« トラベル・レポート 宝塚篇 西へ12時間 | トップページ | トラベル・レポート 宝塚篇 大都市やん大阪、夜、明るいやん大阪 »

2016年5月16日 (月)

トラベル・レポート 宝塚篇 宝塚と言う土地

20160516こんばんは、
あぜ道通信のマスコット!?
否、人気者ですね。
Mちゃん、ポーさんに会いに、茨城県から兵庫県宝塚市に来ているわけですが、ケロリンコペンで12時間かかりました。
その移動の様子は、昨日のトラベル・レポート 宝塚篇 西へ12時間 のコメントを読んでください。
かなりの数のコメントですが、生々しく、じりじり移動している様子が分かります。


その後、無事、宝塚市の宝塚ホテルに到着するのですが、色々と衝撃が走る事になったのです。
全部書きますが、今日一日の記事ではとても書ききれません。
今週いっぱい、この旅の話になりそうです。


カルチャーショックやら、濃すぎる会話、おいしい料理、書ききれないし、まだ頭が混乱しているのですよ。


今夜中に、続きを書きますが、上手く書く自信ナシ!!(断言w)


っというわけで、もうしばらく正式版の公開をお待ちくださいね。
因みに今日のあぜ道通信のアクセス数は700を超えました。
それだけ多くの人が、僕がリアルで常連さんに会うことに興味を持ったのか?
Mちゃんという、人物の正体を知りたがっているのか?
はたまた、この2人プラスポーさんが会うことで、何かヤバい化学反応が起こるのではないか?という期待?
怖いもの見たさ? があるのだと思います。


700ごえは過去最高の数字なので、続きの話を書くのはプレッシャーでもありますが、楽しいです。


ではでは、
これから続きを書きますね。
明日の朝、また見に来てね~
(* ̄∇ ̄*)



########################################
えっと、お待たせしました。
トラベル・レポート 宝塚篇 宝塚という土地
ここから正式な本文です。


最初に話さないといけない事。
泊まったホテルは宝塚ホテルという所です。
この土地に来る事になって、前もって泊まるホテルを探したわけですが、別のホテルも候補にあがりました。
ぶっちゃけちゃうと、ラブホでいいじゃんという方向にも一度行った。
安いし、何処にでもあるし、予約などの手間もない、おまけにエッチなビデオが見れるというね。
俺何してんだか?って虚しいかもしれないけどさ。


大阪、宝塚の両方で探したのだけど、何か雰囲気が他とは違うホテルが一つだけあったのです。
それがこの宝塚ホテル。
何処か気品があって、歴史がありそうな感じ。


この直感は当たり、実際にそうだったのですが、予約を入れて、Mtちゃんに「宝塚ホテルにしたよ」と報告したら、憧れの宝塚ホテルにするとは!! とお叱りを・・・・ではなく、うらやましそうな事を言われました。
まだこの時点では、このホテルに泊まるという意味を僕は分かっていなかったのです。
地図で宝塚ホテルの場所を見ていたら、川を挟んで対岸に、宝塚大劇場があるではありませんか。
橋がホテルと劇場を結ぶように架かっていて、徒歩10分の距離だそうです。


Mちゃんと待ち合わせはどうするか?という話を詰めていたら、宝塚ホテルのロビーで会うことに。
僕は冗談で、宝塚のトップ女優さんだけが着ける事を許されている、背中の大きな孔雀が羽根を広げたようなヤツ(正式名称不明)を着けて、大階段から降りてくるから見逃さないでね、写真撮影はOKよ と言ったんだけど・・・
Mちゃん、笑うどころか、「宝塚ホテルに大階段が有る事は知ってたのね」とやや寂しそう。
え?冗談で言ったんだけど、本当に大階段があるとは・・・・
この辺りからこのホテルがただのホテルじゃない事を感じ始めるのです。


どうやら、この宝塚ホテルは、宝塚大劇場の近所にタマタマ建っているのではなく、劇場の公式公認正式ホテルらしいのです。
そりゃ、大階段もあるわなぁ。
そりゃ、Mちゃんも憧れるわなぁ。


