« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月の30件の記事

2016年4月30日 (土)

あぁ、食い道楽 カップヌードルの海老いらない署名運動

「カップヌードルの海老いらない署名運動」
そんなスレが掲示板に立てられたところ、熱い論争に発展しています。


海老が要らない理由は、味が嫌いだったり甲殻類アレルギーなど様々。
この海老が好きだという人たちは「いらないのはタマゴ」「肉がいらない」などと他の具材の批判。


日清のカップヌードルに入っているエビはインド西海岸で獲れる乾燥用小エビ最高級品をフリーズドライ加工したもの。
日清の創業者、安藤百福氏が海老は日本人の好物でありエビを入れれば売れるとして採用を決めた。
1971年の誕生以来の定番具材である。


海老はいらない、と賛同した人たちは、
「月に何度も食べますがエビ捨ててます。私もエビなければなーと思ってた」
「パサパサだし美味しくないからいらない......とずっと思ってた」
「甲殻類アレルギーあるから事前とって捨ててるわ」
などと書き込んだ。


しかし、エビは必要だという意見が圧倒的に多く、
「はぁあああああ? むしろあのエビを売って欲しいくらいだ」
「エビこそが魅力だろ!あのエビが食いたくなって、たまにカップヌードルをかうのに」
「馬鹿め・・・謎肉とエビが入ってないのなら、それはカップヌードルではないのだ」
などといらない派を攻撃した。


議論はエビ以外の具材にも広がっていて、
「エビはいるだろ。玉子こそいらねえよ」
「肉もいらない。卵とネギだけでいいわ」
「エビに限らず具全般が嫌いです。小さい頃は捨ててからお湯を入れてました。もったいないと怒られてから我慢して食べるようになりました」
「無くすならカレーのジャガイモだよ!毎回お湯入れる前に取り出す作業がめんどくさい」
などといらないと思う具材を次々にあげている。


僕はカップラーメンの“加薬”は袋のまま放置して入れないで食べたりします。
日清のカップヌードルだと、具もスープの素やら最初から入ってしまっているので、わざわざ取り除くという事はしないですが、他のメーカーの「食べる直前に入れてください」という系の、味噌やら、香味油などは最初に入れてしまいます。


今回のこの論争は、色んな人のこだわりが見えて面白いです。
因みに、日清のカップヌードルよりもどん兵衛を買ってしまいます・・・テヘ


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年4月29日 (金)

○○で放り出される夢

変な夢を見ていたような気がします。
あまり気持のいい内容ではなかったような感じがします。
起きたら深夜3時半。


夢ってなんで見るんでしょうね。
現代科学でも、はっきりした事は言えないようです。


有力説は、記憶の整理をしているというもの。
これ説得力無いよねぇ。


その日あった事を整理するのがメインになると思うのだけど、その日あった事が出て来る事なんてほぼ無い。
それに整理されているなら、目が覚めたら、頭はすっきりしていて、夢に内容をはっきり覚えているはず。


僕は割と夢は見る方みたいです。
友達に聞いたら、全く見ないとか、全く思い出せないとかいう人が多いのです。


僕は、結構覚えているので、しょーもない夢を見たときはLINEでサラリと、いかにしょーもないかを送るのですが・・・


もう数回見ているのですが、街中に裸で放り出される夢を見ます。
露出狂じゃないですよ。
放り出されるのです。
電柱の影に隠れたりしてどうしようか考えている所で終わるのですが、誰かの家に飛び込んで助けを求めたり、逮捕されたりはしないのです。
困った。恥ずかしい。どうしよう。
そんなたぶん1分にも満たない夢を何回も見るんですよね。


夢診断的にはどうなんだろうなぁ・・・
変態の刻印を押されそうで怖いですが(笑)


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年4月28日 (木)

シネマごしっぷ 配送ミス?SW7が発売日の1週間前に届く!?

20160428sw7スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒 のブルーレイをアマゾンで予約購入したのですが、発売日は5月4日のスターウォーズの日。


昨日の4月27日にデジタルダウンロード版が先行販売されているのですが、どういう訳だかアマゾンからメールがありまして、ブルーレイ版が今日届くとありました。


ダウンロード版が出ちゃってるんだから、ブルーレイも売ってまえって事なのかな?


本来の発売日の1週間前に届くのは、嬉しい誤算。
届いたらまた観るんだろうなぁ(笑)


一昨日、スターウォーズ好きの友達と久々に連絡を取り合ったのですが、なんとこの友人、劇場にフォースの覚醒を6回も観に行ったとか!!
僕は3回観るつもりだったけど、インフルエンザにかかり3回目は断念となったのですが、上には上がいるって事だねぇ。


今日は仕事なのですが、何時に届くのだろうなぁ?
時間指定は出来なかったような記憶です。
再配送の電話って苦手なんだよなぁ。

スターウォーズを観るためだ、頑張って電話しようっと。

フォースの覚醒の予告編を観た、クレイジーなリアクションベスト3の動画へのリンクを張っておきます。
アメリカ人ってこういうイメージだよね。
https://www.youtube.com/watch?v=8YJEF2AFvgM

今日も あぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年4月27日 (水)

今日のYouTube 試合中に乱入してきた○○、追い出し方が紳士的

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

今日、お届けするのは、サッカーの試合中に、グラウンドに侵入してきた○○の話。
キーパーさんが、○○の扱いに慣れていて、あれかなりの○○好きだと分かります。
それいにしても、気持ち良さそうに走るなぁ。

試合中に乱入してきた○○、追い出し方が紳士的 へのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年4月26日 (火)

あぁ、食い道楽 カレー探求の道073 カレーの学校

忘れた頃に更新する、食い道楽のカテゴリのサブカテゴリ、カレー探求の道です73回目という事ですが、そんなにカレーの話を書いた記憶がありません(笑)
っというわけで今日もカレーの話です。
カレーの話だけです とも言います。


ほぼ日刊イトイ新聞の企画で、面白い物が開催されるので、参加してみようか迷っています。
そのイベントのHPがあるのですが、企画が終わったら、消されるでしょうから、リンクは張りません。
今、ほぼ日刊イトイ新聞のHPに行けば、リンクが張ってあるので、簡単に見ることができると思います。
興味がある人は見てみるといいかもしれません。


簡単にこのイベントの説明を・・・
-----<抜粋ここから>-----
「東京カリ~番長」の調理主任であり
たくさんのカレー本の著者でもある水野仁輔さんと、
「ほぼ日」が新しいプロジェクトを始めます。
その名も、「カレーの学校」。
日本のカレーをもっともっと盛り上げるため、
講義、イベント、ワークショップなど カレーにまつわるたのしいことを、
どんどん発信していく予定です。
まずは開校記念の「オープンキャンパス」。
ゴールデンウィーク最後の2日間、TOBICHI2で、
水野仁輔さんのカレーを実際に味わえる、 おいしいイベントを開催します。
会場では水野さんに直接、カレーについての いろいろな質問をすることもできます。
この日ならではの特設ショップもオープン。
カレー好きのみなさん、ぜひ遊びにきてください。
という物です。
開催日、2016年5月7日(土)、8日(日) 11時~19時
----------


この水野さんが、朝から晩まで、様々な種類のカレーを作り続けます。
訪れたかたには、来場のタイミングで完成しているカレーをすこしずつ、
すべて食べることができるそうです。
参加費等は無料。
好きな時間に来てくれればいいようです。


お願いしたい事は、一つだけ。
マイスプーンを持参するだけです。
それと今、会場で食べたいカレーを募集しています。


-----<抜粋ここから>-----
当日水野さんに作っていただくカレーの リクエストを募集します。
タイトルを「カレーの学校」として、 メールで、postman@1101.com 宛に、
あなたの食べたいカレーをお送りください。
(ペンネームもぜひおねがいします) 会場では、みなさんからいただいた
リクエストをもとに、 水野さんにどんどんカレーを作っていただきます。
内容は「南インド・ケララの タマリンドをきかせたフィッシュカレー」 といった
マニアックなのでもいいですし、
「でっかいかたまり肉がほろほろに やわらかくなったカレー」といったものや、
「春の終わりを告げるカレー」
「ダイエットに効きそうな薬膳カレー」 などの、イメージだけを書いたものでも。
あなたからのリクエスト、お待ちしています。 っというものです。


参加して損する事は何もありません。
旨いカレーが食べられるでしょうし、これはいい勉強になりそうです。
お店のカレーの極秘スパイスレシピをメモして持って行って、
(メモを見ただけで味は分かるくらいの人ですから)アドバイスをもらうのもいいかなと思っているのです。


会場が東京、南青山だという事で、電車で行くしかないかなぁ。
参加したい。
糸井さんもきっと会場にお見えになるはず。
お会いしたものです。
う~ん、行くなら、8日の日曜日だよなぁ。
行くかどうか、迷っています。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年4月25日 (月)

トラベル・レポート アメリカ放浪の旅 なぜ無謀なのか?

寝坊して更新が遅れました。
11時間眠り続けましたぁ。
洗濯とブブ彦の散歩に行かないと!!

さて、
アメリカのグランドサークルをレンタカーで1か月かけて周る旅に出たいと書きましたが。
何度か挫折しているのです。
理由はいくつもあるのですが、ビビってるんでしょうね。
今日の話、開始早々まとめちゃいますが(笑)


この旅が無謀である理由。
理由1、
金がものすごくかかる。
皆さん憧れのヨーロッパ旅行。あれ、30万~50万くらいかかりますよね。 
その比じゃないです。
まず、往復の飛行機代、
1か月分のレンタカー代、
モーテル代(無線LAN付で、治安が良い物だと値段上がる、さらに季節によって値段が跳ね上がる、日本のGW料金が数か月続くと思ってくれるといい)、
あ、日本でモーテルっていうとエッチをする所ですが、アメリカのモーテルは
シャワーとTVとベッドがあるだけの安宿です。 車で部屋の前まで行って止めて、ドアを開けるとワンルームだけの、映画によく出てくる、ちょっと寂れたあんな感じ。
ガソリン代 日本を数周する距離のガソリン代です。
食費
これらが主にかかるお金です。
簡単に計算すると100万前後かかると思います。
これをいかに貯めるか?


