« あぜ道通信の裏の裏、裏あぜ道通信、始まります | トップページ | トラベル・レポート 宝塚篇 宝塚と言う土地 »

2016年5月15日 (日)

トラベル・レポート 宝塚篇 西へ12時間

20160515この記事が公開される2016年5月15日(日)、0時ジャスト。
その時間にまさ爺は出発します。
以前、ちょっと話に出しておいた、兵庫県宝塚市に向かいます。
Mちゃん、ポーさんに会うためである。
(前回の話へのリンクは こちら


新幹線で行けば、東京まで2時間半、そこから新幹線で3時間ぐらい?で着くはず。
何より、寝てても良いというのが良い。
でも、新幹線では行きません。
ケロリンコペンで行きます。
おそらく高速のが安いでしょう。
茨城から宝塚までの時間を調べたら、8時間半とあります。
休憩無しの時間でね(笑)


何で、車で行くのかと言えば、好奇心でしょうねぇ。
ドライブは楽しいですし、新幹線の旅よりも、強烈な旅になるのは間違いなしです。
思い出作りですなぁ。



僕はマシーンじゃないので、トイレにも行くし、お腹も空くし、眠くもなるし、ガソリンも補給する必要があります。
0時に家を出て、3時間ごとにトイレ。
日が登ったら朝食、給油、眠かったら寝ます。
ケロリンコペンはシートが倒れないので、疲れは取れないでしょうけど、何とかなるでしょう。


サービスエリアなり、パーキングエリアなりに止まったら、その都度、この記事のコメント欄に、「今どこそこSA ○○してます」 などと書き込むつもりです。
コメント欄ならば、夜中に書き込んでも、誰も起こしませんからね。


家族、友人には、日が昇り、起き出す6時頃に、無事だという事をメール&LINEすると思います。
宝塚のホテルにチェックインするまで?、部屋がどんな感じかくらいまで?、数時間毎にコメントを書き続けるつもりです。


この日の予定としては、
0時、自宅出発
(空白の12時間(笑))
12時、兵庫入り
13時、ホテルチェックイン
14時、睡眠
16時、入浴、身だしなみ整えw
17時?18時?頃、Mちゃん、ポーさんと合流という事になっています。


ただ、僕もMちゃんも、体調最優先という事にしているので、夕食も取らずに、ホテルのロビーで15分くらい会って終わりという事もアリなのです。
相手の負担にはなりたくないという思いが、お互いありますから、ちょっとでも会えればそれでいいのです。
渡したい物もありますから、行く意味はあります。


コメント欄に写真が載せられると最高なのですが、ツイッターなりインスタにしても、別のサービスを利用したくない。
あぜ道だけで完結してくれるといいんだよなぁ。
写真は本文のみOKなんでしょう。
富士山とか、朝日とか、朝食何食べてるかとか、写真があると楽しいんですけどねぇ。
写真をコメント欄に表示させたくて、徹夜で色々と試したのだけどね、何もしないで写真が表示される事は出来ない仕様みたいです。


スマホにお気に入りの音楽を大量に入れていて、それが車のスピーカーから流れるようにしているのですが、何を聞くかは未定。
ビートルズ全曲聞くには12時間かかるので、丁度いいのか?(笑)
何を聴いて移動しているかも、コメントで書くかもしれません。


とにかく、安全運転が最優先なので、ちょっとでも眠くなったら、休憩、仮眠します。
無事にホテルにチェックインするまで、あまり心配せずに、状況報告を楽しみにしていてくださいね。


それにしても、Mちゃんが初めて書き込みをしてくれてから、何年経ったでしょうかねぇ。
ずっと前から知っている人。
でも、会うのは初めて。
楽しみでもあるけど、緊張もします。
オフ会(なのか?)など初めての事ですから。
最初の一言は、どうなるんだろう?
初めまして?
やっとお会いできましたね?
こんばんは?
なんて言おう・・・


写真は、トリフンが数か所ついてるので、洗車している様子と、道中の居眠り防止に買った、コーヒー&強強打破。
非常食のカロリーメイト(チーズ味)



明日はトラベル・レポート 宝塚篇(Mちゃん、ポーさん登場)を書くと思います。
いよいよ本文にMちゃん登場です。
Mちゃん、髪の毛を緑にしたとあったので、楽しみですなぁ。
でも写真はNGなので、唐沢寿明&山口智子夫妻の写真をUPして、想像してもらます。
お楽しみに。


今日も、あぜ道通信に来てくれて、ありがとう。
更新しまくりの一日になりますよ。
裏あぜ道通信用に、写真撮りまくるかもなぁ。

« あぜ道通信の裏の裏、裏あぜ道通信、始まります | トップページ | トラベル・レポート 宝塚篇 宝塚と言う土地 »

トラベル・レポート」カテゴリの記事

コメント

高速にこれから入ります。
そしてもう眠い(笑)
大丈夫だろか?