Mちゃんの話によると、赤絨毯が敷き詰められているけれど、大階段と呼べるかは微妙、私は大階段だと思うと言っている。
僕は検索して、階段の写真を見る事はしない事にした。
公式HPに載っている可能性もあるので、予約した時以外は行かないようにした。
当日、ホテルで実物を見るまでのお楽しみという事です。


さて、宝塚ホテルに着いて、気づいた事。
とにかくゴージャスだなと。
でもね、秀吉の金の茶室のような、成金趣味じゃなく、豪華だけれども、どこかに女性らしさが感じられるんだよね。
そして、あぁ、宝塚に来たんだな、と実感したのは、ホテル内に、スター達の大きな写真や、演目のポスター、衣装が飾ってあったりする。
こんなホテル、他には無い。


チェックインは13時からだったのですが、12時台に到着したので、ロビーの椅子に座っていて良いか断ってから席につく。
何気なくロビーを行き交う人々を見ると、気づいたのです。


なんか女性が多くないか?
ホテルのボーイさん?も女性。ガールさんとは呼ばないだろうけど、男性はいない。
売店の店員さんも女性だ。
そして極め付けが、宿泊客の方達。
女性5人に対し男性1人くらい?に見えたが、更に観察すると、女性9に男性1くらいか?
男性は、ちょっと居場所が無いような、ただ運転だけ頼まれて連れてこられたような雰囲気。
そう言えば、このホテルの近くに来たときに、街を歩いている人に女性が多い事も思い出した。


そして、みんな姿勢が良くて、どこか凛としているのだけど、女性らしい色使いやデザインの服を着ていて、みな美しい。
東京の女性もお洒落だけど、メイクが違うのか?服装もどこか宝塚の女性は違う。
品があって、より女性らしいのです。
あぁ、みんな歌劇を観に、遠くから楽しみに来ているのだろうと思う。
それって素敵だよね。


さて、13時になり、チェックインを済ます。
部屋は普通のビジネスホテルと同じような感じだけど、ロビーや通路、展示されている物が凄いんだと、友達にLINEで送っていたら、写真を見せてくれという人が多数。
本当は待ち合わせの時間まで眠って、少しでも回復する必要があったのだけど、15分で館内を周ってやろうと決めて、カメラを持って、部屋を出る。
何処を撮っても、ゴージャスなのだが、大階段も撮りました。
シャンデリアも撮りました。
色々と撮ったけど、それを友達達にLINEで送ると、スゲー と心底驚かれた。w


あ、後ね、部屋のテレビに宝塚歌劇の上演中の様子やスターのインタビューなどだけを放送するチャンネルが有る事にたまげた。
あぁ、本当の僕は宝塚に来ているんだなぁと、ようやく実感し始めるのです。


写真を撮って帰ってきたら、すぐに眠る事にした。
21~22時間くらい寝てないのです。
遠足の前の日の子供のように、自宅でも眠れなかったし、運転中は居眠りしないようにコーヒーを大量摂取。
まったく眠くないのだが、横になるだけでもしておこうと思った。
でも、さすがに疲れていたらしく、爆睡。
目覚ましの音が鳴っても起きれないくらいだった。
良く起きれたと自分でも驚いてる。


Mちゃんと待ち合わせまで、1時間を切り、急いで入浴、洗髪、髪の毛のセット。
時間がどんどん無くなっていく。
段々焦ってきて、パニックになった。
貴重品入れの金庫が何処を探してもないのである。
ロビーに預けるシステムなのだと、ロビーに電話したら教えてくれた。


待ち合わせの時間、5分前になった。
すでにロビーにて、その時が来るのを待っていたら、あまりの緊張に手が震えて止まらない。
スマホでMちゃんが少し遅れる事の返信が上手く打てない。
ここまで緊張するのは人生最大かも。
何を今更なんだけどね。
会うために宝塚に来たのだ。
ホテルを見て感動している場合じゃない。