理由2
まさ爺の英語力。
一人旅ですから、一日中言葉を発しない日があるかもしれない。
食事も、ファストフードなら注文くらいできそうだし、違ったものが出てきても、高額請求にはならないでしょう。
モーテルに行って、部屋が空いているか?無線LANは付いているか?くらいは何とか話せるようにするとして、一日に話す事はそれだけ。
気晴らしに大声で車の中で歌うかもしれないけれど、何を歌うかは決めてないです。
オールディーズがいいかなぁ~
そうそう、ナビ付きの車をレンタルするつもりだけど、操作も検索も英語なんだよな、それはクリアできても、案内の声も英語なんだよな。
因みにカーナビは和製英語っぽいです。
ネバーロストという、その自信はどっからくるんだよっていう名前の物が(やっぱり商品名なのか?)ついているとか。


理由3
一番の難関は、最初にして最大の物があるのです。
レンタカーの契約である。
アメリカに着いたら、すぐにこの最大の難関がやってきます。
日本に居ながら、アメリカのレンタカー会社、ずばり利用するロスとかカリフォルニアあたりのレンタカー会社に車の予約がネットでできるのです。
それは英語のサイトでしょうけど、何とかなるはず、やはり勝負は、実際にスタッフと面と向かって最終チェックをすること。
免許証に国際免許証、クレジットカードと、注意事項、契約書にサイン。
乗り捨てだとかどう言ったらいいんだ?(笑) 予約の時にできるのかな?そうであってほしい(笑)
あぁ、恐ろしい。
手続き関連の事に加えて、すべて英語
これにビビっているというのが、最大の難関。
日本人スタッフがいる可能性もあるし、いまはスマホで翻訳してもらえば、クリアできるのか?


1日800km(東京ー大阪間より長い、でもあちらは高速は無料)くらい走るだけの日が数日続くこともざらだし、それができるのか?
椅子が倒れる車種にしたいねぇ~ ケロリンコペンじゃむりだし、それこにあこがれる(笑)
食費を抑えるために、3食マックで耐えられるのか?
車のトラブル(パンクやガス欠)が起きたら英語でどう助けを呼ぶ? 
治安が悪い場所に入って行ってしまったら?


考えてもしょうがない事ばかりです。
一つ一つ問題をクリアしていくしかないのは分かってます。
要はビビっているのです。


とりあえず、お金を貯めないと始まらないので、平行して、いろいろと調べたいと思います。
って調べる前に詳しいでしょ?(笑)
昔、何度もシミュレーションをしたからね。
諦めきれなくて、覚えているものです。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年4月24日 (日)

ダイエット奮闘記(プチ) 第3弾の為のダイエット

甥っ子のタイタンとは、ケロリンコペン納車の後に、博物館に行ったり、
その後に、ツインリンクもてぎにアスレチックに行ったりしている。
その第3弾を計画中


タイタンの要望は、プールか海に行きたいという物。
海はちょっと危ないからね。
離岸流にでも流されてしまったら、大変な事になってしまうし、そもそも関東の海は、
セシウムが検出されているから、海に入るのはまずい。


そうなるとプールになるわけですが、行ってみたい場所がある。
スパリゾートハワイアンズである。
公式HPは こちら
お隣福島県にあるので、高速に乗ったらあっという間に到着できると思う。


問題は、僕の体型。
お腹周りの肉がなかなか落ちなくて、ぷにぷにである。
これでも18㎏やせたんだけどねぇ。
それでもお腹の肉が残っているのだから、どんだけ太っていたんじゃぁ って事だよね。


勝手な想像だけど、若い細マッチョなお父さんと子供で、プールに入ってるようなイメージが。
お腹が出ている人は少ないんじゃないかなぁ。


だからダイエットを頑張って、少しでも痩せられるようにしたいです。
夏になってしまったら、外にあるプール施設に行けばいいのですが、たぶん行った事があると思うので、スパリゾートのが良いかなぁと思っています。


6月中に行けtらいいかなぁ。
かずのすけ(姉)に、連れ出していいか?と聞いたら、どこでも連れてってあげてと言ってくれたので、許可はいただいた。


あとは、いかに痩せるかなんだよなぁ。
あと2か月でどこまでやせられるか?

体重 81㎏
体脂肪率 27%

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年4月23日 (土)

デジ物コバナシ やっと届いた早い奴

外付けポータブルブルーレイドライブが届きました。
CDケース一枚分の薄い奴です。

音楽CDを焼いてみたら、早いのなんの。
これまでは古いパソコンを使っていたので、遅かったんですよ。

体感ですが、3倍から5倍は早いです。
今までだったら、焼いている時間に、ブブ彦先輩の散歩に行ったり、ご飯を食べたりしていたのですが、数分で終わってしまうために、何もできないというね。
パソコンから離れられません。

嬉しい悲鳴です。
良い買い物をしたと、ニンマリしている爺さんです。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年4月22日 (金)

僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い46 一夜にして、マスターに の可能性が出てきた

数日前、SFのような信じられないニュースが載った。
詳細までは覚えていないけど、どこかの航空機メーカー?とゼネラルモーターズ?だったかな。が協力して研究している物の話で、ある実験を行ったと。


ベテランパイロットにフライトシュミレーターで、飛行機を操作させ、その時頭に電極やらコードやらがびっしりついた帽子みたいいなのあるでしょ?あれで脳波だか、信号やらを採取する。
それを飛行機の操作の素人の脳に信号を送るという実験なんだけど。
30人のうち半分の人は何もしない人。
もう半分は、脳波を受け取った人。
初日は差が無かったのだけど、4日目に効果がでて、30%シュミレーターの操作がうまくなる差が明らかに出たそうです。


この実験が意味する物。
それは何年もかけて修行しないといけないような物。
熟練を要するものを、短時間で苦労なしで習得できてしまうという物。


映画、マトリックスで、ヘリコプターを操作したいから、ヘリ操縦のプログラムを脳に送ってくれってシーンがある。
数秒で、ヘリの操作をマスターするのですが、究極的にはそういう事です。



今回の実験は飛行機の操縦でしたが、パイロットは不足しているようですし、ベテランパイロットの技術ノウハウを共有できるのなら、空の安全も確保できる。
神の手と呼ばれるようなスーパードクター、心臓や脳の手術のエキスパートですね。
たまにTVのドキュメンタリーで出てきたりしますが。
そういう先生の技術を全国の医者が持つ事ができるかもしれないのです。


そういう職業的な事の簡素化、スピード化もいいんだけど、可能性として書かれていたのは、脳梗塞などで脳に障害が出てしまった人に、健康な人の手足を動かす脳波を送る事で、問題のある部分に信号が行き、回復させるられる可能性があるという事。


そしてうつ病闘病記にこの話を書く理由なのですが、当然うつ病にもこの技術が確立したら治せるのではないかという期待。
これは書かれていた事じゃなくて、僕の勝手な想像ですがね。
脳梗塞が治せるなら、思考がマイナスになってしまううつ病だって治せるはず。
健康な人。ポジティブ思考な人の信号を受け取れば、きっと嘘のように改善する可能性がある。


実験の話に戻すと、効果が出るのに4日もかかっていること。
効果がプラス30%とやや微妙な事などまだまだだけど、一日にして、編み物マスターになったり、ピアノが弾けるようになったり、英語がしゃべれるようになったりする可能性が出てきたのです。


そりゃぁ、自力で病気をやっつけたいけれども、既に10年以上、病気さんと一緒なわけで、一生このままかな?と弱気になる日もある。
こういう可能性だけど、こういうニュースは、希望を持たせてくれます。


東大生の頭脳を受信して、一夜にして受験勉強しないで合格 何て事はまずいから、努力という物は今後も残るだろう。
社会に役立つ事や、医療関連の事以外にこの技術は使われることはないだろう。


でも、すごい時代がすぐそこまでやってきてるんだなぁ~

今日も、あぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年4月21日 (木)

僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い45 5分間の再会

宇多田ヒカルが新曲2曲を発表した。
そのうちの1曲、花束を君に という曲。
朝ドラの主題歌なのだが、1分くらいしか流れないわけで、歌詞の全てを聴くことはできない。
それが15日から、販売開始になり、曲を全て聞くことができた。


この歌詞を聴いて、解釈の仕方によっては とか 考えすぎじゃない? とか言う人はいないだろう。
間違いなく、ヒカルのお母さま、藤圭子さんの死について書いた詩だ。


しかも、納棺の時に、最後に花や手紙や好きだった物を棺に入れる時の様子、まさにその時の心情を書いている。
タイトルだけ見ると、プレゼントで花束でも渡すのだろうと思ってしまうけど、ちがう。
棺に花を入れる という意味のタイトルだとわかる。

お母さまの眠る様子を、悲しみではなく、苦しみから解放されて良かったねとでもいうような、家族にしか分からない、境地の優しさのような詩なのである。
あたたかな歌詞と、メロディー、きっとヒカルさんは今も苦しんでいるだろう。
でも、自分も母親になってみて分かった事もあるはず、強くなったのでしょう。
歌声が、包み込むようなあったかい感じに変わってね。
熊本の被災地ではこの歌にずいぶんと助けられているとか。


