も同じであった。
コンビニに寄るから、何でも好きな物を買っていいからね。
でも、セブン、ローソン、ファミマ、その他マイナーな、どのコンビニがあっても、最初の見つけた所に入る事。
食べたい物を決めておき、入店したら、その商品をとってすぐに店をでる事。と条件を出した。
食べるのは運転しながらだ。
とにかくナビの到着時間の予想だと、10分くらい遅れて到着し間に合わない。
でも安全運転で、でも急ぐという走りで、少しずつ到着予想時間が早まっていき、なんとか習い事までには間に合った。


思い返せば、ケロリンコペンの納車の時も、この甥っ子と男2人で、出かけたっけなぁ。
今度また何処かに行こうという話をすると、プールか海に行きたいと言う。
OKOK、行こう行こうと言ったのだが、一つ気がかりが。
このポッコリお腹、水着を着たら、隠しようが無い。
T珍(母)にその事を言ったら、
「Tシャツ着てればいいじゃん」という。
アホか。
流れるプールに甥っ子が入ったらどうするんだ?
どこ行ったか分からなくなるじゃん。
海なら尚更。危険がいっぱいである。
自分も水着になって、Tシャツなど着ないで、常に隣を泳ぐしかない。
ダイエットに気合を入れるまさ爺でした。


かずのすけ(姉)が、子守りを押し付けているのではないのです。
僕に子供がいない事もあるし、病気がだいぶ良くなってきて子供を任せられると思うようになってくれた事もあるかもしれない。
まさか、僕に運動させる為じゃぁないだろうけど(笑)
いずれにしても、やはり僕を信用してくれてる事は感じる。
有り難い話である。
「今日はありがとう」と言うかずのすけに、「いやいや楽しんだのは僕の方だし、貴重な体験をさせてくれてありがとう」と返した。


とても疲れたし、日付変更を待たずにすでに足が痛いのだが、心はとても充実した一日だった。
プールに行くまでに、痩せねばなるまい!

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月17日 (木)

僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い33 信頼から来た誘い、一生縁の無い場所へ

今週は貴重な体験を、2度ほど させてもらいました。
そのうちの1件の話を。


かずのすけ(姉)と2人だけで店番をして、その時に今幸せだよと話しをした、その後の出来事があるのです。


閉店時間になり、片付けを済ませ、ガスを止め、ボイラーを消し、電気を消し、倉庫兼更衣室でコートを羽織って、さぁ帰ろうとしたら、かずのすけが、突然言ったのです。
「これから娘(僕の姪っ子)を迎えに行くけど、一緒に行かない?」と。
僕は驚いてしまいまいました。
婆ちゃんであるT珍(母)を誘うならばともかく、叔父の僕をとは。


これは親ばかで、うちの子可愛いから見て見て という事ではないと分かる。
何しろ僕はかずのすけにかなり傷つく言葉をぶつけた事があるのです。
子供の話しを何時間でもしていて、昔の面白かったかずのすけはいなくなってしまったと。
今思えば、バカすぎる発言である。
どれほどの覚悟で子を産み、育て、苦労しているか。
24時間子供の為に動いているのだ。当たり前の事なのに。
自分が恥ずかしい。
当時は体調もずっと悪く、心に余裕は無いし、考え方も一方的だったとはいえ、あまりにひどい言葉を言ってしまった。
僕は子供が怖かったが、今では姪っ子甥っ子を可愛く思える。
なんであそこまで子供を拒絶していたのか? 自分でも分からないのである。


それが今は無い事もかずのすけは知っているし、病気がひどかったんだからしょうがないよと許してくれている。
申し訳ないやら、情けないやらである。


かずのすけが僕を幼稚園に誘うという事は、僕の子供に対する態度や考えが変わった事を確信し、子供にも、僕にも、両方に害が無いと思えるようになったからであろう。
もっといえば、僕を信頼してくれるようになったのだろう。


かずのすけは誘おうか迷ったと、この更衣室で言っていたが、そんな事遠慮しないでどんどん言ってよと言った。
こうして僕は幼稚園に行くことになった。
人生初であり、僕の一生には全く関わりが無いであろうと思っていた場所である。
子供がいない僕は、まず行かない場所。
普段一人で行ったら、この赤頭だし、目つきは悪いで、通報されるかもしれない。


さて、かずのすけは常に時間に追われているので、運転が荒い。
飛ばす飛ばす。
ケロリンコペンのアクセルを踏み込む。
幼稚園は県道の道路沿いにあり、何度も車内から見た事はあるのだが、到着して驚いた。


駐車場がとんでもなく広い。
車100台は止められる。
そして道路から見ていた建物は、全体の一部で、見えていた部分の3倍はあった。


かずのすけと一緒に姪っ子のいる建物に向かう前に・・・・・
面白い物があった。
今日子供たちに食べさせた給食が透明なケースの中に飾られていた。
今時の子供はどんな物を食べてるんだ?興味津々。


タンドリーチキン、ジャガイモとベーコンのマッシュポテト、人参いりのパン、野菜たっぷりのコンソメっぽいスープ、牛乳。
全て旨そうである。


さて、姪っ子に見つからないようにこっそり、窓から中の様子を観察する。
あっさり見つかってしまった。
多分、赤い頭が目立ったのだろう・・・・
そういえば、先生やらママさんやらが、僕の事を振り返って見ていたそうだ。
ま、そんなのはどうでもいい。
人の目など、どうでもいい。
子供を拒絶していた僕が、ここにいる事が重要なのだ。


ママを見つけた姪っ子は、手を叩いて、大喜び、駆け足で、かずのすけの所に寄ってきた。
いつもはマッサーマッサーと言いながら寄ってくる姪っ子だが、なぜこの場所にいるのか理解できてないらしく、ちょっと照れている様子で、かずのすけの首に抱き着いて、こっちはほぼ無視(笑)


でも来てよかった。
誘ってくれて嬉しかった。
とにかく感謝という言葉だけが頭に浮かんだものである。
貴重な体験をした夕方だった。
生きてると面白い事が起こるものですね。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月16日 (水)

今日のYouTube ケンタッキーフライドチキン I'm hungry

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

今日、お届けするのは、ケンタッキーフライドチキンのCMです。
日本だと、芸能人がフライドチキンをかぶり付く絵のCMばかりですが、このCMは違います。
最後のシーンまで内容とフライドチキンが結びつきませんが、最後になるほどねとなります。

詳しくは書きませんが、途中であれ?っと思うはずです。
2回見たくなるタイプのCMですね。

ケンタッキーフライドチキン I'm hungry へのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月15日 (火)

僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い32 1日30時間くれ

ケロリンコペンを買って、外出が増えた。
婆ちゃんに会いに行ったり、hideの墓参り&Xのライブに行ったり、トシ・ヨロイヅカに行ったりである。
日曜にT珍(母)の買い物の運転役を買って出る事も始めた。


その時の車内で、T珍に言ったのである。
まだ僕が自殺する可能性を考えてしまうか?と。
返事をさせる前に僕は続ける。
弟がいなくなってしまってから、最初の数か月は、僕の寝息を確認しに部屋に忍び足で入ってきては、僕の顔にT珍の顔を近づけ寝息を確認する。
ちょっと外出して、夕方になり、暗くなってくると、「今どこにいるんだ?」と電話がかかってきたり。
まぁ、書けばいくらでもあるのだが、そういう心配はさすがに無くなった。
でも、心配はまだしているのか?と。
返事は聞かなかった。
しているに決まっているからである。
でも聞いてくれと言った感じで僕は一人喋り続ける。
自殺はありえない。と言ったのである。


なぜなら、今、僕はとても幸せなんだよ と言ったのである。
考えてみると自分でも不思議なのである。
悪い波も相変わらず来るし、朝は身体が思うように動かず起きられない。
仕事も週に2に日くらいしか出てない。
だから全然病気は横ばいで、何も変わっていない。


が、発想が変わった。
やりたい事が沢山あるのである。
ブログを書く事が楽しい。
コメントに返事を書くのが楽しい。
キーボードの練習が楽しい。
いずれ作曲するのが楽しみ。
婆ちゃんに会いに行くのが楽しい。
トシ・ヨロイヅカに行くのが楽しい。
老犬の魅力が出てきたブブ彦を見ているのが楽しい。
姪っ子、甥っ子の成長が楽しみ。
お店のお客さんが増えてきたのが嬉しい。
アメリカのドラマを見ているのだがそれが素晴らしい出来で楽しい。
NHKの朝ドラも良い出来で、楽しみ。
スターウォーズの新三部作が非常に楽しみ。
読みたい本もたまってきている。


まだ探せばあるだろうが、更新が遅れている事から分かると思うけど、今日も寝落ちしたので、まだ頭が回っていない。
とにかく、1日24時間じゃ足りないのである。
睡眠時間を削れよって思うかもしれないけれど、うつ病対策として規則正しい生活、昼夜逆転はまずい。
寝落ちして3時間寝たから、この時間(深夜2時です今)に起きてるけど、本当は寝てないといけない時間。


話が逸れてしまったね。
一日30時間欲しいのだ。
毎日毎日、いい意味で、何かに追われている気がする。
今日は何をしようって思うし、
明日になるのが楽しみである。
死ぬなんて勿体ない、とんでもないと思うし、この歳から人生第2部だと思う。
第2部は、人目なんて気にしてられないし、人の評価も、人の噂もどうでもよく思える。
僕は何歳まで生きられるか分からないし、自殺の可能性もゼロにはならないだろう一生。
問題は、死の間際に、いい人生だったとか、やり残したことはないとか、看取りに来た人たちにありがとうと言える人生にしたいのである。


と長々と書いてしまったが、T珍に言いたかった事はシンプルで、
僕は今、幸せだ という事なのです。
こんなにくどい言い方はしてませんよ。
もっと簡潔に幸せだと言ったんだけど、それを聞いてとても安心したとT珍は言ってました。


まぁ、また悪い波は来るだろうし、ハッピーだなんて思えない時も来るだろうけどね。
でも、病状や環境は何も変わってないのに、発想が変わっただけで、こうも景色が変わってくるものかと自分でも驚いている。


T珍にそうやって車内で話をしたけど、Pちゃん(父)には言ってない(笑)
夕食の時にでも言えば1回で済むから楽なんだけど、何となくPちゃんとは距離があるのである。


そしてもう一人心配な人物がいる。
かずのすけ(姉)である。
僕が仕事に出ない日は、しょっちゅうT珍に、マッサーは大丈夫かな?っと言っているらしい。
申し訳ない事です。
だから、昨日、かずのすけと2人だけで店番をする時間があったので、T珍に言った事と同じ事を話した。
ちょっと泣いてたねかずのすけ。
どれほど心配かけていたか改めて分かり、申し訳なかったし、安心してくれるように少しはなっただろうから、僕は心が軽くなった。


変な話だが、弟がいなくなった事で、家族の絆は深まった。
当たり前に生きているのではなく、生かされているとも思う。
後悔しない選択をしたいし、笑顔で生きたい。
もっと家族に何でも話しをするようになったし、
時間と言う物を意識するようになった。
有限だという意味でね。


もちろん、アラフォーになり、人生の半分以上来てしまった事もあるでしょう。
でも、病気になったからと、弟の事が大きい。
病気になり、多くの事を失い、多くの人が僕から去っていった。
それは辛かったが、病気になって得たものも多い。
僕は病気になって得たものは宝物だと思っている。
上手く言えないのだけど、感謝や恩返しやら、精一杯生きるようになった事とかかな?
病気になって良かったとすら思えるのである。


この境地になれたのは、どうしてなのか分かりません。
分かるなら、病気で苦しむ人の救いになるのですが・・・
ヒントは発想かもしれません。
環境も体調も変わってないのに、一日30時間欲しいとか、明日が楽しみだと思えるのは、感謝といかに自分が恵まれているか、ひがみをすて、他人の目を気にせず、自分だけの価値観で行動するようになったからかもしれません。


今日の話を読んだくらいじゃ、変われないよね。
でも、ヒントくらいになってくれたら、きっかけになってくれたら嬉しいなぁ。
あぁ、時間が無い時間が無い。
ピアノの練習はさぼってます。
時間が欲しいからじゃないです。
サボリという言葉の意味そのものです。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月14日 (月)

ガッツリDTM 012 久々の戦メリ秘密特訓 最初から鍵盤を見ないことに

Img_0566_2ここ1週間くらいさぼっていたピアノ?(ピアノとは違うのか?それすらわからんです)キーボード?を出してきて、戦場のメリークリスマスの練習再開です。


写真中央の画面がパソコンの画面で、写っている物が、楽譜と押す鍵盤が一目でわかる動画です。


鍵盤がピンクに光っているのがわかるでしょうか?
ここを同じタイミングで押せば、曲になります。


音量は最小限にして、かすかに聞こえるくらい。
自分の押した鍵盤と画面の音が違ってないか確認するだけなので、ちぃ~~さい音です。


そして左に写っているスマホもただ写ってしまったわけではありません。
こちらはキーボードのスピーカーをやってもらってます。


右端に暗~~~~く写っているエスプレッソに気が付いた人は、、、、、、、すごいですな。(笑)
ただいまこの話を書いているのは、深夜4時半なので、寝落ち防止のカフェイン摂取なのであります。


さて、肝心の練習の進み具合ですが、飽きっぽいので、15分やって休憩です。
ブログでも書いて、気分転換しよ って感じです。


右手、左手、それぞれ、どこを押すかは曲の冒頭2小節だけですが、覚えました。
が、同時に左右別の動きをするとなると、難しい。
毎日3時間練習したら、すぐ一曲弾けるようになるのかなぁ?


