“裏” あぜ道通信

  • 偉大なマスター
    ブログ本文には載らない、没写真、ひっそりとUPします。 ネタ晴らし、舞台裏、そういうの、欲しいでしょ?
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ダイエット奮闘記 カレーめしが食べたい | トップページ | 僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い42 埋まらぬ溝 »

2016年4月 4日 (月)

シネマごしっぷ MovieNEXってなんぞや?

20160404間違いました。
凡ミスです。
うつ病闘病記を今日のシネマごしっぷと一緒に2つUPしてしまいました。
予約の入れ方で日付を一日間違いました。
っというのも、最近の闘病記は、結構ドロドロしたY家の話やら、重い話がおおいので、間に今日のように、SWオタクの話でも書いて、一服してほしいのです。
明日、この間違ってUPしてしまった闘病記の話を公開しますね。
10人くらいの人が闘病記を読んだと思うけど、すんませんでした。



さて、今日のお話。
「いよいよ家にやって来る。」
というキャッチコピーらしい。


サンタさんでも、営業のセールスマンでもありません。
「スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒」がやって来るのです。


5月4日のスターウォーズの日に発売です。
劇場での公開の終了が3月25日だった事を考えるとかなり早いですよね。


ネットを見ていると、その広告が表示されているのを見た人も多いのではないでしょうか?
(スマホだと表示されないかな?)
普通の広告だと邪魔なのに、SWの事が載るとニコニコしてしまう、単純な僕であります。


それで是非買いたいわけですよね。
4200円と安いし。
でも気になる記述が。


この映画はディズニーの作品なのですが、ディズニーの文字は一切無し。
アマゾンやら、楽天やら、の発売元も無し。
その代わり 「MovieNEX」という文字が。
聞いた事が無い。
新手の発売元なのか?
ペプシNEXっていうの、あったよね。
いつの間にか消えてたけどw
NEXって何よ?って事ですよね。


3D版や4DX版があったような感じで、何か特殊な映像で特殊なメガネやら機材やらが必要なのか?
とにかくMovieNEXって何ぞや である。


検索してみました。
「ディズニーはもう単なるブルーレイを発売しない」というものでした。
まだ意味が分かりません。


ディズニーは、新たな映画パッケージ「MovieNEX」を発表した。
これまではブルーレイやDVDなどソフト単品として発売していたが、今後はブルーレイとDVD、デジタルダウンロードを1つのパッケージとして販売する戦略をとる。

との事。
つまりブルーレイ版とか、DVD版とか別々に売っていた物を一つの箱に入れて発売します。と言う事。
値段もブルーレイ版、DVD版とかだけで売っていた時と変わらない価格帯。
これは助かる。


さらに、iPhone/iPadやAndroid端末で閲覧が可能なデジタルダウンロード権を含めたものを「パッケージ」に入れる。
これにより購入者はブルーレイでもDVDでもスマホでもタブレットでもと、好きな場所で、好きなメディアを選んでの作品視聴が可能となる。


パッケージを購入した人には専用サイトを用意し、特別イベントへの参加やゲーム、アプリとの連動、音楽ダウンロードなどのサービスも展開する。
とあるので、至れり尽くせり。
スマホなどでもコピーなどの作業も必要なく見れるようにするというのは素晴らしい。
かなり画期的な事です。


映画を楽しむ上で、理想的なスタイルは?とのアンケート結果によると、
・再生機器に関わらず一度購入した作品は将来にわたり楽しめる 53%
・いつでもどこでも映画を楽しめる 50%
・作品にまつわる様々な映像も楽しめる 43%
という要望を一気に解決させたわけですね。


このMovieNEXはディズニーが提唱する売り方なので、他の映画会社はこの言葉を使わないでしょうし、そもそもこういう販売方法を真似しないかもしれません。
映画の売り方が大きく変わるかもしれない時期に入っているのかもしれません。
どうなる映画業界!?

とりあえず、フォースの覚醒をもう一度見て、(3回目w)あの世界に浸りたいと思います。
フォースと共にあらんことを・・・

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

« ダイエット奮闘記 カレーめしが食べたい | トップページ | 僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い42 埋まらぬ溝 »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

マー坊、こんにちは。

映画で何度も見て更にDVDでも見る。
どんだけすきやねん!状態ですね(笑)

私がわざわざDVDを買った映画は
「仮面の男」と「コンエアー」くらいかな?
共通点はマルコビッチが出演してる事かな。
ベタですが「ミセスダウト」も何度見ても好きな作品
「マディソン郡の橋」は見るときの年令に応じて
感想が変わるのが面白い。