一方の僕は、何だか弟の納棺の時を思い出しちゃってね。
冷たくて、眠っているようで、おしゃれなあいつの為に、ワックスで髪の毛をクシュクシュにしてやって・・・・
それから棺の蓋を閉めたよね。
あいつに触れたのは、それが最後。


ごめんね。
兄らしい事は何もしてやれなかった。
僕がこんなんだから、俺も辛いって言えなかったんだよね。
ごめんね
探せなくて。
ごめんね
あの場所で待っていたんだろ。
ごめんね
寒かったよね
待ってたんだよね


未だに、ひょっこり帰ってくるんじゃないか?って
悪乗りしたドッキリか何かなんだろ?って
もう分かってるから、僕なんかよりも、ずっと深く、長い期間、苦しんできたって
家族みんなが受け止めるから


またジャズのセッションみたいに、どうよどうよ?って映像の話をしようよ
甘い物も必ず用意するから
もう全部わかったから、帰って来てよ


願いが叶うなら、一生遊んで暮らせるお金もいらない、病気が一生治らなくてもいい、5分でいい、帰って来てよ。
それだけでもいいから。


なぁ、冗談なんだろ?
どっかで生きているんだろ?
会いたい
抱きしめてやりたい


もう、全部分かってるから。
再スタートをきればいいじゃないか?
あっけなさすぎる。


声が聞きたい。
写真の中のあいつは、いつも最高の笑顔で
どこまで演じてたんだ


ごめんね
こうなってしまった以上、もうしてやれることは、あまり無い。


時間が解決してくれる?
いい思い出だけが残っていくようになる?
無理だよ
冗談なんだろ


5分でいい、会って抱きしめさせてくれ
ワックスで整えてやった時、額が氷のように冷たかった
花束、手紙で一杯になった棺、あの重さと、骨壺に入って帰宅してくれた時の重さの差。
あの壺を抱きしめて、赤ん坊をあやすように、小声で壺を揺らしながら話しかけて、もうそうするくらいしかできる事がなくて。


冗談なんだろ?って今でも思ってる
これって後ろ向きなのかな。
でも前に進めないんだよ。


5分でいい会いたい。
ごめんね
兄らしい事は何もしてあげられなかった・・・

2016年4月20日 (水)

今日のYouTube パパに意地悪された赤ちゃん

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

今日、お届けするのは、父親の意地悪にブチ切れた赤ちゃんの話。
凄いインパクトのあるCMです。
何てことないCMなのですが、ラストがね・・・・(笑)
日本人にはこういうCM作れないだろうなぁという印象。
大人の味 って意味なのかな?と勝手に解釈。
強烈

パパに意地悪された赤ちゃん へのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年4月19日 (火)

トラベル・レポート アメリカ放浪の旅 なぜ?行きたいの?という話

あぜ道通信10年の歴史の中で、話した事は無かったのだろうか?
トラベル・レポートの最古の記事まで遡っても(トラベルレポートのカテゴリをクリックし、下へ進むと全ての記事が読めます)、その話は全く無い。
あいつまた同じ話をしている と物忘れの激しさを露呈するのが嫌で調べたりもしたのだが、その話は全く無い。


僕の人生で、もっとも叶えたい夢。
それを何でも書いてきたあぜ道に書いた事がなかった?
よくこれまで黙ってたね(笑)
諦めていたからか・・・


アメリカ、グランドサークルをレンタカーで1月かけて周るという旅である。


実はグランドキャニオンには行った事がある。
ラスベガス郊外から、セスナ機に乗って1時間くらい飛んだら、到着してしまった。
そして、ヘリで谷底まで降りて、少ししてから、また上に戻った。
その時、聞かされたのが、この前書いた、1万年前と何も景色が変わっていないという物だったのです。
が、正確な時間を知りたくて、調べたところ、現在の姿になったのは、200万年前だそうです。
全く変わらないというのはオーバーで、100年で2㎝ずつ川底が削られて谷は今も深くなっていってるそうです。
断崖の平均の深さは1200m、最深部は1800m。
446㎞に渡って谷ができていて、その幅は6~29㎞。
とてつもないデカさだという事がお分かりでしょう。


滞在時間1時間くらいだったかな?
ツアーでの事なので、時間厳守で、散策もできなかった。


短い時間だったけど、この谷底に降りた時に感じた事が、今回の旅の動機につながるのです。


「・・・・・あまりにも自分は小さい・・・・・・」


という物です。
自分がどうとか誰それがどうとか、そんな事、小さすぎて考えるのがバカみたいに感じたものです。


あの感覚は2度目でも感じるかは分かりません。
でもまた行けるのならば、半日くらい眺めてみたいものです。
さらに、出来ることなら、朝日が昇る所を見てみたい。
何も見えない暗闇から、光がジョジョに射しはじめ、谷が虹のように輝き、刻々と色を変えて、少しずつ谷の全貌が見えてくるとか。
1泊しないと見れません。
駐車場で車内泊は、襲ってくれと言ってるような物なので、ホテルを利用するのが絶対。
ホテルと言っても、谷の隣に建っているわけじゃぁないですよ。
何十キロ何百キロも離れた場所から何時間もかけて、夜中グランドキャニオンまで走る必要があります。
でも一人旅ならどうにでもなりますからね。


とまぁ、やはり人生観を変えたいんだと思います。
それが旅に出たい理由です。


だからヨーロッパではダメなんですね。
人工物では恐らく人生観は変わらないかと思う。
自分がアリよりも小さく感じたあの感動が原点であり、終着点だと思います。


あとセスナで行ってしまったのが、良くなかったね。
夜までにベガスに帰ってこないといけないから、飛行機なんだろうけど、車で行くと、とんでもなく時間がかかる。
そして、飛行機だと谷が空から見えちゃうんだよね。
地平線の彼方まで谷が続いているのを見れるけど、車で行ったら、自分の足で谷に近づき、突然目の前に、あの谷が現れる。
きっと物凄い衝撃になっていたはず。
それをやってみたいのですね。


グランドキャニオンの谷底に、アメリカでもっとも予約が取れない宿があるのです。
宿って言っても山小屋みたいなものです。
TVもないし、風呂も入れないし、ネットもつながりません、スマホも圏外。
食事はビーフとチキンだったか2種類しかありません。
でも、その宿の泊まるのは、多くの人のあこがれなのです。
その宿には8時間かけて谷を降りる必要があります。
1800mも深さがあるわけですからね。
恐ろしいのは、帰り、十数時間かかります。
水は必須。
水を切らしたり、ガラガラヘビにかまれて死ぬ人も年間数人います。
普通山登りだと、行きが登りで、帰りは楽な下りですが、グランドキャニオンは逆です。
帰りが地獄。
ヘリで一気に谷底まで降りたらダメだよね。
このデカさ、自分の小ささを、感じるために一歩一歩苦しんで行き来しないと。


それでも僕はこの宿に泊まりたい。
予約は1年後の分を定期的に受け付けるのですが、数秒で埋まってしまいます。
それに英語で予約しないといけないので、最初から不利なのです。


予約が取れなかったら、1時間くらい谷を降りてみます。
帰りは倍の2時間かかるので、3時間歩くことに。
日が落ちる前に帰らないと、オオカミも出るそうで、危険です。


読んでいてお分かりのように、ホテルが谷の近くに無かったり、蛇やオオカミの駆除などせずにありのままにしておくのは、可能な限り、手つかずの自然を残したいから。
だからこそ、偉大なのです。
とっていいのは写真だけ、残していいのは足跡だけ
っていうのがスローガンみたいで、行けば必ず目にします。


次回は、いかに、無理な旅であるかという事を書きたいと思います。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年4月18日 (月)

赤い髪、hideに会いに行く(2度目)

20160418hide神奈川県の三浦半島。東京湾の入り口ですね。そこにある三浦霊園にhideの墓参りに行ってきました。


前日に予約していた花を受け取りに行って、その出来に大満足。
センスいいんですよ、この花屋さん。


そして、ラッピングはお墓を管理している人の手間になるので、(紙などの包装紙の花束なら、悪くなってきた花と一緒に一気に処分できるからだと思う)、リボンはシールで一か所止めてあり、それを剥がすとリボンが簡単に取れる仕組みになっていた。


さらに、車のトランクに横にして運ぶ事を考え、逆三角形のビニールのバックを付けてくれて、これがあればトランクが水浸しにならないでしょうという気づかい。
素晴らしい。


逆さにさえしなければ、水は漏れないですと言っていたので、水を含んでいる部分にもひと手間かけてくれているみたいである。
素晴らしい。


そして前もって買っていたバーボンもトランクに転がらないように入れて、準備万端。


朝の8時に出発しました。
ナビによると3時間半の道のり。


問題は、天気が昼頃から雨になるという事。
そして強風である事。
横風にハンドルを取られる程、車高が無いので舐めきっていたけど、かなりグイグイ風に押されて、首都高が危なかった。
それに合わせるかのように、雨が降り出し、こりゃぁ、霊園はとんでもなく強風が吹くかもと話しをした。


T珍は、墓の敷地に着いたとき、その美しく手入れの行き届いた霊園をみて、素晴らしいと言っていたが、車を止めたあたりから無口に。


車を止めた場所から100mくらいでお墓だとは言っていたのだが、途中から既に泣いていてね。
お墓まであと少しという所まできたら、T珍に先を歩きなって言って、自分のペースで会いに行かせるようにした。


あの花がたくさんある所がそう? とだけ聞いて、ゆっくりとT珍はhideに会いに行った。
強風のせいか花は前回の半分くらいの数になっていた。
前は奥まで歩けないほどで、まさに花畑に墓石が立っているような感じだったからね。