そして決めました。
この2小節だけの超初心者の段階なのに、鍵盤を見ない事にしました。
見ているといつまでたっても、ぎこちないからです。
見ているとワンテンポ遅れるのです。


感覚で鍵盤の幅、位置を覚えてしまえば、後々楽できるでしょう。
このやり方間違ってるかなぁ~、早すぎるかなぁ?
でもいずれ、見ないようにしないといけないだろうし、早い方がいいような気がして。

これくらい弾けたらいいなぁ
https://www.youtube.com/watch?v=cojXQ7BttGY
教授(坂本龍一先生の事ね)にピアノ教わりたい。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月13日 (日)

あぁ、食い道楽 結局ホワイトデーのお返しはどうなった?

トシ・ヨロイヅカで美味しい物を食べて、ホワイトデーのお返しも買ってっ来ようと思ったのですが、ケーキや焼き菓子は売らないでサロンだけの営業日(火曜はそうらしい)だったので、ホワイトデーのお返し計画が白紙に戻ってしまった。


トシ・ヨロイヅカの焼き菓子にするからねとは言って期待させちゃったので、困った。
東京ミッドタウン内を見てみて、良さそうな物があればそれにする事にした。
茨城に帰って、コンビニのお返しじゃぁ、申し訳なくてね。
普段、僕が仕事に出られない事で、迷惑をかけているから、せめて旨い物でも食べて癒されてもらいたい。


ミッドタウンに入り、テナント一覧を見ると、キャラメルで勝負している店がある事が分かった。
っというか、意外にもスイーツ屋さんは少なかったのである。


和菓子の有名店、虎屋も入っていたので、のれんをくぐってみた。
T珍(母)が最近、栗蒸しようかんが食べたいと言っていたのだ。
が、小さな桜餅。
本当に一回り小さいのだが、それが450円。
他の商品も高い。
肝心のようかんは、栗が入っているか確認出来なかったが、値段が20センチくらいの長さの物で4000円って書いてあったような・・・・
いや、近くまで行かなかったし、目と人相は悪いから見間違いかもしれない。
いずれにしても、虎屋、もう入る事はないだろう。
食べてみたいけどね。どれほどのものかと。


さて、キャラメルで勝負している店。
名前は忘れてしまったが、7割はキャラメルを使った商品。3割がチョコレートを使った商品だった。
かずのすけ(姉)へのお返しはここで買おうと決めた。
問題はT珍(母)。
キャラメルは苦手、チョコは大嫌いなのである。
チョコはやめとこう。
キャラメルで我慢してもらうしかない。


キャラメルのソースが入った、クイニーアマンにすることにした。
クイニーアマンとは、バターの菓子という意味のお菓子で、パイ生地をカラメルでコーティングしたカリカリしてて、中はしっとりしてバターが香る。
これにキャラメル味のソース入っているようだ。


クイニーアマン自体は、数か月前までセブンイレブンのパンコーナーで売っていた。
ローソンのドーナツコーナーでは今も売っているかもしれない。


大きさは直径5センチくらいの円形。
色は茶色。
いくつ買うか考えたた、1人1個じゃぁ寂しい。
小さいからね。
ひょっとしたら美味しくて、もっと食べたくなるかもしれないから、ちょっと多めに買う事にした。


ただカラメルがシンナリしちゃうからだろう。
賞味期限は今日中というから、大丈夫だろうか?


その時スマホが鳴って、かずのすけからLINEが。
お店が忙しかったらしく、食材が無くなってしまったという。
帰りに仕入れてきて、“やらいでか”に届けてくれという内容だった。
丁度、お土産を買い終わった所だったし、丁度、かずのすけに、クイニーアマンを渡す事ができる。
平日の仕事をサボって、遊んできたのだから、お安い御用でゴザル。


ケロリンコペンに乗り込み帰路につく。
首都高はナビがあるから、まったく怖くなくなった。
大阪程じゃないだろうが、江戸っこの運転もせっかちで、グイグイあおってくる。
そういう車を見習って、アクセルを踏み込んだ方がいいのか?
早く帰って買い出しに行きたい。
が、スピード違反で捕まらない保証はない。
事故るかもしれない。
我慢して、あおるくるまを先に行かす。


無事茨城に入り、高速を降り、買い出しを済ませ、お店に到着。
T珍が出てきて、食材とかずのすけへのお返しを受け取った。
ここで反省する事になるのだが、僕は何台もの車にあおられて、緊張から疲れてしまっていた。
T珍を手伝って仕込みをすればよかったのだが、食材だけを渡して帰る事に。
T珍の方が疲れているだろうに。


夜。
T珍が帰宅する。
手伝わないで帰ってしまってごめんと言うと、笑って気にするなと言っていた。
逆に申し訳なくなった。


夕食後に買ってきたクイニーアマンを食べる。
なんたって賞味期限は今日中だから、今食べるしかない。
T珍は、意外にもキャラメルが苦にならないらしく、1個完食してくれた。


今日は何を食べてきたんだ?という話になり、3皿食べた事を白状。
やや呆れられた。
そして、夏に桃のコンポートが始まったら、3人で食べに行こうという事になった。


私たちも2皿は食べるよね。 と話しをするP(父)とT珍。
やはり親子だなと思ったものである。


翌日。
かずのすけ(姉)からメールが届いた。
昨晩、チビたちがこのお菓子は何か?と聞かれ、クイニーアマンと言ったのだが、食い逃げマンに聞こえてしまったらしく、子供たちは食い逃げマンコールで大盛り上がりだったそう。
案外、このお菓子で良かったのかもしれない。w

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月12日 (土)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ チョコとベリーのスフレ

20160312トシ・ヨロイヅカに来ているわけですが、禁断の3皿目の突入。
後悔は無い。
味わって食べるだけである。


3皿目は、チョコレートとべりーのスフレです。
エクアドルの鎧塚ファームから送られてくる、最高のカカオで作ったチョコレートが使われています。


お腹が苦しいのにこれを頼んだのは、ベリーが入っていて、さっぱり食べられそうだと思ったから。
また、ココット皿を見る限り、小さそうである。
しかし、写真のように山になって出てくるのですが・・・(笑)


スタッフが説明してくれます。
まず普通に食べていただき、それから(写真2に写っている小瓶)小瓶に入っている苺ソースをかけて食べてみてください と。


スフレはね、焼きあがった状態がピークで、あっという間にしぼんでしまうので、1秒でも早く食べないといけないのですが、写真を撮らないといけないので、素早く撮りました。
スフレを食べる時はいつもこのバタバタ状態になります。


