« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 下調べをせんからや | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ タルト・タタン »

2016年3月10日 (木)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 浮島

20160310トシ・ヨロイヅカに来ているわけですが、
僕が注文したのは、浮島。
和風のモンブランです。
苺のミルフィーユからしたら、随分と渋いの選んだよね。
誰も頼まないんじゃない?
名前漢字だし(笑)


え~、写真2を見てみてください。
浮島の断面です。


下から、抹茶のソース、メレンゲの土台、ほぼ甘くない生クリーム、抹茶味のスポンジ、こしあんです。
あとは、モンブランのお決まりの栗のクリーム。
てっぺんにほうじ茶のアイスです。
アイスと、栗ペーストの間に、非常に細い、糸のようなサクサクした物が敷かれているのですが、これが何かは分からなかったです。
スタッフに聞けば良かったなぁ。


僕の住む場所から隣町にモンブランだけが旨いケーキ屋があって、ここのモンブランなら東京でも勝負できるかも と書いたことがありました。
が、それは却下します。
この浮島、じいが900年生きてきて食べてきたモンブランのチャンピョンです。


栗の濃厚さと、抹茶の苦み、さっぱりして香ばしいほうじ茶のアイス、甘くないクリーム、すべてが計算され尽されている。
唯一の弱点は、お皿を持つと、抹茶パウダーが手に付くくらいです。(笑)


たぶん苺のミルフィーユよりも、難しい足し算引き算をやっているはずです。
試作もミルフィーユよりも多くやったはず。
このバランス感覚、凄いです。
こっちのが美味しいよぉ~ 隣のカップルw


あと、写真にちょっと写ってますが、コーヒーも頼んでいます。
甘い物ばかり食べるので、紅茶よりもコーヒーかと思いまして。
トシ・ヨロイヅカはコーヒーも旨いのですよ。
コーヒーはてんで素人ですが、香りが豊かで味が深い。
帰りの運転で居眠りしないようにという意味もあって、コーヒーです。


あ、そういえばモンブランを作っている所を見逃してるわ。
あのモップの毛糸のような栗のクリームを、脇を締めて、肩を使って左右に同じ幅、同じスピードで絞っていく様子を見るのが楽しい所なのに・・・
待ってる間、何やってたんだ僕は?失敗した。


さて、お分かりかと思いますが、1皿だけ食べて帰る僕ではありません。
2皿最初に注文しておいたのです。


僕が浮島を食べ終わるのをスタッフがさりげなくチェックすると、次の一皿を作り始めました。
2皿目は、来週には終わってしまうというので頼みました。
お店に来る前から、メニューに載っていたら注文しようと思っていたのですがね。
2皿目は・・・・・明日につづく

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 下調べをせんからや | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ タルト・タタン »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。