今回は、奥まで入る事ができた。


そして、この天気のおかげか、他のファンは誰もいなかった。
バーボンを置いて、花束のラッピングを外して、供え、手を合わせる。
やはり涙が出たよ。
でも僕とT珍しかいないので、好きなように墓碑を見たり、手を合わせたりして、自分たちのペースで墓参りができた。


15分くらい、いたかなぁ。
T珍はhideと話しが出来たようで、来てよかったと言っていた。


車内ではhideの話やら、X JAPANの話やらをして、いかにhideという人物が偉大であったか。
今も生きていたら、どんなファッションをしていて、どんな曲を出していたのだろうと話す。
生きていたらまだ髪は赤いのかな?と言ったら、あたりまえでしょうとT珍。


行きの車内でかけていたのはX JAPANの曲、墓参りのあとはhideの曲を流して帰ってきた。


また何か悩むような事があったら、hideに会いに行くかもしれない。


写真は、赤系でまとめてくれといった花束と、バーボン。
2枚目の写真は、僕の持ってきたバーボンだけが他の方が供えてくれた酒よりも、かなりデカい事(笑)
一杯飲んで、笑ってくれてると思う。


お墓をバシャバシャ写真に撮るのは、マナー違反な気がするので、花束とお酒だけの写真ですみません。
ネットで検索するとお墓の様子が分かるので、リンクを張っておきます。
https://www.google.co.jp/search?q=hide%E3%80%80%E5%A2%93&num=50&newwindow=1&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwi1x-nU8pXMAhVEJqYKHfkRDe0QsAQIHw&biw=1287&bih=984

今日も、あぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年4月17日 (日)

ブブ彦日記 パサパサ

20160417久々のブブ彦先輩の様子です。
犬の肉球の形をしたクッションに乗っかり、日向ぼっこするのが最近のお気に入り。


顔の毛は真っ白になり、白髪ってやつなんだと思う。
昔は真っ黒で黒光りしているくらいだったのに、その毛の艶ももう無いし、パサパサ。


動きも遅くなって、あまり歩かなくなりました。


まだまだ元気ですから、あと数年は生きてくれそう。
ブブ彦先輩、いつまでも元気でいてね。

2016年4月16日 (土)

デジ物コバナシ M-DISC、数百年に飛び付いた

結局というか、当然なんですが、ポチりました。
MovieNexって何?って書きましたが、要はディズニーブランドの、ブルーレイ&DVD&スマホ&タブレットで見れる映画を1パックで売るというやり方ですね。
それだけ見れる方法を用意するのに、普通の4000円くらい。
これは買いだろうと。


買った作品は、当然「スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒」
アマゾン大好き まさ爺は、3700円になっているのを見逃さなかったですよ。
最初4200円だったのに。
安い!!
本当にブルーレイとDVDが1パックなのにこの値段?
海賊版でタダで見られてしまうのなら、俺が全て用意してやる、安い値段でね って所でしょうか。



さて、スターウォーズの話をしたいわけじゃないのです。
ここまでは前置き。
僕の部屋にTVは無い。
無いが全く不便はしていない。
しかし今回のスターウォーズである、スマホ用、タブレット用のダウンロード権?でPCで見れるんだろうけど、このPCの画面、タブレットよりもずっとデカいのです。
そうなると小画面用の映像を引き延ばすような形になり、画質が悪くならないか?


最高画質はやはりブルーレイ。
これをPCで見れれば問題ないのだが、今のPCってもうDVDとかブルーレイドライブって付いてないのが過半数なんだよね。
CDは買わない時代、レンタルビデオも借りに行かずに、ネットで落として見る時代が来てますからね。
DVDドライブは要らないようで。


しかし僕は追加でポチる事にした。
USBケーブルで繋ぐ外付けのブルーレイドライブを。
これがあれば、ブルーレイが見れる(当たり前だw)



さて、ブルーレイドライブの話も、前置きです。
いよいよ本題に入ります。
順を追わないと分からないですからね。


この注文したブルーレイドライブ、ちょっと変わった物が焼けるのです。
トーストでも嫉妬でもないですよ。
M-DISCという物です。
見た目はDVDなりブルーレイなりと同じです。
CDサイズのあの円盤です。
こいつはぶっ飛んでましてね。
焼いたものを、数百年保存でき、劣化しないというのがウリです。
DVDなどは5年くらいしかもたないと言われています。
光、熱、湿気、などであの中のキラキラしたアルミホイルみたいのが劣化して、読みだせなくなるという物です。
家族の写真をDVDに焼いている人は5年おきに、新しいDVDに焼いている人も多いはず。
ハードディスクの寿命も同じくらいだと言われているので、ハードディスクに入れておけば焼き直す必要はないというのは間違いです。
PCだけに入ってるなんて人はもってのほかです。
全ての思い出が消えるのを待ってるようなものです。


Y家の写真、両親の子供の頃の白黒の写真から、今週撮った写真まで、すべてPC、外付けハードディスク、SDカード、クラウドに毎日自動保存するようにしています。
写真はすべてスキャナーで取り込み、アルバムは処分したからです。
あらゆる時代の写真がすぐに見れるし、アルバムって場所をとるからね、取り込んだのは便利ですが、消えたら2度と見れないから、何重にもバックアップしているのですね。


さて、ここにきてM-DISCです。
1枚25ギガなので、すべての写真が入るか微妙なところですが、数枚に分けて焼けばいいですし、とりあえずこれに焼いておけば、かなり安心です。
安心をお金で買ったという気持ちです。
良い物をポチりました。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年4月15日 (金)

赤い髪、花束を買いに行く

3日後にhideの墓参りに行くのに、前回は霊園近くの花屋さんに買いに行ったのだけど、赤の花が売り切れてしまっていて、やや不本意でした。
なので、今回は、茨城で買って持って行くことに。


当日では時間の都合があって、花屋で作ってもらう時間もないし、花屋が開く時間前に出発するので、前日の土曜日に買いに行く事に。
それでも、当日いきなり言って、今日は赤い花が無いと言われてしまったら、意味がないので、今日、予約をしてきました。


まさ爺「花束をお願いしたいのですが」
店員さん「はい、ありがとうございます」
まさ爺「赤い色の花で作ってもらいたいのです」
店員さん「赤一色ですか?」
まさ爺「赤系ならなんでもいいです。ピンクでもオレンジでも」
まさ爺「お墓に供える物なのです」
店員さん「菊とかが良いのでしょうか?」
まさ爺「明るい感じの花にしてください」
店員さん「ラッピングなどどうしましょうか?」
まさ爺「そのお墓は・・・・  いや実はXJAPANのhideさんの墓参りなのですが、管理する人の手間を省くために、ラッピングなどは取って供えるのがマナーとなっているので、ラッピングはしてもらっても無駄になってしまうのです」
店員さん「リボンなどはどうしましょうか?」
まさ爺「それはやっていただいて構いません」
店員さん「おいくらくらいの花束にしましょうか?」
まさ爺「2000円だとどれくらいになりますか?」
店員さん「使う花によって変わってくるのですが、なかなかボリュームはあると思います」
店員さん「お供えならば2つに分けた方が良いのでしょうか?」
まさ爺「いえ、一つでいいです。 かなりの花束の数なので、置けなくなりますから」
店員さん「引き渡しはいつにしましょうか?」
まさ爺「土曜日の17時以降になってしまいますが、構いませんか?」
店員さん「大丈夫です」
店員さん「あの~、お墓詣りは、翌日の日曜ですか?」
まさ爺「そうです。」
店員さん「ではお水を多めにしておきますね」
店員さん「お名前と電話番号を」
まさ爺「Y.将志です。 番号は・・・・」


っといった感じ。
花屋は緊張しないのです。
昔、ひと月ぐらいですが、花を届けるバイトをした事がありましてね。
花の名前は一つとして覚えられなかったけれども、お葬式の祭壇作りのアシスタントをしたり、花キューピットの花を届けたり、花の知識が無くて出来る事を、ちょっとだけかじった事があってね。
だから花屋に行くのは好きなのです。


センスの良い花屋さんなので、きっと期待以上の物ができるでしょう。
hideとの再会は近い。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年4月14日 (木)

赤い髪、バーボンを探しに行く

バーボンとはなんだ?
バーボンとはどこで売っているのか?
秘境の茨城にバーボンは売っているのか?


hideちゃんに花束と何か酒を持って、会いに行きたい。
hideちゃんという人と、酒の話は切っても切れない事で、数々の逸話が今も語り継がれている。
hideちゃんの好きだった酒を用意してやりたいが、調べても一番好きだった酒は分からなかった。


どうやら何でも飲むらしい。
ビールから始まり、日本酒に行き、バーボンを飲んだりしたらしい。
すごいのは、何を飲んでも、飲むペースが変わらなかったという。
ビールをゴクゴクと飲むように、強い酒だろうと、同じ飲み方をするそうだ。


日本酒は、銘柄によって味がだいぶ違うし、好みじゃない味という事もあるだろうから、無難にバーボンを持って行くことにした。
問題は、最初に書いたように、ド田舎の茨城で、バーボンを売っているかという事。
ビール、日本酒、焼酎、はさすがに売っている、ウィスキーもあるだろう。
でもバーボンは分からない。
ディカプリオやローラが出ていたのは、バーボンのCMだったはず。


とりあえず、近所のスーパーに探しに行ってみようと思う。
小さな瓶の方が良い。


バーボンとはアメリカのトウモロコシで作ったウィスキーの事で、バーボン・ウィスキーというのが本当の名前らしい。
ちょっと高めのスーパーに行ってみる事にした。
品揃えが豊富だからだ。
ここに無ければ諦めるしかない。