写真2のように、グルメ番組のようにスプーンで持っている所をアップで撮ろうとしたのですが、全然だめですね。下手で。


何もかけないスフレは、薄味のチョコレートという感じ。
ちょっと重い。
そこで先ほどの苺ソースをかけて食べてみたら(写真3)、ソースは酸味が強く、チョコレートの甘さと、仲良く甘いのと酸っぱいのを演出してくれました。


そして底の方に行くと、ベリーが出てきて、さらに味がフルーティーに。
ベリーだと思って食べたら硬い物がありました。
あとでスタッフに聞いたら、アーモンドだそうです。
歯ごたえの無いスフレに対して良いアクセントになってました。
ナッツ好きの鎧塚さんらしいですな。


トシ・ヨロイヅカだけで提供されるようになった、エクアドルの農場で採れるカカオ。
これを使ったチョコレートが、色々なチョコレート菓子に使われるようになったのですが、このスフレのチョコも、エクアドルのカカオです。
何が違うの? チョコレートなんてどれも似たような物でしょ? って思う人多いと思います。


たとえばゴディバ、
何も言われないで食べたら「これゴディバだね」と言えるでしょうか?
僕は言えません。


キットカットとキノコの山なら、違うじゃん、って言えるけど、それは形が違うからであって、味だけの食べ比べで、これはどこのメーカーのチョコだとか分からないですよね?
僕は分からない。


どこも甘ったるくて、否、甘すぎるといった方がいいかな。似たり寄ったりで。
でもトシ・ヨロイヅカのチョコレートは、もう味が全然違うので、トシさんとこのチョコだとすぐに、誰にでもわかるはずです。
カカオ豆のローストを可能な限り短くして、カカオ本来の味をだしているからです。
野性的ですよ。
個性的ですよ。
小さいころから甘ったるいチョコレートに慣れてしまった人には、トシ・ヨロイヅカのチョコは、こんな味はチョコレートじゃないと言うかもしれません。


でも僕はこの、トシ・ヨロイヅカのチョコレート大好きです。
他の店のチョコレートでは満足できなくなってしまいました。
その野性的で、香りが強くて、酸味があって、力強いチョコがスフレになっていて、ベリーの酸味とまた相性良くてね。
美味しかったです。
早く食べないといけないスフレ。
味わいつつ、急ぎつつ、3皿目のスフレも完食しました。


鎧塚さんがいないので、スタッフに伝言を頼みました。
「赤い頭がやっと来た」 と
「あと来るのが遅くなってしまってすみません」 と
「赤い頭と言えばたぶん分かると思います」 と。


鎧塚歴は長いのですか?と聞かれたので、半年に1回くらいしか来れないので、鎧塚さんには覚えてもらえないのですが、この頭にしたら、顔覚えましたからね って言われましてと言うとスタッフさん笑ってました。
たぶん鎧塚歴は5年くらいでしょうか?と言ったけど、冷静に考えたら、全然間違ってるよね。


だって、またお店が恵比寿店しかなくて、鎧塚という凄腕のパティシエがヨーロッパから帰国して、店を出したらしいという話が少しずつ広まっているくらいの時に、恵比寿店に行ったのが始まりだからね。
7~8年くらい?もっと?
調べたら、おそらく2006年に行ったのが始まりみたいですね。
10年じゃんねw
それくらい昔から通ってるけど、5年と言ってしまった。
ま、いいか。


そうそう、これを書かないと。
最近、トシ・ヨロイヅカのホームページで紹介が始まったのだけど、ショコラゼロという板チョコがあるのです。
砂糖の代わり天然成分の何とかってやつで甘味を出し、甘味を感じるようなカカオのローストをしたりしているみたい。
驚く事に、糖質ゼロのチョコレートです。


これを売ってくれないか?と言ったのです。
ショップの方はやってないから、無理を言って困らせるのは分かっていたけど、チョコレートなら日持ちするから、店内に数枚残っているんじゃ?と思ったのです。


スタッフさんも困ってました。
火曜日はカウンターでのスイーツ提供のみで、ケーキや焼き菓子は作らない。
物があっても一切売らないというのは、全てのお客さんに平等に守られないと、示しがつきません。


僕は、友達が糖尿病で、甘い物が食べられなくなってしまって、元気がなくなってしまったのです。
ショコラゼロがどんな物か僕が確認して、問題が無かったら、数枚送ってやろうかと思っていたのですが・・・・と。
まぁ、これ以上言っても、スタッフは困るだけなので、やめときましたけど、鎧塚さん本人に言ったら、きっと売ってくれたような気がする。


あと渋谷駅のすぐ近くにあるビル、ヒカリエ内のトシ・ヨロイヅカに、ショコラゼロがある可能性があるので、電話して聞いてみましょうか?と言ってくれた。
僕はそれはダメですと。
ケロリンコペンで来ているので、車で渋谷のど真ん中(駅の隣ですから)を走る事になるわけで、そんな恐ろしい事は無理です。行けませんと話しをしたのでした。


ショコラゼロの人気反響はどうですか?と聞くと。
結構売れてるとの事。
まぁ、ひねくれた見方をすれば、売れてないとは絶対に言わないだろう。
でもショコラゼロとは違う、3000枚限定の低糖質板チョコはあっという間に売り切れている事実が公式HPに載っていたのです。
売り切れちゃったから、最近その記事は消されましたけど。
需要はあるようですね。
来月行った時に買ってみようと思う。


それと鎧塚さんに会うために、他の店が休みである火曜にミッドタウンに来たのに、鎧塚さんはいなかった。
考えてみれば、自分が鎧塚さんだったら、休むとしたら火曜だろうなと思うようになった。
火曜に出勤しても、スタッフを教育したりチェックしたりするのは、ミッドタウン店の数人だけ。
他の全店開いている曜日に仕事に出れば、お店を回って全員の仕事を管理できる。
だからカウンターデザートだけしかやらず、最低限の人数のスタッフしかいない火曜日は、鎧塚さん休み取るだろうと。


やっぱり平日の夜に行くのが正解なのかなぁ?
夜だとお土産が無くなってるだろうしなぁ。
何曜日にこの店に来るとか決めると、その日以外スタッフの緊張感がなくなるから、抜き打ちのように全店舗に突然現れたりしているはずである。
こりゃ、中々会えそうにないねぇ。


来月は火曜と土日以外の日に行ってみるつもり。
ショコラゼロ、何としても手に入れたい。
ローカーボ(低糖質)スイーツも売っているならば、味を確認したいのです。
こちらも来月買えないか、聞いてみたいと思います。