Mちゃんには、赤い髪、緑のTシャツだと特徴を教える。
Mちゃん、ポーさんは、黄色い車でロータリーに現れるから、そしたら外に出てきてくれとなった。
待ち合わせの時間が来ても、車は現れない。
今、例の羽根を背負ってるから、重いよぉ、早く来てほしいけど、安全運転でね、と震える手で何とか打つ。


すると黄色い車がロータリーに入ってきた。
ついにご対面である。
ポーさんは運転だから、車から降りてこれない。
Mちゃんらしき女性が、ドアを開けて、出てきた。


僕もロビーからすぐに出て行って、Mちゃんに近づく。
目が合う。
何年も前から知っているけど、初めて会う人。
でも、Mちゃんだとすぐにわかった。


緊張で何を言ったか覚えてないけれど、
「初めましてでいいのかな?」とか
「今日はありがとうございます」とか
「よろしくお願いします」とか。
それ系の挨拶をしたような気がする。


助手席に乗せてもらい、プチお土産を渡す。
喜んでくれたようで、良かった。
呼び方はポーさん、Mちゃんでいいですか?とことわって、改めて車内で挨拶をする。
もう車は大阪方面に走り出していた。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
あ、Mちゃん今日登場って、予告を書いたけど、明日から本格登場です。(笑)

« トラベル・レポート 宝塚篇 西へ12時間 | トップページ | トラベル・レポート 宝塚篇 大都市やん大阪、夜、明るいやん大阪 »

トラベル・レポート」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

マー坊があぜ道通信をここから15分程の所で書いてるかと思うと
不思議な気持ちがするMーSOです(^^)

会った事はないけと、ここ数年毎日の様に話してるマー坊に
初めてお会いした訳ですが
イメージ通りの人で何年も前からの知り合いの様に
話が出来て楽しい時間を過ごせました(^^)
詳しくはあぜ道本編にてお楽しみ下さい🙇

よく喋ったので今夜はゆっくり眠れると思います。
おやすみなさい

こんばんは。
旅先で、その日あった事を、活きの良い間に文章におこすのは、初めての事。
いい話を書かなければ!!

Mちゃんも、ポーさんも、僕の思っていた通りの人柄で、あっという間に、打ち解け、沢山語り合いました。
今、本文の本編を書いている所ですが、すでに長文です。
さわりの部分だけなのに・・・・・

どんどん、盛り上がって行く話になりそうです。
そして、まさ爺がいかに田舎者で、都会を知らないかで、カルチャーショックの連続になり笑われるのですが、それはまた後日の話。

今は、泊まったホテルの様子を書いてます。
だって普通じゃないよ、このホテル。
説明を書かないわけにはいかないでしょ。

僕もこんなに喋ったのは、久しぶりで、よく眠れそうです。
でも、今日の記事を完成させないと眠る事は許されないのです。
早く書いて、明日に備えないと!!
皆さん、おやすみなさい。

すっごいね.
俺,大阪だけれど、
宝塚にも行った事無い.
ホテルも知らないよー

こんばんは。


マー坊は無事に宝塚を旅立って行きました
私達夫婦に拉致されて不安だったと思うんだけど
最後まで笑顔で頑張ってくれました(^^)
楽しい旅のレポートをお楽しみ下さい🙇

HAWK2700さん、おはようございます。
17日の早朝4時に帰宅しました。
すっごいっていうのは、車で12時間もかけていくアホがいるなという事ですよね。
僕も無謀だと思ったのですが、楽しいドライブでした。
宝塚ホテルは素晴らしかったですよ。
料金は高いですけどね。


Mちゃん、おはようございます。
自宅はやっぱり落ち着くしいいなぁと思ったのですが、宝塚の2日間は最高だったなぁとも思ってます。
なんかもう既にまた行きたい気持ちです。
トラベル・レポート、まだまだ続きますので、お楽しみに

この記事へのコメントは終了しました。

« トラベル・レポート 宝塚篇 西へ12時間 | トップページ | トラベル・レポート 宝塚篇 大都市やん大阪、夜、明るいやん大阪 »