ビール、ワイン、焼酎、日本酒、ウィスキーはある。
でもバーボンが無い。
っというか、みんなウィスキーの琥珀色をしていて、どれがバーボンなのか分からない。


非常に苦手とするところだけど、店員さんにバーボンはありますか?と聞いた。
今思えば、スマホで「バーボン」と検索すれば、商品名がたくさん表示されるからそれと同じ物を探せば良かったのだが・・・・
まぁ、人と会話するのは大切な事ですからね。リハビリリハビリ。


店員さんもバーボンを探す客は珍しいらしく、バーボンがどこにあるか分からない様子。
その店員さんが別の店員さんを呼んで、バーボン探しが始まった。


それでも見つからないバーボン。(スマホで検索すればもう見つかっていただろうに)
商品の並ぶ棚をあれこれやってくれていたら、値札の後ろ側に、割引値段なのか、古い値札なのか、違う色の値札が出てきて、小さくバーボンと書かれていた。


そのバーボンとは I・W ハーパー 聞いた事があるでしょう。


日本酒のワンカップって、日本のお墓でよく見るけれども、そんな感じの小さな小瓶を探していたのだけど、そんなものは無い!!!
750mlしかなかったので、それを購入。
hideちゃんなら、あっという間に空にしちゃうから、いいんですけど。


カゴなど使わず、バーボンの瓶だけを握りしめ、レジに並ぶ。
赤い頭が、大きな瓶だけを持って、レジに並ぶ。
アル中にでも見られてやしないかと思ったけれど、そんな事誰も気にしてなかったりするものだよね(笑)
墓参りに持って行く、お供え物を買ってんだ、何が悪いw
人目を気にしすぎだよね。
直していきたいと思う。
あとは、前日に花束を買うだけ。
再会は近い。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年4月13日 (水)

今日のYouTube マルコメ 料亭の味 液みそ 上京篇

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

今日、お届けするのは、マルコメ 料亭の味 液みそ 上京篇 です。
何だかあったかい気持ちになります。

液みそ 上京篇 へのりんくは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年4月12日 (火)

トレベル・レポート 糸井さん、茶碗を割ってみるつもりらしい

あぜ道通信が多大な影響を受けているサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」ですが、糸井さんは毎日、結構な長さのコラムのような物を書いている。
1日も休みなく、18年間も。
ここまで続けてきたのだから、休んだらもったいないというか、皆勤賞を狙う子供のように感じてしまうという。
よほどのことがない限り、このルーティンを守るつもりだったが、発想が変わったとありました。


1日だけ休む事を考えるから、何かの「欠け」のように感じるのだと。
茶碗の端っこがちょっと欠けたら気になる。
でも茶碗が真っ二つに割れたら、そこから新しい事が始まるのではないか?という事らしい。


おそらく1か月ほど、自信を持って休もうと思っている。とのこと。
その間、一人旅をしたいのだとか。


衝撃が走った。
18年続けてきたことを、思いっきり一旦やめるというのだから。
その後の十年を面白くするために、一番必要な事が、これだったのかもしれない。と締めくくられてました。


なんだか最後は、「じゃぁ、あぜ道はどうするんだい?」っと投げかけられているような気がしました。


あぜ道は、数日以内に起こった事を書いているのですが、べストは、前日に感じた事を翌日の日付の記事にするという事。
たまに旅行などに行くときは書き溜めるておき、自動更新させるのですが、3日分くらい前もって書き溜めるのが限度かなぁ。
なんだか古くなった文章には血が通ってないような気がしてね、まだ悩んでいるくらいの事を書くようにしています。


あぜ道を書いている限り、パソコンの前に座る時間があるわけです。
筆が遅いので、1時間は毎日かかって書いています。


PCから離れて生活してみたら、どうなるのだろう?
誰も僕の事を知らない土地に行ってみたらどうなるのだろう?
富士山でも登ってみるか?
お遍路でもやってみるか?


別にあぜ道を休みたいとは思ってないのです。
ただ糸井さんは大きな決断をした。
そして、きっとニコニコしてパワーアップして、器を大きくして、より大らかになって、帰ってくるだろう。







大切なお金を6~7年?かけて貯めて買ったケロリンコペン。
買ったことはまったく後悔していない。
外出が増えた事は、これまでの自分では考えられなかった事だ。
ただ、ケロリンを買う前に悩んだ事がある。
2択である。


ケロリンを買うか?
あの場所に行くか?
である。
あの場所とは、あの世の事じゃないですよ。


僕は、地に足をつける感覚でケロリンコペンを買う事を選んだ。
パジェロミニがボロ過ぎて、外出したくなかったからね。
もっと外に出るべきだと自分でも思っていたし。
その選択は間違ってなかったと思う。
ケロリンコペンがやってきて、生活は変わった。
気持も明るい。


けれど、もし別の方を選択していたら・・・・
という考えはずっと残っている。
今回の糸井さんの一人旅と毎日の更新を一旦やめるという事で、何か忘れようとしていた事が思い出されたような感じがして・・・・・


糸井さんの真似をするわけじゃないけど、茶碗の話のように、何かを壊すことで、新しい見方ができるかもしれないという予感はある。
やっちゃえ日産のCMを気に入ったのは、共感してほしいというより、自分に言っていたのかもしれない。


おそらく数年以内にやらないと、もう無理だろう。
今から、っというか普段から節約節約の生活をしているつもりだけど、更に切り詰めお金を貯め、準備をする。
数年の貯金で間に合うか?
その他、問題は山積である。
どうなるかわからない。
今回この話をして、そのまま自然消滅するかもしれない。
実際問題無理でしょう。となるかもしれない。
どこを切り取っても、困難しか見えてこない。
でも、「やれ、やるべきだ」という声が聞こえるような気がする。


どこまで出来るかは分からない。
「じゃぁ、あぜ道はどうするんだい?」
そう投げかけられているような気がする。


アメリカ、グランドサークルをレンタカーで1か月かけて周る旅である。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年4月11日 (月)

僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い44 一晩中で考えたこと

今夜は眠れない。
もうどれくらいの時間、真っ暗な天井を見ているのか。


上がったり、下がったり。
どれくらいの周期で回ってくるのか、数えたことは無いけれど、今回のはいつもと違う。
いきなり来て、ひどい状態まで、一気に落ちた感じだ。
こういう波は初めて。


静かなる闘い41と42の本文&コメントで、書いたけど、ダメだな 発言や、Pとの溝には、一応の気持の整理は出来ているような気がする。
でもそれが原因なのだろうか?
過去を思い出してしまって、知らず知らず、落ち込んでいたのを、明るく振る舞っていただけなのか?



今日は、姪甥の3人がY家に泊まりに来てくれたのだが、会話もほぼぜず、一緒に夕食を食べても、僕は何も話さず、最小限の物だけ食べて、すぐに何も言わず自室に戻ってしまった。


ケロリンコペンが来てから2人だけで何度か出かける事があり、すっかり僕になついた?甥のタイタンが、「おやすみなさい」を言うためだけに、2階の僕の部屋まで来てくれた。
タイタンに何を言ったか思い出せないが、ぎこちなくおやすみって言っただけのような気がする。
きっとあの歳なりに心配してくれていたのだろう。


姪甥には僕が病気だという事は、かずのすけ(姉)から話してあるようだが、実際に調子が悪い様子を見せたのは初めてである。
別人のように映った事だろう。
あるいは、何も話をせずに自室に戻ってしまったので、何か怒っているのだろうか?とも思ったかもしれない。


最近も、もう来年の桜を見ることは無いだろう とか
今晩食べた物が、人生最後の物になるのかな とか
考えてしまうし、
いつもの刃物の事やら、弟と同じ方法やら どっちにしようか考えてしまう。
自分の頭なのに、コントロールができない。


今夜死のうと思ったけれど、刃物は無いし、ひも状の物は延長コードくらいなもので、上手くできそうにない。
そのまま天井を見ていたら、朝になっていたようで、気が付くと、部屋にタイタンが立っていた。
不安そうな眼をしているように見えた。
朝食の準備ができたと起こしに来てくれたようだ。


行動に移してしまっていたら、タイタンが死体の第一発見者になるところだった。
冷静さが無い状態だったとはいえ、やらなくて良かった。
タイタンの一生を壊してしまう所だった。


結局、病気には勝てないのか?
上手に付き合っていく事すら無理なのか?
僕が死んだら、皆はどうなるのだろう?
全てが終わる事になるんだろうな。

それでも消えてしまいたい。

今日もあぜ道通信に来てくれて、ありがとう。

2016年4月10日 (日)

墓マイラー、再びhideに会いに行く

20160410来週の日曜日、2016.04.17に、再びhideの墓参りに行ってきます。
5月2日に行けたら良いのだけど、人が集まりすぎるでしょうから、やめておきます。
墓まいらーとしては、故人の墓に触れ、静かに故人と会話をするのが、何よりの体験なので、静かな方が良いのです。


それで、今回は、一人連れが・・・・
T珍(母)です。
昔も今もYOSHIKIの才能には一目置いているT珍ですが、hideに関してはパフォーマンスだけの人ってイメージがずっとあったようで・・・
僕がどういう人だったかを説明しても、いまいち分からないようだし、築地本願寺に5万人が集まった事も?だったようで。


でも去年、hideのドキュメンタリー映画のJUNK STORYを見せたのです。
僕はとにかく見てくれと。
それでhideの印象が変わらないなら、それはもうしょうがないと言って。


1週間くらいTVの前に置かれたままのJUNK STORY。
無理強いだったかと諦めつつあったのですが、ある日の深夜見てくれたようで。


T珍の態度はガラリと変わっていました。
「惜しい人と亡くした。 これほどの人だったとは」と言っております。


それから2015.12にhideの墓参りに行ったわけですが、お墓の様子を説明したら、T珍が行きたいと言い出しまして。
「また春に会いましょう」
だというのです。
分からない人に説明すると、そういう切ない歌詞があるのです。
その春にはもうあなたはいないと、悲しくなるのですが、お墓にその歌詞が刻まれているのです。
これはもう連れていくしかないなぁと思いまして。


前回花を買ったお店は、行った時には赤い花が売り切れてしまったというので、ファンの人が押し寄せたのでしょう。
やっぱりhideちゃんは赤のイメージなので、前日に地元の花屋で花束を作ってもらって、それを持って行くつもりです。
お酒も何か買うかもしれません。
hideちゃんはお酒は何が好きだったのだろう?
ちょっと調べます。


因みに、T珍、18時から美容院の予約があるとかで、それまでに帰ってこないといけません。
往復6時間の運転は苦じゃないけれど、朝8時には出ないとなぁ。
墓マイラーはどこへでも・・w


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年4月 9日 (土)

あぁ、食い道楽 京菓子コンプレックス、道明寺VS長命寺

20160409昨日辺りから桜餅の香りがしてますなぁ。
誰かこっそり食べたのだろう。


さて、西日本の方は知らないかもしれないけれど、桜餅には2種類あって、関西より西で食べられている道明寺。
関東で食べられている長命寺。と2つあるのです。
なんで寺の名前が付くのかは、自分で調べましょうね(逃げw)


寿司と言えば押し寿司や慣れ寿司が主流だった物が、江戸でもっと早く作れないか?という事で握り寿司が出来たように。
正月に食べる餅も、関西は手で一つずつ丸める丸餅に対し、江戸では、その手間が面倒だと、包丁で切るだけの角餅。
そして、桜餅です。


関東の長命寺は、クレープとホットケーキの中間くらいの厚さの生地で、餡子を包むだけ。
否、時間が惜しくてこのような形になったかは分かりません。
でも何だか味気なくてね長命寺は。


肝心の味の違いですが、長命寺はクレープ+餡子+桜の香。って感じ。
桜の香のするどら焼きみたいな感じです。
道明寺は、もち米の触感+餡子+桜の香。って感じ。
お餅に近いかもしれません。
道明寺の方が断然美味しいです。


やはり京菓子には勝てないのか・・・
長命寺は桜餅とすら呼ばないとかで、長命寺は邪道って感じの扱いです。


因みに、桜の葉っぱの塩漬けが、どうにも苦手で、柏餅のように葉っぱを取って食べるまさ爺であります。
誰か今、「お子ちゃま」って言いましたね?・・・・

2016年4月 8日 (金)

僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い43 チャンスという名のストレス

僕の行きつけのサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」ですが、面白い対談の様子があったので、URLを書いておきます。


全5回に分けてのちょっとずつの連載なので、読んでドッと疲れるという事も少ないです。
時間が無くても大丈夫。
1日1回分でも、一気見でもお好きなように。


この対談のタイトルは「わたしを肯定する研究」というもので、
ゲームをする事は悪い事なのか?という話からストレスの対処法に話は変わっていきます。


この話に出てきた事を実践しましょう!とは言いませんが、ストレスに弱い僕は、結構参考になりました。


ストレス(プレッシャー)は敵ではない、チャンスなのだという話なのですが、興味深い事実とデータから、裏付けしていくので、説得力があります。
糸井さんのユルさも入り、とても和やかで、難しい話ではありません。


何かの参考になればと思います。
私を肯定する研究 へのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年4月 7日 (木)

シネマごしっぷ 再会のカレー、ナウシカの公開時期

先日、双葉カフェという店に行き、カウンター席で一人の常連さんに会った話をしたのですが、(その話へのリンクは こちら )そのお客さんが、我が店にやってきてくれました。
義理堅いですねぇ。
社交辞令で興味があるふりをする人が多いのに。


今日は超暇な日で、お客さん少なくてね。
だから、この男性とT珍(母)と僕との3人で、話をたっぷりする事ができてね。


かなりの映画通だという事が分かった。
スターウォーズが好きだという共通点も分かり、大盛り上がり。
厨房奥の神棚らしき棚にヨーダがいる事や、仕込みの時はスターウォーズの音楽を大音量でかけている事などを話しました。
誰もあの有名なテーマ曲が流れている中で、牛筋を煮ているとは思いもしないようで、驚いていたねw


去年の12月、最新作のエピソード7が公開される時、TVで過去作品を便乗放送するじゃないですか。
それを見た子供が、スターウォーズに興味があったようで、全話買い揃えたとの事。
良い子に育つぞ(笑)


あとは4D(3Dの他に椅子が動いたり、水しぶきがかかったりする体感型シアター)で見たと言ったら、茨城だと水戸の南口の所しかないよね。 っと即答したので、本当にかなりの映画好きみたい。


それで僕が住む町にも昔は映画館があって、そこでタイタニックと風の谷のナウシカが同じ時期に公開されていたと言い張るT珍。
僕が何度、10年20年くらい公開時期が違うって言っても、間違いなくナウシカだったと言うので、このお客さんに同じ質問をしてみたら・・・・・
やはり、同時期に公開はありえないという事を言われて、T珍も首を傾げながらもやっと納得。
僕の勝利に終わった(笑)
あれほど証拠を並べても納得しなかったのに、お客さんに言われたらあっさりと勘違いを認めやがって・・・・・・・・あのお調子者めが!!(笑)


牛筋カレーも完食してくれて、また来るとも言ってくれたので、気に入ってくれたみたいです。
お名前を聞き、頭に叩き込みました。


接客業は大変ではありますが、こういうお客さんが来てくれると、やってて良かったと思えます。
なにより、今日に限って、出勤していたのが、幸運でしたね。
週に1日も出ない日が増えているのに、今日は出勤していた。
身体は重かったけど、行ってよかった。

今日もあぜ道に遊びに来てくれてありがとう。

2016年4月 6日 (水)

今日のYouTube 屋上の少女

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

今日、お届けするのは、メッセージ性の強い作品。
「終わり」「終わり」と次々と読み捨てていく少女。
このまま行ってしまうのか?
そういう事かという、メッセージが表示されて終わります。
ちょっとだけ前向きになれると思います。

屋上の少女 へのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年4月 5日 (火)

僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い42 埋まらぬ溝

上手く書けるかどうか・・・・自信がありませんが、書きながら考えを整理していこうと思います。

先日のコメントに、P(父)は、死ぬのは弟じゃなくて、僕だったら良かったのに と考えた事があるのではないか?と書いた事の続きの話です。


いつも考えているとはさすがに思わないですが、考えた事はあるかもね っていうこれまた僕の勝手な想像です。
被害妄想的なこの考えが浮かぶのは、なぜか?


その前に弟がどういう人物だったか、あまり書いた事がありませんでしたね。
弟は僕の自慢の弟でした。
明るく、僕とは兄弟とは思えないイケメン、身長もとても高くて、頭の回転も速い。
ユーモアがあり、明るく社交的で友人が何人もいて、頻繁に連絡を取り合い、誘いあって一緒に出掛けたりしていました。
気遣いもしすぎるくらいにする人で、誕生日や何かの記念日は絶対に忘れず、必ず何かサプライズを用意するような人でした。
ファッションセンスも良くて、常にお洒落さんでした。
非常に美的センスがあって、アートやイラストや、前衛的な映画やアニメが好きで、僕とはとても話が合った。
料理も、僕より明らかに発想、味付け、盛り付け、どれを取っても僕よりセンスがありました。
そして、その弟は、Pの事をとても慕っていて、Pが行く所には付いていき、Pが日曜大工をやるときは、すすんで助手になっていました。
Pも弟を可愛がりました。


では僕はなぜPに懐かないのか?
僕が小学生の頃に、Pが起こした問題で、T珍(母)は離婚するしないで揉めた事があります。
Pは家族を捨てようとしたのです。
僕は子供ながらにPに聞きたかった。
「捨てる事になるのなら、何で僕を作ったんだ?」ってね。
「そんな半端な覚悟で子供を作ったのだとしたら、生まれてくる家庭を選べない子供はどうしたらいいのか?」と。


少し話がずれますが、この一件で、僕は自分がダメな子だから捨てられるのだ。と思うようになり、親の顔色を覗って生きるようになっていきます。
もう捨てられないように親に意見せず、ただただいい子でいようと。
ダメの刻印を押されないように、ビクビク仕事をするようになってしまったのも、自分が出来損ないだと思ううつ病の下地は、この時からできたのだと思っています。


話を戻します。
大人になってからT珍に聞かされた事だけど、この手の問題は何回も起こしていたらしく、T珍がどれほど辛い思いをしてきたか。
そういう事もあって、僕はT珍の味方でいたいと思うし、Pのしてきた事を許せずに今に至ります。
Pと会話はしますが、どこか僕は距離を置いています。
この溝は埋まらないんじゃないかと思っています。


っと言うわけで、P自身も、自分よりT珍と良く会話をしている僕を見ているので、まぁ、この先はどう思っているか分かりませんが、確実なのは、弟と僕は、Pに対する接し方が全然違うという事です。
Pもそれは分かっています。


弟は、Pが家族を捨てようとした事や、その他起こした問題を幼かったから記憶に無いのか?幼過ぎて事実を聞かされてなかったという事もあってか、弟はPの事が好きだったようです。
Pも当然、弟が可愛かったでしょう。


小学校の時の離婚問題の後、Pはこの手の問題を起こす事は無くなりました。
勤勉に働いてくれて、そこで稼いできた給料で我が家が成り立っている。
もう許すべきなのかもしれないし、感謝するべきなのかもしれないし、もっと労わるべきかもしれないし、もっと会話して、もっと心の内を話せるようになればいいのでしょうけど、未だに忘れられないと言うか、傷は癒えません。
恨んでいる気持ちがゼロになったとは言えません。


僕の病気が今よりももっともっと悪かった頃、Pにこの気持ちをぶつけた事があります。
なぜ僕を作った?と先ほどの気持ちを、20年思っていた事を全てぶちまけたのです。
自分を否定し、自分を責め、自信など持てるわけもなく生きてきたと。
おかげでうつ病になったとも。
僕がここまで20年間苦しんできた事をやっと知ったPは、事の重大さに気付き、僕に、心からの謝罪をしてくれました。


気持ちをぶちまけた事、Pの謝罪。
これで終わるはずでしたが、僕は20年も我慢し続けたのが悪かったのでしょう。
父親とどう接していいか分からないのです。
結局、弟のようには親しくなれないし、冷たく接するのも間違っている。
どうしたら良いか分からず、時間だけが過ぎています。


っと、理由はそれだけです。
それだけの事なのに、Pに対してひどすぎる言いがかりだと思います。
でも、どうしたら良い物か、分からないのです。


Pの父、福爺さんとPにも確執がありました。
成田に行っては必ず喧嘩になっていた事を覚えています。
取っ組み合いになったり、表に出ろだの、怒鳴り合っている様子は今もはっきりと覚えています。
でもPは福爺さんが亡くなる少し前、弱り切った福爺の世話を少ししたそうで、そこでわだかまりは全て無くなったと言っていました。
僕もそうなるのか?
時間が解決するかというと、30年経っても、癒えないのですから、無理な気がします。
親になるチャンスがあるのなら、Pの気持ちが分かるようになるのかな?
あるいはPが亡くなる時が来たら、Pと福爺さんの関係が清算されたように、僕もPを許す事ができるのか?


本題からだいぶずれてしまいましたね。
僕が死んだ方が、の話です。
この話を読んだら、だいたい分かるでしょうけど、懐いてくれる弟と、距離を置く僕ですからね。
ちょっと考えたりしたんじゃないかと・・・・・
全て僕の被害妄想ですけどね。

なんだかまとまりの無い文章ですが、父とはどうしたら良いか分からないのです。

今日もあぜ道通信に来てくれて、ありがとう。

2016年4月 4日 (月)

シネマごしっぷ MovieNEXってなんぞや?

20160404間違いました。
凡ミスです。
うつ病闘病記を今日のシネマごしっぷと一緒に2つUPしてしまいました。
予約の入れ方で日付を一日間違いました。
っというのも、最近の闘病記は、結構ドロドロしたY家の話やら、重い話がおおいので、間に今日のように、SWオタクの話でも書いて、一服してほしいのです。
明日、この間違ってUPしてしまった闘病記の話を公開しますね。
10人くらいの人が闘病記を読んだと思うけど、すんませんでした。



さて、今日のお話。
「いよいよ家にやって来る。」
というキャッチコピーらしい。


サンタさんでも、営業のセールスマンでもありません。
「スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒」がやって来るのです。


5月4日のスターウォーズの日に発売です。
劇場での公開の終了が3月25日だった事を考えるとかなり早いですよね。


ネットを見ていると、その広告が表示されているのを見た人も多いのではないでしょうか?
(スマホだと表示されないかな?)
普通の広告だと邪魔なのに、SWの事が載るとニコニコしてしまう、単純な僕であります。


それで是非買いたいわけですよね。
4200円と安いし。
でも気になる記述が。


この映画はディズニーの作品なのですが、ディズニーの文字は一切無し。
アマゾンやら、楽天やら、の発売元も無し。
その代わり 「MovieNEX」という文字が。
聞いた事が無い。
新手の発売元なのか?
ペプシNEXっていうの、あったよね。
いつの間にか消えてたけどw
NEXって何よ?って事ですよね。


3D版や4DX版があったような感じで、何か特殊な映像で特殊なメガネやら機材やらが必要なのか?
とにかくMovieNEXって何ぞや である。


検索してみました。
「ディズニーはもう単なるブルーレイを発売しない」というものでした。
まだ意味が分かりません。


ディズニーは、新たな映画パッケージ「MovieNEX」を発表した。
これまではブルーレイやDVDなどソフト単品として発売していたが、今後はブルーレイとDVD、デジタルダウンロードを1つのパッケージとして販売する戦略をとる。

との事。
つまりブルーレイ版とか、DVD版とか別々に売っていた物を一つの箱に入れて発売します。と言う事。
値段もブルーレイ版、DVD版とかだけで売っていた時と変わらない価格帯。
これは助かる。


さらに、iPhone/iPadやAndroid端末で閲覧が可能なデジタルダウンロード権を含めたものを「パッケージ」に入れる。
これにより購入者はブルーレイでもDVDでもスマホでもタブレットでもと、好きな場所で、好きなメディアを選んでの作品視聴が可能となる。


パッケージを購入した人には専用サイトを用意し、特別イベントへの参加やゲーム、アプリとの連動、音楽ダウンロードなどのサービスも展開する。
とあるので、至れり尽くせり。
スマホなどでもコピーなどの作業も必要なく見れるようにするというのは素晴らしい。
かなり画期的な事です。


映画を楽しむ上で、理想的なスタイルは?とのアンケート結果によると、
・再生機器に関わらず一度購入した作品は将来にわたり楽しめる 53%
・いつでもどこでも映画を楽しめる 50%
・作品にまつわる様々な映像も楽しめる 43%
という要望を一気に解決させたわけですね。


このMovieNEXはディズニーが提唱する売り方なので、他の映画会社はこの言葉を使わないでしょうし、そもそもこういう販売方法を真似しないかもしれません。
映画の売り方が大きく変わるかもしれない時期に入っているのかもしれません。
どうなる映画業界!?

とりあえず、フォースの覚醒をもう一度見て、(3回目w)あの世界に浸りたいと思います。
フォースと共にあらんことを・・・

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年4月 3日 (日)

ダイエット奮闘記 カレーめしが食べたい

ピークの体重が98㎏で、三桁はまずい、それに足の膝も痛くなってる、これは痩せねばなるまいと奮起したわけですが、
そこから15㎏痩せました。
だから今、83kgです。

あと13㎏で標準体重です。

どん兵衛(天ぷらうどんが好きw)
サッポロ一番塩ラーメン
カレーめし
これらを食べれないのは辛いですが、頑張らねば。

頬が少しすっきりしてきまして、いよいよ腹の肉以外の部分も痩せ始めた感じです。

体重 83㎏
体脂肪率 31%

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年4月 2日 (土)

僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い41 何気ない一言が、大問題

先日、ちょっとした事が大きくなって、家族中の問題になりました。


Pちゃん(父)が仕事から帰宅して、「おかえり」と言った僕にPが言ったのです。
「体調はどうだ?」と。
僕は正直に、あまり良くないだったかな?良くないだけだったかも?とにかく良くないと答えたのえす。
するとPはこう言ったのです。
「それは、ダメだな」と。
これだけの話です。


皆さん、このダメだなという一言を言われたらどう思います?
自分がうつ病になったとして、お考えください。
うつ病じゃなくてもいいや、癌の人に言ったらどうなります?
骨折でもいい。
治りが遅い人や、どうしようもない人に対して、どうしてそんな一言が言えるのか。


僕はカチンと来て、「親父、今の一言どういう意味だ?」
「僕の何がダメなんだ?」
「親父みたいに毎日仕事にも行けないからダメなのか?」
「立派だよ。そのおかげで家族が食っていけるのは事実だよ。でもだからってそれが出来ない僕はダメなのか?」
「どうせ仕事に出ない日は、家でゴロゴロしてるか、PCでもいじって遊んでいるんだろうとでも思っているのか?」
「なんの罪悪感も自己嫌悪も無く、仕事をサボっていると思っているのか?」
「ダメ人間、クズとでも思ってんのか?それが本音なのか?」
「体調悪い時だって、T(弟)の事があって、心配するだろうから、元気そうに振舞ってる事が分からないのか?」
「よくそんな事が言えるな!」
と言ってやろうと思った。


が、1秒とかからず、言うのが馬鹿らしくなった。
T珍(母)もこの、何の配慮も無いダメだなが、かなり衝撃だったようで、何か言葉にならない声を発したが、何もその後は言わなかった。
僕とT珍は思考が似ているから、わかるのですが、なぜその場で、いかに相手を傷つけたかを話さなかったか。
親父が怖いわけでも、トラブルはご免だとも思っていない。
普通なら、きちんとケリをつけるべきなのでしょうが、僕もT珍も言わなかった。


僕もT珍も、この人に言っても分からない。
いま抗議したら、謝罪はするだろう。
でも、根本的に人の気持ちを考えられない人なので、どうせまたやる、言うだけ無駄という諦めですね。
こういう言葉を選ぶと相手が傷つくとか失礼だとか、考えられない人なのです。
どうせその場しのぎの謝罪なのだ。
これを2人とも感じたから、言わなかったのです。


その日の夜更け、僕はT珍に切り出しました。
「あの一言どう思った?」
誰がいつ言った言葉とは言わなくても、すぐに分かったらしく、やはり僕と同じ意見だったようです。
呆れて物が言えなかったと言ってました。


僕はショックを受けるというより、
「それが本音か・・」という事と
「人に対する心遣いができない可哀想な人」という結論に達していた。


翌日、T珍はお店で顔を合わせた、かずのすけ(姉)に、事の成り行きを話したそうなのだが、かずのすけも激怒。
Y家に乗り込んで私がハッキリ言うとまでなってしまったようです。