っというわけで、3月のトシ・ヨロイヅカ、レポート、これにて完結。
4月のレポートをお楽しみに。
鎧塚さん、どこにいるのぉ~~~~

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月11日 (金)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ タルト・タタン

20160311トシ・ヨロイヅカに来ているわけですが、2皿目の紹介。
当然2皿食べますよ。
なかなか来れないし、普段甘い物食べないようにしているし、この日は朝食抜きでお腹をカラにしたくらいですから。


2皿目の名前は、タルト・タタン。
昔タタン姉妹という実在する人物がいて、アップルパイだか何だかを作ろうと思ったけど、失敗してしまったとかで、その失敗作を何とか食べられる形にしたのがタルトタタンの始まりらしいです。


リンゴを飴色になるまで焼き。
リンゴ1個が3分の1、4分の1くらい高さになるまで焼くみたいですね。
リンゴの味は濃縮されるわけです。


しかも表面をカラメル???でコーティングして、リンゴジャムのようなトロトロになったリンゴを、リンゴ飴のようにコーティングするという手間のかけようで。


下から説明すると、(普通上から説明するのかな?w)タルト、カスタードクリーム、さっき説明した、トロトロカリカリ甘酸っぱいリンゴ、シナモンのアイス、リンゴチップス
となってます。


これがあと1週間くらいで提供をやめるそうです。
リンゴの旬が終わるからですね。
食べられてよかった。
弟が一番好きだったのが、このタルトタタンでした。
これ旨いから一口食べてみてよって言われたっけなぁ。
っとシンミリするのかと思いました?
しませんでした(笑)
もう、そうそう泣かないぜw
だってこの2皿目も旨いんだもん。


リンゴの酸味が去年よりもあるような気がするけど、品種を変えたのか?焼き方を変えたのか?
カラメルのコーティングは、去年はやっていたかなぁ?
やったとしても、記憶に無いくらいだから、薄くて簡単にナイフで割れるくらいだったはず。
今年のは、ちょっとカラメルが厚めだったね。
でも、だからこそ酸味の強く感じるリンゴとバランスを取っているような気がします。


トシ・ヨロイヅカのカスタードクリームは、甘すぎず、硬すぎず、バニラの香りがしっかりあって、軽いのですが、それと土台のタルトを一緒に食べると、また旨くてね。
タルト&カスタードを食べては、リンゴを食べてと交互に口に運びました。


それとシナモンのアイスって珍しいですよね。
リンゴとシナモンの相性は言うまでもないですが、このアイスがリンゴの酸味とカスタードの甘さを、リセットしてくれて、これまた計算されてるなと感じました。


2皿目も綺麗に完食です。
お腹いっぱいです。
そしてまさ爺は悩みました。
何を悩んだって?


もちろん3皿目行くか?って事です。


朝食を抜いたせいで、お腹に空きスペースはあとちょっとあります。
タルトタタンの酸味で、甘い物はもういいや ともなってません。
気持ち悪くもないし、食べられな事はない。
ダイエット中という事が頭をよぎります。
どうしよう・・・
ええい。
朝食だけじゃなく、夕食も食べない。
それでもカロリーオーバーになるだろうけど、3皿目行ってみる事に。


スタッフに聞きました。
○○は重いですか?
結構苦しいのですが と。
伝票を見ながら、スタッフが言います。
重い物を2つ食べられてますからね。
量はどんなもんでしょう?
などとやり取りを色々して、最後に一つお願いをしました。


少し時間を空けてから作ってくれませんか?
作るのもゆっくりでいいです。
っと、ちょっとコーヒーを飲んで、リフレッシュしたかったのです。
すると、作るのに20分かかる物なので、大丈夫かと思います。との事。


このリフレッシュタイムに、2人のおば様が入店してきました。
席に着いたのですが、この店は食事はできないのか?と聞いてました。
スタッフがここはケーキ屋である事を告げると、おば様2人は席を立って出て行ってしまいました。
僕はスタッフの女の子に言いました。
もったいないなぁ。
一度食べたら、この店のすごさが分かるのに。っと
スタッフは笑顔で、お食事がしたいのですから仕方ありませんよと言ってました。


食事を抜いて、食べに来ている僕と、食事がしたくて出て行ったおば様。
やっぱり僕は、一皿だけ食べたら、スイーツの概念が変わるのに、勿体ないと思ってしまう。


さらにもう一組のお客さんが来店します。
お婆ちゃん2人組で、お婆ちゃんって(何て言うの?)ベビーカーのような手押し車(手押し車は違うかw)カートというか、タイヤがあって、手で握るハンドルのような物があるやつ。
あれで倒れないように散歩しているお婆ちゃんって結構いるでしょ?
そのカートを押しながら入ってきたのです。
80代くらいの方です。
でもね、やぱりここは東京なんですよね。
背中は曲がっているけれど、お洒落な服を着ていて、上品で、頭も回ってるみたい。


僕と正反対の端の席に座りました。
するとスタッフ4人(これで全員?)が順番にこのお婆ちゃんの所に挨拶に行ってました。
お婆ちゃんは何やら紙袋に入った物を差し入れとしてスタッフに渡していました。
超常連なのか?
だれかスタッフの祖母なのか?
一番人気の苺のミルフィーユには目もくれず、スフレを注文するあたり、やはりかなりお店に来ているのでしょう。
いいなぁ、僕も頭は下げなくていいから、まさ爺さん、今日は何を食べます? って聞かれるくらいの常連になりたいものです。


さて、3皿目がぼちぼち作られているようです。
オーブンに入りました。
あったかいデザートは、6品の内半分の3つ。
スフレか、フォンダンショコラか、ゴルゴンゾーラピスタージュの3つです。
どれを頼んだかは、明日のお楽しみ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月10日 (木)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 浮島

20160310トシ・ヨロイヅカに来ているわけですが、
僕が注文したのは、浮島。
和風のモンブランです。
苺のミルフィーユからしたら、随分と渋いの選んだよね。
誰も頼まないんじゃない?
名前漢字だし(笑)


え~、写真2を見てみてください。
浮島の断面です。


下から、抹茶のソース、メレンゲの土台、ほぼ甘くない生クリーム、抹茶味のスポンジ、こしあんです。
あとは、モンブランのお決まりの栗のクリーム。
てっぺんにほうじ茶のアイスです。
アイスと、栗ペーストの間に、非常に細い、糸のようなサクサクした物が敷かれているのですが、これが何かは分からなかったです。
スタッフに聞けば良かったなぁ。


僕の住む場所から隣町にモンブランだけが旨いケーキ屋があって、ここのモンブランなら東京でも勝負できるかも と書いたことがありました。
が、それは却下します。
この浮島、じいが900年生きてきて食べてきたモンブランのチャンピョンです。