まだ先は長い。
いきなり休憩もアリ。

マサさん、ホントに休憩しちゃったのかなぁ〜

首都高を抜けて、神奈川県の海老名サービスエリアにきています。
昨日洗車した際に、サイドミラーを、いじられてしまった事に、高速に入ってから気付いたよ。
車線変更が危険で怖かったっす。

到着時間がナビによると、8時(笑)
ホテルの一番早いチェックイン時間が13時。
家出るの早過ぎた?

でも、後半疲れてくるだろうし、休憩は増えるだろうから、ちょうど良いかもしれない。
ゆっくり走ります。

今、目覚めました(^^)
ワクワク((o(^∇^)o))

寝てるかも知れないけと
何かあったら遠慮なく電話してきてね

Mちゃん、おはよう。
今静岡県、静岡市。静岡サービスエリア。
宝塚までは、あと330km
眠くないし、疲れてもいないよ。

富士山が見えたら写真撮りたかったんだけど、辺りは真っ暗。

えーと、パフュームを聴きながら走ってます。

心配なことがあって、今年2月に開通した区間が、ナビには入ってないのね〜
その道に入るには、直進するだけなんだけど、問題は、ナビが混乱して、変な案内をする可能性があるんだよね。
既存の道に合流する時が心配。
早めにどっちの車線を走って、ってアドバイスがないわけよね。
知らない道だから。
〇〇道っていう名前忘れちゃってさ。
名古屋方面ってあればそっちに行く‼︎(笑)

気が付いたら、日本海を見てた、、、何て事ないよね?(笑)

ただいま静岡県、浜松市です。
朝日が見えるよ。
良い天気になりそうだ。
宝塚までは260km


只今、愛知県岡崎市、岡崎SAだみゃ〜
全然、仮眠とってないけど、ねむくないですよ。
ここの味噌カツが美味しいって、テレビでやっていたんだけど、早朝6時に開いてるわけない(笑)
宝塚までは170km

名古屋イチ有名な味噌カツ屋さんの、矢場とんがテナントで、入っているのだけど、開店は8時からだってさ。
名古屋メシは、本当に旨いのか食べてみたかった。

あと1時間半仮眠するか?
先に進むか?
それが問題だ。

8時まで待つ事にするよ。
朝からトンカツって、初めてだけど、食べられるかなぁ〜


朝は、ヒレカツサンドだけの販売みたい。
少し寝ます。

フードコート全体が、赤味噌の匂いがしてる。
いい匂いのような、もうお腹いっぱいなような。

何故か緊張してきた。(笑)
並ぶなら、一番乗りだ。

おはよー

ヒレカツサンド美味しいかい?
食べたら眠くなるかもね
ゆっくりおいでよ。

味噌カツ、あまり味噌味噌してなくて、しょっぱめなソースという印象。
絶賛する程じゃなかったなぁ。
でも、朝からトンカツが食べられる事は、分かったよ(笑)

さて、ナビに無い道を走っているから、山の上を飛行機で飛んでるような案内です。
ここからすぐに、ジャンクションがあって、そこさえ間違わなければ、心配事はもう無いのです。
ナビに無い道を走っていると、到着時間が計算出来ないらしく、ペース配分が出来ないのね〜。
まぁ、4時間余裕があるから、まだ遅れてはいないだろうけど。

ここから、宝塚までは3時間らしい。
13時にチェックインだから、逆算すると、10時まで、ゴロゴロしていられる事になります。

コーヒー飲み過ぎたから、眠れないんだよねぇ。

パソコン持ってきているから、仕事するかな。

滋賀県甲賀市、に来ました。
大阪、草津の標識が出てきました。
宝塚までは105kmです。

何となくだけど、周りの人の運転が荒いような感じがする。
東京よりもせっかちな印象。
気をつけねば。

関西弁で話してる人が、たくさんいて、外国みたいだ。

関西エリアに入ってきましたねぇ~
ナニワのヤカラは口は悪いけど気はいいので
大丈夫だからね(笑)

オイラの関西人のイメージ

モタモタしてると、ドンくさい‼️
丁寧語で話すと、冷たい‼️
身につけているモノを観ると、それナンボ⁉️

宝塚ホテル、到着しました。
歌劇場の隣を走ったけど、お城のようだったよ。


すごいホテルです。
大理石に、赤絨毯。
噴水に、豪華な椅子。
シャンデリア。
宝塚スター達の写真。
歌劇場は、徒歩10分の、
お隣。
びっくりです。

場違いな、赤髪(笑)

場違いな

JJさん、返信できなくてごめんなさい。
バタバタしていたので、時間が無かったんです。
言い訳です・・・・

ええ、関西人のイメージの話ですが、Mちゃんポーさん、関西人らしくない大らかの人柄でした。
でも早口でしたね(笑)
せっかちで、あきんどの街ですから、お金にシビアで、いう事はズケズケ言う ような先入観がありましたが、あったかい人が多そうでしたよ。

きっと茨城人も、東京の人などからは、田舎者でダサいというようなイメージがあるんだろうなぁ。
当たってる(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« あぜ道通信の裏の裏、裏あぜ道通信、始まります | トップページ | トラベル・レポート 宝塚篇 宝塚と言う土地 »