翌日の夕方、帰宅してきたPにT珍が切り出しました。
「昨日、将志に何を言ったか分かっているのか?」と。
抗議すると聞かされてなかった僕は、もういいからかえって傷が広がるから と止める時間も無かった。
始まってしまったものはしょうがない。
Pの考えを聞く事にした。
体調の事を聞いて、将志の体調が悪いという事を聞いたのは覚えている。
が、それはダメだなは覚えていなかった。


僕は言いました。
「それはダメだなって言ったんだ」と。
先ほど書いた、それが本音だろうとか、遊び歩いていると思っているんだろう?とは言う気にもならなかった。
こんな人が父親なのが、悲しい。それだけです。


T珍は怒りが収まらないようすで、かなりきつい事をぶつけていたようだったが、僕はあまり記憶が無い。
もう放っておいてほしかったので、耳に栓でもした感じです。


Pは「分かったわかった、俺の失言だったんだな」と言って、隣の部屋に行こうとしたが、T珍が止めた。
「まだ話は終わってない。」
「いつもそうやって、分かったふりをして、他の部屋に逃げておしまいにさせるけど、またやるのよ」と
「根本的に何が問題か分かってない、そう言うつもりで言ったんじゃない は言い訳にはならない」
「○○さん(さすがに名前は出せない身内の人です)と同じ事をしているの分かってるの?」
「あの人もそんなつもりで言ったわけじゃないって、いつも言い訳するけれど、自分がどういうつもりで言ったかなんてどうでもいいんだよ。 相手がどう取るかまで考えて発言するようにどうしてできないのか?」


あとはまだ続いていたけど、記憶がありません。
最後にしどろもどろになったPは、僕に謝って、終了しました。


昨日のPが帰ってくる時間、体調の事はもう聞かれないかもしれないけれど、もし聞かれたら、また調子は良くないと答えるしかないし、正直しばらく顔も見たくないので、自室から出ませんでした。


でもね、僕も図太くなったんでしょう。
ショックと言うほどのショックもなく、気持ちだけは元気なんですよね。
言っても分からない人なんですから、T珍が40年以上かけて、性格やらをかなり変えてきたようですが、本質の部分は治らないんだろうなと。
そんな人の為に落ち込んだりするのバカらしくてね。


楽しみな事だらけですから僕、
落ち込むなんてとんでもない。
親子ですから縁は切れませんが、ほんの少し距離を取りたいと思います。
何気ない一言だったのでしょうけど、家族を巻き込んで大きなことになってしまい、反省しているのか?何でそこまで言われる?くらいに相変わらず根本的な所に気付いていないのか?
大好きなテレビも見ないで、しばらく何かを考えているようでした。
でもまたやるでしょうね、この人は。


皆さんが、身内でも親友にでも、社会復帰できない事を「そりゃダメだな」って言われたら、どう思うか聞いてみたいです。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年4月 1日 (金)

あぁ、食い道楽 双葉cafe、行った初日が最後の日だった

20160401昨日、午後にT珍(母)からメールが入り、今日は仕込みも無いので、すぐに帰れるとありました。


そして、この空いた時間に、ケロリンコペンで、しだれ桜を見に行こうと書かれていました。


車で20分くらいの距離なので、日が落ちる前に見て帰ってこれそうである。
体調が良ければだけど・・・という気遣いもあったので、嬉しかった。


夕方になると身体が動くようになる不思議なうつ病の典型どおり、身体は動き、準備をしてT珍の帰宅を待ちました。


どういうわけだか、T珍はケロリンコペンに乗りたがる。
息子と出かけるのが嬉しいのでしょうなぁ。
あんな狭くて、荷物も乗らない、不便な車なのに。


それで、帽子が飛ばされないかな?とか言ってるから、どこかの河原にでも行くのかと思ったら、ケロリンコペンをオープンにして欲しいと言うではありませんか。
日焼けをいつも気にしているT珍が、オープンにしろとは、びっくりです。
確かにこの季節を逃したら、オープンには暑くてできませんから、オープン日和ではあるけれどね。
オープンにして、快適に走り、20分。
某お寺に到着した。


駐車場には既に3台くらい車が止まっている。
最近はツイッターやらフェイスブックやらインスタやらで、情報の拡散が早すぎる感はあるけれど、桜に関しては、この速さが活きてきます。
みんな桜の情報を聞いたのでしょう。
カメラを持って、今年の最初の桜(茨城はまだ開花してない)を満喫しているよう。


満開を通り越し、やや散り始めている状態でしたが、とても綺麗で、写真を何枚も撮りました。
樹齢は推定300年はいっているだろうとの事。


僕は老木が大好きです。
その場にひたすら立ち続けて、歴史を見てきたのだと思うと、尊敬のねんもでるし、何よりあったかい感じがしてね。


やや暗くなってきて寒くなってきて、帰りは屋根を閉めて帰るのかと思ったら、また開けて帰る(駐車場では治安の関係で一旦閉めている)と言う、余程オープンが気持ちいいらしい。
ちょっとぐらいの寒さなら、問題なくなるように色々な仕掛けがケロリンコペンにはあるのですが、それも要らないと言う。
厚着のし過ぎじゃないのかな?
良く知らないけど。


それで、じゃぁ帰りますか?と言うとT珍が意外な事を言い出した。
T「あそこの・・・なんだ?」
T「ほら・・・カフェの・・・・」
T「学校の近くにある・・あれよ」
爺「双葉cafe?」
T「そう!そこ!」
T「双葉cafeに寄っていこう」と言うではありませんか。


このカフェは僕の住む町ではぶっちぎりにナンバーワンの人気店。
すし屋だった店の作りを残しつつ、カフェっぽくもあるらしい。
以前行ってみようと行ったのだが、駐車場が満車で止める事ができず、近くにパーキングなども無いため、諦めて帰ってきた事があったのです。


この時間(5時頃)ならば入れるんじゃないか?
定休日が気になるが、やっているか見るだけも良いから行ってみようという事になた。


この双葉cafeの立地は非常に悪い。
看板も無いし、南北どちらから来ても、車がすれ違えない程狭く、クネクネした道お数百メートル進まないといけない。
が、常に満車である。
こういう場所で成功を手にする事ができるのは、質の高い料理と、サービス、接客があるのだろう。


さて、細道を走り、双葉cafeに到着。
駐車場が1台分開いている。
ケロリンコペンは小さいから、楽勝に止められた。


店内に入ると、テーブル席が良いかカウンターが良いか?と聞かれた。
調理の様子を見るのが大好きっ子の僕は迷わずカウンターを選択。
すし屋の寿司が出てくるカウンターがそのまま残してある。
ネタケースがあったであろう場所は、コーヒー挽いたり、ミルクやらを温める為のミニガス代があったりして、まさ爺大喜び。


食事も食べたかったが、スイーツのプレートだけを注文。
助手席が指定席のT珍は、ビールの小を注文、するとスパニッシュオムレツがお通しとして付いてきた。
これが旨かったらしい。


カウンター席なので、隣にもお客さんがいるのだが、1人の若そうな男性。
ハンチング帽をかぶり、ラフなシャツと、ぴかぴかの靴を履く、こ綺麗な男性と話をした。
かなりの常連らしい。
枝豆をペペロンチーノの作り方で炒めたツマミを肴に、ビールを旨そうに飲む。
聞けば今日は娘の誕生日だから、長居はできないのですが、と言いつつ、ぺペロン枝豆がまだまだ残ってていて、これが無くなるまで、ビールをお替りするらしい。
家は徒歩数分の距離らしく、歩きで来たので、駐車場の場所取り合戦には無関係らしい。


そして、この男性が、驚く事を口にするのです。
この店、今日で終わりなんですよ。 って。
え?やっと来れたこの店が、今日で終わり?
男性は続けます。
リニューアルして、ごはん屋さんと、カフェを分けて立て直すという。
それとこの双葉cafe、オープンしてから10年だという。
かなりのお客さんが押し寄せる人気店だから、コツコツと改築資金を溜めてきたのでしょう。


良く見ると店内はお祝い?お礼?の花束でいっぱいだ。
こういう常連さんに愛される店ってやってて楽しいだろうなぁ。


今日から店は改築に向けて、片付けやら物を運び出したりと大変でしょう。
5月のGWまでには、双葉ごはんというごはん専門店がオープン予定だそう。
ご飯と言っても、パエリアみたいのやら、オムライスみたいのやら、ロコモコみたいのやら、そういうメニューになるのでしょう。
オープンしたら行ってみたいなぁ。
駐車場をもっと広くしてくれたら助かるんだけど・・・・


そして、カフェの方は、双葉じかんという名前で、秋にオープンだそうです。
こちらもスイーツの充実や、コーヒーなどのこだわり全開の、センスの良いカフェの王道を行くのでしょうなあ。


また2店舗を同時にオープンさせないのも作戦かと。
客の取り合いにはしたくないのでしょうし、半年ずらしてOPENするす事でどちらの店にも行ってみる事になるでしょうからね。


ほんと、場所は最悪の土地なのに、旨けりゃお客さんは何処までも来てくれると、改めて実感。
僕の店も、立地は悪いけど、手を抜かずに、味にこだわるしかないねと言う話をT珍とした。


因みに、一昨日、Pちゃんが僕に何気なく言った一言で、Y家で大問題?になったのですが、僕はショックを受けてね。
T珍は何も言いませんでしたが、僕を元気づける為に連れ出して、スイーツをご馳走してくれたのだと思います。


有り難い事です。

双葉cafeのHPのリンクを張っておきます。
って、新店舗になったらメニューとか変わるだろうし見ても意味ないんだけど・・・
http://futabacafe.smile.tc/

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »