« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 浮島 | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ チョコとベリーのスフレ »

2016年3月11日 (金)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ タルト・タタン

20160311トシ・ヨロイヅカに来ているわけですが、2皿目の紹介。
当然2皿食べますよ。
なかなか来れないし、普段甘い物食べないようにしているし、この日は朝食抜きでお腹をカラにしたくらいですから。


2皿目の名前は、タルト・タタン。
昔タタン姉妹という実在する人物がいて、アップルパイだか何だかを作ろうと思ったけど、失敗してしまったとかで、その失敗作を何とか食べられる形にしたのがタルトタタンの始まりらしいです。


リンゴを飴色になるまで焼き。
リンゴ1個が3分の1、4分の1くらい高さになるまで焼くみたいですね。
リンゴの味は濃縮されるわけです。


しかも表面をカラメル???でコーティングして、リンゴジャムのようなトロトロになったリンゴを、リンゴ飴のようにコーティングするという手間のかけようで。


下から説明すると、(普通上から説明するのかな?w)タルト、カスタードクリーム、さっき説明した、トロトロカリカリ甘酸っぱいリンゴ、シナモンのアイス、リンゴチップス
となってます。


これがあと1週間くらいで提供をやめるそうです。
リンゴの旬が終わるからですね。
食べられてよかった。
弟が一番好きだったのが、このタルトタタンでした。
これ旨いから一口食べてみてよって言われたっけなぁ。
っとシンミリするのかと思いました?
しませんでした(笑)
もう、そうそう泣かないぜw
だってこの2皿目も旨いんだもん。


リンゴの酸味が去年よりもあるような気がするけど、品種を変えたのか?焼き方を変えたのか?
カラメルのコーティングは、去年はやっていたかなぁ?
やったとしても、記憶に無いくらいだから、薄くて簡単にナイフで割れるくらいだったはず。
今年のは、ちょっとカラメルが厚めだったね。
でも、だからこそ酸味の強く感じるリンゴとバランスを取っているような気がします。


トシ・ヨロイヅカのカスタードクリームは、甘すぎず、硬すぎず、バニラの香りがしっかりあって、軽いのですが、それと土台のタルトを一緒に食べると、また旨くてね。
タルト&カスタードを食べては、リンゴを食べてと交互に口に運びました。


それとシナモンのアイスって珍しいですよね。
リンゴとシナモンの相性は言うまでもないですが、このアイスがリンゴの酸味とカスタードの甘さを、リセットしてくれて、これまた計算されてるなと感じました。


2皿目も綺麗に完食です。
お腹いっぱいです。
そしてまさ爺は悩みました。
何を悩んだって?


もちろん3皿目行くか?って事です。


朝食を抜いたせいで、お腹に空きスペースはあとちょっとあります。
タルトタタンの酸味で、甘い物はもういいや ともなってません。
気持ち悪くもないし、食べられな事はない。
ダイエット中という事が頭をよぎります。
どうしよう・・・
ええい。
朝食だけじゃなく、夕食も食べない。
それでもカロリーオーバーになるだろうけど、3皿目行ってみる事に。


スタッフに聞きました。
○○は重いですか?
結構苦しいのですが と。
伝票を見ながら、スタッフが言います。
重い物を2つ食べられてますからね。
量はどんなもんでしょう?
などとやり取りを色々して、最後に一つお願いをしました。


少し時間を空けてから作ってくれませんか?
作るのもゆっくりでいいです。
っと、ちょっとコーヒーを飲んで、リフレッシュしたかったのです。
すると、作るのに20分かかる物なので、大丈夫かと思います。との事。


このリフレッシュタイムに、2人のおば様が入店してきました。
席に着いたのですが、この店は食事はできないのか?と聞いてました。
スタッフがここはケーキ屋である事を告げると、おば様2人は席を立って出て行ってしまいました。
僕はスタッフの女の子に言いました。
もったいないなぁ。
一度食べたら、この店のすごさが分かるのに。っと
スタッフは笑顔で、お食事がしたいのですから仕方ありませんよと言ってました。


食事を抜いて、食べに来ている僕と、食事がしたくて出て行ったおば様。
やっぱり僕は、一皿だけ食べたら、スイーツの概念が変わるのに、勿体ないと思ってしまう。


さらにもう一組のお客さんが来店します。
お婆ちゃん2人組で、お婆ちゃんって(何て言うの?)ベビーカーのような手押し車(手押し車は違うかw)カートというか、タイヤがあって、手で握るハンドルのような物があるやつ。
あれで倒れないように散歩しているお婆ちゃんって結構いるでしょ?
そのカートを押しながら入ってきたのです。
80代くらいの方です。
でもね、やぱりここは東京なんですよね。
背中は曲がっているけれど、お洒落な服を着ていて、上品で、頭も回ってるみたい。


僕と正反対の端の席に座りました。
するとスタッフ4人(これで全員?)が順番にこのお婆ちゃんの所に挨拶に行ってました。
お婆ちゃんは何やら紙袋に入った物を差し入れとしてスタッフに渡していました。
超常連なのか?
だれかスタッフの祖母なのか?
一番人気の苺のミルフィーユには目もくれず、スフレを注文するあたり、やはりかなりお店に来ているのでしょう。
いいなぁ、僕も頭は下げなくていいから、まさ爺さん、今日は何を食べます? って聞かれるくらいの常連になりたいものです。


さて、3皿目がぼちぼち作られているようです。
オーブンに入りました。
あったかいデザートは、6品の内半分の3つ。
スフレか、フォンダンショコラか、ゴルゴンゾーラピスタージュの3つです。
どれを頼んだかは、明日のお楽しみ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 浮島 | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ チョコとベリーのスフレ »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

コメント

マー坊、こんばんは。

もぉ😡⚡美味しそうな物ばかり載せやがって‼
月に変わってオシヨキしてやる🐰

メニューに写真は載ってないんだよね?
あの文字だけで想像して選ぶと言うのは
とても至難の技ですなぁ~

昨日の和風仕立のも、あの断面の幾重にもなる味を想像したら
たまらんし、今日のリンゴは旬でしょ…
リンゴチップも捨てがたい…
彼女が違うの注文して
「アタシ、リンゴチップ好きだからそれちょうだい!」って
丸ごと取られたら別れます?(笑)
いやはや、エッチな雑誌を読むより
ケーキの写真見る方が興奮するて‼
(またスパムになるかな)

常連のおばあちゃま、カッコいいね
私もそんな風にカッコ良く年を重ねたい

例の旨い焼き鳥屋さんに行く時は
若い子が多いしお菓子とか栄養ドリンクなどを
スーパーのビニール袋に入れて持って行くのですが
お菓子屋さんにはどんな差し入れがいいのかな?
袋の中味が気になります。
私は人にプレゼントを渡すのも苦手なので
ポチに渡して貰います
だからカッコいいおばあちゃまにはなれないな(笑)

昨日は親友の“じゅんちゃん”が来てくれました。
彼女は我が家に到着するなりキッチンに立ち料理を始めます
沢山の野菜が入った具だくさんの豚汁が出来上りました。
ランチのホットドッグも温かいサラダ付きで
パンもソーセージも持参して完成。
私は座ってるだけでランチを頂きます。
ランチの後はゲラゲラ笑いながら話してて。
いつもは私の負担を考えて早めに引き上げてゆくのですが
ボチが財布を忘れたから終業時間に持って来て欲しいと
ラインが来て「エ~💢アホちゃうか!」って言ってたら
帰り道だから車に乗せていってくれると言う。
まだ時間が早いのでそこから二人でスーパーに行き
買い物して再びじゅんちゃんはキッチンに立ち
鶏肉、蓮根、山芋などを使った手の込んだ、しかも
ヘルシーな一品を作り上げてくれて(T_T)
「お茶でも」と薦めると
「白湯でいい」と。
我が家に来て飲んだのは白湯だけです。
そして私をポチの職場の近くまで送り届けて
くれました。
凄いでしょ❗
ありがたい事に私の周りにはスーパーマンが二人(もう一人は姉)も
居てくれると言う贅沢な生活をしておりますv(´▽`*)

さて、余談ですが、じゅんちゃんが時間を調整してくれて
送り届けてくれたにもかかわらずポチめ!
一時間以上も待たせやがった‼
確かに急な仕事が入ったのは解る。
しかし、普段から足が痛い、腰が痛いと言ってる人間を
一時間以上立たしておける?
近くに座れる所もなかったしビル風吹きすさむ場所で
いくら薄着で平気な私でも寒かったわ‼
ラインをしても一切返事も来ない
トイレに行くと行って財布だけでも取りに来て欲しかった
せめて車の止めてある場所を教えてくれたら…

スーパーマンが二人もいるから
ポチみたいなのも混ぜときゃなきゃ
不公平になるのかな(笑)

ヘヘヘ(笑)

今日のスパムは想像できた。

長文、スパムになりました🙇

宜しくです。

M坊、こんばんは。
こりゃスパムになるわな。
ばらしちゃいますが「エッチ」という単語は確実にスパム行きです(笑)
僕も今その文字を書いたからスパム行きです。
管理人なので、すぐに公開しますけどね。


メニューですが、常に6品で、一番最後のゴルゴンゾーラのアイスと焼き菓子の一品だけは1年中、載っているそうです。
それで文字だけじゃ分からない件ですが、他の人が食べているのが見えるので、あれ食べたいって思ったら同じの注文するのもいいのではないかと。
そして、スタッフがこれどういうの?とでも聞いたら、親身になって丁寧に教えてくれますから大丈夫。
それにメニュー表に写真が載ってしまうと、皿が目の前の現れた時の感動は無くなっちゃうよね。
同じ物が出てくるから。
どんな物が出てくるか分からない所にきて、あのモンブランなり、タルトタタンなりが、どーぞーって渡されたときの驚きとワクワク感は必要かと。
初めての人は、「すごーい」「美味しそう」「可愛い」「綺麗」などと第一印象を口にしますね。


隣に座ったカップルが皿を交換して食べてましたが、どんどん交換するべきです。
食べられる量は限られてるし、マメに来れないなら尚更。
そして何を食べても次元が違う事に一口で気付く。
そうなるとまさ爺はニンマリとしてやったりと思うのです。
お店の人間でもないのにw

リンゴチップスは1枚半刺さってたから、1枚はあげます。
全部とられたら別れます。
嘘です。
ちょっとどんな味が気になるけどね。
全部食べたいなら、全部あげます。

常連のおばあちゃま、素敵な方でしたねぇ。
あの年になっても、やっぱりレディーは甘い物に目がないのですなぁ。
差し入れはどこの店とかじゃなく、真っ白で片手で持てるくらいの小さな物でした。
中身が気になる。
うらやましいぜ、僕も常連になりたいのぅ


親友のじゅんちゃん、素晴らしい方ですね。
ほんと年寄りみたいに何度も言ってますが、M姉さんの周りには素晴らしい人が沢山いて、
恵まれているのだと感謝しないといけないよ。

ポチさん、頼りになるなこの男はって時と、
子供みたいだな、と足を引っ張る時がありますなぁ。
お茶目と見るか、アホかいなと思うか。
妻は後者ですな・・・・

アダルトなコメント、サンキュー

この記事へのコメントは終了しました。

« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 浮島 | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ チョコとベリーのスフレ »