栗の濃厚さと、抹茶の苦み、さっぱりして香ばしいほうじ茶のアイス、甘くないクリーム、すべてが計算され尽されている。
唯一の弱点は、お皿を持つと、抹茶パウダーが手に付くくらいです。(笑)


たぶん苺のミルフィーユよりも、難しい足し算引き算をやっているはずです。
試作もミルフィーユよりも多くやったはず。
このバランス感覚、凄いです。
こっちのが美味しいよぉ~ 隣のカップルw


あと、写真にちょっと写ってますが、コーヒーも頼んでいます。
甘い物ばかり食べるので、紅茶よりもコーヒーかと思いまして。
トシ・ヨロイヅカはコーヒーも旨いのですよ。
コーヒーはてんで素人ですが、香りが豊かで味が深い。
帰りの運転で居眠りしないようにという意味もあって、コーヒーです。


あ、そういえばモンブランを作っている所を見逃してるわ。
あのモップの毛糸のような栗のクリームを、脇を締めて、肩を使って左右に同じ幅、同じスピードで絞っていく様子を見るのが楽しい所なのに・・・
待ってる間、何やってたんだ僕は?失敗した。


さて、お分かりかと思いますが、1皿だけ食べて帰る僕ではありません。
2皿最初に注文しておいたのです。


僕が浮島を食べ終わるのをスタッフがさりげなくチェックすると、次の一皿を作り始めました。
2皿目は、来週には終わってしまうというので頼みました。
お店に来る前から、メニューに載っていたら注文しようと思っていたのですがね。
2皿目は・・・・・明日につづく

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月 9日 (水)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 下調べをせんからや

20160308今日は鎧塚氏との約束を守るため、トシ・ヨロイヅカに行きました。
ホワイトデーのお返しは、アップルパイとトシ・マンデル・クローネという絶品焼き菓子を送ろうと計画を練っていたのです。


アップルパイは一日2台しかないし、マンデル・クローネも5個あるかどうかくらいなのです。
入店した順番で列になって買っていくのですが、一人前のお客さんにお目当てのタルトを買われて無くなってしまった事があるので、そういう事がないように入店1番になりたかった。
11時開店で、10時半にお店に到着。
外のベンチに座って開店を待ちます。


おかしい。
開店30分前なのに、焼き菓子もケーキもショーケースに一つも入ってない。
まさかと思ったけど、入口のドアに書かれている文字を読むと。
英語で火曜日は、ショップは休み、サロンはやってる と書かれている。


今日の目的の、鎧塚さんに会って、リップサービスじゃなくてマジに食べに来たよと話す事と、ホワイトデーのお返しを買うという、目的の半分は失敗に終わった。
買うものが無いのだから。


11時になりスタッフが扉を開けてくれた。
1番なので1番奥の席に案内される。
この席はちょっと暗いし、カウンターの端の席なので、スタッフの仕事はあまり見えません。
でも長居するにはいい席なんですね。
今日はスタッフが全員女性でした。
鎧塚さんの教育が行き届いているのでしょう。
気持ち良い接客と、確かな仕事をしてくれました。
鎧塚さんはお休みか、また全国の農家を回って、出来のいいフルーツなどを探しに行っているのかもしれませんなぁ。
会えませんでした。
これで、もう一つの目的も失敗に終わった。


こうなるともう、考える事は一つです。
旨い物を食べて帰ろう である。

今日行ったときのメニューを全て載せますね。
メニュー表、写真に撮ってきてあるので、一語一句そのまま載せます。
あなたなら何を食べますか?




◆ショコラとベリーのスフレ
エクアドルショコラを使ったクリームに3種類のベリーを使用した甘酸っぱいスフレ

◆ビスキュイ クーラント ショコラ グリオット
自家農園で採れたエクアドルショコラを使ったフォンダンショコラ。
中には酸味の効いたグリオットソースを忍ばせました。

◆苺のミルフィーユ
完熟苺とさくさくのパイ。 ピスタチオのアイスと炭酸ソースを添えて。

◆浮島
餡を使用した和風モンブラン。 ほうじ茶のアイスと、ふんわりとした抹茶ソースを添えて。

◆タルト タタン
紅玉をたっぷりと使いオーブンでじっくりと焼きこみました。 さくさくのパイにシナモンのアイスとラム酒風味のソースを添えたフランス伝統Dessert。

◆ラ ゴルゴンゾーラ ピスターシュ
ゴルゴンゾーラのアイスと温かいビスキュイを合わせた甘みを抑えたデザートです。
ピスタチオのクリームをアクセントにワインとのマリアージュも最高です。

この6品です。



何にひかれましたか?
隣の席に座った初めてトシ・ヨロイヅカに来たカップルは、フォンダンショコラと苺のミルフィーユを頼み、途中で交換して食べっこしてました。
味に感激してました。
そのあと一人で入店した女性は苺のミルフィーユでしたね。
スタッフさんもお客さんにおすすめは何ですか?と聞かれて、一番人気は苺のミルフィーユだと答えてました。



僕はひねくれ者なので、それは避けました。
旨いの知ってるし、毎年何かしらバージョンアップさせて出てくるから、前に食べた時よりも、旨いでしょうな、物凄く旨いでしょうな。
でも僕は、食べた事が無い物を注文する事にしました。


そうそう。
いつからだか、アバンデセールと言って、飲み屋のお通しみたいな物がでるようになったのです。
無料のサービスですよ。
白菜のスープや、マッシュルームとバニラにスープとか、食事系の味付けの物が多かったのですが、今回は、苺味のメレンゲで生クリームを挟んだ、シンプルな一口サイズのお菓子でした。
これも旨かったなぁ。
売り物じゃないし、売ってたとしても、今日はサロンのみだし、、、
5個は食べたかった・・・・


さて、僕が注文した物。
何だと思います。
それは・・・・   明日につづく

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月 8日 (火)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 鎧塚さん会えるか?

4日連続の食い道楽。
お前は食う事しか頭にないのか?と言われそうではあるけれど・・・・・


正月に鎧塚さんとまた来ると約束を交わしたのに、2月は行くことができなかった。
本当は毎月行きたいのだけど、東京遠いからね。


でも、今日3月8日に行くことにしました。
電車じゃなくて、ケロリンコペンでね。
首都高走るの怖いけど、hideちゃんの墓参りに行ったときに首都高を通った事が自信にはなってるから、なんとか到着できるでしょう。


バレンタインデーのお返しもついでに買ってくるつもりです。
いつ行けば鎧塚さんに会えるか考え、夜ならばミッドタウン店にいる可能性が高い。でも夜になると品切れが出てホワイトデーのお菓子が無いかもしれない。
どうするどうする?と考えていたのですが、気付けば簡単な事でした。


数店舗あるトシ・ヨロイヅカ、火曜日はミッドタウン店以外全店休みなんですよね。
だから火曜に鎧塚さんが休みを取らないならば、確実にミッドタウン店にいる事になります。
やっぱりね、鎧塚さんが目の前で作ってくれて、手渡しでお皿を受け取ったりすると、超うれしい。
話もしたいしね。
会えるといいんだけど。


お土産はお約束で焼き菓子。
生菓子は1時間以内に食べてねって言われるんだけど、どうやっても無理なので、一番美味しい時間帯を逃して食べてる事になっちゃうからね。
それでもかなり旨いのだけど、スタッフに1時間以内に食べられますとウソを言うのが心が痛いのです。


焼き菓子は2日以内にに食べてって事なので、お土産には最適。
アップルパイとトシ・マンデルクローネを買ってくるつもり。
↓トシ・マンデル・クローネの説明はこちら
http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/recette/0079.html


焼き菓子は数が少ないので、早い時間に行かないと売り切れてしまいます。
11時の開店と同時に入って、この2つの焼き菓子をキープしてから、カウンター席に移動して、のんびりと何皿か食べて帰ってこようかと思います。


首都高は無事に走れるのか?
鎧塚さんには会えるのか?
焼き菓子は無事買えるのか?
色々と不安もあるけど、楽しい一日になりそうです。

報告お楽しみに。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月 7日 (月)

あぁ、食い道楽 2週連続の成田、川豊にてうな重全員完食

Img_0558ばあちゃんの住む千葉県成田市に2週連続で行ってきました。
今回は我が家族とかずのすけ(姉)と姪っ子2人、甥っ子の大人数です。
姪っ子が今度の春から中学生だというので、部活など始まったら、なかなか成田には来れない。
墓参りも来れない ので(これはしょうがない事だけどね)、小学生最後の月に成田に来たというわけ。


今回も川豊で鰻を食べる事になったのですが、2階の雰囲気のいい席で食事することができました。
甥っ子が鰻をさばく様子を見てどういう感想を言うか楽しみだったのですが、「ちょっとグロイ」そうです。
目玉の所に釘を刺すし、ちょっと血が出るからね。
それもしょうがないかと。
僕が子供のころは何時間でも見ていたかったし、グロイなど思いもせず、職人さんの手さばきを、まばたきもせずに見たものです。


そのグロイと言った甥っ子も、蒲焼になって出てきた鰻を見ると、そんな事も忘れて、旨いうまいと、完食してました。
婆ちゃんももちろん完食。
焼き方さんの腕がいいんだろうね。
油っぽすぎず、香ばしい、もちろん柔らかい。
あ、関西は蒸さないんだよね。だから東日本の柔らかい鰻は気持ち悪いとか思うみたいだね。
あと関西は腹開きだしね。
僕はアナゴを腹開きなら出来るんだけど、鰻の背開きのやり方教わりたいとか思って、見つめてます(笑)
何故僕が関西のさばき方なのかは、いつか書きます。


この川豊という店は成田山の参道にあるので、成田山は近い。
甥っ子が成田山に行きたいというので、お参りをする事に。


身体の悪い処に煙をかけて、良くなるように願うというお約束のお香。
この出ているお腹を引っ込ませてくれとお腹に煙をかけました。
その次に頭。頭が先でしょう?と思ったけど、この出ている腹が本当に嫌(笑)
思考がグルグルしないようにしてくださいと念じました。
それから本堂に入りおさい銭を投げて、“やらいでか”が繁盛しますように、そのいくつか下でいいから、僕の体調も安定しますようにと願う。


それから弟と爺ちゃんが眠っているお墓参りに行きました。
掃除や、花や、線香の準備は、姪っ子、甥っ子にやらせました。
もう中々ここにも来れないでしょうからね。
子供たちにやらせたかったのです。


婆ちゃんもひ孫が可愛いらしく、終始ニコニコ。
滅多に会わないから、人見知りしているのか、何を話して良いか分からないのか、会話などはしないのだが、ひい婆ちゃんと食事をした事は、大切な思い出になるでしょう。


今回は、中学になる姪っ子と婆ちゃんを会せておく事が目的だったので、僕は婆ちゃんにあまり近づきませんでした。
鰻を食べる時も一番正反対の場所に座って、間に子供たちが座るようにしたりね。
姪っ子、甥っ子の距離が近くなればいいなと。
僕はまた一人で成田に来て婆ちゃんを独り占めするので、それでいいんです。


え~誰もが気になっている事がありますよね。
最後の写真のゆるキャラです。
うなり君というらしいです。
成田は鰻が名物なので、うなぎ。
場所が成田なので、なりた。
合わせてうなり。
胸に「成田」って書いてあります。
わきの下に、飛行機のジェットエンジンが付いています。
成田空港があるからですね。
人気あるみたいで、皆順番に写真撮影してました。


やっぱり成田は、雰囲気よし、食べ物旨し、婆ちゃんに会えて嬉しと良いことづくめ。
久々に子供だった頃の自分を思い出しながら、成田を散策してました。


次はいつ成田に行こうかな?
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年3月 6日 (日)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ ホワイトデーを忘れてた

ホワイトデーが近づいている事を、最近になって気付いた。
チョコレート貰うだけもらって、お返しの事を忘れているのだから最低である。


トシ・ヨロイヅカでもホワイトデーの商品が並び始めたようだ。
https://www.youtube.com/embed/EUIX3VgF-_0?autoplay=1&rel=0
ギモーブという初めて聞くお菓子がセットの中に入っている。
気になる・・・・
つまり自分が食べたい・・・・
自分用にも一つ買ってみようか・・・・・


問題はいつトシ・ヨロイヅカに行くかである。
ホワイトデーの事を忘れていた今日以前から、行くつもりだったので、わざわざ東京まで買いに行くという感覚はない。
一人で2皿3皿食べるのがメインなわけだし、ホワイトデーギフトはついでである。


問題は、夜行こうと思っていたけど、夜になったらギフトが売り切れている可能性がある事。
また、行く日付がホワイトデーに近づけば近づく程、品切れ率が高まる事。


ホワイトデーまで1週間を切ったので、早めに行かないといけない。
今回ばかりは昼間行って、買ってくるしかないかなぁ~
夜じゃないから鎧塚さんに会えない可能性が高くなるけどね。


髪の赤を補充したいし、車も洗いたい。
それから東京に行きたいけれども、忙しいわけでもないけれど、できないかもしれない。
たぶんできない。


妙に焦る。
自分のペースでできる事なのに、何このソワソワ感。
心が喜んでいるのか?
追い込まれて軽くおかしくなっているのか?


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年3月 5日 (土)

あぁ、食い道楽 ワタシを蕎麦屋に連れてって、(噂篇)

車で10分くらいの所に、蕎麦屋があるらしい。
最近まで気付かなかった。
国道から見る事はできるけど、木に隠れていて、よほど注意してみないと見逃してしまうような、ちょっとだけ見えるくらいの露出なのである。


この蕎麦屋を知ったのは、“やらいでか”の常連さんからの話から。


どれくらいの周期で変わるのか分からないけれども、定期的に蕎麦粉?蕎麦の実?の産地を変えて提供してくれるようだ。
「今日の蕎麦は○○県○○産です」的な事が入口に書かれているらしい。
ありそうで無かったやり方である。
蕎麦好きならば、全国の蕎麦が食べたいはず。
これはたまらないだろう。


すでにかずのすけ(姉)とT珍(母)、Pちゃん(父)は食べに行ったそうだ。
蕎麦も旨いし、蕎麦つゆもいい味だったそうである。
天ぷらを頼みたかったが、とりあえず蕎麦の味がどうなのか?を知りたかったので、頼まなかったようだ。


それと日本酒にもこだわっているらしく、幻の酒、十四代が置いてあるという情報も。
僕は日本酒は大好きだけど、運転手なので飲めないです。
っというのも、T珍が、ケロリンコペンに乗り込んで、このお蕎麦屋さんに連れて行ってくれるものだと思っているようです(笑)
まぁ、乗せていきますけどね。


近いし、美味しい蕎麦が食べられるとあったら、乗せてきますわなぁ。
蕎麦よりもうどん派な僕ではあるけれど、旨い蕎麦を食べた事が無いからという事も関係している。
果たしてこの店で蕎麦の考え方が変わるだろうか?

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月 4日 (金)

ガッツリDTM 011 同時に押さない物と、同時に押さないと成り立たない物

ピアノの練習ですが、苦戦しています。
楽譜とどの鍵盤を押すのかが一目で分かる動画を数秒ずつ小分けにして、覚えるまで弾けるまで、エンドレスループ再生をして練習をしているのですが・・・・


ここ数日練習もさぼっちゃってるし。
僕はブラインドタッチができるのですが、鍵盤ってキーボードの一つのボタンよりも数倍でかいじゃないですか。
タイプは10本の指を均等に使う綺麗な物だし、初めてPCを触ってから1週間でできるようになった。
これはピアノも簡単じゃないのか?
小指も使ってタイプするので、ピアノでも比較的簡単に指が動くようになるのでは?と甘い予想を立てていたのですが・・・・


やってみて分かった事があります。
PCのキーは、絶対に同時に2つ押す事が無いのです。
どんなに早くタイプしても、キーを順番に叩いている。
一方のピアノは、同時に押さないといけない。
それも3つ4つくらい当たり前のように。


和音なんて3つ、まったく同時に押さないといけないわけで、これに苦戦しているのです。
ポーンと3つ同時に押す。
ポロローンとなるとダメなわけです。
手先の器用さ、音感、どちらも並より上だと思っていたけれど、並以下ですね。
痛感。


なにより練習嫌いでだめですねぇ~
毎日3時間くらいやらないとダメなんだろうなぁ~


先は長い。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月 3日 (木)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 夜だから更に浮くだろうね

毎正月恒例で参加しているイベント。
トシ・ヨロイヅカのスペシャルデザートライブですが、この赤い頭が余程浮いていたのでしょう。
鎧塚さんに、「普通の営業日も食べに来てね」 と言われた。
「顔、覚えましたからね?」だったような事を言われたので、嬉しかったです。
でも来たかどうか確認するからね という意味でもあるわけで、恐ろしい(笑)


さて、もう3月です。
正月から随分時間が経ってしまいました。
毎月行こうと思っていたのに、3月になってしまった。
今月こそは行こうと思います。


平日は、スペシャルデザートライブと違って、自分で好きな物を食べられるのが良いところ。
焼きたてのフォンダンショコラや、アイスクリームや、皿に描くソース、カットしたてのフルーツ、温かい物と冷たい物の組み合わせ、その場で作って、すぐに食べないといけない物が食べられます。
どれも絶品で、幸せな気持ちにさせてくれます。


ただし、鎧塚さん自ら作ってくれるかは未定。
お店はミッドタウン店だけじゃないですからね。
鎧塚さんがミッドタウン店に来ていたら、超ラッキーです。


夜はミッドタウンにいる事が多いそうなので、夜に行こうと思っています。
夜行くのは初めてです。
きっと、客層も昼間と違ってのんびりとスイーツを食べ、ワインとかを合わせて食べるような気がします。


やはり、赤い頭は浮くんだろうなぁ。
アラフォーが、カラフルな恰好をして、終始ニコニコしている。
かと思ったら、写真を撮ったり、スタッフにレシピの一部を聞いたり。
熱心なんだか、ただの食いしん坊なのか?


鎧塚さんがいなくても、スタッフに赤い頭が来たって伝えてくれと言うつもり。
とりあえず、顔は覚えてくれてると思うので、あぁ、あいつ来たかと分かってくれると思います。
名前を覚えてもらうまで通わないと!!


夜行くと、ショーケースのケーキは無くなっているだろうし、両親にお土産は持って帰れないかもしれない。
それはしょうがないか・・・・
土日に行ったら、2時間待ちくらいは覚悟しないといけないからね。
平日の夜っていうのは、間違ってないと思う。
夜の首都高を走らないといけないので、安全運転で行かないとね。


それでは、今月中に行くと思うので、レポートをお楽しみに。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年3月 2日 (水)

今日のYouTube サントリー DAKARA CM集

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

今日、お届けするのは、ダカラという飲み物のCM集。
オチは、決まって 「でも、有り得ないとも言えないなぁ~」 というセリフで終わります。
やや下ネタですが、まぁ、許容範囲かな。

温泉に入っているエピソードがお気に入りです(笑)

サントリー DAKARA CM集へのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年3月 1日 (火)

今年も花粉が飛んでやがる

花粉、飛んでますね。


今年はなかなか症状が出ないから、花粉が少ない年なのか?
それとも、花粉症治っちゃった? とかアホみたいない事を考えたりしていたのですが、やはり治る訳もなく、症状が出てきました。


今困っているのは、鼻が痒いというもの。
鼻水などは大丈夫なのですが、痒くて痒くて、くしゃみも出るしねぇ~


病院行って薬をもらってくれば良い事なのですが、病院嫌いの僕は、ただただ耐えるという事を毎年やっています。


早く花粉症シーズンが終わってくれる事を願うばかりです。
ブブ彦先輩は外でしかトイレしない人。
朝夕2回は外を歩かないといけないので、気が重いです。

あぁ~鼻痒い(笑)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »