« あぁ、食い道楽 カレー探求の道076 AIR SPICE(えあ・すぱいす) | トップページ | トラベル・レポート 宝塚番外編 徹底比較、どん兵衛きつねうどん »

2016年5月22日 (日)

トラベル・レポート 宝塚篇 替え玉頂戴

20160522全5回で終わったトラベル・レポート 宝塚篇ですが、反響はとても大きいものでした。
ご要望にお応えしまして、帰ってきてしまいました。


既に書きましたが、初日の茨城から兵庫県宝塚市までのレポートをチクチクと追記したのが良かったのか、沢山の人が今何処走っているのだろう?
私の住む県を今通ってるかも、近くにまさ爺がいるのかも、って感じで見に来た人多いと思うw


アクセス数は、710人という細々とブログを書いている僕にしたら驚異的な数字が出てね。
いつもは150人~200人くらいなので、過去最高の数字です。
もうこの記録は抜けないような気がするしね。
その後の話でも、いつもの平均よりも、さらに100人ほど多い日が続きました。


無事に着けるのか?
Mちゃんポーさんに会ってどうなるのか?
関西の写真はどんな物をUPしてくるのだろう?
Mちゃんはどんな方だったか?
食べ物は美味しいの?
どういう事を話したの?
宝塚ってどんな街?


それぞれの人が色々と知りたい事が書かれたレポート集になったようです。
1泊3日の短い旅でしたし、僕も興奮していたのでしょう。
一気に書いてしまい、ペース配分せずに書いてしまいました。
毎回かなりの長文ですしね。


海ちゃんが、1週間くらいは続くと期待してたので、少し残念です。と言ってくれましたが、もっと読みたいって事は有り難い事です。
え?怒られてる?の?
あはは。そうですか。


それでですね、宝塚篇最終回 「近づく別れ」 のコメント欄に、書かなかったエピソードを箇条書きにして、これで、少し寂しさを癒してねって思いで書いたのですが、逆にもう書くものは何も無い という状態になりました。
だから、宝塚篇の続きはありません。
書けません。
そう思っていたのです。


・・・・・・が、  忘れてやしないかい?マー坊よ。
Mちゃんは、お土産何貰ったか書いてたよね?
低糖質スイーツ数種類と、成田山のお守り、あとミンナニハナイショダヨって物(これは秘密ね)を貰ったと。
マー坊は、初日にお土産を貰い、2日目の別れの時にもお土産を貰ったと書いています。
それで中身は何だったの?
っと思った人、多いみたいです。


H県T市在住の、イニシャルMの女性から匿名の連絡があり、そのお土産レポートが読みたいとありました。
そうそう、それ気になる って読者さん達の頷く仕草が目に浮かびます。


僕が頂いたものは沢山あるのですが、嬉しい事に食べ物です。
やっと本題、番外篇はここからです(笑)

●トシ・ヨロイヅカのローカーボ(低糖質)スイーツ。
  お別れの直前に渡してくれたのが、これです。
  保冷用の入れ物に入ってて、保冷材まで入ってて、気遣いに感謝しました。
  あれ?トシさんのスイーツは僕が持ってきたお土産では?という方は鋭い!!
  僕も食べた事がないんだ って言ってたから、少し分けてくれたのです。
  ・3つの味のブッセ
  ・抹茶のロールケーキ
  ・カロリー&砂糖ゼロのチョコレート
  どれも美味しかった。
  味見してない物を渡してしまう事が心配だと言っちゃったから、
  気を遣わせてしまいました。
  全て、病気への影響が少ない、低糖質スイーツ。
  普段甘い物を我慢しているMちゃんですから、僕などに渡さずに、
  2人で食べちゃえば良かったのに・・・・でもそれを頂けたという事が嬉しかった。

●宝塚歌劇せんべい&クリームサンド
  宝塚のステージの様子が全面にプリントされてる、なんともド派手な包装で、
  ずっと見ていたかったけど、
  破かないと開けられないので、泣く泣く開ける。
  中身は、お年寄りが縁側で緑茶と一緒にかじる、お煎餅ではなく、
  ゴーフル?ウエハース?のような
  円形のお菓子。
  ・ゴーフル、それだけの物
  ・ゴーフル2枚の間にクリームが挟んである物
  ・ゴーフル2枚の間にチョコクリームが挟んである物
  どれもサクサク、甘さ控えめ、沢山入っていたけれど、3日で無くなった。
  
●旭ポンズ
  ポンズという物は、昔から関東に有ったのかな?
  多分無いはず。 西日本の調味料だと思う。
  酢は苦手なのだけど、ポンズの酸っぱさは爽やかで、
  豚肉をしゃぶしゃぶにしたりする時に使います。
  この瓶には、てっちり、水炊き、などと書かれてますが、
  てっちりがまず関東では、東京でしか食べられないはず。
  せっかくだから、食べた事のない料理に使ってみたい。
  香りとか全然違うんだろうなと、予想してます。
  使うときが来たら、目をつむって味わいたいと思います。

●味付 あわじ 大江のり
  これにPちゃん(父)が飛びついて食べていた。
  黙々と食べていたので、旨いんだと思う。
  僕も後で必ず食べますからね。
  それにしても淡路島って事でしょ? あわじ って書かれてるのは。
  淡路島に渡る橋、明石海峡大橋の下をくぐって、宝塚に帰って行ったのだけど、
  この大橋、美しい作りでね。
  海も瀬戸内海だから穏やかでね。
  対岸が見える海って関東じゃ見れないんですよ。
  関東は、ただただ太平洋が続くだけで、波も荒いしね。
  だから橋で海を渡るって事も無いし、フェリーに乗って渡るって事も無い。
  関西にしろ、瀬戸内にしろ、下関にしろ、対岸が見える
  それもすぐ近くに見えるっていうのは新鮮。
  のり の味もきっと関東とは違うはず。
  食べるのが楽しみです。
  
●ヒガシマル うどんスープ
  関西のお出汁が簡単に作れるつゆの素。
  関東人が関西に行って必ず言う土産話がお出汁の事。
  味が薄くて、物足りなそう とか
  スープが透明で、間違って作ったんじゃないかと? とか
  で、肝心の味はどうなのよ?って聞くと、皆、美味しかったと言うんです。
  このうどんスープの素もきっと写真のように薄い色のお出汁が出来るのでしょう。
  明石の玉子焼を食べた時に、関西のお出汁に浸すわけですが、美味しかったのです。
  このスープの素は、きっと美味しいと思う。
  食べたら報告させてもらいます。

●ミニ和歌山ラーメン
  この写真だと大きさが分からないかな?
  ミニ って書かれてるのですが、お茶碗サイズです。
  貴重品ですから、1個ずつ食べる事にしました。
  最初に食べたのは、和歌山ラーメン。
  とんこつ味って書いてあります。
  沸かすお湯がちょっとでいいので、ケトルで1分で沸いてしまった。
  お湯を注ぐと、とんこつの濃厚な香りが。
  麺はストレート。
  スープはあっさりめのとんこつです。
  和歌山県って、大阪から近いんですね。
  こいつアホなんだなって思った人は西日本の人です。
  自称東日本代表のまさ爺としては、もう大阪から西の位置関係は、
  怪しいもんです。
  岡山、広島、鳥取、島根、山口、 これらを正しい位置に置きなさいパズルがあったら、
  出来る人あまりいないと思う。
  さてラーメンの話です。
  大阪から近いから和歌山ラーメンが入っていたのね って事が言いたかったのです。
  とんこつラーメンもだいぶ関東に浸透し、どの店もとんこつラーメンになった時期が
  あったのですが、淘汰されていき、本当に美味しい店だけが残りました。
  その後、魚介系ラーメンなども流行り、さらにその後、魚介系と動物系を合わせる
  ダブルスープが主流に、そういう変化の激しいラーメン業界ですが、
  和歌山ラーメンのように昔からとんこつを食べている地域の、
  昔らか変わらない純粋なラーメンを食べられるのは
  Mちゃん、ポーさんのおかげですね。
  旨かった!!
  とんこつラーメンって美味しいんだね。

●ミニどん兵衛鴨出汁そば
  どん兵衛はいつもうどんの方を買うのですが、蕎麦を食べてみるのも面白そうです。
  それも、鴨だしそば って書かれてますからね。
  これは未体験です。
  ちょっと甘めの出汁にネギが入っていて、美味しかった。
  麺が細くて、ストレートなのが、新鮮でした。
  蕎麦だから当たり前なのですが・・・w
  これ関東で売ってるのかなぁ?
  美味しかったです。

●ミニどん兵衛、
  お待たせしました。
  これが今回のメインとなる話。
  ・・・なのですが、検証、感想、書いてたら、結構な長文になってしまって・・・・
  喜べ!! あぜ道に集まる食いしん坊達よ。
  あと1回。
  あと1回だけ、トラベル・レポート 宝塚篇 (タイトル未定)書く事にしました。
  宝塚、大阪、神戸、明石、 どこの話でもなく茨城の自宅での話ですが、
  関西と関東のどん兵衛の違い。
  この事だけを延々と書いてみます。
  宝塚篇、エピローグですね。
  お楽しみに。


因みに、今回の記事のタイトル 替え玉頂戴 ですが、
宝塚篇のお代わりが欲しいという意味と、
どん兵衛もお代わりが欲しいという2つの意味で書きました。
ちょっと誰も分からないタイトルでしたね。


来年も宝塚に行って、今度は歌劇を見てみたいなぁ。
その時はじっくりとレポートを書きたいと思います。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

« あぁ、食い道楽 カレー探求の道076 AIR SPICE(えあ・すぱいす) | トップページ | トラベル・レポート 宝塚番外編 徹底比較、どん兵衛きつねうどん »

トラベル・レポート」カテゴリの記事

コメント

マー坊、こんばんは。

そうですかい、どん兵衛は持ち越しですかい(笑)
西のどん兵衛も関東に入ってレポートされて喜んでると
思います(^^)
次回はミナミ(なんばや和歌山)にしようか?
それとも本場の歌劇と日清のラーメン博物館あたりに行こうか?
奈良も行きたいしねぇ~茶粥が美味しいんだよ
でもいつも行く鰻屋さんは江戸前なんで…
奈良の人が聞いたら怒ると思うけど
奈良って茶粥以外何を食べたらいいんだろう?
あ!ソーメンの温かいの“にゅうめん”があるわ!
美味しい所知ってる❗柿の葉寿司とセットで食べるんだ
京都は湯豆腐やね
そやそや、NGKにも行かなアカンねぇ~
まだまだ関西満喫してもらわなアカンわ(笑)
淡路島の崩れ落ちそうな巨大観念様が潰れる前に
淡路島にも渡らなアカンなぁ~(笑)
関西人には解る話です…

関西2府4県制覇しないとね❗
ガイドも勉強しなくっちゃ💪

Mちゃん、こんばんは。
今日、やっと違いが分かると思ってたでしょ?
ごめんねぇ~
どん兵衛食べ比べ、長文になってます。
今、書いてる所なんだけどね。
パッケージから違うから、そこから書いていて、まだ食べてない。
食べる前を書いているのに、すでに長文(笑)
でも、食べる前から分かっている、痛恨のミスがあるのですが・・・・
アホやん って言われると思うけど、食欲には勝てなかった・・・・
どういう事だかは明日へ持ち越し。

さて、次回ですが、どこでもいいのです。
どうでもいい じゃないですよ。
どこに行っても、僕はカルチャーショックを受け、驚き、喜び、笑ってるはず(笑)
なかなか行くことができない場所が良いので、淡路島か奈良に興味がありますなぁ。

僕も、他に行きたい場所が見つかるかもしれないので、ちょっと調べてみようかなぁ~

では、東西どん兵衛食べ比べレポート、明日をお楽しみに!!
(* ̄∇ ̄*)

まさサン、皆さん、こんばんは。

まさサン、長距離運転&Mさん御夫婦の対面、お疲れ様でした。

Mさん御夫婦の優しさと気配りは、コメント文章からもにじみ出て来て
まさサンを優しく包み込んでくれている様子が伝わってきます。

それにしても食レポ…気迫がこもっています。(*^_^*)美味しそうだなぁ。
関東と関西の違い…味の歴史を歩んでくる中で熟成されてきているのでしょうね。

shinnさん、こんばんは。
明日の、どん兵衛、東西食べ比べは、2つのどん兵衛の比較だけを延々と語っています。
自分でもアホだなぁと思います。
多分、読んでて呆れてしまうと思うけど、一応、それで宝塚篇 ほんとの完 です。
全て書きましたからね。
お楽しみに!!

この記事へのコメントは終了しました。

« あぁ、食い道楽 カレー探求の道076 AIR SPICE(えあ・すぱいす) | トップページ | トラベル・レポート 宝塚番外編 徹底比較、どん兵衛きつねうどん »