昨日の夜から今朝にかけて絶好調な喋りをしてた私。
出掛けにポーがあまりの調子の良さに
「怖いなぁ~」と行って出かけて行った。
案の定色々頑張りすぎて撃沈
未だにペース配分がつかめない😢

朝の食卓の会話
「私って面白いし、愛想あるし、好い人やし
手紙上手に書けるし、話も上手やし
料理もうまい。凄くない?」

ポー「ホンマやなぁ~そやのに何で?…
(うつ病になるの?)」

私「残念ながらこの自信を自慢出来るのは
ポーちゃんの前だけなのよ😢
いわゆる内弁慶ですわ」

ポー「残念やなぁー😔」

Mちゃん、こんばんは
めっちゃ好きやねん!!SW
いかにして、MちゃんをSWにハマらせるか、そこが問題だ(笑)

映画の最新情報サイトを毎日チェックしているのですが、
マルコビッチの事が数日前に載っていたので、その記事をコンパクトにして書いておきます。

----------
名優ジョン・マルコビッチが、自身の音楽アルバム「Illuminated」のジャケットでヌードになった。
ジャケット写真は全裸のマルコビッチがロダンの彫刻「考える人」のポーズをとっている。
写真家のサンドロ・ミラーが撮影を担当。
ミラーは、マルコビッチ主演の新作映画「Allegory of the Cave(原題)」の監督も務めている。
映画では音楽にマルコビッチの「Illuminated」が使われており、今年のカンヌ映画祭でプレミア上映される予定だ。
-----------
という事です。
僕がマルコビッチを初めて見たのは、クリント・イーストウッド主演の「ザ・シークレットサービス」の悪役での事。
IQはメチャ高そうなのに、何考えてるか分からない、この人怖いなぁ~って思いました。
知性と狂気が同居してるんですよね、マルちゃんはw
コンエアーでもマルコビッチは強烈な印象を残してますが、僕がコンエアーで一番印象に残っているのは、ニコラス刑事のロン毛ではなく(笑)、逃げもせずに、少女?とおしゃべりをしているスティーブ・ブシェミです。
ああいうサイコさん、もちろん映画の中だからですが、好きなんですよね。危険な香りの人が(笑)

ミセスダウトは、亡きロビンウィリアムズの作品でしたっけ?
マディソン郡の橋は、まさにMちゃん妄想の原点かもしれないねぇ~ 見た事は無いのですが・・・メリル・ストリープの最後の選択を聞いてしまったので、見る気がしなくてね。あほT珍め。

朝の食卓での会話、いいですねぇ~
Mちゃんは朝から動けるのですか?
朝食を用意するのが大変だったりしませんか?
僕が朝が動けないので、凄いなぁと思いまして。

夕方から寝込みました。

ポーが帰って来た時には何だか凄い顔してたらしく
「寝とけ寝とけ」と言われましたが
何とかキッチンに立ちました
献立が決まっているのに何をどうしたらいいか解らない
キュウリを切って竹輪の穴に通すだけで
何回ため息ついたか…
あまりの危なっかしさに「僕がやるから」と
ポーが言ってくれましたが
何とかなりました。

朝食の準備はコーヒー立ててパン焼くだけだから
簡単なんだ。でもそれすら出来ない時は
起きれないと謝ります。
ポーはコーヒー好きなのに自分でコーヒーを立てないので
グダグダしてるからついつい起きちゃうけどね
でも送り出したら寝れるので何とか朝は頑張ります。

調子が悪いと「リーゼ(頓服)飲み」って
直ぐに薬を飲ませてくれますが
最近、頓服飲んだらコテって寝てしまうので
麻酔銃みたいやなと思ってます
さっきも麻酔銃うたれたので
寝ます。

Mちゃん、こんばんは。
そっかぁ、朝は頑張ってるんだね。
僕がブブ彦の散歩にだけは起きるのと同じような物かもしれない。
朝の散歩だけは連れて行って、トイレを済ませ、帰ってきたら、倒れるように寝ます。
ここで、鍵をとり、財布をとり、スマホをとり、車に乗り込んで、出勤できれば最高なんですけどね。
それができない。

Mちゃんも無理をしないで、麻酔銃に頼ってね。
眠ると少し楽になるでしょ。

いつも明るいMちゃんのイメージがあるけれど、やっぱり闘ってるんだね。
僕も頑張ります。
お休みぃ~

この記事へのコメントは終了しました。

« ダイエット奮闘記 カレーめしが食べたい | トップページ | 僕とうつ病、闘病記 静かなる闘い42 埋まらぬ溝 »